FX初心者向け

取引チャネルを刷新

取引チャネルを刷新
TechCrunch Japan

SASE(サシー)プラットフォームのリーディングベンダー、Cato(ケイト) Networks(ネットワークス) 日本法人を設立し、国内市場への攻勢を加速 拡大するクラウドサービス需要に対応し、マーケティングとチャネル開拓を強化 PoP接続拠点を東京・大阪の2ヵ所体制に

世界で最初にSASE(Secure Access Service 取引チャネルを刷新 Edge。サシー)プラットフォームの提供を開始したイスラエル本拠のCato Networks(ケイトネットワークス、本社:テルアビブ、共同創業者兼CEO:シュロモ・クレイマー)は本日11月4日、アジア太平洋地域における重要市場である日本での事業体制を刷新し、国内市場への展開を加速することにより、クラウドサービス需要の拡大に対応していく戦略を発表しました。

Cato Networksは、グローバルで独自に構築したバックボーンにPoP接続拠点を配し、SD-WANと、モバイルアクセス環境、ネットワークセキュリティをクラウドネイティブに統合し、接続を一元化したインフラプラットフォームを提供するという先進のソリューション「Cato Cloud」(ケイトクラウド)をグローバル展開しています。

ガートナー社の提言以降、SASEが世界で注目を集めているのは、現在市場にある広範なネットワーク製品、セキュリティー製品の多くがいずれSASEに集約される可能性があると理解されたためです。国内でも幅広い企業が関心を寄せており、Cato Networksも多くの照会を受けています。これにはCato Cloudが、ガートナー社が定義する数年前から先行して提供されてきたSASEプラットフォームであることや、共同創業メンバーがいずれもネットワークセキュリティの未来を先見し、その革新を担ってきた優れたリーダーであることも含まれています。ですがまだ認知が高いとは言えません。

  • ソリューションサービスの高次化として、グローバルで60ヵ所(2020年10月末現在)配置されているPoP接続拠点を、これまでの東京に加え新たに大阪にも設置し国内2拠点体制としました。大阪PoPの稼働開始により西日本地域のユーザー企業および各拠点の利便性が大きく向上しています。
  • 同じく、現下の社会状況に対応し、リモートワーク環境に向けてエンドポイントでのクライアント認証などクライアントユーザーの利便性向上となる機能を拡充し、年末から実装提供を予定。
  • 国内法人、Cato Networks株式会社を設立。事業活動の基礎を固め、商取引を可能にして、事業継続性と企業ブランド信頼性を高めていきます。10月1日付けで登記を完了
  • 新たにカントリーマネージャー職を設定。外資系ネットワーク企業大手や、海外ソフトウェア企業の日本におけるビジネス立ち上げで、セールス、事業開発、パートナー戦略など豊富な経験と経営実績をもつ田島弘介を任命し、本年4
  • 月に就任。また2021年初頭にかけて、セールス職、プリセールスエンジア職など、人員増強の予定です。
  • 国内販売網としては2017年7月よりマクニカネットワークス株式会社がディストリビューターとしてCato Cloudの普及に向けたマーケティング活動や販売パートナーの支援活動に精力的に取り組んできています。今般、チャネル開拓を強化するため、新たに株式会社フーバーブレインとも契約を締結し、ディストリビューター2社体制でソリューションの供給を遂行していきます。
  • フーバーブレイン社ではSMB市場の開拓も進めます。大手企業が中心のマクニカネットワークス社の販売網に加え、SMB市場を加えることにより、広範な企業層の需要に応えていきます。
    リセラーパートナーでは、株式会社IIJグローバルソリューションズ、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社、株式会社日立ソリューションズのコア3社とは一層緊密な連携を取っていく方針です。また国内有力SIer各社とも案件での協働が始まっており、関係を深化させていきます。国内外に多くの拠点を持つ企業には、高価なMPLSを撤廃してネットワークとネットワークセキュリティを統合管理したいという需要が高く、Cato NetworksのSASEプラットフォームはこれに応えていきます。またリモートワークが浸透・定着していく中、リモートアクセスに格段の強みを持つCato Cloudはワークスタイルの進化を支えるソリューションとして機能していきます。

Cato NetworksのSASEプラットフォーム「Cato Cloud」
Cato Networksは、Tier1通信プロバイダーによりフルメッシュにデザインされSLA保証された世界規模のプライベートバックボーンを構築し運用しています。このバックボーンのPoPに、顧客の拠点やモバイルユーザー端末を接続することで、ネットワークとネットワークセキュリティをクラウドネイティブに統合したサービスを提供します。

Cato Cloud 取引チャネルを刷新
Cato Cloudは、ネットワークを接続、保護、および管理するための統合プラットフォームです。拠点、クラウドリソース、ユーザーの全体にCatoを段階的に導入して、レガシーネットワークサービスとセキュリティポイントソリューションのリプレイスや、拡張が可能になります。

グローバルプライベートバックボーン
Cato Cloudは、60箇所以上(2020年10月末時点)のPoPで構成されているグローバルプライベートバックボーンで稼働しており、SLA保証付きの複数ネットワークプロバイダーを介して接続しています。PoPソフトウェアは、プロバイダーの遅延、パケット損失、およびジッターを継続的に監視して、すべてのパケットに最適なルートをリアルタイムで決定します。

Catoのバックボーンは、WANおよびクラウドのトラフィックのEnd-to -Endルート最適化を図り、サービスのアップタイムを最大化する自己修復アーキテクチャーをベースとして設計されています。 そして、予測不能なパブリックインターネットよりも優れた接続性を、グローバルMPLSなどのレガシーバックボーンよりも低コストで、お客様に提供いたします。

●エッジSD-WAN
Cato Socket SD-WANデバイスは、物理的に最も近いCato PoPに接続します。ユーザーは、光回線、メタル、xDSL、4G / LTE接続の任意の組み合わせを選択可能。アクティブ-アクティブリンクの使用、アプリケーションおよびユーザー対応のQoS 優先順位づけなど、さまざまなトラフィック管理機能を適用します。MPLSおよびインターネットを介してサイト間トラフィックをルーティングし、地域およびアプリケーション固有の要件に対応します。

サービスとしてのセキュリティ
すべてのWANおよびインターネットトラフィックを検査します。セキュリティレイヤーには、アプリケーション対応の次世代FWaaS、URLフィルタリングを備えたセキュアWebゲートウェイ(SWG)、次世代のマルウェア対策(NGAV)、マネージドIPSサービス、および包括的なマネージド脅威検出および応答(MDR)サービスが含まれます。ユーザー作業を経ずに、すべてのトラフィックを復号化し、検査するよう拡張可能。セキュリティポリシーとイベントは、Cato管理アプリケーションを使用して管理されます。

クラウドデータセンターの統合
セキュアIPSecトンネルを使い、Amazon AWS、Microsoft Azure、Google Cloudなどの主要なクラウドプロバイダーと統合します。Catoは、グローバルバックボーンを使用して、トラフィックを最適にルーティングすることにより、プレミアムクラウド接続の必要はありません。エージェントレスで統合し、数分で接続できます。すべてのトラフィックが完全なセキュリティ検査の対象となります。

クラウドアプリケーションアクセラレーション
Office 365、UCaaS、Cloud ERPなどのパブリッククラウドアプリケーショントラフィックを、最適にルーティングします。エンドツーエンドのスループットを最大20倍にアクセラレートし、帯域幅を大量に消費する操作のアプリケーションパフォーマンスを向上させます。すべてのトラフィックとファイルは、悪意のあるファイルや攻撃からエンドユーザーを保護するために、完全に検査されます。

安全なリモートアクセス
ラップトップ、タブレット、スマートフォンでリモートユーザーを保護するためのあらゆるネットワークおよびセキュリティ機能を提供します。ユーザーは専用ツールを使用して最も近いCato-PoPに接続。リモートユーザーのトラフィックは、Catoバックボーンを介してオンプレミスまたはクラウドアプリケーションに最適にルーティングされます。リモートユーザーのトラフィックはCatoのセキュリティスタックによって完全に検査され、あらゆる場所のユーザーにエンタープライズクラスの保護を保証します。

Cato管理アプリケーション 取引チャネルを刷新
サービス全体を制御するためのクラウドベースのセルフサービス管理アプリケーションを提供。これには、完全なネットワークとセキュリティポリシーの構成、およびネットワークトラフィックとセキュリティイベントに関する詳細な分析が含まれます。必要に応じて、マネージドサービスオプションの提供が可能。いずれの場合も基盤となるプラットフォームはCatoが維持しているため、ユーザーはCato Cloudをアップグレード、パッチ適用、またはその他の方法で維持する必要はありません。

Secure Access Service Edge(SASE)は、ガートナー社「Hype Cycle for Enterprise Networking, 2019」において、黎明期の新カテゴリーとして登場。広域ネットワークとネットワークセキュリティの次の進化として提案されており、クラウドへの移行にあたり、ネットワークセキュリティを実質的にWANサービスと統合し、そのエッジで適用される包括的なサービスへと移行すべきとする新しいアーキテクチャーです。
これは複数のカテゴリーと機能を単⼀のクラウドサービスに統合したものであり、「The Future of Network Security Is in the Cloud」においてSASEは、ユーザー、IoT/エッジ、企業拠点の複数ネットワークの包括的なWAN機能(SD-WAN)を統合するものと定義づけています。SASEアーキテクチャーでは、SASEに接続しているユーザーに基づいてサービスが付与され(アイデンティティ主導)、クラウド向けに構築され(クラウドネイティブ)、物理、モバイル、クラウドのすべてのエッジをサポートし、エッジ近くに配置された多数のPoPを介して提供する必要がある(グローバル)、と定義されています。
SASEの世界観は、将来サービスベンダーが単一または少数に集約されることに繋がります。同社アナリストは「SASEアーキテクチャーへの移行により、既存のセキュリティおよびネットワーキングビジネスモデルは、陳腐化する」と述べています。

【Cato Networks(ケイトネットワークス)について】

Cato Networks は、後にガートナー社がこれからのネットワークとセキュリティのあるべき姿として提唱することになるSASE(Secure Access Service Edge)プラットフォームを、先行して、統合クラウドネイティブアーキテクチャとしてゼロから自社で構築し、2015年の会社設立時から展開してきました。グローバルでTier1プロバイダーによりフルメッシュにデザインされSLA保証された独自のバックボーンを構築し、この上で、SD-WANとモバイルアクセス環境、ネットワークセキュリティをクラウドネイティブに統合し、一元化したサービスとして提供する「Cato Cloud」プラットフォームを展開しています。MPLSからSD-WANへの移行を容易にし、オンプレミスおよびクラウドアプリケーションへの接続を最適化して、どこからでも安全なブランチインターネットアクセスを可能にし、クラウドデータセンターとモバイルユーザーをゼロトラストアーキテクチャに基づくネットワーク上にシームレスに統合します。 取引チャネルを刷新
2020年10月末現在、世界60か所にPoP拠点を設置配備。100以上の国と地域で、エンタープライズ顧客企業600社以上の6.500拠点以上で、200,000を超えるモバイルユーザー接続のインフラをオールインワンのサービスで運営管理しています。
ガートナー社がSASEを発表した2019年、SASEで最初のサンプルベンダーとして指名され、2020年にも2年連続でリストされています。2020年4月、コロナ禍中に実施した資金調達ラウンドではこれまでで最大の7,700万米ドルの投資を確保し、総資金調達額は2億米ドル超となっています。
https://www.catonetworks.com/jp/

<創業者について>
Shlomo Kramer(シュロモ・クレイマー 共同創業者兼CEO
ネットワークセキュリティ業界の第一人者。世界初商用ファイアウォール(Firewall-1)を開発しCheck Point社を共同して創業。その後WAFの革新者Impervaを共同して設立。その他、Palo Alto社、Trusteer社、等々多数のサイバーセキュリティ企業の初期資金支援を行う。2008年にSC MagazineでCEO of the Yearに選出。2006年にNetwork Worldから「ネットワーク業界を変えた20人の著名人」の一人に選出、2013年4月にInfoSec殿堂入りを果たす。

Gur Shatz(グル・シャッツ共同創業者兼プレジデントCOO
グローバルスケールのネットワーキングとセキュリティインフラストラクチャーの第一人者。Imperva Secure Sphere Webおよびデータセキュリティプラットフォームを構築し、後にグローバルなクラウド型DDoS防御サービスを提供するIncapsula社を設立。

<国内法人>
商号:Cato Networks株式会社/所在地:東京都港区赤坂2丁目/設立:2020年10月1日/カントリーマネージャー:田島弘介(たじまこうすけ)/問合せ:[email protected]

SASE(サシー)プラットフォームのリーディングベンダー、Cato(ケイト) Networks(ネットワークス) 日本法人を設立し、国内市場への攻勢を加速 拡大するクラウドサービス需要に対応し、マーケティングとチャネル開拓を強化 PoP接続拠点を東京・大阪の2ヵ所体制に

世界で最初にSASE(Secure Access Service Edge。サシー)プラットフォームの提供を開始したイスラエル本拠のCato Networks(ケイトネットワークス、本社:テルアビブ、共同創業者兼CEO:シュロモ・クレイマー)は本日11月4日、アジア太平洋地域における重要市場である日本での事業体制を刷新し、国内市場への展開を加速することにより、クラウドサービス需要の拡大に対応していく戦略を発表しました。

Cato Networksは、グローバルで独自に構築したバックボーンにPoP接続拠点を配し、SD-WANと、モバイルアクセス環境、ネットワークセキュリティをクラウドネイティブに統合し、接続を一元化したインフラプラットフォームを提供するという先進のソリューション「Cato Cloud」(ケイトクラウド)をグローバル展開しています。

ガートナー社の提言以降、SASEが世界で注目を集めているのは、現在市場にある広範なネットワーク製品、セキュリティー製品の多くがいずれSASEに集約される可能性があると理解されたためです。国内でも幅広い企業が関心を寄せており、Cato Networksも多くの照会を受けています。これにはCato Cloudが、ガートナー社が定義する数年前から先行して提供されてきたSASEプラットフォームであることや、共同創業メンバーがいずれもネットワークセキュリティの未来を先見し、その革新を担ってきた優れたリーダーであることも含まれています。ですがまだ認知が高いとは言えません。

  • ソリューションサービスの高次化として、グローバルで60ヵ所(2020年10月末現在)配置されているPoP接続拠点を、これまでの東京に加え新たに大阪にも設置し国内2拠点体制としました。大阪PoPの稼働開始により西日本地域のユーザー企業および各拠点の利便性が大きく向上しています。
  • 同じく、現下の社会状況に対応し、リモートワーク環境に向けてエンドポイントでのクライアント認証などクライアントユーザーの利便性向上となる機能を拡充し、年末から実装提供を予定。
  • 国内法人、Cato Networks株式会社を設立。事業活動の基礎を固め、商取引を可能にして、事業継続性と企業ブランド信頼性を高めていきます。10月1日付けで登記を完了
  • 新たにカントリーマネージャー職を設定。外資系ネットワーク企業大手や、海外ソフトウェア企業の日本におけるビジネス立ち上げで、セールス、事業開発、パートナー戦略など豊富な経験と経営実績をもつ田島弘介を任命し、本年4
  • 月に就任。また2021年初頭にかけて、セールス職、プリセールスエンジア職など、人員増強の予定です。
  • 国内販売網としては2017年7月よりマクニカネットワークス株式会社がディストリビューターとしてCato Cloudの普及に向けたマーケティング活動や販売パートナーの支援活動に精力的に取り組んできています。今般、チャネル開拓を強化するため、新たに株式会社フーバーブレインとも契約を締結し、ディストリビューター2社体制でソリューションの供給を遂行していきます。
  • フーバーブレイン社ではSMB市場の開拓も進めます。大手企業が中心のマクニカネットワークス社の販売網に加え、SMB市場を加えることにより、広範な企業層の需要に応えていきます。
    リセラーパートナーでは、株式会社IIJグローバルソリューションズ、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社、株式会社日立ソリューションズのコア3社とは一層緊密な連携を取っていく方針です。また国内有力SIer各社とも案件での協働が始まっており、関係を深化させていきます。国内外に多くの拠点を持つ企業には、高価なMPLSを撤廃してネットワークとネットワークセキュリティを統合管理したいという需要が高く、Cato NetworksのSASEプラットフォームはこれに応えていきます。またリモートワークが浸透・定着していく中、リモートアクセスに格段の強みを持つCato Cloudはワークスタイルの進化を支えるソリューションとして機能していきます。

Cato NetworksのSASEプラットフォーム「Cato Cloud」
Cato Networksは、Tier1通信プロバイダーによりフルメッシュにデザインされSLA保証された世界規模のプライベートバックボーンを構築し運用しています。このバックボーンのPoPに、顧客の拠点やモバイルユーザー端末を接続することで、ネットワークとネットワークセキュリティをクラウドネイティブに統合したサービスを提供します。

Cato Cloud
Cato Cloudは、ネットワークを接続、保護、および管理するための統合プラットフォームです。拠点、クラウドリソース、ユーザーの全体にCatoを段階的に導入して、レガシーネットワークサービスとセキュリティポイントソリューションのリプレイスや、拡張が可能になります。

グローバルプライベートバックボーン
Cato Cloudは、60箇所以上(2020年10月末時点)のPoPで構成されているグローバルプライベートバックボーンで稼働しており、SLA保証付きの複数ネットワークプロバイダーを介して接続しています。PoPソフトウェアは、プロバイダーの遅延、パケット損失、およびジッターを継続的に監視して、すべてのパケットに最適なルートをリアルタイムで決定します。

Catoのバックボーンは、WANおよびクラウドのトラフィックのEnd-to -Endルート最適化を図り、サービスのアップタイムを最大化する自己修復アーキテクチャーをベースとして設計されています。 そして、予測不能なパブリックインターネットよりも優れた接続性を、グローバルMPLSなどのレガシーバックボーンよりも低コストで、お客様に提供いたします。

●エッジSD-WAN
Cato Socket SD-WANデバイスは、物理的に最も近いCato PoPに接続します。ユーザーは、光回線、メタル、xDSL、4G / LTE接続の任意の組み合わせを選択可能。アクティブ-アクティブリンクの使用、アプリケーションおよびユーザー対応のQoS 優先順位づけなど、さまざまなトラフィック管理機能を適用します。MPLSおよびインターネットを介してサイト間トラフィックをルーティングし、地域およびアプリケーション固有の要件に対応します。

サービスとしてのセキュリティ
すべてのWANおよびインターネットトラフィックを検査します。セキュリティレイヤーには、アプリケーション対応の次世代FWaaS、URLフィルタリングを備えたセキュアWebゲートウェイ(SWG)、次世代のマルウェア対策(NGAV)、マネージドIPSサービス、および包括的なマネージド脅威検出および応答(MDR)サービスが含まれます。ユーザー作業を経ずに、すべてのトラフィックを復号化し、検査するよう拡張可能。セキュリティポリシーとイベントは、Cato管理アプリケーションを使用して管理されます。

クラウドデータセンターの統合
セキュアIPSecトンネルを使い、Amazon AWS、Microsoft Azure、Google Cloudなどの主要なクラウドプロバイダーと統合します。Catoは、グローバルバックボーンを使用して、トラフィックを最適にルーティングすることにより、プレミアムクラウド接続の必要はありません。エージェントレスで統合し、数分で接続できます。すべてのトラフィックが完全なセキュリティ検査の対象となります。

クラウドアプリケーションアクセラレーション
Office 365、UCaaS、Cloud ERPなどのパブリッククラウドアプリケーショントラフィックを、最適にルーティングします。エンドツーエンドのスループットを最大20倍にアクセラレートし、帯域幅を大量に消費する操作のアプリケーションパフォーマンスを向上させます。すべてのトラフィックとファイルは、悪意のあるファイルや攻撃からエンドユーザーを保護するために、完全に検査されます。

安全なリモートアクセス
ラップトップ、タブレット、スマートフォンでリモートユーザーを保護するためのあらゆるネットワークおよびセキュリティ機能を提供します。ユーザーは専用ツールを使用して最も近いCato-PoPに接続。リモートユーザーのトラフィックは、Catoバックボーンを介してオンプレミスまたはクラウドアプリケーションに最適にルーティングされます。リモートユーザーのトラフィックはCatoのセキュリティスタックによって完全に検査され、あらゆる場所のユーザーにエンタープライズクラスの保護を保証します。

Cato管理アプリケーション
サービス全体を制御するためのクラウドベースのセルフサービス管理アプリケーションを提供。これには、完全なネットワークとセキュリティポリシーの構成、およびネットワークトラフィックとセキュリティイベントに関する詳細な分析が含まれます。必要に応じて、マネージドサービスオプションの提供が可能。いずれの場合も基盤となるプラットフォームはCatoが維持しているため、ユーザーはCato Cloudをアップグレード、パッチ適用、またはその他の方法で維持する必要はありません。

Secure 取引チャネルを刷新 Access Service Edge(SASE)は、ガートナー社「Hype Cycle for 取引チャネルを刷新 Enterprise Networking, 2019」において、黎明期の新カテゴリーとして登場。広域ネットワークとネットワークセキュリティの次の進化として提案されており、クラウドへの移行にあたり、ネットワークセキュリティを実質的にWANサービスと統合し、そのエッジで適用される包括的なサービスへと移行すべきとする新しいアーキテクチャーです。
これは複数のカテゴリーと機能を単⼀のクラウドサービスに統合したものであり、「The Future of Network Security Is 取引チャネルを刷新 in the Cloud」においてSASEは、ユーザー、IoT/エッジ、企業拠点の複数ネットワークの包括的なWAN機能(SD-WAN)を統合するものと定義づけています。SASEアーキテクチャーでは、SASEに接続しているユーザーに基づいてサービスが付与され(アイデンティティ主導)、クラウド向けに構築され(クラウドネイティブ)、物理、モバイル、クラウドのすべてのエッジをサポートし、エッジ近くに配置された多数のPoPを介して提供する必要がある(グローバル)、と定義されています。
SASEの世界観は、将来サービスベンダーが単一または少数に集約されることに繋がります。同社アナリストは「SASEアーキテクチャーへの移行により、既存のセキュリティおよびネットワーキングビジネスモデルは、陳腐化する」と述べています。

【Cato Networks(ケイトネットワークス)について】

Cato Networks は、後にガートナー社がこれからのネットワークとセキュリティのあるべき姿として提唱することになるSASE(Secure Access Service 取引チャネルを刷新 Edge)プラットフォームを、先行して、統合クラウドネイティブアーキテクチャとしてゼロから自社で構築し、2015年の会社設立時から展開してきました。グローバルでTier1プロバイダーによりフルメッシュにデザインされSLA保証された独自のバックボーンを構築し、この上で、SD-WANとモバイルアクセス環境、ネットワークセキュリティをクラウドネイティブに統合し、一元化したサービスとして提供する「Cato Cloud」プラットフォームを展開しています。MPLSからSD-WANへの移行を容易にし、オンプレミスおよびクラウドアプリケーションへの接続を最適化して、どこからでも安全なブランチインターネットアクセスを可能にし、クラウドデータセンターとモバイルユーザーをゼロトラストアーキテクチャに基づくネットワーク上にシームレスに統合します。
2020年10月末現在、世界60か所にPoP拠点を設置配備。100以上の国と地域で、エンタープライズ顧客企業600社以上の6.500拠点以上で、200,000を超えるモバイルユーザー接続のインフラをオールインワンのサービスで運営管理しています。
ガートナー社がSASEを発表した2019年、SASEで最初のサンプルベンダーとして指名され、2020年にも2年連続でリストされています。2020年4月、コロナ禍中に実施した資金調達ラウンドではこれまでで最大の7,700万米ドルの投資を確保し、総資金調達額は2億米ドル超となっています。
https://www.catonetworks.com/jp/

<創業者について>
Shlomo Kramer(シュロモ・クレイマー 共同創業者兼CEO
ネットワークセキュリティ業界の第一人者。世界初商用ファイアウォール(Firewall-1)を開発しCheck Point社を共同して創業。その後WAFの革新者Impervaを共同して設立。その他、Palo Alto社、Trusteer社、等々多数のサイバーセキュリティ企業の初期資金支援を行う。2008年にSC MagazineでCEO of the Yearに選出。2006年にNetwork Worldから「ネットワーク業界を変えた20人の著名人」の一人に選出、2013年4月にInfoSec殿堂入りを果たす。

Gur Shatz(グル・シャッツ共同創業者兼プレジデントCOO
グローバルスケールのネットワーキングとセキュリティインフラストラクチャーの第一人者。Imperva Secure Sphere Webおよびデータセキュリティプラットフォームを構築し、後にグローバルなクラウド型DDoS防御サービスを提供するIncapsula社を設立。

<国内法人>
商号:Cato 取引チャネルを刷新 Networks株式会社/所在地:東京都港区赤坂2丁目/設立:2020年10月1日/カントリーマネージャー:田島弘介(たじまこうすけ)/問合せ:[email protected]

取引チャネルを刷新

多くのトレーダーは、定期的に使用するどころか、取引計画を立てることはありません。 両方を行うことが不可欠です。 取引計画を立てて、あなたが作ったものを効果的に使用してください…ただそれを作って、それから多くの外国為替トレーダーがするように決してそれを見ないでください。

あなたは準備され、訓練された外国為替トレーダーになり、それを維持するためにXNUMXつの必要なことをする必要があります。 これらは次のとおりです。
1)外国為替取引計画を考案し、
2)フォーム(または既存の)外国為替取引ジャーナル、
3)両方を使用します。
次のような効率的な取引計画を中心に外国為替取引計画を作成する手段 価格行動の取引 取引計画の理解を深めるために働き、また、市場と対話するたびに必要なことの青写真を提供します。

市場の青写真を持つことは、長期的に外国為替通貨市場で利益を上げるために必要なタイプの氷のように冷たい規律を開発するために重要です。
取引ジャーナルに取引を記録することは、外国為替市場を取引する能力(またはその欠如)を視覚的に表現できるため、成功にとって重要です。また、これを使用できる実績が構築されます。期間中にトレーディングエッジがどのように機能するかを示します。これにより、「微調整」して変更することができます。 取引戦略 あなたが適切と考えるように。
•取引計画には、ルーチンとチェックリストが含まれています

軍隊の狙撃兵は非常に訓練された個人であり、あなたはそれが戦争であるかのように外国為替市場を考えなければなりません、そしてあなたは「最も簡単な犠牲者」だけを奪おうとしている狙撃兵です。 市場でのあなたの「獲物」は、最大の取引設定のみで構成されています。
取引方法には、従うチェックリストを含める必要があります。 これには、外国為替市場で探しているものと、取引に入る前に見たいと思っているものが含まれます。

取引計画全体をチェックリストとして作成できます。 これにより、スムーズなフォーマットになり、潜在的なトレード設定を行う価値があるかどうかをすばやく判断できます。
•取引計画には、トレーダーが何をして探すかについての書面によるガイドラインと、取引設定の画像が含まれています。取引計画には、市場で何をするかについての書面による説明を含める必要があります。

取引計画

これには、トレーディングエッジとは何か、トレードするときにどのようにトレードするか、トレードする時間枠、ポリシーなどの項目が含まれます。 リスク管理 そして利益を上げること、そしてトレーダーとしてのあなたの全体的な目標。

最終的には、書面によるガイドラインと「典型的な」取引設定の写真に十分な時間をかけた後、それらを記憶に焼き付けて、外国為替市場で何を探しているのかを正確に把握し、自信をつけることができます。トレーダーとして。
•事前に計画され、「予想される」取引が最も効果的です。
を作成する主な理由のXNUMXつ 外国為替取引戦略 なぜなら、取引を事前に計画し、市場で何を探しているかを事前に決定することが、長期的に利益を上げるための最良の方法だからです。

SBI FXTRADE

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

コスメD2Cブランドなど展開するDINETTEが8億円のシリーズB調達、OMO施策で販売チャネル拡大・アジア圏のマーケ推進

no title

TechCrunch Japan

コスメD2Cブランド「PHOEBE BEAUTY UP」(フィービービューティーアップ)と美容メディア事業を展開するDINETTE(ディネット)は3月30日、シリーズBラウンドとして、第三者割当増資と融資による総額8億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、大和企業投資、セレス、MTG Ventures。借入先はみずほ銀行。調達した資金により、サブスクリプションをメインに販売するPHOEBE BEAUTY UPについて、OMO(Online Merges with Offline)施策に投資を行い販売チャネルを拡大、アジア圏へのマーケティング活動を行う。女性の悩みに寄り添うビューティーカンパニーになるべく、2022年度より多様なブランドを多数創出するために商品開発に投資するという。PHOEBE BEAUTY UPは、DINETTEが運営するSNS美容メディアに寄せられた顧客の声を基に誕生した、オリジナルブランド。「今日なりたい『私』を叶える」をブランドミッションとし、プロダクト体験を通じてより多くの顧客の「なりたい」を実現することを目指している。…

このサイトの記事を見る

  • 2022年6月14日【賛否両論】中日・根尾のピッチャー転向をどう思う? …
  • 2022年6月14日佐々木朗希「カラオケ行ったことがないです」 …
  • 2022年6月14日チャラ男だった兄貴が元グラドルと結婚したんだけどめちゃくちゃ …
  • 2022年6月14日ロシアのエネルギー輸出収入、ウクライナ戦費を上回る … 制裁 …
  • 2022年6月14日120人乱交パーティーの摘発、ネットの乱交愛好家に予言されて …
  • 2022年6月14日【鎌倉殿の13人】善児っていつまで生きてるん・・・? …
  • 2022年6月14日【急募】ヤクルトの攻略法wwwwwwwwww …
  • 2022年6月14日【画像】NHKのお天気キャスターさん、巨乳のアピールがスゴす …
  • 2022年6月14日DeNA、こっそり交流戦を9勝9敗の5割で乗り切っていた模様 …
  • 2022年6月14日韓国人「韓国大統領夫人が『犬肉を食うな』と発言して炎上!」韓 …
  • 取引チャネルを刷新
  • 2022年6月14日【悲報】メイウェザーvs朝倉未来、ガチで盛り上がってない …
  • 2022年6月14日私「妊娠したけど、育休が終わったら職場に戻る」夫「分かった」 …
  • 2022年6月14日オールスター中間発表(中田翔1位) …
  • 2022年6月14日【悲報】メイウェザーさん、服装がダサすぎる …
  • 2022年6月14日修学旅行のお土産がAmazon…と言う話題を見て土産文化を学 …
  • 2022年6月14日【画像】女さん「急にキレんなって言う男、これを見ろ!」 …
  • 2022年6月14日【動画】「中国人留学生より日本人を大事にして」 ⇒ 野田聖子 …
  • 2022年6月14日【鎌倉殿の13人】仇討ちならセーフの理論がまかり通るのすごく …
  • 取引チャネルを刷新
  • 2022年6月14日鈴木大地 4年契約の3年目 .225 1本 OPS.617← …
  • 2022年6月14日【動画】田舎の滑り台を舐めてかかった結果 …
  • 取引チャネルを刷新
  • 2022年6月14日配信者「この敵強すぎるよ~」ワイ「この武器あれば余裕で勝てま …
  • 2022年6月14日3大野球見てて叫んだ瞬間「WBCイチロー勝ち越しタイムリー」 …
  • 2022年6月14日ウワキ相手と彼女「結婚してないんだからウワキしても自由でしょ …
  • 2022年6月14日結婚を約束していた彼にフラれた。友人に「ちょっとこれは酷いと …
  • 2022年6月14日ナンパに失敗したおじさん集団が女性をでぼこぼこにする動画が凄 …
  • 2022年6月14日【画像】外資系CAさんはこれが当たり前なんだがヤバすぎだろw …
  • 2022年6月14日【動画】 沼津インターで修羅場 取引チャネルを刷新 パトカーに追われたヤク中の車 …
  • 2022年6月14日『鎌倉殿の13人』初めて見るんやけど今どのへんなんこれ・・・ …
  • 2022年6月14日丸亀製麺「昼食代相場2000円のロンドンで600円のぶっかけ …
  • 2022年6月14日【悲報】なんG民(陰)「波留の怒声はパワハラだあああ」Twi …
  • 2022年6月14日韓国人「韓国外交部長官が『GSOMIA』正常化の必要性に言及 …
  • 2022年6月14日俺「これ髪の毛入ってんだけど」店員「申し訳ありません、すぐお …
  • 2022年6月14日【画像】地味女さん、脱いだらもの凄いwyywywyywywy …
  • 2022年6月14日JR東西線・加島駅で人身事故 「サイレン鳴り響いてる」「ガチ …
  • 2022年6月14日『鎌倉殿の13人』← コントにしなくても十分面白いな・・・! …
  • 2022年6月14日里崎智也(通算890安打) ←こいつが偉そうに大物面してる理 …
  • 2022年6月14日【画像】風吹ケイとかいうグラビアアイドルwwww …
  • 2022年6月14日【画像】チアガール、エッチッチすぐるwwwwwwwwwwww …
  • 2022年6月14日バクマンみたいに凡才漫画家が何発も当てることって出来るもんな …
  • 2022年6月14日二遊間アライバwwwwwww …
  • 2022年6月14日【悲報】DNA鑑定「父子関係はありません」旦那「離婚するわ」 …
  • 2022年6月14日女さん「AED使用後セクハラで訴えられたケースは 数 件 し …
  • 2022年6月14日お前らの上司、お偉いさんが発した"迷言" …
  • 2022年6月14日【動画】 日本橋 昭和通り・宝町のアンダーパスでもの凄い爆発 …
  • 2022年6月14日【鎌倉殿の13人】曽我兄弟の仇討ちで結局誰が死んだんだ・・・ …
  • 2022年6月14日岩崎優(神) 24登板 被打率.301 WHIP1.43 …
  • 2022年6月14日ビットコイン、買えと言ったやつ出てこいや!!!!!!!! …
  • 2022年6月14日韓国人「日本が大谷や佐々木を選抜しても、我々は日本に勝てる」 …
  • 2022年6月14日【画像】寺田心(14)wwwwwwwwwwww …
  • 2022年6月14日義母が病気して、後遺症が少しだけ残った。夫・私「介助をお願い …
  • 2022年6月14日士業に就いている男性と接する機会が増えたけど何故かイケメンば …
  • 2022年6月14日京急本線・大森海岸駅で人身事故 「なんか踏んだ」「バキバキと …
  • 2022年6月14日【鎌倉殿の13人】日本三大敵討ちを三谷の勝手な解釈でやってい …
  • 2022年6月14日山田哲人(30).241 13本 31打点 8盗塁 OPS. …
  • 2022年6月14日最新版セ・パチーム本塁打ランキグン …
  • 2022年6月14日【動画】首都高で土方とチンピラが車を降りてガチ喧嘩 …
  • 2022年6月14日横浜は中日と同じ立場なのに …
  • 2022年6月14日彼女「身体は絶対触らないで。求めたら警察ね。デート代は全部出 …
  • 2022年6月14日【朗報】AKB48大盛真歩さんが、ヤンジャン水着オフショット …
  • 2022年6月14日常磐線の人身事故、現在も一部列車に遅れ 「バラバラ」「こべり …

米国がサウジの石油施設と米国の原子力発電所をハックしたロシアのスパイ4人を起訴

米司法省は、同国の原子力発電事業者やサウジアラビアの石油化学施設といった重要なインフラを標的とした数年にわたるハッキング活動で、ロシア政府職員4人を起訴したと発表した。2021年6月の最初の起訴状は、ロシア国防省のプログラマーであるEvgeny Viktorovich Gladkikh(エフゲニー・ビクトロビッチ・グラッドキク、36歳)と2人の共謀者を、全世界のエネルギー施設で産業制御システムのハッキングを計画したとして起訴している。グラッドキクは2017年にサウジアラビアの石油化学プラントを標的とした悪名高いマルウェア「Triton」の背後にいると考えられており、それは2017年のサウジアラビアの石油化学工場に対する攻撃で使われている。ハッカーはこのマルウェアを使って、漏洩や爆発につながる危険な状態を防ぐために設計されたプラントの安全システムを無効化しようとした。Tritonは、2018年10月に初めてロシアに関連するものだとされた。司法省によると、サウジの工場を爆破する計画に失敗したハッカーたちは、米国の同様に重要なインフラを管理する企業のコンピューターをハックしようとしたという。.

ユニコーンの投げ売りがそろそろ始まる?

スタートアップとマーケットの週刊ニュースレター、The TechCrunch Exchangeへようこそ。今日はいろいろなことをお話しする。コーヒーを入れて、落ち着いて、一緒に楽しもう。投げ売りか?Amplitude(アンプリチュード)が直接上場し、取引を開始して、2021年第4四半期の決算を発表したときには壁にぶつかっていたことを覚えているだろうか?2022年初頭に資産価値を減じたのは、上場しているハイテク企業の中で同社だけではなかったが、その再評価の規模は際立っていた。現在、Instacart(インスタカート)が非公開市場で似たような事態に陥っている。多くの非公開企業は、新入社員の入社意欲と既存社員の定着意欲を高めるために、株価の評価方法を見直すべきなのだろうか。おそらくは。GGVのJeff Richards(ジェフ・リチャーズ)氏は、金曜日(米国時間3月25日)に議論の種を投稿した。未上場企業の評価は上がるだけで、上下することはありえないと考えるのは不合理です。未上場期間が長い企業は、相関関係を正規化する必要があります……。その通りだ。市場を避けては通れない。再度ベンチャーキャピ.

自動インシデント対応プラットフォームを構築するShorelineがシリーズBで約43億円を調達

Shorelineの創業者でCEOのAnurag Gupta(アヌラグ・グプタ)氏は、同社を創業する前は8年間、AWSでインフラストラクチャに携わっていた。AWSのシステムがスローダウンしたり停止したりするインシデントに対応するシステムの責任者を務めていた。これは大仕事で、同氏はインシデント対応を自動化する社内システムの構築に関わっていたが、マーケットプレイスには他社がそうした自動化に役立つツールが不足していることに気づいた。ソフトウェアのテストと導入、本番システムの監視、インシデントが起きた時の対応をするツールはあるが、同氏は欠けているものがあると見ていた。同氏は、インシデントのチケットが発行され必要な人が対応を始めると、何がおかしいかをつきとめて修復するのは通常は手作業が極めて多いプロセスになると指摘する。システムがダウンすると1分ごとにコストがかさむ。ソフトウェアとシステムが複雑になり、こうした問題に対処する責任者であるSRE(サイト信頼性エンジニア、Site Reliability Engineer)が根本原因をつきとめて修復するのはさらに難しくなっている。グプタ氏は「ほぼすべ.

スマートリング「Oura Ring」が累計販売数100万個を突破

ハードウェアの世界では我々は、大きくてきりのいい数字が大好きだ。どんなものでも100万個を達成するのはすごいことで、その100万個が399ドル(約4万8800円)のスマートリングならなおさらだ。Ouraがウェアラブル分野を永久に変えたというのは早計だが、スマートウォッチというフォームファクター、そして特にある特定のスマートウォッチを中心に物事が固まっている今、状況を揺るがすスタートアップの登場は注目に値するだろう。Ouraは、その高い値段にもかかわらず、パンデミックに後押しされたスタートアップの1つといえるだろう。このデバイスは、アクティブなフィットネストラッカーというよりは、ヘルスモニターである。そのバイタルトラッキングと控えめなフォームファクターにより、NBAからNASCARまで、多くのスポーツリーグとの提携を得た。これほどまでに世界レベルの著名人の指にまとわれている製品は少ない。こうしたパートナーシップは、製品に内蔵された体温のトラッキングなどに関するいくつかの研究と相まって、うまく機能している。2020年末、科学ジャーナルNatureは「Feasibility of conti.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる