FX取引データ

フィボナッチリトレースメントの定義

フィボナッチリトレースメントの定義
続いて日経平均株価をチェックします。

日経平均株価ではRSIは50以上の水準で維持しており、ストキャスティクスも一度売られ過ぎの水準に到達してから、再度反発してきているという状態です。

前日の高値安値からフィボナッチリトレースメントを自動描画するインジケーター

SpudFiboを表示したチャート

先週の高値・安値・半値を表示するインジケーター「Weekly_HILO_Shj.ex4」を紹介します。 日足にも同様のインジケーターはありますが、中期的なトレンドを見るのであれば先週の高値安値が見やすいです。 チャート.

SpudFiboの使い方

パラメーター設定

各ゾーンで色変更も可能

InnerFibsの表示オフ

InnerFibsの設定はお好みですが、下記のように前日からのフィボナッチが意識されるケースもあるので、目立たない色で表示しておくのがお勧めです。

ポンドドル5分足

実はフィボナッチが意識されるのはFXだけではありません。
原油のチャートを見ても何かを感じずにはいられない値動きとなってます。

WTIの5分足

ラウンドナンバーを意識してみよう!

FXフレンズの北原です。 今回はラウンドナンバーについて紹介したいと思います。 ラウンドナンバーとは? ラウンドナンバーって聞き慣れない言葉かもしれませんね。 私もFXをやるまでラウンドナンバーなんて知りませんでし.

MT4で前日の高値安値に自動でラインを引くインジケーターでおすすめはコレ!

FXフレンズの森田です。 今回は、MT4で前日の高値安値に自動でラインを引いてくれるインジケーターでおすすめなものを紹介します。 また前日の高値安値を使った基本的なトレード手法も書くので参考にしてください。 .

先週の高値安値インジケーターを使うとトレンドも分かりやすい

先週の高値・安値・半値を表示するインジケーター「Weekly_HILO_Shj.ex4」を紹介します。 日足にも同様のインジケーターはありますが、中期的なトレンドを見るのであれば先週の高値安値が見やすいです。 チャート.

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

こちらも 億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し 、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。
トレード回数は少ないですが、少し長めの時間足で30~50pipsを狙う手法です。 フィボナッチリトレースメントの定義
大きなトレンドが発生すれば100pips以上獲れることがあります。

軟調な日米株式市場の今後は?テクニカル分析目線で予測【2022年6月】


上記はS&P500指数の月足チャートです。

日経平均株価(月足)

続いて日経平均株価をチェックします。

日経平均株価ではRSIは50以上の水準で維持しており、ストキャスティクスも一度売られ過ぎの水準に到達してから、再度反発してきているという状態です。

S&P500(週足)


週足のRSIは売られ過ぎの水準にまでは到達していませんが、ある程度調整が進んでいる状況です。もう少し下落したタイミングがいい押し目となりそうなため、調整する余地はまだあると言えるでしょう。

日経平均株価(週足)

次に日経平均株価の週足チャートです。

日経平均株価の週足を見るとRSIも横ばいとなっており、ストキャスティクスも中心あたりで推移しているため、オシレーターを見る限りは買いの水準かどうかを判断するのは難しい位置です。

S&P500(日足)

フィボナッチリトレースメントの定義
50日単純移動平均線と200日単純移動平均線を表示させています。

日経平均株価(日足)


次に日本株ですが、S&P500指数と同様にデッドクロスはしているものの、下落圧力は米国と比較して強い動きにはなっていません。元々日本株自体の上昇幅が米国と比較して弱かったという面もあり、上昇幅が元々小さかった分、下落幅も小さいという考え方もできるでしょう。

【効果的な使い方を説明】フィボナッチ・リトレースメントを使った手法を紹介します。

FX

  • フィボナッチって聞いたことはあるけどどんなものなんだろう?
  • FXトレードにおいてどのように使えばいいの?
  • フィボナッチの上手な使い方は?
  • フィボナッチとは何か?
  • フィボナッチの種類はどんなのがあるの?
  • メリットとデメリットはなに?
  • トレードでどうやって使うのか?

フィボナッチとは何か?

まずは、フィボナッチについて簡単に説明していきます。

では、なぜこのフィボナッチ数列が重要なのでしょうか?

  • ある数字を1つ後の数字で割ると0.618
  • ある数字を2つ後の数字で割ると0.382
  • ある数字を3つ後の数字で割ると0.236

8÷13=0.6153… 8÷21=0.3809… 8÷34=0.2352…
13÷21=0.6190… 13÷34=0.3823… 13÷55=0.2363…
21÷34=0.6176… 21÷55=0.3818… 21÷89=0.2359…

フィボナッチの種類はどんなのがある?

  • フィボナッチ・リトレースメント
  • フィボナッチ・エクスパンション
  • フィボナッチ・タイムゾーン
  • フィボナッチ・ファン
  • フィボナッチ・アーク

フィボナッチのメリットは?

押し目・戻り目の予測がつきます

エントリーポイント・損切りラインが決まります

利確ポイントが予測できます

フィボナッチのデメリットは?

絶対ではない。過信しすぎない。

トレンドの方向がわからなければ、逆に動く

フィボナッチの使い方は?

フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・エクスパンション

リトレースメントとエクスパンションを合わせて使うのがおススメ

誰でもできる!エントリーポイントがわかるグランビルの法則の使い方

グランビルの法則って何?グランビルの法則って使えるの?どうすればグランビルの法則で勝てるようになるの? と悩んだことはありませんか? この記事を読むと、グランビルの法則がだれでもわかります。 なぜなら、私もグランビルの法.

【勝てるようになる】トレードで勝てるようになるために過去検証のやり方を順番に説明します

過去検証するとどうなるのか?過去検証のやり方がわからない?どうすればいい?過去検証をして勝てるようになるのか? フィボナッチリトレースメントの定義 と悩んだことはありませんか? この記事では、過去検証のやり方をイチから説明します。 過去検証の目的過去検証の.

FX初心者におすすめのチャート分析の方法は?

FXでテクニカル分析をしようと思うのですが、種類が多すぎる…どれを使えばいいか迷う?FXでトレードをするときには、テクニカル分析だけで勝てるのか?おすすめのテクニカル分析ってある? こういうことありませんか? こ.

ダウ理論とは?FXで稼ぐ手法や使い方をわかりやすく解説します

ダウ理論ってなんなの?ダウ理論で何がわかるの?ダウ理論をどのように使えばいいの? と悩むことがありませんか? この記事を読めば、 ダウ理論の基礎がわかるようになります。ダウ理論がわかることで、トレンドの流れ・エントリーと.

勝てるポイントが見つかる!エントリールールの作り方を紹介します

「エントリーするときにルールがあったほうがいいよ」と聞いたことありませんか? 「でも、エントリールールの作り方がわからないからどうしよう…」と悩んでいませんか? この記事を読めば、だれでもエントリールールは作ることができます。.

【利益を増やそう】大きく稼ぐためのピラミッティングの使い方のコツ

FXでトレードをしていると・もう少し利益を増やしたいな?・もっと大きく稼げないかな?と思うことはありませんか? 今回は、さらに利益を増やすために「ピラミッティング」を紹介したいと思います。 この記事を読むと、誰でも使い方がわか.

軟調な日米株式市場の今後は?テクニカル分析目線で予測【2022年6月】


上記はS&P500指数の月足チャートです。

日経平均株価(月足)

続いて日経平均株価をチェックします。

日経平均株価ではRSIは50以上の水準で維持しており、ストキャスティクスも一度売られ過ぎの水準に到達してから、再度反発してきているという状態です。

S&P500(週足)


週足のRSIは売られ過ぎの水準にまでは到達していませんが、ある程度調整が進んでいる状況です。もう少し下落したタイミングがいい押し目となりそうなため、調整する余地はまだあると言えるでしょう。

日経平均株価(週足)

次に日経平均株価の週足チャートです。

日経平均株価の週足を見るとRSIも横ばいとなっており、ストキャスティクスも中心あたりで推移しているため、オシレーターを見る限りは買いの水準かどうかを判断するのは難しい位置です。

S&P500(日足)


50日単純移動平均線と200日単純移動平均線を表示させています。

日経平均株価(日足)


次に日本株ですが、S&P500指数と同様にデッドクロスはしているものの、下落圧力は米国と比較して強い動きにはなっていません。元々日本株自体の上昇幅が米国と比較して弱かったという面もあり、上昇幅が元々小さかった分、下落幅も小さいという考え方もできるでしょう。

軟調な日米株式市場の今後は?テクニカル分析目線で予測【2022年6月】


上記はS&P500指数の月足チャートです。

日経平均株価(月足)

続いて日経平均株価をチェックします。

日経平均株価ではRSIは50以上の水準で維持しており、ストキャスティクスも一度売られ過ぎの水準に到達してから、再度反発してきているという状態です。

S&P500(週足)


週足のRSIは売られ過ぎの水準にまでは到達していませんが、ある程度調整が進んでいる状況です。もう少し下落したタイミングがいい押し目となりそうなため、調整する余地はまだあると言えるでしょう。

日経平均株価(週足)

次に日経平均株価の週足チャートです。

日経平均株価の週足を見るとRSIも横ばいとなっており、ストキャスティクスも中心あたりで推移しているため、オシレーターを見る限りは買いの水準かどうかを判断するのは難しい位置です。

S&P500(日足)


50日単純移動平均線と200日単純移動平均線を表示させています。

日経平均株価(日足)


次に日本株ですが、S&P500指数と同様にデッドクロスはしているものの、下落圧力は米国と比較して強い動きにはなっていません。元々日本株自体の上昇幅が米国と比較して弱かったという面もあり、上昇幅が元々小さかった分、下落幅も小さいという考え方もできるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる