外為オプション取引

FX取引の利点

FX取引の利点
レバレッジ1倍、100円からの少額取引が可能。業界最狭水準のスプレッド、28種類のテクニカル指標も利用可

FXの取引スタイルについて

FX龍聖

FXの取引スタイルってたくさんありすぎて、
どのスタイルを取っていいのかが分からない…

「スキャルピングがオススメ!?」

「スキャルピングはリスクが高い!?」

どっちやねん!!

FXの取引スタイルは複数あり、
各種取引スタイルによりきり、
メリットもあれば、デメリットがあります。

それらを踏まえた上で、
自分にあった方法を選んでいけば良いのです。

小さな利益を積み上げる「スキャルピング」

スキャルピング はFXの取引スタイルのなかで、
もっとも 取引時間が短くなります。

数分でエントリーから決済を完結させることも少なくありません

なかには、
たった数秒で取引を終える人
までいるほどです。

スゴいですね、
上手くいけば数秒で利益が出せちゃうんです!

そのため、
スキャルピングは現在のFXトレードの中でも
人気の取引スタイルの一つ になっています。

スキャルピングの名前の由来は、
インディアンたちが 敵の頭の皮を剥ぐ
スカルピング(Scalping)
から来ていると言われています。

どんな殺され方をしても、
頭の皮を剝がされるのだけは勘弁です。

スキャルピングは、
まさに薄い皮を剥ぐように、
小さな利益を積み重ねていくスタイルです

そのため、 取引回数が多いのが特徴 です

メリット:取引チャンスが多い!

スキャルピングは薄い利益を何度も積み重ねるため、
一日に何回も取引を行う事ができます。

通常、スキャルピングでは
1分足チャートや5分足チャートなど、
短い時間足を使う
事が多いですね。

スキャルパー(スキャルピングをする人)は、
そんな小さなチャンスを狙ってコツコツとトレードを繰り返し、
利益を積み重ねていくのです。

「一日に何度もトレードしたい」

「コツコツ利益を積み重ねたい」

デメリット:取引コストがかさみがち

最初に書いたように、
良いこともあれば悪いこともあるのがこの世の中です。
(世知辛いですね…)

スキャルピングは多くの取引チャンスがありますが、
一方で デメリット もあります

それは、
取引コストがかさみがちな点 です

例えば、1日の中で、
何十回、100回以上とトレードするスキャルピングは
取引コストが尋常ではありません。

1回のトレードで0.3pipsでも
10回トレードすれば3.0pips、100回トレードすれば30.0pips
になります。

見えないコスト(スプレッド)、恐るべし… FX取引の利点

いかに上手にコストをコントロールするか(取引回数を調整するか)、
これがスキャルピングを制する秘訣のひとつです。

1日で取引を完結させる「デイトレード」

厳密にデイトレードとは
「この期間でトレードすべし!」
というものが決まっているわけではないので、

実際のトレード期間は、
人によってマチマチ
だったりします。

たとえば、主婦の方が、朝、夫や子どもを見送ったあとの
ちょっとした時間でトレードしたりするとして、
そうすると
9時からの数十分でトレードを完結
させたりする訳です。

また、もっとも多いサラリーマンは、
帰宅してから相場を見ることが多いので、
必然的にニューヨークタイムで
トレードすることになるはずです。

このようにデイトレードといっても
5分足や15分足といった 比較的短い時間足 を見ながらトレードする人もいますし、
1時間足、4時間足といった 比較的長い時間足 を使ってトレードする人もいるのです。

メリット:バランスのとれたトレードができる

スキャルピングほど取引コストもかからないし、
次のスイングトレードほど大きな流れを捉えなくて良いという利点があります。

実際にFXをやっている人の多くは、
自分の生活スタイルに合わせた時間帯で
デイトレードに取り組んでいる人が多いのではないでしょうか。

特に スキャルピング寄りの短めのデイトレード などに
取り組んでいる層が多い様な気がします。

デメリット:スキャルピングほど小回りが利かない

デイトレードのデメリットを強いてあげるなら、
スキャルピングほど小回りが利かないことがあげられます。

たとえば、
「自分が取引する時間帯でしっかりしたトレンドが発生しなかった」
なんてとき、
ひょっとしたらデイトレードでは損失を出してしまうかもしれません。

しかし前述した様に、
スキャルピングは小回りができる反面、 FX取引の利点
スプレッドリスクが高い
というデメリットもあります。

数日〜数週間ポジションを保有する「スイングトレード」

数日〜数週間ポジションを保有するのが「スイングトレード」です。

「FXには興味があるけれど、時間がない」

「毎日はトレードしたくない」

数日間ポジションを保有して決済する人もいれば、
ほぼ1ヶ月間ポジションを保有し続ける人もいます。

メリット:スワップポイントは意外とおいしい

スイングトレードのメリットのひとつは「スワップポイント」です。

スワップポイントとは 2国間の金利の差 のことを言うのですが、
たとえば豪ドルやNZドルを保有したとき、
毎日 金利 が入ってきます。

そのため、
ユーロやドルといったメジャー通貨ではデイトレードのような短期取引、
豪ドルやNZドル、トルコリラのような高金利通貨ではスワップ狙いのスイングトレードをする手法が考えられます。

デメリット:相場の転換に対応しにくい

スキャルピングやデイトレードのように
短期間で売買を繰り返す手法とは異なり、
スイングトレードは
比較的長い期間ポジションを保有
します。

そのため、
「せっかく含み益が乗ったのになくなった…」
なんてことも珍しくありません。

それはもちろん、
「大きなトレンドを捉えられた」
という結果論が必要な訳ですが・・・

しかしながら、
私としてはスイングトレードは 好きな投資法 です。

やはりスプレッドコストが軽微となる点が有利ですよね!

スプレッドの割合が10% です。

スプレッドの割合が1% に留まります。

じっくり時間をかける「長期投資」

世界でもっとも有名な投資家のひとり、
ウォーレン・バフェット

彼の取引スタイルは
「割安な株を買って、何年も保有する」
長期投資です。

メリット:小さな波に左右されない

「今夜の雇用統計の結果、大きな円高になりました」

「ユーロの急騰によって相場が急変し〜」

こんなニュースに振り回されなくてもいいのです!

とつい力が入ってしまいましたが、
このような短期間では大きな話題も、
長期間ではノイズとなって相場の波が吸収してくれます。

デメリット:資金効率が悪い

スイングは資金効率が悪い。

FXをはじめた人の多くは、
自己資金にレバレッジを利かせて取引したい
と考えていると思います。

楽天FXの使い勝手は?投資家の実体験を紹介

取引画面

最初に、グッドデザイン賞(2012年)FX取引の利点 の受賞実績もあるPC用取引ツール「マーケットスピードFX」でのトレード実体験を紹介していきます。

※以下、画像は全て取引画面より筆者作成

取引画面


上記赤枠内の各メニューをクリックすれば、「注文」や「レート一覧」などのメニューが上記青枠にタブとして表示されます。確認したいメニューをタブ切替でスムーズに確認できるため、便利に感じます。

テクニカル分析


テクニカル指標は約40種類搭載しています。詳しくテクニカル分析をしたい方にとっても満足できる搭載数なのではないでしょうか。

動画


動画をマーケットスピードFX内で見られるのは、筆者として嬉しいポイントです。ざわざ別ウインドウで動画を開く必要がないため、見やすいというメリットがあります。

カスタマイズ性


また取引画面のカスタマイズ性もマーケットスピードFXの特徴です。一方で、何をどのように画面設定すれば良いのかわからないという方もいるでしょう。

テクナビ


今回はマーケットスピードFXに搭載されている「テクナビ」という機能を使ってトレードしてみました。テクナビとはテクニカル指標の分析を自動的に表示してくれる機能のことです。

テクナビ


上記画像のようにテクナビでは、通貨ペアにおける各種テクニカル指標の分析結果を一目で確認することができます。今回は、上記青枠のとおり、米ドル/円の短期(5分足)・中期(1時間足)において、「上昇」を示しているテクニカル指標が多いことを確認できましたので、米ドル/円を1,000通貨買ってみました。

マーケットスピードFX注文


注文は上記赤枠をクリックするだけで、すぐに発注できました。マーケットスピードFXは慣れるまで多少時間はかかるかもしれません。

2-2.スマホアプリ:iSPEED FX

iSPEED FX


上記が取引画面です。マーケットスピードFX同様に、デザイン性・視認性に優れている印象です。

チャートの形状


トレードにあたり、今回はチャートの形状から相場の流れをチェックできる「チャートの形状」を参考にしました。上記画像のとおり、チャートの形状ではポンド/円が「一見して、緩やかに上昇していると思われる状態」とありました。

iSPEED FX


70~80になると“買われすぎ”と判断されるRSIも確認したところ、「58.04」でした。もう少し上昇余地はありそうだと判断し、1,000通貨を買ってみました。

iSPEED FX


注文は上記赤枠をタップすればスムーズに発注できました。今回のトレードを通じて、iSPEED FXはチャートが見やすく、カスタマイズ性・操作性が高い点が特徴だと感じました。

3.楽天証券FXの評判・口コミ

  • レバレッジを1倍~25倍の間で選択できるため、リスク管理がしやすい
  • 楽天ポイントがもらえてお得で良い
  • スプレッドが広がりやすいと感じた
  • 取引ツールにこだわりがある私でも楽天FXの取引ツールの操作性は優秀だと感じる
  • スマホアプリは画面が小さいのでしょうがないとは思うが、注文時に表示される情報が少なくて、とくに成行注文をするのが怖い
  • 少しだけスワップポイントは低いと思う。スキャルピングやデイトレであれば問題ない
  • 楽天FXは楽天ポイントを貯めていてFXをしたい人であればまず検討すべき
  • マイナー通貨の情報を発信しているなど、情報量が多い
  • MT4を使えるため、個人的には満足。ただスプレッドやスワップポイントなどの条件は良くないと感じる
  • FX取引の利点
  • スプレッドは競合他社と同水準だが、キャンペーンでかなり狭くなる通貨ペアもある

3-1.楽天FXではレバレッジを選択できる

レバレッジ


レバレッジは簡単に設定変更ができます。自分の経験やリスク許容度などに応じて適宜調整してください。

相場で負けないコツは?失敗例やFXで損するトレーダーの特徴を4つ紹介

RSIの使い方

教科書通りに行って失敗する一つの例としてRSIの使い方を見てみましょう。

※図はTradingViewより筆者作成

1-2.アナリスト予想を妄信する

1-3.感覚的にトレードする

1-4.FX会社の売買サインでトレードする

2.操作しやすいFX会社は?

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage FX取引の利点 Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • 相場で負けないコツは?失敗例やFXで損するトレーダーの特徴を4つ紹介 - 2022年6月15日
  • テクニカル指標「フィボナッチリトレースメント」の使い方は?注意点やポイントを解説 - 2022年6月15日
  • 仮想通貨投資を行う場合のプロジェクトの選別方法【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】 - 2022年6月15日
  • 円安相場にうまく乗れる通貨ペアは?松井証券のトレード方法も解説 - 2022年6月15日
  • 2022.6.15 マーケットレポート【FOMC前にドル高が進行】 - 2022年6月15日

おすすめのFX会社・FXサービスは?

FXネオ

72万口座超の大手FXサービス(2021年7月時点)。業界最狭水準のスプレッドに加え、デモ取引も利用可能!

DMM FX

dmmfx

アプリで高機能チャート利用可!最短で1時間後に取引可能、LINEやAIチャットでの問い合わせなどサポートも充実

松井証券 MATSUI FX

松井証券 MATSUI FX

レバレッジ1倍、100円からの少額取引が可能。業界最狭水準のスプレッド、28種類のテクニカル指標も利用可

FX投資の人気コラム

FXの最新ニュース

  • 2022/4/25SBIネオモバイル証券「ネオモバ3周年大感謝祭番外編」キャンペーン実施。新成人対象に
  • 2022/4/24SBIネオモバイル証券が国内株式の利用料最大99.8%還元キャンペーン、5/2開始
  • 2022/4/2Z世代の8割超が「18歳になったら投資をはじめたい」LINE証券が投資意識調査
  • 2022/1/18インヴァスト証券、FX取引量に応じて寄付できる「社会貢献ポイント」で21年度に322万円寄付
  • 2021/12/11米CPI公表やオミクロン株による株価の影響は?2021年12月6日~10日の株式・金利マーケットレポート

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

FXの取引スタイルについて

FX龍聖

FXの取引スタイルってたくさんありすぎて、
どのスタイルを取っていいのかが分からない…

「スキャルピングがオススメ!?」

「スキャルピングはリスクが高い!?」

どっちやねん!!

FXの取引スタイルは複数あり、
各種取引スタイルによりきり、
メリットもあれば、デメリットがあります。

それらを踏まえた上で、
自分にあった方法を選んでいけば良いのです。

小さな利益を積み上げる「スキャルピング」

スキャルピング はFXの取引スタイルのなかで、
もっとも 取引時間が短くなります。

数分でエントリーから決済を完結させることも少なくありません

なかには、
たった数秒で取引を終える人 FX取引の利点
までいるほどです。

スゴいですね、
上手くいけば数秒で利益が出せちゃうんです!

そのため、
スキャルピングは現在のFXトレードの中でも
人気の取引スタイルの一つ になっています。

スキャルピングの名前の由来は、
インディアンたちが FX取引の利点 敵の頭の皮を剥ぐ
スカルピング(Scalping)
から来ていると言われています。

どんな殺され方をしても、
頭の皮を剝がされるのだけは勘弁です。

スキャルピングは、
まさに薄い皮を剥ぐように、
小さな利益を積み重ねていくスタイルです

そのため、 取引回数が多いのが特徴 です

メリット:取引チャンスが多い!

スキャルピングは薄い利益を何度も積み重ねるため、
一日に何回も取引を行う事ができます。

通常、スキャルピングでは
1分足チャートや5分足チャートなど、
短い時間足を使う
事が多いですね。

スキャルパー(スキャルピングをする人)は、
そんな小さなチャンスを狙ってコツコツとトレードを繰り返し、
利益を積み重ねていくのです。

「一日に何度もトレードしたい」

「コツコツ利益を積み重ねたい」

デメリット:取引コストがかさみがち

最初に書いたように、
良いこともあれば悪いこともあるのがこの世の中です。
(世知辛いですね…)

スキャルピングは多くの取引チャンスがありますが、
一方で デメリット もあります

それは、
取引コストがかさみがちな点 です

例えば、1日の中で、
何十回、100回以上とトレードするスキャルピングは
取引コストが尋常ではありません。

1回のトレードで0.3pipsでも
10回トレードすれば3.0pips、100回トレードすれば30.0pips
になります。

FX取引の利点 見えないコスト(スプレッド)、恐るべし…

いかに上手にコストをコントロールするか(取引回数を調整するか)、
これがスキャルピングを制する秘訣のひとつです。

1日で取引を完結させる「デイトレード」

厳密にデイトレードとは
「この期間でトレードすべし!」
というものが決まっているわけではないので、

実際のトレード期間は、
人によってマチマチ
だったりします。

たとえば、主婦の方が、朝、夫や子どもを見送ったあとの FX取引の利点
ちょっとした時間でトレードしたりするとして、
そうすると
9時からの数十分でトレードを完結
させたりする訳です。

また、もっとも多いサラリーマンは、
帰宅してから相場を見ることが多いので、
必然的にニューヨークタイムで
トレードすることになるはずです。

このようにデイトレードといっても
5分足や15分足といった 比較的短い時間足 を見ながらトレードする人もいますし、
1時間足、4時間足といった 比較的長い時間足 を使ってトレードする人もいるのです。

メリット:バランスのとれたトレードができる

スキャルピングほど取引コストもかからないし、
次のスイングトレードほど大きな流れを捉えなくて良いという利点があります。

実際にFXをやっている人の多くは、
自分の生活スタイルに合わせた時間帯で
デイトレードに取り組んでいる人が多いのではないでしょうか。

特に スキャルピング寄りの短めのデイトレード などに
取り組んでいる層が多い様な気がします。

デメリット:スキャルピングほど小回りが利かない

デイトレードのデメリットを強いてあげるなら、
スキャルピングほど小回りが利かないことがあげられます。

たとえば、
「自分が取引する時間帯でしっかりしたトレンドが発生しなかった」
なんてとき、
ひょっとしたらデイトレードでは損失を出してしまうかもしれません。

しかし前述した様に、
スキャルピングは小回りができる反面、
スプレッドリスクが高い
というデメリットもあります。

数日〜数週間ポジションを保有する「スイングトレード」

数日〜数週間ポジションを保有するのが「スイングトレード」です。

「FXには興味があるけれど、時間がない」

「毎日はトレードしたくない」

数日間ポジションを保有して決済する人もいれば、 FX取引の利点
ほぼ1ヶ月間ポジションを保有し続ける人もいます。

メリット:スワップポイントは意外とおいしい

スイングトレードのメリットのひとつは「スワップポイント」です。

スワップポイントとは 2国間の金利の差 のことを言うのですが、
たとえば豪ドルやNZドルを保有したとき、
毎日 金利 が入ってきます。

そのため、
ユーロやドルといったメジャー通貨ではデイトレードのような短期取引、
豪ドルやNZドル、トルコリラのような高金利通貨ではスワップ狙いのスイングトレードをする手法が考えられます。

デメリット:相場の転換に対応しにくい

スキャルピングやデイトレードのように
短期間で売買を繰り返す手法とは異なり、
スイングトレードは
比較的長い期間ポジションを保有
します。

そのため、
「せっかく含み益が乗ったのになくなった…」
なんてことも珍しくありません。

それはもちろん、
「大きなトレンドを捉えられた」
という結果論が必要な訳ですが・・・

しかしながら、
私としてはスイングトレードは 好きな投資法 です。

やはりスプレッドコストが軽微となる点が有利ですよね!

スプレッドの割合が10% です。

スプレッドの割合が1% に留まります。

じっくり時間をかける「長期投資」

世界でもっとも有名な投資家のひとり、
ウォーレン・バフェット

彼の取引スタイルは
「割安な株を買って、何年も保有する」
長期投資です。

メリット:小さな波に左右されない

「今夜の雇用統計の結果、大きな円高になりました」

「ユーロの急騰によって相場が急変し〜」

こんなニュースに振り回されなくてもいいのです!

とつい力が入ってしまいましたが、
このような短期間では大きな話題も、
長期間ではノイズとなって相場の波が吸収してくれます。

デメリット:資金効率が悪い

スイングは資金効率が悪い。

FXをはじめた人の多くは、
自己資金にレバレッジを利かせて取引したい
と考えていると思います。

FX初心者が選ぶべき通貨ペア【FXの始め方 #2】

取引量の少ない新興国通貨は値動きが荒くなりがちで、注文が成立しないリスク (流動性リスク)も高い ので、FX初心者の方にはオススメできません。仮に取引をする場合でも、メジャー通貨よりも取引量を減らしたほうが良いでしょう。また、 FX取引の利点 新興国通貨は暴落の危険性も高い ことでも知られています。スワップポイントの高さは魅力的ですが、2018年のトルコショックのようなことがあれば、目も当てられない損失が発生することになりかねませんので、お気を付けください。

新興国の通貨ペア代表例

②英ポンド系

イギリスの通貨である「ポンド」は世界的な取引量は多く、流動性リスクに関しては問題がありませんが、初心者の方にはオススメできません。 その理由はボラティリティー です。つまり、 とにかく値動きが荒い! ということ。

英ポンド系通貨…ポンド/円(GBP/JPY)、ポンド/米ドル(GBP/ USD)、ユーロポンド(EUR/GBP)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる