内部者取引

エリオット波動理論

エリオット波動理論
エリオットが見つけた相場のリズムは、エリオット波動と言われています。 エリオット波動理論
エリオット波動は、「上昇5波・下降3波」の8つの波で1つの周期を形成し、これが反復を繰り返すという理論です。
この理論は、1000年単位の歴史の周期まで視野に入れられた分析から編み出されているので、基本的な相場の動きとして覚えておくことが必要です。

FXではフィボナッチ比率・エリオット波動で相場を分析!群集心理を探れ!|トピックスファロー

フィボナッチ数列は、,1,2,3,5,8,13,21,エリオット波動理論 34,55,89,144,233,377,610,987,1597・・・といった数列です。
1+1=2,1+2=3,2+3=5,3+5=8,5+8=13・・・というようにイコールに隣接する数字が、次項の和になっていく数列です。
これらの数列を直前の数値で割り算をしていくと、最終的に1.618に近づいていきます。
この数字が黄金比の数値1:1.618に一致します。

相場で主に使われるフィボナッチ比率

・黄金比率で用いられている1.618の逆数(分母を大きい数字にする)・・・0.618
・フィボナッチ数列の1つおきに比率を出し最終的に近づく2.618の逆数・・・0.382
・フィボナッチ数列の2つおきに比率を出し最終的に近づく4.236の逆数・・・0.236

この数値が基準となり、23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%、123.6%、138.2%、161.8%が相場の分析に用いられます(上昇率・下降率にこの数値を当てはめる)。
フィボナッチがさまざまなことに当てはまるように、不思議と相場の動きの根源である群集心理にも反応します。
相場に当てはめることで、トレンド発生時の買い目、売り目の判断基準になり、特に38.2%と61.8%は、信頼度が高い数値になり、特に注目をされている数値になります。

フィボナッチを使って相場を予測

フィボナッチを使うには、まず相場の周期性を理解しなくてはいけません。
アメリカの株式アナリスト、ラルフ・ネルソン・エリオット(1871~1947)が相場には周期的なリズムがあることを見つけました。
その理論とフィボナッチは、切っても切れない仲なので先に触れておきます。

エリオット波動。相場のリズム

fibonacchi02

エリオットが見つけた相場のリズムは、エリオット波動と言われています。
エリオット波動は、「上昇5波・下降3波」の8つの波で1つの周期を形成し、これが反復を繰り返すという理論です。 エリオット波動理論
この理論は、1000年単位の歴史の周期まで視野に入れられた分析から編み出されているので、基本的な相場の動きとして覚えておくことが必要です。

5つの波動の特徴とフィボナッチ比率を照らし合わせる

fibonacchi03

第1波・・・動きが鈍い。第1波の長さがフィボナッチ比率で、押し目買いポイントを探るメジャーになる。
第2波・・・第1波を打ち消すほどの、強い抵抗がある。50%、61.8%付近で止まる割合が多い。止まったらアップトレンドの始まりが期待できるともいえる。
第3波・・・5波の内でもっとも大きく値幅が動くことが多い。第1波の168%の上昇率が多く、それを超える場合は200%、268%も期待できる。
第4波・・・複雑な動きだが、持ち合い(横ばい)に近い。第3波の38.2%付近で止まることが多い。
第5波・・・いきなりドーンと勢いをもって急騰することが多い。第1波から第3波の61.8%程度の上昇率が多い。

波動の特徴から読むトレーダーの心理

第2波・・・第1波でポジションを持っていたトレーダーは、どこまで跳ね上がるかの基準がないので、早めに利確します。なので急激に値が元に戻ろうとします。
また、その動きに今度は動きが転換するのではないかと思い、そこでポジションを持つトレーダーも多いので第1波を打ち消す程の動きになります。
この時点で第1波を打ち消してしまうとトレーダーは、次の動きが読みづらくなるので、しばらく持ち合いが続くこともあります。

第5波・・・第4波のまま移動平均線などに近づいてくると、押し目買いポイントになるので一気にトレーダーがポジションを持ちます。 それで勢いのある上昇・下降になり更にその動きに、乗ろうとするトレーダーもいます。 そのことによって更に高値を更新することもありますが、逆に乗り遅れてすでに反転していることも多くあります。第5波が終われば次の転換を狙っているトレーダーも多くいるからです。

このように人間の群集心理によって創りだされたエリオット波動ですが、今ではエリオット波動によって群集心理が動かさせることもあります。
もちろん人間は機械ではないので、エリオット波動やフィボナッチ比率が、必ず当てはまるわけではありません。
あくまで、ヒントを見つけるための判断材料であることは忘れないで下さい。

また全く同じ相場というものは存在しません。
エリオット波動、フィボナッチ比率が当てはまる時もあれば、全く通用しない時もあります。
テクニカル分析は、その時その時で当てはまる分析を見つけていくことが必要です。
1つの分析方法に頼らず、分析方法の引き出しをたくさん作っておくことで、相場を見たらどの分析方法を用いたらいいのかわかってきますよ。
また、テクニカルばかりに頼るのではなく、この記事でもしたように勝っている人、負けている人の心理状態を探ることで、チャートだけでも動きが読めるようになってくるので、分析方法に取り入れてみてください。

FX 必見エリオット波動!

0 テクニカル投資研究会: 波のクラス説明: エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。 エリオット波動基本講座は準備中です。 日経225先物、ニューヨークダウ、ナスダックについて、 今後株価推移をエリオット分析に基づき.

エリオット波動マニア向け動画【ユーロ円の1時間足は、どうエリオット波動を数えるべき?】2020.06.16 Video エリオット波動理論 for Elliott Wave Mania [Euro Yen]

2019年7月~FXを楽しんでいます。 4時間足メインでチャート分析を行っています。 分析~エントリー~決済までを全て公開 Twitter: ブログ: エリオット波動理論 _______________ ENGLISH I am enjoying F.

エリオット分析No.527(2021/11/9 20時)チャート:5分足

0 テクニカル投資研究会: 波のクラス説明: エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。 エリオット波動基本講座 第1回 第2回 第3回 第4回 日経225先物、ニューヨークダウ、ナスダックについて、 今後株価推移を.

2022年1月23日ビットコイン相場分析

エリオット分析No.674(2022/05/13 20時)チャート:5分足

0 【↓エリオット波動をもっと知りたい方は、こちらから】 テクニカル投資研究会: 波のクラス説明: エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。 エリオット波動基本講座 第1回 第2回 第3回 第4回 日経225先物.

【5波】エリオット波動の申し子になりましょう!!エリオット波動すなわち三尊でもありフラクタルでもある

0 FXには基準を持つことが大切です。感覚ほど伝わらない。 ■基準化FXサイト ▼チャンネル登録してFXの基準をGETしましょう 初心者や勝てないトレーダーに少しでも基準を持ってトレードを出来るように配信していくのが.

相場解説 2020年07月29日 ユーロドル+39.4pips/エントリーを決める5分足の判断

ドル円、ユーロドル、ポンドドルの相場解説です。 大きな流れをエリオット波動で分析し、直近の戦略は移動平均線やトレンドライン、ローソク足などのベーシックなものを使って判断しています。 本動画はエリオット波動や移動平均線を主体としたトレー.

【ドル円FX最新相場分析】6月月足確定後の相場をエリオット波動とダウ理論で分析します。

0 ドル円、ユーロドル、ポンドドルの相場解説です。 大きな流れをエリオット波動で分析し、直近の戦略は移動平均線やトレンドライン、ローソク足などのベーシックなものを使って判断しています。 本動画はエリオット波動や移動平均線を主体としたトレ.

FX【ドル円予想】上昇は繰り返される?エリオット波動は実践向け?リスクが決まれば攻めるのみ!【ローソク足トレード手法】2022年4月7日

0 この動画なら初心者でもローソク足だけでドル円相場の方向性が分かります。手法の魅力は、トレードレートが明確に提示できることです。 エリオット波動理論 ▼『実践に役立つ特典動画(37分18秒)』は、口座開設+1万通貨のトレードでプレゼント! ※口座開設の.

FX 億超えの【先読み】エリオット波動実践運用法

0 サイクル理論とエリオット波動理論を使った 再現性のある裁量トレードを学びたい方に パソコンに貼りつけない、忙しいすべての方に 【億越えトレーダー】から学んだ裁量兼業トレーダ―の目線をライブ配信。 億超え師匠が登場! 相場の世界で20.

これを見れば景色が変わる。『エリオット波動・フラクタル構造』徹底解説

0 #USDJPY・#EURJPY・#GBPJPY・#AUDJPY・#CADJPY #GBPUSD・#USDCAD・#EURUSD #AUDUSD・#USDCHF・#NZDUSD・#XAUUSD 全12通貨ペアの中でエントリーポイントが.

FX エリオット&サイクル理論で相場を見極めよう!(相場解説&実績つき)

0 サイクル理論とエリオット波動理論を使った 再現性のある裁量トレードを学びたい方に パソコンに貼りつけない、忙しいすべての方に 【億越えトレーダー】から学んだ裁量兼業トレーダ―の目線をライブ配信。 億超え師匠が登場! 相場の世界で20.

【エリオット波動】まずはここから始めよう

難解なポンドドルを徹底分析、現状の最適解はこれだ|エリオット波動分析 2021年10月01日

0 ドル円、ユーロドル、ポンドドルの相場解説です。 大きな流れをエリオット波動で分析し、直近の戦略は移動平均線やトレンドライン、ローソク足などのベーシックなものを使って判断しています。 本動画はエリオット波動や移動平均線を主体としたトレ.

【FX】ユーロ円【エリオット波動デイトレ】押安値133.742を割り込んだら1時間15分同時トレンド転換で売りエントリー考えたくなります。

エリオット波動分析 2020年10月26日 波動の整合性と優位性を内部波動のさらに内部波動で検討する

ドル円、ユーロドル、ポンドドルの相場解説です。 大きな流れをエリオット波動で分析し、直近の戦略は移動平均線やトレンドライン、ローソク足などのベーシックなものを使って判断しています。 本動画はエリオット波動や移動平均線を主体としたトレー.

エリオット波動入門①(概要と基礎知識を解説)

0 【おすすめ動画】 ☆エリオット波動入門 ⇒ ☆通貨の強弱入門 ⇒ 過去検証のやり方 ⇒ 【有料note】 ★通貨の強弱の判断方法(FXにおける最強の環境認識) ⇒ ★エリオット波動のカウント方法【インジケーターを使って誰でも再現可.

FX「エリオット波動論【前編】」陳満咲杜氏 2021/07/22

0 長年投資の世界で活躍するアナリストによるFX相場展望! 本日は異色のアナリスト陳満咲杜氏が徹底解説。 動画後編は会員様限定コンテンツとなります。 是非、口座開設をして続きをご視聴ください! ▪後編動画はこちら &.

【リアルトレード解説動画】2022年6月

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 .

【米国株】過去の弱気相場(ベアマーケット)を見てみよう

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事では過去の米国株の弱気相場について振り返ってみたいと思います。 2022年5月20日の米国市場ではSP500が一時弱気相場(ベアマーケッ .

【ダウ理論】目線付けの二つの方法と目線を可視化するTradingView用インジケーター
【エリオット波動】 ドル円の長期エリオット波動をマジで分析 / 円の過去50年の歴史を振り返る
仮想通貨の冬はどれほど長いのか?

こんにちは、サバイサバイFXです。 仮想通貨の冬入りが騒がれていますね。 この投稿では、過去の仮想通貨の”冬”エリオット波動理論 ではどの程度の期間停滞が続いたのか、ビットコインを例に振り返ってみたいと思い .

チャートに”エリオット波動理論 N”を探せ!

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事では相場の動きの特徴であるN波動に焦点を当ててみたいと思います。 相場の動きはすべてN字と逆N字に分解することができます。 この視点 .

【エリオット波動】4波は1波の終点を超えてはいけないは本当なのか?
【エリオット波動】なぜ5波狙いは難しいのか?理由と狙う場合のリスクを解説します。

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動理論 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 .

エリオット波動理論

金融の部屋

今回は「トレンド分析」のページで説明したトレンドに形成における、エリオット波動の適用について説明していきたいと思います。
エリオット波動原理の基本原則1 エリオット波動理論
エリオット波動の基本原則は、上昇トレンドであれば市場は5つの上昇波と3つの下降波というリズムで反復を繰り返しトレンド形成するというものです。そう一つのサイクルには8つの波、上昇トレンドであれば5つの上昇波と3つの下降波、下降トレンドであれば5つの下降波と3つの下降波があるのです。

波の特徴
それでは1~5、A~Bの8つの波のそれぞれの特徴についてご説明いたします。
第一波 :通常は単なる反発としか見えず、5つの波に中で最も短い。しかし、大きな底値形成後にはきわめて強くなるケースも
第二波 :第一波の大部分を戻すケースが多い。そこで第一波のボトムを割らなければ、ダブルボトムやトリプルボトムを形成し上昇トレンドの始まりである。
第三波 :通常最も長く、最も力強い。出来高も最大となる。
第四波 :この第四波のボトムが第一波のトップよりも上になるという事が、エリオット理論の主要な原則の一つである。
第五波 :第三波ほどの力強さがない。
A波 :上昇トレンドの単なる戻しと勘違いされるケースが多い。この時に出来高が下落時に増加しているようであればA波である可能性が高い。
B波 :新しい下降トレンドの始まりであるが通常出来高を伴わない。第五波のトップを超えダブルトップを形成することも。
C波 :A波のボトムを割り込み、上昇トレンドの終了を伝える。
エクステンション

エクステンションとは下図のように、第一波、第二波、第三波のいずれかがさらに小さな5つの波に分かれることです(図には第一波はありませんが起こることがあります)。私の経験ではエクステンションがでるとそれが、主要な8つの波の一つなのかエクステンションなのかの見分け方が非常に難しくなっております。そのような時は、 タイムサイクル理論 を参考にし判断しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる