最強の初心者ガイド

チャート初心者必見

チャート初心者必見
(引用元:楽天証券マーケットスピード2)チャート初心者必見

ドル円とポンド円 絶好の反発ポイントを見極めろ(6月15日)

毎朝のチャート分析

1、 ドル円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、日銀指し値オペ炸裂で円安続伸、米10年債利回りも3.4%台に突入して135円60付近まで高値を更新する展開となっています。

【4時間足のトレンド目線】
4時間足では、ボリンジャーバンドがエクスパンションしていますが、+3σに到達後は上値が重くなっていますので+2σでサポートされていれば横ばいから上目線となりそうですが、上昇しても上値が重そうな感じです。

【意識したいポイント】
上は、 135円40付近、135円60付近、135円75付近、136円00付近、136円20付近
下は、 135円20付近、135円00付近、134円85から80付近、134円70付近、134円45から40付近、134円00付近


【注目の経済指標】
重要度☆☆☆

米国 21:30 5月小売売上高
米国 27:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
米国 27:30 チャート初心者必見 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

2、 今までになかったインジケーター

3、 ポンド円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、東京時間に日銀の指し値オペでドル円と連動して上昇していましたが、164円20付近からは戻り売り優勢の展開で161円40付近まで下落すると、ロンフィクを回った辺りから流れが落ち着いて反発して引けています。

【4時間足のトレンド目線】 チャート初心者必見
4時間足では、前のローソク足が陽線で切り返してきていますので10時のローソク足が変わるまでの162円70付近を越えていければ10EMAのある163円前半を目指す展開となりそうです。

【意識したいポイント】
上は、 162円50付近、162円60付近、162円75付近、163円00付近、163円20付近、163円35付近、163円60付近、163円80付近
下は、 162円20から15付近、162円00付近、161円80付近、161円60付近、161円35付近、161円00付近、160円80付近

アウトドア・キャンプ初心者必見!「100均アイテム」7つ道具「1000円未満」でできる「本格焚き火」の手順とは?

アウトドア・キャンプ初心者必見!「100均アイテム」7つ道具「1000円未満」でできる「本格焚き火」の手順とは?の画像

小さいながらもメラメラと燃える焚き火は、炙ったり温めたりするのにちょうどいい(写真:田芝也友)

ソロキャンプ「焚き火台の選び方」! おすすめ「2つのタイプ」の特徴

焚き火でやりがちな「4つの失敗パターン」&「解決法」教えます【焚き火の話 vol.22】

テント4900円、シュラフ1500円…「1万5000円以内で全部揃う」! キャンパー注目「ワークマン」初心者におすすめの「お手軽キャンプギア」6選

知ってるようで意外と知らない!「キャンプ初心者」が押さえておくべき「4つの基本マナー」とは?

テント・バーナー・焚き火シートも…「一式そろって一発OK」の「Colemanソロキャンプスタートパッケージ」の衝撃

「春キャンプの重大問題」を解決!「焚き火・調理・陣幕」用途別のおすすめ「風防・ウインドスクリーン」3選とは?

【山形の名湯・白布温泉と新高湯温泉】”開湯700年の歴史” 上杉家ゆかりの温泉旅館「東屋」ほか、大人気「米沢ラーメン」が食せる名店も!

PR

【山形県最南端・天元台】米沢市の屋根「天元台高原」はビュースポットが目白押し「日本一長い夏山リフト」に乗って避暑を満喫!

PR

【投資初心者必見】今、NISA口座で買われている日本株ランキングBEST10

(参照:SBI証券-ランキング2022年3月14日-18日)

個人的には、「大型株でモメンタムが上昇してきている銘柄」が選ばれているように感じます。

また、高配当株も多く、値上がり益を狙いつつも、中長期的に配当をもらいながら運用していくことを狙っている方が多いんだなといった印象です。

今回はこちらの10銘柄について、企業概要とチャートを解説しながら、 僕が買いたいタイミング等について個人的な見解 を話していこうと思います。

未来の株価は誰にも分からないので、 チャート初心者必見 半分ネタ、半分本気 で言ってるくらいの感覚で見て頂けると嬉しいです。笑

前提条件としてこちらの記事は

・2022年3月23日時点での情報をもとに作成
・マネックス証券の銘柄スカウターとSBI証券、楽天証券を活用して作成
した情報になっておりますので、事前にご理解ください。

それでは、 『今、みんながNISA口座で買っている日本株ランキングBEST10』 を第10位から確認していきたいと思います。

第10位【9101】日本郵船

今期予想配当利回りは10.16%、前期実績配当利回りは1.69% になります。

自己資本比率29.4%、利益剰余金は1兆795億円、有利子負債は7,725億円と有利子負債を利益剰余金が上回っています。

週足チャート

こちらが、日本郵船の 週足チャート になります。

(引用元:楽天証券マーケットスピード2)

個人的な見解ではありますが、新型コロナウイルスの影響で伸びてきた銘柄ですので、今の業績の水準が3年後、5年後、10年後と同じように続いていくとは正直考えづらく、僕は 今のタイミングでは買いたいとは思いません。

第9位【9202】ANAホールディングス

今期予想配当利回り、前期実績配当利回り共に0% になります。

自己資本比率31.4%、利益剰余金は▲723億円、有利子負債は1兆7,607億円と財務に関しては非常に厳しい状況です。

週足チャート

こちらが、ANAホールディングスの 週足チャート になります。

(引用元:楽天証券マーケットスピード2)

新型コロナウイルスの影響もあり、2020年の頭に大きく株価を下げ、そこからは2,100円~3,000円のレンジでの推移となっています。アフターコロナ関連の銘柄としては非常に面白いかとは思いますが、世界的に見た時にいつコロナが収束するのか?落ち着くのか?に関してはハッキリとしたことは誰にも分かりません。

これらを踏まえての個人的な見解ではありますが、 レンジ下限の2,100円付近での買い、コロナウイルス収束後のレンジ上限3,000円ブレイク後の押し目買い が狙いたいタイミングとして見ています。

第8位【6178】日本郵政

今期予想配当利回り、前期実績配当利回り共に5.06% チャート初心者必見 になります。

自己資本比率4.6%、利益剰余金は6兆398億円となっており、かなりキャッシュリッチであることが分かります。

週足チャート

こちらが、日本郵政の 週足チャート になります。

(引用元:楽天証券マーケットスピード2)

安値も切り上げてきており、下げ止まりを感じることが出来るので、 テクニカル的には1,000円ブレイク後の押し目での買い が面白いんじゃないかなと考えています。

ただ、個人的には、かんぽ生命等の件があったように、日本郵政という企業事態にあまり良いイメージを持っていません。保険事業が収益源で50%以上の割合を占めており、金利上昇局面ではあるものの、 右肩下がりの業績はなかなか変わらない と僕は思います。

第7位【9201】日本航空

今期予想配当利回り、前期実績配当利回り共に0% になります。

自己資本比率45.0%、利益剰余金は2,220億円、有利子負債は8,794億円と過去に事実上の倒産をしているにも関わらず、新型コロナウイルスの影響もあり、財務は悪化してきています。

週足チャート

こちらが、日本航空の 週足チャート になります。

(引用元:楽天証券マーケットスピード2)

日本航空に関しては、ANAと同じように、 レンジ下限の2,チャート初心者必見 000円近辺での買いコロナ収束後にレンジ上限をブレイクした後の押し目 が買い場だと個人的には考えています。

第6位【8591】オリックス

今期予想配当利回り、前期実績配当利回り共に3.16% になります。

自己資本比率22.3%、利益剰余金は2兆8,567億円、有利子負債は5兆166億円と、有利子負債が利益剰余金を上回っています。

週足チャート

こちらが、オリックスの 週足チャート になります。

(引用元:楽天証券マーケットスピード2)

個人的には、買い目線で見ており、 一度支持線として機能している2,200円近辺 、そして 高値を更新していくタイミング でついていきたいと考えています。

第5位【5411】JFEホールディングス

今期予想配当利回りは7.62%、前期実績配当利回りは0.54% になります。

自己資本比率36.1%、利益剰余金は1兆2,270億円、有利子負債は2兆94億円と、有利子負債が利益剰余金を上回っています。

週足チャート

こちらが、JFEホールディングスの 週足チャート になります。

(引用元:楽天証券マーケットスピード2)

業績悪化の影響で下げてきた株価は、2020年の頭に新型コロナウイルスの影響で更に大きく株価を下げました。ですが、そこから自動車や電気製品などの製造業が好調で、その材料として必要な鉄鋼の需要が盛り上がっています。その影響もあり現在は右肩上がりの株価となっています。

個人的な見解としては、 2,000円の抵抗線が一つの節目 と見ており、ここを 抜けたら素直に買い で見ています。ただ、2021年度は大幅増益となりましたが、正直、収益拡大は一巡し、上値は限定的と考えています。

第4位【8316】三井住友フィナンシャルグループ

今期予想配当利回りは4.96%、前期実績配当利回りは4.49% になります。

自己資本比率4.9%、利益剰余金は6兆8,347億円と、キャッシュは豊富にあります。

週足チャート

こちらが、三井住友フィナンシャルグループの 週足チャート になります。

(引用元:楽天証券マーケットスピード2)

金利上昇局面での銀行株は魅力的で、個人的には買い目線で見ています。 4,000円を支持線として買っていきたい と考えています。

第3位【9984】ソフトバンクグループ

今期予想配当利回り、前期実績配当利回り共に0.81% になります。

自己資本比率22.3%、利益剰余金は6兆6,331億円、有利子負債は20兆6,638億円と、有利子負債の割合が非常に多いことが分かります。

週足チャート

こちらが、ソフトバンクグループの 週足チャート になります。

(引用元:楽天証券マーケットスピード2)

2021年につけた10,チャート初心者必見 695円から株価は半値近くまで下げました。依然として下落トレンドとなっており、下げ止まりを確認するまでは安易に買い向かうのは危険かと思います。信用買残がまだまだ大量に残っており、信用倍率が改善してこないと厳しいかと思います。

これらを踏まえて、個人的には、 今は買いたいとは思わない です。
買い向かうのであれば、しっかりと下げ止まりを確認してから入っていきたいです。

第2位【2914】日本たばこ産業

今期予想配当利回りは7.16%、前期実績配当利回りは6.68% になります。

自己資本比率48.7%、利益剰余金は2兆8,638億円、有利子負債は9,186億円と財務に関しては申し分ない水準です。

週足チャート

こちらが、日本たばこ産業の 週足チャート になります。

(引用元:楽天証券マーケットスピード2)

2016年から綺麗な下落トレンドとなっていましたが、2,000円を節目に下げ止まり、2,000円~2,500円のレンジでの推移となっております。

ですので、僕は 今は買いたいとは思わない です。

第1位【7203】トヨタ自動車

今期予想配当利回りは現状非開示、前期実績配当利回りは2.25% になります。

自己資本比率37.6%、利益剰余金は25兆7,481億円、有利子負債は25兆1,223億円と利益剰余金と有利子負債がの金額がほとんど同じです。

週足チャート

こちらが、トヨタ自動車の 週足チャート になります。

(引用元:楽天証券マーケットスピード2)

2021年の頭に意識されていた1,600円の抵抗線をブレイク。そこから大きく株価を上げてきています。一度調整が入ったものの、そこから再度高値を目指していく展開です。

個人的には、自動車産業は部品不足の解消を追い風に2022年も伸びると見ていますので、 2,000円近辺で買っていきたい と考えています。ただ、最近の株価の下落では、出来高を伴った売りが見られるので、注意が必要です。

個人的には、 【8316】三井住友フィナンシャルグループ【8591】オリックス【9202】ANAホールディングス あたりが、今後の経済環境を考えると、面白いんじゃないかなと思っています。

貴重な時間を僕の動画を見ることに"使ってしまった"あなたに僕からのプレゼント。

資産形成を学びたい初心者の方にオススメの本で、お金の基礎基本を教えてくれた最後に、『お金はおまけ、人に感謝される仕事をすることに意味がある。』と書かれています。

そんな時こそ、『人に感謝される』為に仕事に取り組んでいきたいと僕自身感じました。

お金はとても大切ですが、あくまでも手段です。

2022年3月24日現在、キンドルアンリミテッドでは30日間の無料体験or2か月で99円のキャンペーンをやっており、漫画 バビロン大富豪の教えは読み放題の対象となっていましたので、 なんと無料で読むことが出来ました。

皆さんのコメントや高評価が頑張るモチベーションに繋がっています。少しでも勉強になったという方は、コメントや評価ボタンで 感想を教えて頂けると嬉しい です。
僕は今後も、 子育て世代の資産形成に1%でも貢献することを目的に 、日々のインプット、アウトプットに本気で向き合っていこうと思います。

初心者必見!バイナリーオプションで使える!エリオット波動入門

必勝法

  • エリオット波動の具体的な活用方法がわかり取引の精度を上げることができる
  • エリオット波動を使用する上での注意点がわかる

エリオット波動とは

相場の値動きには法則性を持ったサイクルがある

【ポイント①】ダウ理論

【ポイント②】フィボナッチ数列

【ポイント③】3つの要素

  • パターン:波動の形状
  • 比率:他の波動と比較した時に計測できる一定の比率
  • 時間:横軸でみた時に確認できる比率の法則

上昇5波・下落3波

例えばエリオット波動を覚えることによって 、価格が動いている時にその環境がどういった状況下にあるのかを客観的に捉えることができるようになります。

推進派と修正波

そしてこの上昇5波を総称して「 推進波」

下落3波を総称して「 修正波(調整波)

さらにいうと、この1時間足の中を細かな5分足で見ると、 同じように上昇5波と下落3波を繰り返すサイクルが出来上がっているのがエリオット波動の特徴の1つです。

そしてこのようなサイクルがまた同じように2波、3波、4波、5波でも続いて繋がって波動を築いていくの「 フラクタル構造 」と呼ばれています。

あるサイクルを持った一部分が繋がって形状を組み立てることにより全体と同じような形状になっている事

  1. 第2波は第1波の始点を下抜けることは無い
  2. 第3波が最も短い波になる事はない
  3. 第4波が第1波の価格帯に割り込むことはない

フィボナッチ数列とは

つまり、フィボナッチの比率に置き換えて考えることにより、 チャート初心者必見 その波動がどこまで伸びて折り返すのか推測することがができるようになります。

フィボナッチ数列とは、「 自然界のある一定の法則性を持った数列(比率) 」です。

各波動が形成される背景

下記のように下降トレンドが続いてく途中ではどこで上昇に転じるかはわかりませんが、 強いサポートラインで反発して価格を伸ばした場合、エリオット波動の第1波が形成されていると仮説を立てることができます。

この時の価格が下がる要因としては、 大きな局面で見たらまだ下降トレンドですので第1波の節目を「戻り目」と勘違いして売りのポジションを持つ投資家達が一定数存在します。

この第2波の特徴として、上記で説明したフィボナッチ比率にあてがえて考えた場合、 第1波の上昇の値幅に対して第2波の下降の比率は0.5もしくは0.618となることが多いです。

一般的には 第3波が一番伸びると言われています。

下降トレンドにおける戻り高値のラインをブレイク

そのブレイクを確認して新規の買いのポジションが入る

安値を切り上げていることから上目線に切り替わる

さらに価格が伸びる

この第4波は、第1波や第3波の下層圏での買いのポジションの利益確定が入りやすくなると同時に、これまでの流れか ら明らかな上昇トレンドとして捉えることもできるため、さらに買いのポジションが多く入ってくるのも大きな特徴です。

ただし、ここまでの買いポジションの利益確定などが入るため第3波ほどの上昇は見られませんが、一般投資家や投資初心者が上昇傾向だと認識して買いの注文が入ってくるので、 第3波と比べて急に大陽線が出現して急な角度で上昇しやすいのも第5波の特徴です。

またもう1つの特徴としては、必ずしも第3波の高値を更新できるわけではなく、その前に価格が下落することがあります(この現象を トランケーション と呼びます)。

例えば第1波に対して 第3波が通常よりも大きく上昇した場合は、第3波の時点で上昇の力を使い果たしたとして捉えることができ、結果として第5波が思った以上に伸びなくなり結果としてトランケーションが起こりやすくなる傾向にあります。

ドル円とポンド円 絶好の反発ポイントを見極めろ(6月15日)

毎朝のチャート分析

1、 チャート初心者必見 ドル円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、日銀指し値オペ炸裂で円安続伸、米10年債利回りも3.チャート初心者必見 4%台に突入して135円60付近まで高値を更新する展開となっています。

【4時間足のトレンド目線】
4時間足では、ボリンジャーバンドがエクスパンションしていますが、+3σに到達後は上値が重くなっていますので+2σでサポートされていれば横ばいから上目線となりそうですが、上昇しても上値が重そうな感じです。

【意識したいポイント】
上は、 135円40付近、135円60付近、135円75付近、136円00付近、136円20付近
下は、 135円20付近、135円00付近、134円85から80付近、134円70付近、134円45から40付近、134円00付近


【注目の経済指標】
重要度☆☆☆

米国 21:30 5月小売売上高
米国 27:チャート初心者必見 00 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
米国 27:30 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

2、 今までになかったインジケーター

3、 ポンド円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、東京時間に日銀の指し値オペでドル円と連動して上昇していましたが、164円20付近からは戻り売り優勢の展開で161円40付近まで下落すると、ロンフィクを回った辺りから流れが落ち着いて反発して引けています。

【4時間足のトレンド目線】
4時間足では、前のローソク足が陽線で切り返してきていますので10時のローソク足が変わるまでの162円70付近を越えていければ10EMAのある163円前半を目指す展開となりそうです。

【意識したいポイント】
上は、 162円50付近、162円60付近、162円75付近、163円00付近、163円20付近、163円35付近、163円60付近、163円80付近
下は、 162円20から15付近、162円00付近、161円80付近、161円60付近、161円35付近、161円00付近、160円80付近

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる