FXのチャートの見方

波動トラップFX

波動トラップFX
参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

分析と勘によるFX/トレードマニュアル

画像1

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

参考:https://www.gaitameonline.com/academy_chart13.jsp

波動の特定方法

あとで詳しく解説していきますが、そもそも推進波は5波構成・修正波は3波構成というのは、原則であって例外があります。

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

では、その基準とは何かというと、ズバリ「オシレーター」です。(私はRCIを使います)

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

考え方としては「原則と例外を作る」ことです。

エリオット波動論の基礎知識

推進波と修正波について

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

ですから「原則として、修正波は5波構成(修正波は3波構成)だけど、例外がある」というように考えるようにしましょう。

推進波はトレンドを細かく分析したもの

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

エクステンション(波の延長)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

そういった実際の相場の動きに対して例外ルールが設けられることがエリオット波動論ではあります。

この違いは「トレンド(推進波)なのか?そうではない(修正波のパターン)なのか?」です。

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

(上図:トレンド) (下図:トレンドもどき)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

修正波では「パターン分析」ができる

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html 波動トラップFX

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

フラクタルについて

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

フラクタルはエリオット波動論を理解する上で1つの壁になりやすいのですが、実際はこのような綺麗なフラクタルを描くことはないということです。

期間の異なるRCIを比較する

複数の時間軸を確認する

(DAY) (1H)

(4H) (30M)

青四角について

ズバリ青四角は見ているチャートの時間軸よりも「小さいサイクルの修正波(複合型)」になります。

ちなみに、15分足を見ていたのに「サイクルが小さくなる」というのがピンと来ない方もみえるかもしれませんが、これは「相場に現れる波動(サイクル)は切り替わるもの」と覚えて下さい。

MAX岩本先生最新「ミダスタッチ波動FX」勉強始めてbuchujpも2021年の手法に取り入れたい件

がしかし、ミダスタッチ波動FXの「波動理論」を聞いたとき、「波動こそが相場判定に必要」という言葉が非常に納得できたため、実践で使える手法として今年の相場に是非活用してまいりたいと考えた次第です。

いくら言葉で表現してもピンとこないかもしれませんが、現在buchujpが夢中になっているミダスタッチ波動FXの理屈について自分解釈で説明と実践トレード検証をした動画がコチラです。 波動トラップFX

⇒ミダスタッチ波動FXレジェンドアカデミーパッケージbuchujp特典紐づけリンク
※2021年3月11日お昼より一般発売開始(BI_Entryほか特典ご提供予定)更に特別特典を用意

ミダスタッチ波動FXも続いて自分の手法として取り入れようと会員サイトを見ていますが、


⇒ミダスタッチ波動FXレジェンドアカデミーパッケージbuchujp特典紐づけリンク 波動トラップFX
※2021年3月11日お昼より一般発売開始(BI_Entryほか特典ご提供予定)更に特別特典を用意

分析と勘によるFX/トレードマニュアル

画像1

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

参考:https://www.gaitameonline.com/academy_chart13.jsp

波動の特定方法

あとで詳しく解説していきますが、そもそも推進波は5波構成・修正波は3波構成というのは、原則であって例外があります。

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

では、その基準とは何かというと、ズバリ「オシレーター」です。(私はRCIを使います)

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

考え方としては「原則と例外を作る」ことです。

エリオット波動論の基礎知識

推進波と修正波について

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

ですから「原則として、修正波は5波構成(修正波は3波構成)だけど、例外がある」というように考えるようにしましょう。

推進波はトレンドを細かく分析したもの

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

エクステンション(波の延長)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

そういった実際の相場の動きに対して例外ルールが設けられることがエリオット波動論ではあります。

この違いは「トレンド(推進波)なのか?そうではない(修正波のパターン)なのか?」です。

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

(上図:トレンド) (下図:トレンドもどき)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

修正波では「パターン分析」ができる

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.波動トラップFX com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

フラクタルについて

波動トラップFX 参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

フラクタルはエリオット波動論を理解する上で1つの壁になりやすいのですが、実際はこのような綺麗なフラクタルを描くことはないということです。

期間の異なるRCIを比較する

複数の時間軸を確認する

(DAY) (1H)

(4H) (30M)

青四角について

ズバリ青四角は見ているチャートの時間軸よりも「小さいサイクルの修正波(複合型)」になります。

ちなみに、15分足を見ていたのに「サイクルが小さくなる」というのがピンと来ない方もみえるかもしれませんが、これは「相場に現れる波動(サイクル)は切り替わるもの」と覚えて下さい。

分析と勘によるFX/トレードマニュアル

画像1

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

参考:https://www.gaitameonline.com/academy_chart13.波動トラップFX jsp

波動の特定方法

あとで詳しく解説していきますが、そもそも推進波は5波構成・修正波は3波構成というのは、原則であって例外があります。

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

では、その基準とは何かというと、ズバリ「オシレーター」です。(私はRCIを使います)

参考:https://www.oanda.jp/lab-education/technical_analysis/elliott_wave/beginner/

考え方としては「原則と例外を作る」ことです。

エリオット波動論の基礎知識

推進波と修正波について

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

ですから「原則として、修正波は5波構成(修正波は3波構成)だけど、例外がある」というように考えるようにしましょう。

推進波はトレンドを細かく分析したもの

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

エクステンション(波の延長)

参考:https:波動トラップFX //www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

そういった実際の相場の動きに対して例外ルールが設けられることがエリオット波動論ではあります。

この違いは「トレンド(推進波)なのか?そうではない(修正波のパターン)なのか?」です。

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott3.html

(上図:トレンド) (下図:トレンドもどき)

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

修正波では「パターン分析」ができる

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

波動トラップFX 参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott2.html

フラクタルについて

参考:https://www.panrolling.com/books/wb/elliott/elliott.html

フラクタルはエリオット波動論を理解する上で1つの壁になりやすいのですが、実際はこのような綺麗なフラクタルを描くことはないということです。

期間の異なるRCIを比較する

複数の時間軸を確認する

(DAY) (1H)

波動トラップFX (4H) (30M)

青四角について

ズバリ青四角は見ているチャートの時間軸よりも「小さいサイクルの修正波(複合型)」になります。

ちなみに、15分足を見ていたのに「サイクルが小さくなる」というのがピンと来ない方もみえるかもしれませんが、これは「相場に現れる波動(サイクル)は切り替わるもの」と覚えて下さい。

FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

エリオット波動とは波のリズム、優位性の高い3波目を狙う。

エリオット波動とは相場の波のリズムを定義したものです。投資家の心理を考えればとても納得できる法則ですしトレードの武器として十分活用できるものです。
photo credit: osseous via photopin cc

エリオット波動の3波目には高い優位性がある。

エリオット波動とは波のリズムを定義したもの。

1

エリオット波動では波の始めから終わりを5段階で定義しています。上図だと1波、3波、5波が推進波と呼ばれ、2波、4波が調整波と呼ばれています。推進波は3段階にわかれていて、波の性質もそれぞれ異なります。この性質の違いを予測することで波のリズムに合わせたノリノリのトレードが可能になります。エリオット波動は上昇波について定義されていますが、FXは株と違って相対取引なので下降波も同じように考えればいいはずです。

エリオット家の3兄弟は、性格がそれぞれに個性的。

medium_2608892210

抜けの1波は長男、新たなトレンドのきっかけをつくる開拓者の波。

素直な3波は次男、干渉されずにすくすく育つ波。

破天荒な5波は三男、いつ終わってもおかしくない波。

エリオツト第3波が成立する条件。

3

第3波が大きく伸びるには、明確な押しが入る必要があります。明確な押しとは第1波の高さに対して50%,61.8%です。これより浅かったり、深かったりすると第3波が失敗する可能性が高くなります。順当な3波であれば、1波に対して138.2%,150%,161.8%伸びることが多いようです。ようするに一番おいしい波になるということです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる