取引スキーム

リスクとは

リスクとは
参考画像1

リスクとは

ただし、投資におけるリスクは、世間一般で使われる意味のリスクとは別物です。
また、リスクとリターンには密接な関係があります。
ここでは、投資におけるリスクとは何か、リスクを抑える方法はあるのかを解説していきます。

  • 不動産投資に興味がある
  • リスクとは
  • 投資のリスクを知りたい

投資のリスクは危険という意味ではない

ちなみに「リターン」とは投資の結果を意味し、良い結果(利益)だけでなく悪い結果(損失)も含んだ用語です。
「リスクが大きい」とはリターンの振れ幅が大きいことで、「リスクが高い商品」は、それだけ投資結果(リターン)の予測が難しくなります。
こうした商品は「大きな収益を上げられる場合もあれば、大きく損失を被る場合もある」ことになります。

「リスク」と「リターン」の関係

投資により発生するリスクの種類

金融商品は、国内外の政治・経済情勢などのさまざまな要因により、日々刻々と価格が変動(上昇・下落)します。
株式であれば、企業の業績や市場・業界全体の動向にも左右されます。
その結果、換金する際の受取金額は、当初支払った金額を上回る場合もあれば、下回る場合も。
このことを価格変動リスクといいます。

外国株式・外国債券・外国投資信託といった外国の通貨で取引される外貨建ての金融商品は、円とドル、円とユーロなどの外国為替レート(円と他国通貨との交換割合)変動によって価格が変動することにより、換金の際に円で受け取る額が購入したときの金額を上回る場合もあれば、下回る場合もあります。
購入時より円高になると、為替差損が発生し、手取り額が減ります。
一方で円安になると、為替差益によって手取り額が増えます。

世界各国の金利の変動により、金融資産の価値が変動することを金利変動リスクといいます。
中でも金利変動の大きな影響を受けるのが債券です。
金利が上がると債券価格は下落し、金利が下がると債券価格は上昇します。

投資によるリスクを理解する

投資できる金融商品にはさまざまな種類があります。
いずれの金融商品を選ぶとしても、リスクを知り、軽減させることが必須です。
そのためにも、金融商品ごとのリスクを把握し、目的にあった商品を選ぶことが肝心。

株式の価格は日々変動し、企業の業績や相場の状況に左右されます。
一番大きなリスクは「価格変動リスク」でしょう。
株式が買ったときよりも値上がりしている場合もあれば、値下がりしている場合もあります。

投資信託は、株式や債券などを組み合わせているので、金融商品ごとに値下がり、値上がりします。
したがって、「価格変動リスク」は避けられません。
また、株式や債券を発行している企業・団体が将来破綻する恐れもあり「信用リスク」も抱えています。
また、外国株式・債券に投資している場合は、「為替変動リスク」「カントリーリスク」も発生します。

不動産投資

リスクとして、第一に上げられるのが「収益の変動リスク」です。
購入した物件の入居率が低下することで利益が減少する空き室リスク。
物件の老朽化による家賃の下落リスク。
そして、入居者の経済状況などで発生する家賃の滞納リスクがあります。

「金利上昇リスク」も見逃せません。
物件購入にあたっては多くの人がローンを利用しますが、史上最低の金利水準が続いていることもあり、低金利の変動型ローンを借り入れて物件購入している人が大半です。
しかし、将来金利水準が上昇することがあればローン金利も連動して上昇することになり、月々の返済の増額へとつながります。

次に「価格変動リスク」です。
債券を途中で売却する場合、売却価格が購入価格よりも下がっている場合もあります。
ただし、債券を満期日まで保有した場合は、額面金額で払い戻しが行われるので価格変動リスクは発生しません。

リスクを抑える方法とは?

資産を分散するとは、投資する商品を複数に分けることでリスクを分散することです。
投資の成果ではよく「卵は1つのカゴに盛るな」といわれ、リスクを抑える鉄則とされます。
一般に保有する金融商品の種類が多いほど、1度に各金融商品が値下がりする危険性は小さくなります。

まとめ|リスクを把握して自分にあった投資を選ぼう

投資におけるリスクはさまざまで、金融商品の種類によってリスクの内容が異なることがおわかりいただけたと思います。
また、これらのリスクを抑えるためにどのような投資の手法があるかもご理解いただけたと思います。
リスクの特性や内容を把握し、自分に合う投資商品を選ぶことこそ、想定した投資の成果を得るための近道なのです。

もっと手軽に、もっと身近に!1万円から始められる次世代の不動産クラウドファンディング「利回り不動産」

多額の資金が必要となる不動産物件を小口化させて、短期間で投資ができる不動産クラウドファンディング。
「将来のために資産形成をしたい」「少額で不動産投資を始めたい」「中長期的な資産形成に挑戦したい」
「利回り不動産」では、運用実績が豊富な投資のプロが、みなさまからの資金で一定の期間不動産を運用し、家賃収入や売却益などを還元。
1万円から投資ができ、不動産投資に申し込みから分配金の受け取りまで、すべてインターネット上で行うことができます。

リスク・マネジメント計画書とは何か?PMBOKの用語を解説

つまり、「計算機センターの火災」という同じトラブルに見舞われても、 成功したプロジェクトのプロマネは発生したトラブルを受け止め、プロジェクトを正常に戻す活動を行ったのに対し、失敗したプロジェクトのプロマネは発生したトラブルを嘆くばかり だとワインバーグは指摘しています。
ワインバーグが見た成功したプロジェクトのプロマネのように、 トラブルが発生しても動じずに対処するには、あらかじめトラブル発生のリスクを把握し、その対処法を講じておくこと です。
その活動がリスク・マネジメントであり、その活動の方針を定めるのがリスク・マネジメント計画書です。
そのため、このリスク・マネジメント計画書はトラブルからプロジェクトを守る大切な資料であると言えるでしょう。

リスク・マネジメント計画書の構成

リスク戦略

役割と責任

タイミング

リスク区分

リスク区分では、特定されたリスクをグループ化するための手法を記述していきます。
リスク区分の手法として最もポピュラーな方法は階層構造図を用いたリスク・ブレークダウン・ストラクチャー(以下、RBSと略記)です。
プロジェクトマネジメントでは、プロジェクトの活動内容を階層的にまとめたワーク・ブレークダウン・ストラクチャー(以下、WBSと略記)が有名ですが、RBSはそのリスク・マネジメント版です。
RBSでは階層的にリスクをカテゴリー分けし、記載していきます。
例えば、「ステークホルダーに関するもの」、「プロジェクトマネジメントに関するもの」などに分けていきます。

RBSの例

RBSの例(Wiki より)

ステークホルダーのリスク選好

ステークホルダーのリスク選好とは、リスクに対するステークホルダーの許容の範囲を表すものであり、リスクを測定する際のしきい値となります。
リスクに対処するには多くの場合、追加の費用を支払ってその影響を緩和させたり、リスクを取り除いたりします。
例えば、「デザイナーが突然体調不良で休んでしまう」というリスクに対処するには、「デザイナーを追加で確保しておく」という対処が考えられます。しかし、この場合はデザイナーのコストも追加で1人分増えてしまうことになります。
こうしたリスクに対して、「ぜひともデザイナーを追加で用意したい」と考えるステークホルダーもいれば、「体調不良なんてそこまであることじゃないし、わざわざ追加費用をかけてもデザイナーを確保する必要はない」と考える人もいます。
また、体調不良で休みをとるといっても、どの程度の期間であれば対処すべきなのかも、人によってかわってきます。
こうしてリスクへの感度は人によって変わるため、ステークホルダーのリスク選好として、何がどのようになったらリスクに対処するのかをまとめていきます。
そして、この時のステークホルダーの意思決定の判断材料になるのが、次に見るリスクの発生確率と影響度の定義、そして発生確率・影響度マトリックスです。

リスクの発生確率と影響度の定義と発生確率・影響度マトリックス

リスクというのは、一般的な指標があるわけではなく、プロジェクトやステークホルダーのリスク選好に応じて変わってきます。
そのため、 プロジェクトごとに「リスクとは何か?」を定義していかなければなりません。
それがリスクの発生確率と影響度の定義です。
例えば下の表1のように、「スケジュールが当初の予定より5%~10%の延長を引き起こすならば、影響度中とする」など、影響度の指標を定義していきます。

表1:リスクの影響度の定義の例
(出典)鈴木安而『図解入門よくわかる 最新PMBOK第6版の基本』秀和システム、2018年、243頁を参考に作成。
極めて低い
(0.05)
低い
(0.1)

(0.2)
高い
(0.4)
極めて高い
(0.8)
コストコスト増
1%未満
コスト増
1%~10%
コスト増
10%~20%
コスト増
20%~40%
コスト増
40%以上
スケジュール期間延長
1%未満
期間延長
1%~5%
期間延長
5%~10%
期間延長
10%~20%
期間延長
20%以上
品質軽微な品質劣化限定した用途にのみ影響品質低下にスポンサーの承認が必要品質低下をスポンサーが許容しないプロジェクトの最終成果物は実用に耐えない

こうした内容を踏まえ、リスクの発生確率と影響度を格子状にまとめたものが、下の参考画像1のような発生確率・影響度マトリックスです。

発生確率・影響度マトリックスの図

参考画像1

こうした発生確率・影響度マトリックスを作成し、発生確率も影響度も高いリスクから対応していくなど、リスク・マネジメントの方針を固めていきます。
この発生確率・影響度マトリックスについては、過去の記事もご参照ください。

リスクとは

ただし、投資におけるリスクは、世間一般で使われる意味のリスクとは別物です。
また、リスクとリターンには密接な関係があります。
ここでは、投資におけるリスクとは何か、リスクを抑える方法はあるのかを解説していきます。

  • 不動産投資に興味がある
  • 投資のリスクを知りたい

投資のリスクは危険という意味ではない

ちなみに「リターン」とは投資の結果を意味し、良い結果(利益)だけでなく悪い結果(損失)も含んだ用語です。
「リスクが大きい」とはリターンの振れ幅が大きいことで、「リスクが高い商品」は、それだけ投資結果(リターン)の予測が難しくなります。
こうした商品は「大きな収益を上げられる場合もあれば、大きく損失を被る場合もある」ことになります。

「リスク」と「リターン」の関係

投資により発生するリスクの種類

金融商品は、国内外の政治・経済情勢などのさまざまな要因により、日々刻々と価格が変動(上昇・下落)します。
株式であれば、企業の業績や市場・業界全体の動向にも左右されます。 リスクとは
その結果、換金する際の受取金額は、当初支払った金額を上回る場合もあれば、下回る場合も。
このことを価格変動リスクといいます。

外国株式・外国債券・外国投資信託といった外国の通貨で取引される外貨建ての金融商品は、円とドル、円とユーロなどの外国為替レート(円と他国通貨との交換割合)変動によって価格が変動することにより、換金の際に円で受け取る額が購入したときの金額を上回る場合もあれば、下回る場合もあります。
購入時より円高になると、為替差損が発生し、手取り額が減ります。
一方で円安になると、為替差益によって手取り額が増えます。

世界各国の金利の変動により、金融資産の価値が変動することを金利変動リスクといいます。
中でも金利変動の大きな影響を受けるのが債券です。
金利が上がると債券価格は下落し、金利が下がると債券価格は上昇します。

投資によるリスクを理解する

投資できる金融商品にはさまざまな種類があります。
いずれの金融商品を選ぶとしても、リスクを知り、軽減させることが必須です。
そのためにも、金融商品ごとのリスクを把握し、目的にあった商品を選ぶことが肝心。

株式の価格は日々変動し、企業の業績や相場の状況に左右されます。
一番大きなリスクは「価格変動リスク」でしょう。
株式が買ったときよりも値上がりしている場合もあれば、値下がりしている場合もあります。

投資信託は、株式や債券などを組み合わせているので、金融商品ごとに値下がり、値上がりします。 リスクとは
したがって、「価格変動リスク」は避けられません。
また、株式や債券を発行している企業・団体が将来破綻する恐れもあり「信用リスク」も抱えています。
また、外国株式・債券に投資している場合は、「為替変動リスク」「カントリーリスク」も発生します。

不動産投資

リスクとして、第一に上げられるのが「収益の変動リスク」です。
購入した物件の入居率が低下することで利益が減少する空き室リスク。
物件の老朽化による家賃の下落リスク。
そして、入居者の経済状況などで発生する家賃の滞納リスクがあります。

「金利上昇リスク」も見逃せません。
物件購入にあたっては多くの人がローンを利用しますが、史上最低の金利水準が続いていることもあり、低金利の変動型ローンを借り入れて物件購入している人が大半です。
しかし、将来金利水準が上昇することがあればローン金利も連動して上昇することになり、月々の返済の増額へとつながります。

次に「価格変動リスク」です。
債券を途中で売却する場合、売却価格が購入価格よりも下がっている場合もあります。
ただし、債券を満期日まで保有した場合は、額面金額で払い戻しが行われるので価格変動リスクは発生しません。

リスクを抑える方法とは?

資産を分散するとは、投資する商品を複数に分けることでリスクを分散することです。
投資の成果ではよく「卵は1つのカゴに盛るな」といわれ、リスクを抑える鉄則とされます。
一般に保有する金融商品の種類が多いほど、1度に各金融商品が値下がりする危険性は小さくなります。

まとめ|リスクを把握して自分にあった投資を選ぼう

投資におけるリスクはさまざまで、金融商品の種類によってリスクの内容が異なることがおわかりいただけたと思います。
また、これらのリスクを抑えるためにどのような投資の手法があるかもご理解いただけたと思います。
リスクの特性や内容を把握し、自分に合う投資商品を選ぶことこそ、想定した投資の成果を得るための近道なのです。

もっと手軽に、もっと身近に!1万円から始められる次世代の不動産クラウドファンディング「利回り不動産」

多額の資金が必要となる不動産物件を小口化させて、短期間で投資ができる不動産クラウドファンディング。
「将来のために資産形成をしたい」「少額で不動産投資を始めたい」「中長期的な資産形成に挑戦したい」
「利回り不動産」では、運用実績が豊富な投資のプロが、みなさまからの資金で一定の期間不動産を運用し、家賃収入や売却益などを還元。
1万円から投資ができ、不動産投資に申し込みから分配金の受け取りまで、すべてインターネット上で行うことができます。

リスクとは

野村克也氏のID野球-全てのビジネスパーソンが学ぶべき真髄とは?

野村克也氏のID野球-全てのビジネスパーソンが学ぶべき真髄とは?

会社は制服を制定すべき?ユニフォームが持つ不思議な力に注目してみよう

会社は制服を制定すべき?ユニフォームが持つ不思議な力に注目してみよう

インポスター症候群とは?優秀な女性に多い「管理職になりたくない」の理由を徹底解説!

インポスター症候群とは?優秀な女性に多い「管理職になりたくない」の理由を徹底解説!

シンプル思考を仕事に取り入れよう ジョブスが率いたアップルが強かった本当の理由とは

シンプル思考を仕事に取り入れよう ジョブスが率いたアップルが強かった本当の理由とは

【仕事】よいコミュニケーションとは?大切さ意味をドラッカーの名…

【デリゲーションはマネジメントの要】スティーブン・R・コヴィー…

株式会社識学 代表取締役 社長 安藤広大の執筆した書籍『数値化の鬼』がなんと発売約1か月で12万部を突破しました!

書籍『数値化の鬼』図解要約資料

この感謝を皆様にも還元すべく、株式会社識学では、『数値化の鬼』 の図解解説資料を を作成いたしました!

サイト内検索

カテゴリー

記事ランキング

リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍 「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

リスクとは

投資における「リスク」は、私たちが日常で使うリスク(=危険なこと)とは少し意味が違います。
投資における「リスク」とは、リターンの変動(ブレ)のことを表し、リターンの変動幅が小さいことを「リスクが低い」、変動幅が大きいことを「リスクが高い」と呼びます。
例えば、トヨタ株と、あるベンチャー企業の株を比べた場合、トヨタ株に比べ、ベンチャー株の方が株価が大きく変動(数日で10倍など)する場合があります。この場合は、ベンチャー株は(トヨタ株に比べ)リスクが高いことになります。

■リスクの表し方 リスクとは
年率平均
リターン
リスク
(=標準偏差)
変動幅
(最大)
変動幅
(最小)
日本株式 3% 19% 22% -16%
外国株式 7% 20% 27% -13%
日本債券 5% 4% 9% 1%
米国債券 6% 13% 19% -7%
米国不動産 6% 22% 28% -16%
コモディティ 4% 24% 28% -20%

リスクとは
リターンが範囲に納まる確率 例)日本株式の場合
リターンの範囲
(変動幅)
年率平均
リターン
リスク値
標準偏差
(いわゆるリスク)
68.3% 22%~-16% 3% 19%
標準偏差×2倍 95.4% 41%~-35% 3% 38%
(=19%×2)
標準偏差×3倍 99.7% 60%~-54% 3% 57%
(=19%×3)

リスク(標準偏差)の数値は、各資産の変動幅の大きさを示しており、数値が大きいほど(リターンがブレやすく)リスクが高いことを表します。
下のグラフは、各資産のリスク数値を元に変動幅を表したものです。
この中では、「日本債券」が最もリスクが低く、「コモディティ」が最もリスクが高い事が分かります。
また、リスクとリターンは表裏一体で、「リスクが高いほどリターンも大きい」という事が分かります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる