概要

トレンドの意味

トレンドの意味
株における「トレンド」は、ファッションやキーワードのような「人気」ではなく「傾向」の意味合いで使われます。ご存知の通り、株価は日々上昇したり下降しているものですが、まとまった期間を流れで上昇していると「上昇トレンド」、下降していると「下降トレンド」と表現されるようになります。

上記の写真に掲載されたグラフでは、最初のほうは下降トレンド、中央部分が上昇トレンドになっていると言えますね。日々の変動のアウトラインを結んだ線を「トレンドライン」と言い、これを見極めることは株に携わる人の必携スキルとされています。
辞書に掲載された意味から乖離しているわけではないけれど、意外な広がりがある「トレンド」という言葉。

「トレンド」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

トレンドはバブル時代には「トレンディー」(またはトレンディ)として、”流行の先端”や”最新ファッション”などもてはやされる言葉として流行しましたが、現在はトレンドだけが使われ、「トレンディー」はまったく見聞きしなくなりました。
トレンドが一般的には流行として定着しているのに対し、投資や金融では株やFX相場における相場分析や解明で毎日のように使われています。それは、株やFXと投資の種類が変わっても、基本的には上昇トレンド・下落トレンド・持ち合いトレンド(レンジ相場)の三つしか存在しないからです。
持ち合いトレンドはあまり好まれない表現で、レンジや横ばいなどと呼ばれる事が多く、上下のどちらかに動く流れを「トレンド」とするのが相場では多いです。

トレンドの由来

トレンドの直訳は”トレンドの意味 流行”で、”流行”は中国からの漢語とされます。物事が川の流れのように広がり知れ渡る事で、良い事だけでなく厄病など悪い事が流行る事でも用いられていました。
昭和のバブルブームの頃はトレンディーが定着していましたが、その後はトレンドが広く用いられ、最近ではSNSブームやキーワード検索の際には、人気ある言葉をトレンドとします。
投資の面では、これもFXブームの恩恵がかなり強く、ネット証券や個人投資家が増えた事で、チャート分析を誰でも行えるようになり、自然と上昇トレンドや下降トレンドが広まりました。

トレンドの文章・例文

トレンドの意味 例文1. トランプ政権になりトレンドが転換した
例文2. 日本も増税でトレンドが下落に変わるだろう
例文3. 投資はトレンド分析が付きものだ
例文4. 短期と長期取引ではトレンド分析が相反する
例文5. 日本人はトレンドに左右されやすい
トレンドほど投資と投資以外の世界でも、日常的に使われる言葉はないものです。便利で語路も良く、意味も分かり易いのが広まった根幹にあるのでしょう。投資格言では、「トレンドに逆らうな」や「トレンドはフレンド」などがあり、それほど親しまれています。

「トレンド」とは?言葉の意味やネット・経済界(ビジネス)での意味合い


※2016年10月28日のトレンド表示です

ウェブ版ではこんなふうに、地域別のトレンドまで知ることができるんです!
また、googleでは、googleで検索された特定のキーワードの時系列での検索数の推移(「検索ボリューム」と表現されます)を「トレンド」と呼びます。

「青木」で調べてみるとこんな感じ。以下に多く検索されている国や関連キーワードが続きます。
青木は日本だけでなくアメリカや中国、オーストラリアでもよく検索されているみたいです。何故だ…。

Google Trendsのトップページでは、過去24時間で検索ボリュームが大きく増えたキーワードをランキング形式で紹介しています。(※画像は2016年10月28日のトレンド表示です)
検索エンジンで上位にページを掲載させることが大きな目標となっているウェブ業界において、Google Trendsは必須のプログラムと言えます。

注意すべきは経済界での「トレンド」

チャートのイメージ

株における「トレンド」は、ファッションやキーワードのような「人気」ではなく「傾向」の意味合いで使われます。ご存知の通り、株価は日々上昇したり下降しているものですが、まとまった期間を流れで上昇していると「上昇トレンド」、下降していると「下降トレンド」と表現されるようになります。

上記の写真に掲載されたグラフでは、最初のほうは下降トレンド、中央部分が上昇トレンドになっていると言えますね。日々の変動のアウトラインを結んだ線を「トレンドライン」と言い、これを見極めることは株に携わる人の必携スキルとされています。
辞書に掲載された意味から乖離しているわけではないけれど、意外な広がりがある「トレンド」という言葉。

「トレンド」とは?言葉の意味やネット・経済界(ビジネス)での意味合い


※2016年10月28日のトレンド表示です

ウェブ版ではこんなふうに、地域別のトレンドまで知ることができるんです!
また、googleでは、googleで検索された特定のキーワードの時系列での検索数の推移(「検索ボリューム」と表現されます)を「トレンド」と呼びます。
トレンドの意味
「青木」で調べてみるとこんな感じ。以下に多く検索されている国や関連キーワードが続きます。
青木は日本だけでなくアメリカや中国、オーストラリアでもよく検索されているみたいです。何故だ…。

Google Trendsのトップページでは、過去24時間で検索ボリュームが大きく増えたキーワードをランキング形式で紹介しています。(※画像は2016年10月28日のトレンド表示です)
検索エンジンで上位にページを掲載させることが大きな目標となっているウェブ業界において、Google Trendsは必須のプログラムと言えます。

注意すべきは経済界での「トレンド」

チャートのイメージ

株における「トレンド」は、ファッションやキーワードのような「人気」ではなく「傾向」の意味合いで使われます。ご存知の通り、株価は日々上昇したり下降しているものですが、まとまった期間を流れで上昇していると「上昇トレンド」、下降していると「下降トレンド」と表現されるようになります。

上記の写真に掲載されたグラフでは、最初のほうは下降トレンド、中央部分が上昇トレンドになっていると言えますね。日々の変動のアウトラインを結んだ線を「トレンドライン」と言い、これを見極めることは株に携わる人の必携スキルとされています。
辞書に掲載された意味から乖離しているわけではないけれど、意外な広がりがある「トレンド」という言葉。

トレンドとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

カタカナ語

トレンドの意味

動向。傾向。趨勢。風潮。また、流行。はやり。経済変動の長期的動向や、ファッションや風俗の動向などにいう。(出典:大辞林 第三版)

使い方・例文

・マーケットは大底で急騰と急落を繰り返し、新しいトレンドを探っている。
(出典:石田衣良『波のうえの魔術師』)

・日本車メーカーは、この米国のトレンドを完全に見誤ってしまった。
(出典:佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』)

・ここは、今、もっともトレンドな場所として人気のあるところです。
(出典:藤本ひとみ『華麗なるオデパン』)

・街を歩いていて、ファッションが元気だなという印象を受けるときは、トレンドが比較的はっきりしている。
(出典:鷲田清一『てつがくを着て、まちを歩こう ―ファッション考現学』)

・銭湯を見直そうということで、消費税も見直しが進むらしいが、最近は見直しがトレンドである。
(出典:赤瀬川原平『じろじろ日記』)

動向(どうこう)
意味:個人・社会などが、現在および将来において、動いていく方向や傾向。(出典:デジタル大辞泉)

傾向(けいこう)
意味:物事の大勢や態度が特定の方向にかたむくこと、または、かたむきがちであること。(出典:デジタル大辞泉)

趨勢(すうせい)
意味:物事がこれから先どうなってゆくかという様子。成り行き。趨向。 (出典:大辞林 第三版)

流行(りゅうこう)
意味:ある現象が、一時的に世間に広まること。特に、ある型の服装・言葉あるいは思想・行動様式などがもてはやされて、一時的に広く世間で用い行われること。はやり。 (出典:大辞林 第三版)

「トレンド」って英語だとこんな意味があったの!?

トレンドって英語で、トレンドは和製英語?、ネイティブキャンプ

No doubt, home-cooked meals are in trend, aren't they?

I wonder what this year's fashion trends are?

I'll have to check out the spring/summer fashion trends!

What are the 2020 fashion trends in your country?

In Japan, what we do with our home time is often a trending word right now.

In my country, what people spend their time in a staycation is trending on SNS as well.

生粋の関西人。高校卒業後、行きたい大学も無かったので18歳でオーストラリアへ渡豪。 シドニーで3年の学生生活を終え、現在は派遣社員×ライターとしてマルチワーカーと名乗り、 今までのマルチな経験を活かしながら、フリーランス活動中。 海外全般・音楽・スポーツ観戦・BBQ・飲み会・イベントなど、基本的に楽しいことは大好き。 得意テーマは、海外・日本文化・神社仏閣やPC&スマホの便利機能など、幅広く執筆中。 その一方で、サブカル好きなオタク気質があるライターです! 最近は、ラグビーW杯の大会ボランティア活動をきっかけにスポーツ観戦熱が再熱中! 涙もろく、おいしい食べ物全般には目がない私ですが、よろしくお願いします!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる