投資助言

外為パソコン

外為パソコン
man

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込) 外為パソコン
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円 外為パソコン
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 外為パソコン 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

投資信託のリスクと費用について

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式 組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 主な投資対象が円建て公社債 金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの 外為パソコン 組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用 「買付手数料」:ファンドによって異なります。 保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用 「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。 ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用 「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,外為パソコン 000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 外為パソコン 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

投資信託のリスクと費用について

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式 組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 主な投資対象が円建て公社債 金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの 組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用 「買付手数料」:ファンドによって異なります。 保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用 「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。 ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用 「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

海外FXラボ

teacher

理由その3.ボーナスがある!

ボーナスとは
  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • 損失補填ボーナス
  • 利息ボーナス
  • 取引ボーナス
  • 商品ボーナス
  • シェアボーナス
  • ポイント
  • 外為パソコン
  • キャッシュバック
  • トレードコンテスト
    ・・・

一番代表的な入金ボーナスの場合

  • 実際のリアルマネーから証拠金が利用される(リアルマネーが尽きてから、ボーナス証拠金が利用できる状態になる)
  • ボーナス証拠金は出金はできないが、ボーナス証拠金を利用して得た利益は出金できる
    ※一部、既定のトレード回数をクリアするとボーナス自体も出金できるものがあります。

理由その4.MT4・MT5(メタトレーダー)が利用できる

  • 動作が軽い
  • カスタマイズ性が高い
  • 投資家自らがインジケーター(テクニカル分析)を開発できる
  • 投資家自らがEA(自動売買ストラテジー)を開発できる
  • 外為パソコン
  • すでに多くの投資家が開発したインジケーター(テクニカル分析)が配布されている
  • すでに多くの投資家が開発したEA(自動売買ストラテジー)が配布されている
  • どの海外FX業者でも同じ取引ツールが使える

日本の国内FX業者は、投資家の注文を呑む「店頭取引(OTC取引・呑み取引・相対取引)」を採用しているため、利用する投資家が 損をすればするほど、国内FX業者が儲か る仕組みです。

ことを意味するので、 「稼ぐ」という点にフォーカスすると、国内FX業者のトレードプラットフォームは物足りない ものとなってしまうのです。

  • 勝率の高い投資家の取引にはカバー取引をする
  • 勝率の低い投資家(損をする初心者等)の取引は呑む
  • 海外FXの取引ツール → 外為パソコン プロが利用する、高度なトレード分析が可能
  • 国内FXの取引ツール → 初心者向けの簡単に利用できることが重視された取引ツール

理由その5.最先端のトレード技術を利用できる

  • ECN口座
  • PAMM口座、MAM口座
  • cTrader、CURRENEX
  • MT5(メタトレーダー5)
  • ソーシャルトレード(コピートレード)
  • オートチャーティスト
  • MT4・MT5の強化アプリ(強化インジケーター)
  • 取引シグナル配信
  • 専任のマネーマネージャー
  • CFD取引(株価指数、仮想通貨、先物商品、金銀プラチナ)
    ・・・
  • MT4・MT5(メタトレーダー) → 数万以上のストラテジーやインジケーターで高度なトレードが可能
  • ECN口座 → 板情報やほかの投資家の状況を見てトレードができる
  • ECN口座 → スリッページなし、約定拒否なし
  • PAMM口座、MAM口座 → 投資のプロが代わりにトレードをしてくれる
  • PAMM口座、MAM口座 → 投資のプロとしてPAMM口座、MAM口座の運用側にもなれる(運営報酬で稼ぐ)
  • ソーシャルトレード(コピートレード) 外為パソコン → 優秀な投資家の売買を自動的にコピーしてトレードできる
  • ソーシャルトレード(コピートレード) → コピーされる側のストラテジープロバイダーになることもできる(運営報酬で稼ぐ)
  • オートチャーティスト → 自動的にチャートにテクニカル分析の図形を描写し、トレード機会を図示してくれるツールで勝率を上げる
  • 専任のマネーマネージャー → 専任のマネージャーを利用して、効率的なトレードが可能
  • 取引シグナル → 取引シグナルを参考にしてトレードが可能

理由その6.透明性が高いのは海外FX業者

国内FX業者の採用する取引方法は、 「呑み取引」 である 「店頭取引(相対取引・OTC取引)」 と呼ばれるものです。

  • 投資家が利益を出したら、国内FX業者は身銭を切って利益分を支払う
  • 投資家が損失を出したら、国内FX業者は損失分の利益が出る

という取引方法なので、投資家と国内FX業者は 「利益相反」 の関係にあるのです。

staff

海外FX業者の採用する取引方法は、 「NDD(ノン・ディーリング・デスク)」 というものです。

staff

FXトレードで稼ぐために海外FXが必須の理由

  1. 理由その1.国内FX業者は、レバレッジ規制が激しい!
  2. 理由その2.国内FX業者は、入金した金額以上に借金を負う可能性がある!
  3. 理由その3.ボーナスがある!
  4. 理由その4.MT4・MT5(メタトレーダー)が利用できる
  5. 理由その5.最先端のトレード技術を利用できる
  6. 理由その6.透明性が高いのは海外FX業者
  • 国内FX業者と比較するとスプレッドが広い
  • 信託保全が義務化されていない
  • 入金、出金方法が限られてしまう

海外FXで稼ぐための「海外FX業者の選び方」

man

  • ボーナスが手厚いけれど、スプレッドが広い海外FX業者
  • ボーナスがないけれど、スプレッドが狭い海外FX業者

というように 「どちらかに力を入れている」 ケースが多いのです。

稼ぐための海外FX業者の選びで重視すべきポイント

ポイントその1.スプレッドの狭さ

やはり、海外FX業者を選ぶときにも 「スプレッドの狭さ」 は重要なポイントになります。

  • 国内FX業者の米ドル/円のスプレッド相場:0.3pips~0.5pips
  • 海外FX業者の米ドル/円のスプレッド相場:0.8pips~1.2pips

ポイントその2.約定力/約定スピードの高さ

スリッページで約定がずれてしまえば、その 滑ったコストは投資家が負担するもの だからです。

ポイントその3.利用したいサービスがあるかどうか?

  • ボーナスを利用したい → ボーナスの手厚い海外FX業者
  • ECN口座を利用したい → ECN口座のある海外FX業者
  • VPSを利用したい → VPSサービスのある海外FX業者
  • コピートレードを利用したい → コピートレードのある海外FX業者
  • MT5を利用したい → MT5口座のある海外FX業者
  • オートチャーティストを利用したい → オートチャーティストが使える海外FX業者
    ・・・

ポイントその4.VPSサービスがある海外FX業者を選ぶ

  • 取引サーバーがニューヨークなら、ニューヨークのサーバー
  • 取引サーバーがロンドンなら、ロンドンのサーバー

ポイントその5.日本人スタッフが在籍しているかどうか?

  • システム面のトラブル
  • ボーナスやキャンペーン適用の質問
  • 入出金でのトラブル
  • 会社側へのクレーム
  • 日本市場撤退の対応
    ・・・

ポイントその6.親会社、グループ会社が金融ライセンスを取得しているかどうか?

  • 詐欺行為
  • 投資家に資金を返金しないで倒産
  • 理由のない出金拒否

海外FXで稼ぐための「海外FX業者の選び方」は

  1. ポイントその1.スプレッドの狭さ
  2. ポイントその2.約定力/約定スピードの高さ
  3. ポイントその3.利用したいサービスがあるかどうか?
  4. ポイントその4.VPSサービスがある海外FX業者を選ぶ
  5. 外為パソコン
  6. ポイントその5.日本人スタッフが在籍しているかどうか?
  7. ポイントその6.親会社、グループ会社が金融ライセンスを取得しているかどうか?
  • 入金・出金方法 → どの海外FX業者でも「海外送金による出金」「bitwalletによる出金」はできるので大きな問題にはならない
  • レバレッジ → どの海外FX業者でも、200倍以上はあるので大きな問題にはならない。大きすぎるレバレッジはリスクも大きい
  • ボーナス → ボーナスがあるとスプレッドが広がってしまう傾向が強いので、重要なポイントではない

海外FX業者、海外FXの良い評判・悪い評判

国内口座とと海外口座ではやっぱり海外口座のほうが資金効率が良かったなぁ。レバレッジが全然違う、私はXMかTITANをメインで使用してます。

— さくら@FXで生活中!なんとか億トレーダー (@FX28957232) January 21, 2020

海外業者でトラリピをするメリット・デメリット💁‍♀️

メリット①
・証拠金が少なくて済む

axioryのようにレバ400倍であれば、400÷25=16
つまり、証拠金が1/16で済むということ。

外為パソコン 外為パソコン

メリット②
・通貨ペアが豊富

それはそれは豊富(笑)
CFDやGOLDなどの通貨以外にも適用可

続く…

— ニク🐷目標100万円の不労所得 (@niku_29niku_29) January 20, 2020

FX会社は海外、日本のは絶対使わない。LAND FX使ってたけどチャートが微妙な感じがするのでBIG BOSSのデモ使ってみてる。入金ボーナスはじまったし来週から変えようかな。

— ゆり (@NICOLE16458284) November 30, 2019

海外FXは危険、国内FXは安全な風潮でまだ結構出回っているんですね。

結局は自分で決めることでしょう。

他の人の意見に左右されて、それで他人のせいにするのは違うのではないか?

まず自分で決められないなら投資でも生き残れないと思っています。

自分に合う方を使えばいいだけ。

— YU@FX取引中 (@dream_YU51) January 22, 2020

私なりの海外FXで勝つコツ💡
・ボーナスを利用する
・目標金額を決める
・損切りはゼロカット
・利確したくなったら買い増し

やってはいけない事
❌スプレッドがやたら広がる業者
❌出金されるのか不安な業者
❌ちびちび利確

どちらか一方に強く動きそうなタイミングを狙ってみて🎯

— ジャッカル社長 (@K5vHsKr9Tyrt5KW) January 18, 2020

仮に大損失出したり、

強制ロスカット追い付かない事態が発生しても、

海外FXなら、ましてXMなら、

ゼロカットシステム発動して借金にならないから、その点は安心。

国内FXで億トレやって、強制ロスカットが追い付かなかったら、

その先は目も当てられない地獄が待っている。

— Anshinkyo@FXは人生の救世主 (@siri1190) January 23, 2020

金融庁が海外FXは危ない会社と言っていること鵜呑みにしてはいけない!
海外FXが国内金融庁に登録していないのは国内金融庁に登録すると国内FXと同じ運営をしてレバレッジは下がり追証ありになって国内FXと変わらなくなるから。#FXsuit

— 初夢アッキー (@EnglishCake1) January 20, 2020

外貨(法定通貨の)FXで日本国内だと、ドル円のスプレッド(仲介手数料)は最安値で0.3銭です。これが海外口座になると1.5銭ぐらいになります。これは1年で手数料が30万円かかるのと、150万円かかるぐらいの違いがあります。国内FX以外の株や仮想通貨などの手数料は海外FX以上です。

— こたまたま@健康や家電や投資やレジャーなどの便利生活アドバイザー (@o_kotama_tama) January 23, 2020

金融庁が動きを見せるたびに、

FXを含めて、海外は危険、アカン、のミスリードがあふれるので、

5年前のスイスフランショックで、

何が起こったか、国内FXと海外FXで運命分かれた事実を拡散。

のまれて助かったのは、海外FX組のみ。

— Anshinkyo@FXは人生の救世主 (@siri1190) January 16, 2020

僕の経験から言います

はじめ海外FXで修行積む

(無料ボーナスや入金ボナスを活かす)

ハイレバで挑むのでは無く
あくまでも経験を積みあげる期間

この期間を経て
ある程度お金を作り

国内FXに移行すれば
なんて楽って感じるよ

デフォルトは
国内FXで負けて
→海外FXに移行
=退場

↑逆

— fx小銭党@党首🏅為替航海士🚢自由人(ゼロからの成り上がり系) (@fx_kozeni) January 30, 2020

よく海外FXの話になると、税金で不利と言われますが
430万円あたりの損益分岐でしたっけ?(専業さん)
それ以上稼がれていらっしゃるなら国内FX利用されていると?
これで見分けがつきそうな・・・😳

— さな株[email protected]中長期投資 (@toushi_like) January 外為パソコン 外為パソコン 19, 2020

海外FX会社は、日本のFX会社より大きなレバレッジを効かせる事が出来る。
だからこそ、『早く稼ぎたい』『スグに稼ぎたい』と言う願望が強くなる!

この願望が大きいうちは、【入金→溶かす】の繰り返し!!

大事なのは、この願望を少なくする事!
そう考えると自ずと海外FX会社の選択は無い!

— 引きこもり投資家/投資収益5000万到達! (@JO0sthSYpVRt2hn) February 6, 2020

ソニー銀行って、出金に使えますかー?
先ほどソニー銀行デビッドでXMに入金しましたが、承認されませんでした。ソニー銀行に問い合わせたら、海外fx系は承認しませんとのこと。
出金も同様とのこと。
Is6、ソニー銀行で出金申請してんねけど…さいばば!

— ロスカットマスター (@kakikuutaroka) February 6, 2020

fx歴4、5年の自分が言うのは…だけど
海外fxって道具を知ったのが、
今のタイミングで良かったなと思う

じゃないととてもハイレバなんてできない😅

ぺーぺー初心者の頃の自分が
入り口が海外fxだったら即退場してる

勝つ自信ない、伸びる局面分からないならハイレバオススメしません😅#fx,#ドル円

— ほむら (@ktkr_uribon) January 25, 2020

【外国為替及び外国貿易法】対ロシア等経済制裁- 輸出等禁止措置について

Oh-Ebashi LPC & Partners logo

平成26年、ロシア連邦(以下「ロシア」と言います。)のクリミア 自治共和国及びセヴァストーポリ特別市(以下、まとめて「クリミ ア」と言います。)の併合及びウクライナ東部の不安定化を受 け、日本は、同年8月5日には、外国為替及び外国貿易法(以下 「外為法」と言います。)に基づき、これに直接関与していると判 断される者に対する資産凍結等の措置をし、クリミアからの全て の貨物の輸入を承認制としてきました。また、同年9月24日には、 ロシアに対する武器等の輸出制限の厳格化等もしてきました。

そして、本年2月21日に、ロシアは、ウクライナの一部であるド ネツク人民共和国(自称)及びルハンスク人民共和国(自称) (以下、まとめて「両共和国」と言います。)の独立の承認等をしま した。日本は、このような措置に対して、同月24日、両共和国関係 者に対する資産凍結等の措置を行うこと、及び、両共和国との 輸出入の禁止措置を導入すること等を決定しました。

さらに、ロシアは、同日、ウクライナへの軍事行動を開始しまし た。日本は、翌25日、ロシアの関係者・団体に対する資産凍結 等の措置を行うこと、及び、ロシアの軍事関連団体に対する輸 出、国際的な合意に基づく規制リスト品目や半導体など汎用品 のロシア向け輸出に関する制裁を行うことを決定しました。

そこで、本稿では、日本政府のロシア等に対する制裁について 概説します。なお、日本政府は、入国管理及び難民認定法に基 づき、両共和国関係者及びロシアの関係者に対して、日本への査証の発給を停止しましたが、本稿では、外為法に基づく経済 制裁に限定して説明します。また、外為法に基づく経済制裁も、 後記のとおり、輸出等の禁止措置を主として説明します。 なお、本稿は、本年5月20日現在の情報に基づいております。 その後、新しい制裁等がなされている可能性がありますので、ご 注意ください。

第2 外為法の規制

1. 外為法

外為法は、「外国為替、外国貿易その他の対外取引が自由に 行われることを基本とし、対外取引に対し必要最小限の管理又 は調整を行うことにより、対外取引の正常な発展並びに我が国 又は国際社会の平和及び安全の維持を期し、もつて国際収支 の均衡及び通貨の安定を図るとともに我が国経済の健全な発 展に寄与すること」を目的としています(1条)。そして、3章におい て支払等、4章において資本取引等、5章において対内直接投 資等・特定投資、6章において外国貿易を規制しています。財務 省が支払等と資本取引等のほぼ全部を、経済産業省が外国貿 易と資本取引等の一部を所管し、対内直接投資等と特定取得 については、財務省と経済産業省を含む事業所官庁が所管して います。そして、日本銀行が事務の一部を受任しています (69条)。

2. 経済制裁措置

各経済制裁措置を規定する外為法の条文の記載により若干 異なりますが、「国際約束を誠実に履行するため必要があると認 めるとき」、「国際平和のための国際的な努力に我が国として寄 与するため特に必要があると認めるとき」又は「我が国の平和及 び安全の維持のため特に必要があるとして対応措置を講ずべき 旨の閣議決定が行われたとき」に、経済制裁措置を発動すること ができることになっています。そして、経済制裁措置としては、支 払等を許可制とすること(外為法16条1項、10条1項)、資本取 引等を許可制とすること(外為法21条1項、10条1項)、輸入を 承認制とすること(外為法52条、10条1項)等があります。

ロシア等に対する経済制裁としては、以下のような①資産凍 結等の措置、②輸入禁止措置などがなされています。しかし、本 稿では、輸出等の禁止措置を主として、説明します。

上記のとおり、平成26年、クリミア併合又はウクライナ東部の 不安定化に直接関与していると判断される者として外務省告示 により指定される者に対する支払等を許可制とし、これらの者と の間の資本取引(預金契約、信託契約及び金銭の貸付契約) 等を許可制とすることから始まって、5月10日現在、857の団体 及び個人に対して、このような資産凍結等の措置が取られてい ます。

クリミアを原産地とする全ての貨物、及び、両共和国を原産地 とする全ての貨物の輸入が承認制とされています。また、一定の アルコール飲料、木材及び機械類・電気機械のロシアからの輸 入が承認制とされています。

3. 輸出等の禁止措置

(1)経緯 外為パソコン

本年2月26日、両共和国との輸出入を禁止する措置(後記 (7))を導入すること、及び、国際輸出管理レジームの対象品目 のロシア連邦向け輸出及び役務の提供について、審査手続を 一層厳格化するとともに、輸出の禁止等に関する措置(後記 (2))を導入すること等が、3月1日、外務省告示(同日公布)によ り指定されたロシアの49団体への輸出等に係る禁止措置(後 記(4))を導入すること、及び、ロシアの軍事能力等の強化に資 すると考えられる汎用品の輸出等の禁止措置(後記(3))を導 入すること等が、同月3日、国際輸出管理レジームの対象品目の ベラルーシ共和国(以下「ベラルーシ」と言います。)向け輸出及 外為パソコン び役務の提供について、審査手続を一層厳格化するとともに、 輸出の禁止等に関する措置(後記(2))を導入すること等が、同 月8日、ロシア向け石油精製用の装置等の輸出等の禁止措置 (後記(5))を導入すること、外務省告示(同日公布)により指定 されたベラルーシの2団体への輸出等に係る禁止措置(後記 (4))を導入すること、及び、ベラルーシの軍事能力等の強化に 資すると考えられる汎用品の輸出等の禁止措置(後記(3))を 導入すること等が、閣議了解されました。

そして、3月11日、輸出貿易管理令(以下「輸出令」と言いま す。)の一部を改正する政令が閣議決定され、同月15日に、関連 する省令及び告示が公布され、3月18日から、上記の輸出等の 禁止措置が実施されました。

その後、3月25日、外務省告示(同日公布)によりロシアの特 定団体として指定された81団体への輸出等に係る禁止措置 (後記(4))が実施されました。

同日、ロシアに対する奢侈品の輸出を禁止する措置(後記 (6))を導入することが閣議了解され、同月29日、輸出令の一部 を改正する政令が閣議決定され、同日、関連する省令及び告示 が公布され、4月5日から、同輸出禁止措置が実施されました

5月10日、外務省告示(同日公布)によりロシアの特定団体と して指定された71団体への輸出等に係る禁止措置(後記(4)) が実施されました。

同日、ロシアを仕向地とする先端的な物品等(量子コンピュー タ、3Dプリンター等)の輸出等の禁止措置(後記(8))を導入す ることが閣議了解されました。これらを踏まえ、5月13日、輸出令 の一部を改正する政令が閣議決定され、同日、関連する省令等 が公布され、同月20日から実施されました。この際に、ロシアを仕 向地とする石油精製関連の触媒の輸出等に係る禁止措置が 追加されています(後記(5))。

(2)国際輸出管理レジーム対象品目のロシア及び

国際輸出管理レジームとは、武器や軍事転用可能な貨 物・技術が、国際社会の安全性を脅かす国家やテロリスト 等、懸念活動を行うおそれがあるものに渡ることを防ぐための 先進国を中心とした国際的な枠組みで、具体的なものがいく つかあります。このような国際輸出管理レジームによる輸出管 理等を安全保障貿易管理といいます。

安全保障貿易管理においては、貨物の輸出だけではなく、 技術の提供も管理しており、併せて、輸出管理等といいます。 貨物の輸出は、外為法6章の48条に基づく輸出令及び関連 省令等によります。技術の提供は、外為法4章の資本取引等 の中の25条の役務取引等の規制により、同条に基づく外国 為替令(以下「外為令」と言います。)及び関連省令等により ます。

技術の提供は、地理的観点から、外国において提供するこ とを目的とする取引だけではなく、人的観点から、居住者から 非居住者に提供することを目的とする取引(みなし輸出管理) や、USBメモリ等の持ち出しのような特定の技術を持ち出す 行為、電子メール、海外からアクセス可能なサーバーへのアッ プロード等の特定の技術の電子データの外国への送信行為 も規制されています。貨物の輸出の場合は、物理的に貨物が 国境を越えて移動するのに対して、技術の提供は、無体物で ある情報を提供することであり、違反行為を起こしやすいもの であるため、注意が必要です。また、本年5月1日から、みなし輸 出管理の運用の明確化がされ、国内の事務所に勤務する外 国人及び入国後6月以上経過するに至った外国人は居住者 として取り扱われてきましたが、①契約に基づき、外国政府・ 企業・大学等の支配下にある者への提供、②経済的利益に 基づき、外国政府等の実質的支配下にある者への提供、及 び、③上記の他、国内において外国政府等の指示・依頼の 下で行動する者への提供は、規制されることになりましたの で、さらに注意が必要です。

リスト規制は、規制対象は貨物の輸出については輸出令 別表第1の1項から15項までに記載されており、原子力・生 物・化学兵器・ミサイル関連品目、先端材料、工作機械等の 武器、機微な汎用品を対象とし、対象地域を全地域としてい ます。

キャッチオール規制は、規制対象は貨物の輸出については 輸出令別表第1の16項に記載されており、食品、木材等を除 くリスト規制品目以外の全品目とされています。対象地域は、 各国際輸出管理レジームに参加し、輸出管理を厳格に実施 している国として、輸出令別表第3に記載されている米国等 26カ国以外の地域です。ロシア及びベラルーシも含まれてい ます。キャッチオール規制には、大量破壊兵器用の規制と通常兵器用の規制がありますが、本稿では割愛します

国際輸出管理レジーム対象品目を輸出等するには経済産 業大臣の許可を要するのですが、ロシア及びベラルーシ向け については、審査手続が厳格化されました。

また、ロシア及びベラルーシ向けの、上記リスト規制対象の 貨物の輸出は経済産業大臣の承認を、技術の提供は経済 産業大臣の許可を受けなければならなくなりました(外為法 48条3項、輸出令2条1項1号の3及び1号の4、別表第2の 3第1号、外為法25条6項、外為令18条3項、平成22年経 済産業省告示93号2の2イ、2の4イ)。

(3)ロシア及びベラルーシの軍事能力等の強化に資すると 考えられる汎用品の輸出等

一般的に使用される半導体、コンピュータ、通信機等軍事能 力等の強化に資すると考えられる汎用品について、ロシア及び ベラルーシ向けの輸出は経済産業大臣の承認を、技術の提供 は経済産業大臣の許可を受けなければならなくなりました(外為 法48条3項、輸出令2条1項1号の3及び1号の4、別表第2の3 第2号(フ乃至モを除く。)、外為法25条6項、外為令18条3項、 平成22年経済産業省告示93号2の2ロ(輸出令別表第1第 28乃至35号を除く。)、2の4ロ(輸出令別表第1第27乃至35 号を除く。))。エレクトロニクス関連、電子計算機関連、通信関 連、センサー関連、航法装置関連、海洋関連、推進装置関連 に、広く指定されていますので、ご注意ください。

(4)ロシア及びベラルーシの軍事関連団体向け輸出等

ロシア及びベラルーシの軍事関連団体として、外務省告示で 指定された者への輸出は経済産業大臣の承認を、技術の提供 は経済産業大臣の許可を、原則として、受けなければならなくなり ました(外為法48条3項、輸出令2条1項1号の6及び1号の7、令和4年経済産業省告示46号、外為法25条6項、外為令18 条3項、平成22年経済産業省告示93号2の3、2の5)。ロシア の特定団体として201及びベラルーシの特定団体として2指定 されています。

(5)ロシア向け石油精製用の装置等の輸出等

ロシア向けの石油精製用の装置等の輸出は、経済産業大臣 の承認を受けなければならなくなりました(外為法48条3項、輸 出令2条1項1号の4、別表第2の3第2号フ、外為法25条6項、 外為令18条3項、平成22年経済産業省告示93号2の4ロ、別 表第1第27号)。

(6)ロシア向け奢侈品の輸出

ロシア向けの以下の奢侈品の輸出は、経済産業大臣の承認 を受けなければならなくなりました(外為法48条3項、輸出令2条 1項1号の4、別表第2の3第3号)。

  • 酒類 •たばこ製品
  • 香水類、化粧品
  • 革製品
  • 毛皮
  • 衣類、履物
  • 帽子
  • 絨毯
  • 宝飾品
  • 陶磁製品
  • ガラス製品
  • ダイビング用機器 •乗用車、バイク
  • ノートパソコン
  • 時計(貴金属を使用したもの)
  • グランドピアノ
  • 美術品、骨とう品

併せて、以下の奢侈品の輸出は、財務大臣の許可を受けなけ ればならなくなりました(外為法19条1項及び2項、外為令8条1 項、財務省告示)。

(7)両共和国向け輸出

(8)ロシア向け先端的な物品等の輸出等

ロシア向けの以下の先端的な物品等についての輸出は経済 産業大臣の承認を、技術の提供は経済産業大臣の許可を受け なければならなくなりました(外為法48条3項、輸出令2条1項1 号の3及び1号の4、別表第2の3第2号コ乃至モ、外為法25条 外為パソコン 6項、外為令18条3項、平成22年経済産業省告示93号2の2 ロ、2の4ロ、輸出令別表第1第28乃至35号)。

  • 量子計算機その他の量子の特性を利用した装置及びその 附属装置並びにこれらの部分品
  • 電子顕微鏡、原子間力顕微鏡その他の顕微鏡及びこれら の顕微鏡とともに使用するように設計した装置
  • 積層造形用の装置(3D プリンター)並びにこれに用いられ る粉末状の金属及び金属合金
  • 有機発光ダイオード、有機電界効果トランジスター及び有 機太陽電池の製造用の装置 •微小な電気機械システムの製造用の装置
  • 水素(太陽光、風力その他の再生可能エネルギーを利用し て製造するものに限る。)を原料とする燃料及び変換効率 の高い太陽電池の製造用の装置 •真空ポンプ及び真空計(量子技術関連)
  • 極低温用に設計した冷却装置及びその附属装置並びにこ れらの部分品(量子技術関連) •集積回路から蓋及び封止材料を除去するための装置 •量子収率の高い光検出器(量子技術関連)
  • 工作機械及びその部分品並びに工作機械用の数値制御 装置
  • 電磁波による探知を困難にする機能を向上させる材料(メ タマテリアル)、ほぼ等しい割合の複数の元素で構成された 合金(高エントロピー合金)その他の先端的な材料(一部は 量子技術関連)
  • 導電性高分子、半導電性高分子及び電界発光の性質を 有する高分子

4. 罰則等

安全保障貿易管理に関する外為法の規定に違反した者は、 最大で、10年以下の懲役、3,000万円若しくは目的物の価格 の5倍以下の罰金、又は、その両方が科され得ます(外為法69 条の6第2項等)。法人に対しても、両罰規定があり、10億円又 は目的物の価格の5倍以下の罰金刑が科され得ます(外為法 72条1項1号等)。

経済制裁である輸出の禁止措置に違反した者は、5年以下 の懲役、1,000万円若しくは目的物の価格の5倍以下の罰金、 又は、その両方が科され得ます(外為法69条の7第1項4号)。 法人に対しても、5億円又は目的物の価格の5倍以下の罰金が 科され得ます(外為法72条1項3号)。

経済制裁である技術の提供の禁止措置に違反した者は、3 年以下の懲役、100万円若しくは目的物の価格の3倍以下の 罰金、又は、その両方が科され得ます(外為法70条1項18号)。 法人に対しても、同額の罰金が科され得ます(外為法72条1項 5号)。

さらに、行政制裁として、安全保障貿易管理に関する外為法 の規定に違反した場合及び経済制裁である輸出の禁止措置に違反した場合は、最大で3年以内の期間、輸出等が禁止され得 ますが(外為法25条の2第1及び2項、53条1及び2項)、個人 については、同期間、輸出等を行う別法人の担当役員等に就任 することも禁止され得ます(外為法53条3項)。経済制裁である 技術の提供の禁止措置に違反した場合は、最大で1年以内の 期間、技術の提供が禁止等され得ます(外為法25条の2第 4項)。

海外FXラボ

teacher

理由その3.ボーナスがある!

ボーナスとは
  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • 損失補填ボーナス
  • 利息ボーナス
  • 取引ボーナス
  • 商品ボーナス
  • シェアボーナス
  • ポイント
  • キャッシュバック
  • トレードコンテスト
    ・・・

一番代表的な入金ボーナスの場合

  • 実際のリアルマネーから証拠金が利用される(リアルマネーが尽きてから、ボーナス証拠金が利用できる状態になる)
  • ボーナス証拠金は出金はできないが、ボーナス証拠金を利用して得た利益は出金できる
    ※一部、既定のトレード回数をクリアするとボーナス自体も出金できるものがあります。

理由その4.MT4・MT5(メタトレーダー)が利用できる

  • 動作が軽い
  • カスタマイズ性が高い
  • 投資家自らがインジケーター(テクニカル分析)を開発できる
  • 投資家自らがEA(自動売買ストラテジー)を開発できる
  • すでに多くの投資家が開発したインジケーター(テクニカル分析)が配布されている
  • 外為パソコン
  • すでに多くの投資家が開発したEA(自動売買ストラテジー)が配布されている
  • どの海外FX業者でも同じ取引ツールが使える

日本の国内FX業者は、投資家の注文を呑む「店頭取引(OTC取引・呑み取引・相対取引)」を採用しているため、利用する投資家が 損をすればするほど、国内FX業者が儲か る仕組みです。

ことを意味するので、 「稼ぐ」という点にフォーカスすると、国内FX業者のトレードプラットフォームは物足りない ものとなってしまうのです。

  • 勝率の高い投資家の取引にはカバー取引をする
  • 勝率の低い投資家(損をする初心者等)の取引は呑む
  • 海外FXの取引ツール → プロが利用する、高度なトレード分析が可能
  • 国内FXの取引ツール → 初心者向けの簡単に利用できることが重視された取引ツール

理由その5.最先端のトレード技術を利用できる

  • ECN口座
  • PAMM口座、MAM口座
  • cTrader、CURRENEX
  • MT5(メタトレーダー5)
  • ソーシャルトレード(コピートレード)
  • オートチャーティスト
  • MT4・MT5の強化アプリ(強化インジケーター)
  • 外為パソコン
  • 取引シグナル配信
  • 専任のマネーマネージャー
  • CFD取引(株価指数、仮想通貨、先物商品、金銀プラチナ)
    ・・・
  • MT4・MT5(メタトレーダー) → 数万以上のストラテジーやインジケーターで高度なトレードが可能
  • ECN口座 → 板情報やほかの投資家の状況を見てトレードができる
  • ECN口座 → スリッページなし、約定拒否なし
  • PAMM口座、MAM口座 → 投資のプロが代わりにトレードをしてくれる
  • PAMM口座、MAM口座 → 投資のプロとしてPAMM口座、MAM口座の運用側にもなれる(運営報酬で稼ぐ)
  • ソーシャルトレード(コピートレード) → 優秀な投資家の売買を自動的にコピーしてトレードできる
  • ソーシャルトレード(コピートレード) → コピーされる側のストラテジープロバイダーになることもできる(運営報酬で稼ぐ)
  • オートチャーティスト → 自動的にチャートにテクニカル分析の図形を描写し、トレード機会を図示してくれるツールで勝率を上げる
  • 専任のマネーマネージャー → 専任のマネージャーを利用して、効率的なトレードが可能
  • 外為パソコン
  • 取引シグナル → 取引シグナルを参考にしてトレードが可能

理由その6.透明性が高いのは海外FX業者

国内FX業者の採用する取引方法は、 「呑み取引」 である 「店頭取引(相対取引・OTC取引)」 と呼ばれるものです。

  • 投資家が利益を出したら、国内FX業者は身銭を切って利益分を支払う
  • 投資家が損失を出したら、国内FX業者は損失分の利益が出る

という取引方法なので、投資家と国内FX業者は 「利益相反」 の関係にあるのです。

staff

海外FX業者の採用する取引方法は、 「NDD(ノン・ディーリング・デスク)」 というものです。

staff

FXトレードで稼ぐために海外FXが必須の理由

  1. 理由その1.国内FX業者は、レバレッジ規制が激しい!
  2. 理由その2.国内FX業者は、入金した金額以上に借金を負う可能性がある!
  3. 理由その3.ボーナスがある!
  4. 理由その4.MT4・MT5(メタトレーダー)が利用できる
  5. 理由その5.最先端のトレード技術を利用できる
  6. 理由その6.透明性が高いのは海外FX業者
  • 国内FX業者と比較するとスプレッドが広い
  • 信託保全が義務化されていない
  • 入金、出金方法が限られてしまう

海外FXで稼ぐための「海外FX業者の選び方」

man

  • ボーナスが手厚いけれど、スプレッドが広い海外FX業者
  • ボーナスがないけれど、スプレッドが狭い海外FX業者

というように 「どちらかに力を入れている」 ケースが多いのです。

稼ぐための海外FX業者の選びで重視すべきポイント

ポイントその1.スプレッドの狭さ

やはり、海外FX業者を選ぶときにも 「スプレッドの狭さ」 は重要なポイントになります。

  • 国内FX業者の米ドル/円のスプレッド相場:0.3pips~0.5pips
  • 海外FX業者の米ドル/円のスプレッド相場:0.8pips~1.2pips

ポイントその2.約定力/約定スピードの高さ

スリッページで約定がずれてしまえば、その 滑ったコストは投資家が負担するもの だからです。

ポイントその3.利用したいサービスがあるかどうか?

  • ボーナスを利用したい → ボーナスの手厚い海外FX業者
  • ECN口座を利用したい → ECN口座のある海外FX業者
  • VPSを利用したい → VPSサービスのある海外FX業者
  • コピートレードを利用したい → コピートレードのある海外FX業者
  • MT5を利用したい → MT5口座のある海外FX業者
  • オートチャーティストを利用したい → オートチャーティストが使える海外FX業者
    ・・・

ポイントその4.VPSサービスがある海外FX業者を選ぶ

  • 取引サーバーがニューヨークなら、ニューヨークのサーバー
  • 取引サーバーがロンドンなら、ロンドンのサーバー

ポイントその5.日本人スタッフが在籍しているかどうか?

  • システム面のトラブル
  • ボーナスやキャンペーン適用の質問
  • 入出金でのトラブル
  • 会社側へのクレーム
  • 日本市場撤退の対応
    ・・・

ポイントその6.親会社、グループ会社が金融ライセンスを取得しているかどうか?

  • 詐欺行為
  • 投資家に資金を返金しないで倒産
  • 理由のない出金拒否

海外FXで稼ぐための「海外FX業者の選び方」は

  1. ポイントその1.スプレッドの狭さ
  2. ポイントその2.約定力/約定スピードの高さ
  3. ポイントその3.利用したいサービスがあるかどうか?
  4. ポイントその4.VPSサービスがある海外FX業者を選ぶ
  5. ポイントその5.日本人スタッフが在籍しているかどうか?
  6. 外為パソコン
  7. ポイントその6.親会社、グループ会社が金融ライセンスを取得しているかどうか?
  • 入金・出金方法 → どの海外FX業者でも「海外送金による出金」「bitwalletによる出金」はできるので大きな問題にはならない
  • レバレッジ → どの海外FX業者でも、200倍以上はあるので大きな問題にはならない。大きすぎるレバレッジはリスクも大きい
  • ボーナス → ボーナスがあるとスプレッドが広がってしまう傾向が強いので、重要なポイントではない

海外FX業者、海外FXの良い評判・悪い評判

国内口座とと海外口座ではやっぱり海外口座のほうが資金効率が良かったなぁ。レバレッジが全然違う、私はXMかTITANをメインで使用してます。

— さくら@FXで生活中!なんとか億トレーダー (@FX28957232) January 21, 2020

海外業者でトラリピをするメリット・デメリット💁‍♀️

メリット①
・証拠金が少なくて済む

axioryのようにレバ400倍であれば、400÷25=16
つまり、証拠金が1/16で済むということ。

メリット② 外為パソコン
・通貨ペアが豊富

それはそれは豊富(笑)
CFDやGOLDなどの通貨以外にも適用可

続く…

— ニク🐷目標100万円の不労所得 (@niku_29niku_29) January 20, 2020

FX会社は海外、日本のは絶対使わない。LAND FX使ってたけどチャートが微妙な感じがするのでBIG BOSSのデモ使ってみてる。入金ボーナスはじまったし来週から変えようかな。

— ゆり (@NICOLE16458284) November 30, 2019

海外FXは危険、国内FXは安全な風潮でまだ結構出回っているんですね。

結局は自分で決めることでしょう。

他の人の意見に左右されて、それで他人のせいにするのは違うのではないか?

外為パソコン

まず自分で決められないなら投資でも生き残れないと思っています。

自分に合う方を使えばいいだけ。

— YU@FX取引中 (@dream_YU51) January 22, 2020

私なりの海外FXで勝つコツ💡
・ボーナスを利用する
・目標金額を決める
・損切りはゼロカット
・利確したくなったら買い増し

やってはいけない事
❌スプレッドがやたら広がる業者
❌出金されるのか不安な業者
❌ちびちび利確

どちらか一方に強く動きそうなタイミングを狙ってみて🎯

— ジャッカル社長 (@K5vHsKr9Tyrt5KW) January 18, 2020

仮に大損失出したり、

強制ロスカット追い付かない事態が発生しても、

海外FXなら、ましてXMなら、

ゼロカットシステム発動して借金にならないから、その点は安心。

国内FXで億トレやって、強制ロスカットが追い付かなかったら、

その先は目も当てられない地獄が待っている。

— Anshinkyo@FXは人生の救世主 (@siri1190) January 外為パソコン 外為パソコン 23, 2020

金融庁が海外FXは危ない会社と言っていること鵜呑みにしてはいけない!
海外FXが国内金融庁に登録していないのは国内金融庁に登録すると国内FXと同じ運営をしてレバレッジは下がり追証ありになって国内FXと変わらなくなるから。#FXsuit

— 初夢アッキー (@EnglishCake1) January 20, 2020

外貨(法定通貨の)FXで日本国内だと、ドル円のスプレッド(仲介手数料)は最安値で0.3銭です。これが海外口座になると1.5銭ぐらいになります。これは1年で手数料が30万円かかるのと、150万円かかるぐらいの違いがあります。国内FX以外の株や仮想通貨などの手数料は海外FX以上です。

— こたまたま@健康や家電や投資やレジャーなどの便利生活アドバイザー (@o_kotama_tama) January 23, 2020

金融庁が動きを見せるたびに、

FXを含めて、海外は危険、アカン、のミスリードがあふれるので、

5年前のスイスフランショックで、

何が起こったか、国内FXと海外FXで運命分かれた事実を拡散。

のまれて助かったのは、海外FX組のみ。

— Anshinkyo@FXは人生の救世主 (@siri1190) January 16, 2020

僕の経験から言います

はじめ海外FXで修行積む

(無料ボーナスや入金ボナスを活かす)

ハイレバで挑むのでは無く
あくまでも経験を積みあげる期間

この期間を経て
ある程度お金を作り

外為パソコン

国内FXに移行すれば
なんて楽って感じるよ

デフォルトは
国内FXで負けて
→海外FXに移行
=退場

↑逆

— fx小銭党@党首🏅為替航海士🚢自由人(ゼロからの成り上がり系) (@fx_kozeni) January 30, 2020

よく海外FXの話になると、税金で不利と言われますが
430万円あたりの損益分岐でしたっけ?(専業さん)
それ以上稼がれていらっしゃるなら国内FX利用されていると?
これで見分けがつきそうな・・・😳

— さな株[email protected]中長期投資 (@toushi_like) January 19, 2020

海外FX会社は、日本のFX会社より大きなレバレッジを効かせる事が出来る。
だからこそ、『早く稼ぎたい』『スグに稼ぎたい』と言う願望が強くなる!

この願望が大きいうちは、【入金→溶かす】の繰り返し!!

大事なのは、この願望を少なくする事!
そう考えると自ずと海外FX会社の選択は無い!

— 引きこもり投資家/投資収益5000万到達! (@JO0sthSYpVRt2hn) February 6, 2020

ソニー銀行って、出金に使えますかー? 外為パソコン
先ほどソニー銀行デビッドでXMに入金しましたが、承認されませんでした。ソニー銀行に問い合わせたら、海外fx系は承認しませんとのこと。
出金も同様とのこと。
Is6、ソニー銀行で出金申請してんねけど…さいばば!

— ロスカットマスター (@kakikuutaroka) February 6, 2020

fx歴4、5年の自分が言うのは…だけど
海外fxって道具を知ったのが、 外為パソコン 外為パソコン 外為パソコン
今のタイミングで良かったなと思う

じゃないととてもハイレバなんてできない😅

ぺーぺー初心者の頃の自分が
入り口が海外fxだったら即退場してる

勝つ自信ない、伸びる局面分からないならハイレバオススメしません😅#fx,#ドル円

— ほむら (@ktkr_uribon) January 25, 2020

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる