FXニュース

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
CPUの選び方

Googleサーチコンソールとは?使い方や設定など基本を初心者向けに解説!

一方、サーチコンソールを使わないと検索パフォーマンスがわかりません。
具体的には、Google検索エンジンでの検索順位や検索でのクリック数、クリック率、表示回数などの検索パフォーマンスがわかりません。
この場合、検索順位の高さや低さ、検索流入の多さや少なさが把握できません。
そうなれば、検索順位が低いのに必要なSEO対策を怠る可能性が高まります。
結果、検索流入が増えずに見込み客の獲得が停滞もしくは減退して、申込や問い合わせといったコンバージョンの増加が期待できないというわけです。

こうした良くない状況を回避する為に、 サーチコンソールを活用して、サイトの検索パフォーマンスを管理しましょう。

Googleサーチコンソールとは?使い方や設定など基本を初心者向けに解説!

サーチコンソールとは?

サーチコンソールとは、 Google検索でのWebサイトのパフォーマンスを分析するツールです。
略して、「サチコ」とも呼ばれ、2015年5月20日に「Googleウェブマスターツール」から名称が変わりました。

サーチコンソールでできること

  • 検索での順位や表示回数、クリック数、クリック率など確認できる
  • インデックス状況が確認できる
  • 被リンクの数やページURL、被リンク元サイトが確認できる
  • 内部リンクの数やページURLが確認できる
  • インデックス登録のリクエストやインデックス削除の申請ができる
  • クロールの制御やURLの変更を伝えることができる
  • 表示速度の遅いURLが把握できる
  • エラーやペナルティの有無がわかる

Google検索での表示状況の確認

リンク状況の確認

サイトの情報提供

サイトの問題点の把握

サーチコンソールの拡張メニューの「ウェブに関する主な指標」から表示速度の遅いURLが把握できます。
また、パンくずリストの構造化データの実装エラーや、モバイルフレンドリー対応エラーの有無がわかります。
さらに、「手動による対策」機能では、ペナルティの有無がわかります。

サーチコンソールとアナリティクスの違い

一方、Googleアナリティクスは、検索結果でのサイトのパフォーマンスがわかりません。
なので、 この点が、サーチコンソールとGoogleアナリティクスの大きな違いになります。

ちなみに、Googleアナリティクスは、主にユーザー行動が分析できるツールです。
検索流入や、サーチコンソールと連携すれば検索クエリはわかります。
ですが、検索結果でのサイトのパフォーマンス分析に特化したツールではありません。

サーチコンソールの設定方法

サーチコンソールを設定するには、 まず、Googleアカウントでログインします。
そして、サイトを登録(プロパティを追加)後、そのサイトの所有権を確認します。
所有権が確認できれば、サーチコンソールの設定が完了となります。

STEP1:Googleアカウントでログインする

Googleアカウントでログインするには、「Google Search Console」のページから「今すぐ開始」をクリックしましょう。

Googleアカウントでサーチコンソールにログインする①

そして、Googleアカウント(メールアドレスとパスワード)を入力して、「次へ」をクリックします。
※このときにGoogleアカウントを持ってない場合は、「アカウントを作成」をクリックしましょう。そして、Googleアカウントを作成後、再度この画面からログインを試みましょう。
※2 段階認証プロセスを設定してる場合は、アナウンスに従って承認しましょう。

Googleアカウントでサーチコンソールにログインする②

Googleアカウントでサーチコンソールにログインする③

STEP2:サイト登録する

サーチコンソールにログイン後、「ドメイン」または「URLプレフィックス」、いずれかのプロパティタイプを選択します。
「ドメイン」を選択した場合は、ドメインもしくは、サブドメインを入力して「続行」をクリックしましょう。
「URLプレフィックス」を選択した場合は、URLを入力して「続行」をクリックしましょう。

サーチコンソールでサイト登録する

「ドメイン」を選択すれば、 サブドメインやhttps有無、wwwありなしのドメインなどを一括管理できます。 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
例えば、「seolaboratory.jp」というドメイン名を入力します。
そうすれば、「https://seolaboratory.スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 jp」や「https://sub.seolaboratory.jp」、「http://www.seolaboratory.jp」などの入力したドメイン名を含むURLすべてを一元管理することができるというわけです。
なので、すでに同じドメインで複数サイトを管理してたり、のちに同じドメインでサイトを増やす場合は、[ドメイン」プロパティを選択しましょう。

URLプレフィックス

「URLプレフィックス」を選択すれば、 従来のサーチコンソールのプロパティ登録方法と同じになります。
例えば、「https://seolaboratory.jp」というURL名を入力します。
そうすれば、入力したURL名だけを管理することができます。
なので、同じドメインで複数サイトを運用してなかったり、今後同じドメインサイトを増やす予定が無い場合は、「URLプレフィックス」プロパティを選択しましょう。
つまり、基本的に初心者は、「URLプレフィックス」を選択するとよいです。

STEP3:所有権を確認する

ここでは、STEP2で「URLプレフィックス」を選択した場合の「所有権を確認する」手順を解説します。
基本的に、専用の「HTMLファイル」をアップロードして、所有権を確認します。
※ちなみに、「HTMLタグ」や「Googleアナリティクスのアカウント」「Googleタグマネージャーのアカウント」を使ったり、「DNSレコードをGoogleに関連付ける」などして、所有権を確認することもできます。

HTMLファイルをダウンロード

サーチコンソールで所有権を確認するために、HTMLファイルをダウンロードする

HTMLファイルをアップロード

サーチコンソールで所有権を確認するために、HTMLファイルをアップロードする

「確認」をクリックする

アップロードしたら、「確認」をクリックします。
そして、「所有権を自動確認しました」と表示されれば、 サーチコンソールの設定が完了となります。

サーチコンソールで所有権を確認完了

サーチコンソールとアナリティクスの連携方法

STEP1:Googleアナリティクスで「Search Console のデータ共有を設定」をする

Googleアナリティクスにアクセス後、「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」をクリックします。
そして、「Search Console のデータ共有を設定」をクリックします。

Googleアナリティクスで「Search Console のデータ共有を設定」をする①

すると、プロパティ設定の画面に遷移するので、下にスクロールし、「Search Console を調整」をクリック後、Search Consoleの設定で「追加」リンクをクリックします。

Googleアナリティクスで「Search Console のデータ共有を設定」をする②

STEP2:サーチコンソールでウェブプロパティ(サイト)を関連付ける

「Googleアナリティクスでサーチコンソールのデータを使用する」というページに遷移後、「Search Console のサイト」から同じウェブプロパティを選択し、「保存」をクリックします。

サーチコンソールでウェブプロパティ(サイト)を関連付ける①

sc-data-share.png

サーチコンソールでウェブプロパティ(サイト)を関連付ける②

sc-data-share2.png

サーチコンソールの使い方

検索パフォーマンス

検索パフォーマンスは、 主に、検索結果でのサイトの成果を確認するときに使います。
この検索パフォーマンスは、「検索結果」と「Discover(Google Discover)」大きく2つの指標で構成されてます。
ここでは、とくによく使う「検索結果」の使い方について、触れたいと思います。
この「検索結果」は、主に”サイト全体のデータ”と”個別のデータ”に分けて、それぞれ分析できます。

サーチコンソールの「検索パフォーマンス」機能の使い方①

また、”個別のデータ”を分析するには、”サイト全体のデータ”と同様の操作をして表示される下部の「クエリ」や「ページ」「国」「デバイス」「検索での見え方」「日付」の各タブを活用します。
例えば、「ページ」タブを選択します。
そうすれば、「https://seolaboratory.jp/69665/」のURLの「検索でのクリック数」「検索での表示回数」「CTR(検索でのクリック率)」「検索での掲載順位」が確認できます。
また、上部の「+新規」をクリックすることでも、”個別のデータ”が分析できます。

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 サーチコンソールの「検索パフォーマンス」機能の使い方②

カバレッジ

カバレッジは、 主に、検索でのサイト内の各ページのステータス(動作)を確認するときに使います。
このカバレッジを使うには、メニューのインデックスから「カバレッジ」をクリックします。
そうすれば、「エラー」「有効(警告あり)」「有効」「除外」といったステータスをもとにして、サイト内のページのインデックス状況(検索結果の登録状況)が全体的に確認できます。

スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 サーチコンソールの「カバレッジ」機能の使い方①

サーチコンソールの「カバレッジ」機能の使い方②

URL検査

URL検査ツールは、 主に、ページの内容をリライトする(ブログをリライトする)などして新しく更新した場合に使います。
このURL検査ツールを使うには、まず、上部の検索窓にページURLを入力して、虫眼鏡をクリックします。 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
または、メニューの「URL検査」をクリック後、検索窓にページURLを入力して、虫眼鏡をクリックします。

サーチコンソールの「URL検査」ツールの使い方①

すると、入力したページURLがGoogle検索エンジンに登録されてるか否か?(入力したページURLの現在のインデックス状況)がわかります。
ここで「公開URLをテスト」をクリックしましょう。(公開URLのテストは1~2分程度かかるので、待ちましょう。)
※この時点で「インデックス登録をリクエスト」をクリックすれば、Googleに最新のページ内容を伝えることができます。ですが、最新のページURLにエラーなどの不具合があれば、その状態をGoogleに伝えることになります。そうなれば、検索順位に影響が及ぶでしょう。こうした状況を回避するためにも、ここでは「公開URLをテスト」をクリックして、ページURLの有効性をまず確認しておくことをお勧めします。

サーチコンソールの「URL検査」ツールの使い方②

そうすれば、入力したページURLの最新の内容が取得されて、Google検索エンジンに登録できるか否か?(入力したページURLを新たにインデックスできるか否か?)がわかります。
「テスト済みのページを表示」をクリックして、「HTMLソースコード」や「スクリーンショット」「その他の情報」に問題がないか?確認しましょう。
内容に問題が無ければ、「インデックス登録をリクエスト」をクリックして完了です。これで、GoogleにページURLの新しい内容が伝わります。
※ちなみに「ライブテスト」のタブは、ページURLの最新の内容が確認できます。一方、「Googleインデックス」タブでは、現在、Googleインデックスに登録済みのページURLの古い内容が確認できます。)

サーチコンソールの「URL検査」ツールの使い方③

サイトマップ

サイトマップは、 Webサイト内のページに対してクロールを促すために使います。
このサイトマップ機能を使うには、あらかじめxml形式のサイトマップ(sitemap.xml)を作成してサーバー上にアップロードし、ブラウザからアクセスできるようにしておきましょう。
そうしたうえで、メニューのインデックスから「サイトマップ」をクリックします。
そして、”新しいサイトの追加”で、サイトマップのURLを入力し、「送信」をクリックします。 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
そうすれば、クローラー(Googlebot)を呼び込んで、Webサイト内に存在するページURLの認識を促すことができます。

サーチコンソールの「サイトマップ」機能の使い方

リンクは、 主に、被リンクや内部リンクの数をチェックしたり、リンク元のページURLを確認するために使います。
このリンク機能を使うには、メニューから「リンク」をクリックします。
すると、”外部リンク”と”内部リンク”の状況がそれぞれ確認できます。
“外部リンク”では、「外部リンクの総数」「上位のリンクされてるページ」「上位のリンク元サイト」「上位のリンク元テキスト」がわかります。
“内部リンク”では、「内部リンクの総数」「上位のリンクされているページ」がわかります。

サーチコンソールの「リンク」機能の使い方①

サーチコンソールの「リンク」機能の使い方②

ウェブに関する主な指標

ウェブに関する主な指標は、 サイト速度のステータスをチェックするために使います。
このウェブに関する主な指標を使うには、メニューの拡張から「ウェブに関する主な指標」をクリックします。
すると、速度のパフォーマンスが、モバイルとPCでそれぞれURL単位でわかります。
もう少し言うと、モバイルとPCでそれぞれ「不良URL」「改善が必要なURL」「良好URL」の数が把握できます。

サーチコンソールの「ウェブに関する主な指標」機能の使い方①

例えば、モバイルで「レポートを開く」をクリックすると、詳細のステータスがわかります。
そして「改善が必要」をクリックすれば、該当のページURLが確認できます。
そのページURLをもとに、読み込み速度の改善ができるというわけです。

サーチコンソールの「ウェブに関する主な指標」機能の使い方②

モバイルユーザビリティ

モバイルユーザビリティは、 主に、モバイルフレンドリーのチェックに使います。
このモバイルユーザビリティを使うには、メニューの拡張から「モバイルユーザビリティ」をクリックします。
すると、「エラー」と「有効」それぞれのURLの数がわかります。

サーチコンソールの「モバイルユーザビリティ」機能の使い方①

また、下部の詳細では、細かいステータスが確認できます。
例えば、エラーの内容やそのエラーの該当ページURLまで確認できます。
なので、その内容をもとにエラーを修正して、改善することが可能というわけです。

メッセージ

メッセージは、 検索パフォーマンスの問題を全体的に確認するために使います。
このメッセージを使うには、上部のメニューから「ベルマーク」をクリックします。(※届いてる通知の数が赤く表示されます。)

サーチコンソールの「メッセージ」機能の使い方①

サーチコンソールの「メッセージ」機能の使い方②

サーチコンソールのよくある質問

サーチコンソールとは何か? サーチコンソールとは、Google検索でのWebサイトのパフォーマンスが分析できるツールのことです。略して、「サチコ」とも呼ばれ、2015年5月20日に「Googleウェブマスターツール」から名称が変わりました。サーチコンソールの意味について詳しくはこちら⇒ サーチコンソールで何ができる? サーチコンソールでできることは、主に「Google検索での表示状況の確認」や「リンク状況の確認」「サイトの情報提供」「サイトの問題点の把握」です。サーチコンソールでできることについて詳しくはこちら⇒

まとめ:サーチコンソールを活用して、サイトの検索パフォーマンスを管理しよう

一方、サーチコンソールを使わなければ、検索パフォーマンスがわかりません。
具体的には、Google検索での表示回数やクリック数、検索順位などがわかりません。
この場合、検索順位の低さや高さ、検索流入の多さや少なさなどの検索パフォーマンスが把握できません。
そうなれば、仮に検索順位が低くても必要なSEO対策が行えない可能性が高まります。
結果、検索流入が増えずに見込み客の獲得が停滞もしくは減退するので、申込や問い合わせといったコンバージョンの増加が期待できないでしょう。

こうした悪い状況を回避する為に、 サーチコンソールを活用して、サイトの検索パフォーマンスを管理しましょう。

検索順位の推移

例えば、ユーザーの検索意図を無視したり、関連性の低いコンテンツを増やす、内部リンクの最適化など疎かにします。
この場合、SEO対策の質が下がります。
そうなれば、ページやサイト自体の品質が上がらないので、Googleに評価されづらくなります。
結果、検索順位が上がらないというわけです。

インテルのCPU「Atom」の性能について初心者向けに解説する

CPUの選び方

パソコンを選ぶ際に難しく感じるのが、パソコンの性能を示すパラメータが非常に多く、「 何をどう見れば良いのかがわからないこと 」です。

最初に述べておくと、 モバイル向けのAtom CPUは開発を終えており、市場からはAtom CPUを搭載したパソコンは少なくなりつつあります

Atom(アトム)とは

省電力を重視した、タブレット・ネットトップ向けCPU(でした)

高速起動、 長い駆動時間 、高解像度 Ultra HD 4K マルチメディア、および 1 秒当たりのフレーム数 (FPS) が多いストリーミングへの対応を実現した モバイル デバイス

タブレットや最廉価モデルに搭載されるCPU

  • Atom x7 x5 x3プロセッサ:タブレットやネットトップ向け
  • Atom Cプロセッサ:サーバー向け
  • IoT向けAtomプロセッサ:組み込み向け

私たちが市販するパソコンでAtomの名を見るなら、それはAtom x7 x5 x3プロセッサのいずれかです。

例えば、3~4万円で購入できるASUSのTransBook スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 Mini T102HAはAtom x5プロセッサを搭載していますね。

余談:一部はPentiumやCeleronの名で販売

もしあなたが中古でCeleron N・JシリーズやPentium スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 N・Jシリーズの搭載されたパソコンを手にすることがあれば、それは元はAtom系列のCPUだったことを表します。

Atomの特徴

メリット:省電力性を重視し、長時間の持ち運びに対応

一般に CPUは、性能が高いほど電力消費も激しいので、省電力性が重視されたAtomは性能が犠牲に なっています。

例えば、先ほど例題に挙げたTransBook Mini T102HAのバッテリー持ち時間は公称値で12.6時間です。

デメリット:性能が低い

繰り返しますが、 CPUは 性能が高いほど電力消費も激しいので、省電力性が重視されたAtomは性能が犠牲に なっています。

ここまでまとめると

  • Core i3は中間的な性能と価格のモデル。ハイパースレッディングに対応
  • 性能は犠牲になる代わりに高い省電力性が特徴。屋外での長時間利用などに

Atomでできること・できないこと

難しいことはたくさんある

そもそもAtom搭載のパソコン(Celeron N・JシリーズやPentium N・Jシリーズも含む)は、

  • 画面(解像度)が小さい
  • メモリが少ない
  • ストレージにeMMC採用(= ファイルの保存容量が少ない)

など、 CPU以外の性能もかなり低く設定されています

できること

Microsoft Officeなどの利用(できればグーグルオフィススィートを)

ただ、 前述の通りにストレージの容量が少なく抑えられているので、グーグルドキュメントやスプレッドシートなど、オンラインで利用し、オンラインに保存できるアプリケーションを利用したほうが良い です。

インターネット閲覧

Atom搭載のパソコンを高速化させるならば

AtomはFX・株取引に向いているか

金融商品名向き・不向き
FX・株・先物
(デイトレ)
×

(長期投資)
投資信託
その他資産運用
  • Atomは低消費電力を重視したCPU。モバイル向けの開発は終えているので、今後採用PCは市場から減る見込み
  • 用途はウェブサイトの閲覧程度に限定され、クリエイティブな用途には一切向いていない。性能が分かっている人向けのPCとも言える
  • とにかく安価なので、屋外で投資信託や個人向け国債の売買する、みたいな用途なら使える

タブレットPCならともかく、書類作成や動画視聴など、日常的な利用を目的とするパソコンを購入するなら、もっと性能の高いものを選ぶことをオススメします。

【JavaScript】if文で配列に要素があるかないかを調べるときの注意点|lengthを使う。array[0] == nullはNG(nullも要素とみなされる)

javascript-prograshi(プロぐらし)-kv

JavaScript

配列の一つ目が空のはずだから、 array[0] == null としていはいけません。

array[0]==null としてはいけない理由

しかし、この記述は使えません。なぜなら、 配列の中に「null」が存在することがある ため(存在できるため)です。

注意:ひっかけ

対処法|lengthを使う

注意点|nullも一つの要素とみなす

例えば、配列「array」の値が [ null スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 ] だとすると、 array.length は1になります。

【JavaScript】if文条件式の中の「||」とは何か?縦線(パイプ)2つ。||と&&の違いを実例で解説

【JavaScript】shorthand property(ショートハンド プロパティ)とは何か?エラーの対処法:Uncaught SyntaxError: Invalid shorthand property initializer(初心者向け、わかりやすい、プロパティ名の省略)

【JavaScript】spliceとは何か?使い方を実例で解説|配列の指定した場所に要素を追加する方法(破壊的)

【JavaScript】指定した文字列や数値を抜き出す/変換・置換する方法(正規表現を使った便利なメソッド一覧)|

【JavaScript】シャローコピーとディープコピーとは何か?意味や変換・書き換え方法を実例で解説|スプレッド構文(…)で値が置き換わる場合の対処法(初心者向け、わかりやすい)

【JavaScript】指定した文字列を含むか調べる便利な方法|startsWith, endsWith, indexOf, lastIndexOf, search, test

カテゴリー

サイト運営者

shin

export defaultでimport fromした関数のエラー対処法:TypeError: Object(…) is not a function, [Vue warn]: Error in render

カテゴリー

Proぐらし(プロぐらし)

サイト運営者

shin

【JavaScript】shorthand property(ショートハンド スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 プロパティ)とは何か?エラーの対処法:Uncaught SyntaxError: Invalid shorthand property initializer(初心者向け、わかりやすい、プロパティ名の省略)

[初心者向け]Discord(ディスコード)とは|使い方から注意点まで解説

あなたはIPv4で接続中

1.Discordの「公式サイト」にアクセスする
2.トップ画面の「Discordをブラウザで開く」をクリックする

3.生年月日を入力する

【サーバーを作成する場合】

4.「オリジナルの作成」をクリックする スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説


5.サーバー名を入力する


6.登録アドレス宛に送信されたメールを確認し、認証を行う

discord19

7.メールアドレスとパスワードを設定してアカウントを作成する

【招待されたサーバーに参加する場合】

4.「もう招待されていますか?サーバーに参加」をクリックする


5.サーバーの招待リンクを入力して「参加」をクリック

スマホ版の始め方

1.アプリを起動する
2.「登録」をタップする
3.電話番号orメールアドレスを入力する スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
4.「ユーザー名」「パスワード」を設定する
5.生年月日を入力する
6.アプリ内で認証手続きを行う

【サーバーを作成する場合】

7.「+」をタップする
8.「オリジナルの作成」をタップする
9.サーバー名を入力する

【招待されたサーバーに参加する場合】

7.「+」をタップする
8.「Discordにいる友達に会おう」をタップする
9.サーバーの招待リンクを入力する

【高すぎる】仮想通貨の手数料を安く抑える8つの方法|損しない暗号資産の買い方とは?

【どこ?】仮想通貨の手数料を安く抑えられる取引所を比較| 損せず儲けるためのコツとは?

メタバース・仮想通貨

知らない人は仮想通貨を買った時点で損してる? 暗号資産を始めるなら手数料の知識は必須です。 スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説

この記事では、 仮想通貨取引所を比較して、手数料を安く抑えるための8つの方法 をお伝えします。

仮想通貨の値動きで損をする以前に、手数料だけでどんどんお金が減っていくのです。

【仮想通貨の手数料とは? 暗号資産の取引で発生する手数料一覧】

【仮想通貨の取引にかかる手数料(コスト)の種類|スプレッドって何?】

  • 日本円の入金&出金にかかる手数料
  • クレジットカード決済手数料
  • 仮想通貨取引所での売買手数料(スプレッド)
  • 仮想通貨の送金手数料(ガス代)

・日本円を取引所に入金&出金するための手数料

そこでかかってくるのが「振り込み手数料」です。仮想通貨を買うために入金するときと仮想通貨取引所から銀行口座に出金するときの両方で振り込み手数料が必要になります。

ですので、 自分の持っている銀行と提携している仮想通貨取引所を使う か、 使いたい仮想通貨取引所が提携している銀行の口座を先に作っておく と良いでしょう。

・クレジットカード決済手数料

・仮想通貨取引所でのコイン売買手数料(スプレッド)

つまり、 仮想通貨を購入する場合にはどちらにしても手数料がかかる ということ。

・仮想通貨の送金手数料(ガス代)

NFTの購入やDefiを使って仮想通貨を運用したい、または、国内の取引所で扱いのないアルトコインを買いたい場合には、 国内の仮想通貨取引所で買ったコインを仮想通貨ウォレットや海外の仮想通貨取引所に移す必要があります。

その際にかかるのが送金手数料です。通称「ガス代」とも呼ばれるます。

【仮想通貨の高すぎる手数料を抑えよう!安く買うための8つの方法】

【仮想通貨で損せず儲けるには? 高すぎる手数料を安く抑えて暗号資産を購入する7つのコツ】

【手数料を安く抑えて仮想通貨を買う方法】

  1. 提携銀行から即時入金を使って入金手数料を抑える
  2. 販売所ではなく取引所で購入する
  3. 販売所で購入する場合はスプレッドの狭い販売所で購入する
  4. 取引したい仮想通貨の手数料が最安のところを選ぶ
  5. 仮想通貨送金手数料が無料の取引所を使う
  6. 送金手数料の安い仮想通貨を購入する
  7. 送金はガス代の安い早朝に行う
  8. 目的に合わせて取引所を選ぶ

1、仮想通貨取引所の提携銀行から入金する

2、「販売所」ではなく「取引所」で購入する

ですので、 手数料を安く抑えるためには仮想通貨取引所内の「取引所」 で購入するようにしましょう。

3、販売所で購入する場合はスプレッドの狭い販売所で購入する

そのため、販売所で買いたいという方もいらっしゃるでしょう。その場合は スプレッドの狭い(手数料の少ない)仮想通貨取引所を利用する と良いです。

4、取引所で買う場合は買いたいコインの手数料を比較して最安のところを選ぶ

取引所で購入すれば販売所よりも安く購入できるとお伝えしてきましたが、 実は取引所で購入するにしてもサイトごとに手数料が異なります。

5、送金手数料が無料の取引所を使う

6、送金手数料の安い仮想通貨を購入する

どうしても今使っている取引所から送金する場合には、 送金手数料の安いコインを買って送金する という手もあります。

7、仮想通貨の送金はガス代の安い早朝に行う

仕組みとしては、ざっくりと 「利用者の多い時間帯はガス代が高い」 と覚えておくと良いでしょう。

7、仮想通貨の送金はガス代の安い早朝に行う

8、目的に合わせて最適な取引所を選ぶ

かかってくる手数料の種類は取引所ごとに変わります。そのため、 誰にとってもベストな取引所というものはなく、使う用途によって最適な仮想通貨取引所は異なるというのが現状です。

【仮想通貨取引所はどこを使うべき? 手数料を安く抑えられる取引所を比較】

【おすすめの仮想通貨取引所を比較|あなたに最適な取引所の選び方】

仮想通貨を購入するには、仮想通貨取引所で口座を作らなくてはなりません。

  • 購入したらずっと保有し続けたい人
  • NFT、Defi、メタバースなどに興味がある人
  • 価値が爆上がりするコインを買って億り人を目指したい人

・購入したらずっと保有し続けたい人におすすめなのは「コインチェック」

コインチェック

【コインチェックをオススメする理由】

  1. 暗号資産積立サービスがあるので、何もせずに毎月仮想通貨を買い増しできる
  2. スプレッドとの違いを初心者向けにやさしく解説
  3. 最大年率5%の貸仮想通貨サービスがガチホとの相性が良い
  4. 流出事件後に安心で堅固なセキュリティを構築し、信頼を取り戻した

逆に、 長期保有で儲けたい方にとっては「暗号資産積立サービス」や「貸暗号資産サービス」との相性がバッチリです。

コインチェック

仮想通貨取引所ランキング

暗号資産取引所の口座開設方法

・NFT、Defi、メタバースなどに興味がある人におすすめなのは「GMOコイン」

GMOコイン

これを仮想通貨の「送金」と言うのですが、 国内の仮想通貨取引所のほとんどで送金手数料がかかります。

そんな送金手数料で損をせずに済むのがGMOコインの最大の特徴です。

【GMOコインをオススメする理由】

  1. 取引手数料・出入金手数料・送金手数料が無料だからお得に使える
  2. 取り扱いコイン数は国内最多だから欲しいコインを手に入れやすい
  3. 金融大手のGMOが運営しており、使いやすさ・セキュリティ・サポートに定評がある

GMOコイン

それがGMOコインなら、仮想通貨の送金手数料が0円。 NFT・メタバース・DeFiに興味があって仮想通貨を買ってみたい方にとっては、ほぼここ一択だと言えます。

・2021年「暗号資産取引所現物取引ランキングNo1」に選出
・仮想通貨の送金手数料だけでなく、入出金手数料も無料
・コールドウォレット、2段階認証、定期的な脆弱性防止対策の実施でセキュリティ強化
・審査完了までが早い(最短即日)
・最大2倍のレバレッジ取引可能
・最大年率3%の貸暗号資産サービスも利用可能
・少額投資には少し不利(最低入金額は1000円でも最低出金額が1万円)

・アルトコインを買って億り人を目指したい人におすすめなのも「GMOコイン」

GMOコイン

世界には何千種類ものアルトコインがあるとお伝えしましたが、 実はそのほとんどが日本国内の仮想通貨取引所では購入できません。

GMOコイン

日本国内で買えないアルトコインは、「バイナンス」という海外の仮想通貨取引所で購入するのが一般的な方法です。

1、国内の仮想通貨取引所とバイナンスのアカウントを作る
2、国内の仮想通貨取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入する
3、購入したコインをバイナンスの自分のアカウントに送金する
4、バイナンスに送金したコインで他のコインを買う

GMOコインは先ほどNFTを購入したい人におすすめの取引所でも登場しましたが、やはり 仮想通貨の送金手数料が無料というポイントが非常に大きなメリットです。

コインチェックとビットフライヤーはスプレッド高すぎて損しますね。bitbank とGMOは安定もしてて手数料もほぼ無料なの多いので、仮想通貨歴長い人はほぼこの二つしか使わないですね^_^

— 副業オタクにゃふ~@楽過ぎる副業 (@hukugyootaku) November 27, 2021

草コインやアルトコインで稼ぎたい方は、仮想通貨の送金手数料0円で使いやすい「GMOコイン」で口座を作るのが最適です。

暗号資産取引所の口座開設方法

【仮想通貨の手数料が安い取引所は「GMOコイン」】

もっとも費用のかかる「送金手数料」が無料になるのは、仮想通貨取引をする上で非常に大きなメリット。

実は仮想通貨投資をする人の多くは、複数の仮想通貨取引所の口座を作っています。 目的に合わせて使い分けているのです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる