取引プラットフォーム

損益の計算における発生主義

損益の計算における発生主義
【白色申告者の場合 収支内訳書末尾】

出典:確定申告書等の様式・手引き等(令和3年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告分)|国税庁
令和 年分収支内訳書(一般用)を加工して作成

自治体財務書類の活用を英国の実践から考える(4)英国における財務書類の活用と環境整備

会計原則はさておき、英国の自治体は安全な財政運営が義務付けられそのため、①均衡予算の要件、②財政部長の権限、③外部監査人の責任が定められています。このうち②の権限は、現金収支が期末までに赤字が見込まれる場合には財政部長は直ちにそのことを公表する義務が課されています。公表されると議会は適正な対応が求められ、外部監査人により適正と認められるまで福祉等を除いて一切の支出がストップされます。この権限による公表は1988年地方財政法第114条通知と呼ばれていますが、昨年にこの事態がある自治体(Northamptonshire County Council)で発生し住民が議会に抗議したことがニュースになりました。この問題は財務書類の活用というよりも会計収支バランスが常時にオンラインで把握できることで権限が果たせているわけです。財務書類もそうした会計制度が整備されているからこそ信頼のある情報として活用することができ厳しい執行もできるわけです。

活用は財政規律の維持と財政健全化

国は2010年まで自治体に多くの業績指標の作成を義務付けて業績評価をもとに自治体間の効率性や有効性などを競わせていました。包括的業績評価制度(CCT)は種々の指標をもとに自治体を5段階で評価して国は評価レベルに応じて優遇と懲戒を措置していました。これは現在は廃止されましたが自治体では引続き財政健全化を維持するために地方自治法(Local Government Act 2003)の要請等で安全指標(Prudential Indicator)や財政健全指標(Financial Health Indicator)を設定して公表しています。これらはわが国の自治体財政健全化法と同じように、起債の限度額等に関連した指標で資産・負債額をもとに算定されるものも含まれているため財務書類の情報が必要となります。財政健全指標には流動資産に対する流動負債の比率(年1~3倍以内)や純経常予算に対する積立金の比率(年2%以上)などがあります。ここで比率として計算される財務書類からの数値は以前にも述べましたように、CIPFAが毎年公表している会計実務規範等に準拠して作成されますのでわが国の健全化判断比率のように法定化されたものと同じです。ただしこれらの指標については起債制限等の判断基準は設けられていませんが、比率が悪化して財政規律を危うくすると外部監査人が評価すればその旨指摘されますので実質的には財政健全化は保たれることになります。英国の地方財政も財政健全化が法律等で義務付けられ期中を含めてフローとストックでチェックする仕組みが備えられています。

本年中における特殊事情の効果的な書き方は?

IMG_7986-1.jpg

個人事業の内容は洋食店(イタリアン)です。
近隣にオーガニック野菜をメインとする料理店が出店したため、当店も対抗すべく、無農薬野菜の使用を積極的に進めました。
そうしたところ、売上は何とか昨年と同程度を維持しましたが、無農薬野菜を使用したことにより原価率が昨年の約30%から屋kう40%へと上昇してしまいました。
来年度以降は、原価率の低い飲料(ワイン)の取扱いを増やし、利益の確保に努める予定です。

このような記載があれば、税務署も、
「なるほど。原価率の上昇は、経費を水増ししているのではなく、そのような事情があったためなのか。」
と、理解してくれる(かも)しれません。

(3)不動産賃貸業で多額の修繕費が発生した場合

高額な修繕費が発生した場合、税務署は、
「その修繕費によって、建物を使える年数が伸びたでしょう。だから、その修繕費は今年だけの経費とせず、数年間~数十年間で経費にしてください(減価償却してください)」
と、言ってくるかもしれません。

そのため、その年分の不動産所得の確定申告書は赤字となりました。
これは目立ちます。
というのも、 不動産賃貸業では、基本的には赤字になることはないから です。

東北大震災により建物全体(特に廊下等の共用部と外壁)に多数のヒビが入り、近隣の工事業者に依頼して、合計金額12,345,678円の修繕工事を行いました。
当該工事は、あくまで、震災からの原状復帰を目的としたものとなり、建物自体の価値増加部分はないと考えます。
なお、当該判断は、所得税法基本通達37-12、37-12の2、37-13及び過去の裁決例等を参考にしましたことを申し添えます。

「本年中における特殊事情」を積極的に利用しましょう!

ですが、税金を厳しく取り立てる税務署が、わざわざこのような欄を作ってくれているのです。
ですから、 やましいことがないのであれば、どんどん書いて、税務署に積極的に説明していきましょう。 。

お客様に、このことをお伝えすると、ほとんどの場合、
「そこまでやってくださって、ありがとうございます」
と、感謝のお言葉を頂きます。

ERPにおける会計

accounting_in_erp

例えば、財務管理のモジュールとしてFI(Financial Accounting)、管理会計のモジュールとして CO(Controlling)があります。また、在庫購買管理のモジュールMM(Material Management)、生産管理モジュールPP(Production Planning and Control)、そして販売管理モジュールSD(Sales and Distribution)などがあります。

SAP社の次世代ERPである「SAP S/4HANA」で提供されている財務管理ソリューション「SAP S/4HANA Finance(旧 SAP Simple 損益の計算における発生主義 Finance)」は、ユニバーサルジャーナルと呼ばれる新たな統合明細テーブルが用意されました。これにより、これまで複数の帳簿(テーブル)があることで生じていた冗長性を無くし、作業時間の短縮化とパフォーマンスが向上を実現しています。さらに、これまでモジュール間でバラバラだった分析の粒度や項目、データ更新タイミングが、ユニバーサルジャーナルに統合されることにより、複数モジュールをまたがって行う分析がより使いやすくなっています。これは、インメモリデータベースを利用した統合型ERPパッケージであるSAP S/4HANAのメリットといえます。

また、「SAP S/4HANA Finance」における資金管理領域でも、銀行口座残高や為替エクスポージャーをリアルタイムで可視化する機能や豊富な資金計画機能が利用できるほか、グループ経営管理基盤の構築に向けた新しいアプローチであるセントラルファイナンスなど、単なる会計システムではなく、グループ経営管理基盤として活用するための機能が搭載されています。例えば、ローカル決算とグループ決算を組み合わせる連結機能によって、グループレベルの財務レポート作成スピードや精度、またグループ全体での透明性を改善することができます。

グローバル化に伴う会計課題

こうした課題を解決するのに有効なのが、SAP社が提供する財務管理ソリューション「SAP S/4HANA Finance(旧 SAP Simple Finance)」をはじめとする、ERPシステムの会計ソリューションです。

グローバル時代における会計対応とは

SAP社は、IFRS対応をサポートするためのテンプレート「IFRS Starter 損益の計算における発生主義 Kit」を提供しています。これを利用することで、データ収集から連結処理、レポーティングまでを迅速に行うことが可能です。また同様に、収益管理ソリューションである「SAP Revenue Accounting and Reporting」は、IFRSを含む複数の会計基準に対応しており、日本会計基準や米国会計基準から、IFRSへの移行を円滑に実現することが可能です。

そして、SAP社の連結会計ソリューションである「SAP Financial Consolidation」には、複数の会計基準の連結を実現するための機能が備わっており、連結の範囲やルール、適用する勘定体型などを任意に組み合わせることができ、複雑化する会計処理を一つのシステム基盤で実現することが可能です。財務会計を含む経営情報をリアルタイムに一元管理する、という観点では、世界各地に展開する全拠点を一つの組織とみなし、一つのERPシステムで管理する形が有効です。

年収300万円の個人事業主の手取りはいくら?税金計算や確定申告での節税方法も解説

年収300万円の個人事業主の手取りはいくら?税金計算や確定申告での節税方法も解説

青色申告決算書(一般用)青色申告特別控除前の所得金額

【青色申告者の場合 損益計算書】

収支内訳書(一般用)専従者控除後の所得金額

【白色申告者の場合 収支内訳書末尾】 損益の計算における発生主義

出典:確定申告書等の様式・手引き等(令和3年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告分)|国税庁
令和 年分収支内訳書(一般用)を加工して作成

  • 売上高 1,000万円 / 必要経費 700万円
  • 売上高 350万円 / 必要経費 50万円

上記の前提に基づいた年収300万円の青色申告者、白色申告者の手取り額は次のようになります。

損益の計算における発生主義
比較項目 青色申告 白色申告 備考
年収 300万円 300万円
※控除額 65万円 0円 青色申告特別控除額は
最高額を控除するものと仮定
※基礎控除 48万円 48万円 所得税における基礎控除額
年金保険料 20万円 20万円 月額16,590円×12ヶ月
健康保険料 24万円 30万円 東京都世田谷区の保険料にて暫定計算
所得税 7万円 10万円 青色:課税所得143万円
白色:課税所得202万円
住民税 15万円21万円 青色:課税所得148万円
白色:課税所得207万円
均等割5,000円、税率10%で計算
差引手取額 約234万円 約219万円 約15万円差となる

年収300万円の個人事業主が支払う税金の種類・計算方法は?

個人事業主の所得税

確定申告書では所得税を計算します。 所得税は国に納める国税で、所得税の計算の大まかな流れは次のとおりです。

  1. 帳簿から損益計算書(白色の場合は収支内訳書)を作成する
  2. 損益の計算における発生主義
  3. 確定申告書に収入、所得を記載する
  4. 所得控除を計算する
  5. 2.損益の計算における発生主義 の所得から3.の所得控除の合計を差し引きし、課税所得を求める
  6. 課税所得に税率を掛け、所得税額を求める がある場合には差し引きをする

個人事業主の住民税

住民税は地方税であり、都道府県民税と市区町村民税の総称です。徴収の目的は、地域における公共サービスのためとされます。住民税は、所得金額にかかわらず負担がある均等割と、所得金額に応じて課税される所得割から構成されます。

住民税の計算の大まかな流れは次のとおりです。

  1. 所得税の計算における合計所得金額から所得控除を差し引き、課税所得を求める
  2. 1.の課税所得に税率を掛けて所得割の計算をする(税率は一律10%)
  3. 税額控除がある場合には2)の所得割額から差し引き
  4. 3.の差引後の税額に均等割額を加算する
    通常は5,000円(市町村民税3,500円と道府県民税1,500円)

個人事業主のその他の税金

個人事業税

個人事業主には、 地方税法等で定められた事業に対して個人事業税という地方税がかかります。 年収300万円の個人事業主については、個人事業税の計算過程で所得から差し引ける事業主控除が290万円あるため、さらに基礎控除があることを勘案すると課税の対象とはなりません。

基準期間の課税売上高が1,000万円以上になれば、消費税の申告納税が必要です。 消費税は原則として、顧客などから受けた消費税から自分が払った消費税を引いた差額を納付します。

その他の税金

事業において不動産を登記する場合には、登録免許税がかかります。 損益の計算における発生主義 事業に供している固定資産があれば、固定資産税や償却資産税が課せられます。
事業用の車両などには自動車税がかかりますし、書面で契約書など課税文書を取り扱えば印税がかかります。

年収300万円の個人事業主の手取りはいくら?税金計算や確定申告での節税方法も解説

年収300万円の個人事業主の手取りはいくら?税金計算や確定申告での節税方法も解説

青色申告決算書(一般用)青色申告特別控除前の所得金額

【青色申告者の場合 損益計算書】

収支内訳書(一般用)専従者控除後の所得金額

【白色申告者の場合 収支内訳書末尾】

出典:確定申告書等の様式・手引き等(令和3年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告分)|国税庁
令和 年分収支内訳書(一般用)を加工して作成

  • 売上高 1,000万円 / 必要経費 700万円
  • 売上高 350万円 / 必要経費 50万円

上記の前提に基づいた年収300万円の青色申告者、白色申告者の手取り額は次のようになります。

損益の計算における発生主義
比較項目 青色申告 白色申告 備考
年収 300万円 300万円
※控除額 65万円 0円 青色申告特別控除額は
最高額を控除するものと仮定
※基礎控除 48万円 48万円 所得税における基礎控除額
年金保険料 20万円 20万円 月額16,590円×12ヶ月
健康保険料 24万円 30万円 東京都世田谷区の保険料にて暫定計算
所得税 7万円10万円 青色:課税所得143万円
白色:課税所得202万円
住民税 15万円 21万円 青色:課税所得148万円
白色:課税所得207万円
均等割5,000円、税率10%で計算
差引手取額 約234万円 約219万円 約15万円差となる

年収300万円の個人事業主が支払う税金の種類・計算方法は?

個人事業主の所得税

確定申告書では所得税を計算します。 所得税は国に納める国税で、所得税の計算の大まかな流れは次のとおりです。

  1. 帳簿から損益計算書(白色の場合は収支内訳書)を作成する
  2. 確定申告書に収入、所得を記載する
  3. 所得控除を計算する
  4. 2.の所得から3.の所得控除の合計を差し引きし、課税所得を求める
  5. 課税所得に税率を掛け、所得税額を求める がある場合には差し引きをする

個人事業主の住民税

住民税は地方税であり、都道府県民税と市区町村民税の総称です。徴収の目的は、地域における公共サービスのためとされます。住民税は、所得金額にかかわらず負担がある均等割と、所得金額に応じて課税される所得割から構成されます。

住民税の計算の大まかな流れは次のとおりです。

  1. 所得税の計算における合計所得金額から所得控除を差し引き、課税所得を求める
  2. 1.の課税所得に税率を掛けて所得割の計算をする(税率は一律10%)
  3. 税額控除がある場合には2)の所得割額から差し引き
  4. 3.の差引後の税額に均等割額を加算する
    通常は5,損益の計算における発生主義 000円(市町村民税3,500円と道府県民税1,500円)

個人事業主のその他の税金

個人事業税

個人事業主には、 地方税法等で定められた事業に対して個人事業税という地方税がかかります。 年収300万円の個人事業主については、個人事業税の計算過程で所得から差し引ける事業主控除が290万円あるため、さらに基礎控除があることを勘案すると課税の対象とはなりません。

基準期間の課税売上高が1,000万円以上になれば、消費税の申告納税が必要です。 消費税は原則として、顧客などから受けた消費税から自分が払った消費税を引いた差額を納付します。

その他の税金

事業において不動産を登記する場合には、登録免許税がかかります。 事業に供している固定資産があれば、固定資産税や償却資産税が課せられます。
事業用の車両などには自動車税がかかりますし、書面で契約書など課税文書を取り扱えば印税がかかります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる