オプション取引の基本

日本株

日本株
■各データ引用元 【人口】
http://ecodb.net/ranking/imf_lp.html
【GDP】
http://ecodb.net/ranking/imf_ngdpd.html
【経済成長率】 日本株
http://ecodb.net/ranking/imf_ngdp_rpch.html
【株式市場規模】
https://data.日本株 worldbank.org/indicator/CM.MKT.LCAP.CD
【SBI取扱銘柄数(2018年5月26日時点)】
http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/stock/pop6040_usequity_list.html 日本株
※1ドル=110円計算

あるふぁめん@投資&筋トレ 2022 년 5 월 29 일 트윗 목록입니다. 사진이나 동영상도 페이지에서 볼 수 있어요! RT / fav 된 트윗은 눈에 日本株 띄게 표시되기 때문에 알기 쉬운!

  • 2022/5/29 (Sun) 10 트윗

이 분석에 대해

이 페이지의 분석은 whotwi이 @ M80LpDcFgglC2Rz 님의 트윗 Twitter에서 얻을 독자적으로 집계 · 분석 한 것입니다.

配当利回り4%の高配当株!センチュリー21・ジャパン(8898)の銘柄分析

株式会社センチュリー21・ジャパン(センチュリートゥエンティワン・ジャパン、英: Century21 Real Estate Of Japan Ltd.)は、東京都港区に本社を構え、日本国内でセンチュリー21のフランチャイズを展開するフランチャイザー(本部)。伊藤忠商事が長らく親会社となっていたが、現在は、株式50%弱を保有する筆頭株主となっている。ジャスダックに上場している。不動産売買系の不動産フランチャイズとしては業界最大手。
センチュリー21は、1971年にアメリカで誕生し、現在では世界74の国と地域に7,100店舗、従業員数10万人の規模に成長した世界最大の不動産仲介ネットワークである。センチュリー21・ジャパンは、センチュリー21国際本部とフランチャイズ契約にある日本のフランチャイジー(加盟国)であり、日本におけるセンチュリー21のフランチャイザー(日本本部)である。 センチュリー21・ジャパンは1983年に設立され、2001年ジャスダックに上場(証券コード:8898)。現在、30以上の都道府県に823(2013年8月末日時点)の加盟店があり、不動産ネットワークを展開している。
国内に直営店を有せず、フランチャイズの本部機能のみの事業を行っているのは、同社の最大の特徴である。直営店の数が少数というフランチャイズチェーンは多く存在するが、同社のようにひとつも持たないフランチャイズの事業形態をとっている会社は、不動産に限らず国内ではほとんど見られない。
上記の通り、同社は直営店をもたない不動産フランチャイズ事業を専業としているため、業種分類上は不動産業ではあるものの、宅地建物取引業者の免許を有しておらず宅建事業を行っていない。そのため、厳密には不動産業者ではない。また、同社のメインの業務が、加盟店に対する業務営業支援という同社の事業形態から考えると、サービス業あるいは専門コンサルティング業等に分類されるのが、業務分類上は正確であるといえる。
wikiより抜粋

  • 2022/5/20 (日本株 Fri) 22 ทวีต

おはようごぜぇます。土日休みの人はラスト1日がんばりましょう(^^)/そして、月曜日はとっとと帰りましょうね!
今晩の米株は指値だけブッスリ刺さって、そこから急反発でしょう(しろ)✨
#Good Fucking Morning

日本株

สำหรับการวิเคราะห์นี้

การวิเคราะห์ของหน้านี้ whotwi จะได้รับจากทวีตของ @M80LpDcFgglC2Rz ทวิตเตอร์เป็นสิ่งที่เป็นระเบียบของตัวเองและการวิเคราะห์

外国人投資家の動きは何故大事?その動きを利用した投資戦略とは!?

次に2について。
私自身、以前証券会社の自己勘定部門において国内外の顧客からの注文を受けていた経験がありますが、外国人投資家の注文は国内の機関投資家の注文とは異なる傾向がありました。
国内の機関投資家は一般的に、市場にインパクトを与えないように、買いたい(売りたい)目標金額を数日に分けて分散注文してくることが多いです。また注文の仕方も、成行注文などは極力使わずに、VWAP-G取引やVWAP-T取引などを使い、株価へのインパクトを極力抑えようとします。
他方、外国人投資家は、買いたい(売りたい)目標金額が、1日の平均売買代金の〇〇%、或いは〇倍を占めていても、インパクトをあまり気にせずに注文してきます。例えば、買い方ひとつ見ても、下の指値でじっと待つのではなく、どんどん売り指値をとっていくような買い方をしてくることもあります。
従って、外国人の売買動向が市場に方向性を与える大きな要因になり得ると言えるでしょう。


外国人投資家の売買動向を投資戦略に活かすには!?

株価の動きと売買動向の動きが綺麗に連動しているように見えませんか?
つまり、「外人が売り越しだ、買い越しだ!」などを議論するのではなく、その売買動向のトレンドを見ることが大事だということになります。

赤丸で囲った部分がゴールデンクロス、デッドクロスが起こった場所になります。
これを見る限り、コロナショックの下落をいち早く察知し、またその後の株価反発もしっかり的中できています。
唯一、1番目の赤丸で起こったデッドクロスが騙しのケースになりますが、これを回避する手法として、更に売買動向の金額がマイナスかプラスかも見るようにしていただければと思います。

  • » 売買動向の数値がマイナス圏で起こったゴールデンクロス
  • » 売買動向の数値がプラス圏で起こったデッドクロス


今後の展望は?

足元の株式市場は、日経平均株価が3万円の大台をうかがう展開となっており、非常に強い上昇トレンドとなっております。しかし相場のトレンドはいずれは潮目が変わるもの。それが一体いつなのか?と知りたくなるところですが、外国人投資家の動向に注目するならば、次にプラス圏でデッドクロスが起こった時になります。
図を見る限り、13週と26週の移動平均との間に、まだ少し乖離がありますから、今すぐに起きるとは言えません。しかし、このまま時間が経てば、26週が13週に追いついてくることは必然ですので、その時が要注意かもしれません。

このサイトについて

eワラントジャーナルは、投資、経済、金融に関する情報を配信するメディアです。「投資をもっとお手軽に、もっと面白くする」カイカ証券が運営しています。
©2021 CAICA Securities Inc.
※eワラント証券株式会社は、カイカ証券株式会社の旧商号です。

関連リンク

zaif_pr

イーワラントとは?

eワラントは大きな値動きが特長の金融商品です。小額で、損失限定なのに、レバレッジをかけて相場の上昇局面、下落局面のいずれでも利益を狙えます。
eワラントのお取引をはじめるには、お取引口座の開設が必要です。カイカ証券では新規口座の開設を承っております。取引委託手数料は無料(0円)です。
商品解説資料「マンガでわかるeワラントの始め方」は、こちら からダウンロードできます(無料)。

Pick Up

サイト内検索

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、 一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。 ニアピン(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。 同一満期日を持つ全ての種類のニアピンを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。 トラッカー(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。 このため、投資元本の保証がなく、損失が生じるおそれがあります。トラッカーの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。 また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーの価格も影響を受けます。 なお、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
商号等/カイカ証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
取引委託手数料は無料(0円)です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーの購入価格には年率で計算された管理コストが予め含まれています。また、暗号資産先物インデックス(リンク債)を対象とするトラッカーでは、原資産価格に管理コストが織り込まれていきます、これは保有期間に応じて投資家が負担する間接的なコストとなります。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

【免責事項】1.「日経平均株価」は、株式会社日本経済新聞社によって独自に開発された手法によって、算出される著作物であり、株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」自体及び「日経平均株価」を算定する手法に対して、著作権その他一切の知的財産権を有している。2.「日経」及び「日経平均株価」を示す標章に関する商標権その他の知的財産権は、全て株式会社日本経済新聞社に帰属している。3.「本件カバードワラント」は、乙の責任のもとで運用されるものであり、株式会社日本経済新聞社は、その運用及び「本件カバードワラント」の取引に関して、一切の責任を負わない。4.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延又は中断に関して、責任を負わない。5.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」の構成銘柄、計算方法、その他「日経平均株価」の内容を変える権利及び公表を停止する権利を有している。
©2021- CAICA Securities Inc.

日本株と外国株はどちらが投資対象として魅力的か(ベトナム株に注目)

■各データ引用元

【人口】
http://ecodb.net/ranking/imf_lp.html
【GDP】
http://ecodb.net/ranking/imf_ngdpd.html 日本株
【経済成長率】
http://ecodb.net/ranking/imf_ngdp_rpch.html
【株式市場規模】
https:日本株 //data.worldbank.org/indicator/CM.MKT.LCAP.CD
【SBI取扱銘柄数(2018年5月26日時点)】
http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/stock/pop6040_usequity_list.日本株 html
※1ドル=110円計算

経済成長率の比較

前の章でも説明したことがデータでも分かる通り、上記表の中では日本はロシアの次に経済成長率が鈍いです(2017年)。アメリカも先進国故に経済成長率は鈍いですが、日本・ロシアよりはマシですね。

特筆すべきは中国(6.8%)・ベトナム(6.8%)・マレーシア(5.9%)の経済成長率でしょうか。経済成長率(GDP成長)と株式市場は直接的な相関は特にありませんが、現実的に考えて国の経済規模が増せば、それに伴って自ずと株式市場も拡大するのが自然なことと考えます。

つまり、中国・ベトナム・マレーシアは経済成長が今後も続くのであれば、株式市場も同じように拡大していくのが自然と予想されます。特にベトナムは人口も多いため、今の低めのGDPからであれば継続的な成長が期待できると感じます。

GDPと株式市場規模の比較

次に注目すべき点はGDPと株式市場規模の比較です。先ほど述べたようにGDPが伸びれば株式市場規模も伸びるのが自然であろうというのが私の考えですが、直接的な相関は存在しないため、既に期待が先行していて株式市場が割高な可能性を考慮しなければなりません。

この数字を見るとGDPを超えた株式市場規模は今後の期待を既に内包した水準に近いのではないかと感じます。単純に上場銘柄数が多くて株式市場が肥大化している国もあるかもしれませんが。

その一方でGDPと比較して株式市場規模が小さいのは中国・ロシア・ベトナムとなります。その中でもGDPの半分程度の市場規模しかない、ロシア・ベトナムが特に小さく感じます

ベトナムは経済成長も表の中で最高のため、現状の株式市場規模はかなり過小評価されている水準であるように感じます。

SBI証券の取扱銘柄数の比較

そして最後に注目すべき点はSBI証券での取扱銘柄数です。どれだけ期待の出来る市場でも取扱数が少ないと選択肢が少なすぎて適切な銘柄選びが出来ない可能性があります。

取扱銘柄数は自国である日本と市場の大きい米国・中国が当然多いですが、何故か株式市場規模が一番小さいベトナムが4番目に多いです。これは本当に何故なんでしょうか・・・、少なくともベトナム株が買い易いのは間違いないことですが。

そして外国株を調べた中で最も魅力的に感じたのはベトナム株です。ベトナム株の好印象だった点をまとめると以下になります。

外国株は投資対象として魅力的だが・・・

売買手数料が高い

1の売買手数料についてはSBIの手数料ページで確認できます。日本株の手数料が0.1%以下が基本なのに対して、米国株で0.45%、中国株で0.26%、韓国株で0.9%であり、それ以外の国は軒並み1%以上となっています。

特にベトナム株が最も手数料が高く、税抜きでも2%と日本株と比べると非常に高いです。そのため頻繁な売買は向いておらず、一度買ったら数年単位でホールドする長期投資の方が良いでしょう。

為替リスクがある

2の為替リスクは非常に厄介であり、恐らく外国株への投資難易度を引き上げている要因の一つだと思います。

上の画像がアルゼンチン法定通貨のチャートですが、1997年の121円から2017年には6.7円と20年で約18分の1に暴落しています。大幅に安くなった2015年の13円からもたった1年で7.3円と2分の1近くに下落しており、凄まじい値幅があることが理解出来ると思います。

政情リスクがある

3の政情リスクについては日本で暮らしているとあまり大きく感じないかもしれませんが、世界的規模で見ればシリア情勢であったり、北朝鮮問題であったり、イギリスのEU離脱であったり、様々な場所に火種が転がっています。

日本語の情報が手に入り辛い

4の日本語の情報が手に入り辛いは地味に厄介な点だと思います。他に紹介しているような各種リスクが顕在化する予兆が事前にあり、該当国で話題になっていたとしても、日本語でその情報が手に入るとは限らないため、リスクが顕在化してから(手遅れになってから)気付くということが有り得ます。

外国株はリスクも高い

私の最終的な結論としては、株式市場単独としてみた場合は多数の国が日本よりも魅力的であるが、いずれもリスクは高くなる傾向があるため一概に外国株が魅力的な投資対象とは思いません。

ただ、それでもリスクを十分に考慮を入れつつ、最も市場として期待できる ベトナム株 に投資するのが良いのではないかと考えました。

いずれにせよ外国株への投資はハイリスク・ハイリターンの傾向が強くなるのは間違いないと思いますので、投資用資金全力というのはあまりお勧めしません。私に関しても投資資金の半分を日本、半分をベトナム株という配分で暫くは進めようと考えています。

ただ、外国株を買うタイミングについては少し様子を見た方が良いかもしれません。特に本記事執筆時点では米国の利上げに端を発したドル高と新興国株式市場からの資金流出が起きている状態であり、ここで止まるのか更なる大暴落が始まるのかは予想できません。

上がベトナム株価指数の10年チャートですが、特にベトナム株は2017年に大幅高騰していた経緯がありますので、本格的な暴落が始まった場合他の外国株よりも下げ幅が大きい可能性もあります。

それでも私は本記事で述べた通り、ベトナム株を含む外国株には大変魅力を感じていますので、今後の市場の動向を確認しながら買っていきたいと考えています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる