FXってなに

2022年ベアマーケットのベストインバースETF

2022年ベアマーケットのベストインバースETF
  • ・ 寄前【板状況】<材料株>動向 【買いトップ】大泉製 【売りトップ】モイ [08.. (06/13)
  • ・ 寄前【板状況】注文ランキング 【買いトップ】日経Dインバ 【売りトップ】日.. (06/13)
  • ・<必見> 寄り付き直前チェック・リスト! (06/13)
  • ・今朝の注目ニュース! ★三井ハイテク、トーホー、ユークスなどに注目! (06/13)
  • ・心理的には25日線が位置する27000円辺りが意識されてくる可能性/オープニング.. (06/13)2022年ベアマーケットのベストインバースETF
  • ・伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月13日記)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─値上げラッシュを逆手に、投資チャンスをつ.. (06/12)
  • ・本日注目すべき【好決算】銘柄 三井ハイテク、オハラ、神島化 (10日大引け後 発表分)
  • 2022年ベアマーケットのベストインバースETF
  • ・脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 <株探トップ.. (06/11)
  • ・強弱材料:6/13

旦那は教師~元DH(歯科衛生士)の専業主婦による資産運用ブログ

元DH(歯科衛生士)の専業主婦による、「資産運用」と「子育て」についての備忘録です。また教師の妻が日々感じている「学校」の不思議についても発信します。

【祝】SBI証券、手数料無料で購入できる優良ETFが更に増えた件。

なんて銘柄も出てきていて、こういう時に ドル資産 を持つ重要性を感じます。中国株ADRの暴落によりSBI証券のNISA口座は一時期マイナスになったものの、現在は円安のため円ベースだと +20万円 の評価益となっています。中国株ADRが暴落しているのにまだプラスを維持できている理由はもちろん優良ETFのおかげです。

これから米国株投資を始めたいと考えている方に「おススメの証券会社は?」と聞かれたら真っ先に SBI証券 と答えますが、なんとそんなSBI証券が新たに買付手数料無料で購入できるETFの種類を拡充すると発表しました。元々超優良ETFと呼べるバンガード社のETFを中心として合計9銘柄が無料でしたが、おススメはやっぱり以下の3銘柄でした。

・VT(全世界株)

・VTI(米国市場全体)

・VOO(米国S&P500)

・QQQ(ナスダック100)

・VGT(情報技術セクター)

・SPYD(S&P500のうち高配当約80銘柄)

・AGG(米国債券)

・IYR(米国不動産)

VTI vs VOO

QQQ vs VGT

などがありますが、正直なところこれらの比較は 時間の無駄 です。細かいことを言えばQQQとVGTについては銘柄の違いはありますが、パフォーマンスはおそらく大差ありません。結局

「全世界or米国」

「S&P500orナスダック」

「高配当or連続増配」

何を目的とするかです。迷う人は1本に絞らず、複数のETFを組み合わせればOKですし、 「株式100%は心配」 という人は債券ETFであるAGGをトッピングすれば毎月分配金を貰いながらリスクを少しはコントロールできますね。また他銘柄と比べると手数料は高いですが、米国の不動産市場に興味があればIYRも加えればOK。ただそもそも1銘柄だけで分散が効いている超優良ETFばかりですので、あまり増やすのも・・といいつつシロクマ家はというとこんな感じです。

4月1日約定分よりQQQやSPYDなどの人気銘柄が買付手数料無料となりますので、「 非課税枠を埋めてもまだ余力がある ので特定口座でも投資をしたい」という方にはおススメですね。ちなみに私も100万円ほど投資していますが、SPYDは資産の最大化には向いていないと思います↓↓

f:id:ozukun3130:20220319065216p:plain

とここまではドル資産を持ちたい方向けの話ですが、おそらく多くの人はそこまでこだわる必要もなく、 手間なくストレスなくお金が少しでも増えれば良い と考えていると思います。そんな方におススメするのは結局のところ投資信託一択です。

【特報】 寄前【成行注文】買い越しランキング 日経Dインバ、きんでん、三井ハイテク [08:36]

日経Dインバ <日足> 「株探」多機能チャートより

寄り付き前の【成行注文】に基づいた情報|6月13日 8時36分04秒現在
(東証上場 4118 銘柄対象[ETF、REIT含む])

※単位 金額:万円、株数:千株
銘柄名 買い越し金額 ( 株数 ) 買い気配値 前日比 ( 比率 ) ニュース
日経Dインバ 143244 ( 3,665) 2022年ベアマーケットのベストインバースETF 2022年ベアマーケットのベストインバースETF 391 +14 ( +3.7%)
きんでん 54555 ( 283) 1,923 +400 (+26.3%)
三井ハイテク 50571 ( 42) 11,960 +400 ( +3.5%) 2-4月期経常は3倍増益で着地
WSCOPE 2022年ベアマーケットのベストインバースETF 43377 ( 263) 1,649 +138 ( +9.1%)
大泉製 27824 ( 207) 1,343 +299 (+28.6%) フェローテクがTOBを実施
楽天Wベア 26536 ( 169) 1,569 +60 ( +4.0%)
エニーカラー 18929 ( 25) 7,470 +960 (+14.7%)
ユークス 18907 ( 266) 710 +100 (+16.4%) 2-4月期経常は62%増益
WTI原油 18803 ( 54) 3,460 -50 ( -1.4%)
iFEナ百ベ 16130 ( 4) 37,910 +7,000 (+22.6%)
トーホー 14234 ( 93) 1,524 +300 (+24.5%) 上期経常を一転黒字に上方修正
東ガス 12317 ( 44) 2,744 +30 ( +1.1%)
音通 11981 ( 4,631) 26 0 ( 0.0%)
近鉄エクス 7630 ( 18) 4,170 -5 ( -0.1%)
長谷工 7390 ( 45) 1,629 +37 ( +2.3%)
リミックス 6951 ( 94) 740 +26 ( +3.6%)
日経ベア2 6930 ( 72) 955.5 +36.8 ( +4.0%)
モノタロウ 6926 ( 32) 2,119 +93 ( +4.6%) 5月売上高は20.9%増
純金信託 6877 ( 8) 7,749 +238 ( +3.2%)
愛時計 6464 ( 36) 2022年ベアマーケットのベストインバースETF 1,771 +300 (+20.4%)
MX米株SP 6151 ( 3) 15,885 +460 ( +3.0%)
東レ 6083 ( 82) 734.9 +7.6 ( +1.0%)
2022年ベアマーケットのベストインバースETF VIX短先物 5901 ( 24) 2,409 +141 ( +6.2%)
第四北越FG 5624 ( 20) 2,799 +283 (+11.2%)
CAICAD 5529 ( 327) 169 +14 ( +9.0%) スケブとIEO実施検討に向けて覚書
東京海上 5372 ( 7) 7,572 0 ( 0.0%)
Jパワー 5163 ( 23) 2,199 +31 ( +1.4%)
日経インバ 4834 ( 48) 1,000 +20 ( +2.0%)
ハウス食G 4636 ( 16) 2,794 +74 ( +2.7%)
三菱マ 3874 ( 18) 2,062 +32 ( +1.6%)
コスモHD 3716 ( 9) 4,2022年ベアマーケットのベストインバースETF 045 +40 ( +1.0%)
ニトリHD 3641 ( 2) 12,575 +145 ( +1.2%)
神鋼商 3601 ( 8) 4,140 +265 ( +6.8%)
テクポイント 3575 ( 26) 1,365 +239 (+21.2%)
ユビAI 3521 ( 57) 619 +77 (+14.2%)
ダイワボウ 3236 ( 16) 1,999 +249 (+14.2%)
ナ・デックス 3230 ( 36) 893 +148 (+19.9%)
NYダウベア 3049 ( 9) 3,190 +105 ( +3.4%)
出光興産 3044 ( 7) 3,915 0 ( 0.0%)
富士電機 3018 ( 4) 6,160 0 ( 0.0%)
東北電 2968 ( 41) 713 2022年ベアマーケットのベストインバースETF +4 ( +0.6%)
日本M&A 2946 ( 20) 1,418 +21 ( +1.5%)
ビーエンジ 2623 ( 10) 2,499 +384 (+18.2%)
SPDR 2529 ( 1) 23,575 +575 ( +2.5%)
千葉銀 2451 ( 34) 723 +9 ( +1.3%)
池田泉州HD 2270 ( 116) 196 +2 ( +1.0%)
フォトシンス 2100 ( 47) 439 2022年ベアマーケットのベストインバースETF +49 (+12.6%)
日本ライフL 1937 ( 19) 974 +49 ( +5.3%)
2022年ベアマーケットのベストインバースETF 日化薬 1722 ( 14) 1,197 +57 ( +5.0%)
ユアサフナ 1688 ( 5) 3,2022年ベアマーケットのベストインバースETF 015 +504 (+20.1%)

  • ・ 寄前【板状況】<材料株>動向 【買いトップ】大泉製 【売りトップ】モイ [08.. (06/13)
  • ・ 寄前【板状況】注文ランキング 【買いトップ】日経Dインバ 【売りトップ】日.. (06/13)
  • ・<必見> 寄り付き直前チェック・リスト! (06/13)
  • ・今朝の注目ニュース! ★三井ハイテク、トーホー、ユークスなどに注目! (06/13)
  • ・心理的には25日線が位置する27000円辺りが意識されてくる可能性/オープニング.. (06/13)
  • ・伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月13日記)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─値上げラッシュを逆手に、投資チャンスをつ.. (06/12)
  • ・本日注目すべき【好決算】銘柄 三井ハイテク、オハラ、神島化 (10日大引け後 発表分)
  • ・脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 <株探トップ.. (06/11)
  • ・強弱材料:6/13

出来高変化率ランキング(10時台)~サンバイオ、住友倉などがランクイン

facebook-share

iS米債7 200615 22365.8 796.97% -2.07%
グッドコムA 305900 53700 469.65% 7.16%
iS米債13 46425 9453.2 391.1% -0.66%
Hamee 238700 56020 326.1% -12.98%
スマレジ 842200 203660 313.53% 16.38%
セルソース 2022年ベアマーケットのベストインバースETF 598300 150080 298.65% 7.7%
正栄食 81400 21640 276.16% -7.2022年ベアマーケットのベストインバースETF 22%
コラントッテ 120200 32360 271.45% -6.48%
NYダウ30 34194 9231.8 270.39% -1.84%
ナガホリ 308100 114460 169.18% -3.67%
東建コーポ 54500 21380 154.91% -11.52%
MacbeeP 100400 42240 137.69% -8.62%
* 日経インバ 6507215 2744209 137.13% 2.08%
亀田菓 53800 24680 117.99% 3.62%
ユニデンHD 113800 56260 102.28% 3.95%
学情 170400 86680 96.59% 0%
上場NSQA 397300 213692 85.92% -2.04%
* サンバイオ 558200 302360 84.61% -5.75%
ラクスル 1479700 809800 82.72% -9.22%
東和薬品 136400 77700 75.55% -6.77%
MXSJリート 31940 18446 73.15% -2.13%
大阪ソーダ 93800 54500 72.11% 3.11%
神戸物産 2443500 1510620 61.2022年ベアマーケットのベストインバースETF 2022年ベアマーケットのベストインバースETF 75% -6.46%
ビジョナル 618200 384900 60.61% 5.22%
* 225ベア 32179 21594 49.02% 1.97%
* 住友倉 359700 241560 48.91% -5.99%
* 上場225 66940 46706 43.32% -2.16%
* 野村ナスH有 147380 103008 43.08% -2.1%
T&Gニーズ 130200 92060 41.43% -8.45%
* ケイアイスター 204000 144800 40.88% -5.47%

2022年ベアマーケットのベストインバースETF
【※関連銘柄の株価チャートはこちら!】
◆グッドコムアセット (3475)
◆Hamee(3134)
2022年ベアマーケットのベストインバースETF ◆スマレジ (4431)
◆セルソース(4880)
◆正栄食品工業(8079)
2022年ベアマーケットのベストインバースETF ◆コラントッテ(7792)
◆NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信(1546)
◆ナガホリ(8139)
◆東建コーポレーション(1766)
◆Macbee Planet(7095)
◆NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(1571)
◆亀田製菓(2220)
◆ユニデンホールディングス(6815)
◆学情(2301)
◆サンバイオ(4592)
◆ラクスル(4384)
◆東和薬品(4553)
◆MAXIS Jリート上場投信(1597)
◆ダイソー(4046)
◆神戸物産(3038)
◆ビジョナル(4194)
◆ダイワ上場投信-日経平均インバース・インデックス(1456)
◆住友倉庫(9303) 2022年ベアマーケットのベストインバースETF
◆上場インデックスファンド225(1330)
◆テイクアンドギヴ・ニーズ(4331)
◆ケイアイスター不動産 (3465)

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●テレワーク ●オンライン教育 ●マスク/防護服
●巣ごもり消費 ●臨床検査 ●医療廃棄物処理
●ゲーム ●金(ゴールド) 2022年ベアマーケットのベストインバースETF ●金鉱株
●高配当株 ●インフルエンサーマーケティング
●直近IPO銘柄 ●赤外線サーモグラフィー
●米国株(好決算企業) ●米国株(薬・ワクチン) ●米国株(巣ごもり消費ほか)

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

ファンド逸品セレクション「ETFの様々な活用方法について」 - 注目の投信(第16回) - 投資信託

ETF(Exchange Traded Funds、株価指数連動型上場投資信託)は、機関投資家や証券会社から集められた株式の現物出資によって、日経平均やTOPIX(東証株価指数)などの株価指数の動きに連動するように運用する上場投資信託です。 2006年12月末時点で、ETFは日経平均連動型が4本、TOPIX連動型が3本、TOPIXコア30連動型が2本、業種別指数連動型が4本の合計13本あります。残高合計は4.1兆円に上り、インデックスファンドの2兆円を大きく上回っています。 ETFのメリットとして、株式の現物出資により投信が組成されるので、ETFが組入銘柄を買い付ける手間が発生しないため、インデックスファンドに比べて信託報酬などのコストが低くなることが挙げられます。 また、ETFの受益証券は証券取引所に上場しており、投資家はどの証券会社を通してでも、通常の株式と同様に指値注文、信用取引などの方法で売買することが可能です。

2022年ベアマーケットのベストインバースETF
ETF インデックスファンド
指数への連動性 高い 高い
コスト 低い 低いものが多い
どこでも買える 不可
リアルタイム取引 不可
信用取引 不可

ETFの信用売り(空売り)をうまく活用することで、相場下落リスクをヘッジ(回避)することが可能です。 例えば、保有している銘柄が相場全体の下落に連れ安すると予想される時には、ETFを空売りすることで、資産全体の損失額を限定することができます。 2022年ベアマーケットのベストインバースETF これは、個別銘柄とETFの値動きにある程度の連動性がある場合、個別銘柄の値下がりによる損失をETFの空売りの収益でカバー(相殺)できるためです。 このように、ETFの空売りをうまく活用することで、大切な保有銘柄をロスカット(損切り)しなくても済むケースがあります。

2006年はトヨタ自動車株が好業績を背景に30%程度値上がりしましたが、日経平均は7%の上昇に止まりました。 「トヨタ自動車株買い+日経平均ETF空売り」の投資シミュレーションは11%上昇した格好となっています。トヨタ自動車株の値上がりが、投資シミュレーションの成績を押し上げています。 次は、ロング&ショート戦略が真価を発揮しやすい相場下落局面を見てみましょう。

2002年は日経平均が19%も下落しましたが、トヨタ自動車は4%の下落に止まりました。「トヨタ自動車買い+日経平均ETF空売り」の投資シミュレーションは、相場下落の状況下でありながら、7%上昇しました。ETFの空売りが、投資シミュレーションの成績に貢献しました。 この投資手法では、 その銘柄の上がる下がるは収益に関係なく、その銘柄が相場全体(ETF)に勝つかどうかがポイント になります。そのため、一般の株式投資と同様に、個別銘柄を分析する能力が重要となります。

ある程度相場に対して連動性がある銘柄でなければ、ETFの空売りで相場全体のリスクを排除することはできません。相場全体と著しく異なる動きをする銘柄はこの投資手法に向いていません。例えば、2006年、日経平均の値動きに関係なく、ひたすら下がり続けた新興市場の銘柄などは、ETFでヘッジすることは難しいといえます。 また、信用買いした銘柄が値下がりし空売りしたETFが値上がりするなど、予想と全く逆に動いた場合、大きな損失を被る可能性があります。 執筆:QBR 清家 武(2007年2月) 掲載日:2007年2月20日

2022年ベアマーケットのベストインバースETF

今日の株式市場:ダウは乱高下、S&P500は景気後退懸念で弱気相場入りして取引を終了

今週のFOMC、一部の投資銀行が75bp利上げを予想

生産者物価、コア物価、オラクル決算:注目すべき3つのポイント

株式市場は過去3週間で最悪の暴落に見舞われる イールド・カーブのフラット化 <0|ビットコイン>>は2つの弱気パターンを完成 先週金曜日に発表された米国の消費者物価指数(CPI)が予想を.

AMDをはじめとする半導体メーカーは、経済が不況に陥った場合、需要減退の可能性に直面 AMDの株価は今年に入ってから約3分の1を失う 最高経営責任者のリサ・スーは、先週のインベスター・デイで.

統計的視点からの個別銘柄の投資分析です。 検索条件は、6月16日~20日の5日間で最初の寄付き日の翌日に成行きで購入し、7月1日~5日の5日間の最初の寄付き日の翌日に成行で売却した場合。 対象銘柄::.

2022年ベアマーケットのベストインバースETF
日経平均株価26,629.86-357.54-1.32%
日経225先物 (F)26,578.0-262.0-0.98%
韓国総合株価指数2,492.97-11.54-0.46%
NYダウ30,516.74-876.05-2.79%
独DAX13,486.66+59.63+0.44%
S&P/ASX 2006,686.00-246.00-3.55%
米ドル指数104.638-0.328-0.31%
1,831.55-0.25-0.01%
原油 WTI121.92+0.99+0.82%
21.223-0.032-0.15%
米国綿花2番145.59-0.07-0.05%
排出権82.32+0.78+0.96%
米国シカゴコーン764.90-3.10-0.40%
米国コーヒー224.63-4.27-1.87%
ドル/円134.32-0.07-0.06%
ドル/ウォン1,286.2022年ベアマーケットのベストインバースETF 56-5.32-0.41%
ユーロ/ドル1.0467+0.0059+0.57%
ユーロ/円140.61+0.76+0.54%
トルコリラ/円7.7888+0.0097+0.12%
豪ドル/円93.19+0.18+0.20%
ポンド/円163.60+0.58+0.36%
大塚ホールディングス4,383.0-74.0-1.66%
ソフトバンクグループ5,033.0-132.0-2.56%
トヨタ自動車2,095.0-36.5-1.71%
三菱UFJフィナンシャル・グループ732.6-3.3-0.45%
ブイ・テクノロジー2,838.0-31.0-1.08%
東芝5,588.0-42.0-0.75%
みずほフィナンシャルグループ1,505.0+4.5+0.30%

今日の株式市場:ダウは乱高下、S&P500は景気後退懸念で弱気相場入りして取引を終了

今週のFOMC、一部の投資銀行が75bp利上げを予想

生産者物価、コア物価、オラクル決算:注目すべき3つのポイント

米国株式市場=大幅続落、S&P弱気相場入り 景気後退懸念強まる

米景気後退入りの確率約50%=モルガンSのゴーマンCEO

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる