取引ガイド

オンライントレードに最適なPC環境とは

オンライントレードに最適なPC環境とは
正岡 オンライントレードに最適なPC環境とは オンライントレードに最適なPC環境とは 剛・シニアソリューションエンジニア

サンワテクノス---2025年3月期に営業利益は2022年3月期比1.5倍増を目指す

facebook-share

サンワテクノス 1286 0
サンワテクノスは独立系技術商社で、FA・産業機器業界向けが売上高の約4割を占める。電機・電子・機械の3分野にまたがって事業を展開している点と、それを生かした「双方向取引」(顧客メーカーに生産ラインの機器を納入し、そこで生産された製品を仕入れる)の2つの特長により業容を拡大してきた。取引先数は単体ベースで顧客先が約3,200社、仕入先が約2,100社となり、主な仕入先は安川電機、オムロンなどである。
2022年3月期の連結業績は、売上高で前期比14.6%増の154,414百万円、営業利益で同123.2%増の4,804百万円と4期ぶりに過去最高業績を更新した。半導体関連業界や産業機械業界を中心に設備投資が拡大したほか、部材の供給不足による生産への影響を考慮した顧客からの先行手配もあったことが要因だ。地域別売上高では、中国を中心としたアジア向けが前期比47.4%増と大きく伸長した。受注高は前期比44.9%増の199,931百万円、受注残高は前期末比165.1%増の73,081百万円に積み上がっている。なお、2022年3月期より会計基準の変更に伴い有償支給品を売上高に含めない純額表示に変更しており、売上高で17,043百万円の減少要因となっている。同一基準で比較した場合の売上高は前期比27.2%増となる。

同社は新たな中期経営計画「SNS2024(Sun-Wa New Stage 2024)」を発表した。基本方針として、1)イノベーションが求められる成長分野への注力、2)より高付加価値な製品と新たなソリューションの提供、3)サステナビリティ経営による持続可能な社会の実現に貢献、の3点に取り組み、最終年度となる2025年3月期に売上高195,000百万円、営業利益7,000百万円を目指す。3年間の年平均成長率は売上高で8.1%、営業利益で13.4%となる。最重要経営指標(KGI)を従来の「売上高」から「営業利益」に変更し、DXによる業務効率化も進めながら利益成長を追求していく。具体的な取り組みとしては、事業ポートフォリオを顧客業界ごとにマッピングし、積極的リソースを投入する分野(半導体製造装置、ロボット・マウンター、工作機械)と選択的リソースを投入する分野(FA装置、車載、設備)、その他分野に分けて戦略を立案・実行することで、売上総利益の拡大を目指す。積極的リソース及び選択的リソース投入分野については年率10%以上(半導体製造装置は15%以上)の利益成長を見込んでいる。また、地域にとらわれず顧客業界ごとに最適な製品・ソリューションを提供する専門営業組織を2022年4月に立ち上げ、新規顧客の開拓や既存顧客との取引深耕を進めていく。海外事業については売上比率で2022年3月期の38%から2025年3月期に40%に引き上げる。中国だけでなくその他アジア地域での事業拡大も目指す方針で、インドにも新たに進出する予定にしている。同社が取り扱う商材は省エネ化・省力化に貢献するものが多いことから、中長期的に右肩上がりの成長が見込まれる。今回の新たな事業戦略によって、こうした需要を取り込み、収益成長につなげていくものと期待される。

オンライントレードに最適なPC環境とは 【※関連銘柄の株価チャートはこちら!】
◆サンワテクノス(8137)
◆安川電機(6506)
◆オムロン(6645)

オンライントレードに最適なPC環境とは オンライントレードに最適なPC環境とは
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●テレワーク ●オンライン教育 ●マスク/防護服
●巣ごもり消費 ●臨床検査 ●医療廃棄物処理
●ゲーム ●金(ゴールド) ●金鉱株
●高配当株 ●インフルエンサーマーケティング
●直近IPO銘柄 ●赤外線サーモグラフィー
●米国株(好決算企業) ●米国株(薬・ワクチン) ●米国株(巣ごもり消費ほか)

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

Diver-X、世界初!寝ながらの使用に最適化したVRデバイス「HalfDive」を発表 -ゲーム及び寝ながらの作業用途でコンシューマー展開を目指す-

限られたスペースと重量の中で実装できる光学系には限界があります。
HalfDiveはそれらの制約を乗り越え、合計10枚の非球面レンズを搭載し歪みやフレア・映像の劣化といった既存のフレネルレンズを用いた光学系の問題を解消しつつ、最大約134度の超高視野角と鮮明な映像を両立できる光学系を実現しました。
また、スペースの制約が少ないことを生かし、可変焦点機能にも対応しています。(可変焦点機能は最上位モデルにのみ搭載予定)

  • 球状の筐体を生かした、没入型サウンドシステム​

  • 据え置き型の筐体を生かした多数の感覚フィードバックシステム​

【2基のファンによる風フィードバック】

【ワイヤーを用いた力覚フィードバック】

【エキサイターを用いた振動フィードバック】

  • 体が動かせない欠点を補うための足コントローラ&エミュレーションシステム

ハンドコントローラーについては、9月末に予定しているyoutube配信で情報公開を行う。

  • 据え置き型である事を生かしたモジュラー&オープンソース設計

  • 想定されるユースケース
  • 【HalfDiveにより実現する世界】
  • 【Diver-X代表取締役 兼 HalfDive開発者 迫田からのコメント】

私は市場が物理ベースの現実との身体同期を重要視する今の方向性で進む限り、普及は難しいと考えています。なぜなら、そもそもVRという概念と現実の物理法則に基づいた情報入力・体験が背反するものであると私は考えるからです。つまり、デバイスがどんなに高性能・小型軽量・低価格化したとしても、その体験は物理法則に囚われるため「VRで(だからこそ)出来ること」は既に頭打ちではないかということです。それはこの数年で一般的に「VRのキラーコンテンツ」と呼ばれるものが片手で数えられる程しか出ていない事実が物語っていると思います。スマートフォンも普及してからかなりの年月が経ちましたが、処理性能や解像度の進化があるだけで、本質的な使われ方は殆ど変化していないと私は考えています。

感染防止対策を徹底し、2年ぶりに開催!

メッセフランクフルト ジャパン株式会社(代表取締役社長:梶原靖志)は2021年5月19日(水)-21日(金)の3日間、節目となる第30回「インテリア ライフスタイル」を東京ビッグサイトの青海展示棟にて開催します。デザイン性に優れた小物・雑貨を中心に、衣・食・住に関わる幅広い商材が集まる国際見本市として、4月現在で約400社の出展者が、秋冬・年末商戦に最適な商材を揃えて一堂に集います。新型コロナウイルスの影響で渡航制限される中、ドイツ、ポルトガルからのパビリオンが日本現地スタッフの対応で実現。また、日本に代理店のある海外ブランドも出展します。


■徹底した感染症防止対策で迎える
昨年は日本政府からのイベント自粛要請により開催が見送られたため、2年ぶりとなる本見本市では新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底して開催します。日本政府の方針[1]および一般社団法人日本展示会協会が作成したCOVID-19感染拡大予防ガイドライン[2]、会場である東京ビッグサイトのガイドライン[3]に従い、感染拡大防止対策を徹底して開催します。マスク着用、体調・検温チェック、消毒や換気、三密・飛沫防止対策はもちろんのこと、館内在者数リアルタイム管理システムを導入し、すべての方に安心して参加していただける環境を整えて皆様の来場をお待ちしています。

■特別企画「Feel Good Working」

姉妹見本市「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」から引き続き、SUPPOSE DESIGN オンライントレードに最適なPC環境とは OFFICE Co., Ltd.の谷尻誠氏と吉田愛氏をディレクターに迎え、多様な働き方にフォーカスした「気持ち良く仕事をするためのアイテム」を提案します。新型コロナウイルスの影響で、働く場と暮らす場の境目はなくなりつつある現代。場所にとらわれず柔軟な働き方が求められる一方で、物の使い方も今までとは違う価値が必要になってきました。「暮らすように働く」ではこれまで暮らしのシーンで使っていた日常品を働くシーンへ、「働くように暮らす」ではこれまで働くシーンで使っていた家具などを暮らすシーンに取り入れて提案します。

■新設ゾーン、新企画、業界著名人によるトークショーも開催
新設「ETHICAL」ゾーン
持続可能な社会を実現するため、環境、人・社会、地域に配慮した商材を対象としたゾーンが初お目見え。環境などを考慮した消費活動を意味する「エシカル消費」が注目される中、エコ、省エネ、リサイクル、アップサイクル、サステナブル、フェアトレード、障がい者支援、オーガニック、地方創生、伝統工芸などのエシカル商材が16社から出展されます。

ファブレスメーカーとのマッチング企画「Meet Desgin」
株式会社100percent代表取締役の坪井信邦氏が、本見本市を舞台にマッチングプロジェクトを発足。20社のファブレスメーカー(他社に生産を委託する企業)を引っ提げ、工場や産地とのマッチングを実施して商品化へ繋げます。また、今回のマッチング成果は2022年の見本市で発表を目指しています。

業界著名人のトークショー「LIFESTYLE SALON 2021」
小売ビジネスのヒントから新しいライフスタイルの提案を発信します。(※一部抜粋)

オンライントレードに最適なPC環境とは

5/19(水)5/20(木)12:30-「Ambiente Trends 2021」
ボラ・ヘルケ・パルミザーノ アネッタ・パルミザーノ氏、ジャーナリスト 本間美紀氏
5/19(水)16:00-「働くように暮らす、暮らすように働く」
SUPPOSE DESIGN OFFICE オンライントレードに最適なPC環境とは Co., Ltd. 谷尻誠氏と吉田愛氏、商店建築 車田創氏
5/20(木)16:00-「サステナブルとエシカルをもっと身近に」
フィンランド大使館 ラウラ・コピロウ氏、伊藤忠商事(株) 小林拓矢氏
5/21(金)11:00-「ECの成功は“No Making, Just Using”の実践から」
(株)木村硝子店 木村祐太郎氏、アロワナパートナーズ(株) 高柳寛樹氏


「インテリア ライフスタイル」アワードも発表
本見本市ディレクターが全出展者を対象に選定する「Best Director’s Choice」と、次世代のインテリア・デザイン業界を担う若手を対象にMesse Frankfurt Exhibition GmbH アンビエンテブランド総責任者 ニコレット・ナウマンが選定する「Young Designer Award」が会期中に発表されます。「Young Designer オンライントレードに最適なPC環境とは Award」には副賞として、2022年にドイツ・フランクフルトで開催する世界最大級の国際消費財見本市「アンビエンテ」の招待出展が付与されます。

セキュアで快適な環境を提供、ソニックウォールの中堅・中小企業向け次世代Wi-Fiソリューション

本富顕弘社長

セキュリティリスクを抱えている中堅・中小企業のWi-Fi環境

ソニックウォール・ジャパンでは、セキュアで快適なWi-Fi環境を実現したいと望む中堅・中小企業に向けて、多様なワイヤレスアクセスポイント「SonicWave」、クラウドホスト型管理コンソール「Wireless Network Manager」、管理用モバイルアプリ、導入・運用をスムーズにする「WiFi Planner」をラインアップし、Wi-Fi導入プロジェクトの計画から、運用管理までのステップをトータルサポートする。

SonicWall Wi-Fiプロダクトポートフォリオ

これらのアクセスポイントを容易に管理できるようにするのがクラウドホスト型管理コンソールWireless Network Managerだ。クラウド型のため、インターネットに接続できればどこからでもアクセス可能で、シングルペインオブグラス(SPoG)を活用して、各拠点を含めたワイヤレスネットワーク全体を一元的に管理することができる。

正岡 剛・シニアソリューションエンジニア

大学、地方自治体、ホテルをターゲットに拡販。全社売上の10%超を目指す

そしてSonicWaveの一番の強みがセキュリティ機能で、その核になるのがリアルタイムの保護を実現する「SonicWall Capture Advanced Threat Protection(ATP)」だ。全世界で運用されている110万台のSonicWallセキュリティデバイスから上がってくる脅威情報を分析し共有するエコシステムである。

SonicWall Capture ATP

「暗号化で隠れているほか、悪意のある行動を示さない脅威にも対応できる。また、特許技術のReal-Time Deep Memory Inspection(RTDMI)が、メモリベースの検査技術を用いて、CPUやメモリに潜む脅威もブロックする」と正岡シニアソリューションエンジニア。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる