FX初心者向け

ビットコインはどこで買うべき

ビットコインはどこで買うべき
Bitcoin gold coin and defocused chart background. Virtual cryptocurrency concept.

ビットコイン/仮想通貨はどこで買うべき?おすすめ取引所を紹介

ビットコイン/仮想通貨はどこで買うべき?おすすめ取引所を紹介

Bitcoin gold coin and defocused chart ビットコインはどこで買うべき background. Virtual cryptocurrency concept.

2017年から日本を始め、世界中で大きな話題となり、価格は10万円から240万円へと大きく上昇。 コロナショックの影響で2020年春には30万円台へと低迷するも2021年4月には700万円台へと急騰 しました。

乱高下は激しいけれど、上昇し続けるビットコインを見て投資に関心を持った人も多いのではないでしょうか。

とにかく早くビットコインを買いたい

このページを読んでいる人のなかには、ビットコインを小額から安い手数料で買うことができる取引所を教えてくれれば良いという人がいるのではないでしょうか。

そういった場合は、GMOコインかbitFlyer(ビットフライヤー)に口座開設を行いましょう。

「かんたん本人確認」というサービスを利用すれば、口座開設の際の郵送物の受け取りが不要となります。そのため、 最短で口座開設の申し込み10分後に取引を開始 することができるそうです。また24時間いつでも申し込みを受け付けており、たとえ夜の22時でも深夜3時に口座開設を行っても、直ぐに取引ができるというのは魅力的ではないでしょうか。

GMOコインかんたん本人確認

販売所取引のためスプレッドがありますが、今なら口座開設キャンペーンで2000円がもらえるキャンペーンを開催(2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分まで)しているDMM Bitcoinもおすすめです。

ビットコインはどこで買うべき?おすすめ取引所10社厳選!手数料から取扱通貨数まで

BTC.jpeg

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

コインチェックの安全性、セキュリティ

コインチェックでは安全性を高めるため、以下のような対策を行っています。
・利用者の資産分別管理
・財務情報の開示
・コンプライアンス体制の見直し

また、セキュリティ面においても、以下のような取り組みを行っています。
・マルチシグの実施
・コールドウォレットの導入
・SSLの利用
・ログイン時の二段階認証実施

2位:取り扱う暗号資産の種類がビットコインを含めて15種類「DMM Bitcoin」

DMM Bitcoin

ビットコインはどこで買うべき ビットコインはどこで買うべき ビットコインはどこで買うべき
DMM Bitcoinの概要
取引通貨数15種類
販売所手数料 無料
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

DMM Bitcoinは、ビットコインを含め15種類もの通貨が取引可能です。取引可能銘柄数でも国内事業者では4位にランクインしています。

入出金手数料や取引に必要な手数料も無料です。取引時の手数料は暗号資産取引所の中でも安いです。

DMM ビットコインはどこで買うべき Bitcoinの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・ステラルーメン(XLM)
・イーサクラシック(ETC)
・ベーシックアテンショントークン(BAT) ビットコインはどこで買うべき
・クアンタム(QTUM)
・オーエムジー(OMG)
・モナコイン(MONA)
・ネム(XEM)
・シンボル(XYM)

DMM Bitcoinの安全性、セキュリティ

・オフラインウォレットでの顧客資産管理
・顧客資産と会社資産の分別
・2段階認証と生体認証の導入
・不正アクセスへの監視
・マルチシグネチャ対応
・SSL暗号化通信

3位:取引所・販売所どちらも対応「bitFlyer(ビットフライヤー)」

bitFlyer

ビットコインはどこで買うべき
bitFlyerの概要
取引通貨数 14種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.ビットコインはどこで買うべき ビットコインはどこで買うべき 01~0.15%
入金手数料 0円~330円
出金手数料 220円~770円

bitFlyerはビットコイン取引量が6年連続国内No.1(※)の暗号資産取引所です。ビットコインの取引量だけに絞るなら優れた取引所と言えます。

販売所方式と取引所方式のどちらでも取引できる点がbitFlyerの特徴です。また、2倍のレバレッジで取引できます。トレードスタイルに応じて使えるため、取引口座を開設しておいて損はありません。

bitFlyerの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・ステラルーメン(XLM)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LINK)

bitFlyerの安全性、セキュリティ

引用元:bitFlyer

・SSL暗号化通信 ビットコインはどこで買うべき
・SHA-2(SHA-256)の採用
・FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
・パスワードの強度チェック
・アカウントロック機能
・マルチシグネチャ
・コールドウォレット
・顧客資産との分別管理
・ウイルスチェックとハッキングテスト

取引所取引と販売所取引の違いとは?

syougaku

4位:高い安全性を誇る「GMOコイン」

GMOコイン

GMOコインの概要
取引通貨数 14種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.01%
Taker 0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

GMOコインの親会社は一部上場企業でもある「GMOインターネットグループ」で、証券会社やFX取引などの事業を行っています。2倍のレバレッジがかけられる点もGMOコインの特徴です。

GMOコインの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・エンジンコイン(ENJ) ビットコインはどこで買うべき
・テゾス(XTZ)
・オーエムジー(OMG)
・ポルカドット(DOT)
・コスモス(ATOM)
・シンボル(XYM)

GMOコインの安全性、セキュリティ

・利用者から預けられた資産の分別管理
・マルチシグの対応
・システム内への不正侵入対策
・アカウントの乗っ取り対策

5位:3通貨に絞ったハイレベルな取引所「SBI VCトレード」

SBI VCトレード

SBI VCトレードの概要
取引通貨数 5種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 50円~250円

取引にかかる手数料は安いため、まずはビットコインへの投資を始めたい人にはおすすめです。

SBI VCトレードの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・リンク(LINK)
・ポルカドット(DOT)

SBI VCの安全性、セキュリティ

・内部犯行対策
・サイバー攻撃対策
・ログイン時以外の二要素認証(暗号資産出庫時など)
・デバイス認証
・暗号資産に対する盗難対策
・資産分別管理

6位:圧倒的な流動性を誇るグローバル展開の取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」

Liquid by Quoine

Liquid by ビットコインはどこで買うべき Quoineの概要
取引通貨数 5種類
販売所手数料
取引所手数料 BTC/JPYのみ無料
入金手数料 無料
出金手数料 日本円:700円

Liquid by Quoineはセキュリティ体制を万全にすべく、お客さまの資産をすべてコールドウォレットで管理している暗号資産取引所です。インターネットに接続されていない場所で金融資産を保管するため、ハッキングリスクがありません。

Liquid by Quoineの取り扱い通貨

Liquid by Quoineの取り扱い仮想通貨は以下の4種類です。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・キャッシュ(QASH)

利用できる種類は少ないものの、キャッシュといったLiquid by Quoine独自の通貨も取引できるので、暗号通貨上級者のかたでも満足できます。

Liquid by Quoineの安全性、セキュリティ

Liquid by Quoineのセキュリティ対策には、

・2段階認証の実施
・パスワードリセットプロセスの強化
・クーリングピリオド
・IPホワイトリストの登録
・DNSセキュリティの実装
・Hawk認証プロトコルを用いたセキュリティの強化
・24時間監視体制のLiquid取引所

顧客資産の管理を全てコールドウォレットで管理している、というのもLiquid by Quoineの特徴です。そのため、万が一不正操作が行われた場合でも、暗号資産の安全性が保たれています。

7位:日本発として人気のモナコイン(MONA)を購入できる「ビットバンク」

bitbank

ビットバンクの概要
取引通貨数 15種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.02%
Taker 0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 550円/770円

業界最狭クラスのスプレッドもbitbankの強みです。頻繁にトレードをしたい人にとって、実質的な取引手数料であるスプレッドの安さは大きな魅力と言えます。

ビットバンクの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・モナコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCC)
・ステラルーメン(XLM) ビットコインはどこで買うべき
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムージー(OMG)
・シンボル(XYM)
・チェーンリンク(LINK)
・メイカー(MKR)
・ボバネットワーク(BOBA)
・エンジンコイン(ENJ)

ビットバンクの安全性、セキュリティ

・分散された鍵管理でのホットウォレット採用
・完全なオフライン環境によるコールドウォレットの導入
・バグバウンティプログラムの導入

8位:情報セキュリティ格付「A(シングルエー)」取得で安心セキュリティ―「ビットポイント」

BITPOINT

ビットポイントの概要
取引通貨数 8種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.02%
Taker 0.12%
入金手数料 無料
出金手数料 日本円:550円~770円
BTC:0.0006 BTC

現物投資やレバレッジのほか、積立投資やレンディングなどにも対応しているのがBITPOINTの特徴です。さまざまな投資手法を考えている人におすすめします。

ビットポイントの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH) ビットコインはどこで買うべき
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX) ビットコインはどこで買うべき
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)

ビットポイントの安全性、セキュリティ

・情報セキュリティポリシーの策定
・ログイン時における二段階認証の導入
・独自のアルゴリズムに基づいたホットウォレットの管理
・24時間の監視体制
・サイバー攻撃に対する出入口対策
・定期的な外部システム監査

初めてのビットコイン 最初の取引所を選ぶならこの基準

●アプリの使いやすさはどうか?
●手数料(スプレッド含む)は安いか?
●セキュリティに問題はないか?
●フォロー体制はどうか?

ビットコイン(仮想通貨)の買い方・始め方!どこで買うべき?

TWITTER HATENA FACEBOOK

P2Pネットワークの説明イラスト

日本円や米ドルなど法定通貨は中央銀行や国が、クレジットカードなどは金融機関が、責任者となって管理してきました。 ビットコインはそのような管理主体がありません。 通常金融機関などは中央集権システムといって、メインコンピューターで管理をしますが、ビットコインではP2Pネットワーク※と呼ばれる分散型ネットワークを使います。 金融機関による仲介を不要とし、相手方との直接的なやりとりを可能にします。ネット環境さえあれば24時間365日どこにいても送金することが出来ます。

ビットコインは取引記録をすべて開示しているため、不正な二重使用ができないようになっています。 取引記録はすべて匿名なので個人情報が洩れることはありません。しかしどのアカウントがいくら取引したという記録は全て公開され、これまでの膨大な取引記録はすべて「ブロックチェーン」によって保存されています。 もっと詳細に仕組みを知りたい方は「ビットコインの仕組みとは!システムをわかりやすく図解」こちらの特集記事をご覧ください。

ビットコインが値上がりする理由

ビットコインは金と同じように埋蔵量(2100万BTC)が決まっており、金や銀のように限りがあります。 そのため資産防衛をする手段の為に、投資機関や大手企業(ペイパル、テスラ)そして著名人がビットコインに参入し始めました。 とくに保険や年金マネーを運用する業界(運用規模5,000兆円)がビットコインを投資し始めたことにより、かつてない規模で資金流入が加速しているのです。 また、ビットコインはまだまだ課題はありますが将来決済通貨として利用されるときがくると見込まれています。 以上の事から多くのアナリストや機関投資家のレポートによれば、ビットコインの将来の価格が1000万円という予想もあれば2000万円を超えるという予想もあるほどです。

ビットコイン(仮想通貨)の買い方・始め方!どこで買うべき?

TWITTER HATENA FACEBOOK

P2Pネットワークの説明イラスト

日本円や米ドルなど法定通貨は中央銀行や国が、クレジットカードなどは金融機関が、責任者となって管理してきました。 ビットコインはそのような管理主体がありません。 通常金融機関などは中央集権システムといって、メインコンピューターで管理をしますが、ビットコインではP2Pネットワーク※と呼ばれる分散型ネットワークを使います。 金融機関による仲介を不要とし、相手方との直接的なやりとりを可能にします。ネット環境さえあれば24時間365日どこにいても送金することが出来ます。

ビットコインは取引記録をすべて開示しているため、不正な二重使用ができないようになっています。 取引記録はすべて匿名なので個人情報が洩れることはありません。しかしどのアカウントがいくら取引したという記録は全て公開され、これまでの膨大な取引記録はすべて「ブロックチェーン」によって保存されています。 もっと詳細に仕組みを知りたい方は「ビットコインの仕組みとは!システムをわかりやすく図解」こちらの特集記事をご覧ください。

ビットコインが値上がりする理由

ビットコインは金と同じように埋蔵量(2100万BTC)が決まっており、金や銀のように限りがあります。 そのため資産防衛をする手段の為に、投資機関や大手企業(ペイパル、テスラ)そして著名人がビットコインに参入し始めました。 とくに保険や年金マネーを運用する業界(運用規模5,000兆円)がビットコインを投資し始めたことにより、かつてない規模で資金流入が加速しているのです。 また、ビットコインはまだまだ課題はありますが将来決済通貨として利用されるときがくると見込まれています。 以上の事から多くのアナリストや機関投資家のレポートによれば、ビットコインの将来の価格が1000万円という予想もあれば2000万円を超えるという予想もあるほどです。

ビットコインはどこで買うべき?実際に使っている国内取引所レポ おすすめ3選

昔と違って、今やスマホがあれば簡単に口座開設ができます。

  • スマホ
  • 身分証明書(免許書やマイナンバーカード)

ビットコインはどこで買うべき?実際に使っている国内取引所

  • CoinCheck(コインチェック)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • GMOコイン
  • 楽天ウォレット

初めてビットコインを買うならCoinCheck(コインチェック)【初心者にオススメ】

Coincheck(コインチェック)

  • 16種類の仮想通貨を取扱い【国内最大級】
  • 初心者でもスマホアプリから簡単取引
  • PCでの取り引き機能も充実
  • 東証一部上場のマネックスグループ傘下
  • ビットコイン毎日積み立て
  • 貸ビットコイン(レンディング)で利子をもらう

ビットコイン毎日積み立て

貸ビットコイン(レンディング)で利子をもらう

FXするならbitFlyer(ビットフライヤー)【中級者にオススメ】

bitFlyer(ビットフライヤー) ビットコインはどこで買うべき

  • ビットコイン取引量国内No1
  • 各種ポイントをビットコインに交換できる
  • FX取り引き可能
  • 各種ポイントをビットコインに交換できる
  • bitFlyer(ビットフライヤー)経由でビットコインがもらえる
  • 積み立ても可能(スマホのみ)

各種ポイントをビットコインに交換できる

bitFlyer(ビットフライヤー)経由でビットコインがもらえる

  • 楽天
  • Yahoo! ショッピング

積み立ても可能(スマホのみ)

海外送金するならGMOコイン【上級者向け】

GMOコイン

  • 申込みから最短10分でお取引開始
  • 送金手数料無料
  • FX取り引き可能
  • ステーキング
  • リアルタイム入金が可能
  • 送金手数料無料

番外 ビットコインはどこで買うべき 楽天ウォレット

  • スプレット高い
  • 送金手数料高い

ビットコインはどこで買うべき?実際に使っている国内取引所レポ おすすめ3選 まとめ

  • CoinCheck(コインチェック)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • GMOコイン

投信カード積み立て毎月50,000 / SPYD毎日積み立て1,000株達成 / トラリピ100万運用中 / 楽天ポイント投資&コインチェックでビットコイン毎日積み立て / BinanceでBNB / bybitでBTC / 月不労所得現在12万円 /

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる