FX基本用語

テクニカル指標

テクニカル指標
テクニカル指標

Technical Indicators

An indicator is the most important tool for technical analysis. Decisions about how and when to trade can be made on the basis of technical indicator signals. The essence of technical indicators is a mathematical transformation of a financial symbol テクニカル指標 price aimed at forecasting future price changes. This provides an opportunity to identify various characteristics and patterns in price dynamics which are invisible to the naked eye.

Types of Indicators #

In accordance with the functional properties, indicators can be divided into two types: trend indicators and oscillators. Trend indicators help to identify the price direction and find trend reversal moments synchronously or with a delay. Oscillators allow to define market reversal points in advance or simultaneously.

A separate category includes indicators calculated based on テクニカル指標 volumes. For the Forex market, 'volume' means the number of ticks (price changes) within a time interval. For stock securities volume means the volume of executed trades (in contracts or money terms).

Another category is Bill Williams' indicators. They are included into a separate group because they are part of the trading system described in his books.

The above categories include built-in indicators of the trading platform. 38 indicators are available in the platform. A large number of custom technical indicators can also be used in the platform. You can download source codes of various free applications from the Code Base. Thousands of ready-to use applications for technical analysis and automated trading are also available on the Market.

For convenience, all the indicators are divided into groups テクニカル指標 in the Navigator window.

Groups of Indicators

How to Run an Indicator on the Chart #

The most convenient way to apply an indicator is to drag it from the Navigator window. You can also use the Indicators command from the Insert menu or button on the Standard toolbar.

Applying an indicator on a chart

A technical indicator can be drawn in a separate indicator window with its own vertical scale (for example, MACD) or applied directly onto a price chart (like Moving Average).

How to Change Settings of an Applied Indicator #

The settings of a running indicator can be changed. Select the required indicator in the Indicator List and click "Properties" or use the indicator context menu on the chart.

Use the context menu to manage indicators:

Moving a mouse cursor to a line, symbol or a histogram border of an indicator, you can precisely define the value of テクニカル指標 the indicator at this point.

How to Customize the Indicator Appearance #

You can conveniently customize the appearance of indicators in the trading platform. You can set up the indicator parameters when applying it to a chart or modify them later. The indicator appearance テクニカル指標 is adjusted on the "Properties" tab:

Indicator line color, width and style are set up in the "Style" field.

Display of various elements can be individually configured for Ichimoku Kinko Hyo, Alligator and custom indicators. The line color, width and type can テクニカル指標 be set on the "Colors" tab.

How to Choose Data to Draw an Indicator #

Indicators can be plotted based on price data and derivatives thereof (Median Price, Typical Price, Weighted Close), as well as on the basis of other indicators. For example, you can apply Moving Average to Awesome Oscillator and have an additional AO signal line. First you need to draw the AO indicator, and then apply MA to it. In the MA settings select option "Previous Indicator's Data" in the "Apply to" field. If you choose "First Indicator's Data", MA will be applied to the very first added indicator, i.e. it can be any other indicator.

Parameters

Nine variants of indicator construction are available:

  • Close — based on close prices.
  • Open テクニカル指標 — based on open prices.
  • High — based on High prices.
  • Low — based on Low prices.
  • Median Price (HL/2) — based on the median price: (High + Low)/2.
  • Typical Price (HLC/3) — based on the typical テクニカル指標 テクニカル指標 price: (High + Low + Close)/3.
  • Weighted Close (HLCC/4) — based on テクニカル指標 the average weighted close price: (High + Low + 2*Close)/4.
  • First indicator's data — based on the values of the first applied indicator. The option of using the data of the first indicator is only available for indicators in a separate window, because in the main chart window the first indicator is the price.
  • Previous indicator's data — based on the values of the previous indicator.

How to Set Up Additional Indicator Levels #

For some indicators, additional levels can テクニカル指標 テクニカル指標 be enabled. Open the "Levels" tab, click "Add" and enter the level value in the table. You can also optionally add the level description.

Levels

The line color, width and style for the levels can be set up below. To edit a level, click "Edit" or double-click on the appropriate field.

For indicators applied to a price chart, levels are drawn by summing the indicator values and the specified level. For indicators drawn in a separate subwindow, levels are drawn as horizontal lines through the specified テクニカル指標 value on the vertical scale.

Indicator Display Settings #

The indicator display for different timeframes (テクニカル指標 period) can be set up on the "Visualization" tab. The indicator will only be テクニカル指標 displayed for the selected timeframes. This can be useful when the indicator is designed for use on specific timeframes.

Option "Show in the Data Window" allows to manage indicator information displayed in the Data Window.

Some indicators have additional scale settings. Indicator テクニカル指標 properties window has an additional "Scale" tab:

テクニカル分析・指標の一つ「DMI」とは?計算式や組み合わせについて

DMIを表示したチャートの画像

テクニカル指標

テクニカル指標には「トレンド系指標(順張り系指標)」と「オシレーター系指標(逆張り系指標)」の2つの系統が存在しますが、当ページではオシレーター系に分類されるテクニカル指標「DMI(Directional Movement Index)」について、その計算式やDMIと組み合わせて見たい指標などについてご紹介してみたいと思います。

ファイネストアドバイザリー

元証券ディーラーが選定する“アフターコロナ相場を見据えた期待度大の本命1銘柄を 無料 で配信。その他、最新のマーケット情報や近日の注目銘柄やテーマなどが記載された特別コラムなど、豊富な投資情報を"無料"で閲覧可能!!

テクニカル指標「DMI(Directional Movement Index)」とは?

テクニカル指標「DMI」とは、「Directional Movement テクニカル指標 Index」の頭文字をとった略称で、オシレーター系指標の中で非常に有名な「RSI(Relative Strength Index)」を考案した米国の「John Welles Wilder.Jr(J.ウェルズワイルダージュニア)」が“ 市場の状況を見極めるため ”に考案しました。

日本語訳としてはあまり聞き覚えがなかったりするかもしれませんが「方向性指標」と呼ばれています。

オシレーター系指標の「RSI」や「ストキャスティクス」などの指標が“ 一方に傾くトレンド相場で役に立たない ”ことから、その欠点をカバーする指標として開発されました。

テクニカル指標「DMI」はトレンド系の指標として開発されており、“ トレンドの強弱 ”を探る際に用いられてきています。

テクニカル指標「DMI(Directional Movement Index)」の特徴や使い方について

テクニカル指標「DMI(Directional Movement Index)」の特徴は、“ 終値の比較を無視し、当日の高安が前日の高安に比べてどちらが大きいかを見極め、相場の強弱を読むところ ”にあり、価格のボラティリティ(標準偏差・変動幅)からトレンド分析を行います。

テクニカルポイント ドルカナダ、短期上昇トレンドを形成

1.3018 ボリンジャーバンド 2σ上限(21日間)
1.2969 現値
1.2908 エンベロープ1%上限(10日間)
1.2832 一目均衡表・雲(上限)
1.2784 一目均衡表・基準線
1.2781 10日移動平均
1.2757 一目均衡表・転換線
1.2746 21日移動平均
1.2740 一目均衡表・雲(下限)
1.2716 100日移動平均
1.2670 200日移動平均
1.2653 エンベロープ1%下限(10日間)
1.2474 ボリンジャーバンド 2σ下限(21日間)

執筆者 : MINKABU PRESS

為替ニュース/コラム

要人発言 06/17(金) 23:50

要人発言 06/17(金) 23:24

要人発言 06/17(テクニカル指標 金) 22:01

要人発言 06/17(金) 21:57

要人発言 06/17(金) 19:10

要人発言 06/17(金) 17:59

要人発言 06/17(金) 16:33

要人発言 06/17(金) 16:04

要人発言 06/17(金) 15:56

経済指標 06/17(金) テクニカル指標 23:12

経済指標 06/17(金) 22:26

経済指標 06/17(金) 22:25

経済指標 06/17(金) 22:00

経済指標 06/17(金) 21:40

経済指標 06/17(金) 21:40

経済指標 06/17(金) 21:18

経済指標 06/17(金) テクニカル指標 18:10

経済指標 06/17(金) 17:40

ロクが上昇 ウォルマートと契約締結 貢献には時間がかかるとの声も=米国株個別

ユーロ圏 10年債利回り格差 連日の縮小、伊193bp

NY金 時間外取引 1848ドル台、前日終値水準を下回る

FX/為替「日銀緩和維持なら円売り再開へ」 外為トゥデイ 2022年6月17日号

マネ育チャンネル テクニカル指標 06/17(金) 09:36

FX/為替「ドル/円、FOMC後に急落も上昇基調維持の公算」 外為トゥデイ 2022年6月16日号

マネ育チャンネル 06/16(木) 09:38

FX/為替「ドル/円24年ぶり高値更新 FOMC後の大幅変動には最大限の注意を」 外為トゥデイ 2022年6月15日号

マネ育チャンネル 06/15(水) 09:34

マネ育チャンネル 06/14(火) 15:56

FX/為替「ドル/円、24年ぶり高値圏で日米金融政策睨み神経質な展開」 外為トゥデイ 2022年6月14日号

マネ育チャンネル 06/14(火) 09:20

FX/為替「ドル/円、135円突破の可能性高まる」 外為トゥデイ 2022年6月13日号

マネ育チャンネル 06/13(月) 09:02

FX/為替「ドル/円、あらためて135円を窺う展開へ」 外為トゥデイ 2022年6月10日号

マネ育チャンネル 06/10(金) 09:03

FX/為替「1ドル=135円の攻防に」 外為トゥデイ 2022年6月9日号

マネ育チャンネル 06/09(テクニカル指標 木) 09:49

FX/為替「ドル/円、20年ぶり高値圏で米長期金利睨みの展開に」 外為トゥデイ 2022年6月8日号

マネ育チャンネル 06/08(水) 09:18

今日の為替 06/17(金) 20:20

今日の為替 06/17(金) 15:17

今日の為替 06/17(金) 05:59

円買い・ドル買い リスク回避の動き広がる ドル円一時132円台=ロンドン為替概況

今日の為替 06/16(木) 20:45

今日の為替 06/16(木) 15:12

今日の為替 06/16(木) 05:58

今日の為替 06/15(水) 20:34

今日の為替 06/15(水) 15:14

ドル円は135円台を回復 24年ぶりの高値水準 0.75%利上げへの警戒高まる=NY為替概況

今日の為替 06/15(水) 05:59

注目ニュース

今日の為替 06/17(金) 20:20

要人発言 06/17(金) 15:28

経済指標 06/17(金) 15:25

今日の為替 06/17(金) 15:17

新着ニュース

要人発言 06/17(金) 23:50

要人発言 06/17(金) 23:24

外貨ex byGMO
取引アプリが使いやすい

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P テクニカル指標 Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 テクニカル指標 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

テクニカル指標解説 第5回 モメンタム、ROC,サイコロジカルライン、移動平均乖離率

こんにちは、ハヤミコウヤです。 今回はテクニカル指標の中でも投資家に人気のある、「一目均衡表」と「フィボナッチリトレースメント」を取り上げてみたいと思います。 特にフィボナッチリトレースメントは使いやすいテクニカル指標です。知らない方はぜひこの機会に覚えてみましょう。 それでは解説していきましょう! 一目均衡表(いちもくきんこうひょう) 一目均衡表は投資家の一目山人氏が研究所を作り、7年の歳月を掛けて考案したテクニカル指標です。名前の由来は「一目で売り手と買い手の均衡を読む」から来ているそうです。 一目均 .

テクニカル指標解説 第4回 MACD、MACDヒストグラム、DMI

こんにちは、ハヤミコウヤです。 今回はオシレーターでありながらトレンドフォロー型の性格を持つ「MACD」「MACDヒストグラム」「DMI」という3つの指標を紹介したいと思います。 オシレーターはトレンドを測ることができないのですが、これらの指標をうまく使うことで信頼性の高いシグナルを出してくれる可能性が高まります。 それではさっそく解説して行きましょう! MACD(移動平均拡散収束トレーディング法) MACDは具体的な売買タイミングを示してくれる指標です。MACDはオシレーターですが、トレンドフォロー型の .

テクニカル指標解説 第3回 RSI、ストキャスティクス、ウィリアムズ%R

こんにちは、ハヤミコウヤです。 今回は「RSI」「ストキャスティクス」「ウィリアムズ%R」という3つのテクニカル指標を紹介したいと思います。 この3つのオシレーターですが、実はとてもよく似ている指標なのです。せっかくですのでこの機会に一緒に覚えてしまいましょう。 それではさっそく解説して行きましょう! オシレーターの特徴 オシレーターにはチャートパターンのようによく見られる特徴があります。オシレーターを有効に使うためにも覚えておきましょう。 トレンドがある時は使えない オシレーターには株価が長期間強力な上 .

テクニカル指標解説 第2回 ボリンジャーバンド、出来高、ボリュームレシオ、OBV

こんにちは、ハヤミコウヤです。 前回に引き続きテクニカル指標を紹介していきたいと思います。 今回紹介するのは、ボリンジャーバンドと出来高に関連するテクニカル指標です。ボリンジャーバンドは前回説明した移動平均線の応用した指標です。また出来高も株価に大きな影響を与える要素の一つです。 それではさっそく解説していきましょう! ボリンジャーバンド ボリンジャーバンドは統計学を応用してつくられた、トレンドフォロー型のテクニカル指標です。計算の基礎となる日数は20日がよく使われます。 ボリンジャーバンドは移動平均線と .

テクニカル指標解説 第1回 移動平均線

こんにちは、ハヤミコウヤです。 今回はテクニカル指標の中でも最もメジャーな「移動平均線」を取り上げてみたいと思います。 移動平均線についてはご存知の方も多いと思います。株価チャートと一緒に移動平均線が一緒に描かれていることも多いですね。 しかし、数あるテクニカル指標中でも一番勝率が高いのは「移動平均線」ではないか?と言われるように、実はすごく使える指標なのです。 それでは移動平均線の基本的な使い方を覚えていきましょう! 移動平均線とは まず移動平均線とは何?という話から説明していきましょう。 移動平均線は .

テクニカル指標の基本と使い方のポイントを解説します

こんにちは、ハヤミコウヤです。 こんにちは、今回の記事から数回にわけてテクニカル分析の一つ「テクニカル指標」について説明していきたいと思います。 テクニカル指標とは、株価の値動きなどをわかりやすく数値化したものです。 テクニカル指標を使えば、株価や相場が今どのような状態にあるか、客観的に把握することができます。情報を数値として扱えるのテクニカル指標は、判断が明確で活用しやすいツールです。そのため多くの人にトレードの判断材料の一つとして使用されています。 現在ではパソコンのソフトや携帯のアプリ、証券会社のホ .

Pythonを使って有名なテクニカル指標を計算してみる

FX・シストレ

今回はPythonで有名なテクニカル指標の計算を行っていきたいと思います。計算するテクニカル指標は、単純移動平均(SMA)・MACD・RSIの3つです。

テクニカル指標の計算に使うデータを用意する

[[1367107200000, 13203.1967],
[1367193600000, 14108.4087],
[1367280000000, 13629.7741],
[1367366400000, 11364.3607],
[1367452800000, 10350.6908],
[1367539200000, 9602.7634],
[1367625600000, 11128.1292],
[1367712000000, 11470.4956],
[1367798400000, 11124.2848],

こんにちは、ミナピピン(@python_mllover)です。最近仮想通貨BOTの作成にハマっておりまして、今回はそれに必要なAPI経由でのビットコイン・アルトコインの価格取得の方法について解説していきます。 仮想通貨の価格データをスクレイピングで取得する ビットコインを始めとする仮想通貨の価格データはビットフライヤーやビットバンクなどの国内の仮想通貨取引所のAPIを使って取得することが可能ですが、国内の取引所から取得できる価格データはあくまで国内で取扱っている仮想通貨だけで、バイナンスなど海外の仮想通.

Pythonで株価データを取得する 今回はPythonで日経平均株価を取得していきたいと思います。環境はWin10・Ancondaを使用しています。anaconda?jupyter?という人は以下の記事を参照してください。この2つはpythonでのデータ分析において必須なので、使いこなしておくと作業が非常に捗ります。 関連記事:【Python】Anacondaのインストールと初期設定から便利な使い方までを徹底解説! 関連記事:【Python】Jupyter notebookの基本的な使い方を分かりやすく説明する Pandasとは? pandasはJup.

単純移動平均(SMA)を計算する

Pythonでの移動平均の計算は「変数名.rolling(window=任意の数).mean()」で計算できます。引数のwindowで計算する移動平均を計算する期間を指定できます。今回は日足のデータから5日と25日の移動平均を計算したいので、window=5とwindow=25として、5日移動平均線と25日移動平均線を計算しました。

これまでのあらすじ こんにちは、ミナピピン(@python_mllover)です。今回も引き続きPythonでビットコインの自動取引プログラムを実装について解説していきます。 これまでは日本の仮想通貨取引所「GMOコイン」の提供しているAPI機能を使って価格データの取得と口座残高の確認・注文処理を行ってきました。今回はいよいよ満を持してこの2つ記事でやったことを組み合わせて簡単な自動売買Botを作ってみます。 この記事で作るのはあくまで簡単なテクニカル指標に従って自動で売買するプログラムなので儲かるとかそ.

MACDを計算する

・EMA(指数移動平均線)

=前日のEMA×(1-α) + 当日の指数×α
=前日のEMA + α(当日の指数-前日のEMA)

・MACD

=短期EMA-長期EMA

これをプログラミング言語で表現しようと思うと難しいのが移動平均のところです。普通の平均なら、for in :mean=~みたいなので簡単にできますが、平均を移動させるところが少し難点です。

term=5
ema5=[]
ema20=[]
テクニカル指標 bitcoin_close=[]

for i in bitcoin:

b=bitcoin[1]

bitcoin_close.append(テクニカル指標 テクニカル指標 b)

for i in range(len(bitcoin)):

x テクニカル指標 = (int(sum(bitcoin_close[i-term:i])) + int(bitcoin_close[i]))/int((term+1))
ema5.append(x)

for i in range(len(price)):
y = (int(sum(bitcoin_close[i-20:i])) + int(bitcoin_close[i]))/int((20+1))
ema20.append(y)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる