FXのメリット

オーバーナイトインデックススワップとは

オーバーナイトインデックススワップとは

FOMCは来年中に利下げへ、大幅利上げ実施後-市場が織り込む

出所;ブルームバーグ フィル・インベストメント・マネジメントの債券担当グローバル最高投資責任者(CIO)、スティーブ・エリス氏は「経済は台風の目に入っている。インフレが主要なリスクでありながら、話題はリセッション(景気後退)とハードランディングに移りつつある」と指摘。「米金融当局は慎重にならなければならない。多くの要因が作用しているからだ。引き締めが行き過ぎ、後で巻き戻しが必要になる可能性はある」と述べた。 大幅な米利上げを見込むポジション構築をトレーダーが急ぐ中で、今回の引き締めサイクルにおける金利のピーク予想は上昇し、そこに行き着くと予想される時期は3カ月前倒しされた。同時に金融緩和を見込むポジションも一様に積まれている。来年末までに利下げが開始され、24年半ばまでに0.5ポイントの追加利下げがあると見込まれていることを、1カ月のフォワードのオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)は示している。

Sharp PivotMoney markets shift forward bets on higher terminal rate and subsequent rate cuts

堀未央奈、卒業後初のアイドル役は「乃木坂46と全く違います」“理想の彼氏像”も語る<モデルプレスインタビュー> - モデルプレス

短期金融市場は今月と来月に米金融当局が前例のない0.75ポイントの利上げを実施し、その後も追加引き締めが続くとの見通しを急速に織り込んだ。その一方で、2年以内に0.75ポイントの利下げがあるとも見込む。 出所;ブルームバーグ フィル・インベストメント・マネジメント の債券担当グローバル最高投資責任者(CIO)、スティーブ・エリス氏は「経済は台風の目に入っている。インフレが主要なリスクでありながら、話題はリセッション(景気後退)とハードランディングに移りつつある」と指摘。「米金融当局は慎重にならなければならない。多くの要因が作用しているからだ。引き締めが行き過ぎ、後で巻き戻しが必要になる可能性はある」と述べた。 大幅な米利上げを見込むポジション構築をトレーダーが急ぐ中で、今回の引き締めサイクルにおける金利のピーク予想は上昇し、そこに行き着くと予想される時期は3カ月前倒しされた。同時に金融緩和を見込むポジションも一様に積まれている。来年末までに利下げが開始され、24年半ばまでに0.5ポイントの追加利下げがあると見込まれていることを、1カ月のフォワードのオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)は示している。 Sharp Pivot Money markets shift forward bets on higher terminal rate and subsequent rate cuts Source: Bloomberg

LIBOR移行対応アップデート―ハイライト(2020年7月16日~31日)

ユーロ市場における新しいRFR(リスクフリーレート)への移行は重要な節目を迎えました。中央清算機関(CCP)は、ユーロ建て金利スワップの価格調整利息(Price Alignment Interest: PAI、担保に支払われる利息)を計算するためのレートをEONIAから€STRに変更しました。この結果、将来のキャッシュフローは€STRで割り引くことになります。この変更は大きな問題なく完了したとされています。

  • 全ての関係者に対する教育の充実が必要
  • 割引率の切り替えに先立ちリスク軽減戦略を検討すべき
  • 前向きな結果を得るためには、企業内部における積極的な準備が重要

PwCの見解

2.ECB報告書:銀行のLIBOR移行スケジュールは全般的に予定より遅延

PwCの見解

規制当局の監視という点以外でも、移行に向けて積極的に準備をしていない、あるいは不完全なソリューションに対応するための戦術的アプローチを策定することを躊躇している金融機関は、LIBOR移行の過程において、より困難かつ高リスクの事象に直面しがちだと考えられます。LSTA(Loan Syndications and Trading Association)は、LIBOR移行に関する最新のオンラインセミナーにて、頭を砂に隠すダチョウの写真を紹介し、現実から目を背けることなく、LIBOR移行に向けた取り組みを進めることを提言しています。

3.ARRCのシンジケートローンのコンベンション:どれを選ぶべきか?

ARRCは、シンジケート・ビジネス・ローンにおける後決めSOFRの使用に関する推奨コンベンションを公表[PDF 211KB]しました。このガイダンスでは、推奨方法を一つに収斂させるのではなく、新しいSOFRシンジケートローンの単利および複利それぞれのコンベンションを明確にしています。ガイダンスでは、営業日のルックバック、観測期間のシフト(Observation Shift)、日数計算(Day count)のルールや桁数の四捨五入など、その他のコンベンションについて具体的な推奨を行っていますが、ARRCはその選択を市場参加者に委ねています。

PwCの見解

さまざまな企業が異なる選択をするため、市場参加者はキャッシュ商品の複数のコンベンションに備える必要が出てくるでしょう。ARRCの推奨は、特定の市場参加者やLSTAのような業界団体からのフィードバックを考慮し、意図的にバランスを取ろうとしているようです。日次の複利計算(daily オーバーナイトインデックススワップとは compounding)は、多くの参加者がローンの金利リスク管理に使用しているヘッジ手段であるデリバティブ市場で確立されたコンベンションに沿っており、ローンの資金調達にかかる財務コストをより正確に表したものであると認識されています。一方、日次の単利計算(daily simple interest)は、期間内取引や繰上返済に関連した経過利息など、シンジケートローン市場の既存のコンベンションを崩すことなく、運用が容易なソリューションとなっています。この2つのコンベンションの経済的な違いが比較的小さいこと(一部は現在の低金利環境の影響もある)を踏まえると、少なくとも短期的に、精度の低下と運用の容易さの間のトレードオフを受け入れようと考えている市場参加者もいるようです。

FOMCは来年中に利下げへ、大幅利上げ実施後-市場が織り込む

出所;ブルームバーグ フィル・インベストメント・マネジメントの債券担当グローバル最高投資責任者(CIO)、スティーブ・エリス氏は「経済は台風の目に入っている。インフレが主要なリスクでありながら、話題はリセッション(景気後退)とハードランディングに移りつつある」と指摘。「米金融当局は慎重にならなければならない。多くの要因が作用しているからだ。引き締めが行き過ぎ、後で巻き戻しが必要になる可能性はある」と述べた。 大幅な米利上げを見込むポジション構築をトレーダーが急ぐ中で、今回の引き締めサイクルにおける金利のピーク予想は上昇し、そこに行き着くと予想される時期は3カ月前倒しされた。同時に金融緩和を見込むポジションも一様に積まれている。来年末までに利下げが開始され、24年半ばまでに0.5ポイントの追加利下げがあると見込まれていることを、1カ月のフォワードのオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)は示している。

Sharp PivotMoney markets shift forward bets on higher terminal rate and subsequent rate cuts

堀未央奈、卒業後初のアイドル役は「乃木坂46と全く違います」“理想の彼氏像”も語る<モデルプレスインタビュー> - モデルプレス

短期金融市場は今月と来月に米金融当局が前例のない0.75ポイントの利上げを実施し、その後も追加引き締めが続くとの見通しを急速に織り込んだ。その一方で、2年以内に0.75ポイントの利下げがあるとも見込む。 出所;ブルームバーグ フィル・インベストメント・マネジメント の債券担当グローバル最高投資責任者(CIO)、スティーブ・エリス氏は「経済は台風の目に入っている。インフレが主要なリスクでありながら、話題はリセッション(景気後退)とハードランディングに移りつつある」と指摘。「米金融当局は慎重にならなければならない。多くの要因が作用しているからだ。引き締めが行き過ぎ、後で巻き戻しが必要になる可能性はある」と述べた。 大幅な米利上げを見込むポジション構築をトレーダーが急ぐ中で、今回の引き締めサイクルにおける金利のピーク予想は上昇し、そこに行き着くと予想される時期は3カ月前倒しされた。同時に金融緩和を見込むポジションも一様に積まれている。来年末までに利下げが開始され、24年半ばまでに0.5ポイントの追加利下げがあると見込まれていることを、1カ月のフォワードのオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)は示している。 Sharp Pivot Money markets shift forward bets on higher terminal rate and subsequent rate cuts Source: Bloomberg

FOMCは来年中に利下げへ、大幅利上げ実施後-市場が織り込む

出所;ブルームバーグ フィル・インベストメント・マネジメントの債券担当グローバル最高投資責任者(CIO)、スティーブ・エリス氏は「経済は台風の目に入っている。インフレが主要なリスクでありながら、話題はリセッション(景気後退)とハードランディングに移りつつある」と指摘。「米金融当局は慎重にならなければならない。多くの要因が作用しているからだ。引き締めが行き過ぎ、後で巻き戻しが必要になる可能性はある」と述べた。 大幅な米利上げを見込むポジション構築をトレーダーが急ぐ中で、今回の引き締めサイクルにおける金利のピーク予想は上昇し、そこに行き着くと予想される時期は3カ月前倒しされた。同時に金融緩和を見込むポジションも一様に積まれている。来年末までに利下げが開始され、24年半ばまでに0.5ポイントの追加利下げがあると見込まれていることを、1カ月のフォワードのオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)は示している。

Sharp PivotMoney markets shift forward bets on higher terminal rate オーバーナイトインデックススワップとは and subsequent rate cuts

堀未央奈、卒業後初のアイドル役は「乃木坂46と全く違います」“理想の彼氏像”も語る<モデルプレスインタビュー> - モデルプレス

短期金融市場は今月と来月に米金融当局が前例のない0.75ポイントの利上げを実施し、その後も追加引き締めが続くとの見通しを急速に織り込んだ。その一方で、2年以内に0.75ポイントの利下げがあるとも見込む。 出所;ブルームバーグ フィル・インベストメント・マネジメント の債券担当グローバル最高投資責任者(CIO)、スティーブ・エリス氏は「経済は台風の目に入っている。インフレが主要なリスクでありながら、話題はリセッション(景気後退)とハードランディングに移りつつある」と指摘。「米金融当局は慎重にならなければならない。多くの要因が作用しているからだ。引き締めが行き過ぎ、後で巻き戻しが必要になる可能性はある」と述べた。 大幅な米利上げを見込むポジション構築をトレーダーが急ぐ中で、今回の引き締めサイクルにおける金利のピーク予想は上昇し、そこに行き着くと予想される時期は3カ月前倒しされた。同時に金融緩和を見込むポジションも一様に積まれている。来年末までに利下げが開始され、24年半ばまでに0.オーバーナイトインデックススワップとは 5ポイントの追加利下げがあると見込まれていることを、1カ月のフォワードのオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)は示している。 Sharp Pivot Money markets shift forward bets on higher terminal rate and subsequent rate cuts オーバーナイトインデックススワップとは Source: Bloomberg

FOMCは来年中に利下げへ、大幅利上げ実施後-市場が織り込む

出所;ブルームバーグ フィル・インベストメント・マネジメントの債券担当グローバル最高投資責任者(CIO)、スティーブ・エリス氏は「経済は台風の目に入っている。インフレが主要なリスクでありながら、話題はリセッション(景気後退)とハードランディングに移りつつある」と指摘。「米金融当局は慎重にならなければならない。多くの要因が作用しているからだ。引き締めが行き過ぎ、後で巻き戻しが必要になる可能性はある」と述べた。 大幅な米利上げを見込むポジション構築をトレーダーが急ぐ中で、今回の引き締めサイクルにおける金利のピーク予想は上昇し、そこに行き着くと予想される時期は3カ月前倒しされた。同時に金融緩和を見込むポジションも一様に積まれている。来年末までに利下げが開始され、24年半ばまでに0.オーバーナイトインデックススワップとは 5ポイントの追加利下げがあると見込まれていることを、1カ月のフォワードのオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)は示している。

Sharp PivotMoney markets shift forward bets on higher terminal rate and subsequent rate cuts

堀未央奈、卒業後初のアイドル役は「乃木坂46と全く違います」“理想の彼氏像”も語る<モデルプレスインタビュー> - モデルプレス

短期金融市場は今月と来月に米金融当局が前例のない0.75ポイントの利上げを実施し、その後も追加引き締めが続くとの見通しを急速に織り込んだ。その一方で、2年以内に0.75ポイントの利下げがあるとも見込む。 オーバーナイトインデックススワップとは 出所;ブルームバーグ フィル・インベストメント・マネジメント の債券担当グローバル最高投資責任者(CIO)、スティーブ・エリス氏は「経済は台風の目に入っている。インフレが主要なリスクでありながら、話題はリセッション(景気後退)とハードランディングに移りつつある」と指摘。「米金融当局は慎重にならなければならない。多くの要因が作用しているからだ。引き締めが行き過ぎ、後で巻き戻しが必要になる可能性はある」と述べた。 大幅な米利上げを見込むポジション構築をトレーダーが急ぐ中で、今回の引き締めサイクルにおける金利のピーク予想は上昇し、そこに行き着くと予想される時期は3カ月前倒しされた。同時に金融緩和を見込むポジションも一様に積まれている。来年末までに利下げが開始され、24年半ばまでに0.5ポイントの追加利下げがあると見込まれていることを、1カ月のフォワードのオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)は示している。 Sharp Pivot Money markets shift オーバーナイトインデックススワップとは オーバーナイトインデックススワップとは forward bets on higher terminal rate and subsequent rate cuts Source: Bloomberg

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる