デモ取引

投資信託とは

投資信託とは
金融・経済

ETF(国内ETF)

ETF とは、上場投資信託( E xchange T raded F und)のことを表します。投資信託が証券取引所に上場しているので、株の売買と同じように証券会社を通して取引ができます。 ETFは、日経平均株価やTOPIXの動きに合わせて、それと同じように動くように作られていますので、株のように投資先の会社を選ぶ必要がありません。 「株式投資を始めたいと思っているんだけど、どの会社を選んだらいいのかよくわからない…」という方に取ってうってつけの商品です。

ETFの特徴

  • 日経平均株価やTOPIXの動きに近い運用が期待できます。
  • 株式市場の平均点を狙いに行く投資 といえます。
  • 個別に会社を選んで投資をするような手間が省けます。
  • 1万円 くらいから投資ができます。
  • インデックスファンド(投資信託)より安い手数料で運用できます。

ETFとインデックスファンドの違い

投資信託とは
ETF インデックスファンド
投資先 日経平均株価や
TOPIXに連動
日経平均株価や
TOPIXに連動
購入金額 1万円~10万前後 100円から
注文の出し方 普通の株の売買のように、
指値注文や成行注文が
できます
その日の市場の
終了後に決定
販売手数料 株の売買手数料と同じ扱い 0~2.1%くらい
信託報酬
(保有コスト)
年0.06%~0.95% 年0.1%~1.投資信託とは 65%

ETFのイメージ

ETFのイメージ

ETFの種類

投資信託とは
ETF名(クリックで詳しく) 最低必要金額 信託報酬
TOPIX連動型上場投資信託(1306) 1.5万円前後 0.11%
上場インデックスファンドTOPIX(1308) 15万円前後 0.0968%
日経225連動型上場投資信託(1321) 1.5万円前後 0.22%

ETFを買う時におすすめな証券会社

株を買うのと同じような感覚でETFも買うことができますので、どこの証券会社を使っても同じようにETFを買うことができます。…ということは、 手数料が安い証券会社 でETF買うのが一番かしこいですね♪
→ 少額投資向け証券会社

今さら聞けない投資信託とは?なぜ利益が出る?図解で仕組みをわかりやすく解説

今さら聞けない投資信託とは?なぜ利益が出る?図解で仕組みをわかりやすく解説

株式会社OneMile Partners代表取締役。2018年にmoneiro(マネイロ)を運営するOneMile Partnersを創業。それ以前は日本生命やフィデリティ投信で外国株式や日本株式運用のファンドマネージャーや証券アナリストとして従事。慶應義塾大学商学部卒。東京工業大学大学院非常勤講師。日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)。Amazon「一般・投資読み物」カテゴリで第1位を記録した『機関投資家だけが知っている「予想」のいらない株式投資法』 など著書多数

柴又 順平

専修大学・経営学部を卒業後、株式会社三井住友銀行に入社。おもに富裕層向けに、約17年間資産運用コンサルティング業務に従事。投信、保険、債券、住宅ローン、遺言信託、資産承継など、幅広い金融商品の取り扱いが可能で深い知識を有している。キャリアの途中からは管理職として部下の育成にも関わる。2021年に株式会社OneMile Partnersに入社。現在は、金融IT企業で個人向け資産運用のコンサルティング業務を行う。AFP(Affiliated 投資信託とは Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)、プライマリーPB(プライベートバンカー)資格を保有

宮内 勇資

ファイナンシャルアドバイザー。専修大学商学部卒業後、水戸証券株に入社。リテール営業に従事し、国内外株式、投資信託、債券などが得意分野。キャリアの途中からは人材育成にも携わり、主に若手社員の能力向上に大きく貢献した。2021年に株式会社OneMile Partnersに入社。現在は個人向け資産運用コンサルティング業務を行う。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)保有

投資信託の「一般型」と「累投型」の違いとは?分かりやすく解釈

投資信託の「一般型」と「累投型」の違い

金融・経済

投資信託の 「一般型」 と 「累投型」 は投資信託の投資方法に関する類似の意味を持っている投資用語ですが、 「一般型」 と 「累投型」 の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、投資信託の 「一般型」 と 「累投型」 の違いを詳しく解説していきます。

投資信託の「一般型」とは?

投資信託の「一般型」とは?

投資信託の 「一般型」 とは、 「投資信託(ファンド)の運用利益から出される分配金を、口座に現金で受け取る投資方法」 を意味しています。

投資信託の「累投型」とは?

投資信託の「累投型」とは?

投資信託の 「累投型」 とは、 投資信託とは 「投資信託(ファンド)の運用利益から出される分配金を、(現金では受け取らずに)同じ投資信託に再投資する累積投資の方法」 を意味しています。

「累投型」 を選ぶことによって、投資信託の運用利益による分配金を現金として引き出すことはできなくなりますが、再投資を何度も繰り返すので 「投資信託の資産規模」 を 「一般型」 よりも大きくしやすくなります。

投資信託の「一般型」と「累投型」の違い!

投資信託の「一般型」と「累投型」の違い!

投資信託の 「一般型」 と 「累投型」 の違いを、分かりやすく解説します。

投資信託の 「一般型」 とは、 「投資信託(ファンド)の運用利益によって出される分配金を、現金で受け取る投資方法」 のことを意味しています。

それに対して、 「累投型」 という投資信託の用語は 「投資信託(ファンド)投資信託とは の運用利益から生み出される分配金を、(現金では受け取らずに)その投資信託に再投資する投資方法」 や 「再投資を積み上げて資産を増やす累積投資をする方法」 を意味しているという違いを指摘できます。

まとめ

投資信託の 「一般型」 と 「累投型」 の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「一般型」 というのは、 「投資信託の運用利益から出される分配金を、現金で受け取る投資方法」 を意味しています。

それに対して、 「累投型」 という用語は 「投資信託の運用利益から出される分配金を、そのままその投資信託に再投資する投資方法」 の意味合いを持っています。

ETF(国内ETF)

ETF とは、上場投資信託( E 投資信託とは xchange T raded F und)のことを表します。投資信託が証券取引所に上場しているので、株の売買と同じように証券会社を通して取引ができます。 ETFは、日経平均株価やTOPIXの動きに合わせて、それと同じように動くように作られていますので、株のように投資先の会社を選ぶ必要がありません。 「株式投資を始めたいと思っているんだけど、どの会社を選んだらいいのかよくわからない…」という方に取ってうってつけの商品です。

ETFの特徴

  • 日経平均株価やTOPIXの動きに近い運用が期待できます。
  • 株式市場の平均点を狙いに行く投資 といえます。
  • 個別に会社を選んで投資をするような手間が省けます。
  • 1万円 くらいから投資ができます。
  • インデックスファンド(投資信託)より安い手数料で運用できます。

ETFとインデックスファンドの違い

ETF インデックスファンド
投資先 日経平均株価や
TOPIXに連動
日経平均株価や 投資信託とは
TOPIXに連動
購入金額 1万円~10万前後 100円から
注文の出し方 普通の株の売買のように、
指値注文や成行注文が
できます
その日の市場の
終了後に決定
販売手数料 株の売買手数料と同じ扱い 0~2.1%くらい
信託報酬
(保有コスト)
年0.06%~0.95% 年0.1%~1.65%

ETFのイメージ

ETFのイメージ

ETFの種類

ETF名(クリックで詳しく) 最低必要金額 信託報酬
TOPIX連動型上場投資信託(1306) 1.5万円前後 0.11%
上場インデックスファンドTOPIX(1308) 15万円前後 0.0968%
日経225連動型上場投資信託(1321) 1.5万円前後 0.22%

ETFを買う時におすすめな証券会社

株を買うのと同じような感覚でETFも買うことができますので、どこの証券会社を使っても同じようにETFを買うことができます。…ということは、 手数料が安い証券会社 でETF買うのが一番かしこいですね♪
→ 少額投資向け証券会社

投資信託とは?なぜ資産運用をする必要があるのかをご紹介!

キービジュアル

上記グラフのとおり、足元0.001% *1 と低金利である普通預金だけでためようとすると月々約24,000円の積立金額が必要となります。
一方、年間利回りが1%であれば月々約20,000円、3%であれば月々約14,000円となります *2 。日々の生活資金のやりくりもある中で、将来のためにまとまった金額を毎月貯蓄に回すことはなかなか難しいですが、「お金に働いてもらう」ことで、より少ない金額で目標金額までためられることが期待できます。

では、毎月コツコツ資産運用をしていくにはどんな商品が向いているのでしょうか?
資産運用商品といえば、株式や債券を思い浮かべる方が多いと思いますが、「商品がたくさんありすぎて選べない」「忙しくてマーケットの動きを気にしていられない」など、ハードルが高いものと敬遠してしまっていませんか?
そんな方でも、始めやすくオススメなのは「投資信託」です。

  • *1 みずほ銀行普通預金の普通預金金利(2020年6月時点)
  • *2 上記はイメージ図であり、将来の運用成果を保証するものではありません。

投資信託とは

投資信託のしくみについて

投資信託のしくみについてのイメージ図

投資信託の3つのPoint

  • Point1 少額の資金で始められます
    投資信託はお客さまの資金を集め、一定の金額にまとめて運用を行います。そのため、少額の資金から投資をすることができます。
  • Point2 専門家が運用します
    投資信託は、運用の専門家である委託会社(運用会社)が情報収集力や調査・分析力などを駆使し、効率的な資産運用を目指します。常にマーケット動向に気を配り、投資先や投資のタイミングを考える必要はないので、忙しい方でも安心して始めていただけます。
  • Point3 分散投資が可能です
    1つの銘柄に投資をしていた場合、投資している企業の株価の下落などにより、大きな損失を負う可能性があります。投資信託では、少額で複数の銘柄や色々な資産に分散投資することが可能であるため、価格変動リスクなど様々なリスクを分散、軽減することができます。

積立投信で「時間を味方につけた運用」を

積立投信の3つのPoint

  • Point1 少額から投資できます
    お客さまのご希望にあわせて、みずほ銀行では毎月1,000円から投資が可能です。
    資産運用を始めたいけれど、まとまった資金がないという方にオススメです。
  • Point2 毎月自動積立のため手間いらずです
    株式やFXなどの投資手法と違い、積立投信は最初に購入ファンドと購入金額、引落日を決めてしまえば、あとは毎月自動で積み立てがされます。購入のタイミングや日々のマーケット動向に気を配る必要がないため、手間いらずで、心理的ストレスも生みにくい投資手法です。
    お仕事などで忙しく、資産運用のために時間を確保しづらい方にオススメです。
  • Point3 リスクの軽減が期待できます
    積立投信では毎月一定金額ずつを購入していくことで、価格が高いときには少ない口数を、低いときには多い口数を購入します。一括で購入するよりも購入価格が平準化されるため、リスクの軽減が期待できます。
    一定の利回りを期待しつつ、極力リスクはおさえて資産運用したい方にオススメです。

毎月1万円ずつ積立投資した場合と一括で3万円購入した場合の比較の表

さらに!税制優遇制度を活用して、お得にかしこく資産運用

投資信託で運用を始めるのであれば、国が「貯蓄から投資へ」を後押しするために創設した税制優遇制度である「NISA(ニーサ)」を活用することをオススメします。
本来、売却して得た利益や受け取った配当金に対してかかる20.315%の税金が非課税になりますので、非常にお得な制度です。
また、前述の積立投信であれば、積立投資を対象とした税制優遇制度「つみたてNISA」を活用することで、さらにお得にかしこく資産運用をすることができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる