FX初心者が稼ぐために

相場の反転を示すプライスアクション

相場の反転を示すプライスアクション
以下のチャート画像は、インサイドバーの後に暫く低ボラ相場が続いた例です。

ゆるゆると小さいロウソク足サイズで上昇していき、
最終的にはインサイドバーの高値をブレイクしています。

ユーロ/円が円相場の行方を占う重要なカギ
に! 円売りスタンスは変わらないが、仕掛
けるタイミングを考え直す必要もありそう

日経平均 1時間足チャート

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 相場の反転を示すプライスアクション 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

当コラムのバックナンバー

  • 2022年07月08日(金)17:36公開 ユーロ/円が円相場の行方を占う重要なカギに! 円売りスタンスは変わらないが、仕掛けるタイミングを考え直す必要もありそう
  • 2022年07月01日(金)15:23公開 米ドル/円が、137円台で頭打ちになったと判断するのは早すぎ! ドルインデックスが、「上昇トライアングル」を上放れる可能性
  • 2022年06月24日(金)17:32公開 円安のピークを、安易に推測するべきではない。「偽りの思惑」に惑わされ、虫のよい感情論に流されれば、日本に将来はない!
  • 2022年06月10日(金)18:47公開 米ドル/円は、137円台がチャート上の上値ターゲット。徹底的にトレンドについていくのが王道、逆張りや値頃感の円買いは厳禁!
  • 2022年06月03日(金)17:33公開 米ドル/円は、再度の高値更新をチャートが示唆! 米ドル/円・ユーロ/円・豪ドル/円・英ポンド/円を、テクニカル面から徹底解説!

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2810人

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110757人

  • FX初心者はまずここをチェック
    「FX初心者のための基礎知識入門」
  • 30通貨ペア以上の為替チャート
    「FXチャート&レート」
  • 今日の重要経済指標はここでチェック
    「今日の為替はこれで動く!」
  • FXに入門したての人は必見!
    「FXの基礎知識入門」
  • 為替ニュースをいちはやくお届け
    「為替の取れたてニュース」
  • チャートを見ながらみんなで実況
    「FX実況ちゃんねる」
  • FX会社選びで迷っている人は…
    「FX会社徹底比較!」
  • 相場見通しからFX業界最新情報まで
    「超強力FXコラム」
  • 経済指標の予想&結果をチェック
    「経済指標/金利」

プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」

相場の反転を示すプライスアクション

FX取引といいますと、とにかくチャートを見ながら売買を仕組んでいくことが当たり前となってしまっていますが、スキャルピングやデイトレードの世界でいいますと、前日の高値、安値だけチェックして、あとは相場の生の動きだけで判断していく「プライスアクショントレード」を行うというのも1つの選択肢ということができるのです。

プライスアクショントレードとは・・・

プライスアクショントレードとは、複雑な指標に依存することをやめて「価格変動と足の動きだけに注視することによって売買をしていく」シンプルな方法となります。

インサイドバーとアウトサイドバーに注目

その1つがローソク足をベースとしてみたときに「インサイドバー」と「アウトサイドバー」の存在です。 インサイドバーは、日本ではローソク足でのはらみ足などとも呼ばれるものですが、厳密に比較すると多少の違いがあります。

一方アウトサイドバーは前のローソク足よりも大きいものを言いますが、その中でも終値が前のローソク足よりも下に位置しているものは「ベアリッシュアウトサイドバー」と呼ばれ、逆に前のローソク足よりも上に終値が位置しているものは「ブリッシュアウトサイドバー」と呼ばれています。

ピンバーの存在

「ピンバー」というのは正確にはピノキオバーのことをいいます。つまり鼻が長く伸びているあの形から来ているのです。ピンバーには上ヒゲの長いピンバーと下ヒゲの長いピンバーが存在します。

相場参加者の意識が集中するテクニカルポイントが狙い目

FX億トレーダーが使う8手法と画期的な検証方法

無料Ebook:全236ページ

本書では 「2人の億トレーダー」 が実際に使用するFX手法を 「8つ」 紹介しております。

レンジ相場を見分ける3つの方法と稼ぎ方【知らないと損】

レンジ相場見分け方と稼ぎ方

相場分析

MT4一括決済インジケーターFund Manager

【10万円相当】超高性能インジケーター(EA)を全員にプレゼント

「Fund Manager」の機能

レンジ相場の見極め方を動画で解説

FX】レンジ相場とは?トレンド相場との違いは?

レンジ相場はトレンドが出ていない相場

レンジ相場とトレンド相場違い

レンジ(ボックス)相場って何? レンジの種類ってどれくらいあるの? レンジでのトレード手法を知りたい レンジブレイクのダマしの回避方法ってあるの? このような疑問が解決できる記事となっています。FXの.

FX】レンジ相場を判断、見分ける方法「簡単です」

レンジ相場の判断方法① インジケーターやテクニカル指標が効きにくい

レンジ相場の時のインジケーター

レンジ相場の判断方法② 高値や安値を更新しないとレンジ相場と判断

レンジ相場の判断方法③ プライスアクションインサイド(はらみ足)

プライスアクションの包み足、はらみ足って何?定義は? インサイド、アウトサイドはどんな使い方やシグナルがあるの? はらみ足、包み足を使ったトレード手法を知りたい このような疑問が解決できる記事となっています.

はらみ足=レンジ相場

FX】レンジ相場を見分けてトレードで稼ぐ方法

レンジ相場の高値圏、安値圏を意識する【高値で買わない、安値で売らない】

レンジ相場のトレード方法

【ドル円】

金曜日の雇用統計からレンジの下限まで下げてきていました
そのまま下がりそうな形にも見えますが、レンジが続くなら安い価格になります

安い価格で買う、高い価格で売る
安い価格で売らない、高い価格で買わない
トレードの基本でしたね👍 pic.twitter.com/PKrt71aiVF

— 教祖Yani@FX&仮想通貨 (@yani74552071) November 8, 2021

【レンジ相場ブレイク】抜けたと思ってすぐについていかない

ローソク足のプライスアクションって何? プライスアクションの全ての種類を知りたい プライスアクションを使った手法を教えて欲しい プライスアクションのシグナルやサインを知りたい プライスアクションはなぜ重要.

レンジ相場でトレードを避ける、手を出さない

レンジ相場だと早く判断、見極める

レンジ相場以外の時はトレンドフォロー

トレンドが反転するまではとにかくトレンドフォロー。

トレンドフォローした方が効率よく値幅がとれるというのは誰もがわかっていることです。 でもどうやってトレンドを認識すればいいのか、トレンドは上昇だけど、買ったら下がって くるみたいなこともありますよね 今回はトレンド方向.

Volineというインジケーターは各時間足のローソク足の限界値を示してくれます。

レンジ相場に関するまとめ

【レンジ相場の判断方法】

【レンジ相場でトレードするなら】

・一括、分割決済
・トレード履歴
・トレール7種類 相場の反転を示すプライスアクション
・スクリーンショット
・ロット計算
・強制資金管理
・LINE通知

あなたにおすすめの記事

FXで意識されるライン、反発しやすい価格の見つけ方

FXの相場で意識されるポイントは? チャートで反発しやすいラインや価格は? どうやって意識されるポイントを見つけるの? このような疑問が解決できる記事となっています。FXの相場で意識されるポイント、反発しや.

FX】エントリーポイントの見つけ方【トリガー】

FXのエントリーポイントの見つけ方は? エントリーポイントを見つける際のコツは? エントリーポイントを見つける時の注意点は? このような疑問が解決できる記事です。FXにおけるエントリーポイントの見つけ方やコ.

押し目買い・戻り売りの判断の仕方とシンプルなトレード手法

FXの押し目や戻り目って何? 押し目や戻り目の判断や見極めるコツは? 押し目買い、戻り売りのトレード手法を知りたい このような疑問が解決できる記事となっています。FXの押し目や戻り目判断や見極め方、押し目買.

FX】トレンド方向を見極める簡単な方法3選

トレンドフォローした方が効率よく値幅がとれるというのは誰もがわかっていることです。 でもどうやってトレンドを認識すればいいのか、トレンドは上昇だけど、買ったら下がって くるみたいなこともありますよね 今回はトレンド方向.

FXの環境認識のやり方【チャートを使って具体例】

FX相場の環境認識のやり方は? 環境認識はなぜするの? 環境認識の具体例は? このような疑問が解決できる記事です。FXの環境認識の方法とタイミング、実際のチャートを使った具体例を、初心者にもわかりやすく解説.

【FX】トレンドの継続や終わりの見極め方、判断方法は?

FXのトレンドって何? トレンドの見方は? トレンドの転換、継続シグナル、サインを知りたい トレンドがどこまで伸びるか分かる方法は? このような疑問が解決できる記事となっています。FXのトレンドの意味.相場の反転を示すプライスアクション

市場が意識する価格ラインでのプライスアクションが明確な相場達:EURUSD、GOLD、USOIL 、USDJPY

EURUSD Bearish Blackswan ユーロドルのブラックスワン 30 Aug 2021

ユーロドルはキーレベルから反発後、上昇継続していますが、現在、1時間足ではベアリッシュなブラックスワンが居座っています。

  • 先週の後半にかけて付けた安値のあたりに、月足の20MA、日足と週足のボリンジャーバンドマイナス2シグマ
  • $1.相場の反転を示すプライスアクション 17000あたりに、2020年の安値と今年頭の高値を使ったフィボナッチリトレースメントレベルの38.2%
  • $1.16000あたりに、2020年の9月から11月にかけて形成したダブルボトムによるサポート
  • 画像中の上部に引いた右上がりの 赤いライン は、以前からシナリオに入れていたヘッドアンドショルダーズパターンのネックライン
  • その近くの 水色のライン あたりにあるのが、上からかぶさるように走っている日足の50MA
  • $1.18154あたりにあるのが日足のボリンジャーバンドの1シグマ
  • 4時間足のオシレーターで、ストキャスティクスなどは買われ過ぎのエリア。言い換えると、7月の高値を超えていないのに買われ過ぎとなっているいわゆるヒデゥンダイバージェンスの可能性
  • 今週のウィークリーピボットR1は$1.1834
  • 今月のマンスリーピボットは$1.1842
  • $1.18270に、ベアリッシュなブラックスワンのPRZ(潜在的反転ゾーン)

とりわけ、最後の3つの ウィークリーピボットR1、マンスリーピボット、ブラックスワンのPRZがある価格帯が形成するレジスタンスゾーンと、今攻防している ヘッドアンドショルダーズパターンのネックラインあたりでのプライスアクションが気になるところですよね。

その他の通貨ペアなどの節目

USOIL(WTI原油のキャッシュ)、GOLD:USOILはキーレベルの$69.65が健在

株式:窓を埋めてトップアウトではないけど。。。

SP500キャッシュは次のレジスタンをもうすぐヒット

US500 SEP Bearish Blackswan ベアリッシュブラックスワンとレジスタンス 30 Aug 2021

現在は、ずいぶん前に一度出ていたベアリッシュなブラックスワンが復活したような絵柄になっています。また、$4528あたりには次の大きな節目があり、ここを狙ってヒットした場合、その後が大切になりそうです。

You might also like

相場の反転を示すプライスアクション ハーモニックトレード Part1:ガートレーとバットの基本ハーモニック Gartley, Bat cheat sheet

ユーロドルの5-0パターン、GBPUSDのブラックスワンのほか、CADJPYなどはテクニカル分析の基本を活かす相場

総合的に学びトータルで勝とう!Total learning 4 total gain!相場の反転を示すプライスアクション

いつものトレードにスパイスを! ボラがアップした今からでも遅くない!

原油、Gold、Silver、仮想通貨、FXを全部まとめてスキルアップ♪

♬無料なのでお持ち帰りください♬

Archives

Disclaimer/お断りとお願い

当ブログはトレードのアイデアをシェアすることを目的としており、閲覧者の売買行為を促すもの、トレードセットアップの絶対性を示すものではありません。証拠金取引では、価格変動やレバレッジに基づくリスクがあります。当ブログの情報を元に実行されるトレードに関し、いかなる場合においても責任を負いかねますことをご了承ください。 This blog is to share my trade ideas, not to claim definitive trade set-ups nor to encourage others to open their positions. The content herein is provided for education and information purposes only. CFDs are complex instruments and 相場の反転を示すプライスアクション come with a high risk of losing money rapidly due to leverage. Between 74-89% of retail investor accounts lose money when trading CFDs. You should consider whether you can 相場の反転を示すプライスアクション afford to take the high risk of losing your money”. Privacy Policy / About insightfulfx

インサイドバー(はらみ足)とは?FXロウソク足プライスアクショントレード活用手法

インサイドバー


インサイドバー(はらみ足)は、しょっちゅう出現するプライスアクションです。

はらみ足という日本語名称が現在もオールドトレーダー中心に広く使われていますが、
なんとなく日本語名称が呼びにくいイメージが個人的にはあります。
(陽の唐笠とか陰のトンカチとか、ちょっと言いにくい印象です)

インサイドバー

はらみ足は、「はらんだお腹」のイメージ。以下のような形となります。

上記は「ビール腹をわが子が入っているように愛しむ男」の例です。

インサイドバー(はらみ足)の形と値動き

インサイドバー登場

以下のチャート上の赤枠内のロウソク足は、インサイドバー(はらみ足)となります。

赤枠の頻度の多さに注目です。
インサイドバーはかなりの頻度で出現するわけです。

インサイドバー(はらみ足)の形は、
ロウソク足の実体部分が前の足にすっぽりはらまれている状態のものを指します。
(前のロウソク足よりも次足が小さく高値も安値も前足内に収まっている状態)

値動きが収縮して相場のパワーをためているので、
その後、高値もしくは安値の抜けた方に価格が動いていくことが多い傾向にあります。 相場の反転を示すプライスアクション
(インサイドバーブレイク)

インサイドバー(はらみ足)値動きイメージ

インサイドバー値動きイメージ

(以下、画像はクリックで拡大できます)

インサイドバー(はらみ足)の中の実際の値動きを確認するには、
更に小さい時間軸チャートを表示させることにより、
どういう形で値動きしてロウソク足を形成したかを確認することができます。

インサイドバー(はらみ足)が出現した際の値動きは、
前ロウソク足の高値・安値の中に次足が収まっていることで売り買いの攻防が激化していき、
高値なのか安値なのかどちらを抜けてブレイクするかに注目がされている状態です。

上記のインサイドバー例図で言うと、
高値を更新していくとN字ブレイクとして上昇トレンド継続となり、
前足陽線の安値を更新していくと反転下降として勢いがつく可能性がでてきます。

前足のロウソク足サイズよりも小さいサイズのロウソク足が出現していることは、
ボラティリティが一旦低下している状態となり、
市場参加者が上なのか下なのかどちらに抜けるか注目して力を貯めている状態と言えます。

インサイドバーでの反転ブレイクとN字ブレイク

  • 大きなサイズの前ロウソク足方向に抜けてトレンド継続のN字ブレイク
  • 大きなサイズの前ロウソク足反対方向抜けて反転
  • そのままどちらにも抜けずに暫くレンジ
インサイドバーでトレンド継続のN字ブレイク

インサイドバーN字ブレイク

以下のチャート画像は、インサイドバーが出現した後にトレンド継続N字ブレイクしている状態です。

陽線の後に次足陰線ではらまれており(インサイドバー)、
その次の足で陽線となり高値越えしてN字ブレイク完成しています。
(上ヒゲが若干長くなってもいますが)

インサイドバーで反転

インサイドバー反転

以下のチャート画像内の赤枠部分は、インサイドバーでトレンド反転している例です。

インサイドバーのはらまれている足が反転側のピンバーになったりすると、
よりトレンドが反転していく要素のひとつとしてみることもできるわけです。

インサイドバー(はらみ足)で反転していく場合は、
多くの市場参加者に意識されているであろうレジスタンスサポートライン付近だったり、
移動平均線やテクニカルが効いている場所であることが重要です。

インサイドバーで暫くレンジ

ロウソク足のサイズが小さくなっていくので、
ボラティリティが低下していき、
そのまましばらく膠着レンジ状態となることも少なくないです。

インサイドバーレンジ

以下のチャート画像は、インサイドバーの後に暫く低ボラ相場が続いた例です。

ゆるゆると小さいロウソク足サイズで上昇していき、
最終的にはインサイドバーの高値をブレイクしています。

ヒゲと終値の認識に関して

包み足(エンガルフィンバー・OUTSIDE BAR)の記事でも補足してありますが、
はらみ足(inside bar)のようなプライスアクションに関しては、
ロウソク足の「ヒゲ」と「終値」の認識によって定義が異なる場合があります。

当FXブログでは終値を重視する視点から、
ロウソク足の実体部分でプライスアクションを判断しています。
ヒゲ箇所に関しては考慮していません。
(終値は売買の攻防の決着点であり、ダウ理論上も重要視される価格)

「ヒゲも含めてはらまないとはらみ足でない」、
「ヒゲも含めて包まないと包み足でない」、
こういった認識はトレーダーごとに違ったりします。
(ヒゲも含めてとすると、プライスアクションの精度は高まりますが出現数は激減します)

インサイドバーを学べるトレードロジック教材

インサイドバー以外のプライスアクションやチャートパターン等は、以下の記事でまとめて解説しています。
参照: FXチャートパターン種類と分析方法からプライスアクションを学ぶ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる