FX取引の利点

Tポイントを使って株式投資(ネオモバ)

Tポイントを使って株式投資(ネオモバ)

DMM証券の手数料は 業界最低水準 です。他の証券会社よりも安く、とても投資がしやすい手数料でしょう。

ダイドー、USENNEX、WSCOPEなど

石原産 1014 +23大幅続伸。東海東京証券では投資判断を新規に「アウトパフォーム」、目標株価を1830円としている。自動車生産回復や建築需要増加による酸化チタンの需給タイト化、自動車の電装化・電動化・ 5G進展などによるMLCCの需要増に伴うチタン酸バリウムの好調などから、好調な業績を見込むとしている。23年3月期営業利益は147億円で前期比27.5%増を予想、会社計画の100億円を大きく上回るとみている。

OSG 1635 +53大幅続伸。前日に上半期の決算を発表、営業利益は98.5億円で前年同期比38.8%増益となり、従来予想の96億円をやや上回る着地に。通期予想の202億円、前期比25.4%増は据え置いている。タップを中心にして売り上げが好調を維持、為替の円安効果なども寄与しているもよう。決算数値に大きなサプライズはないものの、株価は安値圏での推移が続いていたため、見直しの動きへとつながっているようだ。

ダイドー 183 +50ストップ高。経営資源の有効活用と財務体質の強化を図ることを目的に、現在事務所および店舗として利用している千代田区の土地・建物を売却すると発表している。譲渡先は国内第三者法人としており、譲渡益は概算で約100億円となるもよう。23年3月期に特別利益を計上する計画のようだ。ちなみに、会社側では現在業績見通しを公表していない。売却資金を活かした展開強化や財務体質改善を期待する動きが先行へ。

7&iHD 5325 -35もみ合い。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は1024億円で前年同期比32.1%増、会社計画は900億円程度であった。海外コンビニ事業が収益増に貢献する形となっている。通期計画は従来の4300億円から4450億円、前期比14.8%増に上方修正、為替前提の変更が上振れ要因に。なお、会社側では海外コンビニに関して、1回当たりのガソリン購入量や物販購買点数鈍化など、先行き懸念なども指摘されている。

USENNEX 2190 +214急伸。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は135億円で前年同期比7.9%増となり、通期計画170億円、前期比8.9%増に対する進捗率は79.6%に達している。株価が
安値圏にある中、堅調な業績推移を見直す動きへとつながっているようだ。第3四半期累計では、法人向けICTの順調な顧客基盤拡大などで通信事業が好調推移のほか、業務用システム事業の増益幅も大きくなっている。

大有機化 2481 +185大幅続伸。前日に上半期決算を発表、営業利益は33.2億円で前年同期比16.8%増となり、従来予想の29億円を上回った。中間期末配当金は従来計画26円から27円に引き上げ、前年同期末比2円増配となる。通期計画59億円、前期比0.8%増は据え置いたが、上振れ期待が高まる状況に。また、発行済み株式数の1.34%に当たる30万株、6億円を上限とする自社株買いの実施も発表した。

WSCOPE 1673 -173急落。韓国子会社の韓国証取株式上場に関する概要を発表している。上場時期は22年8月で、売出株数は165万9656株、新規発行株式数は734万344株としている。時価総額見込みは2700-3400億円のようだ。また、同子会社は25年までに営業利益率30%を超えると見込んでいるもよう。ただ、上場計画が明らかになって以降、同社株は大きく上昇しており、今回の発表が目先の材料出尽くしと意識されている。

キユーピー 2297 -79大幅反落。前日に上半期決算を発表、営業益は142億円で前年同期比1.8%減、第1四半期の同6.5%増に対して、3-5月期は同8.1%減益に転じ。市場予想もやや下回ったもよう。ドレッシングの売上高などが苦戦したようだ。通期予想は売上高を上方修正したが、原材料費やエネルギー価格上昇などのコストアップで、営業益は260億円、前期比7.0%減を据え置き。今後も値上げによる数量減への影響懸念を残す形に。

オンワードHD 247 -15大幅反落。前日に第1四半期決算を発表、営業益は20.1億円で前年同期比74.8%増、市況の回復とOMO施策の成果により、国内事業が牽引する形になった。通期予想21億円をほぼ達成する進捗に。ただ、収益水準は四半期ごとの季節性が高い傾向があり、上半期計画の前期比収益改善幅15億円に対して、第1四半期は8.5億円の改善にとどま、サプライズは限定的。一方、6月既存店の鈍化はややマイナス視された。

SHIFT 19100 -1670大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業益は52.8億円で前年同期比99.7%増となった。通期計画69億円、前期比72.7%増に対する進捗率は76.5%に達する。ただ、3-5月期は14.5億円で前年同期比25.6%増と、上半期の同2.6倍に対して増益率が鈍化する形で、ポジティブインパクトは限定的のようだ。足元で株価の反発色が強まっていたこともあり、目先の出尽くし感につながった。 <ST>

ダイドー、USENNEX、WSCOPEなど

石原産 1014 +23大幅続伸。東海東京証券では投資判断を新規に「アウトパフォーム」、目標株価を1830円としている。自動車生産回復や建築需要増加による酸化チタンの需給タイト化、自動車の電装化・電動化・ 5G進展などによるMLCCの需要増に伴うチタン酸バリウムの好調などから、好調な業績を見込むとしている。23年3月期営業利益は147億円で前期比27.5%増を予想、会社計画の100億円を大きく上回るとみている。

OSG 1635 +53大幅続伸。前日に上半期の決算を発表、営業利益は98.5億円で前年同期比38.8%増益となり、従来予想の96億円をやや上回る着地に。通期予想の202億円、前期比25.Tポイントを使って株式投資(ネオモバ) 4%増は据え置いている。タップを中心にして売り上げが好調を維持、為替の円安効果なども寄与しているもよう。決算数値に大きなサプライズはないものの、株価は安値圏での推移が続いていたため、見直しの動きへとつながっているようだ。

ダイドー 183 +50ストップ高。経営資源の有効活用と財務体質の強化を図ることを目的に、現在事務所および店舗として利用している千代田区の土地・建物を売却すると発表している。譲渡先は国内第三者法人としており、譲渡益は概算で約100億円となるもよう。23年3月期に特別利益を計上する計画のようだ。ちなみに、会社側では現在業績見通しを公表していない。売却資金を活かした展開強化や財務体質改善を期待する動きが先行へ。

7&iHD 5325 -35もみ合い。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は1024億円で前年同期比32.1%増、会社計画は900億円程度であった。海外コンビニ事業が収益増に貢献する形となっている。通期計画は従来の4300億円から4450億円、前期比14.8%増に上方修正、為替前提の変更が上振れ要因に。なお、会社側では海外コンビニに関して、1回当たりのガソリン購入量や物販購買点数鈍化など、先行き懸念なども指摘されている。

USENNEX 2190 +214急伸。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は135億円で前年同期比7.9%増となり、通期計画170億円、前期比8.9%増に対する進捗率は79.6%に達している。株価が
安値圏にある中、堅調な業績推移を見直す動きへとつながっているようだ。第3四半期累計では、法人向けICTの順調な顧客基盤拡大などで通信事業が好調推移のほか、業務用システム事業の増益幅も大きくなっている。

大有機化 2481 +185大幅続伸。前日に上半期決算を発表、営業利益は33.2億円で前年同期比16.8%増となり、従来予想の29億円を上回った。中間期末配当金は従来計画26円から27円に引き上げ、前年同期末比2円増配となる。通期計画59億円、前期比0.8%増は据え置いたが、上振れ期待が高まる状況に。また、発行済み株式数の1.34%に当たる30万株、6億円を上限とする自社株買いの実施も発表した。

WSCOPE 1673 -173急落。韓国子会社の韓国証取株式上場に関する概要を発表している。上場時期は22年8月で、売出株数は165万9656株、新規発行株式数は734万344株としている。時価総額見込みは2700-3400億円のようだ。また、同子会社は25年までに営業利益率30%を超えると見込んでいるもよう。ただ、上場計画が明らかになって以降、同社株は大きく上昇しており、今回の発表が目先の材料出尽くしと意識されている。

キユーピー 2297 -79大幅反落。前日に上半期決算を発表、営業益は142億円で前年同期比1.8%減、第1四半期の同6.5%増に対して、3-5月期は同8.1%減益に転じ。市場予想もやや下回ったもよう。ドレッシングの売上高などが苦戦したようだ。通期予想は売上高を上方修正したが、原材料費やエネルギー価格上昇などのコストアップで、営業益は260億円、前期比7.0%減を据え置き。今後も値上げによる数量減への影響懸念を残す形に。

オンワードHD 247 -15大幅反落。前日に第1四半期決算を発表、営業益は20.1億円で前年同期比74.8%増、市況の回復とOMO施策の成果により、国内事業が牽引する形になった。通期予想21億円をほぼ達成する進捗に。ただ、収益水準は四半期ごとの季節性が高い傾向があり、上半期計画の前期比収益改善幅15億円に対して、第1四半期は8.5億円の改善にとどま、サプライズは限定的。一方、6月既存店の鈍化はややマイナス視された。

SHIFT 19100 -1670大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業益は52.8億円で前年同期比99.7%増となった。通期計画69億円、前期比72.7%増に対する進捗率は76.5%に達する。ただ、3-5月期は14.5億円で前年同期比25.6%増と、上半期の同2.6倍に対して増益率が鈍化する形で、ポジティブインパクトは限定的のようだ。足元で株価の反発色が強まっていたこともあり、目先の出尽くし感につながった。 <ST>

SEACH

・Yahoo!ショッピング
・LOHACO
・Yahoo!かんたん決済
・Yahoo!公金支払い
・Yahoo!トラベル(一部10ポイントから)
・一休.com(10ポイントから)
・一休.comレストラン(10ポイントから)
・Yahoo!ニュース
・Yahoo! toto
・ebookjapan
・Yahoo!占い(全額充当のみ)
・GYAO!Tポイントを使って株式投資(ネオモバ) ストア(全額充当のみ)
・Yahoo!ゲーム
・Yahoo!ネット募金

・マイナビBOOKS:貯まる/使える
・マイナビウーマン:貯まる
・マイナビウエディング:貯まる
・マイナビニュース:貯まる
・マイナビ学生の窓口:貯まる Tポイントを使って株式投資(ネオモバ)
・みんなのリサーチ:貯まる

仮想通貨や投資信託もTポイントで!

  • VIPライナー(高速バス)
  • 賃貸住宅サービス
  • タイセイ・ハウジー
  • マーソ(人間ドック)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • GREEN FUNDING(支援)
  • SBI証券
  • スルガ銀行(Tポイント付きリザーブドプランカードが対象)

海外旅行でもTポイントが使える!

  • ロッテ免税店:韓国など(ギフトカード等と交換)
  • ボンボヤージュ:グアム
  • シーグリルレストラン:グアム
  • 花月 奥巴馬:中国
  • 日本料理和幸:中国
  • Tギャラリアシンガポール by DFS:シンガポール(クーポン券と交換)
  • Tギャラリア ハワイ by DFS:ハワイ(クーポン券と交換)
  • キューブ コスメティックサロン:ハワイ
  • シンゲン -心玄-:ハワイ

1ポイント=1円以上の価値になるお得なTポイントの使い方

ウェルシアは毎月20日にポイントの価値が1.5倍に上がる

毎月20日ウェルシアで1.5倍説明画像

マルエツでは475ポイントが500円分のお買い物券になる!

マルエツで475ポイントが500円分のお買い物券になる説明画像

Tポイントを2重取りできる!使う&貯めるに便利なクレジットカード

Tポイント提携店でポイント2重取り!ファミマTカード

ファミマTカード

公式サイトへ

カードの詳細へ

・Tポイント加盟店以外:0.5%
・TSUTAYA:1%(利用0.5%+決済0.5%)
・ファミリーマート:2%(利用0.5%+決済1.5%)
・マイナビBOOKS:1.5%(利用1%+決済0.5%)
・Ameba:1.5%(利用1%+決済0.5%)

急な出費に備えておきたい方におすすめ!Tカードプラス(SMBCモビットnext)

Tカードプラス(SMBCモビットnext)

公式サイトへ

カードの詳細へ

・Tポイント加盟店以外:0.5% Tポイントを使って株式投資(ネオモバ)
・TSUTAYA:1%(利用0.5%+決済0.5%)
・ファミリーマート:1%(利用0.5%+決済0.5%)
・マイナビBOOKS:1.5%(利用1%+決済0.5%)
・Ameba:1.5%(利用1%+決済0.5%)

Tポイントの使い方【交換】品物やポイントと交換できる!

Tポイントは様々なグッズと交換できる

Tポイントを使って株式投資(ネオモバ)
交換先グッズ レート
ムビチケ「映画GIFT」 ・500ポイント → 500円分(先着)
・1,000ポイント → 1,000円分(先着)
・1,900ポイント → 1,900円分(先着)
しまうまプリント「クーポン」 ・250ポイント → オリジナルLサイズ15枚(先着)
・1,200ポイント → オリジナルLサイズ90枚(先着)
・400ポイント → 文庫サイズ 36ページ(先着)
マンガ大人買い ・8,630ポイント → タッチ 全14巻
・20,620ポイント → ドラえもん 全45巻
・33,550ポイント → 名探偵コナン 既80巻セット
家電 ・5,250ポイント → タニタ体組成計インナースキャン
・2,940ポイント → テスコム コンパクトヘアアイロン
・2,750ポイント → オーディオテクニカ イヤフィットヘッドホン
スイーツ ・1,210ポイント → ハッピーターン缶ギフト
・5,960ポイント → 泉屋東京店 スペシャルクッキーズ
・1,960ポイント → 本髙砂屋 エコルセ
グルメ ・11,000ポイント → 米沢牛すきやき
・10,450ポイント → 宮崎牛 ステーキ用
・3,990ポイント → キッチン飛騨 国産牛と国産豚のハンバーグ

Tポイントは他社ポイントやマイルに交換できる

交換先サービス レート
ANAマイレージ 500 Tポイント → 250マイル
関西電力はぴeポイント 100 Tポイント → 100円相当
カテエネポイント 100 Tポイント → 100円相当
HAPPY GO 10 Tポイント → 6 ポイント
JRキューポ 1 Tポイント → 1 ポイント

PayPay銀行なら85%で現金化も可能

PayPay銀行なら、Yahoo! JAPAN IDでログインして手続きをすれば、以下のような条件でTポイントを現金にかえることができます。

Tポイントを使って株式投資(ネオモバ)
項目 内容
交換レート Tポイント100ポイント→85円
交換単位 1,000ポイント以上、100ポイント単位
交換に必要な条件 ・利用可能なTポイントが1,000ポイント以上であること
・Yahoo!ウォレットの受取口座としてPayPay銀行を
登録しているYahoo! JAPAN IDから申し込むこと

Tポイントの使い方【投資とチャージ】上級者にオススメ!

Tポイントを使って投資ができる!

アプリで簡単に投資できる!

Tポイント投資 説明
ネオモバの株式投資 ・1ポイントから使える
・国内株1株から購入可能
・数百円から投資可能
・サービス利用料は220円(税込)/月から
SBI証券の投資信託 ・1ポイントから使える
・100円から投資可能
・手数料は0円
ネオモバのFX ・1ポイントから使える
・5円から取引可能(米ドル/円取引)
・米ドル/円の1,000通貨までスプレッド無料
・26の通貨ペア
bitFlyer ・100ポイントからビットコインに交換可能
・売買手数料は基本無料
※ウォレットアプリのクイック入金手数料は330円(税込)

Tマネーにチャージしてポイント2重取り

Tマネーはカードとモバイル両方に対応していて、Tマネー提携店だけでなく、Apple Pay対応店(iD / Mastercardコンタクトレス)でも使えます。

・利用先:ファミリーマートやTSUTAYAなど提携店、Apple Pay対応店
・ポイント還元:Tカード提示ポイント+月間利用500円(税込)につき1ポイント
・チャージ:Tポイント、一部クレジットカード、現金など

DMM株の手数料は高い!?口コミ評判はどう?【初心者おすすめ】

DMM株の手数料は高い!?口コミ評判はどう?【初心者おすすめ】-サムネイル画像


DMM証券の手数料は 業界最低水準 です。他の証券会社よりも安く、とても投資がしやすい手数料でしょう。

また25歳以下は現物株取引手数料が実質0円になる特典もあります。手数料の全額が翌月にキャッシュバックされる仕組みになっているからです。そのため25歳以下の人にとっては取引するメリットは大きいでしょう。

手数料体系①国内株式手数料

国内株式は 現物取引 と 信用取引 に分かれています。それぞれの手数料体系を見てみましょう。他社の手数料と比較することでDMM証券の手数料の安さがわかります。

約定代金DMM証券楽天証券
~5万円55円55円
~10万円88円99円
~20万円106円115円
~50万円198円275円
~100万円374円535円
~150万円440円640円
~300万円660円1013円
300万円越880円1013円
約定金額手数料
300万円以下88円
300万円超0円

手数料体系②米国株式手数料【1律無料】

DMM証券では米国株式も取り扱っています。しかも米国株式の手数料は0円です。DMM証券であれば米国株式の取引のハードルが下がるでしょう。

ただ米国株式の取り引きのおいては取引手数料がかからなくても、 為替手数料 や配当金受け取り時の 為替スプレッド がかかります。以下で確認しておきましょう。

取引手数料約定代金に関わらず一律0円
為替手数料
1ドルあたり25銭
配当金受け取り時の為替スプレッド基準為替レート-1円

大手11社ネット証券の手数料比較一覧


ネット証券にはさまざまな会社があります。それぞれの証券会社に特徴があり、その特徴を生かして取引することでこちらにも メリット があるでしょう。

以下で大手11社のネット証券の手数料・投資信託本数・IPO取り扱い実績を比較します。

証券会社名取引手数料(10万円)投資信託本数IPO取扱実績(2021年)
SBI証券0円2666本122社
楽天証券0円2654本74社
auカブコム証券0円1564本42社
GMOクリック証券0円133本1社
マネックス証券99円1252本65社
松井証券0円1612本56社
SBIネオトレード証券0円10本20社
岡三オンライン0円605本47社
DMM株88円5社
ネオモバ220円(月額)15社
LINE証券99円(現物取引)32本11社

DMM株とは【基礎知識】


DMM株とは 株式会社DMM.com証券 が運営しているネット証券のことです。DMM.com証券はDMM.comのグループ会社。総合エンタメサービスを運営するDMM.comは他にもさまざまな会社を運営しています。

DMM株の 特徴 は以下の3つです。

  • 業界低水準の手数料
  • 即日取引が可能
  • 平日24時間サポート体制

DMM株のデメリット3つ


DMM証券を利用したい時に気になるのは デメリット です。証券会社にはそれぞれ特徴があり、良い点も悪い点もそれぞれあります

  1. 投資商品が少ない
  2. つみたてNISAの取引ができない
  3. 1日の約定代金による手数料体系がない

デメリット①投資商品が少ない

DMM証券では現物株式(ETF/IPOも)・信用取引・米国株式のみ取り扱いがあります。一方、 投資信託 や金の取扱はありません。

投資をする場合、いつも 利益 が出るわけではありません。利益が出ない場合には新しい投資商品を選び、その投資商品に切り替える必要があります。その場合、投資商品が多い方が利益が出る確率が高くなります。

デメリット②つみたてNISAの取引ができない

DMM証券では つみたてNISA の取引ができません。つみたてNISAを利用したいと思っていた人にとってはDMM証券は向いていないでしょう。

つみたてNISAとは2018年1月からスタートした 小額投資非課税制度 です。毎年の非課税投資枠から得た分配金や譲渡益に税金がかかりません。非課税投資枠は最大で年間40万円。最長で20年利用することができます。

デメリット③1日の約定代金による手数料体系がない

しかしDMM証券は1回ごとの取引手数料がとても安くなっています。そのため1日に 100万円以上 の取引をする人にはとてもお得です。

DMM株のメリット5つ


DMM証券には メリット もたくさんあります。このメリットに自分の投資スタイルが合うならばぜひDMM証券を利用しましょう。

  1. 手数料が格安
  2. 取引ツールが充実
  3. サポート体制が充実
  4. DMM株ポイントが貯まる

DMM証券は手数料が業界最低水準です。手数料が格安であれば取引もしやすく、初心者でも安心でしょう。

メリット①手数料が格安

DMM証券では手数料 が 業界最低水準 です。手数料が格安なことは投資をしていく上で大きな要素となります。

約定金額手数料
5万円以下55円
5万円越~10万円以下88円
10万円越~20万円以下106円
20万円越~50万円以下198円
50万円越~100万円以下374円
100万円越~150万円以下440円
150万円越~300万円以下660円
300万円越880円

さらに25歳以下の人は手数料が実質無料になります。翌月に手数料分がキャッシュバックされるサービスがあります。そのため特に25歳以下の人にはDMM証券がおすすめです。

メリット②取引ツールが充実

DMM証券は取引ツールが充実しているのも大きな メリット です。初心者からプロまで幅広い人が利用しやすい取引ツール・アプリがあります。

メリット③サポート体制が充実

DMM証券はさまざまなサポート体制が充実しています。ネット証券は口座の開設から取引まですべてネットを介して1人で行います。その時にわからないことが聞けるのは非常に助かります。

電話で問い合わせができるのは大きな メリット です。株式の取引きなどでわからないことが出てきても相談できます。ツールの使い方がわからないこともあるでしょう。そのような時にもすぐに聞くことができます。

メリット④DMM株ポイントが貯まる

DMM証券では、国内株式の取引手数料(税抜き)の1%が DMM株ポイント として貯まります。例えば、取引手数料が600円の場合、1%に相当する6ポイントが貯まることになります。

貯まったポイントは1ポイント1円として現金に換えることができます。 現金に換えることで投資の利益に上乗せできるため、より利益を得やすくなるでしょう。

DMM株で投資を始めるならどんな人におすすめ?


DMM証券で投資をするのは以下のような人に おすすめ です。

  • お得に米国株式を取引したい人
  • 1日100万円以上の取引をする人
  • 取引管理がしやすいツールを使いたい人

【失敗しない】ネット証券を選ぶ4つの比較ポイントを解説!


初心者がネット証券を使って取引をする時に心配なのが、よくわからず証券会社を選ぶことです。不便な点が多かったり、手数料が高かったりして、証券会社選びを失敗してしまう可能性が高くなります。

そこでどのような点を踏まえてネット証券を選べば良いかを比較してみましょう。
比較するのは以下の4点です。

  1. 信頼性や安全性が高いか
  2. 手数料が格安か
  3. 投資商品数は豊富か
  4. 分析ツールや投資情報が充実しているか

比較ポイント①信頼性や安全性が高いか

ネット証券を利用する上で、 信頼性 や 安全性 が高いかは比較するための重要なポイントです。

そのためにもネット証券を比較する際はしっかりとサイトを確認して、安全性が高いと思われるネット証券を利用しましょう。

比較ポイント②手数料が格安か

どのネット証券を利用するかを考えるうえで、一番比較されやすいポイントが手数料が格安かどうか、ということです。それゆえ各ネット証券では手数料を少しでも安く、または無料で取引できる部分を設けるなど 工夫 をしています。

比較ポイント③投資商品数は豊富か

ネット証券で取り扱っている投資商品数は会社によって大きく違います。初心者がネット証券を使って投資をするなら投資商品数が豊富な所を選ぶのが良いでしょう。

投資をする上で 確実性 はありません。良い結果が出るときもあればよくない結果が出るときもあります。その時に新たな投資商品を選ぶことを考えれば、選択肢が多い方がより可能性が広がります。

比較ポイント④分析ツールや投資情報が充実しているか

初心者がネット証券を使って投資をする時は、使いやすい分析ツールがあったり、投資情報が充実しているかが 重要 です。

投資に詳しくない初心者がネット証券を使う場合、投資に対する判断をすべて自分でしなくてはなりません。その時に助けてくれるのが使いやすい分析ツールや、細かく丁寧に提供されている投資情報です。

証券口座選びでお悩みのあなたへ投資の無料相談はマネーキャリアへ!


ネット証券を利用して投資をしたい時にどの証券会社を選べばいいでしょうか。多くの証券会社を比較してもなかなか決められないこともあります。

そのような時にはぜひプロに相談してみましょう。マネーキャリアではプロが無料で相談にのってくれます。

お金のプロである FP(ファイナンシャルプランナー) に無料で何度でも相談できるのは安心です。また相談満足度93%、LINE経由で簡単に予約でき、オンライン相談にも対応しています。

ミニ株とは?|ミニ株(単元未満株)取引おすすめの証券会社を比較

ミニ株とは?|ミニ株(単元未満株)取引おすすめの証券会社を比較

また、SBI証券 や auカブコム証券 といった総合的な商品やサービスを扱うネット証券とは別に、「スマホでの取引に特化」「少額投資がメイン」「シンプルでわかりやすいサービス」を提供している ネオモバ(SBIネオモバイル証券) ・ LINE証券(ライン証券) Tポイントを使って株式投資(ネオモバ) Tポイントを使って株式投資(ネオモバ) ・ 日興フロッギー(SMBC日興証券) といったスマホ証券とよばれる証券会社があります。※参考:スマホ証券徹底比較|スマホ証券で株式投資を手軽に始めよう!

スマホ証券では、ミニ株向きの独自のサービスや手数料を展開しているのが特徴です。

ネオモバ(SBIネオモバイル証券) は月額サービスを採用しています。月50万円までの約定代金合計であれば、月額220円(税込)で何度でも取引し放題となっており、売り買いをこまめにする方には、手数料を気にせず何度でも取引できるおすすめのサービスです。 fa-hand-o-right ネオモバの詳細はこちら

日興フロッギーは、SMBC日興証券によるミニ株特化の少し変わったサービスです。
日興フロッギーでは 「業績」や「チャート」など自分で分析して株を買うのではなく、ライターや投資家による「記事」を読んでそこから株が買える というサービスを行っています。ニュースやトレンドなどから各々が分析した記事や投資コラムなどが更新されています。新聞感覚で読めて、そのまま投資もできるサービスです。 fa-hand-o-right 日興フロッギーの詳細はこちら

ネット証券会社別のミニ株・単元未満株サービスを比較

SBI証券の「S株」

SBI証券のS株

SBI証券のS株では、買い手数料がキャッシュバックされるため 買いのコストは実質0円!

SBI証券のミニ株「S株」
証券会社 SBI証券
ミニ株(単元未満株)
サービス名
S株
手数料 買手数料:0円(キャッシュバック)
売手数料:約定代金の0.55%(税込)※最低55円
NISA口座
積立サービス ×
取扱時間:約定タイミング 0:00~7:00 / 当日前場 始値
7:00~10:30 / 当日後場 始値
10:30~13:30 / 当日後場引け 終値
13:30~24:00 Tポイントを使って株式投資(ネオモバ) Tポイントを使って株式投資(ネオモバ) / 翌営業日前場 始値
銘柄 東証
ミニ株でのポイント投資 -

auカブコム証券の「プチ株」

auカブコム証券のプチ株

さらにauカブコムでは、「プレミアム積立」というプチ株を毎月積み立ていく 買付手数料無料のサービスも行っています。

auカブコム証券のミニ株「S株」
証券会社 auカブコム証券
ミニ株(単元未満株)
サービス名
プチ株
手数料 約定代金×0.55%
最低:52円
NISA口座
積立サービス
プレミアム積立(手数料無料)
取扱時間:約定時間 00:01~10:00 / 当日後場 始値
10:01~23:00 / 翌営業日前場 始値
23:01~24:00 / 翌営業日後場 始値
休日(土・日・祝祭日) / 翌営業日後場 始値
銘柄 東証・名証
ミニ株でのポイント投資
Pontaポイント(※1株の整数倍単位で利用可)

マネックス証券の「ワン株」

マネックス証券のワン株

ワン株では買手数料0円と、「ferci(フェルシー)」といった1株から買えるSNS型投資アプリを提供しているのが特徴です。

Tポイントを使って株式投資(ネオモバ)
マネックス証券のミニ株「ワン株」
証券会社 マネックス
ミニ株(単元未満株)
サービス名
ワン株
手数料 買手数料:0円
売手数料:約定代金の0.55%(税込)※最低52円
NISA口座
積立サービス ×
取扱時間:約定時間 0:00~11:30 / 当日後場 始値
17:30~24:00 / 翌営業日後場 始値
銘柄 東証・名証
ミニ株でのポイント投資 ×

岡三オンラインの「単元未満株」

Tポイントを使って株式投資(ネオモバ)
岡三オンラインのミニ株「単元未満株」
証券会社 岡三オンライン
ミニ株(単元未満株)
サービス名
単元未満株
手数料(税込) ~2万円 / 220円
~3万円 / 330円
~10万円 / 660円
以降10万円増加毎に660円ずつ増加
NISA口座
積立サービス ×
取扱時間:約定時間 16:15~21:00 / 翌営業日前場 寄値
21:00~0:00 / 翌営業日後場 寄値
0:00~10:30 / 当日後場寄値
銘柄 東証・名証
ミニ株でのポイント投資 ×

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の「S株」

SBIネオモバイル証券

ネオモバの特徴としては、月額制で取引し放題・Tポイントを使ったポイント投資ができる点です。

ネオモバはリスクを抑えた投資ができると初心者におすすめのネット証券で、ミニ株にもTポイントで買付ができるミニ株と相性の良いサービスです。

ミニ株として1株から応募・購入可能なIPO(新規公開株)「ひとかぶIPO」の取扱もあります。

SBIネオモバイル証券のミニ株「S株」
証券会社 ネオモバ
ミニ株(単元未満株)
サービス名
S株
手数料 月間の約定代金合計 / 月額サービス料
~50万円 / 220円
~300万円 / 1,100円
~500万円 / 3,300円
~1,000万円 / 5,500円 Tポイントを使って株式投資(ネオモバ)
以降100万円ごとに1,100円が加算(上限なし)
NISA口座 ×
積立サービス
取扱時間:約定時間(東証) 0:00~7:00 / 当日前場 始値
7:00~10:30 / 当日後場 始値
10:30~13:30 / 当日後場 Tポイントを使って株式投資(ネオモバ) 終値
13:30~24:00 / 翌営業日前場始値
銘柄 東証
ミニ株でのポイント投資
Tポイント

LINE証券(ライン証券)の「いちかぶ」

LINE証券の いちかぶ株取引

LINEアプリ内から お手軽に投資できる「使いやすさ」「分かりやすさ」といった点が魅力です。

Tポイントを使って株式投資(ネオモバ) Tポイントを使って株式投資(ネオモバ)

LINE証券のミニ株「いちかぶ」
証券会社 LINE証券
ミニ株(単元未満株)
サービス名
いちかぶ
手数料(スプレッド加算方式) 0.2%~1.0%
※銘柄・時間帯によって異なる
NISA口座 ×
積立サービス ×
取扱時間 日中取引: 9:00~11:20、11:30~12:20、12:30~14:50
夜間取引: 17:00~21:00
※銘柄によって異なる場合もあり
約定はリアルタイム
銘柄 LINE証券選定銘柄
ミニ株でのポイント投資
LINEポイント(1pt単位で入金)

日興フロッギー(SMBC日興証券)

日興フロッギー(SMBC日興証券)

フロッギーの特徴としては、「記事を読んで株を買う」サービスがメインとなっている点です。

企業分析はもちろん、「企業インタビュー」や「ヒット商品からみる企業の裏側」などコラム形式での記事など 新聞やブログを読んでいる雰囲気で株を買うことができます

チャートや企業業績など数字の分析が苦手な方には、おすすめな口座だと思います。

ミニ株(単元未満株)サービスのQ&A

ミニ株(単元未満株)とは何ですか?

ミニ株 ・ 単元未満株 とは各銘柄ごとに設定されている単元数以下で購入できる株のことで、少額投資を代表する「株式ミニ投資」とよばれる投資方法の一つです。

仮に株価100円、単元株数100株の銘柄の株があったとすると、最低購入金額は100円×100株=10,000円の費用が必要となりますが、ミニ株・単元未満株だと1株から購入でき、この場合は100円×1株=100円で購入ができるという事になります。少ない元手・資金からでも取引ができる少額投資といえばミニ株といえるサービスです。

ミニ株のメリット・デメリットを教えて下さい

ミニ株のメリット

  • 少額で投資ができる=コストを抑えて株知識を身につけられる
  • 少しの資金でも分散して投資ができる
  • 配当の受け取り、企業によっては1株でも株主優待がうけれる

ミニ株のデメリット

  • リアルタイムでの株式取引が出来ない、成行注文のみ
  • 少額の投資額に対して 手数料が割高になる
  • 儲け・利益(リターン)も少額
  • 購入できる銘柄が限定されている
  • 議決権がない

ミニ株は少額での投資になるので、 利益も少額になる のはデメリットというよりは 仕方のない点だと思います。

単元株(100株単位)取引と比べ 投資額に対しての手数料が割高になってしまいがちという点と、一番のデメリットとしては 多くの証券ではリアルタイムでの取引ができない事も挙げられます。SBI証券の場合だと 【7:00~10:30の間の注文は当日 後場始値】 、 【10:Tポイントを使って株式投資(ネオモバ) 30~13:30の注文は当日 後場終値】 、 【13:30~7:00の注文は翌営業日 前場始値】 での買付・売却となっていますので、注意が必要です。

上記のようにデメリットや注意点はいくつかありますが、とは言えメリットとしては少額から取引ができコストを抑えて投資知識を身につけることができるという点があります。

ミニ株の取扱があるネット証券はどこですか?

ミニ株取引おすすめの証券会社はどこですか?

ミニ株のリアルタイム約定No.1のLINE証券

LINEアプリからの投資や、とにかくわかりやすい・シンプルな取引に特化したスマホ証券の代名詞ともいえる使いやすさを提供している為、株初心者にもおすすめの証券会社です。

手数料を気にせず取引できるネオモバ

ミニ株・単元未満株のデメリットである手数料の面からみると、ネオモバ(SBIネオモバイル証券)がおすすめです。ネオモバは、他のネット証券と異なり、月額220円(税込)を支払えば、月に何度でも取引し放題というサービスを行っています。
※月間の約定合計金額50万円未満の場合

さらにネオモバではTポイントで株が購入できるので、Tポイントが余っている方にはリスクをかなり抑えての投資がはじめられるのではないでしょうか。その他にも、アプリでのミニ株自動買付、1株から応募できるIPOなど、ミニ株にかなり力を入れている口座です。 fa-hand-o-right ネオモバの詳細はこちら

詳細な企業分析ができるSBI証券

SBI証券では、「 SBI証券 株アプリ 」といった 企業分析に使いやすい・見やすいスマホアプリを提供しているため 銘柄選びにおすすめです。もちろんスマホアプリでもミニ株の売買ができるうえ、買い手数料が実質0円と ミニ株おすすめの証券会社として紹介しています。 fa-hand-o-right SBI証券の詳細はこちら

  • エンジェル投資のメリット・デメリット|株式投資型クラウドファンディングの始め方
  • Huobi Japan(フォビジャパン)の評価・口コミ&おすすめポイント
  • PTS取引のできる証券会社を徹底比較!株の 夜間取引の仕組み PTSとは?
  • セゾンコバルト・ビジネス・ アメリカン・エキスプレス®・カードの特徴・メリット|年会費無料のシンプルな法人カード
  • 証券口座を複数開設するべき? 使い分け方やおすすめの組み合わせを解説!
  • ビットコインのマイニング(採掘)とは?仕組みや始め方・やり方をわかりやすく解説
  • クラウドファンディング とは?仕組みやメリット・デメリット、種類を比較解説!
  • FXの取引時間は?相場がよく動く時間帯/動かない時間帯も解説!
  • インデックス投資とは?初心者におすすめの商品・やり方をわかりやすく解説
  • 空港ラウンジが無料のクレジットカードランキング!同伴者無料や年会費無料も!
  • インデックスファンドとは?初心者におすすめの銘柄や選び方をわかりやすく解説
  • 資産運用の種類は何がある?初心者向けにリスク/リターンを徹底比較!

【当サイトについて】
ミンカブChoice(以下、当サイト)は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下、当社)により管理、運営されています。 当サイトは金融商品等に関する情報の提供を目的とするものであり、投資および金融商品等の勧誘を目的とするものではありません。

【掲載情報について】
当サイトに掲載されている評価やランキングは、各金融機関等の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容・正確性・信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽・評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各金融機関等の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶChoice』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用・複製・販売・加工・再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる