トレードがうまくなるためのコツ

プライス ストラテジー

プライス ストラテジー
▼ストラテジーテスターが動き始めた様子

【2021年10~12月】ForexFlexEA ストラテジーランキング | Top10

EAランキング

  • フォワード結果を公開中のストラテジー
  • 忖度なしの月間利回り(%)のみで作成
  • Myfxbook認証口座の結果だけを使用
  • 運用期間が5年越えのストラテジーあり
  • ユーザー専用ページで入手可能なストラテジーを紹介

「複数のストラテジーが利用できるEA」
Forex Flex EAは、全世界で利用者も多く、ユーザー限定の公開フォーラムで入手できるEAを含めれば、その選択肢は無限大。

この記事では、海外在住で投資歴15年の筆者が、フォワード結果を公開しているForex FlexEA EAの各ストラテジーを、ランキング形式で紹介します。

1位から5位まで:Forex Flex EA ストラテジーランキング

順位 3か月損益 EA (Myfxbook)
1位 76.46% » Flex EA – Default End Of Day
2位 32.12% » Flex EA – New EMA Far Apart v2 2020
3位 24.97% » Flex EA – RSix3 CandleSize 75 H4 v4.76+
4位 18.50% » Flex EA – Default Out Of プライス ストラテジー Box Settings
5位 16.99% » Flex EA – Candlestick Pin Patterns 4.95 H1

第1位 | Flex EA – Default End Of Day

ForexFlexEA ストラテジーランキング|3か月利回りForexFlexEA ストラテジーランキング|3か月利回り プライス ストラテジー
3か月利回り 取引開始日 公開データ
+76.46% 2020/7/9 Myfxbookより
  • 取引回数:353回
  • 最大DD:33.44%
  • 勝率:69.97%
  • PF:8.プライス ストラテジー 44

ForexFlexEA ストラテジーランキング|月別利回り

ForexFlexEA ストラテジーランキング|月別利回り

あなたが、今の高速・高頻度取引【HFT】相場で、なぜ?『マジックボックスFX』が必要なのか!◆プライスアクション・トレード教室(Vol.052)

あなたが、高速・高頻度取引【HFT】で勝利を得るには、
『マジックボックスFX』が必要だ!
◆プライスアクション・トレード教室(Vol.052)

  • 1 あなたが、高速・高頻度取引【HFT】で勝利を得るには、
    『マジックボックスFX』が必要だ!
    ◆プライスアクション・トレード教室(Vol.052)

プライスアクションJAPAN-高速・高頻度取引

少しでも、あなたには、従来のような、
「インディケーター偏重の売買ストラテジー」から、
脱却し、勝てるトレーダーに変貌してほしい。


ネット上にある様々な「売買ストラテジー」、 プライス ストラテジー
これらのほとんどは、平滑化・平均化の計算された
ボリンジャーバンド、RSI、ストキャスティクス、MACDといった
インディケーターを組み合わせて作られています

プライスアクションJAPAN-高速・高頻度取引


高速・高頻度取引【HighFrequencyTrading/HFT】が普及している相場では、残念ながら、遅効性を持ったインディケーターを組み合わせたような、一般的な売買ストラテジーは、もはや通用しません。


ネット上で、よくある「●●pips獲った」というは、
よく見て判断すると、表面上を良くし、気を引くための
カーブフィッティングをおこなっているに過ぎません。

高速・高頻度取引【HFT】により、個人トレーダー(投資家)はサバイバルの時代に!

「週刊ダイヤモンド」で 『個人投資家サバイバル』 という特集がありました。

超高速取引の導入や小数点以下の株価表示など、
東京証券取引所が実施する新たな施策によって、
個人投資家の投資スタイルの転換が迫られている 。

「日本経済新聞」では、

『FX、荒れる価格 高速・高頻度取引に市場苦慮 』という記事を掲載しました。

『FX、荒れる価格 高速・高頻度取引に市場苦慮 』

外国為替証拠金(FX)取引会社が、 短時間で売買を繰り返す高速・高頻度取引への対応に苦慮している 。売買増加に寄与する一方、価格形成がゆがむといった弊害も大きくなってきたためだ。

ネット上で、よくある「●●pips獲った」というは、
よく見て判断すると、表面上を良くし、気を引くための
カーブフィッティングをおこなっているに過ぎません。

前回の記事でも書きましたが、
遅効性を持ったインディケーターを組み合わせれば、組み合わせるほど、
実際の値動きとの差が大きくなります。

医師でもあるプライスアクション・トレードの研究熱心なトレーダー
「アル・ブルックス」 も、この点を盛んに指摘
しています。

プライスアクションJAPAN-高速・高頻度取引

高速・高頻度取引【HighFrequencyTrading/HFT】が非常に盛んにおこなわれている
そんな時代背景を考えると、
ダイレクトにプライスアクション(価格動向)に追従する手法でないと成功はしにくい のです。

つまり、少しでも、
あなたが、従来のような、
「インディケーター偏重の売買ストラテジー」から、
脱却し、勝てるトレーダーに変貌してほしい。

【FX】ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせた最強ストラテジーを紹介するよ!

【FX】ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせた最強ストラテジーを紹介するよ!

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせた最強ストラテジーを紹介するよ!

その名も「The Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) Strategy」。

先行指標と遅行指標

「The プライス ストラテジー Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) Strategy」は、先行指標であるRSIと遅行指標であるボリンジャーバンドを組み合わせることで、最適なタイミングを導き出そうというFX手法です。

先行指標とは、実際のレートの動きに対してやや先走って変動するテクニカル指標のことです。トレンド転換より早めにシグナルを発します。ストキャスティクスなどのオシレーター系の多くは先行指標として知られていますね。

一方、遅行指標とは、レートの動きに追随するように変化するテクニカル指標を指します。トレンド系テクニカル指標の多くが遅行指標です。

遅行指標だけではどうしてもタイミングに遅れてしまいます。一方で先行指標のみではダマシに遭いやすくなります。先行指標と遅行指標をバランス良く組み合わせたデュアル戦略によって、仕掛けや手仕舞いの最適なタイミングを見計らうわけですね。極めてロジカルです。

The Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) Strategy

「The Bollinger Bands and Relative Strength Index (プライス ストラテジー RSI) Strategy」に使用するテクニカルの各パラメーターは以下の通り。

  • ボリンジャーバンド:期間20、偏差2
  • RSI:期間14、レベルライン70と30

The Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) Strategy

The Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) Strategy

ダイバージェンスと酒田五法を組み合わせてタイミングを精査する

基本的にはボリンジャーバンドの±2σ(シグマ)からの逆張りをRSIの買われすぎ・売られすぎで補完するストラテジーなのですが、本手法には2つのアイデアが組み込まれています。

1.RSIダイバージェンスをチェック

ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスの違い

RSI Divergence and Price Action

RSI Divergence and Price Action

2.プライスアクションをチェック

price action of the candlestick

プライスアクション(酒田五法)は、1〜複数のローソク足のパターンによって相場転換を予測するテクニックとして知られています。パターン形状によって強気(買いシグナル)弱気(売りシグナル)などがあります。

【2022年7月版】優位性の高いFX商材 プライス ストラテジー Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

The プライス ストラテジー Bollinger Bands and Relative プライス ストラテジー Strength Index (RSI) Strategyのトレードルールを解説

では、The プライス ストラテジー Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) Strategyのトレードルールを解説します。

  1. ボリバン下側バンド(−2シグマ)付近にレートがあること
  2. RSIが30%未満であること
  3. ダイバージェンスの買いシグナルが出現していること(RSI切り上げ&レート安値更新)
  4. ローソク足が強気のパターンを示していること

上の4つの条件を満たしたら 「買いENTRY」 します。

  1. ボリバン上限バンド(+2シグマ)付近にレートがあること
  2. RSIが70%超えであること
  3. ダイバージェンスの売りグナルが出現していること(RSI切り下げ&レート高値更新)
  4. ローソク足が弱気のパターンを示していること

上の4つの条件をすべて満たしたら 「売りENTRY」 で仕掛けていきます。

先行指標+遅行指標に加え、トレンド転換を示唆するテクニカルでシグナルを精査することでENTRY精度を極限まで高めるアイデア

The Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) Strategyをまとめると次の通りです。

本ストラテジーは、ボリバンとRSIで相場転換予測を補完しつつ、ダイバージェンスと強気・弱気のプライスアクション(酒田五法)によってシグナルをフィルタリングして、精度の高いシグナルのみを抽出するという工夫がなされています。

【FX】ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせた最強ストラテジーを紹介するよ!

【FX】ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせた最強ストラテジーを紹介するよ!

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせた最強ストラテジーを紹介するよ!

その名も「The Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) プライス ストラテジー Strategy」。

先行指標と遅行指標

「The Bollinger Bands and プライス ストラテジー プライス ストラテジー プライス ストラテジー Relative Strength Index (RSI) Strategy」は、先行指標であるRSIと遅行指標であるボリンジャーバンドを組み合わせることで、最適なタイミングを導き出そうというFX手法です。

先行指標とは、実際のレートの動きに対してやや先走って変動するテクニカル指標のことです。トレンド転換より早めにシグナルを発します。ストキャスティクスなどのオシレーター系の多くは先行指標として知られていますね。

一方、遅行指標とは、レートの動きに追随するように変化するテクニカル指標を指します。トレンド系テクニカル指標の多くが遅行指標です。

遅行指標だけではどうしてもタイミングに遅れてしまいます。一方で先行指標のみではダマシに遭いやすくなります。先行指標と遅行指標をバランス良く組み合わせたデュアル戦略によって、仕掛けや手仕舞いの最適なタイミングを見計らうわけですね。極めてロジカルです。

The Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) Strategy

「The Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) Strategy」に使用するテクニカルの各パラメーターは以下の通り。

  • ボリンジャーバンド:期間20、偏差2
  • RSI:期間14、レベルライン70と30

The Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) Strategy

The Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) Strategy

ダイバージェンスと酒田五法を組み合わせてタイミングを精査する

基本的にはボリンジャーバンドの±2σ(シグマ)からの逆張りをRSIの買われすぎ・売られすぎで補完するストラテジーなのですが、本手法には2つのアイデアが組み込まれています。

1.RSIダイバージェンスをチェック

ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスの違い

RSI Divergence and Price Action

RSI Divergence and Price Action

2.プライスアクションをチェック

price action of the candlestick

プライスアクション(酒田五法)は、1〜複数のローソク足のパターンによって相場転換を予測するテクニックとして知られています。パターン形状によって強気(買いシグナル)弱気(売りシグナル)などがあります。

【2022年7月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

The Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) Strategyのトレードルールを解説

では、The Bollinger Bands and Relative Strength Index (RSI) Strategyのトレードルールを解説します。

  1. ボリバン下側バンド(−2シグマ)付近にレートがあること
  2. RSIが30%未満であること
  3. ダイバージェンスの買いシグナルが出現していること(RSI切り上げ&レート安値更新)
  4. ローソク足が強気のパターンを示していること

上の4つの条件を満たしたら 「買いENTRY」 します。

  1. ボリバン上限バンド(+2シグマ)付近にレートがあること
  2. RSIが70%超えであること
  3. ダイバージェンスの売りグナルが出現していること(RSI切り下げ&レート高値更新)
  4. ローソク足が弱気のパターンを示していること

上の4つの条件をすべて満たしたら 「売りENTRY」 で仕掛けていきます。

先行指標+遅行指標に加え、トレンド転換を示唆するテクニカルでシグナルを精査することでENTRY精度を極限まで高めるアイデア

The Bollinger Bands and Relative Strength Index (プライス ストラテジー RSI) Strategyをまとめると次の通りです。

本ストラテジーは、ボリバンとRSIで相場転換予測を補完しつつ、ダイバージェンスと強気・弱気のプライスアクション(酒田五法)によってシグナルをフィルタリングして、精度の高いシグナルのみを抽出するという工夫がなされています。

ストラテジーテスターの動作イメージ

▼ストラテジーテスターの動作イメージ

ストラテジーテスターでインジケーターを検証する方法

まずはストラテジーテスターを表示します。

・上部にある「ストラテジーテスターアイコン」
・上部メニューの「表示→ストラテジーテスター」

ストラテジーテスターの表示方法

▼ストラテジーテスターの表示方法

ストラテジーテスターの表示エリアが隠れている場合の対処法

▼ストラテジーテスターの表示エリアが隠れている場合の対処法

ストラテジーテスターでインジケーターの動作確認をする設定例

▼ストラテジーテスターでインジケーターの動作確認をする設定例

1.インディケータを選択(エキスパートアドバイザーはEAなので今回は選ばない)
2.動作確認をしたいインジケーターをプルダウンメニューから選ぶ
3.通貨ペアを選ぶ
4.全ティック又は始値のみを選択(※違いは後述します)
5.時間足を選択

◆全ティックと始値のみの違いについて
全ティック:ローソク足が形成されるまでの値動きも含めて描画される
始値のみ :確定したローソク足だけが描画される方式

ストラテジーテスターが動き始めた様子

▼ストラテジーテスターが動き始めた様子

FX侍です、こんにちは。 今回は利益を引っ張る目安として使える「ATRトレーリングストップ」のインジケーターを紹介。 ▼ユーロ円1時間足(クリックで拡大します) 利益を引っ張りやすくなるので、トレンドが出た時にはビッグトレードの手助けになります。 合理的なテクニ.

ストラテジーテスターの編集

ストラテジーテスターの注意点

また、長期設定のMAなどは指定期間分のローソク足が描画されないと表示されないのでご注意下さい。
(例:200MAならローソク足が200本未満では表示されません)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる