初心者でもできる

日経平均リンク債の特徴やリスクとは

日経平均リンク債の特徴やリスクとは

(引用:ちばぎん)

投資における考慮要素 / Investment Considerations 海外投資や海外ファンドの積立・株式・保険・不動産やマンションを購入するにあたり、オフショア香港からブログやセミナーで初心者がリスクや複利等の違いを勉強し投資に失敗しないためにも、英語の投資用語や意味を解説。今では香港のHSBC銀行・フレンズ・信託・移民・ドルや中国に投資しているだけではお金が増えない時代になりました。

投資リスクの基本的な理解した後、私たちが投資の決定を下す前に考慮しなければならない他の要素を論じます。
上記で説明したように、顧客の投資ポートフォリオに適切な助言や推薦をしようとする投資顧問は、顧客の投資ニーズと目標を考慮し、リスク許容度(level of risk tolerance)、制約(constraints)日経平均リンク債の特徴やリスクとは やその他特殊な状況を理解しなければならない。
投資リンク型保険(investment-linked policies)の販売では、保険仲介人(insurance intermediary)は顧客に保単の特徴と利点(features and benefits)を明確にする必要がある。様々なタイプの投資及びその関連するリスクととリターンの構造を理解することは、潜在的顧客に適切で正しい情報を提供し、見込み客(prospective client)が必要とする商品の種類の早期発見を容易にする。
したがって、ほとんどの保険会社/ブローカーは、代理人/業務代表者(agents/technical representatives)を支援するために上記のような顧客情報の収集アンケートの独自セット(own set of questionnaire)を考案する。そのような情報には、国籍(税務)、扶養家族の数、キャッシュフロー、投資目的や好み、現在の資産ポートフォリオや保険保障(nationality (tax purposes), number of dependents, cash flow, investment objective and preference, current asset portfolio and insurance coverage)が含まれている。このトピックに関するより詳細な議論については、セクション4.13.1を参照。

経済学 Economics

経済学は、限られた資源の制限(Constraint of limited 日経平均リンク債の特徴やリスクとは resources)の下で、いち個人がどのように選択をするか(How individuals make choices)、また、これらの選択が社会にどのように影響するかを研究する学問です。

グローバル経済

金融市場に影響する経済要素

投資目標とリスク許容度(リスク•トレランス)

その他投資制限

投資アドバイス

香港で海外投資マニュアル Manual

積立・一括オフショア・ファンドのご相談・お申込(お取引の流れ) Investment Procedure

積立・一括方式のオフショア・ファンドのお申込みはお電話、メール([email protected])日経平均リンク債の特徴やリスクとは で受け付けておりますので、お申込みツアーの「渡航日」と「ホテル名」などをお知らせください。

まだオフショア銀行口座をお持ちでない方

オフショア銀行口座をお持の方

投資関連記事

  • 2022年6月6日
    またもや準優勝!
    みなさま、こんにちは。 弊社代表が、週間投資大会でまたもや準優勝を獲得しました♪♪ 次週も気合を入れてがんまります‼
  • 2022年6月1日
    新商品ご案内♪ 保証型タイプで安心 日経平均リンク債の特徴やリスクとは ♪
    みなさま、こんにちは。 さてさて今日は久しぶりに、 WELL LINK INSURANCE(ウェルリンクインシュランス)から新商品のご案内です!! WELL 日経平均リンク債の特徴やリスクとは 日経平均リンク債の特徴やリスクとは LINK INSURANCEは、流動資産4700%保
  • 2022年5月31日
    投資大会で2位を獲得しました‼
    みなさま、こんにちは。 弊社代表リッキーが、香港の週間投資大会で2位を獲得いたしました‼ トータル冠6つ獲得です。 来週は1位を目指してがんばります♪
  • 2022年5月27日
    オンライン無料セミナー開催のご案内
    みなさま、こんにちは。 2022年6月10日、24日10時30分~オンライン無料セミナーを開催いたします。 ご参加ご希望の場合は、メッセージをお願いいたします♪
  • 2022年5月23日
    3位に輝きました!!
    みなさま、こんにちは。 香港はとっても暑くなっております。サマーがやってまいりました。 さてさて今日も嬉しいお知らせです。 弊社代表リッキーが、週間投資大会で第3位に輝きました♪ 日経平均リンク債の特徴やリスクとは 次は優勝狙ってがんばります!!

HSBC.口座開設投資セミナーお積み立てシュミレーション


メールでのお問い合わせはこちら

香港.IFA.資料請求

香港IFAテンガードには、日本人スタッフが常駐しております 香港IFAテンガードには、日本人スタッフが常駐しております

お問い合わせ電話
メールでお問い合わせ
資料請求

投資管理マネージャー

パトリック Patrick Shum

HSBC香港口座サポート

香港お勧め海外ファンドで積立

香港おススメ投資商品


投資条件を入力してください。
⇒海外ファンド積立商品はこちら
⇒海外ファンド一括投資はこちら

資産運用7種類の解説とメリット・デメリット比較

一. 投資とは、詳細な分析に基づいて行うものであり、元本を保全して、適切なリターンを上げることと定義する。この条件を満たさないものを投機と呼ぶ。

二. 将来のことは分からないのだから、投資家は手元資金をすべてひとつのバスケットに入れてはならない。その安全で堅実な範囲を超えて冒険に挑んだ人々は、精神的に大きな困難を背負うことになる。

三. 投資家と投機家の相違は、その人が相場変動に対して、どのような態度で挑むかという点である。投機家の関心事は、株価の変動を予測して利益を得ることであり、投資家の関心事は、適切な証券を適切な価格で取得し保有することである。

四. 安全域の原則を確固として守ることによって、十分なリターンを得ることが可能である。安全域の原則は、割安銘柄に適応することでさらに明白なものとなる。割安銘柄は、株価がその株式の本質的価値より安い状態にあるわけであり、その差が安全域となる。

ベンジャミン・グレアムの投資哲学
賢明なる投資家

資産運用の種類

資産運用のリスク・リターン関係

リターン
(高)
CFD、先物、仮想通貨
株式
投資信託、不動産
預金、保険、債券、金
リターン(小)/ リスク(小) リスク(高)

増やす目的で「預金」は選択してはいけない

最近では、トルコリラ、南アフリカランド、ブラジルレアル建ての定期預金です。新生銀行では、これらの定期預金は1~3%(税引前)の金利としていますが、預入時と払戻時の手数料が高いですし、売りと買いの差(スプレッド)も広く、対円や米ドルに対して外貨の価値も下落しているので、 高金利通貨を定期預金したが最後、あっという間に資産 は 目減りしてしまいます。

預金のメリット

  • 普通預金と定期預金は、預金保護対象(一人最大1,000万円まで)
  • 普通預金は、為替変動リスクがない
  • 預金保護があるのでポートフォリオへ組み込むと資産運用のリスクを軽減できる
  • いつでも簡単に現金を引き出せる&預け入れできる
  • 日経平均リンク債の特徴やリスクとは 日経平均リンク債の特徴やリスクとは
  • ネット決済やカード連携で生活必需品の支払いが気軽にできる

預金のデメリット

  • 銀行破綻時の保証は、一人最大1,000万円まで
  • 普通預金と定期預金の金利が低いので資産を増やすのには向いていない
  • 定期預金にした場合、満期まで出金できない
  • 外貨預金は、手数料と為替リスクで損をすることの方が多い

ポートフォリオとは、金融商品(資産運用の種類)の組み合わせのことです。資産100%の中から、どの資産運用の種類をどのくらいの比率で組むかによって、資産運用での成果が変化します。
例えば、資産100万円のうち、預金20万円、株式80万円投資であれば、ポートフォリオは預金20%、株式80%となります。
具体的には、金融工学のポートフォリオ理論に基づいて各金融商品のリスク率とリターン率を計算した上で最適なポートフォリオを組みます。一番リスクが低くリターンが最大になる比率を計算したのが「効率的フロンティア」です。 日経平均リンク債の特徴やリスクとは

ほとんどの人が投機的な株取引をしている

株式投資のメリット

  • 一株でも権利付き最終日に保有しているだけで(議決権、配当金、優待などの)権利がある
  • 株価の上昇で決済後に差益を得られる
  • 多くの上場企業から投資先を選ぶことができる
  • 数十万円の投資額でも始められる
  • 信用取引で空売りもできる銘柄もある
  • 同一業種銘柄で相関性がある銘柄は鞘取りの手法が使える(相場による)

株式投資のデメリット

  • 権利確定日に株を保有していないと(議決権や配当金などの)権利がない
  • 日経平均リンク債の特徴やリスクとは
  • 株価の下落で決済後に損失になる
  • 倒産してしまうと無価値になる
  • 上場企業が多すぎて投資先に悩む
  • 数十万円の投資額だと投資できる企業が限定される
  • 信用取引で投資額以上の損失をすることがある
  • 流動性が低いと希望の価格で売れない

指数連動型のETFが初心者にとって始めやすい

投資信託のメリット

  • 少額から投資を始めることができる
  • 分散投資がしやすい(株式・債券・外国株・不動産などの各投資信託・ETFに分けることが容易)
  • 投資信託の種類が豊富で広い選択技がある
  • 細かい銘柄の分析はせずに、ファンドマネージャーに任せられる
  • 決算ごとに監査法人などの監査があるため、運用の透明性が高い
  • ETFであればコストが安く、いつでも売買できる

投資信託のデメリット

  • ETF以外はコストが高い(販売手数料・管理手数料・解約手数料などがかかる)
  • ETF以外はタイムリーに売買できない
  • 元本保証ではない
  • 海外投資信託の場合は、為替変動リスクもある
  • 投資信託の種類が多く選定が難しい

格付機関の評価が重要な指標

投資適格
信用度が高い
AAA信用力がもっとも高く、リスクは限定的
AA信用力が高く、信用リスクは極めて低い
A信用リスクは低い
BBB中程度の信用リスクで、投機的要素を含む
投機的
信用度が低い
BB投機的要素、相当の信用リスクがある
B投機的で、信用リスクが高い
CCC安全性が低く、信用リスクが極めて高い
CC非常に投機的で債務不履行に近い状態。一定の元利の回収が見込める
C債務不履行となる可能性が極めて高く、元利の回収は極めて低い
D倒産など、すでに債務不履行に陥っている状態なので元利の回収は不可能

債券のメリット

  • 定期的な利息収入
  • 償還日に額面金額で払い戻される
  • 償還日になる前に途中で売却もできる

債券のデメリット

  • 国債は利率が低い
  • 信用リスク、流動性リスク、価格変動リスク、金利リスクが伴う
  • 社債の場合、企業が債務不履行になると元本と利息が受け取れない可能性
  • 日経平均リンク債の特徴やリスクとは 日経平均リンク債の特徴やリスクとは
  • 社債の場合、購入単価が50万円、100万円など高い
  • 途中で売却すると損をする可能性がある

一言に「保険」といっても多くの種類がありますが、大きく分類すると「貯蓄型保険」と「掛け捨て型保険」の2種類に分けられます。 資産運用における保険は「貯蓄型保険」のことを指し、更に「終身保険・養老保険・学資保険・年金保険」と保険の目的別に 大きく 4つに分けられます。

自分で資産運用できるのであれば、無理して貯蓄型保険を選ばなくても良い

保険のメリット

  • 全くの資産運用初心者でも始めやすい
  • 銀行の定期預金よりも利率は期待できる
  • 本来の保険としての機能もあり、ライフプランの目的に応じて加入できる
  • 引き落としで自動的に貯蓄できる
  • 生命保険や個人年金保険は、生命保険料控除の対象で節税効果がある

保険のデメリット

  • 途中解約すると元本割れの可能性
  • 保険料が高額
  • 長期加入が必須
  • 他の投資商品よりも利回りが低い
  • 予定利率が下がる可能性

実物資産の不動産を持たなくともREITで投資ができる

不動産のメリット

  • 入居者が安定していれば定収入が見込める
  • 節税対策や相続対策が可能
  • 私的年金代わりになり老後の収入源の一つになる
  • 生命保険の代わりに活用できる
  • ローンを組むことでレバレッジを効かせられる
  • インフレ対策になる

不動産のデメリット

  • 空室 リスク
  • 建物の老朽化による修繕費の増加と価値の下落
  • 日経平均リンク債の特徴やリスクとは
  • デフレリスク、金利リスク
  • 流動性リスク
  • よく調査しないと割高な物件を買わされてしまうリスクもある
  • 天災や事故リスク
  • 不景気等による不動産下落リスク

ゴールド(金)

金投資だけでは資産を増やせない

金投資のメリット

  • 無価値になりにくい
  • 世界共通の価値
  • 信用リスクがない
  • インフレに強い
  • 現物なら実物を保有もできる
  • 実物を保有せずとも金ETFで利便性高く投資できる

金投資のデメリット

  • 配当や利子を生まない
  • 管理する場合は保管コストがかかる
  • 金投資信託は手数料が高い商品もある
  • 紛失・盗難リスク

資産運用のメリット・デメリット比較

資産運用の種類別 メリット・デメリット比較表

    日経平均リンク債の特徴やリスクとは
  • 普通預金と定期預金は、預金保護対象(一人最大1,000万円まで)
  • 普通預金は、為替変動リスクがない
  • 預金保護があるのでポートフォリオへ組み込むと資産運用のリスクを軽減できる
  • 銀行破綻時の保証は、一人最大1,000万円まで
  • 普通預金と定期預金の金利が低いので資産を増やすのには向いていない
  • 定期預金にした場合、満期まで出金できない
  • 外貨預金は、手数料と為替リスクで損をすることの方が多い
  • 一株でも権利付き最終日に保有しているだけで(議決権、配当金、優待などの)権利がある
  • 株価の上昇で決済後に差益を得られる
  • 多くの上場企業から投資先を選ぶことができる
  • 数十万円の投資額でも始められる
  • 信用取引で空売りもできる銘柄もある
  • 同一業種銘柄で相関性がある銘柄は鞘取りの手法が使える(相場による)
  • 権利確定日に株を保有していないと(議決権や配当金などの)権利がない
  • 株価の下落で決済後に損失になる
  • 倒産してしまうと無価値になる
  • 上場企業が多すぎて投資先に悩む
  • 数十万円の投資額だと投資できる企業が限定される
  • 信用取引で投資額以上の損失をすることがある
  • 流動性が低いと希望の価格で売れない
  • 少額から投資を始めることができる
  • 分散投資がしやすい(株式・債券・外国株・不動産などの各投資信託・ETFに分けることが容易)
  • 投資信託の種類が豊富で広い選択技がある
  • 細かい銘柄の分析はせずに、ファンドマネージャーに任せられる
  • 決算ごとに監査法人などの監査があるため、運用の透明性が高い
  • ETFであればコストが安く、いつでも売買できる
  • ETF以外はコストが高い(販売手数料・管理手数料・解約手数料などがかかる)
  • ETF以外はタイムリーに売買できない
  • 元本保証ではない
  • 海外投資信託の場合は、為替変動リスクもある
  • 投資信託の種類が多く選定が難しい
  • 定期的な利息収入
  • 償還日に額面金額で払い戻される
  • 償還日になる前に途中で売却もできる
  • 国債は利率が低い
  • 信用リスク、流動性リスク、価格変動リスク、金利リスクが伴う
  • 社債の場合、企業が債務不履行になると元本と利息が受け取れない可能性
  • 社債の場合、購入単価が50万円、100万円など高い
  • 途中で売却すると損をする可能性がある
  • 全くの資産運用初心者でも始めやすい
  • 銀行の定期預金よりも利率は期待できる
  • 本来の保険としての機能もあり、ライフプランの目的に応じて加入できる
  • 引き落としで自動的に貯蓄できる
  • 生命保険や個人年金保険は、生命保険料控除の対象で節税効果がある
  • 途中解約すると元本割れの可能性
  • 保険料が高額
  • 長期加入が必須
  • 他の投資商品よりも利回りが低い
  • 予定利率が下がる可能性
  • 入居者が安定していれば定収入が見込める
  • 節税対策や相続対策が可能
  • 私的年金代わりになり老後の収入源の一つになる
  • 生命保険の代わりに活用できる
  • ローンを組むことでレバレッジを効かせられる
  • インフレ対策になる
  • 空室リスク
  • 建物の老朽化による修繕費の増加と価値の下落
  • デフレリスク、金利リスク
  • 流動性リスク
  • よく調査しないと割高な物件を買わされてしまうリスクもある
  • 天災や事故リスク
  • 不景気等による不動産下落リスク
  • 無価値になりにくい
  • 世界共通の価値
  • 信用リスクがない
  • インフレに強い
  • 現物なら実物を保有もできる
  • 実物を保有せずとも金ETFで利便性高く投資できる
  • 配当や利子を生まない
  • 管理する場合は保管コストがかかる
  • 金投資信託は手数料が高い商品もある
  • 紛失・盗難リスク

どの資産運用が一番良いの?

この回答については人それぞれ目的により異なりますが、どれか一つの種類に集中投資するのではなく、 アセットクラスを分けて逆相関や相関の無いもの同士の組み合わせで 、 分散投資をすることが一般的な考えです。

アセットクラスを分けた分散投資

相関性の低い資産例

調査する期間によっても相関係数は異なるので目安程度にしか言えませんが、基本的には 伝統的4資産とオルタナティブ資産の組み合わせ とされています。

ポートフォリオを作成する

  • 日経225 20%
  • 外国株式 20%
  • 外国債券 10%
  • 外国REIT 20%
  • J-REIT 10%
  • バランス型投資信託 日経平均リンク債の特徴やリスクとは 10%
  • 米国ハイイールド債券 10%

各データを取得してリスク率やリターン率を手計算するのはとても面倒ですが、Googleで「ポートフォリオ シミュレーション」と検索すると自動で計算できるサイト(銀行や証券会社運営)が多数でてきます。私も一通り試してみたのですが、野村アセットマネジメント株式会社が運営する「つみたて&分散シミュレーション 投信アシスト」のサイトが使いやすく見やすかったです。

【投資・資産運用】市場に潜む6つのリスク!

リスクと付き合う

金融商品のリスクは一般にその収益(リターン)の振れ幅を意味しますが、
その収益(リターン)を左右するさまざまなリスクがあることも覚えておきましょう。


出典元 : みずほ証券

みずほ証券があげるのは、価格変動リスク金利変動リスク信用リスク為替変動リスクカントリーリスクの5つのリスク。
一般的にはここに流動性リスクを加えた6つのリスクが主な投資・資産運用のリスクとして知られています。

最も注意が必要な『価格変動リスク』

価格変動リスクとは読んで字の如し、株や債券をはじめとする金融商品の値段が時間とともに変化していくリスクのことです。

今年 業績が良かった会社は来年・再来年へ期待が膨らみ、その会社の株を欲しがる人が増えます。
欲しがる人が増えれば価格は上がる。
逆に、期待したほどの業績があげられなければ失望から株価は下がる。。

ちなみに、業績や事業内容 以外にも、「著名な投資家が買っている」みたいな噂や「なんとなくチャートの形がこれから上がりそうにみえる」といった企業の本質的な価値と無関係な事柄でも株価は大きく動きます。
株は人気投票』と言われる所以ですね。

その時々になぜ値段が上がるのか(もしくは下がるのか)、正しい答えは誰にもわかりません。 日経平均リンク債の特徴やリスクとは 日経平均リンク債の特徴やリスクとは
が、結局 長期的には『神の見えざる手』によって妥当らしい価格へ導かれてゆきます。
その過程の見えざる手の迷い行き過ぎ勘違いが価格変動リスクの要因かなと。

いずれにせよ 先日の記事でもお話しした通り、投資や資産運用で言うところの『リスク』とは要は値幅のことで、期待値と実際の価格がどれだけ離れる可能性があるかということです。
そういう意味で、結局 全てのリスクはこの『価格変動リスク』に行き着くわけです。
最も注意が必要なリスクと言えますね。

債券と為替に影響が大きい『金利変動リスク』

金利の変動により商品の価格が変動するリスクを金利変動リスクといいます。

この金利変動リスクによる影響が最も大きいのは債券です。
債券のクーポン(利率)が銀行預金の金利と同じなら誰も債券なんて買いませんから。

市場の金利が上がると、発行済み債券は利回りをあげる為に価格が下がります。
新たに発行される債券は市場金利を織り込んで、以前のものよりもより高い利率が設定されるでしょう。
逆に金利が下がれば 相対的に投資妙味が増す債券は値上がりし、利回り・利率は低下します。

基本的には株も同様で、金利が上がると株価は下がります。
銀行預金や債券の利回りが十分に高ければ、あえて価格変動リスクの高い株に投資する必然性が下がるからです。
ただし、その関係は債券ほどシンプルではありません。

銀行を中心とした金融セクターなど 一部の金利上昇が業績アップにつながる業種の株価は上昇します。
逆に銀行からの借り入れの多い業種 例えば不動産業などは銀行への返済が増える為、特に株価を落とすでしょう。

格付けでわかる『信用リスク』

債券や株式の発行体が投資家との約束を守れないリスクを信用リスクといいます。
ここでいう『約束』とは元金の返済や金利・配当金の支払いを正しく行えるかをさします。
というわけで、信用リスク(クレジットリスク)は別名 債務不履行リスク(デフォルトリスク)とも呼ばれます。

国債を例に挙げるなら、アメリカやドイツといった欧米の先進国が財政破綻し国債が紙クズになるとは考えにくいですよね?
一方でアフリカや南米の途上国ならどうでしょう? 「そんなこともあり得るかな。。」と思いませんか?
2010年のギリシャ経済危機や2014年のアルゼンチンの計画的債務不履行のような例もあります。

ここでリスクの大原則ですが、一般的にリスクが高い商品ほど利回りが大きい(ハイリスク・ハイリターン)です。
前の記事でお話ししたリスクプレミアムですね。
仮にアメリカ国債とギリシャ国債の利率が同じなら、誰もギリシャには投資しないでしょう。
つまり信用の低いギリシャはアメリカ以上の利率で債券を発行しなくてはいけないということです。

じゃあ「信用の高い低いはどうすれば判るのか?」という話ですが、、
格付け機関のレーティングを参考にすると良いでしょう。
スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)、フィッチ・レーティングス、ムーディーズの3社は三大信用格付会社と呼ばれ、世界的な信頼を集めています。
ちなみに、2018年5月現在のS&Pの信用格付けではアメリカ国債はAA+、ギリシャ国債はB-、トヨタ株はAA-となっています。

外貨建て商品だけにとどまらない『為替変動リスク』

外国株や外国債のような外貨建ての商品の場合、為替の変動が商品価格や利回りに影響を与えることを為替変動リスクといいます。

例えば、2018年5月現在のアマゾンの株価は1株1,600ドル。為替は1ドル110円です。
10株買ったとすると、評価額は日本円で1,760,000円です。(= 1,600ドル × 10株 × 110円/ドル)
1年後、アマゾン株は1,700円に、為替は1ドル100円になったとします。
すると、、持ち株の評価額は1,700,000円。なんと6万円のマイナスです!
株価は上がっているのに哀しいですね。。

もちろん、「株価は下がったけど為替に救われる」って逆のパターンもあり得ますけどね。
利益を最大化するには円高の時に買って、円安で売る必要があります。
商品自体の価格も上下しますから、最良のタイミングを狙うのはかなり難しいです。
日本で外国株が敬遠される理由の一つはここですね。
(もちろん、言葉や手数料、税金など色々要因はあると思いますが)

また、為替の変動は国内企業の業績にも影響を与えます

例えば、商材や原料を輸入に頼る小売業や製造業、石油・電力などエネルギー関連会社などにとっては円高は追い風です。
具体例をあげるならファーストリテーリング(ユニクロ)やニトリ、関西電力が代表格ですね。
あとは燃料が安くなるので航空会社や運送業などにとっても円高はプラスに働きます。

ご存知の通り、資源に乏しい日本に貿易は欠かせません。
時に為替は日本の企業の業績を大きく左右する要因になることを覚えておきましょう。
特に日経平均を構成するような日本を代表する大企業の多くは輸出で稼いでいます。
アベノミクスとマイナス金利政策による円安で、日経平均が好調なのはこの為です。

ちなみに、この為替変動リスク自体を投機の対象としているのがFXと外貨預金です。
私もFXでボチボチ利益を上げています!
気になる方は本ブログのFXカテゴリをのぞいてみてくださーい😃

予測困難な『カントリーリスク』

投資している国・地域特有のリスク、例えば戦争・内乱など政治的な混乱や急激なインフレ・財政破綻、地震やハリケーンといった自然災害などをカントリーリスクと言います。

最近は特に政治的・軍事的な緊張のみにフォーカスして地政学上のリスクといったりもしますね。
経済がグローバル化したことにより、特定のいち地域の紛争が全世界に影響を与えることもあるので要注意です。
特に中東アラブ諸国の危機は原油価格、ひいては世界経済に大きな打撃を与えてきました。

日本の場合は ずいぶん昔から首都直下型地震が予測されていますし、なんといってもすぐ近くに北朝鮮があります。
欧米の保護主義・移民排斥の流れも今後大きな経済問題に発展するかもしれません。

カントリーリスクはいつも突然 表面化します。あらかじめ予測することは困難です。
そして一度 露わになったリスクは市場でとてつもない猛威を振るうことがあるので要注意。
個別企業の好業績やこれまでの流れなどお構いなしに、ある日突然ガラッとマーケットの景色を変えてしまいます。

売りたい時にすぐ売れない『流動性リスク』

流動性リスクとは市場での取り引き量が極端に少なく、売りたい時にすぐ売れない もしくは不当に安い価格でしか売れないリスクのことです。
逆に、買いたいけど買えない または相当なプレミアを上乗せした価格でしか買えない といった状況もあり得ます。

流動性が低い投資対象の代表格は不動産です。
例えば 親から相続した実家を売却しようとした時、一般的には売れるまでに3ヶ月から半年くらいの時間は見ておいたほうがいいといわれています。
銀座や表参道のような一等地ならまだしも、なんの変哲もない普通の住宅街の一角に都合よく買い手が現れるわけありませんから、無理ない価格でもそれくらいの時間はかかるのでしょう。
購入希望者が現れても ローンの審査や行政的な手続きなどなど、株や投資信託を現金にかえるように手軽にはいきません。
現金化を急げば、足元を見られて買い叩かれるのがオチです。

株も同様で、トヨタやソニーのような売買盛んな超大型株であれば通常 流動性のリスクはほぼありません。
一方でJASDAQや東証マザーズのような新興市場のマイナー銘柄は、人気薄で市場参加者が多くありません。
場合によっては不動産のような流動性リスクを抱えることがあります。

また、大型銘柄でも2015年の東芝 粉飾決算のような不祥事による上場廃止懸念などがあると売り注文の殺到で需給のバランスが一気に崩れ、「安値でも売れない」ということがあります。
不祥事のケースは信用リスクとの合わせ技ですね。目を疑うような下落になります。

資産運用で5000万円を1億円に!精神的余裕を叶えるおすすめの投資方法7選

インフレに伴う資産価値の推移

(引用:SMBC日興証券 「低金利時代の資産運用」)

老後資金が不足するリスク

老後必要資金内訳

(引用:日経ビジネス)

収入は約20万円ですから不足金は1ヶ月当たり約16万円。老後30年で計算すると必要な資産額は約5760万円と、5000万円でも老後の日常資金が不足する可能性も…。

このように 5000万円をそのまま寝かせておくのは一見安全そうに見えて、実は大きなリスクにさらされている んですね。

5000万円を運用するとどうなる?

  • 安定志向派
  • 積極運用派(独力)
  • 積極運用派(プロにお任せ)
日経平均リンク債の特徴やリスクとは 日経平均リンク債の特徴やリスクとは
期待
利回り
安定志向
~2%
積極運用
(独力)
3~4%
積極運用
(プロに委託)
10%前後
1年 5100万 5200万 5500万
5年 5520万 6083万 8052万
10年 6094万 7401万 1億2968万
20年7429万 1億955万 3億3637万

次に、インフレ率2%とした場合の実質的な資産価値で計算してみましょう。

日経平均リンク債の特徴やリスクとは
実質
利回り
安定志向 積極運用
(独力)
積極運用 日経平均リンク債の特徴やリスクとは 日経平均リンク債の特徴やリスクとは
(プロに委託)
2-2=2% 4-2=2% 10-2=8%
1年 5000万 5100万 5400万
5年 5000万 5520万 7346万
10年 5000万 6094万 1億794万
20年 5000万 7429万 2億3304万

このように5000万円を資産運用する・しないはもちろん、どれほどの年利で運用するかによっても将来の資産額には大きな差が出てくることがおわかりいただけたかと思います。

【投資方法・ポートフォリオ例】安定志向の人向け

安定志向の資産運用なら、インフレが進んでも資産価値が下がらない程度に2%程の利回りは欲しいところ。ここでは安定志向派に向いている比較的低リスクな運用商品をご紹介します。

定期預金の仕組み

日経平均リンク債の特徴やリスクとは
期待利回り 年0.002%~0.4%程
メリット ・安全性が極めて高い
・流動性も高く即時に現金化できる
デメリット・金利がほとんどつかない
・インフレ下では資産価値が目減りする
具体的な
投資先例
・ 金利の高いネット銀行
例:オリックス銀行0.28%(大口定期5年)
例:auじぶん銀行0.4%(キャンペーン金利)等

1000万どこに預ける?優遇金利で預金出来る銀行・おすすめの運用先を紹介! 1000万以上の預金どうしてる?優遇金利で預けられるサービスとは? 貯金が1000万貯まったらどうするべきでしょうか。タンス貯金はリス.

個人向け国債

日経平均リンク債の特徴やリスクとは
期待利回り 年0.05%~0.1%前後
メリット ・元利が政府によって保証され価格変動リスクを受けない
・銀行預金より金利が高い(最低金利0.05%)
・変動金利型なら金利上昇のメリットを享受できる
・少額(1万円)から投資可能
デメリット ・購入後1年経過しないと換金できない
・満期前に解約すると受取額が減る
・インフレ下では資産価値が目減りする
具体的な
投資先例
・変動型10年(基準金利×0.66)
・固定型5年(基準金利-0.05%)
・固定型3年(基準金利-0.03%)

1000万円を個人向け国債で運用するといくら儲かる?利子シュミレーション 低リスクな国債で1000万円運用するといくら儲かる? 1000万円以上の高額資産はとにかく安全で低リスクな方法で運用したい。そこで定期.

期待利回り 年0.5~2%前後
メリット ・国債・銀行預金より利回りが大きい
・平常時は取り扱う証券会社に額面通りで買い取ってもらえる
デメリット ・最低購入単位が100万円程とまとまった資金が必要
・【信用リスク】デフォルトで満期償還不能に
・【価格下落リスク】信用リスク次第で売買価格が下落
・【流動性リスク】信用リスクが高まると証券会社が買い取りを拒否
具体的な
投資先例
過去に発行された個人向け社債と利回りの例
・三菱UFJ劣後債:0.894%
・楽天カード:0.49%
・山口FG劣後債:0.79%

5000万円のポートフォリオ例

安定志向の5000万円ポートフォリオ例

ここでは、安全志向の金融商品を組み合わせたポートフォリオの例をご紹介します。

【投資方法・ポートフォリオ例】自分の手で積極運用したい人向け

日経平均リンク債の特徴やリスクとは
期待利回り 年4%~7%
メリット ・運用コスト(売買手数料)が低い
・投資経験が身につく
デメリット ・投資対象が限られ価格下落リスクにさらされやすい
・投資活動(勉強や分析等)に手間暇がかかる
具体的な
投資先例
・グロース株
・バリュー株
・国内株
・新興国株
・欧米株

株式投資で得られるリターンは、キャピタルゲイン(株の値上がりによって得られる利益)とインカムゲイン(配当や株主優待)があります。

  • 投資対象が将来の成長性が着目されるグロース株か、割安感に着目したバリュー株か
  • エリア(新興国・国内・欧米)

不動産投資

期待利回り 年3%~5%
メリット ・不動産の活用による安定したインカムゲインの確保
・不動産ローンによるレバレッジ効果
・実物資産としての価値による価格変動リスクの緩和
デメリット ・個別の相対取引のため市場が不透明
・実物資産なので取引コストが高い
・1件の投資失敗が大きな損害を生みやすい
・物件の現金化に時間と手間がかかり流動性も低い
・レバレッジは金利上昇の影響を受けやすい
・入居者募集や物件管理など手間がかかる
具体的な
投資先例
賃貸物件を仲介する不動産会社
・シノケン
・プロパティエージェント
・アイケンジャパン

期待利回り 年3%~4%(手数料控除後)
メリット ・運用会社にポートフォリオ(銘柄の組合せ)を任せられる
・投信商品は複数の銘柄で組成されているため分散投資しやすい
・国内株式型(大型・中小型)、バランス型などメニューが豊富
・積立も含め1万円程度の少額から投資が可能
デメリット ・運用コスト(売買手数料・信託報酬)が割高
・顧客には運用成績しかわからず投資スキルが磨きにくい
・売買注文時に価格が明示されない「ブラインド方式」
・中にはハイリスク分散の投信銘柄もあり
具体的な
投資先例
・【投資対象別】株式投信、債券投信、リート投信、バランス投信
・【エリア別】国、欧米、国内、全世界型等
・【運用スタイル別】アクティブ投信、インデックス投資

一方、 投資信託のデメリットは運用コスト(手数料)の高さ 。アクティブファンドの場合、3%前後の売買手数料、年1.日経平均リンク債の特徴やリスクとは 5%前後の信託報酬がチャージされます。

5000万円のポートフォリオ例

積極運用(独力)の5000万円ポートフォリオ例

投資信託種類別のリスク・リターン


(引用:ちばぎん)

【投資方法・ポートフォリオ例】プロお任せで積極運用したい人向け

そんな投資初心者の方や忙しいサラリーマン世代におすすめなのが、 「投資のプロに運用を任せる」ヘッジファンド です。高い利回りも魅力で、年利回り2桁台も充分視野に入ってきますよ。

ヘッジファンド

ヘッジファンドの仕組み

日経平均リンク債の特徴やリスクとは 日経平均リンク債の特徴やリスクとは
期待利回り 年10%程~
メリット ・金融のプロに運用を一任できる
・上昇・下落いずれの相場でもプラスリターンを目指す絶対収益
・ファンドマネージャーの意欲を高める成功報酬制
デメリット ・最低出資額が高め
・相場がトレンドの波に乗っているときは苦戦するファンドも
具体的な
投資先例
主な有名ヘッジファンド
・ブリッジウォーター
・ルネッサンス・テクノロジー
・BMキャピタル(日本)
  • ベンチマーク(東証株価指数)プラス5%、ファンドの収益プラス7%⇒目標達成
  • ベンチマーク(東証株価指数)マイナス5%、ファンドの収益マイナス2%⇒目標達成

不特定多数の投資家から資金を集める投資信託は、運用資産の安全性確保のためオプション・スワップ・先物といったデリバティブ取引が規制されます。一方、 ヘッジファンドは規制が比較的緩く、市場で自由にデリバティブ取引を駆使できる ので相場下落時にもリターンを狙えるんです。

また投資信託とは違い、ヘッジファンドでは利益が出た時のみ手数料が発生する成功報酬制を主な収入源としているため、利益確保への熱意も相当のもの。

国内ヘッジファンド例:BMキャピタル

bmキャピタル

(引用:BM CAPITAL)

BMキャピタルは東大や京大卒で外資系投資銀行経験者を中心に構成されており、 毎年約10% ~20%ものリターン を叩き出しています。

  • 東京大学卒業後、有名投資銀行バークレイズでキャリアを積んだファンドマネージャーが運用
  • 値動きが穏やか、かつ株価高騰の可能性もあるバリュー株(割安株)に投資
  • 企業価値・株価上昇のを企業内部から促すためにアクティビストとして投資先企業に働きかける場合も

またBMキャピタルは「投資初心者のための国内投資会社」と明言。投資家とのコミュニケーションを大切にし、運用レポート等もグラフや図を多用したわかりやすい内容に仕上げているため、投資初心者に優しいヘッジファンドでもあります。

BMキャピタルって実際どう?投資者目線で最新利回り・口コミ評判など解説 国内ファンドBMキャピタル (BM CAPITAL)への投資はあり?出戻り投資者目線で徹底まとめ 人生初のヘッジファンドとしてお世話に.

5000万円のポートフォリオ例

積極運用(プロお任せ)の5000万円ポートフォリオ例

知らないと損?5000万円の運用を成功させるには

余裕資金で投資する

余裕資金で投資

(引用:東証マネ部!)

投資においてリスクとリターンは表裏一体で、高利回りを追及するとその分リスクも大きくなります。元本割れするリスクをある程度許容してこそハイリターンを狙えるんです。

分散投資する

分散投資の例

(引用:金融庁)

FXの手数料・スプレッドとは?|おすすめFX会社のスプレッド比較一覧

FXの手数料・スプレッドとは?|おすすめFX会社のスプレッド比較一覧

取引量でオススメの業者が変わります。
少額投資ならスプレッドおすすめランキングでトップのSBIFXトレードがオススメです。SBIFXのスプレッドは1回の注文量に応じてスプレッドが変動する方式を取っているため、1注文あたり~1,000通貨までならスプレッドが格段に安くなっています。一方、1,001通貨以上のトレードを1回で注文する場合には段階的にスプレッドが高くなってしまう傾向にありますので、状況に応じて取引先を切り替える方がお得です。

なお、1,001通貨以上ではGMOクリック証券を始めとした 低スプレッド+原則固定の業者をオススメ します。

  • ■全般
  • ※注_z1: 原則固定 ※例外あり
  • 日経平均リンク債の特徴やリスクとは
  • ※注_z2: 原則固定の適用対象外
  • ■GMOクリック証券
  • ※注_a1: ファイナンス・マグネイト社調べ (2020年1月~2021年12月)
  • ■外為どっとコム
  • ※注_b1: 日経平均リンク債の特徴やリスクとは 【対象期間】2022年3月7日(月)午前9時~2022年4月2日(土)午前3時 【時間帯】対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時
  • ※注_b2: 【口座開設キャッシュバックキャンペーンの適用期間】口座開設申込月から翌々月末まで
  • 日経平均リンク債の特徴やリスクとは
  • ※注_b3: 【スプレッドの原則固定など】トルコリラ/円、ロシアルーブル円のスプレッドは原則固定の対象外になっております。また、ロシアルーブルの取引単位のみ10,000通貨に設定されています。
  • ■LINE FX(LINE証券)
  • ※注_c1: 月次でFX口座数を提示しているGMOクリック証券、外貨ex byGMO、ヒロセ通商、外為どっとコム、トレイダーズ証券との比較(2020年3月~9月/LINE証券調べ)
  • ■マネーパートナーズFX
  • ※注_d1: 1回あたり3万通貨までの取引であれば、24時間米ドル/円を0.0銭のスプレッドで取引できます。また、ポンド/円、ユーロ/円も3万通貨まで表示スプレッド、豪ドル/円は5万通貨まで表示スプレッドで取引できます。
  • ■松井証券 MATSUI FX
  • ※注_e1:取扱通貨ペア(スイス/円、トルコリラ/円、米ドル/スイス、ポンド/スイス、ポンド/豪ドルを除く)について、FXサービスの取扱い業者11社(SBI証券、auカブコム証券、外為どっとコム、GMOクリック証券、DMM.com証券、トレイダーズ証券、ヒロセ通商、マネックス証券、マネーパートナーズ、楽天証券、外貨ex byGMO)の中央値と比較。2021年12月21日時点、松井証券調べ。広告掲載日:2022年1月4日時点、上記スプレッドは、市場の急変時(震災などの天変地異、その他外部要因)や、市場の流動性が低下している状況(週初や週末、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などにより、やむを得ず提示以外のスプレッドになることもあります。

FX比較&ランキング 記事一覧

手数料無料は当たり前! 実質的なコストのスプレッドは安ければ安いほどトレーダーには有利に働きます。 低スプレッドを提供しているオススメのFX取扱い業者ランキングや各社のスプレッドで1年間トレードした場合のコスト算出などを掲載しています.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる