FX取引の利点

フィボナッチリトレースメントの手法と引き方

フィボナッチリトレースメントの手法と引き方
Trend direction & force indexはマルチタイムフレームにも対応していますので、下記のようにチャートに2つ入れることで上位足のトレンドも確認することができます↓

トレンド発生が一目でわかるインジケーター「Trend direction & force index」

下記のチャートで確認できますが、タイトル通り一目でわかります↓

Trend direction & force indexをチャートにインストールするとサブチャートにヒストグラムが表示され、青色バーが上昇トレンド、オレンジ色バーが下降トレンドです。

パラメーター設定でサインを表示するように変更するとトレンド発生で下記の様なサインが表示されます↓ フィボナッチリトレースメントの手法と引き方

サインの他にアラート通知、メール通知機能があり、パラメーター設定からオンオフの切替えが可能となっています↓

Trend direction & force indexはマルチタイムフレームにも対応していますので、下記のようにチャートに2つ入れることで上位足のトレンドも確認することができます↓

Trend フィボナッチリトレースメントの手法と引き方 direction & force indexの使い方

先ほどのマルチタイムフレーム機能を使って上位足と同じ方向にTrend direction & force indexのトレンド発生でエントリーしようとすると・・・上位足で大きなトレンドが発生していないと結構遅かったりします↓

下記のように上位足で大きなトレンドが発生するとマルチタイムを使った手法も機能します↓

上位足の環境認識とし反応が早いのがプライスアクションです。

MT4のインジケーターで高値安値を自動で表示させる「MultiZigZag」

FXフレンズの森田です。 今回はMT4のインジケーターで高値安値を自動で表示させる時におすすめなものを紹介します。 MT4のインジケーターで高値安値を表示させるのに一番有名なものは「ZigZag」ですね。 .

MultiZigZagのパラメーター設定ですが下記のように設定します↓

これらMultiZigZagでトレンド判断したのが下記チャートになります↓

ポチっとお願いします↓
にほんブログ村

Trend direction & force indexは単体でも結構使えるインジケーターです。

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

こちらも 億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し 、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。
トレード回数は少ないですが、少し長めの時間足で30~50pipsを狙う手法です。
大きなトレンドが発生すれば100pips以上獲れることがあります。

【初心者FX必見】オススメMT4テクニカル分析ツール

フィボナッチリトレースメントは、トレンドの中の押し目や戻りを見つけるために使われることが多いので、ある程度トレンドができた後に引きます。 手順は次の通りです。 ①トレンドを見つける 黄色の枠のレンジをブレイクしてトレンドができ、 ある程度進んでいることが確認できます。 ②トレンドの起点を100%に(レンジを抜けた所ではないことに注意) トレンドの頂点を0%に設定

フィボナッチリトレースメントを使ったFXの取引

まずはフィボナッチリトレースメントの使い方の通り、トレンドを見つけましょう。 次に、トレンドの起点を100%に合わせ、高値を0%に合わせましょう。 ここで引かれた数字のラインは、 フィボナッチリトレースメントの手法と引き方 全て上から落ちてきた時に反発すると思われる候補です。 特に23.6と38.2はラインとして良く機能するので、 この2つの地点に水平線を引いて下さい。 トレードチャンスを増やしたければその他のポイントにも線を引いても良いでしょう。 その後はフィボナッチリトレースメントがあっても 邪魔なので消すことをオススメします。 そして、23.6と38.2のラインに落ちてきたら「HIGH」で勝負しましょう。 実際に、その後のチャートではこの2つのラインに達した時に 「HIGH」をしておけば勝利していた可能性が高いポイントが多くあります。 このように、フィボナッチリトレースメントはとても有効であることがわかるでしょう。 このインジケーターは、使用者が少なくないので同じようにチャンスだと思っている人が大勢いることが見込めます。 仮に自分が「HIGH」で参加したいと思ったのであれば、 市場参加者の多くがロング(FXにおけるHIGH)で入りたいと考えています。 このため、レートが上がり、自身のバイナリーオプションも上手くいきやすいです。

ピッチフォークとは

ピッチフォークは、 トレンドラインを正確に引きたい人にオススメのインジケーターです。 あまり知られてはいませんがバイナリーオプションにはとても向いています。

ピッチフォークの使い方

ピッチフォークは、トレンドラインを引くためのツールなので、 まずはトレンドをトレンドを見つけましょう。 画像では黄色の枠のレンジをブレイクしているので下降トレンドです。 その後ピッチフォークを開き、トレンドの起点に合わせます。 ブレイクした瞬間ではないことに気を付けましょう。 その後、トレンドの両端(押し目と戻り)にピッチフォークを合わせれば完成です。 ポイントは、真ん中の線をトレンドの起点とすることです。 これを間違えると機能しないので注意しましょう。

ピッチフォークを利用したFXの取引

まずは、トレンドを見け、ピッチフォークを引きましょう。 そして、赤い線(主力となる3本線)に達したら 「LOW」でエントリーするチャンスです。 ただ、注目して頂きたいのは、 トレンドラインとなる1本だけでトレードしている点です。 画像の場合は、ピッチフォークの中心の線に達した時に「HIGH」でトレードできなくはありませんし、実際にしていたら高い勝率が望めるポイントなのは確かです。 しかし、これはトレンドに敢えて逆らう逆張りという高等技術なので鍛錬が必要です。初心者の方向けではないので、 まずはトレンドラインに達した時の「LOW」を行いましょう。 FXは高等技術を駆使したからといって特別ボーナスがあるわけではないので、トレンドラインとなる1本だけを使っても何の問題もありません。

フィボナッチリトレースメント・ピッチフォーク両方の注意点

フィボナッチリトレースメントとピッチフォークはトレンド相場で効果を発揮します。そこで重要なのは、トレンド相場を見つけることです。 これらのインジケーターは引こうと思えばほとんどの場所に引けます。 レンジの中でもトレンドに見える点は多くあるので、 どこもかしこもチャンスに見えるはずです。 しかし、適当に引いたものは機能するはずがありません。 今回紹介したように、ちゃんとレンジブレイクしたのか枠を引くなどの工夫をして本当にトレンド相場なのかを判断するように心がけましょう。 そして、どちらにも慣れていない人が多いと思われるので、必ずデモトレードで成功率を検証してからFXに臨みましょう。 設定すれば勝手に出てくる移動平均線などとは違い、自分でチャートの中に描くため、慣れなければ難しいです。 特に、ピッチフォークは知る人ぞ知るインジケーターなので、ぶっつけ本番で取引すると痛い目を見ることになるかもしれません。

フィボナッチリトレースメントとピッチフォークは トレンドが出た後に使うインジケーターです。 このため、トレンドが出た後だと認識する必要があるので、 まずは現在の相場環境を理解することが大切と言えます。 このため、少し手間はかかるものの、 手法として落とし込むことができればかなり有効なトレードができるでしょう。 初心者方にオススメなのは次の方法です。 ・フィボナッチリトレースメント 23.6と38.2からの反発を狙う ・ピッチフォーク フィボナッチリトレースメントの手法と引き方 トレンドラインとなる1本からの反発を狙う ぜひ使ってみて、自分なりの手法を考えてみて下さい。

フィボナッチとは|FXのMT4で見方・使い方・設定や手法を解説


FXや株で使用されるフィボナッチとは、フィボナッチ数列をもとに導き出した比率を、売買の目安するテクニカル指標の一つです。FXや株などの相場では、価格が波のように動くため、どこまで値が上がるのか、またどこまで値が下がるのかを予測するのは困難です。フィボナッチは、その非常に困難な予測の手助けをしてくれるツールです。

1.フィボナッチとは何か フィボナッチリトレースメントの手法と引き方


フィボナッチを相場に使う前に、そもそもフィボナッチとは何かを、簡単に学んでおきましょう。急がば回れという言葉もあるように、まず原理原則を知ってから運用することが重要です。

1-1.フィボナッチとは

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610……

フィボナッチ数列に並んだ数字は、自然界にも多く存在しています。例えば、花びらの数は多くの場合フィボナッチ数です。また、ヒマワリの種はらせん状に並んでいますが、そのラセンの数を数えるとフィボナッチ数になります。つまり、フィボナッチは自然現象の中に現れやすい数といえるのです。

1-2.フィボナッチで重要な3つの数値の計算方法

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610……

まず、この数列を使って、相場で使用するための重要な数値を算出してみます。
まず1つ目は、フィボナッチ数列のうち任意の数字を一つ右の数字で割ると数が大きくなるほど、約0・618近づいていきます。
例えば、

8÷13=0.61538461538
21÷34=0.61764705882
89÷144=0.61805555555

というふうに、数が大きくなるほど0.618という数字に近づいていきます。
この0.618という数字が相場でフィボナッチを使う際に重要になります。

この0.382とが2つ目の重要な数字です。

この、0.236という数字が3つ目の重要な数字です。

2.MT4でのフィボナッチラインの見方・使い方・引き方


フィボナッチには、様々な使い方があります。例えば、フィボナッチ・タイムゾーンやフィボナッチ・ファン、フィボナッチ・アーク、フィボナッチ・エキスパンションなどです。知識として、これらの使い方を知っておくのもいいのですが、相場で多くのトレーダーが意識していて機能しやすいのは、何と言ってもフィボナッチ・リトレースメントです。ですから、この章では、より実践的なフィボナッチ・リトレースメントに限って解説していきます。

2-1.MT4を使ったフィボナッチラインの引き方と使い方

引き方としては、上昇トレンドの場合、直近の安値から高値に向かって斜めにドラッグします。反対に下降トレンドの場合は、直近安値から高値に向かって斜めにドラッグすれば、フィボナッチラインを引けます。下図は、上昇トレンド時のフィボナッチラインの引き方です(オレンジの丸と矢印で表示)。

厳密には同じにならないけれど、大体皆の意見がおおむね同じになる、そんなラインがフィボナッチラインです。ですから、私の実体験からも、線でとらえるのではなく、面でとらえた方がフィボナッチはうまく使いこなせるのではないかと感じています。どういうことかというと、例えば、厳密に61.8%のラインできっちり反転すると考えるより、面的にとらえてそろそろ61.フィボナッチリトレースメントの手法と引き方 8%ラインあたりだから反転する可能性もある、と考える方がうまくいきやすいということです。

2-2.フィボナッチラインの見方

2-3. FXでのフィボナッチの設定数値は?

通常は先に紹介した、0.618、0.フィボナッチリトレースメントの手法と引き方 382、0.236の3つの数値を使用しますが、相場によっては別のラインが意識されていることもあります。例えば、半押しと言われる高値からちょうど半分まで戻った50%(0.500)のラインです。また、0.618を2乗した√0.618=0.786という数字も、意識されることがあります。

また、上昇トレンド時に100を超えて下落した場合にも、どこまで落ちるかということを予測するためのラインがあります。
表にすると以下のようになります。

3.FXフィボナッチの手法|実践編


この章では、フィボナッチ・リトレースメントについて、どのように考えて実際の相場で使っていくかを解説します。けれど、知識として持っておくことと、実際に運用するのでは、まるで違います。その穴を埋めるためにも、ぜひ実際にチャートソフトを開いて同じように線を引きながら、この章を読んでほしいです。そうすればより理解が深まり、実戦で使える知恵となるでしょう。

3-1.フィボナッチを使った基本戦略

まず、長い横ばい状態(水色矢印)から上昇トレンドが発生しました。けれど、上昇は続かず、赤い丸のところでいったん価格が下がってきました。
どこまで、下落するでしょうか? それを予測するためN、フィボナッチ・リトレースメントを使います。

抵抗は見せたもののフィボナッチラインの23.6%を越えて下落し、32.8%のラインも割り込みました(緑色の丸)。
そこで意識されるのが、61.8%のラインです。
価格は61.8%のラインにタッチすることなく上昇します(青色の丸)。ちなみに61.8%を割り込んだ場合、トレンドが転換する確率が高くなります。ですから、多くの人が61.8%のラインを意識しています。

32.8%のラインを越えて上昇し(ピンクの丸)、23.6%のラインも越えていきます。
32.8%と23.フィボナッチリトレースメントの手法と引き方 6%のラインのローソク足の動きを見ると、明らかにこのラインが意識されているということがわかるでしょう。
価格が起点の0.0のラインを越えたので、上昇トレンドの継続が確定しました(オレンジ色の丸)。

3-2.フィボナッチと相性のいいテクニカル

フィボナッチ・リトレースメントは、他のテクニカル分析と組み合わせることにより、さらに精度を上げることができます。基本的にフィボナッチ・リトレースメントは、大抵のテクニカル分析と相性がいいです。
私の場合は、一目均衡表の使用時に併用することが多いです。

4.FXにおすすめのフィボナッチの本やアプリ


この章では、フィボナッチを、さらに極めたい方におすすめの本や、各FX会社が提供しているフィボナッチが使えるアプリについて紹介します。

4-1.フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ)

『フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ) 』著者:キャロリン・ボロディン

フィボナッチを全般的に学びたいなら、『フィボナッチトレーディング』がオススメです。ここでは紹介できなかった、フィボナッチ・タイムゾーンなどにも言及され、フィボナッチ・リトレースメントとの連携などについても解説されています。

4-2.FXフィボナッチ対応アプリ(手動・自動)

各FX会社が提供しているアプリには、多くの場合フィボナッチ・リトレースメントのラインを引くことができる機能が付随しています。手動で引くものや自動的に描画するものまで、その会社によって機能が違います。参考までに、どのFX会社が、どのようなフィボナッチ・リトレースメントの機能を備えているソフトを提供しているのかを、まとめてみました。

手動でフィボナッチラインを引けるソフトを提供しているFX会社
オアンダ ジャパン
GMOクリック証券
マネースクエア
みんなのFX
YJFX!

自動でフィボナッチラインを引けるソフトを提供しているFX会社
SBI FXトレード
FXプライムbyGMO

5.仮想通貨にフィボナッチは通用するか


最近話題のビットコインなどの仮想通貨でも、フィボナッチは機能するでしょうか。私見をいうと、FXや株ほどは機能しないのではないかと考えます。それは、仮想通貨に参加している投資家の質によるものです。

仮想通貨に参加している投資家の多くは、ブームに乗って取引しているほどんど相場の素人なのではないかと、私は感じています。ですから、トレンドも作られやすいし、トレンドが反転すれば一気に反対方向に行くような無秩序で非常に読みづらい相場展開です。ですから、予測もしづらい代わりに、大きく儲けられる可能性もあります。

トレンド発生が一目でわかるインジケーター「Trend direction & force index」

下記のチャートで確認できますが、タイトル通り一目でわかります↓

Trend direction & force indexをチャートにインストールするとサブチャートにヒストグラムが表示され、青色バーが上昇トレンド、オレンジ色バーが下降トレンドです。

パラメーター設定でサインを表示するように変更するとトレンド発生で下記の様なサインが表示されます↓

サインの他にアラート通知、メール通知機能があり、パラメーター設定からオンオフの切替えが可能となっています↓

Trend direction & force indexはマルチタイムフレームにも対応していますので、下記のようにチャートに2つ入れることで上位足のトレンドも確認することができます↓

Trend direction & force フィボナッチリトレースメントの手法と引き方 indexの使い方

先ほどのマルチタイムフレーム機能を使って上位足と同じ方向にTrend direction & force indexのトレンド発生でエントリーしようとすると・・・上位足で大きなトレンドが発生していないと結構遅かったりします↓

下記のように上位足で大きなトレンドが発生するとマルチタイムを使った手法も機能します↓

上位足の環境認識とし反応が早いのがプライスアクションです。

MT4のインジケーターで高値安値を自動で表示させる「MultiZigZag」

FXフレンズの森田です。 今回はMT4のインジケーターで高値安値を自動で表示させる時におすすめなものを紹介します。 MT4のインジケーターで高値安値を表示させるのに一番有名なものは「ZigZag」ですね。 .

MultiZigZagのパラメーター設定ですが下記のように設定します↓ フィボナッチリトレースメントの手法と引き方

これらMultiZigZagでトレンド判断したのが下記チャートになります↓

ポチっとお願いします↓
にほんブログ村

Trend direction & force indexは単体でも結構使えるインジケーターです。

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

こちらも 億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し 、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。
トレード回数は少ないですが、少し長めの時間足で30~50pipsを狙う手法です。
大きなトレンドが発生すれば100pips以上獲れることがあります。

【FX手法】押し目買いや戻り売りを狙うトレードシステムの改良版『FX Station MA MTF Ver2』について徹底解説してみた

FX手法 FX Station MA MTF Ver2

FX手法

『FX Station MA MTF Ver2』について徹底解説してみました。

FX Station MA MTF Ver2

FX Station MA MTF Ver2はFX Station MA MTFの改良版になります。

今回は、FX Station MA MTF フィボナッチリトレースメントの手法と引き方 Ver2について解説していきたいと思います。

FX Station MA MTF Ver2のインジケーター

FX Station MA MTF Ver2のインジケーターについて説明します。

ForexMT4Systems_TR2

D1〜H1Candle

Daily Open line フィボナッチリトレースメントの手法と引き方 v MTF ADR levels

Daily Open line フィボナッチリトレースメントの手法と引き方 v MTF ADR levelsは、

Genesis Hist BT

ストキャスティクス

FX Station MA MTF Ver2のトレード

FX Station MA MTF Ver2のトレードについて説明します。

ロングエントリー

FX手法 FX Station MA MTF Ver2

①Daily Open lineよりもローソク足が上にある
②ForexMT4Systems_TR2の5分足と15分足と1時間足が上昇
③Genesis Hist BTがすべて白
④SSLよりもローソク足が上にある
⑤ストキャスティクスがゴールデンクロス
+α:D1〜H1Candleが陽線であること

FX手法 FX Station MA MTF Ver2

ショートエントリー

FX手法 FX Station MA MTF Ver2

①Daily Open lineよりもローソク足が下にある
②ForexMT4Systems_TR2の5分足と15分足と1時間足が下降
③Genesis Hist BTがすべて赤
④SSLよりもローソク足が下にある
⑤ストキャスティクスがデッドクロス
+α:D1〜H1Candleが陰線であること

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる