インサイダー取引

サポートラインとレジスタンスライン

サポートラインとレジスタンスライン
オリジナルインジケーター

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【仮想通貨:ビットコイン】高値9160ドルからの下落…どこまで落ちるの?恐怖を支えるラインとは??

この記事のポイント

  • 支持線(サポートライン)8280ドル
  • 支持線を割ると次のステージ8000ドル、7700ドル、7600ドル
  • 上値は重そうなので8450ドルが抵抗線(レジスタンスライン)となりそう
  • 上昇は9160ドルを超えたのを確認してから
  • 買い遅れる事を今は意識しすぎないように注意する(狼狽売りの急落はまだ起こる可能性あり)

ちょっと余談話…よだばな

私は浸しみやすく サポートラインとレジスタンスライン サポートラインとレジスタンスライン 『仮想通貨』 と呼ばせてもらってるけど、金融庁としては 『暗号資産』 と呼ぶ事になっているのを皆は忘れてないかい??

いやね、この前たまたまお店で見てたNHKのニュースで普通に 『仮想通貨』 って言ってたのでね 。

いやいや、これはね仮想通貨は 『仮想通貨』 として流行った過去があり『通貨』という言葉がジャパニーズ円やUSドルのような通貨と同じように思われないように金融庁は サポートラインとレジスタンスライン 『資産』 と言う言葉で国民が勘違いしないように決めた呼び名なんだけどね、

『暗号資産』 って言葉に皆ついて来ないのなんのw

だから金融庁も 【暗号資産(仮想通貨)】 って()の中に仮想通貨って書いてる始末(…じゃあええやんけ)

そもそも 【仮想通貨】 の名で有名になったビットコインその他アルトコイン達は 【仮想通貨】 として流行ったのだから、

【投資トレーニング通信⑤:転載】ラインを学ぶ:『サポートライン』『レジスタンスライン』『トレンドライン』とは?

① 原理原則を学ぶ:『テクニカルトレード』で最も意識すべきはどこ?
② 原理原則を学ぶ:『トレンドの定義』と『転換シグナル』の重要性について。
③ 原理原則を学ぶ:意識すべき4つの本質的な要素について。
④ ラインを学ぶ:『ライン』を使ったトレードはなぜ有効性が高いのか?
⑤ ラインを学ぶ:『サポートライン』『レジスタンスライン』『トレンドライン』とは?
⑥ ラインを学ぶ:『押し目買い』『戻り売り』の適切なエントリータイミングは?
⑦ ラインを学ぶ:『ライントレード』実践の基本的な考え方。
⑧ ラインを学ぶ:エントリーと決済に関する基本的な考え方。

今回は、皆様にとっては比較的に目にしやすい情報ですが、
『サポートライン』『レジスタンスライン』『トレンドライン』に関して、
お届けしたいと思います。

トレンドの上下運動を繰り返す値動きの山と谷は、
売り圧力に勝る買い圧力が存在する“谷”を“サポート”と呼び、
買い圧力に勝る売り圧力が存在する“山”を“レジスタンス”と呼びます。

その、“サポート”サポートラインとレジスタンスライン と“レジスタンス”に対して、
実際に『ライン』を引いたものが、
『サポートライン』や『レジスタンスライン』です。

大きな時間足から小さな時間足に切り替えながら、
その時間足で顕著に“山”とや“谷”と認識できる、
比較的現在値に近いところだけに引いていくと良いです。

その判断は、
1.どのくらい長い時間そこで取引が行われたか
2.どれくらいのボリュームか
3.どれくらい最近の取引か
の3つの要因で決まり、
こちらに当てはまるほどに、
その『ライン』に“多数決”の意識が集まりやすいのです。

ちなみに、
2.どれくらいのボリュームかに関しては、
『ライン』が抵抗を受けた回数などを確認する事で補うことが可能です。
(厳密には違います。)

2回以上抵抗を受けている
“サポート”や“レジスタンス”は強く意識されやすく、
ブレイクポイントとして良い狙い目となります。

相場には、
売りと買いの両圧力が均衡した時に起こる“トレンドレス”があり、
それが長く続けば、売りと買いの圧力が両方とも高まります。

何度も抵抗を重ねた“サポート”や“レジスタンス”は強く意識されやすく、
ブレイク後の勢いが強くなりやすいため、
ブレイクを待って、追随を狙うと非常に効果的です。
そして、次に『トレンドライン』に関してご説明します。

意外と『トレンドライン』に関して、
正しい知識を持たない人が多い様ですので、
ぜひ、今回でご理解いただければと思います。

『トレンドライン』も、
『ダウ理論』に派生した最も有効なテクニカルツールとして、
『サポート』や『レジスタンス』と同等に知名度が高く、
世界中のトレーダーの多くが強く意識しています。

トレンドの概念として、
動き始めたトレンドはしばらく継続するとありますが、
『トレンドライン』により決定(3接点)されたトレンドは、
一定の速度を持って傾き(角度)も継続する傾向にあります。

つまり、『トレンドライン』は確定される事で、
トレンドの『押し目買い』『戻り売り』ポイントや、
『トレンドライン』のブレイクによる
トレンド転換の時期も示してくれるのです。

ポイント5とポイント7は、
新規買いもしくは買い増しの場所となり、
エントリータイミングは、
4→5や6→7の小さな下げ調整トレンドに
『転換シグナル』が出た時とします。

ポイント9でこの『ライン』がブレイクしたため、
この角度でのトレンドは終わり、
買いポジションは決済をすべきですが、
完全なトレンドの転換と見るには、
ポイント7の直近安値を下抜けて
『転換シグナル』が確認された場合をいいます。

下降トレンドラインが決定(3接点)されていれば、
『ライン』近くまで買われたところは次の売り場として意識されます。

ポイント5とポイント7は
新規売りもしくは売り増しの場所となり、
タイミングは4→5や6→7の小さな上げ調整トレンドに
『転換シグナル』が出た時とします。

ポイント9でこの『ライン』がブレイクしたため、
この角度でのトレンドは終わり、
売りポジションは決済をすべきですが、
完全なトレンドの転換と見るには、 サポートラインとレジスタンスライン
ポイント7の直近高値を上抜けて
『転換シグナル』が確認された場合をいいます。

実際にラインを引く際には、
上図の様に、上げトレンドの起点はトレンドの最安値とし、
そこから現在値の方向にトレンドの最高値までの安値と安値2点触れる角度の
『ライン』を枝分かれしながら引くと良いです。

トレンドの反転サインとされる
ダブルトップやダブルボトムなども、
これまでの説明をご理解いただけると、
説明図を見るだけでご理解いただける部分が多いかと重います。

【反発する水平ラインを自動で】ピボットポイントMT4インジケーター

オリジナルインジケーター

MT4一括決済インジケーターFund Manager

【10万円相当】超高性能インジケーター(EA)を全員にプレゼント

「Fund Manager」の機能

今までなかったピボットポイントMT4インジケーター「Multi-Pivots」

  • 再現性の高いトレードができるようになります
  • マルチタイムフレーム分析が上手くなります
  • 押し目買い、戻り売り、ブレイクアウトするべきポイントがわかるようになります
  • 反発しやすいラインがわかります
  • 今までになかったピボットポイントで分析ができます

「ピボットポイント」とはどんなインジケーター?【基本を解説】

ピボットポイントをすごく簡単に説明すると、 意識されやすい価格に サポート(支持)、レジスタンス(抵抗)を自動で表示してくれる インジケーターです。

ピボットポイントの種類

ピボットポイント種類

  • デイリーピボットポイント(DP、日足)→1日限定のサポート、レジスタンス
  • ウィークリーピボット(WP、週足)→1週間限定のサポート、レジスタンス
  • マンスリーピボット(MP、月足)→1か月限定のサポート、レジスタンス

ピボットポイントが人気の理由 「設定不要で反発するラインがわかる」

ピボットポイントとサポート、レジスタンスライン

ピボットポイントが人気の理由は 「設定が必要なく、誰でも同じ反発しやすいライン(価格)を見れる」 からです。

別の言い方をすると、 「誰のチャートにも同じように表示される」 です。

ピボットポイントは 設定が必要なく 初 心者から上級者まで同じサポート、レジスタンスを見ることができるのが人気の理由です。

裁量でライン(サポート・レジスタンス)を引くのはやめるべき

ラインを裁量(自分の感覚)で引くデメリットとして、

裁量でラインを引くことによって、チャート分析する時に迷ったり、引いたラインに自信を持てなかったり するというのはよくあることなので、できるだけラインは裁量なしで引くことをおすすめしています。

ピボットポイントMT4インジケーター「Multi-Pivots」の4つの特徴

  • 様々な時間軸「1時間足~年足+マーケット」 ピボットを表示できる
  • ピボットをボタン ワンクリックで 表示、非表示 できる
  • 過去のピボット を好みで表示、非表示できる
  • S1(R1)~ S5(R5) までのピボットを好みで表示できる

特徴① 業界初? 様々な時間軸のピボット を表示できる

ピボットポイント時間軸

  • 月足ピボットは1か月間意識されやすいサポート、レジスタンス
  • 週足ピボットは1週間意識されやすいサポート、レジスタンス
  • 日足ピボットは1日意識されやすいサポート、レジスタンス
  • 4時間足ピボットは今の4時間足で意識されやすいサポート、レジスタンス

期間限定の水平ラインという感じで、 各時間軸で意識される価格が設定なしで認識できる ようになります。

「Multi-Pivots」で表示できる時間足

トレンドフォローするのに上位足の流れが大事 だというのは誰もが知っていると思います。

上位足のピボットを使うことで、上位足の流れを簡単に把握できるようになるので、 トレンドフォローを意識したトレードができるようになります。

特徴② ボタンワンクリックで ピボットを表示・非表示 できる

「Multi-Pivots」は ボタンワンクリックでピボットを表示、非表示 することができます。

特徴③ 過去のピボット を好みで表示・非表示できる

「Multi-Pivots」は 過去のピボットを非表示(調節)にすることができます

無料でダウンロードできるピボットポイントは 過去のピボットは全て表示 されるので、上位足を見る時ラインだらけで ローソク足が見にくくなるのがデメリット でした。

過去のピボット非表示

「Multi-Pivots」は過去のピボットを好みで表示 させられます。

特徴④ S1(R1)~S5(R5)のピボット 表示+好みで表示

「Multi-Pivots」は S1(R1)~S5(R5) まで表示することができます。

「Multi-Pivots」表示できるサポート、レジスタンス

さらに、 ピボットを好みで表示 することもできます。

おそらくR5(S5)を表示できるピボットはネットを探してもありません

「Multi-Pivots」機能まとめ

  • 様々な時間軸「1時間足~年足+マーケット」 ピボットを表示できる
  • ピボットをボタン ワンクリックで 表示、非表示 サポートラインとレジスタンスライン できる
  • 過去のピボット を好みで表示、非表示できる
  • S1(R1)~ S5(R5) サポートラインとレジスタンスライン までのピボットを好みで表示できる

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」を使う5つのメリット

メリット① マルチタイムフレーム分析 が上手くなります

メリット② フラクタル構造 を利用したトレードができるようになります

毎回チャート分析に悩んだり、ブレたりするということがなくなります

メリット③ 再現性の高いトレード ができるようになります

メリット④ 相場分析がしやすくなります

今までのピボットのデメリット

メリット⑤ 今までなかったピボット で分析できる

ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」の実践的な使い方【一部公開】

ピボット使い方① サポート・レジスタンスでトレード

ピボットポイントでエントリー利食い

ピボット使い方② トレンドの方向がわかりやすい

トレンド方向の見方①

ピボットポイントとトレンド方向

ピボットポイントの上に価格があれば上昇しやすく、価格が下にあれば下降しやすい という、シンプルな考え方になります。

トレンド方向の見方②

ピボットポイントの切り上げ、切り下げ

ピボット使い方③ トレンドの強弱

ピボットポイント間隔

その他のピボットの使い方は特典

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」をおすすめしないトレーダー

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」はこんなトレーダーにおすすめ

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」の購入特典

特典① インジケーターの取扱説明書

特典② インジケーター永久サポート

特典③ ピボットポイントの実戦的な使い方

  1. ピボットポイントを使ったトレード方法
  2. ピボットポイントでフラクタル構造を意識した分析方法
  3. ピボットポイントを使ったマルチタイムフレーム分析方法

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」のダウンロード方法

最初に記載した通り、 サポートラインとレジスタンスライン トレードで勝てないのは「再現性が低い」ことが原因になっていることが多いです。

ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」

Check out the YTCインジケータサポート community on Discord - hang out with 471 other members and enjoy free voice and text chat.

MT4ピボットポイントインジケーター「Multi-Pivots」のよくある質問

ゴールドやどの通貨ペアでも使えますか?

ボタンは移動できますか?

ボタンのサイズは変更できますか?

MT5では使えますか?

サポート、レジスタンスラインの色や形状は変更できますか?

R3、S1、価格などの表記は非表示にすることができますか?

リペイントはしますか?

背景を塗りつぶすことはできますか?

ピボットにタッチしたらアラートする機能はありますか?

ピボットポイント使えば勝てますか?

Check out the YTCインジケータサポート community on Discord - hang out with 471 other members and enjoy free voice and text chat.

【著作権について】 当コミュニティYTCは著作権法で保護されている著作物です。 下記の点にご注意戴きご利用下さい。本講座の著作権はyaniに属します。 著作権者の許可なく、本講座の全部又は一部をいかなる手段において も複製、転載、流用、転売等することを禁じます。本講座の閲覧をもって下記の事項に同意したものとみなします。本講座は秘匿性が高いものであるため、著作権者の許可なく、このコンテンツの全部又は一部をいかなる手段においても複製、転載、流用、転売等することを禁じます。 著作権等違反の行為を行った時、その他不法行為に該当する行為を行った時 は、関係法規に基づき損害賠償請求を行う等、民事・刑事を問わず法的手段 サポートラインとレジスタンスライン による解決、強制退会を行う場合があります。本講座に書かれた情報は、作成時点での著者の見解等です。著者は事前許可を得ずに誤りの訂正、情報の最新化、見解の変更等を行う権利を有し ます。本講座の作成には万全を期しておりますが、万一誤り、不正確な情報等 がありましても、著者・パートナー等の業務提携者は、一切の責任負わないことをご了承願います。本講座のご利用は自己責任でお願いします。本講座の利用することにより生じたいかなる結果につきましても、著者・パートナー等の業務提携者は、一切の責任を負わないことをご了承願います。

・一括、分割決済
・トレード履歴
・トレール7種類
・スクリーンショット
・ロット計算
・強制資金管理
・LINE通知

【投資トレーニング通信⑤:転載】ラインを学ぶ:『サポートライン』『レジスタンスライン』『トレンドライン』とは?

① 原理原則を学ぶ:『テクニカルトレード』で最も意識すべきはどこ?
② 原理原則を学ぶ:『トレンドの定義』と『転換シグナル』の重要性について。
③ 原理原則を学ぶ:意識すべき4つの本質的な要素について。
④ ラインを学ぶ:『ライン』を使ったトレードはなぜ有効性が高いのか?
⑤ ラインを学ぶ:『サポートライン』『レジスタンスライン』『トレンドライン』とは?
⑥ ラインを学ぶ:『押し目買い』『戻り売り』の適切なエントリータイミングは?
⑦ ラインを学ぶ:『ライントレード』実践の基本的な考え方。
⑧ ラインを学ぶ:エントリーと決済に関する基本的な考え方。

今回は、皆様にとっては比較的に目にしやすい情報ですが、
『サポートライン』『レジスタンスライン』『トレンドライン』に関して、
お届けしたいと思います。

トレンドの上下運動を繰り返す値動きの山と谷は、
売り圧力に勝る買い圧力が存在する“谷”を“サポート”と呼び、
買い圧力に勝る売り圧力が存在する“サポートラインとレジスタンスライン 山”を“レジスタンス”と呼びます。

その、“サポート”と“レジスタンス”に対して、
実際に『ライン』を引いたものが、
『サポートライン』や『レジスタンスライン』です。

大きな時間足から小さな時間足に切り替えながら、
その時間足で顕著に“山”とや“谷”と認識できる、
比較的現在値に近いところだけに引いていくと良いです。

その判断は、
1.どのくらい長い時間そこで取引が行われたか
2.どれくらいのボリュームか
3.どれくらい最近の取引か
の3つの要因で決まり、
こちらに当てはまるほどに、
その『ライン』に“多数決”の意識が集まりやすいのです。

ちなみに、
2.どれくらいのボリュームかに関しては、
『ライン』が抵抗を受けた回数などを確認する事で補うことが可能です。
(厳密には違います。)

2回以上抵抗を受けている
“サポート”や“レジスタンス”は強く意識されやすく、
ブレイクポイントとして良い狙い目となります。

相場には、
売りと買いの両圧力が均衡した時に起こる“トレンドレス”があり、
それが長く続けば、売りと買いの圧力が両方とも高まります。

何度も抵抗を重ねた“サポートラインとレジスタンスライン サポート”や“レジスタンス”は強く意識されやすく、
ブレイク後の勢いが強くなりやすいため、
ブレイクを待って、追随を狙うと非常に効果的です。
そして、次に『トレンドライン』に関してご説明します。

意外と『トレンドライン』に関して、
正しい知識を持たない人が多い様ですので、
ぜひ、今回でご理解いただければと思います。

『トレンドライン』も、 サポートラインとレジスタンスライン
『ダウ理論』に派生した最も有効なテクニカルツールとして、
『サポート』や『レジスタンス』と同等に知名度が高く、
世界中のトレーダーの多くが強く意識しています。

トレンドの概念として、
動き始めたトレンドはしばらく継続するとありますが、
『トレンドライン』により決定(3接点)されたトレンドは、
一定の速度を持って傾き(角度)も継続する傾向にあります。

つまり、『トレンドライン』は確定される事で、
トレンドの『押し目買い』『戻り売り』ポイントや、
『トレンドライン』のブレイクによる
トレンド転換の時期も示してくれるのです。

ポイント5とポイント7は、
新規買いもしくは買い増しの場所となり、
エントリータイミングは、
4→5や6→7の小さな下げ調整トレンドに
『転換シグナル』が出た時とします。

ポイント9でこの『ライン』がブレイクしたため、
この角度でのトレンドは終わり、
買いポジションは決済をすべきですが、
完全なトレンドの転換と見るには、
ポイント7の直近安値を下抜けて
『転換シグナル』が確認された場合をいいます。

下降トレンドラインが決定(3接点)されていれば、
『ライン』近くまで買われたところは次の売り場として意識されます。

ポイント5とポイント7は
新規売りもしくは売り増しの場所となり、
タイミングは4→5や6→7の小さな上げ調整トレンドに サポートラインとレジスタンスライン
『転換シグナル』が出た時とします。

ポイント9でこの『ライン』がブレイクしたため、
この角度でのトレンドは終わり、
売りポジションは決済をすべきですが、
完全なトレンドの転換と見るには、
ポイント7の直近高値を上抜けて
『転換シグナル』が確認された場合をいいます。

実際にラインを引く際には、
上図の様に、上げトレンドの起点はトレンドの最安値とし、
そこから現在値の方向にトレンドの最高値までの安値と安値2点触れる角度の
『ライン』を枝分かれしながら引くと良いです。

トレンドの反転サインとされる
ダブルトップやダブルボトムなども、
これまでの説明をご理解いただけると、
説明図を見るだけでご理解いただける部分が多いかと重います。

ゴールド相場見通し|FX/GOLD/XAUUSD/金価格|2022年7月6日チャート今後の予想


(参照:FRED)

具体的には、 雇用の状況であったり、企業ごとの決算/ガイダンス などです。

中期的には下目線優勢なテクニカル状況

4時間足ベースで見ると、グレーの中期レンジを下にブレイクして、 高値の切り下げを大きな波の単位で継続 していることがわかります。

短期的にはファンダメンタルの変数が多い

中長期の話をすると金価格の見通しは暗めでしたが、 短期的なお話をすると中立気味 となります。

こういったファンダメンタルの要素も週の後半には控えているので、 短期的には反発が1800ドル近くまで登ってくるのも想定の1つ として事前に認識しておくと良さそうです。

ゴールド相場(GOLD)_今後の注目ポイント

中期下降トレンドライン

1800ドルのレジスタンスエリア

1760ドルのサポートエリア

ゴールド(GOLD)の初トレードが不安な方へ

まず、 不安を感じることは大変良いこと です。
リスクを把握しようとする姿勢はトレードに欠かせません。

ボラティリティが高いゴールドでは、慣れない内に大きく損失を出す可能性があります。
急激な変動を見せるため、人によっては 1時間で資産をすべて溶かすケース も・・・

それを防ぐための 最低限の1意見 を書かせてください。

ゴールドのトレードなら海外業者の利用がおすすめ

ゴールドのトレードをするなら、海外業者のご利用を推奨いたします。
海外業者には ゼロカットシステム が採用されているためです。

FXを含め、CFD(差金決済取引)の際には レバレッジ をかけることが多いです。
レバレッジとは「入金額以上の金額規模でトレードを行うことができる仕組み」を指します。

レバレッジは諸刃の剣なので、100万円で1,000万円分の取引ができる反面、
100万円の資産でトレードしたにもかかわらず、1億円の負債を抱えるリスク もあります。

厳しい話をすると、 初心者であろうと投下資金以上の借金を抱える可能性 があります。

それを回避するのが海外業者採用のゼロカットシステムで、
「 投下資金以上の損失は計上しない仕組み 」となっております。

ゼロカットシステムによって、
最大損失は自分が入金した金額に限定しつつ、
勝ち分は無限に膨らませることができます。

それでも、「 海外 」という単語にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。

「よく分からない不安がある中で、海外業者も複数あるがどうすれば・・・」
という方には、 まずはXMという業者をおすすめいたします。

中には危険な海外業者も

逆に不安が全く無いというのは危険なので、
海外業者で起こり得る以下の事例 も紹介しておきます。

上記は私も相談を受けたことがありますが、
「よく分からないけどすごく条件が良かった」という理由のみで
口座開設をしてそうなったという内容がほとんどです。

ただでさえ金銭が動くトレードで、このような無駄な不安は取り除きたいと思います。
その観点では、「 海外業者に迷ったら最初はXM一択 」ぐらいで捉えておいても良いです。

私は ボーナスが充実している海外業者のGEMFOREX も活用していますが、
こちらは少し海外業者のトレードに慣れてからのほうがうまく活用できる印象です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる