FX取引の利点

アウトライト操作

アウトライト操作
  • 交換・返品など、製品の保証についての重要なお知らせについてはこちらをご覧ください。
  • ご購入手続き時にお客様が御注文や発送に関するご要望を記入可能な「ご要望欄」がございますが、こちらで商品の問い合わせなどの回答が必要な内容の記入はご遠慮ください。ここはあくまでも要望を確認するところで質問は受け付けません。
    記入されても返信は致しません。 お問い合わせにつきましては以下の問い合わせフォームにご連絡ください。
  • 問い合わせフォームはこちらです。
  • 【領収書について】
    手書きの領収書の発行は行いませんのでご了承ください。
    領収書が必要な場合は発送完了後、こちらから発行できます。
    電話番号をご入力の上、ダウンロードしてください。

GARMIN VARIA UT800発売!至れり尽くせりのスマートヘッドライト(開封編)

VARIA UT800の付属品は、次の通りです。
・VARIA UT800本体 1コ
・充電用マイクロUSBケーブル 1本
・アウトフロントマウント 1コ
・アウトフロントマウント取付用スペーサー(Φ25.4mm用) 1コ
・アウトフロントマウント取付用スペーサー(Φ31.8mm用) アウトライト操作 1コ
・アウトフロントマウント下部取付台座 1コ
・ライト取付用ボルト(Φ5mmX長さ19mm【実測】) 1本
・六角レンチ(ライト取付用 M4mm) 1本
・六角レンチ(アウトフロントマウント用 M2.5mm) 1本
・取扱説明書 1部
・保証書兼保証規定 1部

このアウトフロントマウントは、上側にEdgeデバイス本体を取り付けて、下側にVARIA UT800を取り付けます。
Edgeデバイス本体とVARIA UT800は、アウトフロントマウントの取付構造上、電気的に接続しません。

アウトフロントマウント下部取付台座は、アウトフロントマウントとVARIA UT800本体との間に取り付けます。
アウトフロントマウント側の『-・・-』印とアウトフロントマウント下部取付台座側の『-X-』印をが噛み合うように取り付けます。

VARIA アウトライト操作 UT800は、環境光センサーを搭載した互換性のあるEdgeデバイスとペアリングすることで、その手間から解放されます。
なぜなら、周囲の光条件や走行状況によって、ライトの明るさやバッテリーの節約を自動的に操作してくれるからです。

取引ツール

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

ラップトップのキーボードバックライト - 機能と使い方

すべてのラップトップにバックライト付きキーボードがあるわけではありません。 ラップトップにバックライト付きのキーボードがあるかどうかを確認するには、開発者サイトのサポートページにアクセスするか、デバイスの指示に従ってください。 モデルとそのパラメータを見つけて、次にラップトップの仕様を確認します。 そのような可能性があるかどうかを視覚的に判断することは可能です - デバイスの追加ファンクションキーを注意深く調べてください。 通常、それらはF1-F12ボタン上または矢印上に異なる色のシンボルでマークされています。 ほとんどの場合、ホットキーの追加機能を使用するには、Fn(機能)ボタン(使用可能な場合)も押し続ける必要があります。

バックライトの点灯方法

残念ながら、Windows 10にはボタンの照度を調整するための組み込みコンポーネントはありません。 しかし、大手メーカーの中には、デフォルトのボタン照明設定を変更するための独自のソフトウェアを提供しているものがあります。 たとえば、Windows 10搭載のDellでは、キーボードのバックライトをオンにしたり、明るさを調整したり、5、10、30、60、300秒の操作がないと自動的にオフになるように設定できます。 すべての設定を表示するには、Dellユーザーは[キーボードのプロパティ]設定を開き、[バックライト]タブに移動する必要があります。

AsusとAcer

  1. この機能がBIOSで有効になっていることを確認してください。
  2. 必ずドライバをアップデートしてください(モデル番号を入力してキーボードドライバをインストールしてください)。

光センサーがアクティブになると、ASUSボタンのダイオードが環境に応じてLEDを自動的にオン/オフします。 手動調整の場合、ほとんどのAsusノートパソコンはFn + F4(バックライトをオンにして明るさを増すため)とFn + F3(明るさを減らしてダイオードを完全に消すため)を使います。 Acerのノートパソコンのキーボードの照明が機能しない場合は、Fn + F9キーの組み合わせ、または左側の専用バックライトキーボードボタンを使用してください。

ソニーとレノボ

また、ソニーは一部のモデルで標準のキーボード輝度オプションを提供しています。 設定を確認するには、VAIOコントロールセンターを開いて、[キーボード]と[マウス] - [キーボード照明]をクリックする必要があります。 ここでは、周囲の照明に基づいてダイオードを自動的にオンまたはオフにするようにソフトウェアを設定できます。 アウトライト操作 Dellと同様に、ソニーはキーボード操作をしていないときにダイオードを自動的にオフにする機能も提供しています。 この機能を無効にするには、[暗い場所でバックライトをオンにする]ボタンの横にあるチェックボックスをオフにします。 自動モードと時間間隔を設定することもできます - アウトライト操作 10秒、30秒、1分または「電源を切らないでください」。 ダイオードの使用のためのレノボの新しい展望は開きません。 LenovoノートPCのキーボードのバックライトをオンにするのは非常に簡単です - Fn + Spaceキーの組み合わせを使って。 つまり、Fn +を1回押すと、スペースバードライバは中程度の明るさでバックライトをオンにします。 Fn + Spaceを押すと明るさが増します。 もう一度ホットキーを押すと、キーボードのバックライトが完全に消えます。

夜間や暗い部屋でのプレゼンテーションでは、ノートパソコンのキーボードを見るのは非常に困難です。 このような問題を回避するには、各キーを照らすキーボードの下にバックライト付きのHP Pavilionモデルを選択してください。 バックライトシンボルは通常、スペースの左側に表示されます。 この機能が有効になっている場合は、文字や他のテキストを入力するためにライトをオンにする必要はありません。 アウトライト操作 アウトライト操作 ノートパソコンのモデルに応じて、ダイオードはいくつかの方法で起動することができます。

  1. ラップトップの電源を入れ、「F5」キーまたは「F12」キーを押します(モデルによって異なります)。
  2. キーボードの左下にあるWindowsボタンの横にある "Fn"キーを見つけます。 Fnを押したままスペースバーを押すとバック​​ライトが点灯します。
  3. あなたのラップトップモデルがそれを持っているならば、キー照明ボタンを押してください。 特別なバックライトボタンは、水平ラインに3つのドットでマークされています(モデルdv6-2022er、dv6-3250us、およびその他のdv6シリーズラップトップにあります)。

どの組み合わせもうまくいかない場合は、ファンクションキーの全範囲を調べてください。 目的のキーが別の場所にある可能性があります。 他に何も起こらない場合は、BIOS設定を確認してください。 これを行うには、BIOSで[BIOS Setup]または[BIOS Setup Utility]を選択し、矢印キーを使って[System Setup]タブに移動します。 無効になっている場合は、必ずアクションキーモードを有効(有効に設定)にしてください。

  • ラップトップを再起動し、BIOSが開くまですぐにF10キーを押します。
  • 次に矢印キーを使って[詳細設定]タブに移動します。
  • 内蔵デバイスオプションに移動して、Enterキーを押します。
  • ここでバックライトキーボードのタイムアウト(タイムアウト)を選択します。
  • スペースキーを押して設定を開き、希望の遅延を選択します。

BIOSにそのような設定がない場合、その機能はサポートされていない可能性があります。 ラップトップモデルについては、より詳細な情報が取扱説明書または製造元のWebサイトで入手できます。 明るさを調整するには(ラップトップがこの機能をサポートしている場合)、機能ボタンを2回または3回続けて押します。 うまくいかない場合は、ファンクションキーでFnを押してみてください。

MacBookとマイクロソフト

最新のMacBookモデルはすべて、内蔵の光センサーを使って、暗い場所でも明るさを自動的に調整します。 ホットキーを使用して手動で設定をカスタマイズすることもできます。 一定時間操作しないと自動的にダイオードをオフにするための設定は、Boot Campコントロールパネルにあります。 それを開くには、タスクバーのBoot Campアイコンを右クリックし、「Boot Campコントロールパネル」を選択します。 Microsoft Surfaceユーザーは、Alt + F2を使用してキーボードの明るさを上げ、Alt + F1を使ってキーボードの明るさを下げることができます。 HP、Asus、Toshibaなどの他の一般的な製造元は、キーボードの明るさを調整するための設定を提供していません。

電源を切る

それはバッテリーを節約することになると、最も効果的な方法の一つは、デバイスのキーボードのバックライトをオフにすることです。 アウトライト操作 この機能は、すべてのポータブルガジェットの大きな利点です。 しかし、残念ながら、すべてのノートブックモデルでサポートされているわけではありません。 Microsoft Surface Proの例で照明をオフにすることを検討してください。 Surface Proには、ボタンの下にあるダイオードを点灯させて強調表示するための内蔵センサーが装備されています。 Surfaceが電源コンセントに接続されていれば、電力消費に問題はありません。 しかしそれが電池で動くならば、ダイオードを作動させることは電池の放電を数回加速するでしょう!

重要です。 Linus Tech Tipsの開発者は最近、省エネテストを実施しました。これにより、バックライトをオフにするとバッテリーの使用量が約16%増加することがわかりました。

  • 周辺機器、マウス、キーボードを取り外す(1回の充電で20%-30%以上のバッテリー寿命)。
  • アウトライト操作 アウトライト操作
  • ディスプレイの明るさを最大50%(バッテリー寿命を16%長く)まで下げます。

照明は内蔵センサーで自動的にオン/オフされます。 オプションの手動制御の要素も提供されていますが、Surfaceキーボードの古いバージョンでは存在しない可能性があります。 Escの横にある最初の2つのキーは、デバイスの照明を制御するファンクションボタンF1とF2です。 クリックしても何も起こりません。 アウトライト操作 より正確には、F1キーまたはF2キーを押してもバックライトの明るさは変わりません。 Surfaceキーボードの特別な機能にアクセスするには、Altキーを押します。

  • 明るさを増やす - Alt + F2。
  • 調光 - アウトライト操作 Alt + F1。

キーボードのバックライトの色を変える方法

ノートブックモデルによっては色が異なります。 たとえば、Dell Latitude 14 Rugged 5414です。Latitude Ruggedシリーズには、手動で設定できるバックライト付きキーボードが装備されています。 次の色があります。

  • スイッチを有効にするには、Fn + F10キーを押します(Fnロック機能がオンの場合、Fnキーは必要ありません)。
  • 上記のボタンの組み合わせを初めて使用すると、最小の明るさで照明が点灯します。
  • キーの組み合わせを繰り返し押すと、明るさの設定が25、50、75、および100パーセントずつ周期的に変わります。
  • いくつかのオプションを試して、適切なものを選択するか、キーボードの下のライトを完全に消してください。
  • 利用可能な色を表示するには、Fn + Cキーを押します。
  • 白、赤、緑、青がデフォルトで有効になっています。 最大2つのカスタマイズ可能な色をシステムセットアップ(BIOS)に追加できます。
  1. ノートパソコンの電源を切ります。
  2. 電源を入れてDellのロゴが表示されたら、F2キーを繰り返し押してセットアップユーティリティメニューを開きます。
  3. セットアップユーティリティメニューで、RGB Keyboard Backlightを選択します。 ここでは標準色(白、赤、緑、青)のオン/オフを切り替えることができます。
  4. カスタムRGB値を設定するには、画面右側の入力フィールドを使用します。
  5. 「変更の適用」と「終了」をクリックして「システム設定」を閉じます。

Fnをブロックするには、Fn + Escを押します。 一番上の行の他の補助機能キーは影響を受けず、Fnキーの使用を必要とします。 ロックを無効にするには、もう一度Fn + アウトライト操作 Escを押します。 ファンクションキーはデフォルトの動作に戻ります。

今日、ほとんどのミッドレンジおよびハイエンドのノートPCには、照光式キーボードがあります。 照光式キーボードは、特に盲目的に入力できない人にとって、暗い場所での印刷を簡単にします。 ノートパソコンのキーボードのバックライトを調整した経験がある場合は、この記事の下のコメントで印象を共有してください。

アウトライト操作

最短7分で使える PayPayカードに新規入会で3,000円相当PayPayボーナス※1もらえる!※2 3回利用でさらに5,000円相当上乗せ!※3

お買い物金額(税込) 7,760円
PayPayカード入会特典3,000円相当 -3,000円
入会特典利用後のお買い物合計金額 4,760円

  • 1. 出金・譲渡不可。PayPayカード公式ストアでも利用可能。
  • 2. 旧Yahoo! JAPANカード会員(退会済みも含む)は対象外。退会済みの方は申込可・特典対象外。
  • アウトライト操作
  • 3. 申込月含む2か月目の末日までに、3回ご利用された方に付与いたします。

おトク情報

Yahoo!プレミアム会員 +2% PayPay STEP【指定支払方法での決済額対象】

ヤフー株式会社またはPayPay株式会社が、不正行為のおそれがあると判断した場合(複数のYahoo! JAPAN IDによるお一人様によるご注文と判断した場合を含みますがこれに限られません)には、表示された付与数では付与されない場合があります。

ヤフー株式会社またはPayPay株式会社が、不正行為のおそれがあると判断した場合(複数のYahoo! JAPAN IDによるお一人様によるご注文と判断した場合を含みますがこれに限られません)には、表示された付与数では付与されない場合があります。

あなたはまだYahoo!ショッピングで
PayPayを 利用できません

お届け方法とお届け情報

注文について

  • 交換・返品など、製品の保証についての重要なお知らせについてはこちらをご覧ください。
  • ご購入手続き時にお客様が御注文や発送に関するご要望を記入可能な「ご要望欄」がございますが、こちらで商品の問い合わせなどの回答が必要な内容の記入はご遠慮ください。ここはあくまでも要望を確認するところで質問は受け付けません。
    記入されても返信は致しません。 お問い合わせにつきましては以下の問い合わせフォームにご連絡ください。
  • 問い合わせフォームはこちらです。
  • 【領収書について】
    手書きの領収書の発行は行いませんのでご了承ください。
    領収書が必要な場合は発送完了後、こちらから発行できます。
    電話番号をご入力の上、ダウンロードしてください。

ラップトップのキーボードバックライト - 機能と使い方

すべてのラップトップにバックライト付きキーボードがあるわけではありません。 ラップトップにバックライト付きのキーボードがあるかどうかを確認するには、開発者サイトのサポートページにアクセスするか、デバイスの指示に従ってください。 モデルとそのパラメータを見つけて、次にラップトップの仕様を確認します。 そのような可能性があるかどうかを視覚的に判断することは可能です - デバイスの追加ファンクションキーを注意深く調べてください。 通常、それらはF1-F12ボタン上または矢印上に異なる色のシンボルでマークされています。 ほとんどの場合、ホットキーの追加機能を使用するには、Fn(機能)ボタン(使用可能な場合)も押し続ける必要があります。

バックライトの点灯方法

残念ながら、Windows 10にはボタンの照度を調整するための組み込みコンポーネントはありません。 しかし、大手メーカーの中には、デフォルトのボタン照明設定を変更するための独自のソフトウェアを提供しているものがあります。 たとえば、Windows 10搭載のDellでは、キーボードのバックライトをオンにしたり、明るさを調整したり、5、10、30、60、300秒の操作がないと自動的にオフになるように設定できます。 すべての設定を表示するには、Dellユーザーは[キーボードのプロパティ]設定を開き、[バックライト]タブに移動する必要があります。

AsusとAcer

  1. この機能がBIOSで有効になっていることを確認してください。
  2. 必ずドライバをアップデートしてください(モデル番号を入力してキーボードドライバをインストールしてください)。

光センサーがアクティブになると、ASUSボタンのダイオードが環境に応じてLEDを自動的にオン/オフします。 手動調整の場合、ほとんどのAsusノートパソコンはFn + F4(バックライトをオンにして明るさを増すため)とFn + F3(明るさを減らしてダイオードを完全に消すため)を使います。 Acerのノートパソコンのキーボードの照明が機能しない場合は、Fn + アウトライト操作 F9キーの組み合わせ、または左側の専用バックライトキーボードボタンを使用してください。

ソニーとレノボ

また、ソニーは一部のモデルで標準のキーボード輝度オプションを提供しています。 設定を確認するには、VAIOコントロールセンターを開いて、[キーボード]と[マウス] - [キーボード照明]をクリックする必要があります。 アウトライト操作 ここでは、周囲の照明に基づいてダイオードを自動的にオンまたはオフにするようにソフトウェアを設定できます。 Dellと同様に、ソニーはキーボード操作をしていないときにダイオードを自動的にオフにする機能も提供しています。 この機能を無効にするには、[暗い場所でバックライトをオンにする]ボタンの横にあるチェックボックスをオフにします。 自動モードと時間間隔を設定することもできます アウトライト操作 - 10秒、30秒、1分または「電源を切らないでください」。 ダイオードの使用のためのレノボの新しい展望は開きません。 LenovoノートPCのキーボードのバックライトをオンにするのは非常に簡単です - Fn + Spaceキーの組み合わせを使って。 つまり、Fn +を1回押すと、スペースバードライバは中程度の明るさでバックライトをオンにします。 Fn + Spaceを押すと明るさが増します。 もう一度ホットキーを押すと、キーボードのバックライトが完全に消えます。

夜間や暗い部屋でのプレゼンテーションでは、ノートパソコンのキーボードを見るのは非常に困難です。 このような問題を回避するには、各キーを照らすキーボードの下にバックライト付きのHP Pavilionモデルを選択してください。 バックライトシンボルは通常、スペースの左側に表示されます。 この機能が有効になっている場合は、文字や他のテキストを入力するためにライトをオンにする必要はありません。 ノートパソコンのモデルに応じて、ダイオードはいくつかの方法で起動することができます。

  1. ラップトップの電源を入れ、「F5」キーまたは「F12」キーを押します(モデルによって異なります)。
  2. キーボードの左下にあるWindowsボタンの横にある "Fn"キーを見つけます。 Fnを押したままスペースバーを押すとバック​​ライトが点灯します。
  3. あなたのラップトップモデルがそれを持っているならば、キー照明ボタンを押してください。 特別なバックライトボタンは、水平ラインに3つのドットでマークされています(モデルdv6-2022er、dv6-3250us、およびその他のdv6シリーズラップトップにあります)。

どの組み合わせもうまくいかない場合は、ファンクションキーの全範囲を調べてください。 目的のキーが別の場所にある可能性があります。 他に何も起こらない場合は、BIOS設定を確認してください。 これを行うには、BIOSで[BIOS Setup]または[BIOS Setup Utility]を選択し、矢印キーを使って[System Setup]タブに移動します。 無効になっている場合は、必ずアクションキーモードを有効(有効に設定)にしてください。

  • ラップトップを再起動し、BIOSが開くまですぐにF10キーを押します。
  • 次に矢印キーを使って[詳細設定]タブに移動します。
  • 内蔵デバイスオプションに移動して、Enterキーを押します。
  • ここでバックライトキーボードのタイムアウト(タイムアウト)を選択します。
  • スペースキーを押して設定を開き、希望の遅延を選択します。

BIOSにそのような設定がない場合、その機能はサポートされていない可能性があります。 ラップトップモデルについては、より詳細な情報が取扱説明書または製造元のWebサイトで入手できます。 明るさを調整するには(ラップトップがこの機能をサポートしている場合)、機能ボタンを2回または3回続けて押します。 うまくいかない場合は、ファンクションキーでFnを押してみてください。

MacBookとマイクロソフト

最新のMacBookモデルはすべて、内蔵の光センサーを使って、暗い場所でも明るさを自動的に調整します。 ホットキーを使用して手動で設定をカスタマイズすることもできます。 一定時間操作しないと自動的にダイオードをオフにするための設定は、Boot Campコントロールパネルにあります。 それを開くには、タスクバーのBoot Campアイコンを右クリックし、「Boot Campコントロールパネル」を選択します。 Microsoft Surfaceユーザーは、Alt + F2を使用してキーボードの明るさを上げ、Alt + F1を使ってキーボードの明るさを下げることができます。 HP、Asus、Toshibaなどの他の一般的な製造元は、キーボードの明るさを調整するための設定を提供していません。

電源を切る

それはバッテリーを節約することになると、最も効果的な方法の一つは、デバイスのキーボードのバックライトをオフにすることです。 この機能は、すべてのポータブルガジェットの大きな利点です。 しかし、残念ながら、すべてのノートブックモデルでサポートされているわけではありません。 Microsoft Surface Proの例で照明をオフにすることを検討してください。 Surface Proには、ボタンの下にあるダイオードを点灯させて強調表示するための内蔵センサーが装備されています。 Surfaceが電源コンセントに接続されていれば、電力消費に問題はありません。 しかしそれが電池で動くならば、ダイオードを作動させることは電池の放電を数回加速するでしょう!

重要です。 Linus Tech Tipsの開発者は最近、省エネテストを実施しました。これにより、バックライトをオフにするとバッテリーの使用量が約16%増加することがわかりました。

  • 周辺機器、マウス、キーボードを取り外す(1回の充電で20%-30%以上のバッテリー寿命)。
  • ディスプレイの明るさを最大50%(バッテリー寿命を16%長く)まで下げます。

照明は内蔵センサーで自動的にオン/オフされます。 オプションの手動制御の要素も提供されていますが、Surfaceキーボードの古いバージョンでは存在しない可能性があります。 Escの横にある最初の2つのキーは、デバイスの照明を制御するファンクションボタンF1とF2です。 クリックしても何も起こりません。 より正確には、F1キーまたはF2キーを押してもバックライトの明るさは変わりません。 Surfaceキーボードの特別な機能にアクセスするには、Altキーを押します。

  • 明るさを増やす - Alt + F2。
  • 調光 - Alt + F1。

キーボードのバックライトの色を変える方法

ノートブックモデルによっては色が異なります。 たとえば、Dell Latitude 14 Rugged 5414です。Latitude Ruggedシリーズには、手動で設定できるバックライト付きキーボードが装備されています。 次の色があります。

  • スイッチを有効にするには、Fn + F10キーを押します(Fnロック機能がオンの場合、Fnキーは必要ありません)。
  • 上記のボタンの組み合わせを初めて使用すると、最小の明るさで照明が点灯します。
  • キーの組み合わせを繰り返し押すと、明るさの設定が25、50、75、および100パーセントずつ周期的に変わります。
  • いくつかのオプションを試して、適切なものを選択するか、キーボードの下のライトを完全に消してください。
  • 利用可能な色を表示するには、Fn + Cキーを押します。
  • 白、赤、緑、青がデフォルトで有効になっています。 最大2つのカスタマイズ可能な色をシステムセットアップ(BIOS)に追加できます。
  1. ノートパソコンの電源を切ります。
  2. 電源を入れてDellのロゴが表示されたら、F2キーを繰り返し押してセットアップユーティリティメニューを開きます。
  3. アウトライト操作
  4. セットアップユーティリティメニューで、RGB Keyboard Backlightを選択します。 ここでは標準色(白、赤、緑、青)のオン/オフを切り替えることができます。
  5. カスタムRGB値を設定するには、画面右側の入力フィールドを使用します。
  6. 「変更の適用」と「終了」をクリックして「システム設定」を閉じます。

Fnをブロックするには、Fn + Escを押します。 一番上の行の他の補助機能キーは影響を受けず、Fnキーの使用を必要とします。 ロックを無効にするには、もう一度Fn + Escを押します。 ファンクションキーはデフォルトの動作に戻ります。

今日、ほとんどのミッドレンジおよびハイエンドのノートPCには、照光式キーボードがあります。 照光式キーボードは、特に盲目的に入力できない人にとって、暗い場所での印刷を簡単にします。 ノートパソコンのキーボードのバックライトを調整した経験がある場合は、この記事の下のコメントで印象を共有してください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる