FX デモ取引

株式投資はチャートをうまく活用しよう

株式投資はチャートをうまく活用しよう
先ほどよりもさらに安い段階で買付けることができるため、より大きな利益が狙える手法となります。

ダブルボトムとは?チャートパターンを見極める方法と具体的に投資に活かすポイント

1、ダブルボトムとは?

この 高値のラインを「ネックライン」 と言います。

2、ダブルトップはダブルボトムの逆

3、トリプルボトム・トリプルトップとは?

(1)トリプルボトム・トリプルトップとは

しかし、 再びトライしてネックラインを超えた場合に完成するのが、トリプルボトム・トリプルトップ です。

(2)ヘッドアンドショルダー

このようにヘッドアンドショルダーが現れると、これまでのトレンドとは逆方向への値動きが加速しやすく、より 強いトレンド終了、転換のサイン とみることができます。

ソーサーボトムとは?特徴と負けを減らすための活用術

ソーサーボトム

ソーサーボトム


ソーサ―ボトムのプロセスとしては、下降トレンドが続いた後に目立った上昇がないまま短期の持ち合いに移行、そして持ち合いの高値を上回ることで完成することから、下降トレンドの終焉と捉えるのが一般的といえるでしょう。

底値圏を示すチャートパターン

ソーサ―ボトムは上昇トレンドへの転換を示す代表的なシグナルであることから、早い段階で習得した方が良いチャートパターンです。

  • 下降トレンドから緩やかに横ばいに変化
  • 揉み合い局面ではコマ足が連続して出現する
  • 上昇開始とともに大陽線が出現する

ソーサーボトムにおいてはこれらをきちんと把握して、いち早くトレンドの反転を察知しましょう。

ソーサ―ボトムの出現例

ソーサーボトム

平たく大きな形状はスタンダードなソーサ―ボトムのパターンであり、下降トレンドから上昇した動きが分かりやすくなっています。

上記は比較的分かりにくい小さなソーサーボトムであり、底値にタッチしてから早い段階で上昇に転じ、強いトレンドを形成しています。

ソーサ―ボトムの市場心理

ソーサーボトム

①下降が緩やかに横ばいの状況へ移行しており、底値を待ち構えていた買い勢力の強まりと下降の勢いが弱まってきます。

②売りよりも買い勢力のパワーバランスが顕著となり、徐々にチャートが上向いてきました。

③株価が一気に上昇し、ソーサ―ボトム前に買いポジションを持っていた投資家の決済とソーサ―ボトムの底でポジションを保有した勢力の決済、さらに新規の売買が合わさり、持ち合いを作ります。

ソーサーボトムを活用するメリット

相場の反転が分かりやすい

また、移動平均線などのトレンド系インジケーターでは、逆にトレンドが継続しているのかどうかが分からないのです。

大きな利益を狙いやすい

ソーサーボトムは相場が反転する初動が掴めることから、大きな利益を狙いやすいというメリットもあります。

実際の株取引への活用方法

もみ合いのネックラインを抜けたら買いエントリー

そして、絶好のエントリーポイントはその後に発生するネックラインのブレイクです。

ソーサーボトム

ちなみにネックラインを抜けずに跳ね返された場合は、下落トレンドの継続と見なして空売りエントリーが行えるため、ぜひ参考にしてください。

底値の波に注目して早めに買いエントリーを入れる

ソーサーボトム

先ほどよりもさらに安い段階で買付けることができるため、より大きな利益が狙える手法となります。

ただし、見切り発車でエントリーしてしまうと予想に反して下落を始める可能性もあることから、明確な反発を確認してください。

ソーサ―ボトムを利用する時の注意点

もみ合いの場面で形がくずれた場合

ソーサーボトム

上図のチャートでは、ソーサ―ボトムがプラットフォームを大きく突き抜けてもみ合っています。

そういった場合、既にこのポイントは大底ではなくなっているため、チャートパターンの前提が崩れている、という判断になるのです。

ネックラインをブレイクしない場合

ソーサーボトム

上図のパターンはそもそもネックラインをブレイクし切れておらず、チャートでは、結果的に売り圧力の方が買って下落トレンドを継続しています。

ソーサ―ボトムは売買のタイミングをきちんと把握しておけば、トレンド転換の初動を掴んで大きな利益を得られるチャートパターンになります。

このeBookは 直近22年分の株価データ を集計して、
・日本株がもっとも上がりやすかった月、下がりやすかった月
・時期折々の上がりやすかったセクター、下がりやすかったセクター

など、実績が豊かな注目セクター・注目銘柄を 全98ページ にわたって細かく解説しています。

西村剛(にしむらつよし)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。
著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

民事再生法で株はどうなる?100%減資か99%減資かで変わる未来

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 民事再生法で株はどうなる? 株式取引は企業の将…

  • 2021年11月5日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

材料株の見つけ方|3つのポイントをチェックして効率的に探す方法

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 材料株の基本を押さえる 株式投資においては短期…

  • 2021年8月6日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

デイトレ銘柄のスクリーニングにおすすめ8つのツール一挙公開

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 銘柄選びにはスクリーニングが必要不可欠 現在上場し…

  • 2021年5月24日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

会社四季報の読み方|初心者が効率よく情報収集できる見方を解説

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 株式投資のバイブル 四季報は発刊から80年の歴史を…

  • 2021年5月18日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

株の業種別特徴を知ると見る目が変わる!チャンスを手堅く掴むコツ

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 株の業種別特徴を押さえれば投資の手法が広がる 株式…

株価チャートを押さえて、取引に乗り遅れないようにしよう


株の取引をする際、投資家が必ず参考にするのが株価チャートです。
なぜ重要なのか、その理由を確認しておきましょう。

株価チャートは、株価がどのような状況になっているのか判断するためのものになります。
株について多少なりとも知識のある人は、基本的に上昇トレンドの時であれば、その銘柄を買っても問題ないことを知っていますよね。
株価チャートの状態を見て、現在、上昇トレンドにあるかどうか確認し、今後も上昇が続くと判断できるだけの根拠があれば、買い注文を入れます。

株の運用に慣れてくると、チャートの変化には一定の法則や傾向があることが理解できるようになります。
例えば、テスト勉強でも、出題される傾向が分かると対策がしやすくなりますよね。
株の世界でも、同じことが言えるのです。
特に上級者になると、チャートから株価の流れを判断し、取引の準備や今後の予測を立てます。そうすることで、ベストなタイミングでの取引をしようとするのです。

ベテランの人でも、精度の高いチャート分析ができるようになるのに試行錯誤します。そのため、初心者の人が、「チャート分析が上手にできない」「何をどう判断すれば良いか分からない」と迷っても、最初のうちはそれほど気にすることはありません。
基本的な見方さえしっかりと押さえているならば、徐々に取引の感覚を掴むことができます。
チャート分析の上達に近道はありません。まずは、チャートの基本的な見方をしっかりと勉強しておくことが、精度の高い分析ができるようになるための近道になります。

見るべき動きは3つの項目!取引前には必ず見る


では、初心者が始める際に、最低限見ておくべき項目を確認していきましょう。

まずは、「ローソク足」です。チャートのメインとなるもので、株価の動きを表しています。 株式投資はチャートをうまく活用しよう
ローソクの形に似たローソク足は、状況に応じて胴と呼ばれる部分の長さや色が変化し、左から右へと表示されます。つまり、古いものは左に、最新のものが右端に表示される、ということです。
ローソク足をチェックすることで、株価がこれまでどのような動きをしていたのか、現在の株価がどうなっているのか知ることができます。
まずはこの部分がどのようになっているのかを追っていきましょう。

次にチェックするのが、一番下に棒グラフの形で表される、「出来高」です。
「出来高」の字面を見ただけでは、いったい何を意味しているのかさっぱり分からないという人もいるのではないでしょうか。
出来高は、株の利益ではなく、取引が盛んだったかどうかを判断するものです。
したがって、グラフの数値が高いほど、売り手と買い手の多い銘柄だということになります。
つまり、出来高が高い銘柄=自分が売買したいと思ったタイミングで取引ができる銘柄、ということを意味しているのです。

最後にチェックするのが、移動平行線です。
人気の高い銘柄であったとしても、本当に取引しても良いのか、判断に困ることがありますよね。
移動平均線は、株価がどのように変動しているのかを線で表しており、大まかな変動の状況を読み取ることができます。
そのため、ローソク足と出来高を確認した上で、取引しても本当に問題ないかどうか、より正確な判断をするための材料として利用されることが多いです。

今回は、取引の時期を見逃さないために必要な、株価チャートの見方の基本を解説しました。
株価の動きにはクセや傾向があるため、それを把握するためには、株価チャートの基本的な見方をしっかり理解しておく必要があります。
初心者がまず確認すべきなのは、ローソク足の動きです。最低限この動きが読み取れると、取引での失敗は少なくなります。
自信をもって取引できるようにすることが、上達のためにも大切なのです。

株式投資を始める前に知っておきたいイロハ その②


投資する銘柄は、複数の銘柄のチャートを見て決定します。
ただ株式には20%の触れ(株価のズレ)があるため、完全に値上がりをしたタイミングではなく、株価が上がりかけたタイミングで購入します。
各証券会社によって市場予想はされているものの、最終的にズレることは日常茶飯事のため、自分が信頼できる情報を頼りに銘柄を選び、購入することが大切です。

購入方法について

株式投資における購入方法には、“成行”と“指値”があります。
成行はそのときの価格で株式を購入する方法で、指値とは自分で価格を決定して購入する方法です。
売買単位は100株なので、ほとんどの銘柄は5~50万円程度の資金があれば購入可能です。
また株式投資ができる時間は、午前中の“前場”株式投資はチャートをうまく活用しよう と午後の“後場”株式投資はチャートをうまく活用しよう に分かれています。
ちなみに東京証券取引所、JASDAQの前場は9:00~11:30、後場は12:30~15:00となっています。

どれくらいの利益を目標に行うべき?

株式投資における投資利益目標は、少なくとも2~4%に設定するべきです。
また積極的な投資を行うのであれば、10%以上の投資利益目標を設定することもできます。

利益の目標を設定し、目標を達成するためには、確定損益、含み損益の管理が重要になります。
自身が今どれくらい損益を出しているのかを理解すれば、無理に目標を達成しようとすることを防止できます。

投資方針と投資目標について

株式投資における投資方針は、期間や分析方法によって決定します。
投資期間は、主に“長期運用”と“短期運用”に分かれます。
長期運用とは、株式を長期間保有し、値上がり益だけでなく株主優待や配当でも利益を上げる方法のことを言います。
一方短期運用とは、主に値上がり益を狙い、短い期間で頻繁に売買する方法のことを言います。
また投資目標として挙げられるのは、“値上がり益”の獲得、“株主優待”、“配当”です。
株主優待を実施している企業は1,000以上にも上り、優待内容は保有している株数によって異なります。
また配当は企業から株主への還元であり、年間で2~4%前後を受け取ることができます。

自分のルールを決めよう


株式投資において、自分のルールを決めるというのはとても重要です。
例えば投資に使う資金の上限額、売却のルール、損切りのルールなどは必ず決めておきましょう。
長期運用の場合、大幅に値上がりしたときは1度利益を確定し、値下がり時点でもう1度購入するというルールがおすすめです。
また短期運用の場合は、目標価格まで上がった時点で利益を確定し、目標価格から10%下がったら損切りするというようなルールを設けましょう。

今回も、株式投資を始める前に知っておくべきイロハの“イ”について、少し駆け足で解説しました。
前回の①の内容よりも、今回の方が少しディープな内容になっています。
ただ何度も言うように、今回解説した内容はあくまで株式投資を始める前に知っておくべき“最低限”のイロハの“イ”です。
投資家として結果を残すには、まず時間をかけてこれらの知識をゆっくり自分のものにする必要があります。

利益に直結したセミナー、受けてみませんか?

実は株に関するほとんどの知識は利益をあげる上で 必要ない ということを知っていますか? 「株で利益をあげる」ことは、 すごくシンプルな法則 で成り立っているんです。 「株を始めてみたいけど、利益をあげられるか心配」 「勉強してもどこから始めて良いかわからない」 「株に詳しい人にいつでも質問できる環境があれば」 そういったお悩みをお持ちの方は是非、弊社の 無料説明会 へお越しください♪ 株で利益を出す上で必要な知識をご説明させていただきます。 いつでも オンライン で参加可能! 現役の講師と少人数体制 でお話ができます。 株に関する疑問などは何度でも質問OK♪ 90分間無料 で株に関するお話ができちゃいます! この機会に「株で利益」を得る方法を学んでみませんか? 少しでも皆様のお役に立てますよう、弊社一同心よりお待ちしております。

株式投資はチャートをうまく活用しよう

ETFとはExchange Traded Fundの略で、Exchange(証券取引所で)Traded(取引される)Fund(投資信託)です。

米国株ETFに投資する4つのメリット

株式投資はチャートをうまく活用しよう 株式投資はチャートをうまく活用しよう 株式投資はチャートをうまく活用しよう
コスト 売買
手数料
為替スプレッド
(国内投資信託)
iシェアーズ
米国株式インデックス・ファンド
(S&P500指数連動型)
0.4125%
(信託報酬)
なし 両替なし
(米国株ETF)
iシェアーズ S&P 500 ETF(IVV)
0.03%
(経費率)
0.495% 1ドルあたり20銭

株式投資はチャートをうまく活用しよう
コスト 売買
手数料
為替スプレッド
(国内投資信託)
iシェアーズ
ゴールドインデックス・ファンド(H無)
0.株式投資はチャートをうまく活用しよう 5085%
(信託報酬)
なし 両替なし
(米国株ETF)
iシェアーズ ゴールド トラスト(IAU)
0.25%
(スポンサー報酬)
0.495% 1ドルあたり20銭

画像01

ご注意事項

Max

Max

個人投資家。30年以上の国内外での投資の経験を活かしFPとして、多岐にわたる相談を受ける。 株式投資はチャートをうまく活用しよう
フロリダの大学在学中、某金融雑誌の編集長も務める大学教授から投資の本質を徹底的に叩き込まれる。その時培った投資手法を今でも実践。
米国や南米の富裕層との交流から、資産運用の重要性を肌で感じ、その後の考え方に多大な影響を受ける。
多くの人に投資の重要性とその素晴らしさを知ってもらいたく、投資信託と株の塾を主催。
現在は国内外に複数の企業を経営。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる