FXトレーダーブログ

フィボナッチリトレースメントの基礎と手法

フィボナッチリトレースメントの基礎と手法
そのルールを守ってフィボナッチを引いた後の値動きが以下の画像です。
先ほどの下落に対する戻り売りの場所が見えてきましたね。

フィボナッチ比率のFXへの応用方法|フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ数列は「前の2つの数を加えると次の数になる」という数列です。イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチが中世時代に発見したとされています。具体的には「1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89…」と続き、終わりはありません。これらは、
1+1=2
1+2=3
2+3=5
3+5=8
といった具合に計算を行うことができます。
トレードでフィボナッチ・リトレースメントを使う際に数値を逐一計算する必要はありませんが、フィボナッチ・リトレースメントの根底にある考え方は頭の片隅に置いておきたいです。

フィボナッチ比率とは

先ほどのフィボナッチ数列を発展させたものがフィボナッチ比率です。ためしに、フィボナッチ数列「1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89…」のそれぞれの数を1つ後ろの数で割り算してみましょう。
1 ÷ 1 = 1
1 ÷ 2 = 0.5
2 ÷ 3 = 0.67
3 ÷ 5 = 0.フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 6
5 ÷ 8 = 0.625
8 ÷ 13 = 0.615
13 ÷ 21 = 0.619
21 ÷ 34 = 0.618
34 ÷ 55 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 = 0.618
55 ÷ 89 = 0.618

逆に、フィボナッチ数列のそれぞれの数を1つ前の数で割るとどうなるでしょうか。
1 ÷ フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 1 = 1
2 ÷ 1 = 2.0
3 ÷ 2 = 1.5
5 ÷ 3 = 1.667
8 ÷ 5 = 1.6
13 ÷ 8 = 1.625
21 ÷ 13 = 1.615
34 ÷ 21 = 1.619 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法
55 ÷ 34 = 1.618 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法
89 ÷ 55 = 1.618

フィボナッチ比率をFXに応用する方法

フィボナッチ比率を用いた手法の例

・フィボナッチ・アーク
フィボナッチ分析に時間の概念を盛り込んだテクニカル分析で、アーク(円弧)を用いて価格と時間の両方の側面から、予測を行います。

・フィボナッチ・エクスパンション
フィボナッチ・リトレースメントによく似たテクニカル分析で、トレンド相場において押し目や売りのポイントがどこなのかということを予測するテクニカル分析です。主に利益確定に使うとされており、状況やタイミングによってフィボナッチ・リトレースメントとの使い分けが求められます。

・フィボナッチ・タイムゾーン
フィボナッチ・タイムゾーンは1、2、3、5、8、13、21、34とフィボナッチ数列の間隔に垂直線を引くテクニカル分析です。それぞれの線の近くで大きな値動きが期待されるとされており、これもアーク同様に時間の概念に主眼を置いたものになります。

・フィボナッチ・リトレースメント
最後にフィボナッチ・リトレースメントです。これはトレンド発生時の押し目と戻りがどの価格を目標として推移するのかを把握するテクニカル分析です。フィボナッチを用いたテクニカル分析の中では最も有名で、一般的に「フィボナッチ」といえばこのフィボナッチ・リトレースメントを指すケースが多いです。

フィボナッチ・リトレースメントの使い方

・ラインの引き方
まず、ラインの引き方です。基本的には直近の高値と安値を結びます。「直近」の定義ですが、明確には決められていません。ご自分の取引手法や取引時間軸に合わせて期間を決めてください。
また、ラインをローソク足の実体部分で引くか、ヒゲで引くか迷う場面があるかと思います。結論から言うと、ラインの引き方に正解はありません。どちらか引いてみてうまく機能する方を採用する、もしくはご自分のルールでどちらを使うか事前に決めておくと良いでしょう。

・重視すべき割合
直近の高値と安値を結ぶラインを引いたら、あとは自動的にフィボナッチ比率に基づいた水平線が表示されるのが一般的です。0%、23.6%、38.2%、50.0%、61.8%、76.4%、100.0%。この中で特に重要とされるのが23.6%、38.2%、61.8%です。半値を表す50%も補足的に見られる場合もあります。これらのラインが下値支持線(サポートライン)や上値抵抗線(レジスタンスライン)になるケースが多いため、投資家から意識されやすいポイントとなります。

「みんなのFX」でのフィボナッチ・リトレースメント機能の表示方法

・PC版取引システム「FXトレーダー」での表示方法
①チャート上部の描写ツール(鉛筆マーク)をクリックする
②フィボナッチ・リトレースメントを選択する
③起点となる高値(安値)をクリックした後に、終点となる安値(高値)をクリック
④高値と安値を選択すると自動的に、フィボナッチ比率が表示される

・アプリ版取引システム「FXトレーダーアプリ版」での表示方法
①画面下のメニューからチャートを表示させる
②画面右側にあるボタンから横棒3本マークのボタンをタップする
③起点となる高値(安値)から終点となる安値(高値)までドラッグする
④高値と安値を選択すると自動的に、フィボナッチ比率が表示される

【FXトレーダー アプリ版 ダウンロードはこちらから】

早速、フィボナッチ・リトレースメントを使ってみよう

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

FX用語解説「フィボナッチ・リトレースメント」

アイキャッチ画像

ラプラスFXとは

「フィボナッチ・リトレースメント」とは

FXのチャート分析において、「フィボナッチ・リトレースメント」とはフィボナッチ数を用いたテクニカル分析 (用語解説) のことですね。

「リトレースメント」とは 「戻し」 という意味で、押し目買い・戻り売りをする時などに、 トレンドの戻し割合を測る 目的で使われます。

ラプラスFXでは、 「FIBO」 とか 「フィボ」 とか呼んだりしますが、「フィボナッチ・リトレースメント」のことです。

もちろん、後述しますが、価格の動きを重視したトレードを推奨するラプラスFXとしては、あくまで「フィボナッチ・リトレースメント」は トレードの質を向上させる補助ツール という位置づけです。

チャート分析の中核は 「ローソク足」 です。

その補助として フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 「フィボナッチ・リトレースメント」 を使うという感じですね。

そもそも「フィボナッチ」とは

「フィボナッチ」 とは、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチにちなんで付けられた「 フィボナッチ数 」から来ています。

その規則性とは、 「どの数字も、1つ前と2つ前の数字の和と同じ」 です。

という感じで計算された数を並べて出来上がっているのが、 「フィボナッチ数列」 です。

そして、このフィボナッチ数列の隣あう2つの数字の比は、 「黄金比」 に収束していくんです。

この「フィボナッチ数列」から求められた 「1:1.618」 という黄金比は、 人間が目にした時に自然と美しいと感じる比率 であるとも言われています。

この不思議なフィボナッチ数列から求められる フィボナッチ比 を、チャート分析に用いたのが「フィボナッチ・リトレースメント」なんです。

このフィボナッチ数列から求められる数字のうち、 「0.236、0.382、0.618、0.786」 などが、フィボナッチ・リトレースメントで使われます。

フィボナッチ・リトレースメントの使い方(一般)

上記したフィボナッチ比の中でも、注目度の高い 「0.382(38.2%)」 と 「0.618(61.8%)」 を主に使用します。

フィボナッチ・リトレースメントは、押し・戻りの割合を計りたい トレンドの始点・終点を定める ことで使用します。

フィボナッチ1

上の画像の場合は、下降トレンドに対してフィボナッチ・リトレースメントを使用していて、 「38.2%」のところに注目が集まった 結果、波が反転して下降が再開したように見えますね。

フィボナッチ2

上昇トレンドに対して、フィボナッチ・リトレースメントを使用していて、 「61.8%」の所に注目が集まった 結果、波が反転して上昇が再開したように見えますね。

このように、注目度の高いフィボナッチ・リトレースメントは、 「水平線」 と同じようなチャートポイント (用語解説) として機能することがあります。

フィボナッチ・リトレースメントの注意点

フィボナッチ・リトレースメントを使用するには 重要な前提条件がある んですね。

そもそも 「相場参加者がトレンドと認識している波の始点と終点」 が存在しており、明確であることがフィボナッチ・リトレースメントを使用できる前提条件なんです。

相場参加者の多くが、同じ目線で同じ分析方法を用いて、 同じ価格帯を注目すること で、初めてテクニカル分析は機能します。

なので、フィボナッチ・リトレースメントを使う重要なコツは、 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 明確な波の明確な始点・終点に対して使うこと です。

また、上にも少し書きましたが、 フィボナッチ・リトレースメントを単体で使用しない ということ。

あくまで、 「ローソク足」 の分析をベースにして、フィボナッチ・リトレースメントは補助として、分析に組み込むことを推奨します。

フィボナッチ3

フィボナッチ・リトレースメントの使い方(ラプラス)

「チャートポイント」 と 「調整の目安」 。

「チャートポイント」 はシンプルにフィボナッチ・リトレースメントをチャートポイントとして意識しますが、あくまで水平線と重なった時に、その価格帯のチャートポイントとしての 「信頼度が向上する」 として判断します。

次に、 「調整の目安」 ですが、押し目買いや戻り売りをする時に避けたいのが、 再調整に巻き込まれること です。

フィボナッチ4

今、狙っている波は どのくらい調整が進んでいる状態なのかを把握する為 に、フィボナッチ・リトレースメントを使用するのが、大きな目的ですね。

また、上位環境などの要素が複雑に絡み合うので、一概には言えませんが、 波の強さに応じて、押しや戻りの深さが浅くなる傾向 があります。

なので、強い波は23.6%や38.2%くらいの浅い調整でトレンドが再開したりしますが、基本的には 50%くらいまでは調整が進むことが多い です。

それまでに、トレンドが再開して、エントリー出来ない場合も当然ありますが、 「行っちゃったかー、まあ、次、次」 って感じです。

50%はフィボナッチ比ではないですが、 調整波を「50%」以上まで引き付けるのがラプラスFXでは基本 です。

稀に38.2%付近の調整でも、入っていく時はありますが、 「調整不十分で、再調整の流れになるかも」 と、そのリスクを認識しているだけで、微益で逃げたり、微損で撤退したりと、トレードは変わりますよね。

「フィボナッチ・リトレースメント」 はトレンドの 押し・戻りの割合を測る テクニカル分析。

トレンドの始点・終点を設定して使用しますが、 「明確な波の明確な始点・終点」 に使用することがコツ。

用途は、 「チャートポイント」 と 「調整の目安」 。

特に、「調整の目安」として、 「50%」以上まで調整波を引き付ける のがラプラスFXの基本。

チャート上にフィボナッチ・リトレースメントを設定することを、 「FIBO(フィボ)を引く」 って呼んでます。

もう1つは、その波に対して押し目買い・戻り売りのエントリーを考えている人達のなんとなく「ここだ!」という意識が収束した結果、 描かれた波の形が自然とフィボナッチ比になってしまう 、という考え方。

フィボナッチリトレースメントの基礎と手法

メインビジュアル

ロゴ

花プロ
0円

マルチタイム・N字波動トレード

マルチタイム・エリオット波動トレード

強化型・フィボナッチ波動トレード

マルチタイム・N字波動トレード

マルチタイム・エリオット波動トレード

強化型・フィボナッチ波動トレード

ダウ理論

ダウ理論

ダウ理論

サイトイメージ

サイトイメージ

3要素

パッケージ

第1章 ダウ理論 基礎編
第1章 ダウ理論 基礎編

第1章では 波動分析の土台となる『ダウ理論』 について基礎から徹底解説します。ダウ理論で使われる フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 『N字型と逆N字型』波動はチャートの波の最小単位 であり、エリオット波動やその他波動理論を理解する上でも超重要です。

・波動の最小単位『N字型と逆N字型』の波動とは?
・チャート上の全ての波動はN字波動の連続で構成される!
・一発で分かるダウ理論の上昇・下降を知る○○の方法
・ダウ理論の6つの基本原則について
・ダウ理論のトレンド転換シグナルとは?
・為替レート上昇・下落する本質的な背景とは?
・上昇トレンドが継続する時の裏にある大衆心理メカニズム
・トレンドが崩壊する時の裏にある大衆心理について
・トレンドが崩壊する3つの前兆パターンとは?
・下降トレンドが継続する時の心理メカニズムとは?
・トレンド認識と転換シグナルの練習問題

第2章 ダウ理論 実践編
第2章 ダウ理論 実践編

第2章ではダウ理論をベースに、複数の時間足を使った「 マルチタイム・N字波動トレード 」の手法について解説します。また、N字波動でエントリーした場合の 利益確定のポイントや、損切りのポイント についても解説します。

・ダウ理論を使った波動トレード2つのステップ
・N字波動で狙うべき高勝率エントリーポイントとは?
・N字波動トレードで置くべき明確な損切りポイント
・利益を極大化させる逆指値ムーブメント手法とは?
・N字波動トレードで利確するべきExitポイントについて
・V・N・E・NT計算値の概要と唯一の欠点とは?
・シングル及びマルチタイムフレーム分析の概要
・ダウ理論原則②の短期・中期・長期のトレンドとは?
・スキャル・デイ・スイングで使用するべき時間足一覧
・マルチタイム・N字波動トレードの2つのパターン
・マルチタイム・N字波動トレードの実践演習

第3章 エリオット波動 基礎編
第3章 エリオット波動 基礎編

第3章ではN字波動を更に拡大させたエリオット波動について徹底解説します。エリオット波動を知れば、今後の相場が どのように動くのか、どこで反転するのかを予測 することができます。また、波動をカウントする際の精度の高め方や、絶対に知っておくべき3大原則についても解説します。

・ダウ理論のN字波動とエリオット波動の関係性について
・波動の基本!暗記すべき上昇5波と下降3波の基本構成
・FXでエリオット波動が難しい理由とは?
・第1波を簡単に発見する方法と特徴とは?
・第2波はダウ理論から絶対に○○になることはない!
・必ず把握せよ!第3波は○○を完成させる波
・第5波では□□や△△のシグナルに注意すべき
・エリオット波動を構成する波の絶対ルール3つ
・波のカウントミス!こうなったらエリオット波動じゃない
・エリオット波動のフラクタル構造とは

第4章 エリオット波動 実践編
第4章 エリオット波動 実践編

第4章ではエリオット波動の特性を生かした「マルチタイム・エリオット波動トレード」の手法について徹底解説します。エリオット波動を認識すれば、 今後相場がどう動くのか地図を見ながら高勝率のトレード が実現できるでしょう。

・エリオット波動で狙うべき2つのエントリーポイント
・マルチタイムフレーム分析で使う時間足はコレ!
・高勝率なマルチタイム・エリオット波動トレードの手法
・○○でエントリーするべきポイントと理由とは?
・裁量余地がほとんど入らない利益確定の方法
・複数の時間足を使った波乗りトレードのやり方
・エリオット波動トレードで逆張りが危険な理由とは?
・実践!マルチタイム・エリオット波動トレードその1
・実践!マルチタイム・エリオット波動トレードその2

第5章 フィボナッチトレースメント 基礎編
第5章 フィボナッチトレースメント 基礎編

第5章では、波動トレードと相性の良い「フィボナッチ」について徹底解説します。 自然界にも存在する魔法の黄金比 であるフィボナッチRを波動トレードに組み合わせることで、 更に勝率をアップ させることができます。

・フィボナッチ数列と黄金比は相場にどう影響するのか?
・押し目と戻り目を予想してトレード戦略を作る方法
・上昇トレンドの押し目をフィボナッチRで見つける方法
・下降トレンドの戻り目をフィボナッチRで見つける方法
・初心者がよく間違えるフィボナッチの引き方の例
・フィボナッチRは始点をどこから引けばいいのか?
・実際のチャートで引く際に意識するべき3つのポイント!
・エリオット波動のどの波に対して引くべきか?
・なぜ人によりフィボナッチの見方が分かれるのか?

第5章 フィボナッチトレースメント 実践編
第5章 フィボナッチトレースメント 実践編

第6章ではフィボナッチリトレースメントを 強化させる2つの方法 について解説します。強化型フィボナッチを使うことで、 反転確率が格段に上昇 し、押し目・戻り目を狙ったトレードが面白いくらいに成功するようになるでしょう。

・フィボ有とフィボ無では、これだけ利益の幅が違う!
・フィボナッチRではどの数値%を狙えばいいのか?
・フィボナッチリトレースメントの唯一の弱点は何?
・フィボナッチRを強化させる2つのテクニカル手法とは?
・強化法その1を使った場合のトレード手法について
・強化法その2を使った場合のトレード手法について
・実際のチャートでの強化型フィボナッチの使い方

第7章 波動トレードの練習問題
第7章 波動トレードの練習問題

第7章ではダウ理論、エリオット波動理論、フィボナッチなどの知識を総動員し、 実際の波動トレードに関して解説 していきます。また、実践トレードにおいて必須知識と言えるリスクリワード(損切りと利確の位置)に関しても解説していきます。

・波動トレードで損切りを置く位置はどこ?
・誤った損切り方法と正しい損切り方法の比較
・負けているトレーダーに共通する要因は○○がおかしい
・エリオット波動がカウントできない時の2つの対策
・リスクリワードを踏まえた波動トレードの戦略
・実践波動トレードの練習問題 ダウ理論の分析編
・実践波動トレードの練習問題 エリオット波動の分析編
・ラストメッセージ モチベーションをアップさせる方法

これはFX学習教材の独自キャンペーンを行っていることが理由であり、 口座開設のお礼として「波動の王道」のサイト閲覧権を差し上げています 。
必ず当サイト内のリンクをクリックして口座開設をして下さい。他サイトのリンクから口座開設した場合にはアクセス権が入手できません。 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法
もし本気で、この先FXで稼いでいくと決めたのであれば、すぐに飛び越えられる簡単なハードルだと思います。
たった5分くらいで口座申込が完了します ので、将来稼ぐポテンシャルがある方は、瞬時に『行動』に移しています。

フィボナッチリトレースメントの基礎と手法

私の6年のノウハウを詰め込んだFXトレード講座を開講中!
<メルマガ読者さん限定プレゼント>
☆「トレードにおける勝ちやすい場面 」
~安定して勝ち続けるには、〇〇と〇〇をすればいい!~

FX メルマガブログ

応援クリックお願いします!

あやの欲しい物リスト

あやのプロフィール

このままではダメだと一念発起し、花屋のアルバイトをやめ、リアルトレードを封印&FX検証生活だけの日々を送る。
相場の本質と資金管理を独自に研究し、晴れて勝ち組トレーダへ。スキャルピングを得意とする。
初心者でも相場感を養うことができる「環境認識」を確立し、広める。

FXセミナーを多数開催。
「あや読者さんから、一人でも多くの、ハッピー勝ち組を生み出す」というミッションは、自分が苦労した勝てない時代があったからこそ、伝えられる【私にしかできないこと】。
「勝つための秘訣やノウハウ」などを体験をもとに伝えたいという心の底からの願い。

Twitter フォローしてね♡

人気記事ベスト10

  • Forex Testerのプランはどれを選べば良い?
  • 【限定割引・特典付】ForexTester5をプロトレーダーが絶賛!勝ち組が必ず使っている理由とは?
  • トレードの優位性の一つ 【前日の高値安値】
  • 水平線セミナーの資料作成
  • 【保存版】FX検証ソフトを5つ徹底比較&オススメ検証ソフト3選
  • ポンド円 環境認識 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 2022/06/10
  • トレード方法(水平線&初心者向け)2 ポンド円 環境認識 2022/06/21
  • ポンド円 環境認識 2022/06/15
  • トレード方法(水平線&初心者向け)
  • FXの利益を出金するタイミング

FXセミナー

最近の投稿

  • ポンド円 環境認識 2022/07/08
  • ポンド円 環境認識 2022/07/06
  • ポンド円 環境認識 2022/07/05
  • ポンド円 環境認識 2022/07/01
  • ポンド円 環境認識&トレード戦略 2022/06/30

最近のコメント

    に あや より に ジョン より に あや より に ひろき より に あや より

カテゴリー

FXブログ 女性トレーダーあや 「初心者も自由LIFEをつかむ方法」

【免責事項】 当ブログは情報提供を唯一の目的としたものであり、収益の保証、或いは直接的に投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。 本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。 本情報の取り扱いについては、利用者の責任において行って頂きますようお願いいたします。 当ブログを参考にして行われたトレードや、メルマガなどから発信される内容およびコンテンツによって いかなる損害が生じましても一切の責任を負いませんので予めご了承ください。 【著作権】 当ブログ「初心者も自由LIFEをつかむ方法」に掲載されている文章・画像・構成など、全てのコンテンツの著作権は当ブログの製作者であるAYAに帰属します。 これらの著作権は、各国の著作権法・各種条約・その他の法律で保護されています。 全てのコンテンツについて、転載・転用・改変等、許可なく利用することを固く禁止します。 著作権侵害については担当弁護士より関係機関に通報いたします。 【あやからの一言】 当ブログは、 2014年3月 より始めさせていただいております。 挫折せずにここまで続けられてきたのも、 ひとえに皆様からのご支持あってのことです。 これからも、アウトプットを兼ねながら、皆様に優良な情報をシェアできるように頑張って更新します。どうぞよろしくお願いします。 あや

ブログコンテンツ

ソーシャルメディア

© Copyright 2022 FXブログ 女性トレーダーあや 「初心者も自由LIFEをつかむ方法」. All rights reserved./プライバシーポリシー

フィボナッチリトレースメントの使い方やトレードへの活用法を解説

ドル円1時間足にフィボナッチリトレースメントを表示させた画像

以下のドル円1時間足のチャートを見れば、フィボナッチが機能している様子が分かります。

・下落後の戻り売りを仕掛けられそうな場所
・上昇後の押し目買いをできそうな場所

数値の意味とフィボナッチの使い方

23.6:浅い押し。再び上昇する確率はあるが、あまり上昇せず持ち合うことも。
38.2:適度な押し。再び上昇する確率が高い。
50.0:押した後で、上か下かどっちに行くか分からない。
61.8:深い押し。再び上昇する確率が高い。
78.6:反発せず抜けた場合は100まで行く場合が多い

個人的には38.2か61.8で反発すると、再び上昇して行く可能性が高くなると感じます。 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法

フィボナッチでの押し目のイメージ解説

フィボナッチでの戻りのイメージ解説

フィボナッチリトレースメントの引き方の解説画像

以下はドル円1時間足のチャートです。
下落に対して戻り売りの目安を知る為に、フィボナッチを使ってみましょう。

フィボナッチを引く時のルール
・後ろ(過去)から前(現在)に向かって引く
・上昇(下降)が始まった足から上昇(下降)が止まった足までを結ぶ
・必ずヒゲ同士を結ぶか、実体同士を結ぶ
・ヒゲか実体かはその時の相場に合う方を選ぶ

ドル円1時間足でフィボナッチを参考に戻り売りを仕掛ける場所

そのルールを守ってフィボナッチを引いた後の値動きが以下の画像です。
先ほどの下落に対する戻り売りの場所が見えてきましたね。

A地点
38.2にタッチした後に下落し、長い上髭となりました。
上髭ですが陽線なので、5分足でその後の値動きを少し見てから売りで入れます。
結果的にあまり取れていないか、同値撤退でしょうが、FX侍ならエントリーしています。

B地点
61.フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 8にタッチした後に下落し、陰線となりました。
しかし髭が目立って長い訳でもなく、包み足でも無いので微妙な感じです。
61.8で反発はしていますが、FX侍ならエントリーは見送ります。

C地点
61.8は多少抜けましたが、逆ピンバー(と勝手に呼んでます)が出たので、比較的分かりやすい転換点です。
こちらも5分足を見てエントリータイミングを計って売りで入れますね。

高値安値が切り上がりトレンド転換が疑われる画像

さて、その後の動きを更に分析してみましょう。
C地点からの下落後に、高値を切り上げて78.6に到達。
その後は安値を切り上げて再び上昇し、わずかに高値も切り上げました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる