国内バイナリーオプション

FXの証拠金とは

FXの証拠金とは
詳しくみる

証拠金とレバレッジ

Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件
Fintrade Limitedは、証券ディーラーライセンス番号GB20025835の下、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)より、規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。弊社Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

お客様の個人情報を大切にします

お客様のクッキーの設定

クッキーとは何ですか?

クッキーは何の役に立つのですか?

以下は、クッキーが弊社に提供する一部の機能の概要です:

  • お客様の個人情報を確認し、お客様のアクセス元の国を特定する
  • ブラウザ種類と端末をチェックする
  • ユーザーの参照元となったサイトを追跡する
  • 第三者によるコンテンツの適切なカスタマイズを可能にする

本ウェブサイトは、Google, Inc. 社(「Google」)が提供するウェブ分析サービスのGoogle アナリティクスを使用しています。Google アナリティクスは、お客様のコンピュータに保存されている分析クッキーを使用してユーザーのウェブサイトの利用を分析します。クッキーによって生成されたお客様のウェブサイトの利用に関する情報(お客様のIPアドレスを含む)は、Googleによってそのサーバーに送信され、保存される場合があります。Google はこの情報を使用してウェブサイトの利用状況を評価し、ウェブサイトの活動に関するレポートを編集し、ウェブサイトの活動やインターネットの利用に関連するその他のサービスを提供する場合があります。また、Google は法律によってこちらを行うことが必要な場合には本情報を第三者に転送する場合があり、こちらには当該第三者がGoogle に代わって情報を処理する場合も該当します。Googleは、お客様の IP アドレスを他のデータと関連付けることはありません。本ウェブサイトを使用することにより、お客様は、Googleにお客様に関する情報を上記に規定された方法および目的にて処理する許可を与えます。

FXドル円予想レポート(2022/7/7)

昨日(7月6日)のドル円は上昇。 良好な米経済指標の結果を受けて136.01円まで急伸しました。 東京市場のドル円は軟調。 日経平均株価が下落して始まったことを受け、リスク回避のドル売り円買いが先行。時間外の米10年債利回りが2.79%近辺まで低下したことも影響し、135.03円まで下値を試す展開となりました。 欧州市場はもみ合い。 米10年債利回りが2.84%台まで上昇したことや、時間外のNYダウ先物がプラス圏を回復したことで135.70円付近まで切り返しましたが、再び米10年債利回りが低下傾向となったことを受け、一時134.95円まで下落しました。 NY市場は急伸。 6月米サービス部門・総合PMI改定値が上方修正されたことや、6月米ISM非製造業指数が市場予想54.3を上回る55.3となったことで、日通し高値となる136.01円まで急伸しました。 また、この日公表されたFOMC議事要旨(6月14、15日開催分)では、新味に乏しい内容ではあったものの、公表後に米10年債利回りが2.93%近辺まで上昇したことを受け、引けにかけても底堅く推移し、135.92円でNYクローズとなりました。 FXの証拠金とは ==============================

本日( 7月7日 )のドル円予想

1時間足のボリンジャーバンドは、中心線が上向きで上昇を示唆しています。 日足・週足・月足ともにボリンジャーバンドは、中心線は上向きで上昇を示唆しています。 ただし、日足ではバンドの幅が収斂しており、上昇に一服感が出ています。 以上のことから、本日はもみ合い(135.FXの証拠金とは 52円〜136.71円)になると予想します。 上値目途は、6/28および7/5高値の136.36円近辺、上抜けると6/21および6/22高値の136.71円近辺が次のターゲットとなります。 下値目途は、7/5安値135.52円近辺、下抜けると7/6安値134.95円近辺が次のターゲットとなります。 ※チャートは、ドル/円の一時間足、週足、ボリンジャーバンド、フィボナッチを表示しています。

ドル円週次レポート

はじめてのFXなら
FXブロードネットがおすすめ

FXブロードネットはお得なキャンペーンがあり、アプリや自動売買が使える

新規お申込み限定 キャンペーン実施中

最大60,000円キャッシュバック

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

FXの証拠金とは

ロング=買い、ショート=売り
△=プラス、▼=マイナス
☆新規、★実行済み
SL=損失確定(Stop Loss)
TP=利益確定(Take Profit)

本レポートは朝夕2回配信。土日及び祝祭日は無配信のためSLのみ提示。
指値注文タイムリミット:東京市場 17:00、海外市場 5:00(日本時間)
SL/TPは最大100pips前後を目処に実施。最終のご判断は自己責任にてお願いいたします。

バックナンバー

FXの証拠金とは
2022年07月06日 為替イブニング海外市場2022年7月6日
2022年07月06日 為替モーニング東京市場2022年7月6日
2022年07月05日 為替イブニング海外市場2022年7月5日
2022年07月05日 為替モーニング東京市場2022年7月5日
2022年07月04日 為替モーニング東京市場2022年7月4日

プロフィール

著者近影

  • 鈴木郁雄(すずきいくお)
    フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネラル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず、デリバティブなどマネー部門を統括。 FXの証拠金とは 2001年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーと 親密に情報交換し、投資家心理を交えて独自の分析に定評がある。

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。有価証券のお預りが無く、一定期間証券口座のご利用が無い場合等は、別紙 ①「手数料等のご案内」に記載の 証券口座維持管理手数料1,100円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

FXの最低必要証拠金

FX取引初心者の方は、取引を始めるにあたり、費用はいくらあれば始められるのか、という事が気になってくると思います。FX口座を開設するのは、 どの取引業者も 無料 で口座開設できます 。取引を始めるまでの、 最低必要金額は業者によって変わってきます ので、最低必要金額を調べ、分かりやすく表にしました。これからFX取引を始めたい方、既にFX口座を持っていて他社でも口座開設を考えている方は、ぜひご参考にしてください。

初回取引に最低取引必要証拠金の計算方法 (例:DMM FX)

なぜ、同じ市場の同じ物を売り買いしているのに、金額が変わってくるのか。なぜなら、 スプレッド が、業者ごとに違うからです 。取引したい通貨の単位数ごとにスプレッドの金額が、取引証拠金に上乗せされるため、スプレッドの狭い業者を選べば、用意する取引金額がその分少なく済みます。その次に、 最低取引通貨単位数 も最低用意する初期費用に関わってきます。業者により1,000通貨からの取引が始められる業者と、10,000通貨からの業者があります。このように、FX取引では、 業者により一概に初期費用が同額ではないので、自分の資金力の範囲内で取引のできる業者を選ぶと無理のない投資サイクルを作ることができる のです。

  • 通貨ペア : 米ドル/円
  • 更新時のレート : 1米ドル/ 円
  • スプレッド : 各業者の米ドル/円スプレッド
  • 取引通貨ペア数 : 各業者の最低取引通貨数
  • レバレッジ : 各業者の最大レバレッジ

FXの証拠金とは
FX会社 最初の取引にかかる金額
(FXの証拠金とは 最低取引証拠金額 + スプレッド分の金額)
口座開設

DMM FX
20円 (0円+20円)

GMOクリック証券FX
20円 (0円+20円)

ヒロセ通商
2円 (0円+2円)

外為ジャパン
2円 (0円+2円)

トライオートFX
3円 (0円+3円)

FXブロードネット
2円 (0円+2円)

外為オンライン
10円 (0円+10円)

みんなのFX
3円 (0円+3円)

アイネットFX
70円 (0円+70円)

ひまわり証券
100円 (0円+100円)

インヴァスト証券(シストレ24)
150円 (0円+150円)

JFX
2円 (0円+2円)
FX会社 最初の取引にかかる金額
(最低取引金額 + スプレッド分の金額)
口座開設

取引を始めるにあたって

上記の表では、取引をするのに最低限必要なお金なので、 取引を始めるのに、多少余裕のある金額を入金しておいたほうがいいでしょう 。取引最低金額だけの入金で取引を始めますと、レートがマイナスに少しでも動いてしまった場合、取引業者基準の 証拠金維持率 によって、ロスカットされてしまいます。為替レートは上下に動くので、少々レートが下がってもその後すぐに上がる事がよくあります。余裕を持った資金で、無駄なロスが出ないように取引をしましょう。

必要証拠金とは

レバレッジをかけるのに、担保として預け入れるお金を 必要証拠金 FXの証拠金とは と言います。簡単に言うと、実際に取引で使うお金です。この必要証拠金は、取引を行う通貨の4%が必要になってきます。この4%という数字は全社共通となっています。計算方法は、 約定レート×取引通貨単位×数量÷レバレッジ=必要証拠金 で求められます。10000ドルの取引を始めたい場合の必要証拠金は、1ドル100円のレートでレバレッジを25倍かけたい場合の計算方法は、100×10000×1÷25=40000で、必要証拠金は40000円となり、取引に必要な証拠金の金額が分かります。例として、レバレッジ25倍で計算しましたが、FX取引に不慣れな方は、レバレッジを低く設定しての取引をオススメします。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、新規注文が約定した時点で発生し、為替レートの変動により、証拠金維持率も変わってきます。この証拠金維持率は、取引をするのに担保として使った必要証拠金の維持率のことです。評価証拠金維持率が一定以上、下回ると、業者によりマージンコール(FXの証拠金とは 追加証拠金)が発生し、さらに証拠金維持率が下回るとロスカット(強制決済)が発生します。取引をし始めるにあたり、証拠金維持率がロスカットの基準ぎりぎりにならないように、取引をしましょう。証拠金維持率の求め方は、 (口座資産÷評価損益)÷必要証拠金=証拠金維持率 で求められます。評価損益とは、決済していないが時価レートで決済すると出る損益の事です。「含み益」「含み損」とも言われています。

マージンコールとは

ロスカットとは

ロスカット とは、証拠金維持率が、業者基準のロスカットレベルを一定より下回ると発生する強制決済の事で、 トレーダーの損失を最小限に抑えるように作られたシステム です。証拠金以上の損失にならないようになっているため、多少の金額が残るようになっています。取引の際には、なるべくロスカットが発生しないように資金には十分、余裕を持っていた方がいいでしょう。

FXドル円予想レポート(2022/7/7)

昨日(7月6日)のドル円は上昇。 良好な米経済指標の結果を受けて136.01円まで急伸しました。 東京市場のドル円は軟調。 日経平均株価が下落して始まったことを受け、リスク回避のドル売り円買いが先行。時間外の米10年債利回りが2.79%近辺まで低下したことも影響し、135.03円まで下値を試す展開となりました。 欧州市場はもみ合い。 米10年債利回りが2.84%台まで上昇したことや、時間外のNYダウ先物がプラス圏を回復したことで135.70円付近まで切り返しましたが、再び米10年債利回りが低下傾向となったことを受け、一時134.95円まで下落しました。 NY市場は急伸。 6月米サービス部門・総合PMI改定値が上方修正されたことや、6月米ISM非製造業指数が市場予想54.3を上回る55.3となったことで、日通し高値となる136.01円まで急伸しました。 また、この日公表されたFOMC議事要旨(6月14、15日開催分)では、新味に乏しい内容ではあったものの、公表後に米10年債利回りが2.93%近辺まで上昇したことを受け、引けにかけても底堅く推移し、135.92円でNYクローズとなりました。 ==============================

本日( 7月7日 )のドル円予想

1時間足のボリンジャーバンドは、中心線が上向きで上昇を示唆しています。 日足・週足・月足ともにボリンジャーバンドは、中心線は上向きで上昇を示唆しています。 ただし、日足ではバンドの幅が収斂しており、上昇に一服感が出ています。 以上のことから、本日はもみ合い(135.52円〜136.71円)になると予想します。 上値目途は、6/28および7/5高値の136.36円近辺、上抜けると6/21および6/22高値の136.71円近辺が次のターゲットとなります。 下値目途は、7/5安値135.52円近辺、下抜けると7/6安値134.95円近辺が次のターゲットとなります。 ※チャートは、ドル/円の一時間足、週足、ボリンジャーバンド、フィボナッチを表示しています。

ドル円週次レポート

はじめてのFXなら
FXブロードネットがおすすめ

FXブロードネットはお得なキャンペーンがあり、アプリや自動売買が使える

新規お申込み限定 キャンペーン実施中

最大60,000円キャッシュバック

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる