バイナリーオプション

底打ちと反転のパターンを知ろう

底打ちと反転のパターンを知ろう
参考例

できる ゼロからはじめる楽譜&リズムの読み方超入門

【CONTENTS】
第1章 音の【長さ】を読んでみよう
1 拍について知ろう
2 テンポについて知ろう
3 拍子について知ろう
4 4分音符と4分休符を覚えよう
5 8分音符と8分休符を覚えよう
6 16分音符と16分休符を覚えよう
7 2分音符と2分休符を覚えよう
8 全音符と全休符を覚えよう
Q&A もっと短い音符、長い音符はあるの?

第2章 もっと拍子を読んでみよう
9 基本の小節線を覚えよう
10 その他の小節線を覚えよう
11 拍子を表す記号を覚えよう
12 2拍子を知ろう
13 3拍子を知ろう
14 4拍子を知ろう
15 変わった拍子を知ろう
16 強拍と弱拍を知ろう
Q&A なぜ4分音符以外の音符を分母に使うの?

第3章 リズムを読んでみよう
17 付点のついた音符と休符を覚えよう
18 タイの使い方を知ろう
19 【ラーメン】のリズム、タータタを知ろう
20 【カロリー】のリズム、タタターを知ろう
21 【ステーキ】のリズム、タタータを知ろう
22 【ケーキ】のリズム、ターータを知ろう
23 【カレー】のリズム、タターーを知ろう
24 休符を含んだリズムを覚えよう
25 【メタボ】のリズム、3連符を知ろう
26 5連符、6連符、7連符を知ろう
Q&A 「3連符が4つ」と 12/ 8拍子の違いは?底打ちと反転のパターンを知ろう

第4章 音の【高さ】を読んでみよう
27 五線の仕組みを知ろう
28 ト音記号を覚えよう
29 ヘ音記号を覚えよう
30 ドレミファソラシドをおさらいしよう
31 ト音とヘ音の組み合わせを覚えよう
32 その他の音部記号を知っておこう
33 半音上げる記号を覚えよう
34 半音下げる記号を覚えよう
35 変化した「ドレミ〜」の読み方を知ろう
36 臨時記号のルールを覚えよう
37 まとめて変化させる記号を覚えよう
Q&A なぜ「ダブルシャープ」や「ダブルフラット」を使うの?

第5章 楽譜の記号を読んでみよう
38 速度を表す記号を覚えよう
39 速度の変化を表す記号を覚えよう
40 強弱を表す記号を覚えよう
41 強弱の変化を表す記号を覚えよう
42 演奏する感情を表す記号を覚えよう
43 音を飾る記号とパターンを覚えよう
44 省略を表す記号を覚えよう
45 繰り返しの記号を覚えよう
Q&A なぜ楽譜はイタリア語の指示が多いの?底打ちと反転のパターンを知ろう

第6章 楽器別の楽譜を読んでみよう
46 コードについて知っておこう
47 ピアノの楽譜を知ろう
48 ギターやベースの楽譜を知ろう
49 ドラムの楽譜を知ろう
50 弦楽器の楽譜を知ろう
51 管楽器の楽譜を知ろう
52 オーケストラの楽譜を知ろう
Q&A なぜこんなにわかりにくい「移調楽器」があるの?

底打ちと反転のパターンを知ろう

• [サンプル] タブ — 現在選択しているパレットのサンプルが表示されます。サンプルとは、再び使用することができるように保存されたマテリアルのことです。サンプルの詳細については、カスタム カラー パレットとサンプルを使用するを参照してください。

• [スライダー] タブ — スライダーと数値入力ボックスが表示されます。これらを使って各カラー スペース(RGB、HSL、CMYK、Lab、Web) を設定できます。また、[Grayscale] を使って影を設定することもできます。

• [前景のプロパティ] と 底打ちと反転のパターンを知ろう [背景のプロパティ] ボックス — 現在の前景および背景マテリアルを表示します。これらのマテリアルはスタイル(色、グラデーション、またはパターン)とオプションのテクスチャで構成されています。これらのボックスをクリックして [マテリアル プロパティ] ダイアログ 底打ちと反転のパターンを知ろう ボックスを表示し、マテリアル オプションを設定することができます。これらのボックスは、次のように使用できます。

• テキストやベクター図形を使用する場合は、テキストや図形のストローク (輪郭) に対して前景色を設定し、テキストや図形の内部の色に対して背景色を設定できます。テキストやベクター オブジェクトの色の変更についての詳細は、ベクター オブジェクト プロパティを変更するにはを参照してください。

• [スタイル] ボタン — 色、グラデーション、パターンのどのスタイルが現在選択されているかが示されます。最後に選択した色、グラデーション、パターンの間で変更するには、[スタイル] ボタンをクリックしてドロップリストから新しいスタイルを選択します。これらのオプションは、[アート メディア] ツールでは使用できません。[アート メディア] ツールでは単色のみが使用されます。

• [透過] ボタン — 前景または背景のマテリアルを透明にするかどうかを指定します。透明のマテリアルは主として、ベクター 底打ちと反転のパターンを知ろう オブジェクトやベクター テキストに対して使用されます。前景のマテリアルが透明に設定されている場合は、輪郭線が現れません (オブジェクトやテキストは内部が塗りつぶされているだけとなります)。背景のマテリアルが透明に設定されている場合は、内部が塗りつぶされません (オブジェクトやテキストは輪郭線で囲まれているだけとなります)。このボタンは、前景および背景のマテリアルの使用を前提としたツールに対しては使用できません。

• [すべてのツール] チェック ボックス - 選択した前景および背景のマテリアルをすべてのツールに適用するかどうかを指定します。このチェック ボックスのチェックを外すと、選択したマテリアルは使用中のツールにのみ適用されます。[すべてのツール] チェック ボックスは [テキスト編集] コマンドには適用されません。

[前景のプロパティ]/[背景のプロパティ] ボックスをクリックすれば色を選択できるため、なぜ [マテリアル] パレットに [前景色]/[背景色] ボックスがあるのかと不思議に思われるかもしれません。[前景色]/[背景色] ボックスのおかげで、他のマテリアルを変更せずにすばやく色を変更することができます。つまり、[前景のプロパティ]/[背景のプロパティ] 底打ちと反転のパターンを知ろう ボックスにグラデーションやパターンを表示させたまま、新しい色を選択できるということです。

マテリアル パレットの [前景のプロパティ]/[背景のプロパティ] ボックスと [前景色]/[背景色] ボックスが異なる色を示している場合、グラデーション、テクスチャ、またはパターンのブラシ ペイントは、各プロパティ ボックスに表示されます。色のボックスの色は付きません。[前景のプロパティ]/[背景のプロパティ] ボックスの [スタイル] ボタンから [色] を選択すると、[前景色]/[背景色] ボックスの色が有効になります。

底打ちと反転のパターンを知ろう

データを配置した状態で一方の色のモジュールが極端に多かったり、 底打ちと反転のパターンを知ろう 位置検出パターンに類似した模様があると、読み込みに支障をきたす 恐れがあります。

2.5.1 底打ちと反転のパターンを知ろう マスクをかける範囲

2.5.2 マスクの種類と条件

マスクパターン参照子条件
000(i+j) mod 2 = 0
001i mod 2 = 0
010j mod 3 = 0
011(i+j) mod 3 = 0
100(( i div 2)+(底打ちと反転のパターンを知ろう j div 3)) mod 2 = 0
101(ij) mod 2 + (ij) mod 3 = 0
110((ij) mod 2 +(ij) mod 3) mod 2 = 0
111((ij)mod 底打ちと反転のパターンを知ろう 3 + (i+j) mod 2) mod 2 = 0
※表中の mod は剰余計算 div は整数除算をあらわす。

例えば、マスクパターン0では...
(20,20)の場合、 (20+20) mod 2 = 0 なので ビットを反転させます。
(19,20)の場合、 (20+19) mod 2 = 1 なのでビットを反転させません。

2.5.3 マスクの評価

それぞれのマスクパターンの結果に対して以下の表に示す特徴に対して失点を課し、 最も合計失点の少ないパターンを採用します。
なお評価は機能パターンを含むシンボル全体に対して行います。

特徴評価条件失点
同色の行/列の隣接モジュールモジュール数=(5+i)3+i
同色のモジュールブロックブロックサイズ 2×23
行/列における1:1:3:1:1(暗:明:暗:明:暗)のパターン
40
全体に占める暗モジュールの割合50±(5+k)%~50±(5+(k+1))%10×k

筆者注:マスク評価の問題
筆者はこのマスク評価のルールについて困っておりました。
というのも上記通りに評価してもJISの図やP-touch editorで得られる結果と異なる (もう一ついえばJISとP-touch editor間でも異なる!)ためでした。
試行錯誤の結果、下記でJISの2つの実例(図1と付属書8図2)と同じになったのでとりあえずこれを採用することとしました。
(間違えている可能性大ですが)

2004.12.26追記
#JIS X0510(2004)ではマスクの評価方法が少し変わりました。
詳細はJIS X0510(2004)と(1999)の比較参照ください。

逆にJIS X0510(1999)の付属書8の結果とJIS X0510(2004)の付属書Gの結果が マスクパターン参照子が異なっている結果となっていることから、やはりマスク パターン参照子は「極端な場合だけ省ければよい」という解釈で問題ないと思う というのがひとつの結論なのかもしれません。

サンプルではマスクパターン 011 を選択しました。

位置検出の基礎 位置測定/サーチモード

画像センサでよく使われる用途のひとつに『位置・角度測定』があります。
ガラス基板であればより精度の高い位置情報が必要となり、IC の検査であれば高速ラインに対応できる処理能力が要求されます。また、過去2 回にわたり紹介してきた「傷」「エッジ」といった計測項目の検査実行前にワークの位置ズレを修正する「位置補正機能」としても汎用的に使用されています。今回は最も汎用的な『パターンサーチ』モードを中心として、その原理から安定した検出を行なう手法を詳しく説明します。

「パターンサーチ」モードのアルゴリズム

「パターンサーチ」とは・・・

パターン画像とサーチ画像を圧縮し、データ量を減らします。

サーチモードを用いた検査の代表例

サーチをミスしないポイント

サーチをミスしてしまう要因

サーチをミスしてしまう要因

サーチをミスしてしまう要因

サーチをミスしないポイント(圧縮率を変更する)

サーチをミスしないポイント(圧縮率を変更する)

サーチをミスしないポイント(圧縮率を変更する)

サーチを安定させるポイント(結果精度を向上させる)

  • 1.最終プロセス(詳細サーチ)の繰り返し回数を増やす
  • 2.連写機能を使用する
  • 3.前処理フィルタを活用する

(1)最終プロセス(詳細サーチ)の繰り返し回数を増やす

(1)最終プロセス(詳細サーチ)の繰り返し回数を増やす

(2)連写機能を使用する

連写機能とは、1 回のトリガ入力で複数回撮像、画像処理を繰り返し、その平均値や最大値、最小値を計測値とする機能です。1 回のみの撮像と比較して、計測値のバラつきを抑えることができます。

文字装飾デザイン基本の10パターンを参考例とともにご紹介します!

参考例

一部の色を変える

色を変える場所は画数にもよりますが、一文字につき1〜5箇所くらいに調整しましょう。書き順を考えてどのラインが上に来るのかを意識すると良いです。

参考例

マドに色をつける

マドとは文字にできる穴の隙間のことをいいます。

参考例

輪郭線をつける

輪郭線だけがある文字を袋文字(ふくろもじ)といいます。塗りをなしにして、輪郭線のみを抜き出した袋文字すると、デザインに統一感を出しつつ、文字に差をつけることができます。

参考例

デザインを通した商品の“定番”について考えてみた〜「meiji THE Chocolate」の場合〜

影をつける

文字をイラストや写真と組み合わせるときは、光源の向きに注意が必要です。たとえば光が左上から当たっていたら、影は右下にできます。その場合、文字の影も同じ右下に統一します。

影が変な位置にあると、全体を見たときに違和感を与えてしまいます。制作の前に「今回の光源は左上」といったように、ある程度ルールを決めておくのも良いと思います。

参考例

隙間を空ける

文字のパーツを分解して線と線の間に隙間を空けると、垢抜けてすっきりとした印象になります。

参考例

参考例

組み合わせる(混植する)

明朝体とゴシック体を組み合わせると、緩急がつきます。

参考例

モチーフを入れる

モチーフを入れるときは、言葉の意味を連想できるものを選ぶと良いです。マドの中に入れたり濁点・半濁点の箇所にモチーフを入れると、文字のフォルムを残したまま、バランス良く装飾ができます。

参考例

はね、はらい、止め部分に飾りをつける

子ども向けのデザインや、ポップな印象を与えたいときにおすすめです。飾りをつけると全体の密度が上がるので、文字間は少し広めに取って視認性を確保すると良いと思います。

参考例

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる