FX初心者が稼ぐために

移動平均法による評価方法をわかりやすく解説

移動平均法による評価方法をわかりやすく解説
②当該月以前の3か月のデータを平均する方法で表を作成してみます。

シンプレックス法の概要と計算手順をわかりやすく解説

線形計画法

数理計画法 移動平均法による評価方法をわかりやすく解説

この記事では、線形計画法の代表的な解法であるシンプレックス法について解説する。

シンプレックス法

制約条件:

\[\begin
a_x_1 + \cdots + a_x_n \le b_1 \\
a_x_1 + 移動平均法による評価方法をわかりやすく解説 \cdots + a_x_n \le b_2 \\
~~~\vdots \\
a_x_1 + \cdots + a_x_n \le 移動平均法による評価方法をわかりやすく解説 b_m \\
~~x_1, \cdots, x_n \ge 0
\end\]

目的関数:

$$z=c_1x_1 + \cdots + c_nx_n \to max$$

スラック変数と標準形

\[\begin
a_x_1 + \cdots + a_x_n + \lambda_1 &= b_1 \\
a_x_1 + \cdots + a_x_n + \lambda_2 &= b_2 \\
~~~\vdots \\
a_x_1 + \cdots + a_x_n + \lambda_m &= b_m \\
~~x_1, \cdots, x_n, \lambda_1, \cdots, \lambda_m \ge 0
\end\]

$$z=c_1x_1 + \cdots + c_nx_n + 0・\lambda_1 + \cdots + 0・\lambda_m \to max$$

ここで導入した\(\lambda_1,\cdots,\lambda_m\)をスラック変数といい、変換されてできた問題を標準形という。

市街化調整区域における建築許可についてわかりやすくまとめた

市街化調整区域における建築許可についてわかりやすくまとめた

不動産屋

“こくえい和田さん”

Q:市街化調整区域内の建築許可について教えてください。

A:原則的に建築禁止だが、都市計画法第43条に該当するものだけ許可される

土地は、 開発許可を受けた新たな土地 と、 開発行為によらない昔からある一般的な土地 とに大きく2つにわかれます。

開発行為(かいはつこうい)とは、簡単にいうと山林や水田などの土地を住宅用の土地にするための 宅地整備工事 です。この開発行為は、都道府県知事の許可( 開発許可 )が必要になります。

開発行為によらない昔からある一般的な土地(宅地)は、建築確認制度によって制限されます。しかし、 市街化調整区域の場合は、そもそも原則として建物の建築は許されていません 移動平均法による評価方法をわかりやすく解説 。そのため、不動産調査において、最初に調査すべきなのは、その不動産が 市街化区域か市街化調整区域のどちらにあるか です。(市街化区域の場合は、用途地域などの一般的な制限を受けます。)

開発行為と建築行為

しかし、 例外的に都市計画法第43条(開発許可を受けた土地以外の土地における建築等の制限)に該当するものは建築許可されます 。この都市計画法第43条の制限に加え、建物の新築・改築・用途変更にあたって、 都道府県知事の許可が必要か不要のケースにわかれます

都道府県知事の許可が不要な場合

  • 都市計画法第43条1項で引用する都市計画法第29条1項2号:農林漁業用の建物および従事者住宅
  • 都市計画法第43条1項で引用する都市計画法第29条1項3号:駅舎・公民館などの公共用建物
  • 都市計画法第43条1項1号:都市計画事業施行による建築物・第1種特定工作物(コンクリートやアスファルトプラントなどの周辺環境の悪化をもたらすおそれがある工作物)
  • 都市計画法第43条1項2号:非常災害ための必要な応急措置としての建築物・第1種特定工作物
  • 都市計画法第43条1項3号:仮設建築物
  • 都市計画法第43条1項4号:都市計画法第29条により許可が不要な開発区域内での建築物・第1種特定工作物
  • 都市計画法第43条1項5号:通常の管理行為、軽易(けいい:手軽でたやすいこと)な行為
  1. 車庫、物置等の附属建物の建築
  2. 10㎡以内の増築および改築
  3. 周辺居住者の日常店舗等で、延床面積が50㎡以内の自己用建物
  4. 土木工事等で一時的に使用する第1種特定工作物
    移動平均法による評価方法をわかりやすく解説
  • 都市計画法第43条3項:国・都道府県が行う建築物・第1種特定工作物については、知事との協議成立をもって許可とみなす 前から建っていた建物の建替え(一定の条件有り)

都道府県知事の許可が必要な場合

都道府県知事の許可が不要な場合を除いては許可が必要であり、許可の条件は都市計画法施行令36条に定められています。基本的に 開発行為の許可基準と同じ です。

  • 基本的に、市街化調整区域内の開発行為の許可基準(都市計画法第34条1号〜14号)と同様のもの ・集落地区計画の区域内にある場合は、地区計画に適合しているもの
  • 排水施設・擁壁・地盤の状態が、一定の基準を満たしているもの

不動産屋

地方であっても複雑な物件でも、プロ中のプロが リピートしたくなるほどの重説を作成 してくれます。

不動産調査・重説作成 を
プロに依頼

この記事をシェア

この記事の執筆者

株式会社こくえい不動産調査代表。1970年生まれ。日本大学法学部卒業。
自動車関連会社、不動産賃貸会社を経て三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)各店に在籍し、不動産売買仲介業務に従事。
2006年7月 不動産調査のアウトソーシング受託と取引支援を主業務とする「こくえい不動産調査」を設立し、2012年1月「株式会社こくえい不動産調査」設立。
不動産調査方法、不動産売買契約書類作成手法、不動産売買営業手法を解説しており、主な実績としては、
(公社)全日本不動産協会
(公社)全国宅地建物取引業協会
(一社)TRA全国不動産協会
の法定研修や各種研修、その他企業内研修も多数実施。
また、
(公社)全日本不動産協会
(一社)TRA全国不動産協会
の不動産契約書式・不動産重要事項説明書式・制作・監修協力も行う。
著書は『不動産売買契約書類記載マニュアル』『ポケット版不動産調査実務マニュアル〜東京篇〜』『ポケット版不動産調査実務マニュアル〜大阪篇〜』など。
主な資格は、宅地建物取引士、不動産コンサルティング技能登録者、2級FPなど。

この記事の監修者

イクラ株式会社代表。1986年大阪生まれ。関西大学文学部卒業。
野村證券株式会社に入社し、国内リテール業務を経て、その後三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)にて不動産売買仲介を行う。
「証券×不動産(売買)×IT」という強みと、契約実務や物件調査の経験をもとに、プロ向けに不動産の調査方法や用語解説、不動産市況、不動産屋社長のためのノートなどをわかりやすく発信している。
イクラ株式会社では、過去に家が売れた成約価格がわかり、売買実績豊富な信頼できる不動産会社とチャットで相談できる「イクラ不動産」を運営。日本経済新聞にも取り上げられる。
また、司法書士事務所では、不動産登記の専門家として登記だけでなく、離婚協議書の作成や遺産分割協議書の作成、相続登記、自己破産の申請を数多く行っており、住宅ローンなど金銭的問題・離婚・相続などを中心に法律に関わる不動産売却の相談が年間1000件以上ある。
主な資格は、宅地建物取引士、JSHIホームインスペクター、2級FPなど。

移動平均を出す

関数や分析ツールで移動平均 Excel2016

SUM関数や移動平均分析ツールで移動平均を出す

時系列データ を観察する時、データの変化が激しく、基本的な変化の傾向がつかみにくいことがあります。
たとえば、売上がほんとうは、上昇傾向にあるのか、それとも実際は停滞しているのかなどを判断するのが難しい場合です。
これを解決する一つの手段として 移動平均 という方法があります。

この移動平均とは、ある個数分のデータの平均値を連続的に求め、
その データ全体の変化の傾向を解析する ものです。
株価を分析する時などでよく使われています。
(サンプルファイルは、こちらから 関数技48回サンプルデータ)Excelバージョン: Excel 2016 2013 2010 2007 2003

移動平均とは?

売上が月ごとに上下して、傾向がつかみにくい時に、データを平滑化することで傾向を分析します。

月次データをベースに3か月移動平均を用いる場合、
①当該月の前後1か月のデータを平均する方法(例えば5月の平均値は4月、5月、6月の値を平均)、
②当該月以前の3か月のデータを平均する方法(例えば5月の平均値は3月、4月、5月の値を平均)、
③当該月以後の3か月のデータを平均する方法(例えば5月の平均値は5月、6月、7月の値を平均)、
の3通りのものがあります。

移動平均 SUM関数を使う場合

移動平均

②当該月以前の3か月のデータを平均する方法で表を作成してみます。

移動平均2

使うのはSUM関数だけです。
AVERAGE関数でも同様にできますが、3ヶ月平均をとるということを明らかにするためにSUM関数を使い3で割っています。
2月、3月、4月の合計を3で割ります。
=SUM(B2:D2)/3
あとは、式をコピーします。

移動平均3

2012年と2013年の3ヶ月移動が出ました。

移動平均4

グラフを作成すると、もっとハッキリします。

アドインの移動平均分析ツールを使う

分析ツール

アドインの分析ツールを追加して、もっと簡単に移動平均を出すことができます。 先に、Excelのオプションから分析ツールを追加しておきます。

分析ツール

アドインダイアログが表示されたら、分析ツールにチェックをいれてOKをクリックします。

分析ツール

リボンのデータに分析が追加されます。

移動平均5

(1)データ分析をクリックして、データ分析ダイアログボックスから、移動平均をクリックします。

移動平均6

[移動平均] ダイアログ ボックスが表示されます。
[入力範囲] ボックスで、1 行または 1 移動平均法による評価方法をわかりやすく解説 列のデータを入力します。下図↓

移動平均7

区間は、3ヶ月にしました。同様に出力先を指定します。
グラフにチェックを入れておくとグラフも同時に作成されます。
グラフは見やすくなるように調整してください。
3ヶ月平均なので、最初の2ヶ月は結果が現れません。4月で初めて平均が計算されています。

NPV(正味現在価値)とは?計算方法とExcelの関数をわかりやすく図解

NPV(正味現在価値)

だいぞう

のことで、複数の事業の投資判断をするために計算します。ちなみにキャッシュフローとは、お金の流れのことで、入ってくるお金(収入)や出ていくお金(支出)を指します。

NPV(正味現在価値)の計算方法を図解したものが、下の図になります。

NPV(正味現在価値)の計算方法

現在価値の計算式

エクセルでのNPV(正味現在価値)の計算方法

この正味現在価値(NPV)を使って投資判断をする手法を、「NPV法(正味現在価値法)」と呼びます。また「NPV = 0」となる割引率を求めて投資判断を行う手法については、「IRR(Internal Rate of Return、内部投資収益率)法」と呼びます。

演繹法と帰納法の違いとは?図解と具体例でわかりやすく解説

演繹法と帰納法

だいぞう

  • すでに知っていることから想像するのが演繹法(えんえきほう)
  • 起こった出来事からパターンを見つけるのが帰納法(きのうほう)

演繹法と帰納法の違い

演繹法(えんえきほう)そして帰納法(きのうほう)は、ロジカル・シンキング(論理的思考)でよく登場する言葉です。でも、どちらがどちらなのかわかりにくい用語ですよね。

演繹法と帰納法の違い

まず 帰納法(きのうほう) を見てみると、 起こった出来事だけで仮説を立てることができる のがわかります。

一方で 演繹法(えんえきほう) は 「一般論」を必要とします。 すでにわかっていることから理論を展開するので、仮説の精度は帰納法より高くなります。

  • この時期には毎日ミカンが5つ売れる

ここで注意しなければならないのは、推論はあくまで「仮説」だということです。 「仮説」は「仮説検証」することで「一般論」になります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる