オプション取引

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
あわせてお読みください

Analyticsサービス一覧(ファイナンシャルアドバイザリー)

顧客生涯価値(Life Time Value「LTV」)分析
LTVとは顧客生涯価値を統合的に計測するための指標で、顧客が取引を継続している期間中に自社に対してどれくらいの利益をもたらしたかを示します。企業は新規顧客獲得に向け、さまざまな施策に投資を行います。そうして獲得した顧客との取引を継続させ、顧客ロイヤルティを向上させることによりアップセル・クロスセルが見込まれ、LTVの向上が期待できます。そのため顧客の購買傾向に基づきLTVを予測し、中長期的に収益の最大化が図れる最適な投資判断を支援します。

顧客セグメンテーション(優良顧客特定 )
顧客属性情報と購買データから顧客の購買パターンと商品選好傾向を分析し、類似した特徴を持つ顧客のグループ化(セグメンテーション)を行うことで、ターゲットを絞りこみパーソナライズされた施策(レコメンデーション)の企画立案を支援します。

商品分析
自社の取り扱うサービスや製品の購買データを商品マスタ情報などと併せて分析することで、そのサービスや製品の市場または製品カテゴリー内での位置づけを明らかにします。これによりサービスや商品の強みや弱み、また改善点を見いだし売上げ増加や新規顧客獲得につながる施策立案を支援します。

顧客満足度分析(Webアンケート分析)
自社で取り扱う製品やサービスについてWebアンケート調査を行い、顧客の満足度に影響を与える要因の特定や製品やサービスに対する他者への推奨意向向上に向けたアクションを導出します。そのためにアンケートの設計から分析や解釈までを一気通貫して包括的に支援します。

2.マーケティング

広告効果測定
テレビ、CM、新聞、雑誌、またウェブ媒体などに出稿した広告宣伝に対し、広告を打つ前後でターゲットの意識や感情、行動に、どのような変化があったのかを測ります。広告展開の目的がどの程度達成されたかを定量化し広告効果を最大化するために、測定に用いる指標の検討から測定結果の分析に至るまでを広く支援します。

デジタルマーケティングKPI分析 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
デジタルマーケティングの効果的な活用には最終ゴール(目的)の設定と目的達成に向けたKPIの設定が重要な鍵となります。「営業・マーケティング活動の効率化」や「費用対効果の向上」などの目的に合わせ、適切なKPIの選択やどのKPIの組み合わせが目的達成の度合いを測るために最適かを明らかにすることでデジタルマーケティングの効果向上に向けた支援をします。

価格分析
商品の価格は自社の利益に直接的な影響を与える重要な要素です。また消費者にとっては商品の価値や品質を測る指標で、購入の意思決定を左右しますが、消費者に好意的に受け入れられ、かつ自社の利益も見込める最適な価格設定は容易ではありません。そのため価格設定に際し、商品の消費者となるターゲット層を設定し、ターゲット層の人々が商品価格について高い・安いと感じる理由などをアンケート調査で分析することにより顧客理解を重点とした価格の意思決定を支援します。

潜在顧客分析
潜在顧客とは自社の商品やサービスを認知していない顧客層で、存在を知れば購入や利用の可能性がある顧客です。何かきっかけを与えることでニーズを認識させ、認識させたニーズと自社の商品やサービスを紐づける施策や情報を展開していくことで見込み顧客化させることが可能です。見込み顧客になる可能性の高い潜在顧客層や行動特性を明確化することで、潜在顧客への適切なアプローチの選択を可能とし、潜在顧客獲得により自社の商品・サービスを提供できる顧客層を拡大するための支援をします。

ターゲットペルソナの特定
ペルソナとは自社のサービスや製品を購入する典型的なユーザー像で、年齢や性別などの属性で絞り込んだ「ターゲット」に対し、ライフスタイルや趣味嗜好などの定性的な情報を組み込み想定したマーケット上の人物像です。「ペルソナ」を設定しユーザーをより具体化することで、サービスや商品の開発・改善から販売までにおける一連のマーケティング戦略策定の効率化を支援します。

消費者行動分析(アンケート)
消費者の購買行動に何が強く影響を及ぼしているのかについてアンケート調査を実施し、調査結果を分析することで効果的なブランディングやプロモーション活動の策定を支援します。消費者がどのような思考・心理で購買に至ったかの思考プロセスを分析することで、効果的なマーケティング活動の意志決定が可能になります。

3.エリア分析

商圏分析
顧客データなどの内部データや統計指標などの外部データを組み合わせて分析することで、自社店舗や出店候補地周辺の市場規模、地域特性、また自社店舗の実勢商圏を把握することを可能とし、出店・販売戦略やプロモーション施策などのマーケティング戦略策定および設備の投資判断を支援します。

拠点統廃合分析
店舗等の拠点統廃合に際し、既存店舗の商圏や各店舗間の商圏の重複度、また商圏の将来ポテンシャルを顧客データや拠点毎の業績等の内部データおよび統計指標などの外部データに基づき分析し、客観的なデータに基づく拠点戦略の意思決定を支援します。

4.需要予測

需要予測モデル構築
商品情報、小売情報、在庫・配送情報などの内部データと、人口密度、市場占有率などの外部データを組み合わせることで、将来の需要を予測するモデル構築を行います。各分析対象のデータ特性に応じた精度の高い予測モデルにより、定量的観点に基づく意思決定を支援します。

売上/コスト予測モデル構築
需要予測モデルの計算結果を応用し、将来の需要に伴って発生する売上高・コストを予測します。精度の高い需要予測モデルをベースにすることで精緻な将来売上高・コストの見積もりを可能とし、定量的観点に基づく財務シミュレーションや利益改善策立案などをワンストップで支援します。

生産スケジュール予測
需要予測モデルを応用して得られた生産量予測結果に基づき、製品の生産スケジュールを予測・計画します。企業内外のデータを活用した精緻な需要予測モデルと、生産体制などのファクターを組み合わせることで、定量・定性的観点に基づいた効率的な生産計画立案を支援します。

故障予測
製造、運輸・物流、情報通信業界などの現場機器に取り付けられたセンサーから得られるデータを活用して、各機器の故障が発生するタイミングを予測します。この故障予測結果を活用することで、まだ使用できる部品を交換する際に発生する余剰コスト抑制の他、想定外の機器の停止による運用計画の遅延・復旧コスト発生の抑制を図り、効率的な管理体制構築を支援します。

製品ラインナップ最適化
製品の売上や利益率を考慮し、製造コストとの兼ね合いで利益を最大化させる製品ラインナップを選定します。対象製品の現状の生産計画と最適化ラインナップとの乖離を把握することにより、生産計画の見直しを含む経営上の意思決定を支援します。

在庫補充タイミング最適化
適正在庫を維持しつつ配送コストや管理コストなどを最小化させる在庫補充タイミングの策定を最適化アプローチによって支援します。さらに、需要予測シミュレーションを用いてより効率的な適正在庫補充タイミングを最適化する組み合わせを探索し、コストをより最適化する計画策定を支援します。

Analyticsサービス一覧(ファイナンシャルアドバイザリー)

顧客生涯価値(Life Time Value「LTV」)分析
LTVとは顧客生涯価値を統合的に計測するための指標で、顧客が取引を継続している期間中に自社に対してどれくらいの利益をもたらしたかを示します。企業は新規顧客獲得に向け、さまざまな施策に投資を行います。そうして獲得した顧客との取引を継続させ、顧客ロイヤルティを向上させることによりアップセル・クロスセルが見込まれ、LTVの向上が期待できます。そのため顧客の購買傾向に基づきLTVを予測し、中長期的に収益の最大化が図れる最適な投資判断を支援します。

顧客セグメンテーション(優良顧客特定 )
顧客属性情報と購買データから顧客の購買パターンと商品選好傾向を分析し、類似した特徴を持つ顧客のグループ化(セグメンテーション)を行うことで、ターゲットを絞りこみパーソナライズされた施策(レコメンデーション)の企画立案を支援します。

商品分析
自社の取り扱うサービスや製品の購買データを商品マスタ情報などと併せて分析することで、そのサービスや製品の市場または製品カテゴリー内での位置づけを明らかにします。これによりサービスや商品の強みや弱み、また改善点を見いだし売上げ増加や新規顧客獲得につながる施策立案を支援します。

顧客満足度分析(Webアンケート分析)
自社で取り扱う製品やサービスについてWebアンケート調査を行い、顧客の満足度に影響を与える要因の特定や製品やサービスに対する他者への推奨意向向上に向けたアクションを導出します。そのためにアンケートの設計から分析や解釈までを一気通貫して包括的に支援します。

2.マーケティング

広告効果測定
テレビ、CM、新聞、雑誌、またウェブ媒体などに出稿した広告宣伝に対し、広告を打つ前後でターゲットの意識や感情、行動に、どのような変化があったのかを測ります。広告展開の目的がどの程度達成されたかを定量化し広告効果を最大化するために、測定に用いる指標の検討から測定結果の分析に至るまでを広く支援します。

デジタルマーケティングKPI分析
デジタルマーケティングの効果的な活用には最終ゴール(目的)の設定と目的達成に向けたKPIの設定が重要な鍵となります。「営業・マーケティング活動の効率化」や「費用対効果の向上」などの目的に合わせ、適切なKPIの選択やどのKPIの組み合わせが目的達成の度合いを測るために最適かを明らかにすることでデジタルマーケティングの効果向上に向けた支援をします。

価格分析
商品の価格は自社の利益に直接的な影響を与える重要な要素です。また消費者にとっては商品の価値や品質を測る指標で、購入の意思決定を左右しますが、消費者に好意的に受け入れられ、かつ自社の利益も見込める最適な価格設定は容易ではありません。そのため価格設定に際し、商品の消費者となるターゲット層を設定し、ターゲット層の人々が商品価格について高い・安いと感じる理由などをアンケート調査で分析することにより顧客理解を重点とした価格の意思決定を支援します。

潜在顧客分析
潜在顧客とは自社の商品やサービスを認知していない顧客層で、存在を知れば購入や利用の可能性がある顧客です。何かきっかけを与えることでニーズを認識させ、認識させたニーズと自社の商品やサービスを紐づける施策や情報を展開していくことで見込み顧客化させることが可能です。見込み顧客になる可能性の高い潜在顧客層や行動特性を明確化することで、潜在顧客への適切なアプローチの選択を可能とし、潜在顧客獲得により自社の商品・サービスを提供できる顧客層を拡大するための支援をします。

ターゲットペルソナの特定
ペルソナとは自社のサービスや製品を購入する典型的なユーザー像で、年齢や性別などの属性で絞り込んだ「ターゲット」に対し、ライフスタイルや趣味嗜好などの定性的な情報を組み込み想定したマーケット上の人物像です。「ペルソナ」を設定しユーザーをより具体化することで、サービスや商品の開発・改善から販売までにおける一連のマーケティング戦略策定の効率化を支援します。

消費者行動分析(アンケート)
消費者の購買行動に何が強く影響を及ぼしているのかについてアンケート調査を実施し、調査結果を分析することで効果的なブランディングやプロモーション活動の策定を支援します。消費者がどのような思考・心理で購買に至ったかの思考プロセスを分析することで、効果的なマーケティング活動の意志決定が可能になります。

3.エリア分析

商圏分析
顧客データなどの内部データや統計指標などの外部データを組み合わせて分析することで、自社店舗や出店候補地周辺の市場規模、地域特性、また自社店舗の実勢商圏を把握することを可能とし、出店・販売戦略やプロモーション施策などのマーケティング戦略策定および設備の投資判断を支援します。

拠点統廃合分析
店舗等の拠点統廃合に際し、既存店舗の商圏や各店舗間の商圏の重複度、また商圏の将来ポテンシャルを顧客データや拠点毎の業績等の内部データおよび統計指標などの外部データに基づき分析し、客観的なデータに基づく拠点戦略の意思決定を支援します。

4.需要予測

需要予測モデル構築
商品情報、小売情報、在庫・配送情報などの内部データと、人口密度、市場占有率などの外部データを組み合わせることで、将来の需要を予測するモデル構築を行います。各分析対象のデータ特性に応じた精度の高い予測モデルにより、定量的観点に基づく意思決定を支援します。

売上/コスト予測モデル構築
需要予測モデルの計算結果を応用し、将来の需要に伴って発生する売上高・コストを予測します。精度の高い需要予測モデルをベースにすることで精緻な将来売上高・コストの見積もりを可能とし、定量的観点に基づく財務シミュレーションや利益改善策立案などをワンストップで支援します。

生産スケジュール予測
需要予測モデルを応用して得られた生産量予測結果に基づき、製品の生産スケジュールを予測・計画します。企業内外のデータを活用した精緻な需要予測モデルと、生産体制などのファクターを組み合わせることで、定量・定性的観点に基づいた効率的な生産計画立案を支援します。

故障予測
製造、運輸・物流、情報通信業界などの現場機器に取り付けられたセンサーから得られるデータを活用して、各機器の故障が発生するタイミングを予測します。この故障予測結果を活用することで、まだ使用できる部品を交換する際に発生する余剰コスト抑制の他、想定外の機器の停止による運用計画の遅延・復旧コスト発生の抑制を図り、効率的な管理体制構築を支援します。

製品ラインナップ最適化
製品の売上や利益率を考慮し、製造コストとの兼ね合いで利益を最大化させる製品ラインナップを選定します。対象製品の現状の生産計画と最適化ラインナップとの乖離を把握することにより、生産計画の見直しを含む経営上の意思決定を支援します。

在庫補充タイミング最適化
適正在庫を維持しつつ配送コストや管理コストなどを最小化させる在庫補充タイミングの策定を最適化アプローチによって支援します。さらに、需要予測シミュレーションを用いてより効率的な適正在庫補充タイミングを最適化する組み合わせを探索し、コストをより最適化する計画策定を支援します。

IS6FXのトレードでおすすめの時間帯とは?

IS6FXのトレードでおすすめの時間帯とは?

この記事では「is6comの口座開設手順」について写真付きで分かりやすく説明しています。 is6comで口座開設する場合に、この記事を見れば迷うことなく正確な登録が可能になりますので、是非参考にしてください。 それでは早速「is6comの口座開設手順」について解説していきます。 まずはis6com.

IS6FXの取引時間(営業時間)はいつ?

まずは、IS6FXの営業時間について紹介します。 IS6FX の取引時間 ( 営業時間 ) に関しては、公式サイトにて以下の通り記載されています。

    利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
  • 夏時間: ( 月曜 ) 午前 6:10 ~/ ( 土曜 ) 午前 5:50
  • 冬時間: ( 月曜 ) 午前 7:10 ~/ ( 土曜 ) 午前 6:50

※表示されている時間帯は日本時間での表示です。問い合わせは 365 日いつでも受付、順次対応。専用のプラットフォームから 24 時間いつでもトレーディングが可能。

また、クリスマスと年末年始の取引時間は通常の取引時間と異なりますので注意してください。 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは

  • 12/24 19:00で終了[※日本時間 12/25 2:00( 取引は 1:55 まで)]
  • 12/26 9:05より取引再開[※日本時間 12/26 16:05 ]
  • 12/31 19:00で終了[※日本時間 1/1 2:00 (取引は 1:55 まで ) ]
  • 1/2 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 9:05より取引再開[※日本時間 1/2 16:05 ]

毎年3月の第2月曜日から11月の第1日曜日までは、夏時間と冬時間で分かれています。 なぜこのように営業時間が分かれているのかというと、 IS6FX がサーバーを置いている米国のサマータイム ( 夏時間 ) の適用期間となることが理由です。

サマータイム ( 夏時間 ) の期間においては、通常の時間帯から 1 時間繰り上がった時間帯が適用されます。夏時間と冬時間で営業時間が切り替わることがやや複雑に感じてしまう人方もいるかもしれませんが、心配ありません。

夏時間から冬時間への移行時期が近づいたタイミングで、IS6FX公式サイトに取引時間(営業時間)変更のお知らせが届きます。 そのため、 IS6FX での取引においては、取引時間 ( 営業時間 ) 開始となる月曜の朝・取引時間 ( 営業時間 ) 終了となる土曜の朝の時間帯のみ注意すれば、基本的に 24 時間取引ができると捉えていただいて問題ありません。

  • 常に公平で安全なトレード環境を提供することをIS6FXは最優先しているが、まれに MT4 の通信が遮断されることもある。 (※顧客 自身の利用状況・環境により、頻度は変わる)
  • その他、市場環境の悪化や流動性の低下する時間帯、銀行レートが不用意に飛んだ際は、ご注文を停止させていただく場合がごある。

I S6FXトレードを行うならどの時間帯がおすすめ?

FXにおけるマーケットは、世界各国で開かれています。そのため、取引時間の自由度が高く、平日であればほぼ24時間取引が可能なです。

株取引などは基本的に取引可能な時間帯が限定されているケースが多いですが、FXであれば24時間取引できるので自分の生活スタイルに合わせた無理のないタイミングで投資できる魅力があります。

相場の動きは、世界のメイン市場のオープン時間に合わせて活発化しますが、取引を行う時間帯には注意する必要があります。 IS6FXでの取引のみならず、海外FXでの取引を行う際のおすすめの時間帯は、各市場がオープンする時です。 相場が活発に動く時間帯、値動きが激しくなる時間帯など、特徴を捉えて慎重に取引することが大切です。それでは、各市場において値動きが活発化する時間帯・特徴などについて解説いたします!

日本市場でおすすめの時間帯・・・9:00から11:30

東京を含むアジアの市場は、午前・午後で取引量が大きく変わるという特徴がありますのでしっかり確認していきましょう。 まず、東京市場がオープンする9:00から11:30頃までの午前中は取引量が一気に集まり、続いて12:00頃からの午後は取引量が大きく減少します。9時台をピークにして10時台には取引量が減少し、その日の基準額である「仲値」が決定します。

「仲値(利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは なかね)」とは、金融機関が顧客と外国為替取引を行う際の当日受け渡し用の基準レートのことを指します。 仲値が決定すると、それを基準にして相場が活発化する傾向があるので必ず確認するようにしましょう。

また、東京市場の特徴として、「レンジ相場」が多いです。 「レンジ相場」とは、相場がある一定の幅で上がったり下がったりを繰り返すことを指します。振り幅が大きいと言い換えることもできますので、しっかりと利益を残せるための計画を戦略的に立てることがポイントです。

ロンドン市場でおすすめの時間帯・・・16:00〜翌0:00

日本時間の16時頃からオープンするロンドン市場は、欧州における取引の大半を占めている世界一のマーケットです。 オープンから一時間後の17時からは市場参加者が増加するため、ここで一気に値動きが活発化します。

また、ロンドン市場は比較的トレンドにも強いため、東京市場の動きをしっかりと分析することで、取引を有利に進めやすいマーケットともいえるでしょう。 取引では、主にユーロやポンドなどの欧州通貨が使われ、ユーロ圏で重要な経済指標が発表された際には、相場の動きが非常に大きくなる場合もあります。

しかし、欧州勢がお昼休憩に入る 19 時頃に差し掛かると、値動きは一旦落ち着くことが多いです。 21:00以降は、ロンドン市場も開き、そこから0時までは1日の中で最も取引が活発化します。

ニューヨーク市場でおすすめの時間帯・・・21:00〜翌5:00 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは

ニューヨーク市場はヨーロッパ市場と同様に、トレンドに乗りやすいという特徴があります。 世界でも、取引量の多いロンドン市場・ニューヨーク市場の時間が重なる 21時〜深夜2時頃は、取引が最も活発化し、トレンドが発生しやすい時間帯です。

ニューヨーク市場での取引を考える方は、マーケットが再開し始める21時まで少し様子を見ていただき、それまでの日本市場・ヨーロッパ市場の傾向を見て動き始めることがおすすめといえます

日中は仕事などで忙しいため FX ができないという方は、この時間帯に集中して取引をするのも一案です。仕事、家事が一段落した後、平日の一日の終わりをしめくくる時間帯にゆっくりと取引ができる時間帯であることが多いので、焦らずに落ち着いたスタンスで取引ができるでしょう。

脱ハンコはなぜ必要?メリットやアプローチ方法を解説

あわせてお読みください

1.押印ありきの業務が生産性を低下させる

従来のハンコ文化が抱える課題として、生産性の低下を挙げることができます。

実際に、2020年6月にアドビシステムズより発表された調査レポートによると、72.6%の人が「ハンコは生産性を下げている」と回答しています。※1

押印の本来の目的は、「承認の意思を証拠として残すこと」であり、押印自体は会社に利益をもたらす業務ではありません。しかし、押印前の根回しや、押印のための回覧や待ち時間、そして押印後の書類提出や管理など、従来のハンコ文化においては押印ありきの業務が発生しがちです。

これらの押印ありきの業務に追われることで、本来取り組むべき業務の時間が奪われ、生産性向上の妨げとなってしまうのです。
※1参考:アドビ「中小企業経営者に聞いた判子の利用実態調査」の結果を発表

あわせてお読みください

2.ペーパーレスが進まない

ハンコ文化はそのまま、ペーパーレスを妨げる原因となります。

つまり、ハンコ文化とそれに伴うペーパーワークが、バックオフィスの負担とコストを増やす要因となっているのです。

あわせてお読みください

3.ハンコ文化がテレワーク導入のハードルに

ハンコ文化やそれに伴うペーパーワークが、テレワーク導入・定着のハードルとなっている一面もあります。

2020年2月にアドビ株式会社が行ったインターネット調査では、ハンコの捺印や紙書類へのサイン・確認などのために、テレワーク中に出社した経験がある人は6割以上にのぼっています。※2

脱ハンコがもたらすメリットとは?

脱ハンコがもたらすメリットとは

1.生産性向上への貢献

脱ハンコの最大のメリットとして、「生産性向上への貢献」を挙げることができます。

脱ハンコの実現により、押印ありきの無駄な業務を減らすことができ、書類保管・管理業務の負担軽減にもなります

ただし、無駄な業務がなくなっただけでは生産性が上がったとは言えません。これらの業務がなくなることで、注力するべき業務に充てる時間が増え、生産性の向上につながるのです。

あわせてお読みください

2.場所や時間に囚われない働き方への対応

脱ハンコは、テレワークをはじめとした新しい働き方の実現にもつながります。

脱ハンコで場所や時間に囚われない働き方に対応することで、生産性向上はもちろん、従業員のワークライフバランスや採用活動にも好影響をもたらすでしょう。

3.コスト削減

脱ハンコのメリットとして、コスト削減も挙げることができます。

ペーパーレスの実現で、従来のペーパーワークで発生していた紙書類の印刷費や設備の維持費、輸送費などをカットすることが可能です。

また、書類保管スペースの確保や、書類管理業務の人件費も削減できるため、不要なコストの削減につながるでしょう。

4.コンプライアンスの強化

脱ハンコを実現して各種書類を電子化することで、コンプライアンスの強化にもつながります。

一方で電子化した文書であれば、適切なセキュリティ対策を施すことができ、コンプライアンスを強化することが可能です。

あわせてお読みください

まだハンコで押印?今すぐ文書の電子化に取り組むべき理由

脱ハンコを実現する方法

脱ハンコを阻むハードルとは

先述のアドビシステムズの調査レポートによると、「生産性向上のためにハンコの慣習をなくすべき」という回答が74.7%にのぼった一方で、「ハンコの撤廃は容易ではない」という回答が50.1%となっています。

また、脱ハンコを阻むハードルとして「取引先の契約方法に従う必要がある」という回答が51.4%で最多となっており、法的な有効性やセキュリティ上の不安、導入コストやリソースなどの要因も挙げられています。

しかしこのままハンコ文化を続ければ、働く人の貴重な時間を奪い続け、脱ハンコに成功した企業との競争力の差に直結します。

仮想通貨USDT(テザー/Tether)とは?購入方法/買い_方や送金におすすめの取引所を紹介

テザー

引用:https://tether.to/

時価総額最大のステーブルコイン

ステーブルコイン

2021年11月時点で、テザーの時価総額は718億ドルで、ランキング5位に位置しており、これはステーブルコインの中で首位です。

ステーブルコインはDEXのペアであったり、貸し出しで使われたりと重宝される仮想通貨ですが、当然流通量が多ければ多いほどその価値は認められます。

価格変動では稼げない

テザーだけでなくステーブルコイン全般の特徴ですが、価格変動で稼ぐことはできません。

法定通貨と同じ価値を持つよう作られたのがステーブルコインであるため、その価格はほぼ横ばいで推移します。

インパーマネントロス対策

テザーはインパーマネントロス対策として優秀な仮想通貨です。

インパーマネントロスとはイールドファーミングを実施した際に、仮想通貨の価格変動による影響で、通貨を預けるよりも自分で保有していた方が利益が望めるという問題です。

つまり、仮想通貨で堅実に資金を増やすための手段としてテザーをうってつけと判断できます。

中央集権型金融とは違い預金に保証はない

中央集権型の従来の金融ならば資金を預けた際に、基本的に保証が付きますが、テザーなどのステーブルコインは仮想通貨であるため保証はありません。

もちろん、保証がなくても問題はないようにセキュリティを高めたり、システム的に不具合が起きたりしないような工夫はされており、また日々改良されていっています。

仮想通貨の中でも抜群の安定性を持つテザーですが、リスクヘッジを考え運用することをおすすめします。

テザーへの投資をお考えの方は、 まずは日本円を仮想通貨に交換するためにコインチェックで口座開設しておくことがおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

テザー(USDT)の価格動向

テザー(USDT)の価格動向をお伝えします。

2021年以前のテザー(USDT)の価格動向

USDT チャート

引用:Tradingview

こちらはテザー(USDT)の2020年のチャートです。

テザー(USDT)はステーブルコインであり、法定通貨の値動きに変動するため1ドル付近で推移し続けました。

またテザーは疑惑を向けられることも多いため、稀にわずかな価格変動を見せることがあります。

2021年のテザー(USDT)の価格動向

USDT チャート

引用:Tradingview

こちらは2021年1月から11月までのテザー(USDT)のチャートです。

一目でわかるとおり、価格は1ドル付近でほぼ水平に推移しています。

今後も、1ドル付近から大きく動くことはないでしょう。

Media Argo公式LINEでは、投資家のみなさまにとって有益な情報を随時配信していきます。

まだ友だち追加がお済みでない方は、 この機会にぜひ無料で登録しておきましょう。

\ 7/31まで!200円のBTCゲット/

テザー(USDT)の今後の見通し

テザー(USDT)の今後の見通しを3つご紹介します。

社会への仮想通貨浸透の先駆け

昨今では仮想通貨が本来の通貨の役割ではなく、投資の側面ばかりが注目されていますが、その原因の1つは仮想通貨の価格の変化があまりに激しく、安定した取引が望めないことです。

そこで意義を評価されているのが、ステーブルコインです。

それにより、法定通貨を扱うかのように、今以上に便利な決済の仕組みが誕生するでしょう。

このように仮想通貨の中でも先駆け的に社会に浸透していく通貨はステーブルコインのテザーである可能性が高いのです。 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは

Tether Limited社の疑惑

テザーのステーブルコインとしての価値の発揮は、テザーの時価総額と同等のドルをTether Limited社が保有している前提で成立します。

この前提が成立しているといった態度をTether Limited社は取っていますが、本当にそれだけのドルを持っているかを証拠立てる根拠は、実は開示されていません。

またTether Limited社はCFTC(米商品先物取引委員会)より文書提出を命じる召喚令状を受けていますが、これに応じていません。

ユーザーからしたらテザーを安心して利用でき、Tether Limited社からすれば疑惑を払拭できるため、証拠となる文書の提出は必然かと思われますが、依然動きがないのです。

さらに強固なセキュリティを形成

Tether Limited社が発表したホワイトペーパーによると、マルチシグネクチャーの導入により、セキュリティがいっそう強化される予定です。

これによりTether Limited社がハッキングを受けたとしても、ユーザー個人の資産は攻撃から免れる可能性が上昇します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる