オンライン外国為替取引

米国株NISA 取引ガイド

米国株NISA 取引ガイド
  1. VWAP値:出来高加重平均価格のこと。市場で成立した価格を価格毎の出来高で加重平均した価格を指します。
    なお、 外国株式VWAPギャランティー取引をご利用される場合には、必ずVWAPギャランティー取引内容説明書をお渡ししております ので、ご参照ください。
  2. スプレッド:市場動向や個別銘柄の値動き、流動性などを考慮して決定します。
    片道(お客様の買付価格または売却価格と、基準の価格との差)で1.5%~2.5%程度、合計(買付価格と売却価格との差)で4%程度となります。
    (現地税制や市場動向等によっては、価格がこれらの範囲から外れる、または価格提示を中断させていただく等の場合があります。) 下図はスプレッドのイメージ
  3. 主に取引成立日の当日:アジア市場の約定日の詳細については当社営業担当者までお問い合わせください。
  4. 注文受付締め時間:店舗(本・支店)の注文受付締め時間の詳細については当社営業担当者までお問い合わせください。
    オンラインサービスでは、アジア市場の注文受付締め時間以降、26:00まで予約注文を受付けます。

米国株おすすめ5選を紹介!個別銘柄だけではなくETFも併せて紹介します!

米国株とは?

米国株_おすすめ_IBM


IBMは1911年の設立以来、企業や公的機関に向けたコンピュータ・ソフトウェア提供を行っています 。

さらに 配当利回りも 4.5%前後 と高めに設定されており、 株主還元の意識が強いこともIBMの強み といえます。

米国株投資におすすめの証券会社5選

米国株投資におすすめの証券会社4選

ここでは、米国株の投資に おすすめの証券会社 を5つ紹介していきます。

SBI証券

米国株NISA 取引ガイド 米国株NISA 取引ガイド
米国株取扱銘柄数 5,135銘柄
ETF取扱銘柄数 371銘柄
最低取引額 1株
取引手数料 約定代金の0.495%
為替手数料 1ドルにつき25銭

LINE証券

LINE証券_CFD

銘柄 株式CFD(国内株40銘柄、外国株60銘柄)
指数CFD(29銘柄)
商品CFD(6銘柄)
バラエティCFD(9銘柄)
レバレッジ 株式CFD:5倍
指数CFD:10倍
商品CFD:20倍
バラエティCFD:5倍
取引手数料 無料
キャンペーン 商品デビュー応援キャンペーン:現金1,000円プレゼント
サイト LINE証券公式サイト

マネックス証券

米国株_おすすめ_マネックス

米国株取扱銘柄数 4,559銘柄
ETF取扱銘柄数 350銘柄
最低取引額 1株
取引手数料 約定代金の0.495%
為替手数料 1ドルにつき25銭(買付時は無料)

米国株専用取引ツール「 トレードステーション 」や、銘柄スクリーニング・ランキングアプリ「 USマーケットナビ 」など便利なツールが揃っています。

さらに、マネックス証券では 逆指値注文、トレールストップ注文、OCO注文、連続注文 もできます。

ネット証券おすすめ_dmm株

米国株NISA 取引ガイド
米国株取扱銘柄数 1,627銘柄
ETF取扱銘柄数 185銘柄
最低取引額 1株
取引手数料 無料
為替手数料 1ドルにつき25銭

長期保有のために持っている米国株を 短期投資に活用 することもできるなど利便性に優れています。

PayPay証券

米国株_おすすめ_paypay

米国株NISA 取引ガイド
米国株取扱銘柄数 150銘柄
ETF取扱銘柄数 32銘柄
最低取引額 1,000円
取引手数料 約定代金に対して日本株は0.5~1.0%、
米国株は0.5%~0.7%のスプレッドが発生
為替手数料 1ドルにつき35銭

しかしPayPay証券なら 1,000円から投資できる ので、ハードルは非常に低くなります。

おすすめ米国ETF

おすすめ米国ETF

ETFは「 Exchange Traded Fund(上場投資信託) 」のことで、S&P500指数やNYダウなどの株価指数と連動することを目標に多数の銘柄で構成されています。

S&P500に連動するETF

  • SPDR S&P500ETF(SPY)
  • SPDRポートフォリオ S&P500 高配当株式ETF(SPYD)
  • iシェアーズ・コアS&P500 ETF(IVV)

SPDR S&P500ETF(SPY) 」はS&P500連動ETFのうち、米国で最も古く人気のある銘柄です。

SPDRポートフォリオ S&P500 高配当株式ETF(SPYD) 」は、S&P500の中から高配当利回りの上位80銘柄で構成されています。

iシェアーズ・コアS&P500 ETF(IVV) 」はリスク分散に優れる米国ETFです。

NYダウの構成30銘柄に対してS&P500は500銘柄なので、 低リスクを重視したい方 におすすめです。

NYダウに連動するETF

  • 1546 米国株NISA 取引ガイド 米国株NISA 取引ガイド NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信
  • 1679 Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信

1546 NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信 」は国内資産運用会社である野村アセットマネジメントが運用しています。

一方、「 1679 Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信 」は国内資産運用会社のNYダウ連動ETFとしては最も老舗です。

ナスダックに連動するETF

  • インベスコ QQQ ETF(QQQ)
  • NEXT FUNDS NASDAQ-100®連動型上場投信
  • iFreeNEXT NASDAQ100インデックス

インベスコ QQQ ETF(QQQ) 」はナスダックに連動する投資成果を目指す米国ETFです。

NEXT FUNDS NASDAQ-100®連動型上場投信 」はナスダックの3,000を超える銘柄の中から、金融以外で時価総額・流動性が最も高い100銘柄程度を厳選した米国ETFです。

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 」は、非常に優秀な運用実績を誇る米国ETFです。

米国株の買い方

米国株の買い方

  1. 証券会社に口座を開設する
  2. 日本円を米ドルに両替をする
  3. 購入する銘柄を探す
  4. 購入したい銘柄を購入する

証券会社に口座を開設する

株式投資をする際には、 証券会社の口座を開設する 必要があります。

また、米国株を購入する場合は通常口座とは別に、 外国株取引用の口座を開設する 必要があります。

外国株の取引に長けている証券会社や、各種手数料の安い証券会社など、証券会社によっても特徴が異なりますので、 証券会社の特徴をしっかりと確認 するようにしましょう。

日本円を米ドルに両替をする

証券会社の口座を開設したら、 口座にお金を入金 します。

入金は日本円で行う場合が多く、 口座に入金後に米ドルなどの外貨へ両替をする 必要があります。

両替時には、手数料などが掛かりますので、 両替時の手数料が安い証券会社を選ぶのもポイント となります。

購入する銘柄を探す

まずは、 米国株の銘柄を検索する ことから始まります。

米国株と言っても、日本株のように多くの銘柄がありますので、 業種別などで色々な銘柄を見ておくと良い でしょう。

購入したい銘柄を購入する

買い注文は 指値 ・ 成行 米国株NISA 取引ガイド で行う事になりますので、基本的には日本株と同じと言えるでしょう。

米国株を買うと言っても、 証券口座を新たに作成すること・米ドルに両替すること以外は基本的に日本株と同じ と言えます。

米国株のおすすめの選び方

米国株のおすすめの選び方

そこで、ここでは 米国株のおすすめの選び方について解説 をしていきます。

個別銘柄のおすすめの選び方

米国株の個別銘柄を選ぶ際には、 成長性 や 配当金 を確認するようにしましょう。

高配当の銘柄であれば、 保有し続けるだけで配当金が受け取れることから、ある程度のリスク回避は可能 と言えるでしょう。

ETFのおすすめの選び方

ETFのおすすめの選び方は、 配当や分売金の有無 ・ 流動性 ・ 運用コスト ・ 解離性 という4つのポイントを重視しましょう。

そのため、 商品内容をしっかりと確認する事が重要 となりますが、 出来るだけ配当や分配金のある商品を選ぶことで利益も出しやすくなる でしょう。

値動きの流動性に関しては、 堅実な運用をしようと思う場合には値動きの少ない商品 を、 ハイリスク・ハイリターンを狙うなら値動きのある商品を選ぶのも良い でしょう。

【米国株投資でFIRE達成】
米国株1番のおすすめは、これ!

経済的に自立して早期リタイアを果たす「FIRE」を目指し、
株式投資を始める個人投資家が増えている。
その多くの投資対象は日本株だが、じつは米国株こそFIREへの近道だ。
米国株は日本株より手堅い。
某大手金融機関に勤めていた著者は、40歳で早期リタイアを考え始め、
2020年に資産1億円達成を計画。
計画を前倒しで2019年に目標達成、51歳で早期リタイアを実現した。
初の著書『【エル式】 米国株投資で1億円』では、
早期リタイアの大きな原動力となった米国株の投資術を全公開。
これまでの投資歴や投資銘柄、今さら聞けない米国株投資の基礎の基礎から、
年代や目的別の具体的な投資指南、最強の投資先10銘柄に至るまで、
米国株NISA 取引ガイド 初心者以上マニア未満”の全個人投資家に役立つ情報を徹底指南する。

【米国株投資でFIRE達成】<br /></p>
<p>米国株1番のおすすめは、これ! Photo: Adobe 米国株NISA 取引ガイド Stock

20代からの
貯金感覚で超長期投資法

ケース1:20代から貯金感覚で超長期投資
ケース2:20代で、40代での「FIRE」を目指して投資
ケース3:30代で、50代での「FIRE」を目指して投資
ケース4:30~40代で、定年退職後の資産形成を目指して投資
ケース5:1000万円の資産から1億円超えを狙って投資
ケース6:10年で1000万円の資産から1億円超えを狙って投資

【ケーススタディの注意事項】
・ とくに断りがない限り、米国株のみでの運用を想定しています。
・ 米国株NISA 取引ガイド サラリーマン投資家を想定しており、毎月一定額の追加投資が前提です。
・ シミュレーションはあくまで毎年一定の年利で複利運用ができると想定したもの。預金や国債と違い、シミュレーション通りにならない恐れがあります。
・ 税金や手数料は考慮していません。証券会社で詳細は異なりますが、米国株ETFでは買付手数料無料、手数料の上限が20米ドル(税抜)、基本手数料が約定代金の0.45%(税抜)といったところが一般的なようです。
・ シミュレーションには、モーニングスター社が提供する「金融電卓」を使っています。
・ 今回とり上げている米国株ETFが、多少形を変えながらでも20~40年の経年変化に耐えて継続すると仮定しています。

●初期投資:ゼロ
●毎月投資額:3万円、5万円、7万円
●期間と目標金額:30年間で5000万円or40年間で1億円

【米国株投資でFIRE達成】<br /></p>
<p>米国株1番のおすすめは、これ!

【ケース1のおすすめ米国株ETF】

プランAは、S&P500に連動している「バンガード・S&P500ETF(VOO)」というETFに全額投資するシンプルなもの。過去5年間の運用実績からすると、年利10%以上のリターンが望めます。

【米国株投資でFIRE達成】<br /></p>
<p>米国株1番のおすすめは、これ!

プランBでは、「バンガード・米国生活必需品セクターETF(VDC)」「バンガード・米国ヘルスケア・セクターETF(VHT)」「パワーシェアーズQQQ信託シリーズ1(QQQ)」という3つのETFに「4:3:3」の割合で分散投資します。

GAFAMが牽引するIT企業の成長力を信じるなら、QQQの割合をもう少し増やしてもいいでしょう。 米国株NISA 取引ガイド

IT企業の成長力に期待しつつも、より手堅い運用を目指すなら、QQQの割合をもう少し減らしてもいいでしょう。

【米国株投資でFIRE達成】<br /></p>
<p>米国株1番のおすすめは、これ!

[著者] エル
投資ブログ「【L】米国株投資実践日記」を運営し、Twitterで2.3万フォロワーを持つ投資歴30年の個人投資家。大手金融機関に勤めながら40歳のときに2020年までに早期リタイアすることを目標に掲げた。米国株投資をメインに資産1億円を築き、中学生と高校生の子どもを抱えながらも計画前倒しで2019年1月に51歳で早期退職。現在は資産運用の7割を米国株投資に振り向け、現役時代とまったく変わらない生活を送っている。日本経済新聞、ラジオNIKKEI、QUICK、日経マネー、日経ヴェリタス、週刊エコノミストなどメディア登場多数。著書に 『【エル式】 米国株投資で1億円』

【米国株投資でFIRE達成】<br /></p>
<p>米国株1番のおすすめは、これ! 『【エル式】 米国株投資で1億円』
定価:1540円 発行年月:2021年2月9日
判型/ページ数:四六判並製/176ページ ISBN:978-4478112564

米国株「最強の10銘柄」で
FIRE(早期リタイア)を狙え!

じつは日本株より手堅い「米国株」

米国株NISA 取引ガイド

海外には、グローバルに展開する代表的な企業や、成長性の高い企業、日本企業よりも高い配当利回りが期待できる企業が数多くあります。
当社では、アメリカ、欧州、アジア等の各市場から幅広く投資対象をお選びいただくことが可能です。
オンラインサービスでは、アメリカ、香港、ドイツ、オーストラリアの株式やETF等をお取引いただくことができます。
オンラインサービスでの外国株式のお取扱いについては、取引ルール をご覧ください。

海外主要株価指数

米国株NISA 取引ガイド
現在値
前日比
現在値
前日比

銘柄を探す

ランキング

順位 銘柄 現在値/騰落率
順位 銘柄 現在値/騰落率
米国株NISA 取引ガイド
順位 銘柄 現在値/出来高(株)
  • オンラインサービスでお取引ができる外国株式や外国ETFのランキングです。
  • 更新時間等は外国株式 - 株価検索の見方・使い方 をご確認ください。

外国株式投資の 基礎知識
グローバルに展開する代表的な企業や、成長性の高い企業、日本企業よりも高い配当利回りが期待できる企業など、魅力にあふれる外国株式市場。外国株式にまつわる疑問や銘柄の探し方をご紹介します。

野村の投資情報

  • 野村ネット&コールおよびほっとダイレクトのお客様は、お電話またはオンラインサービスでのお取引となります。

お取引の流れ(オンラインサービス)

買付する銘柄を選びます。
銘柄選びにはさまざまな観点がありますが、検索方法やランキングも分かる銘柄選びのサポートコンテンツも参考になります。オンラインサービスにログイン すると海外の経済や市況の動向、成長が期待される個別銘柄などをわかりやすく解説、紹介した「野村ならではの情報」をご覧いただけます。銘柄選びにご活用ください。

注文する前に、あらかじめお買付けに必要な金額を入金します。
Web入金やATM入金、あんしん振替のほか、他の金融機関にお持ちの外貨を外貨のまま当社に送金するなどいくつかの入金方法 から選べます。

  • 売買単位は市場によって異なり、アメリカ、ドイツ、オーストラリア株式は1株単位から注文できます。注文できる数量は「売買単位」の整数倍となります。
  • 買注文時の単価の指定は、「指値 ?」のみとなります。
  • 注文を訂正する場合は、注文を取消したうえで再度、注文してください。

「注文照会/訂正/取消」>「外国株式 注文照会」画面から注文状況を確認します。
注文が成立(約定)すると、注文状況が「約定済」となります。
注文を取消したい場合は、取消したい注文の「取消」ボタンを押してください。

外国株式の取引手法(国内上場を除く)

当社における外国株式の取引手法には、主に以下の3種類があります。

(1)外国株式委託取引

お客様からのご注文を当社が取次ぎ、現地証券会社経由で現地市場にて執行いたします。
主に アジア市場の場合には約定日=取引成立日 となりますが、時差のため、 欧米市場の場合には、約定日=取引成立日の翌営業日 となります。
ご精算金額は、約定金額(株数×約定価格)の他、現地手数料・現地諸費用等・国内取次手数料等が別途必要となります。
ご売却時には、譲渡税等がかかる場合があります。

(2)外国株式VWAPギャランティー取引

現地市場における株式売買の VWAP値 (注1) を基準にした価格で行う取引です。
お客様からのご注文を、当社が相手方となって取引を成立させる、相対取引(国内店頭取引)の一種ですが、取引価格は、現地市場における VWAP値 (注1) に一定のスプレッドを加減したもの となります。
この取引が 可能な市場は米国・豪州・香港のみ です。
ご精算金額は、約定金額(株数×取引価格)となります。ご売却時には譲渡税等がかかる場合があります。

(3)外国株式国内店頭取引

お客様からのご注文に対して、当社が相手方となって取引を成立させる相対取引(国内店頭取引)です。
通常、取引価格は、現地市場における終値等に対し、お客様の買付価格は高く、売却価格は低くなります。
ご精算金額は、約定金額(株数×取引価格)となります。ご売却時には譲渡税等がかかる場合もあります。

  • (1)外国株式委託取引や(2)外国株式VWAPギャランティー取引で欧米市場の銘柄の売買を行う場合、時差のため、約定価格や精算金額等のご確認は翌営業日となります。一方、(3)外国株式国内店頭取引の場合は、ご注文を頂いた時点で約定価格や精算金額等のご確認が可能です。
  • 外国株式委託取引の約定価格(現地市場価格)と、外国株式国内店頭取引の取引価格とを比較した場合、手数料や税金等の諸経費を考慮しても、国内店頭取引価格の方が現地市場価格と比べて不利(買付価格は割高/売却価格は割安)となる場合があります。

各取引の違いと、メリット・デメリット

お客様のご注文を、当社が相手方となって現地市場におけるVWAP値 (注1) を基準にした価格で成立させる取引

現地市場での VWAP値 (注1) に、一定のスプレッドを加減した価格

現地市場の終値等に市場動向等を考慮して基準の価格を決定し、その基準価格に スプレッド 米国株NISA 取引ガイド (注2) を加減して、都度提示いたします。

  • 豪州:13:30(現地夏時間)、14:30(現地冬時間)
  • 香港:16:米国株NISA 取引ガイド 30
  • 欧州:15:00
  • 米国:17:00
  • 豪州:13:30(現地夏時間)、14:30(現地冬時間)
  • 香港:16:30
  • ドイツ:15:米国株NISA 取引ガイド 10
  • 米国:17:10
  • 豪州:10:00
  • 香港:9:30(終日VWAP)、13:15(後場VWAP)
  • 米国:16:00
  • 豪州:15:30~16:00
  • 香港:9:00~10:00
  • 欧州:9:00~15:00
  • 米国:9:00~16:00
  • 幅広い銘柄の取引が可能となります。
  • 指値・成行といった発注方法の指定が可能です。
  • オンラインサービスでの買付は指値のみ、売却は香港以外、指値・成行の指定が可能
  • 外国株式委託取引と比べ、お客様の想定していない約定価格となるリスクや、約定が成立しないリスクは小さくなります。
  • 市場の出来高加重平均価格が基準となるため、値動きの大きな銘柄においては、高値での買付や安値での売却の防止に効果があります。
  • 買付時には、発注前に当社の提示価格や為替レート、精算金額等のご確認が可能であり、決められた価格でお取引ができます。
  • 売却時には、上記に加え、損益状況、税金等をご確認の上でお取引ができます。
  • 欧米市場等の銘柄は、取引時間が日本の夜間となるため、お客様の想定していない約定価格となるリスクや、約定が成立しないリスクなどがあります。
  • 為替が翌営業日の適用となるため、為替変動のリスクがあります。
  • 対象銘柄が限定されます。
  • 市場の出来高加重平均価格が基準となるため、 値動きの小さな銘柄の場合、高値・安値を超えた約定価格となる可能性があります。
  • 為替が翌営業日の適用となるため、為替変動のリスクがあります。
  • 対象銘柄が限定されます。
  • 当社の提示価格は、現地市場終値等に対して、
    • お客様のお買付時はスプレッド分 高くなります。
    • お客様のご売却時はスプレッド分 低くなります。

    スプレッドのイメージ図

    1. VWAP値:出来高加重平均価格のこと。市場で成立した価格を価格毎の出来高で加重平均した価格を指します。
      なお、 外国株式VWAPギャランティー取引をご利用される場合には、必ずVWAPギャランティー取引内容説明書をお渡ししております ので、ご参照ください。
    2. スプレッド:市場動向や個別銘柄の値動き、流動性などを考慮して決定します。
      片道(お客様の買付価格または売却価格と、基準の価格との差)で1.5%~2.5%程度、合計(買付価格と売却価格との差)で4%程度となります。
      (現地税制や市場動向等によっては、価格がこれらの範囲から外れる、または価格提示を中断させていただく等の場合があります。) 下図はスプレッドのイメージ
    3. 主に取引成立日の当日:アジア市場の約定日の詳細については当社営業担当者までお問い合わせください。
    4. 注文受付締め時間:店舗(本・支店)の注文受付締め時間の詳細については当社営業担当者までお問い合わせください。
      オンラインサービスでは、アジア市場の注文受付締め時間以降、26:00まで予約注文を受付けます。

    外国株式に関する主なリスク 為替変動リスク 「海外投資」固有の「リスク」としてあげられるのが、「為替変動リスク」です。「円」と「外貨」の交換相場(為替変動)はその時々で変動するので、外貨建て商品に「円」で投資し、その投資で得た収益(値上がり益、配当金など)および元金を「円」で受け取る場合に影響を受けます。 カントリーリスク ある国の株式への投資を考えた場合、その国の政治的・経済的なリスクを「カントリーリスク」といいます。一般的に、新興国は先進国に比べてカントリーリスクが高いと考えられます。投資にはより注意が必要といえます。

    米国ETFの積立・自動再投資【定期買付での手数料負け対策も紹介】

    米国ETFへの積立投資

    マネックス証券の為替手数料

    マネックス証券公式サイトより引用

    マネックス証券

    自動積立のやり方

    【マネックス証券】定期買付サービス(毎月買付)

    (1)マネックス証券の外国株トップ画面にある『 管理サイト(為替振替・口座管理) 』をクリックします。

    マネックス証券公式サイトより引用

    (2)『① 外国株取引 』→『② 定期買付 登録 』の順にクリックし、『③定期買付したい銘柄』を検索して『④ 登録 』をクリックします。

    マネックス証券公式サイトより引用

    (3)買付金額や買付日などを入力して、『 登録 』をクリックします。

    自動積立のやり方

    マネックス証券公式サイトより引用

    【マネックス証券】配当金再投資サービス

    (1)定期買付サービスと同じように、マネックス証券の外国株トップ画面にある『 管理サイト(為替振替・口座管理) 』をクリックします。

    マネックス証券公式サイトより引用

    (2)『① 外国株取引 米国株NISA 取引ガイド 』→『② 配当金再投資登録 』の順にクリックし、『③配当金を再投資したい銘柄』を検索して『④ 登録 』をクリックします。

    マネックス証券公式サイトより引用

    (3)オプションや口座区分などを入力して『 登録 』をクリックします。

    配当金再投資サービスのやり方

    マネックス証券公式サイトより引用

    【SBI証券】米国ETFの税金を解説(譲渡益・配当金・為替差益)

    【SBI証券】米国ETFの税金を解説

    【上級者向け】資産運用

    このページでは米国ETFの税金について解説します。

    【SBI証券】米国ETFの税金の取り扱い

    米国ETFの譲渡益に関する税金

    米国ETFの配当金に関する税金

    米国ETFの為替差損益に関する税金

    【為替差損益】
    外貨を円に換算する際、外貨買付時と比べ、円相場が円安に変動した場合、その変動した分、利益が生じる。逆に円高になった場合、その円高に振れた分、損失が生じる。この差益と差損のこと。 具体的には1ドルを100円で買付けた場合、売却時の為替レートが110円(円安)では10円為替差益が出て、90円(円高)では10円為替差損が出る。

    引用:野村証券HP

    米国ETFの為替差益にかかる税金は複雑なので要注意

    • 為替差益は原則として確定申告必要
    • 一部の為替差益(為替変動)は源泉徴収されているため確定申告不要
    • 為替差益のグレーゾーンが存在している

    ▼米国ETFの投資ガイド▼

    コメントをどうぞ

    プロフィール


    管理人:オオチ ケンジ
    20代リハビリ職。
    病院で働きながら資産運用に挑戦。
    個別株式とインデックス投資で約1400万円を運用中。

    カテゴリー

    アーカイブ

    カテゴリー

    プロフィール


    管理人:オオチ ケンジ
    20代リハビリ職。
    病院で働きながら資産運用に挑戦。
    個別株式とインデックス投資で約1400万円を運用中。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる