トレーディング手法

新たなレンジの形成へ

新たなレンジの形成へ

一つの細胞が異なるエクソソームを分泌する分子機構の発見〜新たながん治療薬開発への応用に期待〜

image: Secretion of exosomes and their role in cell-to-cell communication. Intraluminal vesicles within the MVB (green circles) are released as exosomes to the extracellular space, 新たなレンジの形成へ and the released exosomes affect surrounding cells. view more

Credit: Tohoku University

Journal

Disclaimer: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or 新たなレンジの形成へ for the use of any information through the EurekAlert system.

Media Contact

More on this News Release

一つの細胞が異なるエクソソームを分泌する分子機構の発見〜新たながん治療薬開発への応用に期待〜

Journal EMBO Reports Funder Grant-in-Aid for Young Scientists from the Ministry of Education, Science and Technology (MEXT) of Japan( grant number 20K15786)The Kao Foundation for Arts and SciencesGrant-in-Aid for Scientific Research(B) from the MEXT (grant numb, Culture, Sports DOI 10.15252/embr.202051475

BtoBマーケティング企画・実行支援の株式会社猿人、47都道府県で分散型ディレクターネットワークを形成する「ENJIN 新たなレンジの形成へ 新たなレンジの形成へ 47 Project」始動

BtoBマーケティングの企画・実行支援を手がける株式会社猿人(東京都港区、代表取締役社長:宇野 浩二)は、多様化する業務依頼に的確かつ柔軟に対応するため、高度な知見を有するディレクター人財を、47都道府県の全ての地域から採用するプロジェクト「ENJIN 47 Project : 進化する細胞分裂」を本日から開始します。
採用者は、テレワークを活用しながら、地方在住のままで東京の仕事をディレクションするとともに、高度なスキルやコミュニケーション能力の獲得も可能となります。さらに本プロジェクトを推進することで、将来的に地方自治体とも連携しながら少子高齢化、新たなビジネスの創出などさまざまな地域課題の解決も目指します。

ENJIN 47 Project : 猿人の全国への細胞分裂
当社はこれまで、『あなたの「丸投げ」、受け止めます』をモットーに高度なカスタマイズと高い柔軟性を活かしたBtoBマーケティング支援を展開し、業容を拡大してきました。新型コロナ禍においては、働き方のテレワークシフトとともに、多くのBtoBマーケティング施策がオンライン化・ハイブリッド化しました。そのような状況の中、サービスをディレクションする供給側もオンライン型にトランスフォームし、全国47都道府県の至るところから分散的かつ有機的なサービス提供ができる体制を構築することが、本プロジェクトの狙いとなります。これにより、従来からのクライアント支援業務の提供価値の高度化に加え、移住者への雇用創出、さらにこれらの人財ネットワークを活用した新たな地域活性化活動など、地域への貢献を推進してまいります。

新たな就労環境の創出による全国からの人財獲得を目指す「ENJIN 47 Project」のスタートに際し、代表取締役社長の宇野浩二は次のように抱負を語っています。「当社も社会環境の変化に応じて体制をトランスフォームし、東京近郊の人財に限らず日本全国の人財とともにサービス提供ができる分散型の組織作りが求められています。生活拠点は地方に置きつつも東京の会社で働きたい方、将来的にプロモーションの切り口から地元を盛り上げるためにスキルを磨きたい方、IターンやUターンによる移住者で、都市部と地方に生活拠点を持ち、拠点間を自由に行き来する複数拠点ワーカーなどの優秀な人財を仲間に加え、クライアントにより高いバリューを提供できれば、サステナブルな経営が実現できると期待しています。今回のプロジェクトを通して地方の活性化そして日本経済の活性化に貢献できればうれしいです」。

「ENJIN 47 project : 進化する細胞分裂」の概要について 新たなレンジの形成へ
特設サイト:
https://recruit.ape-man.jp/47project

◆対象
UIターン移住者、複数拠点ワーカー、地方在住者を対象に、イベントマーケティングやデジタルマーケティング、パブリックリレーションズ(PR)、キャンペーンプロモーションなど、様々な分野で活躍する人財を募集します。

◆募集スケジュール
本プログラムは1シーズンを4カ月サイクルとし、1シーズン毎に異なる地域ブロックから1名ずつ4名を採用予定。第1期募集から第3期募集までのスケジュールは下記の通りです。

第1期募集
募集期間:2022年6月15日~7月15日
選考期間:2022年7月18日~8月19日
入社予定:2022年9月1日

第2期募集
募集期間:2022年9月1日~11月4日
選考期間:2022年11月7日~12月9日
入社予定:2023年1月1日

第3期募集
募集期間:2023年1月9日~2月28日
選考期間:2023年3月1日~4月7日
入社予定:2023年5月1日

◆地域ブロック

1. 北海道/東北ブロック
北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県

2. 関東ブロック
東京都(23区外)、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県

3. 中部/近畿ブロック
静岡県、山梨県、長野県、新潟県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、愛知県、滋賀県、三重県、
奈良県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県

4. 中国/四国/九州/沖縄ブロック
鳥取県、岡山県、島根県、広島県、山口県、香川県、徳島県、高知県、愛媛県、
福岡県、大分県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

お問い合わせ、079-439-6517 営業時間:木、金、土、日10:00~16:30

コンセプト

兵庫県高砂市で古来より産出する竜山石(たつやまいし)の
新たなステージを20年ほど前から制作しています。
皆様の概念を吹っ飛ばすくらいの石肌なんです!

形成の特殊なことから薄造り、
レンジ対応、漆塗布など可能性いっぱい。
天然素材の良い場所を選び抜き、
一つ一つ手作りで仕上げています。

制作者

採掘場

竜山石とは

古来より良い気を求める所に使用されてきました。
竜山石(宝殿石)とは兵庫県高砂市で約1700年前より産出している石です。石の分類では「ハイアロクラスタイト」といい、限られた地域でのみ形成され、硬度・粘度に優れています。
約一億年前の白亜紀にカルデラ湖底にてマグマが爆発し湖底にあった凝灰岩・流紋岩が破壊溶解され、再凝固したものです。

竜山石には全部で3色あり、青(青竜石)、黄(黄竜石)、赤(赤竜石)です。中でも赤色は産出量が少なく、貴重です。
石の柔らかな色合いとなめらかな手触り、水分をふくんだ時の色のふかまり、手にとったときの触感の変化がわかります。
これも宝殿石の粘り・きめ細かさ・保水放水・石肌のなめらかさがあるからです。
微細な多孔性の石が、人の心に安堵感を伝えると私共は思います。

BtoBマーケティング企画・実行支援の株式会社猿人、47都道府県で分散型ディレクターネットワークを形成する「ENJIN 47 Project」始動

BtoBマーケティングの企画・実行支援を手がける株式会社猿人(東京都港区、代表取締役社長:宇野 浩二)は、多様化する業務依頼に的確かつ柔軟に対応するため、高度な知見を有するディレクター人財を、47都道府県の全ての地域から採用するプロジェクト「ENJIN 47 Project : 進化する細胞分裂」を本日から開始します。
採用者は、テレワークを活用しながら、地方在住のままで東京の仕事をディレクションするとともに、高度なスキルやコミュニケーション能力の獲得も可能となります。さらに本プロジェクトを推進することで、将来的に地方自治体とも連携しながら少子高齢化、新たなビジネスの創出などさまざまな地域課題の解決も目指します。

ENJIN 47 Project : 猿人の全国への細胞分裂
当社はこれまで、『あなたの「丸投げ」、受け止めます』をモットーに高度なカスタマイズと高い柔軟性を活かしたBtoBマーケティング支援を展開し、業容を拡大してきました。新型コロナ禍においては、働き方のテレワークシフトとともに、多くのBtoBマーケティング施策がオンライン化・ハイブリッド化しました。そのような状況の中、サービスをディレクションする供給側もオンライン型にトランスフォームし、全国47都道府県の至るところから分散的かつ有機的なサービス提供ができる体制を構築することが、本プロジェクトの狙いとなります。これにより、従来からのクライアント支援業務の提供価値の高度化に加え、移住者への雇用創出、さらにこれらの人財ネットワークを活用した新たな地域活性化活動など、地域への貢献を推進してまいります。

新たな就労環境の創出による全国からの人財獲得を目指す「ENJIN 47 Project」のスタートに際し、代表取締役社長の宇野浩二は次のように抱負を語っています。「当社も社会環境の変化に応じて体制をトランスフォームし、東京近郊の人財に限らず日本全国の人財とともにサービス提供ができる分散型の組織作りが求められています。生活拠点は地方に置きつつも東京の会社で働きたい方、将来的にプロモーションの切り口から地元を盛り上げるためにスキルを磨きたい方、IターンやUターンによる移住者で、都市部と地方に生活拠点を持ち、拠点間を自由に行き来する複数拠点ワーカーなどの優秀な人財を仲間に加え、クライアントにより高いバリューを提供できれば、サステナブルな経営が実現できると期待しています。今回のプロジェクトを通して地方の活性化そして日本経済の活性化に貢献できればうれしいです」。

「ENJIN 47 project : 進化する細胞分裂」の概要について
特設サイト:
https://recruit.ape-man.jp/47project

◆対象
UIターン移住者、複数拠点ワーカー、地方在住者を対象に、イベントマーケティングやデジタルマーケティング、パブリックリレーションズ(PR)、キャンペーンプロモーションなど、様々な分野で活躍する人財を募集します。

◆募集スケジュール
本プログラムは1シーズンを4カ月サイクルとし、1シーズン毎に異なる地域ブロックから1名ずつ4名を採用予定。第1期募集から第3期募集までのスケジュールは下記の通りです。

第1期募集
募集期間:2022年6月15日~7月15日
選考期間:2022年7月18日~8月19日
入社予定:2022年9月1日

第2期募集
募集期間:2022年9月1日~11月4日
選考期間:2022年11月7日~12月9日
入社予定:2023年1月1日

第3期募集 新たなレンジの形成へ
募集期間:2023年1月9日~2月28日
選考期間:2023年3月1日~4月7日
入社予定:2023年5月1日

◆地域ブロック

1. 北海道/東北ブロック 新たなレンジの形成へ
北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県

2. 関東ブロック
東京都(23区外)、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県

3. 中部/近畿ブロック
静岡県、山梨県、長野県、新潟県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、愛知県、滋賀県、三重県、
奈良県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県

4. 中国/四国/九州/沖縄ブロック
鳥取県、岡山県、島根県、広島県、山口県、香川県、徳島県、高知県、愛媛県、
福岡県、大分県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

新たな市場レジームを乗り切る

This chart shows that both bonds and equities have underperformed year to date

過去の実績は、現在または将来の成果を示す信頼できる指標ではありません。インデックスは運用されておらず、手数料は含まれておりません。また、インデックスに直接投資することはできません。出所:日本経済新聞社、 Refinitiv Datastream、Bloombergのデータに基づき、BII作成。2022年3月時点。注記:グラフは、1977年から2021年までの世界の株式と債券の米ドルベースの年リターンを示しています。使用した指数は、株式がMSCI All-Country World指数(1988年以前はMSCI World)、債券がBloomberg Global Aggregate指数(1991年以前はUSA Aggregate)。

リスクは何か?

アップグレードとダウングレード

また、クレジットよりも株式を選好します。また、低水準の実質金利、活動再開による経済成長のクッション、バリュエーションが妥当であることが組み合わさり、好ましいと考えます。欧州の株式については、エネルギー・ショックの影響を最も強く受けるとみて、オーバーウェイトを縮小しています。株価も年初来安値から回復しています。ではなぜアンダーウエイトにシフトしないのでしょうか?欧州中央銀行の政策の正常化は緩やかなものにとどまるみているからです。日本株については、増配と自社株買いの見通しと政策による支援から、オーバーウェイトを引き上げます。米国株式市場は、クオリティ・ファクターが幅広い経済シナリオに耐性があるとみており選好しています。

クレジットや国債よりも株式を選好

各資産クラスの見通し

資産クラス 戦略的見通し 戦術的見通し コメント
株式 2022年初の急落で、戦略的に株式のオーバーウエイトを拡大しました。実質金利が低水準にとどまる中、堅調な経済成長が見込まれ、バリュエーションがより一層魅力的となったことを背景に、長期投資家が株式に追加投資する機会があるとみています。代表的な指数ではハイテクやヘルスケアなどのセクターのウェイトが大きいため、気候変動を期待リターンに組み入れることで、先進国株式の魅力が高まると考えます。戦術的には、新興国よりも先進国株を、欧州よりも米国と日本を選好します。
クレジット 長期金利の上昇と割高なバリュエーションを背景に、戦略的・戦術的にクレジットをアンダーウエイトしています。代わりに株式でリスクを取ることを選好します。戦術的には、魅力的なバリュエーションと潜在的なイン カムを理由に、現地通貨建ての新興国債券のオーバーウエイトを維持します。リスク・プレミアムが大きいためインフレ・リスクを補うと考えます。
国債 名目国債は利回りが下限付近にあり、ポートフォリオの分散化機能が低下しているため、戦略的にアンダーウエイトしています。インフレと債務水準が上昇する中、投資家は国債の保有により高い対価を求めていると考えられます。その代わりにインフレ連動債を選好します。戦術的には、2022年に入って利回りは急上昇していますが、長期の利回りは上昇する方向にあるとみており、国債をアンダーウェイトとします。インフレ率の上昇局面では、ポートフォリオの分散のため、インフレ連動債を選好します。
プライべート市場 - プライベート・クレジットを含む非伝統的な資産のリターンの源泉には価値の向上や分散効果が見込まれます。中立の見通しは、大半の投資家が保有しているよりも大幅に高い配分をベースとしています。機関投資家の多くは流動性リスクを過大視し、プライベート市場への投資を過度に抑えているとみられます。なお、プライベート市場は複雑な資産クラスであり、すべての投資家に適した投資対象ではありません。

各資産の戦術的見通し

Legend Granular

新たなレンジの形成へ 新たなレンジの形成へ
地域 戦術的見通し コメント
株式
先進国市場 経済成長に追い風となるファンダメンタルズ、堅調な企業収益、低い金利を背景に、先進国株をオーバーウェイトしています。多くの先進国企業がインフレを背景に価格決定力の高さから好ましい立場にあるとみています。欧州より米国と日本を選好します。
米国米国株式は、企業収益のモメンタムが依然強いため、オーバーウェイトとします。FRBのタカ派的な金利見通しを完全には実現できていないとみています。その中で、幅広い経済シナリオに耐性があるクオリティ・ファクターを選好します。
欧州エネルギーショックが欧州の経済成長に大きな打撃を与えると予想し、欧州株式のオーバーウエイトを縮小します。その中ではインフレを背景に同市場の景気循環銘柄を選好し、ECBによる金融政策の正常化ペースは緩慢なものになると予想しています。
英国 英国株式は中立。同市場は適正に評価されており、米国株や日本株など他の先進国株式を選好します。
日本 金融・財政政策が支援材料となり、配当と自社株買いの増加が見込まれるため、日本株式のオーバーウエイトを引き上げます。
中国 中国は全体として緩和的な政策に移行しているとみており、中国株の僅かなオーバーウェイトを維持します。中国とロシアの結びつきは地政学的なスティグマ(特定のグループに属するイメージを持たれること)のリスクとなり、一部の投資家に中国資産を避けるように圧力がかかる可能性があります。
新興国市場 新興国における経済活動の再開の動きはより困難を伴い、高いインフレ率、金融政策が引き締め方向であることを考慮し、新興国の株式を中立とし、先進国の株式を選好します。
日本除くアジア 日本以外のアジア諸国の株式は中立。地域全体というよりも中国により絞ったエクスポージャーを選好します。
債券
米国債券 2022年に入って利回りが急上昇している米国債をアンダーウェイトとします。投資家が国債の保有により高いプレミアムを求めて求めているため、長期債の利回りはさらに上昇するとみています。その代わりとして、年限の短い債券を選好します。
米物価連動国債 インフレは持続的で、新型コロナ前よりも高い水準で落ち着くと考えているため、米国のインフレ連動債をオーバーウェイトしています。インフレ下の分散の役割の観点から選好します。
欧州の国債 欧州国債をアンダーウェイトとします。市場がマイナス金利の終了とその後を織り込み済みであるにもかかわらず、利回りはさらに上昇する傾向にあるとみています。
英国債 英国債は中立とします。供給が制約され、経済成長が鈍化する中で、市場の利上げ期待は行き過ぎとみています。
中国国債 中国国債をオーバーウェイトとします。金融政策が緩和的であることに加え、金利水準が比較的安定していること、そして潜在的なインカムが見込めることにより、中国国債の魅力は高いと考えます。
グローバル投資適格債 スプレッドがタイトで、金利リスクがある中で、投資適格社債をアンダーウエイトしています。その代わりに、株式により価値があるとみています。
グローバル・ハイイールド債 クレジットスプレッドの縮小は期待できないものの、潜在的なインカムは魅力的と考えます。リスクは株式で取ることを選好します。
新興国債券(ドル建て) ドル建の新興国債券を中立としています。コモディティ価格の上昇が債券価格を下支えするとみていますが、米 国債の利回り上昇には引き続き脆弱と考えます。
新興国債券(現地通貨建て) 魅力的なバリュエーションと潜在的なインカムから、現地通貨建ての新興国債券を小幅にオーバーウェイトしています。利回りの上昇はすでに新興国の金融引き締めを反映し ており、金利リスクを一部埋め合わせると考えます。
アジア債券 アジア債券のオーバーウエイトを維持します。中国債券のバリュエーションはリスクに比して魅力的であると考えます。中国以外では、アジアのソブリンとクレジット のインカムを選好します。

過去のパフォーマンスは現在または将来の成果を示唆する信頼できる指標ではありません。指数に直接投資することはできません。

エネルギー負担の増大

GDPに占めるエネルギー負担の割合:1970-2022年

出所:BII、BP Statistical Review of World Energy 2021、Haver Analyticsのデータを使用、2022年3月。

中央銀行のタカ派的政策

米国の政策金利の推移と1年前の見通しからの変化:2004-2025年

過去の実績は、現在または将来の成果を示す信頼できる指標ではありません。インデックスは運用されているものではなく、手数料を含みません。またインデックスに直接投資することはできません。

出所: BII、Haver Analytics、Refinitiv Datastreamのデータを使用、2022年3月。注記:図は、過去のFF金利、フォワードレートの翌日物金利スワップの現在および1年前の市場価格、また、緑のドットは、各年末の政策金利の水準に対するFRBの2022年3月時点における予測であり、ドットは中央値を示しています。

株式でリスクをとる

株式のリスクプレミアム、クレジットのスプレッドの現在と過去の水準:1995-2022年

過去の実績は、現在または将来の成果を示す信頼できる指標ではありません。インデックスは運用されておらず、手数料は含まれていません。また、インデックスに投資することはできません。

Jean Boivin

Wei Li

Alex Brazier

Vivek Paul

Elga Bartsch

Scott Thiel

重要事項
当レポートの記載内容は、ブラックロック・グループ(以下、ブラックロック)が作成した英語版レポートを、ブラックロック・ジャパン株式会社(以下、弊社)が翻訳・編集したものです。また当資料でご紹介する各資産の見通し(米ドル建て)は、米国人投資家などおもに米ドル建てで投資を行う投資家のための見通しとしてブラックロック・グループが作成したものであり、本邦投資家など日本円建てで投資を行う投資家の皆様を対象とした見通しではありません。 記載内容は、米ドル建て投資家を対象とした市場見通しの一例として、あくまでご参考情報としてご紹介することを目的とするものであり、特定の金融商品取引の勧誘を目的とするものではなく、また本邦投資家の皆様の知識、経験、リスク許容度、財産の状況及び金融商品取引契約を締結する目的等を勘案したものではありません。記載内容はブラックロック及び弊社が信頼できると判断した資料・データ等により作成しましたが、その正確性および完全性について保証するものではありません。各種情報は過去のもの又は見通しであり、今後の運用成果を保証するものではなく、本情報を利用したことによって生じた損失等についてブラックロック及び弊社はその責任を負うものではありません。記載内容の市況や見通しは作成日現在のブラックロックの見解であり、今後の経済動向や市場環境の変化、あるいは金融取引手法の多様化に伴う変化に対応し予告なく変更される可能性があります。またブラックロックの見解、あるいはブラックロックが設定・運用するファンドにおける投資判断と必ずしも一致するものではありません。

関連コンテンツ

日本株は、年初来のリスク資産の暴落から完全に逃れることはできなかったものの、相対的にアウトパフォームし1-3月期を終えることができそうです。最新のBII Global Outlookでは、日本株式のオーバーウエイトを一段階引き上げています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる