外国為替取引を学ぶ

FX口座報告書の見方

FX口座報告書の見方
理ビタ <日足> 「株探」多機能チャートより

FX口座報告書の見方

日本の投資技術向上を理念に行動中 FX口座報告書の見方

🔻 この循環を常に意識してます 🔻

どうしても勝ちたい人(自助努力、継続を習慣に出来る人)が学びにくる。(初心者~勝ててない人)

基礎からきっちり伝えて手法(技術、メンタル、資金管理)を

習得できるようにフォローする。

、②によって①の人が勝ててくる⇒①の人の収入が増えて人生が豊かになる(縛られない)=勝ててくれば私も嬉しい(コミュニティの仲間が増える)

勝ててくる人達が増えれば、それが広まり、まだ見ぬ未来の①の人に繋がり良い循環が生まれる=社会に多少なりとも貢献できる(私の気持ち的に)

、①~④を循環させる事によってミクロレベルから

日本社会を良くしていく

🔽【 投資は技術 = 手に職です。

その 技術を手にしたとき

今後の人生において どれぐらい快適になるのでしょうか?

今ある生活水準+α(経済的自由、縛られないetc..)

FX&暗号資産 で【 勝つ 】と言う事は誰にも盗られる事がない、

永続的な投資技術を会得 (体得)した事になり

副業であれば、本業とは別の収入を得られ専業であれば、自宅や外出先、

または海外で自由な時間を得ながら収入を得る事は可能です。

🔽 自由な時間や収入が手に入る技術を得るために

多少人生の時間を使ったとしても (数年)

その後の人生においてかなりのメリットがあることは

言うまでもないと思います。

自分自身に先行投資 、これが人生に縛られないコツです。

🔽 自助努力がしっかり出来る方は

個人差はありますが、時間がかかっても

勝つという目標に対して、達成出来るカリキュラムは確立している為

FX&暗号資産でどうしても勝ちたい

という方にとっては、これ以上ない環境を提供しております。

🔽 私の気持ちとすれば 、勝ちたいと心の奥底から思っている方を

時間がかかっても 勝たせたい ですし、勝ってほしいと思っておりますし

同じレベルに迄、引き上げてあげたいと思っています。

それを実現する為に、私も時間をかけて日々フォローをしております。

勝ちたいと思っている人達が

勝てている人達に変化して継続して学びの場にいて

それをフォローする私がいるMottiコミュニティーではありますが

共通するのは(思考含む)、みんな

前向き(ポジティブ)に物事を捉えている集団 】という事になります。

🔽 プラス思考しかいないコミュニティーに入るという事

インターネット上であったとしても、意識が繋がっている事になり

Mottiコミュニティを通じて(集合的無意識によって)

みんなとプラスの意識を共有している事になりますので、

更に前向きに取り組むことが可能です。 FX口座報告書の見方

🔽 手っ取り早く勝ちたい方、今すぐ勝ちたい方

時間をかけるなんて無駄という思考の方 や、

自己中心的な方、否定的な方、攻撃的な方、相手を尊重する事が出来ない方

後ろ向きでネガティブ思考の方は、その根本を変える事ができない限り

私含めて、プラス思考しかいないコミュニティーなので

入ることは可能かもですが、自然と距離は出来るとは思います。

🔽 基本的に来るもの拒まず、去る者追わずのスタイルではありますが

自分自身の人生全般を変える事が出来るコミュニティーですし、

トレードで勝つ以上の事も色々学べる環境です。

※トレードで勝った後が実は更に重要だったりするので。

🔽 ただ、それを素直に学んで実践する事が出来るのは

コミュニティーに参加する方の【 心のみ 】が実現可能となりますので、

学び方&思考法 】も読んで頂きつつ

プラス思考のコミュニティーに入ってFXを能動的に学び、

勝つというのは当然の事、

それ以上に人生を楽しく過ごしたいという方は

迷っている時間も勿体ないと思いますので

人生の限られた命の時間を大切にしつつ、

人生を謳歌していけるメンバーとして

一緒に積み重ねていければと思っております。

Motti

2020年5月4日(日)
~特別応援コロナプラン実施中~
コロナが収束するまで【 期間限定
2020年5月~12月満員御礼
2021年1月~12月度満員御礼
2022年1~5月度満員御礼

2022年6月度 残り1名(3名限定)

🔽ワクチン未接種者限定プラン、
ワクチン割引開始します。
※FX個人レッスン申し込み、 最下部にて
🔽 日本人の為 の、 本当の日本人 による
参政党 】を Mottiは応援しています

🔽日本人である ならば

一度は じっくり耳を傾ける必要があります

~ なぜ継続出来ないのか? ~

人間の『 恒常性 = ホメオスタシス = 防衛本能 』を理解する。

🔽 人間の恒常性(こうじょうせい)?ホメオスタシス?防衛本能?

まず恒常性=ホメオスタシスとは何なのでしょうか?

※『 恒常性 』(homeostasis)は生命現象の基本原理の一つであり

3つの制御システム(免疫系、 内分泌系、脳神経系)がその中心的な役割を担う。

■ 免疫系 = 外部から侵入してくる異物を防ぐ。

■ 内分泌系 = ホルモン分泌を調整する。

■ 脳神経系 = 身体の働きを調整する自律神経。

上記3つのシステムの相互作用によって人間は維持されている。

何となくわかったような、わからないような・・という状態かもしれないですが、

簡単に言ってしまえば

『 恒常性(ホメオスタシス) = 元に戻そうとする動き= 現状維持機能 』です。

🔽 では次に制御システム別の例をみていきたいと思います。

■ 免疫系=細菌やウイルスに対する反応

鼻から入るウイルスや細菌をまずは『 くしゃみ FX口座報告書の見方 』で振り落としますが、

それでも体内に侵入してきて(切り傷等も含む)、感染してしまった場合は、

白血球が防衛部隊として、ウイルスや細菌に対して攻撃を仕掛け

時間はかかったとしても、

元の元気な身体に戻す=恒常性が働いていると認識出来ます。

■ 内分泌系=正常な代謝機能の維持、消化液の分泌調整

血中のカルシウム濃度の調整や、血糖値等の調整を自動でおこない

平常時の数値に戻す。

■ 脳神経系=自立神経(平熱に戻す=体温維持機能)

マラソンなどをして体温が高くなった時、

脳は交感神経を刺激して汗腺から発汗を促して

発汗による気化熱で体温を下げますし=元の温度に戻す。

寒い地域や空間にいる時は、汗腺を閉じます(鳥肌が立つ状態)、

それでも寒い場合は、

筋肉を震わせて発熱を促して温度をあげようとします=元の温度に戻す。

寒い時に身体が身震いして、歯がガチガチなるあれですね、

あれが脳神経系の恒常性が自動的に働いている状態となります。

🔽 上記は大体理解したけど、

それと 『 FXと 何の関係があるの? 』ですよね。

実は この恒常性=ホメオスタシスというのは

3つのシステム=生命維持機能だけではなく

その人の『 習慣 』や『 考え方や感情 』、しいては『 性格 』についても

恒常性=ホメオスタシス 』が働いているんです。

FX&暗号資産を始めよう&学ぼうとした場合、それは今までの生活の

流れ(習慣)の中になかった 『 異物 』が入ってきたと認識されてしまいます。

その異物が何なのか?

というのが実は新しい『 習慣 』となります。

これはFXを新しい習慣=異物としてみておりますが、

新しい習慣であれば、何にでも当てはまります。

■ FXを始めよう

■ ダイエットをしよう

■ 筋トレをしよう

■ マラソンをしよう

■ 英語を始めよう

などなど、新しく始めようとする習慣というのは

すべて異物として処理されていきます。

🔽 FX口座報告書の見方 その場合、

まず 起きる反応があれこれ理由をつけて (めんどくさい、テレビをみたいetc..)

辞める理由を探して実行してしまいます =何も初めていなかった頃の習慣に

戻したい & 戻さなければ = 前の状態を維持したい 』という

恒常性=ホメオスタシスが自動的に機能してしまうからです。

これが俗に言う『 三日坊主 』の正体でもあり、

これが詰まるところ、『 人間の防衛本能 』と直結してきます。

【5%】 理ビタについて、三菱UFJは保有割合が増加したと報告 [変更報告書No.4]

理ビタ <日足> 「株探」多機能チャートより

理研ビタミン について、三菱UFJフィナンシャル・グループ は5月30日受付で財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、三菱UFJと共同保有者の理ビタ株式保有比率は5.10%→6.11%に増加した。報告義務発生日は5月23日。

◆義務発生日 保有割合(前回→今回) 保有株数 提出日時
2022/05/23 5.10% → 6.11% 2,059,312 2022/05/30 09:17

■提出者および共同保有者
(1)三菱UFJ銀行
1.88% → 2.19%
(2)三菱UFJ信託銀行
2.98% → 3.57%
(FX口座報告書の見方 3)三菱UFJ国際投信
0.25% → 0.35%

FX口座報告書の見方
※上記は金融庁のEDINET(電子開示システム)で開示された書類に基づく情報です。金融商品取引法上の公衆縦覧ではありません。
※金融商品取引法で自己株式は保有株券に含めないことになっており、そのため保有株数等が0と表記される場合があります。
※保有株数が変動せず、発行済み株式数の変動に伴って保有割合が変動しているケースもあります。
※変動幅が1%未満の変更報告書は契約変更などによる場合があります。
※詳しくはEDINETで原本をご確認ください。

  • ・理ビタの【大株主】【5%報告など株主異動】【組み込みファンド】の一覧をみる
  • ・王子HDについて、三菱UFJは保有割合が5%未満に減少したと報告 [変更報告.. (05/30)
  • ・ケーエフシーについて、三菱UFJは保有割合が5%未満に減少したと報告 [変更.. (05/30)
  • FX口座報告書の見方
  • ・ホットランドについて、ニップンは保有割合が減少したと報告 [変更報告書No.1] (05/30)
  • ・日本ラッドについて、SBI証券は保有割合が増加したと報告 [変更報告書No.1] (05/27)
  • ・トラースOPについて、ウィズ・パートナーズは保有割合が5%を超えたと報告 [.. (05/27)
  • ・フルッタについて、Evo Fundは保有割合が減少したと報告 [変更報告書No.28] (05/27)
  • ・セ硝子について、シティインデックスイレブンスは保有割合が増加したと報告 [変.. (05/27)
  • ・ホシデンについて、シティインデックスイレブンスは保有割合が増加したと報告 [.. (05/27)
  • FX口座報告書の見方
  • ・ブロドリーフについて、光通信(株)は保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報.. (05/27)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 本日の【自社株買い】銘柄 (13日大引け後 発表分)
  • 鈴木英之氏【再び波乱の日米市場、インフレ懸念と株価の行方】 <相場観特集>
  • 明日の株式相場に向けて=インフレピーク説が後退、金関連株が本格浮上か
  • 「Vチューバー」が21位、エニーカラー上場で注目度上昇<注目テーマ>
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月13日)
  • 脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 <株探トップ特集>
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):ラクーンHD、クミアイ化、関西電
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月13日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 <株探トップ特集>
  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 36社選出 <成長株特集>
  • 後場に注目すべき3つのポイント~基調転換はさらに鮮明に、一段の調整に要注意
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:ラクーンHD、クミアイ化、関西電
  • ビジョナル【4194】、今期経常を32%上方修正・最高益予想を上乗せ

お薦めコラム・特集

  • 鈴木英之氏【再び波乱の日米市場、インフレ懸念と株価の行方】 <相場観特集>
  • 明日の株式相場に向けて=インフレピーク説が後退、金関連株が本格浮上か
  • 一目均衡表【買いシグナル】低PBR 13社選出 <テクニカル特集> 6月13日版
  • デリバティブを奏でる男たち【29】 マーベリックのリー・エインズリー(前編)
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月13日記)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

FX口座報告書の見方

かんたん! FX専用口座開設

総合口座開設

楽天FXのスプレッド・証拠金・スワップポイント

通貨ペア スプレッド 前日比 必要証拠金 スワップ
ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
ユーロ/ドル
ポンド/ドル
豪ドル/ドル
メキシコペソ/円
NZドル/円
ランド/円
カナダ/円
FX口座報告書の見方 スイス/円
トルコリラ/円
人民元/円
NZドル/ドル
ドル/カナダ
ドル/スイス
ポンド/スイス
ユーロ/ポンド
ユーロ/スイス
豪ドル/スイス
NZドル/スイス
豪ドル/NZドル
香港ドル/円
SGドル/円
Nクローネ/円
ユーロ/豪ドル
ポンド/豪ドル
  • ※ 上記の表の「必要証拠金」は、1,000通貨あたりの金額です。
  • ※ 「スワップ」は10,000通貨あたりの金額です。詳細はこちら

楽天FXに関するお知らせ

楽天FXの魅力

スプレッドの大幅縮小はもちろん、FXの商品性に特化した「マーケットスピード」や株式版「i SPEED」のノウハウを活かしたスマートフォン用取引アプリ「i SPEED FX」を提供。

取引ルール FX口座報告書の見方

楽天 FXの取引ルールをご覧いただけます。口座開設方法から手数料、注文、追証など 、FXお取引全般のルールについてご案内しております。口座開設は手数料無料。

FX口座報告書の見方

かんたん! FX専用口座開設

総合口座開設 FX口座報告書の見方

楽天FXのスプレッド・証拠金・スワップポイント

通貨ペア スプレッド 前日比 必要証拠金 スワップ
ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
ユーロ/ドル
ポンド/ドル
豪ドル/ドル
メキシコペソ/円
NZドル/円
ランド/円
カナダ/円
スイス/円
トルコリラ/円
人民元/円
NZドル/ドル
ドル/カナダ
ドル/スイス
ポンド/スイス
ユーロ/ポンド
ユーロ/スイス
豪ドル/スイス
NZドル/スイス
豪ドル/NZドル
香港ドル/円
SGドル/円
Nクローネ/円
ユーロ/豪ドル
ポンド/豪ドル
  • ※ 上記の表の「必要証拠金」は、1,000通貨あたりの金額です。
  • ※ 「スワップ」は10,000通貨あたりの金額です。詳細はこちら

楽天FXに関するお知らせ

楽天FXの魅力

スプレッドの大幅縮小はもちろん、FXの商品性に特化した「マーケットスピード」や株式版「i SPEED」のノウハウを活かしたスマートフォン用取引アプリ「i SPEED FX」を提供。

取引ルール

楽天 FXの取引ルールをご覧いただけます。口座開設方法から手数料、注文、追証など 、FXお取引全般のルールについてご案内しております。口座開設は手数料無料。

FX口座報告書の見方

かんたん! FX専用口座開設

総合口座開設

楽天FXのスプレッド・証拠金・スワップポイント

FX口座報告書の見方
通貨ペア スプレッド 前日比 必要証拠金 スワップ
ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
ユーロ/ドル
ポンド/ドル
豪ドル/ドル
メキシコペソ/円
NZドル/円
ランド/円
カナダ/円
スイス/円
トルコリラ/円
人民元/円
NZドル/ドル
ドル/カナダ
FX口座報告書の見方 ドル/スイス
ポンド/スイス
ユーロ/ポンド
ユーロ/スイス
豪ドル/スイス
NZドル/スイス
豪ドル/NZドル
香港ドル/円
SGドル/円
Nクローネ/円
ユーロ/豪ドル
ポンド/豪ドル
  • ※ 上記の表の「必要証拠金」は、1,000通貨あたりの金額です。
  • ※ 「スワップ」は10,000通貨あたりの金額です。詳細はこちら

楽天FXに関するお知らせ

楽天FXの魅力

スプレッドの大幅縮小はもちろん、FXの商品性に特化した「マーケットスピード」や株式版「i SPEED」のノウハウを活かしたスマートフォン用取引アプリ「i SPEED FX」を提供。

取引ルール

楽天 FXの取引ルールをご覧いただけます。口座開設方法から手数料、注文、追証など 、FXお取引全般のルールについてご案内しております。口座開設は手数料無料。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる