初心者バイナリオプション戦略

デジタル資産とは

デジタル資産とは
デジタル遺産

デジタル資産「NFT」とは?話題沸騰の背景とNFTアート等の事例

デジタル資産「NFT」とは?話題沸騰の背景とNFTアート等の事例

ブロックチェーン技術とは、一定の取引データなどをブロック単位にまとめ、そのデータを複数のコンピュータに分散して記録し、正しい情報をチェーンのようにつなぐことで取引の信頼性を高めることができる技術です。
ビットコインなどの暗号資産を支える仕組みがブロックチェーンで、ビットコイン誕生のきっかけとなったサトシ・ナカモト氏の論文がベースとなっています。
ブロックチェーン技術を使うことで、デジタル資産取引の信頼性を高めることや、所有権を明確にすることなどが可能となるのです。

また、デジタル上に存在する作品は、紙に書いた作品とは異なり、簡単に複製もできてしまいます。
複製した結果も、例えば、画家の作品を別のキャンパスに模写することと違い、「似ている」どころか本物とまったく同じものです。
これでは、どれが正式なルートで売買された作品で、どれが権利なく複製された作品なのか見分けることはできません。

NFTと暗号資産との違い

一方で、例えば「ある年に発行された、特定の番号の1万円札」とすれば、その1万円札に代替性はありません。
さまざまな番号の1万円を収集している人が持っている「希少な番号の1万円札」を、手元の別の1万円札と交換してくれと言っても応じてもらえないでしょう。
これを、非代替性と言います。

NFTの法規制

では、NFTもこれらの規制対象となるのでしょうか?
実は、これは一概に言えるところではありません。
NFTだから規制の対象になるとか、NFTだから規制の対象にならないとかいうことではなく、そのNFTの性質によって個別に判断をする必要があるのです。

  1. 不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
  2. 電子的に記録され、移転できる
  3. 法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

NFTアートの事例

50ドルで売却されたNFTアートの家

2021年3月、デジタルの家が50万ドル(約5,500万円)を超える価格で販売されました。※6
この家は、購入者の仮想世界であるメタバースにアップロードして、アバターが住む家として使用できます。 デジタル資産とは
また、この家はイタリアのガラス家具メーカーに依頼すれば、現実の世界で再現でき、マイクロLEDディスプレイに映し出すことも可能とのことです。

デジタルアート作品が75億円で落札

2021年3月、競売大手クリスティーズのオークションで、デジタルアート作家であるBeeple(ビープル)の作品「5000 Days」がNFTで販売されたところ、6,930万ドル(約75億円)で落札されました。※3
ワシントン・ポストによれば、この金額は存命するアーティストの中で歴代第3位を記録するものとのことです。

村上隆氏とNFTアート

アート以外のNFT活用事例

試合映像とNFT

ゲームとNFT

2021年3月、株式会社スクウェア・エニックスが、ブロックチェーンアプリケーション開発企業であるdouble
jump.tokyo株式会社と、NFTコンテンツの開発で協業をすることを発表しました。※9
株式会社スクウェア・エニックスは人気ゲームである「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエストシリーズ」などを手掛ける大手ゲームメーカーです。

トレカとNFT

初ツイートとNFT

2021年3月、Twitter社のJack Dorsey
CEOが、ツイッターで15年前に投稿された自身の初ツイートを、290万ドル(約3億2,000万円)で売却し、話題となりました。※12、13
NFTにより、落札者がその初ツイートのオンラインデータの所有していることを証明する形です。

業界をリードする企業のNFT参入

最近では、業界をリードする企業がNFTへ参入するケースも増えています。
このような流れの中で、特に「NFT」を意識することなく、NFT技術を用いたサービスを利用する機会も増えていくのではないでしょうか。
ここでは、NFT参入について2社の事例を紹介します。

GMOインターネットグループの参入

エイベックス・テクノロジーズ株式会社の参入

違法コピーされやすいデジタルコンテンツは、IPホルダー(知的財産権の保有者のこと)に対する権利侵害が後を絶ちません。
そこでNFT技術を活用し、デジタルコンテンツに証明書を付与することで、そのコンテンツが適正に流通したものであることを証明する「A trust」を開発したのです。
その上で、IPホルダーが保有する権利を守りながら安心してデジタルコンテンツを流通させることができる、「AssetBank」の設計を行いました。

【相続税申告相談Q&A】デジタル遺産とは?「実体のない財産」の相続に備えるための5つのポイント

デジタル遺産とは?

より深刻なのは、 関係者にとりたてて悪意や過失がないにも関わらず、相続税の申告漏れが指摘されるリスク です。現状として、60歳以上がネットで行う証券取引額は全体の約45%に及ぶとの調査結果(※)があるように、相続を控える世代のデジタル資産は巨額化しています。資産額が膨らむほど、課税額も加算税(申告漏れや過少申告などのペナルティとして課される税)も高額化を免れないのは当然で、予想外の重い負担が相続人に圧し掛かることになります。

問題点②:管理状況が本人の健康状態に左右される

第2の問題は、 本人の健康状態が悪化した時点で資産管理が滞ってしまう 点です。

問題点③:名義変更の方法に気を付ける必要がある

第三の問題は、デジタル遺産の名義変更をどう行うかです。注意しなければならないのは、 たとえ相続人がセキュリティ情報を把握していても、これを使って資産を移動させることは基本的に認められない 点です(不正アクセス禁止法第4条)。

  • 金融機関(銀行や証券会社など)の預かり資産
    …取引先の機関に相続手続きを申請し、相続の証明となる戸籍謄本や遺産分割協議書などの書類を提出します。書類確認が終了すると、取得分に沿って預金の払戻しが行われ、口座は解約されます。
  • 交通系電子マネー・キャッシュレス決済
    …金融機関の預かり資産と同じく、サービス運営元に問い合わせて所定の手続きを取ります。
  • 各種サービスの利用ポイント
    …利用規約でポイントの相続を認めるサービスに限り、金融機関の預かり資産と同じく所定の手続きで名義変更できます。
  • 暗号資産(仮想通貨)
    …仮想通貨取引所に預け入れられているか、それとも「ウォレット」で保管されているかで手続き方法が異なります。取引所への預け入れ分は、運営元に問い合わせて所定の相続手続きを行います。ウォレット保管分に関しては、通貨の保有を始める時に作成した「秘密鍵」とここから生成される「公開鍵」を使い、相続人のウォレットや取引所口座に送金します。

問題点④:相続税の課税の仕組みが分かりにくい

第4の問題は、 実体のある資産に比べて課税の仕組みが分かりにくい 点です。

4.デジタル遺産対策の心構え

  • 死後すぐに発見してもらう
  • 本人の健康状態に関わらず、管理処分が継続されるようにしておく
  • 相続手続きや税申告について家族に負担をかけることがないよう、制度や契約を最大限活用する

生前対策のポイント①:健康なうちに手がかりを残す

家族にデジタル遺産の存在に気付いてもらう上では、 何よりも生前のうちに「どこに、どんな資産があるのか」をなるべく伝えておくこと が大切です。手がかりさえ残しておけば、実体のある資産の動き(通帳発行済みの口座の入出金明細など)と照合するだけで、容易にデジタル遺産の存在に気付いてもらえます。

【生前対策の具体例】 デジタル資産とは
■ 家族が集まるタイミングで「スマホやパソコンで使っているサービス」について話してみる。
■ 投資会社等から送られてきた取引報告書などは、遺品整理のタイミングで発見してもらえるよう、不要になっても大切に保管しておく。

生前対策のポイント②:資産情報を整理しておく

スムーズに相続手続きを進めてもらう上で、例えば「○○ネット銀行に口座がある」という情報だけでは足りません。 口座番号や取引状況など、もっと具体的な情報が必要 です。

【生前対策の具体例】
■ 無通帳口座について「銀行名」「口座番号と口座名義人」「最新の種目別預金残高」を具体的にメモしておく。
■ 遺言書には財産目録を添えて、デジタル資産と実体のある資産をまとめて一覧化しておく。

生前対策のポイント③:資産管理の引継ぎ準備をする

本人の健康状態に関わらずデジタル資産の管理を続ける上で、前もって 「万一の際は誰に管理をやってもらうか」を決めておく のがベストです。

【生前対策の具体例】
■ 元気なうちに後見人に指定して「任意後見契約」を結び、認知症発症と同時に財産管理に関する権限(代理権)が生じるようにしておく。
■ 任意後見契約とは別に「死後事務委任契約」も結び、スマホやパソコン内にあるデータの処分(セキュリティ情報が書かれた電子メモ含む)を任せておく。

生前対策のポイント④:遺産分割の方法を指定しておく

デジタル遺産に関しても、実体のある遺産と同じように、 出来る限り遺言書で「誰に・何を・どの割合で相続させるか」を指定しておくべき です。

【生前対策の具体例】
■ 「無通帳口座の残高」や「ネット証券の口座内資産」はITリテラシーの高い相続人に相続させ、他の家族は「通帳のある口座」や「持ち家」をもらい受けられるよう、遺言書で指示しておく。
■ 遺産分割の内容とは別に条項を設けたり、付言事項(法的効力を持たない部分)を活用したりして、相続手続きの方法を指定しておく。

生前対策のポイント⑤:税申告は専門家の判断を仰ぐ

こうした変化は所有者が健康な間こそ安心できる要素ですが、やがて 「発見してもらえず相続手続きから漏れる」「本人が管理できない間に不正アクセスされてしまう」などのトラブルを招きます 。特に投資目的の高額資産が相続手続きから漏れた場合、課税面で相続人に重い負担をかけるのが心配です。

家族との時間は大切な「わたし資産」。デジタルを活用した家族との向き合い方を考える

img_20220705_1.jpg

そもそも、なぜ家事は大変なのでしょうか?「掃除・洗濯・料理」といった家事をよく見てみると、「洋服をクリーニングに出す」「観葉植物の水やり」「日用品のストックを買っておく」といった名前のつけられない無数の細かな家事によって構成されていることが分かります。こういった家事を1つひとつこなしていくのは骨が折れる作業です。

1. 便利家電を活用して家事をDX化

2.家事共有アプリで円満な家事分担を

3. さまざまなサブスクでQOLをアップ

増やした時間で何をする? 効率的なお金の管理で家族との豊かな時間を
img_20220705_2.jpg

1. さまざまな決済手段での支払いをリアルタイムで管理

2.シェア機能でプライベートと共有部分を両立

3. 目的預金で家族が一緒の夢や目標に向かうことができる

企業プロフィール

プロフィール パートナーロゴ画像

デジタル資産とは

キキ&ララと学ぶ〜UI未来Base辞典vol.2「UI未来Base」とは〜

キキ&ララと学ぶ〜UI未来Base辞典vol.2「UI未来Base」とは〜

PCデポ×UI銀行対談「デジタルの便利さと人とのつながり。デジタルで得られる『わたし資産』の価値とは?」【後編】

PCデポ×UI銀行対談「デジタルの便利さと人とのつながり。デジタルで得られる『わたし資産』の価値とは?」【後編】

PCデポ×UI銀行対談「デジタルへの理解を深めて、もっとつながる私たちの世界」【前編】

PCデポ×UI銀行対談「デジタルへの理解を深めて、もっとつながる私たちの世界」【前編】

失敗するほど「わたし資産」が増える? 未来の働き方を妄想してみた

失敗するほど「わたし資産」が増える? 未来の働き方を妄想してみた

健康という資産を守り、活かす方法とは? 未来のヘルスケアを妄想してみた

健康という資産を守り、活かす方法とは? 未来のヘルスケアを妄想してみた

近くて深い、新しい体験の場が開かれる。「マイクロツーリズム」が変える「旅」

近くて深い、新しい体験の場が開かれる。「マイクロツーリズム」が変える「旅」

<UI未来Base に関するご留意事項>
・本メディアは、連携パートナーとの取り組み等の情報提供を⽬的とするものであり、掲載の商品・サービス等の誘引が⽬的ではありません。また、掲載内容は、作成時点における連携パートナーにおける意⾒・⾒解が含まれるもので、個社・個別の商品・サービス等を推奨・保証するものでは ありません。
・情報の正確性、完全性、信頼性、適切性等に加え、配信時点で当該商品・サービス等が存在すること、お客さまの購⼊・利⽤の可能性、掲載企業(⼈)の内容に関し、UI銀⾏は⼀切保証するものでありません。
・投資勧誘や特定銘柄の推奨を⽬的とするものではありません。掲載情報に基づき⾏ったお客さまの⾏為および結果等について、UI銀⾏は⼀切の責任を負いません。
・掲載画像はイメージであり、実物の商品やサービスなどと異なる場合があります。
・連携先の商品・サービスに関するお問い合わせは、UI銀⾏ではお受けできません。直接商品・サ ービスの取扱業者にお問い合わせください。

見つけなければ遺産なし?「デジタル遺産」の管理方法とは?-相続に関する意識調査

デジタル資産を所有していますか 所有しているデジタル資産を教えてください

会社名 :日本クレアス税理士法人
所在地 :東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング33階
設立 :2002年9月
代表 :中村 亨(公認会計士・税理士)
事業内容 デジタル資産とは :会計・税務、相続・事業承継、M&A(仲介・コンサルティング)、FAS(株価算定/財務調査/企業再編)、人事労務/給与計算)、IFRS(国際財務報告基準)・決算開示(ディスクローズ)支援、内部統制(J-SOX)・内部監査、海外現地法人サポート

相続税の申告に関するお悩みは『無料個別相談』でご相談ください。

無料個別相談は①オンライン・②ご来社による対面 で実施しています。
お電話やご予約フォームからご希望日程をお知らせください。

東京本社
〒100-6033東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング33階
電話:03-3593-3243(個別相談予約窓口)
FAX:03-3593-3246

同じカテゴリ「 ニュース 」の人気の記事

アメリカ在住者は日本の相続税を払わなくていい?海外にまつわる相続税事情

【調査報告】「相続の生前対策に関する意識調査」-約90%が興味を持ち、重要性は理解しながらも具体的な行動に至っていない状況

タワーマンションの固定資産税の見直し-相続・事業承継トピックス(アングルVol.48)

相続に関する2017年の人気記事(法人編)

こちらのコラムもいかがですか?

【相続税申告相談Q&A】相続相談はどこにするべき?専門家(税理士、司法書士、弁護士)の強み

【事業承継税制セミナー】 特例承継計画書の提出期限迫る!必ず押さえたいポイントとは?(2022.2.3開催)

【相続税申告相談Q&A】事業承継補助金とは?採択率や申請方法についても解説!

目次 1.事業承継補助金とは 2.【2021年最新情報】「事業承継・引継ぎ補助⾦」の措置が決定 3.事業承継補助金の採択率 4.事業承継補助金の募集要項 4-1.補助対象者・補助対象事業の要件 4-2.申請時点に […]

日本クレアス税理士法人が「相続税申告 顧客満足度」など3項目で第1位を獲得!

日本クレアス税理士法人(所在地:東京都千代田区、グループ代表:中村 亨)は、日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)がおこなった税理士法人についての調査において、「相続税申告 顧客満足度」「相続税申告手続き […]

デジタル資産相続の注意点や準備しておきたいこと

デジタル遺産

便利な世の中ですが、これは相続という視点から見るとかなり厄介な問題が潜んでいるのです。

デジタル資産とは

デジタル資産とは、その名の通り電子上でデータとして管理しているもの全てを指します。

また、個人の活躍の場がSNSなどに拡大しているため、データ化された文章や絵などもそデジタル資産に含まれることがあるんです。

デジタル資産の相続は法律化されていない

日本では法整備が追い付いていない

欧米では法律化されている国も

2014年7月には「デジタル資産の相続に関する法的な基準(Fiduciary Access to Digital Assets Act)」を制定しました。

欧州ではデータ保護の整備が進む

フランスでは2016年に「Digital Republic bill(デジタル共和国法案)」を公布しています。

デジタル資産相続の問題点

IDやパスワードがわからない

大切な情報が盛りだくさんですので、情報にアクセスするためのIDやパスワードで管理していることがほとんど。

しかし、大切な情報だからこそ本人しか知らないということも少なくありません。

しかも、中にはパスワードが分からなくても相続税の対象になるものも。

そもそも存在を知らない

IDやパスワード以前に、デジタル資産の存在自体を知らないという問題も多いです。

特に大きな金額を投資していた場合、相続税の計算にも影響してきますので注意が必要です。

デジタル資産相続の注意点

相続税の対象になることもある

デジタル資産は、相続税の対象になることもあります。

相続税の支払いは、故人が亡くなった翌日から10ヶ月の間に行わなければなりません。

仮想通貨やFX等の場合、知らない間に損をする可能性も

故人がこういった資産を保有していたことを知らずに時が過ぎると、値動きにより大きな損失に繋がる可能性もあるのです。

SNSのアカウントはどうなる?

故人のアカウントは各SNSの規定による

Instagram、Facebookは追悼アカウントに

Instagram、Facebookにおいて、故人のアカウント自体は残しておきたいという場合、「追悼アカウント」として残しておくことが可能です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる