営業の攻略法

上昇、トレンド転換のサインを掴もう

上昇、トレンド転換のサインを掴もう
Variable Index Dynamic Average" width="771" height="299" />

上昇、トレンド転換のサインを掴もう

考案者:ジェラルド・アペル(Gerald Appel) 1970年代

短期と長期の指数平滑移動平均線によりトレンドの方向性、転換を見極めます。
MACDは、「マックディー」あるいは、「エム・エー・シー・ディー」と呼びます。
Moving Average(移動平均線) Convergence(収束) Divergence(拡散)

MACD=短期EMA-長期EMA(短期と長期のEMAの乖離幅)
シグナル=MACDの指数平滑移動平均線
(通常用いる期間:短期12日、長期26日、シグナル9日)

≪指数平滑移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)の計算式≫


※初日は単純平均を使います
MACD=短期(12日)EMA-長期(26日)EMA=0ということは、 上昇、トレンド転換のサインを掴もう
短期トレンド=長期トレンドということですから、
トレンドの転換点といえます。
・プラス圏 短期(12日)EMA-長期(26日)EMA>0ということは、
短期トレンド>長期トレンドということですから、
上昇トレンドといえます。
・マイナス圏 短期(12日)EMA-長期(26日)EMA<0ということは、
短期トレンド<長期トレンドということですから、
下降トレンドといえます。
トレンドが始まった場合、
短期指数平滑移動平均線(EMA)⇒早めに反応
長期指数平滑移動平均線(EMA)⇒遅れて反応
トレンドの序盤から中盤にかけて、MACDは拡大します⇒短期>長期
トレンド終盤では、MACDは縮小します⇒0 短期横ばい・長期継続

取引ルール

【買いシグナル】
・MACDがシグナルを上抜けた時⇒上昇トレンド開始の可能性(※BuySellポイント買い)
・MACDが0の上に抜けた時⇒上昇トレンドの確認(短期>長期)
「ゴールデンクロス」:短期移動平均線が長期移動平均線を上抜いた地点

・逆行現象(強気の乖離(ブリッシュ・ダイバージェンス):
相場が下降しているのに、MACDが下げ渋る状態
価格が低水準にある場合、価格の下落力の低下によってMACDが上昇することで引き起こされていると考えられます。下落力の低下、すなわち、底値反発という転換点が近いことを示唆しています。

【売りシグナル】
・MACDがシグナルを下抜けた時⇒下降トレンド開始の可能性(※BuySellポイント売り)
・MACDが0の下に抜けた時⇒下落トレンドの確認(短期>長期)
「デッドクロス」:短期移動平均線が長期移動平均線を下抜いた地点

・逆行現象(弱気の乖離(ベアリッシュ・ダイバージェンス):
相場が上昇しているのに、MACDが上げ渋る状態
価格が高水準にある場合、価格の上昇力が徐々に弱まることで短期移動平均線の上昇ペースが落ち、MACDの低下、に繋がっていると考えられます。
上昇力の低下、すなわち、高値反落という転換点が近いことを示唆しています。

また、文言、データなどの著作権は、株式会社フィスコにあります。 これらのコンテンツは著作権法などの法律、規制により知的所有権が 上昇、トレンド転換のサインを掴もう 保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

テクニカル分析辞典

※「テクニカル分析辞典」は、あくまで情報提供を目的としたものであり、 投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、売買価格などの 投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。 また、掲載される情報は信頼できると判断した情報源をもとに (株) フィスコが作成したものですが、 その内容及び情報の正確性、完全性または適時性について、 (株)フィスコは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。

また、本文、データなどに関しましては、著作権法などの法律、規制により知的 所有権が保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 上昇、トレンド転換のサインを掴もう 上昇、トレンド転換のサインを掴もう 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

MT5のインジケーター一覧と使い方を現役プロトレーダーが解説

移動平均線

></p>
<p>Variable Index Dynamic Average

オシレーター系

Average True Range(アベレージトゥルーレンジ

Average True Range

Average True Range通称ATRはトレンドの変わり目を捉えるインジケーターです。

Bears Power(ベアパワー)

Bears Power

Bulls Power(ブルパワー)

Bulls Power

Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター)

Chaikin Oscillator

Commodity Channel Index(商品チャンネル指数)

Commodity Channel Index

DeMarker(デマーカー)

DeMarker

Force Index(勢力指数)

Force Index

MACD(マックディー)

MACD

Momentum(モメンタム)

Momentum

Moving Average of Oscillator(移動平均オシレーター)

Moving Average of Oscillator

Relative Strength Index(相対力指数)

Relative Strength Index

Relative Strength Index、通称RSIは相場の過熱感を調べることができるインジケーターです。

Stochastic Oscillator(ストキャスティックス)

Stochastic Oscillator

Triple Exponential Average(3重指数移動平均)

Triple Exponential Average

Williams' Percent Range(ウィリアムパーセントレンジ)

Percent Range

fx,手法

Accumulation/Distribution(蓄積/配信)

Accumulation/Distribution

Money Flow Index(マネーフローインデックス)

Money Flow Index

On Balance Volume(オンバランス数量)

On Balance Volume

Volmes(数量)

Volmes

しかし、 FX の場合は正確な取引量を測定できないので代わりにローソク足が何度更新されたのかをグラフにしています。

例えば 上昇、トレンド転換のサインを掴もう 5 分足の場合、ローソク足の大きさを問わず 5 分間に何度も動けば数量のグラフは大きく伸びます。

ビルウィリアムズ系

Accelerator Oscillator(ACオシレーター)

Accelerator Oscillator

Alligator(アリゲーター)

Alligator,アリゲーター

Awesome Oscillator(オーサムオシレータ)

Awesome Oscillator

Fractals(フラクタル)

Fractals,フラクタル

いずれにしてもフラクタルのマークに触れた時が取引のサインです

Gator Oscillator(ゲーターオシレータ)

Gator Oscillator

Example系

ASI(累積スイング指数)

ASI

Awesome Oscillator(アウェサムオシレータ)上昇、トレンド転換のサインを掴もう

Oscillator

BB

BW Zone Trade(BW ゾーントレード)

BW Zone Trade

BW Zone Tradeはアウェサムオシレーターとアクセラレータを合わせたインジケーターで、その特徴は値動きの勢いが極めてわかりやすいことです。

CHV(チャイキンボラティリティ)

CHV

Color Candles Daily(カラーキャンドルデイリィ)

Color Candles Daily

Color Candles 上昇、トレンド転換のサインを掴もう Dailyは1日ごとに色を変えてくれるだけのインジケーターです。

Color Line(カラーライン)

Color Line

Custom Moving Average(上昇、トレンド転換のサインを掴もう カスタムムービングアベレージ)

Custom Moving Average

DPO(デトレンドプライスオシレーター)

DPO

Force Index(フォースインデックス)

></p>
<p>Force Index

Heiken Ashi(平均足)

Heiken Ashi

Market Facilitation Index(マーケットファシリティションインデックス)

Market Facilitation Index

Market Facilitation Indexは色によって相場の方向を示します。

MI(マス・インデックス)

MI

Price channel(プライスチャンネル)

Price channel,プライスチャンネル

PTV(プライスボリュームトレンド)

PTV

ROC(レイトオブチェンジ)

ROC

RVI(リレイティブボラティリティインデックス)

RVI

Ultimate Oscillator(アルティメットオシレータ)

></p>
<p>Ultimate Oscillator

VROC(ボリュームレイトオブチェンジ)

VROC

W AD(ウィリアムズA/D)

W AD

ZigZag(上昇、トレンド転換のサインを掴もう ジグザグ)

ZigZag,ジグザグ

ジグザグは、期間ごとの高値と安値を線で結んでくれるインジケーターです。これを使えば高値と安値が大変わかりやすくなるのでトレードを有利に運べます。

オニールの成長株発掘法~第9章⑥~マーケットの転換期を見つけるそのほかの方法


CAN-SLIMとは、大化け銘柄が持つ7つの主な特徴を7文字のアルファベットで表します。
本日は「M-株式市場の方向」6回目です。

今回はマーケットの転換点を見極めるその他の方法です。
平均株価と出来高に注目するのが最善の方法ですが、他にもやり方はあります。
有名なものも含めて見てましょう。

マーケットの転換期を見つけるそのほかの方法

主要な平均株価のダイバージェンス(乖離)を探す

  • それぞれの平均株価が相反する方向(ある指標は上昇したのに別の指標は下落したなど)に向かっていないか、そしてある指標が他と比べると大きく上昇したり下落していないか、などの動きを探す
  • ほとんどのプロ投資家が主要な指標のチャートを並べて見るのは、このように指標が大きく動いても必ずしもそれが主要な転換期を示すものではないことを簡単に見抜くためなのだ。

ダウとS&P500を相対比較するには

役に立つ投資家心理の指標

プットとコール
空売り比率
(ナスダック対NYSE)出来高比率

過大評価された騰落ラインを解釈する

  • 騰落ラインとは、1日の上昇した銘柄数と下落した銘柄数と比較して、その比率をグラフ化したものである。
  • 騰落ラインには主要な株価平均ほどの信頼性はない。
  • 明確な弱気相場の短期の上昇を試みるときには役に立つ。
  • 騰落ラインが平均株価に遅れて上昇したものの再び下落するようならば、たとえダウやS&Pで強い上昇が見られても、マーケット全体はまだ脆弱であることを示している。
  • 騰落ラインは使い道が限定された補助的な指標である。

FRBの金利変化に気を付ける

  • 一般に金利というのは、基本の経済状態を確認する最良の手段で、公定歩合やフェデラル・ファンド金利の変化は、その中でも最も信頼できる指標である。
  • 弱気相場が終わるのは、金利が下げられたときが多い。
  • FRB(連邦準備制度理事会)の公定歩合(FRBが所属銀行に対するローンに適用する金利)
  • フェデラル・ファンド金利(準備金を持つ銀行が準備金を持たない銀行に対するローンに適応する金利)
  • 株式委託証拠金水準(個人的には信用評価損益率を推します。)
1981年の暴落を招いたFRB
1962年の株式市場暴落

平均株価と出来高を1時間ごとに確認する

  • 重要なマーケットの転換期に入ると市場の平均株価と出来高の推移を1時間ごとに調べて、それを前日の同時間の出来高と比べるという作業を行う。
  • マーケットが天井を付けてから最初の下落後に、初めて戻りを試すときに、出来高の推移を1時間ごとに確認するのが最も効果的だ。
  • また、平均株価が以前の安値水準に到達して、その支持線(投資家がそれ以上は下落しないでほしいと願う心理状態が株価に働く安値水準)を試しているときにも、出来高の観察が役に立つ。
  • 過去の安値を株価が下に抜けてからすでに数日たったのに出来高はわずかしか増えていない場合も出来高の観察が有効。
マーケットが天井を付けてから最初の下落後に、初めて戻りを試すとき
平均株価が以前の安値水準に到達して、その支持線を試しているとき
過去の安値を株価が下に抜けてからすでに数日たったのに出来高はわずかしか増えていないとき

このような状況はふるい落としの可能性があります。
ふるい落としとは、マーケットがトレーダーに大きな売り圧力をかけることで、損切りを巻き込むことも多いです。
この場合は潜在的な売りが減るため、株価が再び上昇に転じる準備を進めていることを示しています。

「買われ過ぎ」と「売られ過ぎ」ー2つの危険な言葉

  • 短期の買われ過ぎ・売られ過ぎ指標は、株価の上下の動きを10日移動平均線としてグラフ化したもので、個人投資家やテクニカルアナリストの熱い支持を得ている。
  • 新たな強気相場の初期段階では、この指標が極端な買われ過ぎを示すことがあるので、注意が必要。
  • トレンドとは逆の動きをするこのような指標の大きな問題点は、転換期が終わりを迎えるまでに、あとどれくらい株価が下がるのかという疑問を常に抱えることになるということである。
  • 私(オニール)はこのような売られ過ぎや買われ過ぎを示す指標にはほとんど注目しない。

マーケットを占うそのほかの指標

  • 上昇株・下落株出来高 への新規投資資金の割合
  • ディフェンシブ銘柄指標
  • 新高値を付けているディフェンシブ銘柄・低迷銘柄の比率

本章のまとめ

  • マーケット全体の平均株価と出来高の日々の変化と、市場を先導する個別銘柄の動きを学び、それらを読み取る方法を習得せよ。
  • 市場の将来の動きを予測したり言い当てることが株式市場の熟練者の道ではない。
  • 過去数週間で実際に何が起こって、現在は何が起こっているかを知って理解することが正しい道だ。
  • 平均株価と出来高の変化を解釈するというこの手法の最大の利点は、市場の天井と底をうまく見極めるようになるというだけではなく、市場が下向きのときに、戻りを見極める技術を習得できるということでもある。

全6回にわたって「M=株式市場の方向」を見ていきました。
ボリュームが多くて消化するのに時間がかかりますが、まずは平均株価と出来高を意識しましょう。
特に天井を見分けるための「売り抜け」、底抜けを見極める「上抜け」は重要です。

結局はどんなに素晴らしい銘柄であっても、市場全体の需要が高まらない限り大化けすることはありません。
CAN-SLIM投資の最後で最も重要な要素だと思っています。
じっくり時間と経験を積み重ねて、本著と当ブログを活用してください。

TradingViewでマルチタイムフレーム分析!上位時間軸のローソク足を表示する方法

TradingViewで上位時間軸のローソク足を表示してマルチタイムフレーム分析をする例


このチャートは、1分足のチャート上に、
1時間足の上位時間軸のローソク足を表示しています。
また、移動平均線(1分足基準)があります。

ただし、チャート上の左側の矢印の箇所のように、
移動平均線のサインがダマシになってしまうことがありますが、
このようなときに、上位時間軸のローソク足の陽線・陰線に着目することで
ダマシを減らすことができる場合があります。

今回のケースでは、一時的に価格が下落して、
移動平均線もデッドクロスを起こし、下降傾向に変化するサインが出ていますが、
結果的にはそのサインはダマシで、すぐに上昇傾向に戻っています。

このような時でも、 上位時間軸のローソク足は陽線で変化がないので、
長期的には上昇傾向が継続している ということが判断できます。
つまり、 移動平均線にあるダマシが上位時間軸ではダマシが出ていないんです!

チャート上の真ん中の矢印のように 上位時間軸の実体が小さく、
ヒゲが長い場合は 長期的な目線で見た場合も
トレンド転換を起こした可能性が高いため、
そのようなタイミングにある移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスのサインは
ダマシになりにくい傾向にある と考えることができます。

興味のある方は下の動画でさらに詳しく説明しているので、
よろしければご覧ください。

移動平均線の見方と使い方

移動平均線は、もっともメジャーかつポピュラーなテクニカル分析で、相場のトレンドを把握したり、売買のタイミングをはかる指標として広く利用されています。移動平均線は、過去にさかのぼって株価の終値を合計し平均したものを折れ線グラフにしてあらわしたものです終値を合計する日数には、5日、25日、75日、100日、200日などがよく使われます。5日は株式市場が開いている月曜日から金曜日までのおよそ1週間をあらわす単位で、25日はおよそ1か月をあらわす単位、75日はおよそ3か月を表す単位、200日はおよそ1年を表す単位と言われています。
このうち25日移動平均線はもっともよく使われることが多いことから人気線とも言われています。そのほか75日線は需給を占う需給線、200日線は景気を占う景気線といわれています。

株の練習

1・移動平均線の見方

25日移動平均線を例に移動平均線の見方を解説をします。
25日移動平均線よりも株価が上にあるときは、過去25日間にその株を買った人は平均するとだいたい利益が出ています。売り圧力よりも買い圧力が強いことを示しています。このような時は心にゆとりができ、まだ上がるかもしれないのでもう少し持ち続けてみようとする心理が働きやすくなります。
逆に25日移動平均線よりも株価が下にあるときは、過去25日間にその株を買った人は平均するとだいたい損をしています。これ以上下がる前に株を早く売りたいという心理が働きやすく、売り圧力が買い圧力よりも強いことを示しています。。

移動平均線が右肩上がりにあるときは上昇トレンドにあるといい、右肩下がりにあるときは下降トレンドにあるといいます。

シティグループの移動平均線

2・移動平均線の使い方

移動平均線を上値支持線または下値支持線として使う方法。
上昇トレンドまたは下降トレンドを描いているときに、株価が移動平均線に近づいたとき、または離れたときに買いや売りを仕掛けるトレード手法。
上図のシティグーループの4月20日ごろを見ると、上向きに転じた株価が25日移動平均線に近づいたところで反落しています。このように株価が移動平均線に近づいたポイントは小さな変化点になりやすく、売りや買いを仕掛ける一つの目安となります。
上向きに転じた株価が移動平均線で押さえつけられて反転する場合の移動平均線を上値支持線(またはレジスタンス)といいます。
シティグーループの9月5日や10月4日あたりを見ると、下向きに転じた株価が25日移動平均線に近づいたところで反転しています。
このように下向きに転じた株価が移動平均線で戻されて反発する場合の移動平均線を下値支持線(なたはサポート)といいます。

株価が移動平均線よりも上方向に離れていることを上方にかい離しているといい、株価が小さく反落しやすいポイントの一つとなります。これも売買を仕掛ける一つの目安となります。
株価が移動平均線よりも下方向に離れていることを、下方にかい離しているといい、株価が小さく反転しやすいポイントのひとつとなります。

株価チャートは日足だけでなく、分足や時間足、週足などもあります。このようなとき移動平均線の計算に使う数字は、日数でなく、分や時、週などの単位が使われます。
分足チャートはデイトレードでよく使われ、移動平均線の計算には、12本、24本、48本の数字がよく使用されます。5分単位で計算すると、1時間は12本、2時間は24本、4時間は48本にあたります。週足チャートでは、13週、26週、52週、月足チャートでは、12か月、24か月、60か月がよくつかわれます。

ゴールデンクロスとデッドクロス

株価が下降トレンドを描いているときは、短期移動平均線の上に中期移動平均線がきて、上昇トレンドを描いているときは、中期移動平均線の上に短期移動平均線がきます。下落していた中期移動平均線が横ばいまたは上向き基調に転じ、短期移動平均線が中期移動平均線を下から上へと抜けていった交点をゴールデンクロス(GC)といい、下降トレンドから上昇トレンドへと転換しやすい買いサインと言われています。逆に上昇していた中期の移動平均線が横ばいまたは下向き基調に転じ、短期移動平均線が中期移動平均線を上から下へと抜けていくとき交点をデッドクロス(DC)といいます。上昇トレンドから下降トレンドへと転換しやすい買いサインと言われています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる