FXトレード

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)
上の画像のような画面で氏名、住所、生年月日、職業、年収、投資歴などの基本情報を入力するだけの簡単なものです。

資金決済法における仮想通貨の会計処理等に関する当面の取扱いについて

本実務対応報告の適用範囲は、「資金決済に関する法律」(以下、「資金決済法」という。)に規定する仮想通貨 ※1 であるとされている(第3項。以下、特段の断りがない限り、「仮想通貨」は資金決済法における仮想通貨を指すものとする。)。
ただし、自己(自己の関係会社を含む。)の発行した仮想通貨は適用範囲から除くものとされている(第3項ただし書き) ※2 。ここでいう「自己(自己の関係会社を含む。)の発行した仮想通貨」には、発行した時点においては仮想通貨に該当しないものの、その後に仮想通貨に該当することとなったものも含まれる。
なお、いわゆる「マイニング」(採掘)などにより取得した仮想通貨は、通常、自己(自己の関係会社を含む。)以外の者により発行されているため、ここでいう自己(自己の関係会社を含む。)の発行した仮想通貨には該当しないことから、本実務対応報の範囲に含まれる点には留意が必要である(第26項)。

※1 資金決済法における仮想通貨は、次のいずれかに該当するものと定義されている(資金決済法第2条第5項第1号及び第2号)
1.物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
2.不特定の者を相手方として、1.の仮想通貨と相互に交換を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

3.会計処理

(1)保有する仮想通貨の会計処理

  1. 保有する仮想通貨に活発な市場が存在する場合、市場価格に基づく価額をもって当該仮想通貨の貸借対照表価額とし、帳簿価額との差額は当期の損益として処理する(第5項)。
  2. 保有する仮想通貨に活発な市場が存在しない場合、取得原価をもって貸借対照表価額とする。期末における処分見込価額(ゼロ又は備忘価額を含む。)が取得原価を下回る場合には、当該処分見込価額をもって貸借対照表価額とし、取得原価と当該処分見込価額との差額は当期の損失として処理する(第6項)。なお、前期以前において仮想通貨の取得価額と処分見込価額との差額を損失として処理した場合、当該損失処理額について、当期に戻入れを行わない(いわゆる「切放し法」)(第7項)。

上記に関して、「活発な市場が存在する」場合とは、継続的に価格情報が提供される程度に仮想通貨取引所又は仮想通貨販売所において十分な数量及び頻度で取引が行われている場合をいうものとしており(第8項)、保有する仮想通貨の種類、当該保有する仮想通貨の過去の取引実績及び当該保有する仮想通貨が取引の対象とされている仮想通貨取引所又は仮想通貨販売所の状況等を勘案し、個々の仮想通貨の実態に応じて判断することが考えられるとされている(第47項)。
なお、保有している活発な市場が存在する仮想通貨の期末評価において、市場価格として仮想通貨取引所又は仮想通貨販売所で取引の対象とされている仮想通貨の取引価格を用いるときは、保有する仮想通貨の種類ごとに、通常使用する自己の取引実績の最も大きい仮想通貨取引所又は仮想通貨販売所における取引価格(取引価格がない場合には、仮想通貨取引所の気配値又は仮想通貨販売所が提示する価格)を用いることとされており、期末評価に用いる市場価格には取得又は売却に要する付随費用は含めないものとされている(第9項) ※3 。

  • 「活発な市場」の存在に関する判断変更時の取扱い

仮想通貨交換業者又は仮想通貨利用者が保有する仮想通貨について、活発な市場が存在する仮想通貨が、その後に活発な市場が存在しない仮想通貨となった場合、活発な市場が存在しない仮想通貨となる前に最後に観察された市場価格に基づく価額をもって取得原価とし、評価差額は当期の損益として処理することとなり、以後の期末評価は、活発な市場が存在しない仮想通貨の期末評価の方法(前述の2.)に基づいて行う。
一方で、仮想通貨交換業者又は仮想通貨利用者が保有する仮想通貨について、活発な市場が存在しない仮想通貨が、その後に活発な市場が存在する仮想通貨となった場合、以後の期末評価は、活発な市場が存在する仮想通貨の期末評価の方法(前述の1.)に基づいて行う ※4 。

Matic is nearly wiped off of exchanges! What is the effect on the price?

Why Polygon is nearly wiped off of exchanges

Ethereum’s price rally may have 暗号資産(仮想通貨) stunted the growth of most other altcoins, however, Polygon MATIC is now pretty much wiped off the exchanges. While in early January 2021, there was 1.24 Billion MATIC on spot 暗号資産(仮想通貨) exchanges and now in May 2021, in over 4 months, only 88.49 Million MATIC remains. On-chain sentiment suggests 暗号資産(仮想通貨) that retail traders are currently bullish for MATIC in the long term. This is based on the overall progress of the project and not just the price rally that started this alt season.

Much of MATIC’s supply is being actively used through Polygon ecosystem 暗号資産(仮想通貨) for various productive activities. Based on this, it’s obvious that Polygon is a project that has found product/market fit that very few altcoins have. Additionally, MATIC has proven its utility and importance for the Polygon ecosystem. It differentiates itself from speculative assets and memecoins sitting on exchanges and concentrated in large 暗号資産(仮想通貨) HODLer wallets.

Why Polygon is nearly wiped off of exchanges

MATIC || Source: Twitter

AAVE and SUSHI takeover on 0x Polygon was a significant event in DeFi summer 2021 and as more projects inject liquidity through Polygon it becomes more relevant. Since Ethereum flowing out of exchange signals increasing investor confidence, a similar theory applies to MATIC as well.

With it being #1 L2 Scaling solution for ETH 2.0 the upcoming halving events and updates on the ETH network are bullish for MATIC’s price as well. The retail traders and HODLers with ETH in their portfolio are also the ones with MATIC in it, in most cases and 暗号資産(仮想通貨) this has led to an increasing correlation between the price of the two assets based on spot exchange activity.

Why Polygon is nearly wiped off of exchanges

Based on the above chart from Lunarcrush, MATIC’s social volume has currently dropped, however price is close to the $1 level. The spike in social volume has been followed by periods of range-bound price action and it is, therefore, conducive that the social volume is low.

There is a higher correlation between the MATIC reserves on exchanges and 24-hour trade volume, vs the social volume. This chart also shows that MATIC is not driven by mere speculation or social media frenzy and 暗号資産(仮想通貨) the price is not controlled by a few wallet addresses. MATIC’s price rally is anticipated to continue alongside ETH’s price discovery and rally to the 暗号資産(仮想通貨) $4000 level.

暗号資産(仮想通貨)取引量国内No.1!ビットバンク(bitbank)口座開設方法

暗号資産(仮想通貨)取引量国内No.1!ビットバンク(bitbank)口座開設方法

PCで口座開設をする場合は、bitbank公式サイトから上の画像の緑の枠にメールアドレスを入力して「口座開設」をクリックで登録できます。

スマホアプリで登録する場合は、ダウンロード後アプリを開くと上の画面になるので新規登録をタップします。

②パスワードの設定

基本情報設定、本人確認登録方法

①基本情報の設定

上の画像のような画面で氏名、住所、生年月日、職業、年収、投資歴などの基本情報を入力するだけの簡単なものです。

②本人確認書類の提出

・運転免許証 ・パスポート

・マイナンバーカード ・住民基本台帳カード

・障害者手帳 ・運転経歴証明書

・健康保険証 ・国民年金手帳

・住民票の写し ・印鑑登録証明書

二段階認証の設定

二段階認証を設定するにあたり、認証用アプリ「Google Authenticator」「IIJ SmartKey」のどちらかをダウンロードし、設定しなければなりません。

ビットバンクの特徴・メリット

ビットバンクはセキュリティ対策に力を入れており、ICORatingの取引所セキュリティレポートでは、2018年には国内第一位、2019年には国内第二位を獲得し、国内トップクラスのセキュリティの高さを証明しました。

また、他の暗号資産取引所は販売所形式を主としているが、ビットバンクでは取引所形式の取り扱い通貨の種類が豊富なので、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)などの主要銘柄は安く手に入れることができ、上級者に人気の取引所となっています。

将来性のある仮想通貨おすすめランキング!これから伸びる暗号資産6選

ビットコイン過去10年のチャート


参考:ビットコインの歴史と価格推移グラフ

仮想通貨経験者が選ぶ将来性の高い通貨ランキング【2021年度版】

将来性の高いおすすめの仮想通貨ランキング

  • 第1位:ビットコイン(BTC)
  • 第2位:イーサリアム(ETH)
  • 第3位:リップル(XRP)
  • 第4位:ライトコイン(LTC)
  • 第5位:ビットコインキャッシュ(BCH)
  • 第6位:エンジンコイン(ENJ)
暗号資産(仮想通貨) 暗号資産(仮想通貨)
仮想通貨 購入できる取引所の例 特徴
ビットコイン(BTC) ・コインチェック
・GMOコイン 暗号資産(仮想通貨)
・bitFlyer
・bitbank
・ビットポイント
・DMMビットコインなど
・発行上限枚数は2100万枚
・時価総額が最も高い 暗号資産(仮想通貨)
・マイニングによって承認される
・マイニングによる報酬はPoWを採用
・4年に一度のペースで半減期が訪れる
・サトシナカモトの論文によって発表された
イーサリアム(ETH) ・コインチェック
・GMOコイン
・bitFlyer
・bitbank
・ビットポイント
・DMMビットコインなど
・発行枚数に上限がない
・時価総額が高い
・スマートコントラクト機能がある
・プラットフォームとして国や企業から注目されている
・500以上の企業がイーサリアム企業連合に加盟している
・価格が上昇傾向にある
リップル(XRP) ・コインチェック
・GMOコイン
・bitFlyer
・bitbank
・ビットポイント
・DMMビットコインなど
・安く円滑に国際送金できるよう作られた仮想通貨
・送金ネットワーク内で使われている
・異なる通貨や決済手段をつなぐ役割を持つ
・大手企業と提携
・国内の金融機関でも海外送金の実験が行われている 暗号資産(仮想通貨)
・過去に価格の高騰あり
・価格の変動が激しい
・発行上限が1,000億枚で新規発行が行われない
ライトコイン(LTC) ・コインチェック
・GMOコイン
・bitFlyer
・bitbank
・ビットポイント
・DMMビットコインなど
・決済を目的とした仮想通貨
・発行上限は8,400万枚
・ビットコインよりスピーディーに決済できる
・送金の安定性が高い
・大きなトラブルや変更がない
・過去に高騰したことがある
ビットコインキャッシュ(BCH) ・コインチェック
・GMOコイン
・bitFlyer
・bitbank
・ビットポイント
・DMMビットコイン
・楽天ウォレットなど
・ビットコインから生まれた仮想通貨
・ビットコインの問題点を解決する目的で誕生
・今後より使いやすい仮想通貨になる可能性が高い
エンジンコイン(ENJ) ・コインチェック
・GMOコイン
・オンラインゲームEnjinのプラットフォームで利用できる
・ゲームアイテム交換時の媒介資産やアイテムの裏付けなどに利用
・異なるゲーム間での売買も可能な点が特徴
・ゲーム以外の分野にも技術の応用が期待されている
・Enjinの技術を採用する企業が増えている
・技術の採用の増加に伴って価格が上昇傾向に

ビットコイン(BTC)

発行上限枚数は2100万枚 と決められており、 4年に一度の頻度でマイニングの報酬が半分になる半減期が訪れる 仕組みになっています。

2021年9月には中央アメリカに位置するエルサルバドルが、 ビットコインを法定通貨に定めた ことも大きなニュースになり、誕生から数年経った今も仮想通貨の代表として注目を集めています。

暗号資産(仮想通貨)で稼ぐ方法!1000万円、100万円、10万円別にご紹介。稼ぐための成功事例と失敗事例も!

退職金の資産運用

暗号資産(仮想通貨)
今日「億り人」と言われる投資家の多くが、昔から暗号資産(仮想通貨)を持っていた人です。今のように暗号資産(仮想通貨)が注目される以前から保有し、価格が大きく上昇する中で売り抜けることで大きな利益をあげました。

もしまとまった資金があるのであれば、 暗号資産(仮想通貨)FX がおすすめです。FXならレバレッジをかけて資金以上の取引をすることができます。

日本の取引所であれば4倍、海外であれば100倍以上もレバレッジをかけることができるため、戦略を立てて望めば1000万円を稼ぐのも夢ではありません。

暗号資産(仮想通貨)で1000万円の利益に挑戦したブログ・ニュース紹介

暗号資産(仮想通貨)暗号資産(仮想通貨) での運用は2016年からで、約2年ほどで元手100万円以下から資産1000万円までに増やしています。

とんきつさんが運営するブログ。投資未経験からわずか2か月で1000万円にとどまらず、億り人までになり専業投資家に転身しています。

「いますぐ始める暗号資産(仮想通貨)投資」※サイト終了

seiyaさんが運営しているブログ。こちらのブログでは、「暗号資産(仮想通貨)投資で原資10万円から1000万円にする」という複数のブロガーと勝負形式の企画を行っています。

暗号資産(仮想通貨)で1000万円の利益を挙げた場合の税金は

暗号資産(仮想通貨)で得た利益はすべて「 雑所得 」に分類されます。

1000万円×33%-153万6千円(控除額)=1764,000円

暗号資産(仮想通貨)で100万円を稼ぐ方法

暗号資産(仮想通貨)で100万円を稼ぐと一口に言っても、どうやって稼ぐかは人によってまったく異なります。1万円から始めるか100万円から始めるか、短期的に稼ぐか長期的に稼ぐかによって投資法は変わります

ただ短期で100万円を稼ごうとするとリスクは高くなります。そのため 価格の上がりそうな銘柄に分散して中長期的な投資 をするのがおすすめです。

暗号資産(仮想通貨)暗号資産(仮想通貨) で100万円の利益に挑戦したブログ・ニュース紹介

この中でも「暗号資産(仮想通貨)に積立で5銘柄に5万円ずつ分散投資!」では 毎月25万円を5種類の暗号資産(仮想通貨)に分散投資して運用実績を報告 しています。

月によっては評価益が100万円を超えるなど、分散投資を考えるときには参考になるブログです。

コインセレブを自称する管理人によるブログです。毎日の実績を紹介しており、毎月100万円以上の利益を出しています。

管理人のビット先生さんは投資額20万円で始めてわずか3か月で500万円も稼ぐなど、実績のある投資家です。ぜひ参考にするといいでしょう。

暗号資産(仮想通貨)で100万円の利益を挙げた場合の税金は

先に述べたように暗号資産(仮想通貨)の税金は「 雑所得 」に分類され、税率と控除額は収入額と合わせた金額によって決まります。

もし暗号資産(仮想通貨)投資で100万円稼ぐのみの場合は税率5%、控除額0円となります。

100万円×5%-0(控除額)=5万円

所得は196万円未満なので、復興税率を含めた5.105%をこれにかけることで、 2553円が所得税 となります。

暗号資産(仮想通貨)投資への税率は400万円+100万円=500万円なので、税率20%、控除額42万7500円です。

500万円×20%-42万7500円(控除額)=572500円

暗号資産(仮想通貨)暗号資産(仮想通貨) 暗号資産(仮想通貨) で10万円を稼ぐ方法

目標を10万円に下げると、1000万円や100万円とは 一気に状況が変わり ます。年に10万円を稼ぐのであれば、月に1万円を稼げばいい計算です。

暗号資産(仮想通貨)で10万円の利益に挑戦したブログ・ニュース紹介

暗号資産(仮想通貨)はおろか、投資すら初心者というアラサー主婦つうこさんのブログです。初期資金5万円から取引を開始して利益が上下する様子を赤裸々に公開しています。

題名通り、初期資産1万円で始めて利益をあげるということに主眼を置いたブログです。

このブログも「ビットコインバーゲン」同様、月に1万円投資をして稼ぐ方法を紹介しています。

暗号資産(仮想通貨)は少額投資と相性がよく、1万円からでも大きな利益を出すことができます。

暗号資産(仮想通貨)で10万円の利益を挙げた場合の税金は

年に10万円を稼ごうと思うのであれば、実は確定申告は必要ありません。暗号資産(仮想通貨)投資で申告が求められるのは年に20万円以上の利益を出してからの話です。

専業主婦や学生の方など、年38万円までは申告不要です。

暗号資産(仮想通貨)を稼げるゲームを紹介

暗号資産(仮想通貨)を稼ぐと聞くと、取引所を利用して稼ぐと言うイメージが強いでしょう。しかし世の中には遊ぶだけで暗号資産(仮想通貨)を稼ぐことができるゲームが存在します。

くりぷ豚は日本で初めてのDapps(分散型アプリケーション)ゲームです。すべてで3京6000兆通りもある「くりぷトン」を育てます。

ゲーム内ではイーサリアムが通貨として使われており、くりぷトンレースの賞金であったり、他のユーザーに自分のくりぷトンを売るなどしてイーサリアムを稼ぐことができます。

イーサエモンはモンスターを育てて戦わせるゲームです。

くりぷ豚同様育てたモンスターを売ってEMONTというトークンを得ることができるほか、各種のバトルに勝利してランキングに名を連ねることでEMONTを受け取るもできます。

くりぷ豚、イーサエモンは日本人に人気のゲームで、攻略法なども揃っています。 Dappsゲームの入門には持ってこい と言えるでしょう。

「SaruTobi」

SaruTobiは文字通りサルを飛ばして、バナナなどのアイテムを集めるゲームです。

集めたアイテムはビットコインやゲーム中で役に立つ別のアイテムと交換ができます。やりこめばやりこむほどビットコインを効率よく稼ぐことができる仕組みになっています。

暗号資産(仮想通貨)を稼げるアプリを紹介

コイン相場は相場のチャートやポートフォリオを管理することができる便利なアプリです。

ぴたコインは翌日のビットコインの価格が上がるか下がるかを予想して、それが当たるとビットコインがもらえるというアプリです。

チャートなどを参考に価格予想を行うため、 実際の投資の予行演習 にもなります。

Cheeeseはニュースを読んだりアンケートに答えることでビットコインをもらえるアプリです。

暗号資産(仮想通貨)を稼いだ成功事例

暗号資産(仮想通貨)投資で元手が少なく、1000万円以上に資産を増やした成功事例は、先の項目で紹介した「暗号資産(仮想通貨)投資で1000万円利益を上げて学んだこと。誰(初心者)でも稼げるの?」を運営している方です。

こちらのブログでは、成功要因の考え方として、「その通貨が必要とされているか?」について考察しています。

多くの人が通貨を買う→通貨の価値が上がる

自分の投資しようとしている通貨が、本当にこれから世の中に必要とされるか?という点を考えてみてはいかがでしょうか。

暗号資産(仮想通貨)を稼げなかった失敗事例

多くの失敗事例に共通している点は、 高値掴み にあります。

成功事例を参考に、暗号資産(仮想通貨)で稼ぎましょう

【暗号資産(仮想通貨)体験談】懐疑的だった僕がビットコイン投資を始めた理由

これはこのブログで掲載している暗号資産(仮想通貨)体験談です。筆者は電車内の広告をきっかけに暗号資産(仮想通貨)への投資を始め、いきなり20万円の利益をあげました。

ビットコイン体験

仮想通貨(ビットコイン)億万長者ランキング!世界の億り人を紹介!

世界には仮想通貨(ビットコイン)で巨万の富を築いた「億り人」が何人もいます。彼らの投資をすべて真似することはできないかと思いますが、彼らについて調べることで自分の投資の参考にすることもできるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる