外国為替取引とは

インデックス投資の始め方

インデックス投資の始め方
コラム

つみたてNISA「やっぱり買うべきじゃなかった」後悔されがちなインデックス投資信託4選とは

最近はネットで「運用」と検索すると、必ず出てくるのがつみたてNISA。かなり身近になったなと感じる方も多いのではないでしょうか。 【画像】知らないと後悔する投資の大原則「長期・積立・分散」の驚くべき効果を棒グラフで確認(出典・金融庁) つみたてNISA制度を利用すれば、通常は運用益に20.315%かかる税金が年40万円まで、最長20年間非課税になります。 ただし、運用には必ずリスクがありますし、金融商品によってパフォーマンスも異なります。そして、つみたてNISAはあくまで投資信託等を活用した制度ですので元本保証はありません。 SNSでみんながやっているからと、飛びついてしまう方も多いようです。今回はこれからつみたてNISAをはじめる人に向けて、買ってはいけないインデックス投信をご紹介します。

つみたてNISAは213本の商品から自分で選ぶことに

つみたてNISAでは金融庁が厳選した金融商品の中から自分で選び、毎月一定額を買い付けていきます。 金融庁によると、つみたてNISAの商品は213本あり、以下のように種類が分かれています。 ・指定インデックス投資信託:183本 ・指定インデックス投資信託以外の投資信託(アクティブ運用投資信託等):23本 ・上場株式投資信託(ETF):7本 出典:金融庁「つみたてNISAの対象商品」(2022年4月26日時点) 一番本数が多い「インデックス投資信託」は株価指数などのベンチマーク(指標)に連動する運用成績を目指す投資信託です。 例えば、日本株式ならTOPIXや日経平均、米国株式ならNYダウ、世界株式ならMSCI指数といった指標があります。 「アクティブ運用投資信託」とはベンチマークを上回る運用成績を目指すもので、一般的に手数料も高めに設定されています。 では、つみたてNISAで運用中の方はどちらのタイプを選んでいるのでしょうか。金融庁の「NISA 口座の利用状況調査(2021年6月末時点)」によると、つみたてNISAで実際に買付された商品別の割合は下記の通りです。 ・インデックス投資信託…80.8% ・アクティブ投資信託…12.9% インデックス投資の始め方 ・ETF…0.02% この割合からみても、初心者の方が始めやすいのは、手数料も安く、投資対象の8割を占めるインデックス投信であるといえますね。 次では、選んではいけないインデックス投信の4つの特徴をお伝えしていきます。

つみたてNISA「やっぱり買うべきじゃなかった」後悔されがちなインデックス投資信託4選とは

最近はネットで「運用」と検索すると、必ず出てくるのがつみたてNISA。かなり身近になったなと感じる方も多いのではないでしょうか。 【画像】知らないと後悔する投資の大原則「長期・積立・分散」の驚くべき効果を棒グラフで確認(出典・金融庁) つみたてNISA制度を利用すれば、通常は運用益に20.315%かかる税金が年40万円まで、最長20年間非課税になります。 ただし、運用には必ずリスクがありますし、金融商品によってパフォーマンスも異なります。そして、つみたてNISAはあくまで投資信託等を活用した制度ですので元本保証はありません。 SNSでみんながやっているからと、飛びついてしまう方も多いようです。今回はこれからつみたてNISAをはじめる人に向けて、買ってはいけないインデックス投信をご紹介します。

つみたてNISAは213本の商品から自分で選ぶことに

つみたてNISAでは金融庁が厳選した金融商品の中から自分で選び、毎月一定額を買い付けていきます。 金融庁によると、つみたてNISAの商品は213本あり、以下のように種類が分かれています。 ・指定インデックス投資信託:183本 ・指定インデックス投資信託以外の投資信託(アクティブ運用投資信託等):23本 ・上場株式投資信託(ETF):7本 出典:金融庁「つみたてNISAの対象商品」(2022年4月26日時点) 一番本数が多い「インデックス投資信託」は株価指数などのベンチマーク(指標)に連動する運用成績を目指す投資信託です。 例えば、日本株式ならTOPIXや日経平均、米国株式ならNYダウ、世界株式ならMSCI指数といった指標があります。 「アクティブ運用投資信託」とはベンチマークを上回る運用成績を目指すもので、一般的に手数料も高めに設定されています。 では、つみたてNISAで運用中の方はどちらのタイプを選んでいるのでしょうか。金融庁の「NISA 口座の利用状況調査(2021年6月末時点)」によると、つみたてNISAで実際に買付された商品別の割合は下記の通りです。 ・インデックス投資信託…80.8% ・アクティブ投資信託…12.9% ・ETF…0.02% この割合からみても、初心者の方が始めやすいのは、手数料も安く、投資対象の8割を占めるインデックス投信であるといえますね。 次では、選んではいけないインデックス投信の4つの特徴をお伝えしていきます。

楽天ポイント投資には3つのデメリットがある?意外と知らないメリット/お得に貯める方法まで解説!

楽天ポイント投資には3つのデメリットがある?意外と知らないメリット/お得に貯める方法まで解説!

株式投資

「楽天ポイント投資のデメリットを理解したうえで、使った方が良さそうならポイント投資を始めたい…」

たしかにポイントで投資できるってあまりにも便利すぎて、逆にデメリットがあるんじゃないか心配になりますよね。

そこで本記事では、 楽天ポイント投資のデメリットやメリット、始め方について詳しく解説します。

楽天ポイント投資にデメリットはないの?

まずは、楽天ポイント投資のデメリットについてしっかり理解しておきましょう。

  • 通常ポイントしか使えない
  • ランクに応じて投資できるポイントには制限がある
  • 口座手続きが必須なため少々手間がかかる

通常ポイントしか使えない

このうち、 投資できるのは通常ポイントのみで、期間限定ポイントは楽天ポイント投資に利用できません。

同じようにポイント投資ができるSBI証券では、期間限定ポイントを利用して投資をすることができます。

ランクに応じて投資できるポイントには制限がある

楽天ポイント投資では、会員ランクに応じて投資できるポイントに制限があります。

現物国内株式、投資信託、バイナリーオプションで利用できる ポイント数の上限は、原則1日当たり3万ポイント、1ヵ月あたり10万ポイントまでです。

なお、ダイヤモンド会員なら1日50万ポイントまで投資ができます。

インデックス投資の始め方
ダイヤモンド会員 ダイヤモンド会員以外
1日あたり 50万ポイント 3万ポイント
1ヵ月あたり 50万ポイント 10万ポイント

そのため、 よほど多くの楽天ポイントを保有している人以外は、あまりデメリットとならないでしょう。

口座手続きが必須なため少々手間がかかる

楽天ポイント投資を始めるには、口座開設手続きが必須です。

そのため、「楽天ポイントが貯まったからポイント投資を始めてみよう!」と思っても、 気軽に始められないのがデメリットです。

ただ、楽天証券の口座開設手続きはWeb上で完結するうえに、最短翌日から投資が始められます。

楽天ポイント投資のメリットを改めておさらい!

楽天ポイント投資にはデメリットだけではありません。

知っている方も多いと思いますが、 あらためて楽天ポイント投資のメリットをおさらいしておきましょう。

  • 現金を使わずにポイントだけで株式投資が始められる
  • 100ポイント程度から簡単に投資できる
  • ポイント投資をすると楽天スーパーポイントアップの対象になる

現金を使わずにポイントだけで株式投資が始められる

ポイント投資ならポイントだけで株式投資が始められるので、現金を使う必要がありません。

現金を使わずにポイントだけでコツコツ積立投資をしたい人には、楽天ポイント投資がおすすめです。

100ポイント程度から簡単に投資できる

楽天ポイント投資は100ポイント程度から簡単に始められます。

まとまったポイントがなくても気軽に投資ができるのは大きなメリットです。

毎月ポイントだけで投資信託の積立をすることも可能です。

ポイント投資をすると楽天スーパーポイントアップの対象になる

楽天ポイント投資を行うと、楽天スーパーポイントアップ(SPU)の対象になります。

楽天ポイント投資では、以下の条件を満たすと楽天スーパーポイントアップ(SPU)が「購入金額 + 1倍」になります。

  • 楽天ポイントコースの設定
  • 月1回以上500円分以上の投資信託を購入
  • 楽天ポイントを1ポイント以上利用

国内株式やバイナリーオプションの買付をポイントで行っても、ポイントアップの対象にはならないので注意しましょう。

楽天ポイント投資の始め方

楽天ポイント投資のメリットとデメリットが理解できたところで、実際に楽天ポイント投資を始めてみましょう。

  1. 楽天証券の口座を開設する
  2. 楽天ポイントコースを変更する
  3. 銘柄を選んで投資スタート!

楽天証券の口座を開設する

まずは、楽天証券の口座を開設しましょう。

「口座開設」ボタンをクリックすると、メールアドレス登録画面に切り替わります。

楽天証券の口座開設には、本人確認書類の提出が必要です。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住民票の写し・印鑑登録証明書
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

なお、「スマホで本人確認」を利用すれば、最短翌営業日から取引を始められます。

楽天ポイントコースを変更する

楽天証券でポイント投資を行うには楽天ポイントコースを変更しなければいけません。

デフォルトでは「楽天証券ポイントコース」になっていますが、 楽天ポイント投資を行うには「楽天ポイントコース」に変更しましょう。

銘柄を選んで投資スタート!

ポイントコースの設定が完了したら、銘柄を選んで投資を始めましょう。

楽天ポイントだけで投資を行うなら投資信託がおすすめです。

国内株式は約4,000種類ありますが、 100株からの購入になるため、最低数万円のポイントが必要になります。

一方で、投資信託なら100ポイント(100円)から気軽に始められます。

楽天証券の利用でさらに楽天ポイントを貯める方法

  1. ハッピープログラム
  2. つみたてNISAで貯める
  3. 楽天クレジットカード決済

ハッピープログラム

ハッピープログラムとは、エントリーするだけで楽天ポイントの還元倍率が3倍になるお得な特典です。

楽天ポイントの還元率がUPするだけでなく、 ATM手数料が最大7回/月無料になったり、同行間振込手数料が何回でも無料になるメリットもあります。

  1. 楽天銀行口座申込
  2. マネーブリッジ申込
  3. ハッピープログラムにエントリー

つみたてNISAで貯める

つみたてNISAで楽天ポイントを貯めることができます。

年間40万円までの投資なら最長20年間、投資から得た利益が非課税となります。

節税をしながらお得に楽天ポイントを貯められるので、 つみたてNISAを行うなら楽天証券がおすすめです。

楽天クレジットカード決済

もし楽天ポイントだけじゃなくて資金を追加するなら、楽天クレジットカード決済がおすすめです。

楽天クレジットカードを使い投資を行えば、基本的に決済金額の1%が還元されます。

楽天クレジットカード決済を使えばお得に楽天ポイントを貯められるので、もし資金を追加するなら活用してみてください。

楽天ポイント投資 デメリット まとめ

  • 通常ポイントしか使えない
  • ランクに応じて投資できるポイントには制限がある
  • 口座手続きが必須なため少々手間がかかる

上記のようなデメリットはありますが、現金を使わずに100ポイント程度から気軽に株式投資ができるのは大きなメリットです。

投資信託は初心者におすすめ?投資信託の始め方や取引の流れを紹介!

投資信託は初心者におすすめ?投資信託の始め方や取引の流れを紹介!

コラム

投資信託は初心者におすすめ?

投資信託は、気軽に始められるので初心者におすすめの資産運用ではありますが、メリットとデメリットを正しく理解しておくことが大切です。ここでは、投資信託の商品特性や始め方についてご説明します。

投資信託を初心者が始めるメリット

運用をプロに任せられる

一方で投資信託を購入すれば、ファンドマネージャーが投資商品の組み入れ比率を決めて運用してくれます。プロに運用を任せられることは、資産運用に関する知識がない方や、あまり運用に割ける時間がないという方には大きなメリットと言えるでしょう。

少額から投資できる

これに対して投資信託であれば、商品によって数百円〜数千円程度から投資することが可能です。このように、大きな資金が用意できない方でも少額から始められるのが投資信託のメリットの1つです。

投資信託を初心者が始めるデメリットや注意点

投資信託を初心者が始めるデメリットや注意点

手数料が高い

投資信託は、運用をプロに任せるため、さまざまな手数料・コストがかかります。

元本割れする可能性がある

これらのリスクにより、運用の結果次第では、投資元本が目減りしてしまう「元本割れ」のリスクがあります。

【初心者向け】投資信託の始め方や取引の流れ

口座開設する

投資信託での資産運用を始めるには、まず銀行や証券会社などの取扱金融機関で口座を開設することから始めます。ここでいう口座とは、通常の預金口座ではなく、投資信託口座などと呼ばれる専用の口座です。

購入銘柄を選ぶ

口座を開設したら、ご自身の投資目的に合わせて購入銘柄を選びます。銘柄を選ぶ際には、まず投資対象(株式なのか債権なのか、外国のものを含むのか、その保有割合)に着目しましょう。

買付注文を行う際には、数量(購入口数または購入金額)を指定して買付注文を行います。場合によっては、分配金の取扱い(現金で受け取るか、自動的に再投資するか)を選択することもあります。

売却(途中解約)する

投資信託はいつでも売却(途中解約)することができます。販売会社に売却注文を出すと、通常は数日以内に換金され、代金が支払われます。買付注文同様、ほとんどの金融機関で、インターネットを通じた注文が可能です。

償還される

投資信託の運用期間が満了したり、投資信託が一定の要件により終了すると、投資信託は清算され、投資家に償還金とよばれるお金が返還されます。

資金に余裕がある方は投資信託よりもヘッジファンドがおすすめ

そんな方はぜひヘッジファンドダイレクトにご相談ください。ヘッジファンドダイレクトでは、長期運用実績のある優良ヘッジファンドを紹介することで、あなたの理想的な資産形成をサポートしています。

退職金のおすすめ運用方法や使い道!銀行の定期預金や保険などを比較!安全性や注意点は?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ETFのおすすめ銘柄7選と銘柄選びの注意点について解説

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

経営者は資産運用すべき?余剰資金の使い道やおすすめの資産運用4選を紹介!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

2021年12月の投資信託の資金流出入ランキングと注目ファンドを解説

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

インフラファンドとは?メリットや仕組みを解説!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

【資産運用のリスクとは?】6つの種類とリターンとの相関を紹介!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドダイレクト

本サイトは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。本資料作成においては万全の注意を払っておりますが、本資料に含まれる情報の正確性、更新性に関しては弊社は一切保証していません。また、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。【著作権に関するお願い】当社およびその関係会社が当社Webサイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物および当DVDは、著作権法、およびその他の法律により保護されています。当社の文書での許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・上映等により利用することは、その目的が営利か非営利か、その手段が電子的か否か、またメディアの如何を問わず禁止します。「引用」を行う場合には、必ず出典ページへのリンクを併用してください。当サイトへのリンクは自由です。著作権に関する詳しい情報は、公益社団法人 著作権情報センター著作権相談室までご確認ください。

楽天証券「iDeCo(イデコ)」の始め方は? 手数料やおすすめポイントも紹介!

楽天証券「iDeCo(イデコ)」の始め方は? 手数料やおすすめポイントも紹介!

楽天証券は、楽天グループが運営するネット証券会社です。ネット証券会社の中では大手の部類に入り、証券総合口座開設数は業界大手のSBI証券に続いて2位の600万口座を記録しています(引用元:2021年5月時点での公式発表データ)。普段日本で生活していて見ない日はないというくらい浸透しているのが、楽天証券含む楽天グループのサービスです。楽天市場での買い物や、楽天銀行や楽天カード、楽天ポイントなどを利用したことがある方も多いのではないでしょうか。

おすすめ証券会社比較

つみたてNISA
ランキング

NISA
ランキング

iDeCo
ランキング

確定拠出年金iDeCo(イデコ)とは何か

確定拠出年金[iDeCo]とは

「iDeCo(イデコ)」は任意で加入することができる年金制度の1つで、「個人型確定拠出年金」の愛称です。個人型確定拠出年金を上手く表している英語表記、「individual-type Defined Contribution pension plan」の一部から表記を抜き取りつなげたことが、アルファベット表記「iDeCo」の成り立ちです。

確定拠出年金は、拠出された掛金とその運用収益との合計額をもとに、将来の給付額が決定する年金制度です。 掛金を事業主が拠出する企業型年金と、加入者自身が拠出する個人型年金(iDeCo)があります。

引用:厚生労働省
公的年金制度私的年金制度
年金の種類国民年金
厚生年金
共済年金
企業年金(確定給付企業年金、企業型確定拠出年金 など)
個人年金(国民年金基金、iDeCo など)
加入強制(加入条件あり)任意

公的年金と私的年金の大きな違いは、加入が「義務、強制」なのか「任意」なのかという点でしょう。公的年金は働き方によって加入する年金制度が変わるものの、必ず加入しなければなりません。その公的年金に上乗せすることで将来の給付が保障されるものが私的年金です。高齢期を迎えた際により豊かな生活を送れるよう備えるための制度として、私的年金は重要な役割を担っているのです。

それは、
掛金の額は1年(12月分~翌年11月分の掛金の間)に1回しか変更できない
加入者本人が(早くとも)60歳になるまで、掛金とその運用益は原則引き出しが不可能
掛金には拠出限度額(支払いの上限)がある
という点です。

iDeCoの投資信託選びをするときの 4つのポイント

wb_ (214).jpg

ポイント1:インデックス型・バランス型の純資産総額は小さいより大きいほうが良い

純資産総額とは、投資信託が持つ資産(株式や債券など)の時価総額です。純資産総額が大きいほど規模が大きく安定して成長してきたといえるでしょう。

ポイント2:指標については広く投資するものが良い

インデックス型は市場全体の動きとなる指標に連動した値動きをする商品です。指標の対象銘柄数が多いほど幅広く投資できるので、インデックスを選定する場合は対象銘柄数のチェックが欠かせません。より多くの対象に投資することでリスクの分散にもなります。

ポイント3:シャープレシオに関して同ジャンル・同カテゴリでは高いほうがいい

シャープレシオとはリスクに対して得られるリターンの大きさを数値化したものです。数値が大きいほどリスクに対して得られるリターンが大きく、効率的な運用ができているので数値が高い方を選びましょう。

ポイント4:インデックス型を選ぶときには、トラッキングエラーは小さいほど良い

トラッキングエラーとは、投資信託と対象ベンチマーク指標との値動きの誤差を数値にしたものです。インデックス型の投資信託は対象の指標と連動する値動きをしますが、投資信託と指標の値動きにズレが発生することがあります。

iDeCo(イデコ)における3つの税制優遇

wb_ (215).jpg

1.投資した資金の全額が所得控除の対象となる

iDeCoでは、投資した掛金が全て所得控除の対象になるため、課税所得が減少して当年の所得税と翌年の住民税が安くなります。減税される額は掛金の額や年収などによって異なり、早めに始めるほど長期間にわたって、所得税や住民税を節税できる可能性があります。

2.iDeCo(イデコ)の運用益が非課税になる

一般的な金融商品の株式や投資信託などで得られた利息や運用益には、20.インデックス投資の始め方 315%の税率がかけられます。そのため利益や運用益が大きくなるほどに、支払う税金も増えてしまうのです。しかし、iDeCoであれば運用益の全額が非課税になるため、税金を引かれることなく利益だけを獲得し続けられます。

3.給付金を受け取る際にも税制優遇措置がある

iDeCo加入者本人が存命で、70歳までに高度障害を患うことがなかった場合、60歳以降は投資した金額を「老齢給付金」として受け取ることができます。その際には「一括(一時金)」と「分割(年金)」という2種類の受け取り方法を選択でき、それぞれの受け取り方法によって異なる控除を受けることが可能です。一括で受け取りをする場合には「退職所得控除」の対象となりますが、分割して年金のように受け取る場合には「公的年金等控除」の対象となり、所得税や住民税が軽減されます。

楽天証券でiDeCo(イデコ)を実際に使ってみた感想

wb_ (216).jpg

  • 利用者数が多く、知名度もあるので安心感がある
  • ネット証券の中では商品の取扱数が多く、選択肢が豊富なのが嬉しい
  • スタートガイドやサポートが丁寧で、初めてでも問題なくできた
  • なによりも手数料が安く、長期間運用していくiDeCoでは少額でも安いのが大切
  • 操作がシンプルで使いやすい、見やすい
  • 楽天ヘビーユーザーなのにiDeCoがポイントプログラム対象外で残念

イデコ 楽天についてのQ&A

楽天ポイントは溜まりますか? 楽天証券のiDeCoは通常の課税商品が対象になっているポイントプログラムは対象外ですが、紹介プログラムなど一部ポイント付与があります。 紹介プログラムでは、自分が紹介した相手が5ヵ月以内に楽天証券の口座に1000円以上入金することでお互いに200ptをもらうことができます。

【楽天証券のiDeCoがおすすめの方】

  • 手数料が業界最低水準の安さなので、とにかく低コストで運用したい方
  • 楽天銀行との連動が便利なので楽天銀行の口座がある方
  • 投資もiDeCoも初めてで分かりやすく始められる金融機関を探している方
  • 商品知識があり、豊富なラインナップから自分で選びたい方
  • 分かりやすいツールで資産管理も一緒にしたい方

楽天証券のiDeCo(イデコ)で初心者におすすめの投資信託はどこですか? iDeCo初心者の方が投資信託を始める場合はリスクが高すぎず、途中で配分変更などの操作をしなくても良い、安定している商品がおすすめです。 ・楽天・全米株式インデックス・ファンド
米国株式市場の約4000銘柄を投資対象としたインデックス型の投資信託です。手数料も0.1%台と最安値水準で、純資産総額も3500億以上と最大規模です。大型株から小型株まで幅広くカバーしているのでリスクも分散されます。 ・たわらノーロード先進国債券
投資対象は先進国の債券を対象としたシティ世界国債インデックスです。グローバル債券の代表的な指標なので安心です。債券は株式よりも低リスクなので安定かつ堅実な積み立てが期待できます。手数料も0.1%台の低水準なのでコスト面でも魅力的です。 ・楽天・全世界株式インデックス・ファンド
名称の似ている楽天・全米株式インデックス・ファンドは米国株のみを対象としますが、楽天・全世界株式インデックス・ファンドは全世界の株式が対象銘柄です。30カ国以上が対象であるためリスクが分散されつつ、世界中の株式を幅広くカバーしているので成長が期待できます。長期保有にぴったりの商品です。 ・楽天・インデックス・バランス(DC年金)
株式や債券、不動産などがバランス良く組み込まれた複合型の商品です。資産配分の割合を自動で調整してくれるので、最も手のかからない商品といえるでしょう。

楽天でiDeCoをやる利点を教えてください。 iDeCo自体が節税効果や資産形成に役立つ魅力的な商品ですが、楽天証券で始めることでさまざまなメリットがあります。 楽天証券のiDeCoは運用管理手数料が誰でも無料になります。原則長期保有となるiDeCoでは手数料も安いに越したことはありません。業界最低水準の手数料に加え、充実したサポート体制にネット証券ではトップクラスの商品ラインナップを取りそろえています。 管理画面の使いやすさや、無料で参加できるセミナーも魅力的です。iDeCoを取り扱う金融機関は数多くありますが、楽天証券はコスト面でもサービス面でも商品面でもハイクオリティでバランスがいいのでどんな人にもおすすめです。

具体的にどの商品を選べば良いでしょうか? iDeCoは基本的に受け取りができるのは60歳以降なので長期投資の観点から選ぶ必要があります。iDeCoで投資信託を選ぶポイントを説明します。 インデックス投資の始め方 まず、長期にわたって保有するときに重要なのがコストとリスク分散です。月々わずかの手数料であっても何十年と積み重なると大きな金額になるので、投資信託商品の手数料となる信託報酬が低いものを選びましょう。楽天証券のiDeCoでは信託報酬が0.1%台の商品も多数取り扱っています。 リスクに関しては、トラブルによる暴落などで元本割れが起きないよう、投資対象を拡大する必要があります。数十銘柄が対象の商品と数千銘柄が対象の商品では、もちろん対象銘柄の多い方がリスクを分散できるので安定しています。 ライフスタイルに合わせた選び方をしましょう。積極的に資産を増やすことが目的ならば、外国株式などのようにリスクはあってもしっかりしたリターンの見込める商品がおすすめです。節税や貯蓄が目的ならば、債券や定期預金型といったリターンは少なくても堅実な商品を選ぶと良いでしょう。

楽天証券のiDeCo(イデコ)を運用して計画的な資産構築を

iDeCoは運用した資産を60歳以上になってから受け取れる制度であるため、老後の資金作りや資産構築としては最適です。長期間で運用していくことが前提の制度であるため、できる限り若い年齢からの開始をおすすめします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる