トレーダーが解説

暗号資産

暗号資産

参考:ビットコインの歴史と価格推移グラフ

Patented The Two-tiered Digital Currency Platform DeCurret DCP Inc. (HQ: Chiyoda-ward, Tokyo Japan, President CEO: Satoshi Murabayashi, hereinafter "the Company") is pleased to announce that it has been granted a patent for the "Two-tiered Digital Currency Platform" 暗号資産 being considered by the Digital Currency Forum, for which the Company serves as secretariat. Patent No. Patent No. 7089143 Title of Invention Electronic Currency Management System Registration Date June 14, 2022 【Overview of the 暗号資産 暗号資産 Two-tiered Digital Currency Platform】The Two-tiered Digital Currency Platform being considered by 暗号資産 the Digital Currency Forum will link two areas, called the Common Area and the Business Process Area, to mint, transfer, and burn the Two-tiered Digital Currency DCJPY (tentative name).暗号資産 The Common area is the area where banks mint, transfer, and burn DCJPY, and provides functions for managing DCJPY balances and related operations, as well as a mechanism for banks to link with other systems. When using DCJPY, deposits are

Patented The Two-tiered Digital Currency Platform DeCurret DCP Inc. (HQ: Chiyoda-ward, Tokyo 暗号資産 Japan, President CEO: Satoshi Murabayashi, hereinafter "the Company") is pleased to announce that it has been granted a patent for the "Two-tiered Digital Currency Platform" being considered by the Digital Currency Forum, for which the Company serves as secretariat. Patent No. Patent No. 7089143 Title of Invention Electronic Currency Management System Registration Date June 14, 2022 【Overview 暗号資産 of the Two-tiered Digital Currency Platform】The Two-tiered Digital Currency Platform being considered by the Digital Currency Forum 暗号資産 暗号資産 will link two areas, called the 暗号資産 Common Area and the Business Process Area, to mint, transfer, and burn the Two-tiered Digital Currency DCJPY (tentative name).The Common area is the area where banks mint, transfer, and burn DCJPY, and provides functions for managing DCJPY balances and 暗号資産 related operations, as well as a mechanism for banks to link with other systems. When using DCJPY, deposits are

仮想通貨のおすすめ銘柄ランキングを紹介!今買うべき銘柄の選び方

ビットコイン過去10年のチャート


参考:ビットコインの歴史と価格推移グラフ

まだ知名度の低いおすすめの仮想通貨

  • 時価総額が低い
  • 売買しているユーザーが少ない
  • 暗号資産
  • 流動性が低い
  • 価格変動性が高い

メリット 将来価格が高騰すると高額の利益が得られる
デメリット 流動性が少なく購入しても売れない場合もある
購入時より価格が下がるケースがある

暗号資産 国内での取り扱い 特徴
ハーモニー(ONE) なし ・取引を分散化して安全に素早くできるようにしている
・優良企業と提携
・知名度がかなり低く今後の注目度によっては価格が上がる可能性あり
・ブロックチェーンの発展によって価格が急上昇する可能性も
ステラルーメン(XLM) ・コインチェック
・GMOコイン
・bitFlyer
・bitbank
・DMMビットコインなど
・個人間の決済方法として作られた仮想通貨
・送金スピードが速い
・送金手数料が安い
・東南アジアなどで1つの決済方法として実用化
・国内の複数の取引所で購入できて始めやすい
・一度下落した後価格が上昇したケースがある
アイオーエスティー(IOST) コインチェック ・クレジットカードのような処理能力がある
・スマートコントラクト機能がある
・価格が上昇傾向にある
ICON(ICX) なし ・アイコンはプロジェクト名
・ブロックチェーンを現実世界でさらに活用するためのプロジェクト
・韓国国内ではさまざまなコミュニティとの繋がりがある
・通貨ICON(ICX)が現実の世界と仮想世界を繋げる
・ICON(ICX)は協議によって追加発行される仕組み
・AIで報酬が公平に分配され特定の勢力による権限の独占を防ぐ
・現在は価格が下がっているが今後上がる可能性がある
Golem(GNT) なし ・世界中の参加者がPCの計算機能の一部を貸し出す仕組み
・個人のPCではできない高度な計算ができるサービスの提供を目指す
・GolemトークンはGolemシステムの利用料や参加報酬として授受される
・Golemの開発に進展があるごとに高騰してきた仮想通貨
・今後も進展があれば高騰すると予想できる

デジタル資産の作成ができるハーモニー(ONE)

東南アジアやアフリカ圏をターゲットにしているステラルーメン(XLM)

ビットコインの課題を解決したアイオーエスティー(IOST)

韓国で生まれた仮想通貨ICON(ICX)

知名度の低い仮想通貨の購入をおすすめする理由

  • 1単位の価格が安いため多くの通貨が保有できる
  • ビットコインにはない技術を持っているアルトコインもある
  • 今後価格が高騰する可能性も
  • 分散して投資ができる
  • Verge(ヴァージ):価格が1万倍以上に上昇
  • XP:価格が11万倍程度に上昇

仮想通貨を国内で購入するならどこがおすすめ?

取引所 特徴
コインチェック ・取扱通貨の数が多い(17種類)
・24時間取引可能
・500円から取引可能
・最短5分で口座開設の申込可能
・取引所手数料が無料
・初心者に特におすすめ
GMOコイン ・最短10分で口座が開設できる
・キャンペーンがたびたび行われる
bitFlyer ・100円から取引が可能
・ビットコインの取引量が国内1位 ※
・初心者向け・プロ向けの取引所がある
DMMビットコイン ・365日LINEで問い合わせできる
・セキュリティ体制がしっかりしている
・申し込みから最短1時間での取引が可能
・操作マニュアルが充実 暗号資産
・新規口座開設キャンペーンがたびたび行われる
bitbank ・75歳以上の方も口座が開設できる
・セキュリティ体制がしっかりしている
BITPOINT ・日本初「TRX」の取り扱いがある
・キャンペーンが豊富

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)
初心者でも始めやすいのは、コインチェックです。チャートが見やすく初心者でもわかりやすい取引画面になっています。

経理ドリブン

経理の力で会社を動かす "できる経理"を
目指す人のためのブログ Powered by

これからの経理に必要不可欠!?仮想通貨(暗号資産)の会計処理はこうする!

最近、ビットコインやビットコインキャッシュなど、「仮想通貨(暗号資産)」についての話題が大きく取り上げられる機会が増えてきています。一般的には「仮想通貨で儲ける方法」、「投資すべき仮想通貨とは」など資産を増やすための情報が注目されがちですが、経理担当者であれば「仮想通貨の会計処理方法」に関心がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、いつでも仮想通貨を適切に処理できるように、経理担当者が押さえておくべき情報と会計処理の方法について紹介します。
なお、今回の記事は法人を対象としています。法人と個人では処理が異なりますのでご注意ください。

仮想通貨の基本情報

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • ファクトム(FCT)
  • リスク(LSK)
  • イーサリアムクラシック(ETC)

仮想通貨の会計処理のポイント

  • 不特定の者に対して代金の支払い等に使用可能で、かつ、法定通貨と相互に交換できる
  • 電子的に記録され、移転することができる
  • 法定通貨又は法定通貨建ての資産ではない(電子マネーやポイントは対象外)

ポイント3:仮想通貨は期末に時価で評価される
前述した定義とポイントを押さえていれば、仮想通貨の会計処理は意外とシンプルです。仮想通貨の利用者の場合、「所有する仮想通貨に時価があるか否か」という点で処理方法が大きく2つに分けられます。それぞれのケースを確認していきましょう。

・市場が活発なケース
ビットコインのように、保有する仮想通貨に活発な市場が存在する場合は、期末時の仮想通貨の時価を貸借対照表で計上し、その差額を収益から費用などを差し引いた「純額表示」で損益計算書に計上します。

・市場が活発でないケース
時価がない場合は、仮想通貨の取得原価を貸借対照表に計上し、処分したときはその差額を損益計算書に売却損益として処理することが定められています。ただし、他者から預かっている仮想通貨の場合、時価評価は行うものの損益計上はできず、同額を負債に計上することしかできません。

仮想通貨のおすすめ銘柄ランキングを紹介!今買うべき銘柄の選び方

ビットコイン過去10年のチャート


参考:ビットコインの歴史と価格推移グラフ

まだ知名度の低いおすすめの仮想通貨

  • 時価総額が低い
  • 売買しているユーザーが少ない
  • 流動性が低い
  • 価格変動性が高い

メリット 将来価格が高騰すると高額の利益が得られる
デメリット 流動性が少なく購入しても売れない場合もある
購入時より価格が下がるケースがある

暗号資産 暗号資産 暗号資産
暗号資産国内での取り扱い 特徴
ハーモニー(ONE) なし ・取引を分散化して安全に素早くできるようにしている
・優良企業と提携
・知名度がかなり低く今後の注目度によっては価格が上がる可能性あり
・ブロックチェーンの発展によって価格が急上昇する可能性も
ステラルーメン(XLM) ・コインチェック
・GMOコイン
・bitFlyer
・bitbank
・DMMビットコインなど
・個人間の決済方法として作られた仮想通貨
・送金スピードが速い
・送金手数料が安い
・東南アジアなどで1つの決済方法として実用化
・国内の複数の取引所で購入できて始めやすい
・一度下落した後価格が上昇したケースがある
アイオーエスティー(IOST) コインチェック ・クレジットカードのような処理能力がある
・スマートコントラクト機能がある 暗号資産
・価格が上昇傾向にある
ICON(ICX) なし ・アイコンはプロジェクト名
・ブロックチェーンを現実世界でさらに活用するためのプロジェクト
・韓国国内ではさまざまなコミュニティとの繋がりがある
・通貨ICON(ICX)が現実の世界と仮想世界を繋げる
・ICON(ICX)は協議によって追加発行される仕組み
・AIで報酬が公平に分配され特定の勢力による権限の独占を防ぐ
・現在は価格が下がっているが今後上がる可能性がある
Golem(GNT) なし ・世界中の参加者がPCの計算機能の一部を貸し出す仕組み
・個人のPCではできない高度な計算ができるサービスの提供を目指す
・GolemトークンはGolemシステムの利用料や参加報酬として授受される
・Golemの開発に進展があるごとに高騰してきた仮想通貨
・今後も進展があれば高騰すると予想できる

デジタル資産の作成ができるハーモニー(ONE)

東南アジアやアフリカ圏をターゲットにしているステラルーメン(XLM)

ビットコインの課題を解決したアイオーエスティー(IOST)

韓国で生まれた仮想通貨ICON(ICX)

知名度の低い仮想通貨の購入をおすすめする理由

  • 1単位の価格が安いため多くの通貨が保有できる
  • ビットコインにはない技術を持っているアルトコインもある
  • 今後価格が高騰する可能性も
  • 分散して投資ができる
  • Verge(ヴァージ):価格が1万倍以上に上昇
  • XP:価格が11万倍程度に上昇

仮想通貨を国内で購入するならどこがおすすめ?

取引所 特徴
コインチェック ・取扱通貨の数が多い(17種類)
・24時間取引可能
・500円から取引可能
・最短5分で口座開設の申込可能
・取引所手数料が無料
・初心者に特におすすめ
GMOコイン ・最短10分で口座が開設できる
・キャンペーンがたびたび行われる
bitFlyer ・100円から取引が可能
・ビットコインの取引量が国内1位 ※
・初心者向け・プロ向けの取引所がある
DMMビットコイン ・365日LINEで問い合わせできる
・セキュリティ体制がしっかりしている
・申し込みから最短1時間での取引が可能
・操作マニュアルが充実
・新規口座開設キャンペーンがたびたび行われる
bitbank ・75歳以上の方も口座が開設できる
・セキュリティ体制がしっかりしている
BITPOINT ・日本初「TRX」の取り扱いがある
・キャンペーンが豊富

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)
初心者でも始めやすいのは、コインチェックです。チャートが見やすく初心者でもわかりやすい取引画面になっています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる