FXデイトレードとは

オシレーター後編

オシレーター後編
初心者

Cherry AudioがARP 2500のリクリエイト版「VM2500 Collection」をリリース!

Cherry Audio社がARP 2500をリクリエイトしたソフトウェアモジュール「VM 2500 Collection」をリリースしました。最近はスタンドアローン版ソフトシンセが多かったCherry Audio社ですが、今回はVoltage Modular用21モジュールをセットで投入となりました。

Novationが「CIRCUIT TRACKS」「CIRCUIT RHYTHM」を発表

Novationが新たなグルーヴボックス「CIRCUIT TRACKS」&「CIRCUIT RHYTHM」を発表しています。見た目からもわかるように「CIRCUIT」ファミリーの新顔で「CIRCUIT TRACKS」は前世代「CIRCUIT」のアップデート版「CIRCUIT RHYTHM」はサンプリング音源に特化したビートマシンになりますね。

Cherry オシレーター後編 Audioが「Polymode」をリリース! 伝説のポリモーグを再現!

Cherry Audio社が新たなソフトウェアインストゥルメント「Polymode」をリリースしました。世界初のポリフォニックシンセサイザー(になるでしょうか?)でもあるMoog社「ポリモーグ」のエミュレーションです。オリジナル機のスペックは全鍵ポリフォニックの71音ポリ! で、1VCFってことは実はパラフォニックですね。

KORG社がハイブリッドリズムマシン「drumlogue」をスニークプレビュー!

KORG社がmodwaveを発表! ウェブテーブルシンセサイザーの新顔です

まさかのK2シリーズ復活! オシレーター後編 KurzweilがK2700 を発表しました!

Prophet-5のDesktop Moduleがいよいよ登場!

UVI Falconの音づくり(1)まずはUVI Workstationとの違いから

KV331 SynthMaster 2.9.9「えっと、キミ誰?」感満載のリリース!

Arturia社が「V Collection 8」をリリース! JunoにEIIにXaにMoogの16-ch Vocoder!

Arturia社からの新着メールは「ああ、やっぱりね」のアプデのお知らせ。っていうか時期的にそろそろ来るんじゃないかと思ってました。待望の「V Collection 8」が登場です! 今回の目玉は、新たに追加された4つのインストゥルメントと2つのアップデート。加えて新調された「Analog Lab V」です。

$0から始めるモジュラーシンセライフ:Voltage Modularを使ってみよう(後編)

Cherry Audio社がいつのまにかホリデーセールに突入してました。「Voltage Modular Core + Electro Drums」が50%オフのほかサードパーティー製モジュールもセール価格で発売中です。さて今回は「Voltage Modularを使ってみよう」の後編です。前回つくったシンセをステップシーケンサーでドライブしてみます。

プラチナ&パラジウム週刊レポート

プラチナ市場調査分析とプラチナ投資のインサイトを提供する国際機関「World Platinum Investment Council(WPIC)」は、週刊レポート(2022/6/13号)を発表しました。

関連ページ

このコラムの著者

日本貴金属マーケット協会(Japan Bullion Market Association 以下 JBMA)は貴金属マーケットの普及と振興に関する活動を行い、マーケットの発展と新たな未来を創造します。

プラチナに関連するコラム

アクセス増減率ランキング

おすすめ情報

小次郎講師テクニカルコラム

  • 第1回、ファンダメンタル分析とテクニカル分析
  • 第2回、トレンド系分析とオシレーター系分析
  • 第3回、トレンドラインとチャネルライン、その1
  • 第4回、トレンドラインとチャネルライン、その2
  • 第5回、移動平均線 その1、『 移動平均線の役割 』
  • 第6回、移動平均線 その2、『 グランビルの法則 』前編
  • オシレーター後編
  • 第7回、移動平均線 その3、『 グランビルの法則 』後編&『 移動平均乖離率 オシレーター後編 オシレーター後編
  • 第8回、移動平均線 その4、『 移動平均線の複数使い 』前編
  • 第9回、移動平均線 その5、『 移動平均線の複数使い 』中編
  • 第10回、移動平均線 その6、『 移動平均線の複数使い 』後編
  • 第11回、移動平均線 その7、『 指数平滑移動平均線の重要性 』
  • 第12回、MACD(移動平均収束拡散法) その1
  • 第13回、MACDその2、オリジナルMACDの本質!
  • 第14回、MACDその3、MACD最大の買いシグナルとは?
  • 第15回、MACDその4、MACD2とは?
  • 第16回、MACDその5、MACDの売りサイン買いサイン =前編=
  • 第17回、MACDその6、『MACDの売りサイン買いサイン』 =中編= そしてMACD活用の最大の極意!
  • 第18回、MACDその7、『MACDの売りサイン買いサイン』 =後編= ダイバージェンシー!
  • 第19回 MACDその8、『MACDの複数使い』いよいよMACD最終回!
  • 第20回 ストキャスその1、『買われすぎ売られすぎシグナルに騙されるな!』
  • 第21回 ストキャスその2、『ファーストストキャスとスローストキャスとは?』
  • 第22回 ストキャスその3、『ストキャスの大黒柱、%Kを極める!』
  • 第23回 ストキャスその4、『ストキャス名脇役、%D、Slow%Dを極める!』
  • 第24回 ストキャスその5、『パラメーターの調整!』
  • 第25回 ストキャスその6、『ストキャスティクスの正しい使い方!』
  • 第26回 ストキャスその7、『ストキャスティクスの具体的仕掛け時と騙しへの対応!』
  • 第27回 ストキャスその8、『ストキャスティクスのダイバージェンス』
  • 第28回 ストキャスその9、『スパイクトップ・スパイクボトム、ガービッジトップ・ガービッジボトム』
  • 第29回 オシレーター後編 ストキャスその10、『ストキャスティクス最終回、ブルベア・セットアップとは?』
  • 第30回 一目均衡表その1、『一目均衡表の歴史。そして5つの線を覚えよう!』
  • 第31回 一目均衡表その2、『5つの線の計算式を理解し、半値線をマスターしよう!』
  • 第32回、一目均衡表その3、「三役好転を中心に世間一般的に言われる一目均衡表の買いシグナル売りシグナルを検証。」
  • 第33回、一目均衡表その4、「半値線を極める!」
  • 第34回、一目均衡表その5、「転換線を極める!」
  • 第35回、一目均衡表その6、「基準線を極める!」
  • 第36回、一目均衡表その7、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?前編」
  • 第37回、一目均衡表その8、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?中編、もみあい相場での仕掛け方」
  • 第38回、一目均衡表その9、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?後編、均衡表の好転・逆転の本質!」
  • 第39回、一目均衡表その10、「先行スパン2を極める。先行スパンが先行する理由!」
  • 第40回、一目均衡表その11、「先行スパン1を極める。」
  • 第41回、一目均衡表その12、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!前編」
  • 第42回、一目均衡表その13、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!後編、雲のねじれの秘密!」
  • 第43回、一目均衡表その14、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、前編」
  • 第44回、一目均衡表その15、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、後編」
  • 第45回、一目均衡表その16、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、前編」
  • 第46回、一目均衡表その17、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、後編」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その1、「RSIの計算式は超簡単!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その2、「RSIの計算式からわかること!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その3,「RSIとストキャスの違いを知ろう!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その4、「買われすぎ、売られすぎに騙されるな!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その5、「ダイバージェンスの本当の意味を理解しているか?」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その6、「RSIの代表的シグナル、失敗したスイングって知ってますか?」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その1、「ボリンジャーバンドの基礎知識」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その2、「間違いだらけのボリンジャーバンド解説」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その3、「標準偏差を制するものがボリバンを制する!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その4、「バンドワイズチャート、%bチャートの秘密」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その5、「ミッドバンド研究」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その6、「ボージとスクイーズを究めよ!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その7、「スクイーズによる仕掛けシグナル!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その8、「バンドワイズチャート!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その9、「%bチャート!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その10、「%bチャート!」後編
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その11、「ボリバンまとめ!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その12、「ボリバン極意の書!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その13、「ボリバン極意の書!続き」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その14、「ボリバン極意の書!続き」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「資金管理編」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「まとめ」
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2

ニュースアクセスランキング

関連サイト

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、大阪取引所、堂島取引所、S&P Global、S&P Dow Jones In dices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services、JPX総研等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【FX 手法】 フィボナッチを2個使う!ディナポリ手法 オシレーター後編 コンフルエンスを分かりやすく解説

フィボナッチ

【FX訓練】押し安値 戻り高値 認識訓練 (シリーズ第1弾)

【FX訓練】押し安値 戻り高値 認識訓練 (シリーズ第2弾)

【FX訓練】三波の三波実例 USDCHF 20210107(シリーズ第3弾)

【FX訓練】 エリオット第二波の捉え方 (シリーズ第4弾 前編)

【FX訓練】 エリオット第二波の捉え方 (シリーズ第4弾 後編)

【FX訓練】エリオット波動 三波の三波 エントリー手法 (シリーズ第5弾 前編)

【FX 手法】 ディナポリ手法 コンフルエンスを分かりやすく解説

【FX初心者訓練】FX トレード手法 オシレーター後編 オシレーター後編 1時間足チャートだけで環境認識 (シリーズ第1弾)

【FX 環境認識】たったこれだけ?超簡単!! 環境認識のコツ

【FX環境認識】FX 買い注文が集中するポイントを見抜く! [理論編]

【FX環境認識】FX 買い注文が集中するポイントを見抜く! [実践編]

【免責事項】
・本動画内で語られた内容において、その正当性を完全に保証するものではありません。
・本動画を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・トレードに関する最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願いいたします。

【FX】フィボナッチの有効活用は知らないと損!

0 ゆかてぃんのTwitter▼ ――――――――――――――――――――――――――――― <おすすめ動画> エントリー根拠強弱見極め法▼ 7ヶ月連続プラスに導いたたった1つのルール▼ 今日から始められるF.

【FX検証】フィボナッチエクスパンション!究極フィボナッチ手法の検証動画 1時間足

0 極みフィボナッチ手法のForextester検証動画になります。 本編補足動画としてご参考になさってください。 (この動画の内容部分は無音です。) 最初に本編をご覧ください 私の手法公開します!極みフィボナッチ手法! 究極フィボ.

【完全版】フィボナッチの本当の使い方と具体的なエントリー方法

0 XM/FXのハイレバレッジトレードで いくら増やせるかチャレンジ! 動画内で使用してるXMはこちら〔メイン口座〕 (今なら5万円相当のキャッシュバック付き) ↓↓↓ 定期的に100%入金ボーナスがくる GemForexはこちら.

【為替で鋭く儲ける】No,8・MAXDとフィボナッチとサイクル理論

ドラコンチャートのドラちゃんです。 今回は、MAXDとフィボナッチとサイクル理論を説明しています。 MAXDとは、移動平均線よりもゴールデンクロスを早めに設定したものです。 フィボナッチとは、上り下りを過去の予測でどこまでの未来の予.

【FX】フィボナッチの効果的な使い方5選

ささっちのLINE@登録は以下をクリック↓↓ ☞ [email protected]:@vce6951f [email protected]では個別の質問にも答えていますので 個別に質問したい方はLINE@までお願いします^^ ☟参考動画 FXで逆張りする時に僕はよくこれを.オシレーター後編

億トレーダーも使う安値圏のサポートからフィボナッチ200.0を検証(2020.08.01)

【黄金比】フィボナッチ数列より理解、黄金比が見られるもの

0 #黄金比#フィボナッチ数列#二刀流 黄金比を両手で説明してみました。 内容は薄いかもしれません。 前半でフィボナッチ数列と黄金比の説明 03:59~ 実際に黄金比がみられるものを絵を描いて説明 ◇黄金比がみられるもの 建築物(.

⚡️FXゴールド予想⚡️エリオット波動とフィボナッチの”実戦での具体的な”使い方💸【10月12日(水)〜】

0 ▼ まずはLINE登録で、参加するだけで稼げるスキャルLIVEに参加! ▼ まずはこれを見るべし!おすすめ動画 ⚡超大作⚡この動画を見ればゴールドFXの基本が全て分かります【2021年 決定版】 .

[ポンド円]日銀会見で円荒れ注意‼フィボナッチ61.8%から売る‼

0 #ポンド円 #日銀 オシレーター後編 #金融政策決定会合 #トレーダーKOMAN #GBPJPY #FX IFA(独立系金融アドバイザー)兼トレーダー 日本証券アナリスト協会認定 プライベートバンカー 0:00 日銀物価見通し引き上げ 2:20 相場.

【FXシングルペネトレーション】プロトレーダー、ディナポリの高勝率手法!フィボナッチ61.8を活用

0 普段はただの地方公務員、いればです。 有名トレーダであるディナポリのFX手法「シングルペナトレーション」検証をアップしました。 【検証記録(限定公開)】 ➀(2010.4~2011.3) ②(2011.4~2012.3) ③(201.

sylenth1 Serumと比較!DTM初心者にオススメなのはどっち?

Serum vs Sylenth1の記事にちょっとした誤りを見つけてしまったのですが、SerumはLFOが最大で8個までいけます。LFO4をどこかにアサインすると「4個使いきったね。足りてる?」って感じで5個目がポンと自動で現れる仕組みになってます(^o^) pic.twitter.com/iRCvsFyY6o

— SoundQuest (@soundquest_jp) November 4, 2021

画像

価格のの差

SERUMもsylenth1も極稀にしかセールはしないので、ほしいと思ったときが買い時と言えます。

sylenth1購入方法

画像

画像

画像

一括購入の場合はPay Pal Buy Nowのボタン

sylenth1デモ版ダウンロード方法

sylenth1デモダウンロード

画像

SERUM 購入 方法

画像

画像

SERUM ダウンロード 方法

デモ版のダウンロードは一番下にあるTry it out!からOSに合わせたものをDLしますが、

画像

SERUM Spliceで購入する場合

SERUMを始め、たくさんのソフトシンセやDAWを分割で購入できるサイト。それがSpliceです。SSERUMの場合は月に9.99$を14ヶ月しはらい続ければ最終的に自分のものになります。

画像

画像

ここでStart Free Trialをクリックするとアカウントの作成を促されるので必要な情報を入力します。

画像

アカウントの作成が完了したら、先程のSERUMの購入画面に戻るので、再度Start Free Trialを クリックすると

必要なクレジット情報入力し、Start for Freeをクリックします。

画像

画像

画像 画像

分割を止めたい場合

画像

画像

Pay remaining balanceでは分割を一括返済できるものなので「分割もういい払ってしまおう」と思っている人にはいいと思います。

Sylenth1使っている人の反応

Sylenth1、やばくないですか??? カッコいい音作れるし思ったより超軽い これが課金アイテムですか

— Akito (@Akito_AAR) May 15, 2020

SERUMを使っている人の反応

あとSerumは和音数を多くすると急激に重くなる(10和音超えると激重)のはPadにおいて致命傷だからどうにかしてほしい

— せいる/djseiru緊急避難アカ (@djseiru_hinan) May 7, 2020

なるほど……確かにMassiveは良いシンセですがいかんせん2007年製ですから新進気鋭のSerumのほうが有利そうですね

— Soena (@mainlst) オシレーター後編 May 2, 2020

FXで移動平均線の高勝率な使い方・設定・手法を公開【完全版】

鈴木拓也

鈴木拓也

移動平均線の概要

移動平均線とは、 過去一定期間の終値の平均値を線で結んだもの です。

移動平均線の概要

移動平均線の仕組み

移動平均線の仕組み

3種類の移動平均線

移動平均線には、①単純移動平均線(SMA:Simple Moving Average)、②加重移動平均線(WMA:Weighted Moving Average)、③指数平滑移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)の3種類があります。

  • ①単純移動平均線(SMA:Simple Moving Average)
  • ②加重移動平均線(WMA:Weighted Moving Average)
  • ③指数平滑移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)

単純移動平均線(SMA:Simple Moving Average)

加重移動平均線(WMA:Weighted Moving Average)

指数平滑移動平均線(EMA:Exponential Moving Average)

どの移動平均線がいいのか?

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

結論から言うと、どれが一番いいかなんて一概には言えない。「良いものには裏がある」じゃないけど、それぞれメリットもあればデメリットもあるんだ!ここでは、その違いを理解することが大切だよ!

SMAとEMAの比較

ただし、世界ではEMAを使っているトレーダーが多く、初めて移動平均線を使う場合には、 EMAから始めることをおすすめ します。

鈴木拓也

鈴木拓也

移動平均線の期間設定について

初心者

初心者

移動平均線の期間については、15、21、25、50、75、100、200などの期間がよく使われています。

よく初心者の方は、移動平均線の「設定期間はどの数値が一番いいのか?」という疑問にぶつかるかと思いますが、結論から申し上げると、 短期は15か25、中期は50か75、長期は100か200 と、短期・中期・長期の中から一つずつ選択するのであれば、どれを選んでもOKです。

  • 短期:15、21、25
  • 中期:50、75、100
  • 長期:200

移動平均線の基本的な使い方

移動平均線は、向き・角度・ローソク足との位置に注目する

  • 移動平均線の向き:トレンドを認識
  • 移動平均線の角度:トレンドの強弱を判断
  • ローソク足との位置関係:エントリーポイントを選定

トレンドの方向性の認識

まず、為替相場の動きは、上昇するか、下降するか、それとも横ばい(レンジ)かの3つしかなく、 トレーダーは上昇している時は“買い”、下落している時は“売り”、横ばいの時は“オシレーター後編 様子見”の選択肢 しかありません。

上昇トレンド下降トレンド横ばい
相場環境 FXトレンド FXトレンド FXトレンド
取引買い売り様子見

移動平均線をチャートに表示させれば一目瞭然ですが、 移動平均線が上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンド と判断することが出来ます。

移動平均線によるトレンド把握

トレンドの強弱

移動平均線の角度は、そのトレンドの強弱を表します。移動平均線の角度が急な程、トレンドが強いことを示します。

移動平均線によるトレンド強弱

エントリーポイントの判断

  • ① 上向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも上にある場合
  • ② 上向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも下にある場合
  • ③ 下向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも下にある場合
  • ④ 下向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも上にある場合
  • ⑤ 横向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも上にある場合
  • ⑥ 横向きの移動平均線で、ローソク足が移動平均線よりも下にある場合

そして、これらの移動平均線の向きとローソク足の位置や動きに着目をし、トレード手法として確立されたのが、次に説明する「グランビルの法則」です。

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

グランビルの法則

移動平均線を使ったトレード手法として、 グランビルの法則 という超有名な法則があります。(グランビルの法則は、米国の投資家:ジョゼフ・E・グランビル氏が考案)

  • 買いエントリーのポイントは、①、②、③、④
  • 売りエントリーのポイントは、⑤、⑥、⑦、⑧

グランビルの法則

グランビルの法則による4つの買いシグナル

① 移動平均線が下向きから横ばいか上向きに変化し、レートが上抜け

もし、 下向きの移動平均線を上抜けても 、それはトレンド転換とは判断出来ないので注意が必要です。

② 移動平均線が上向きの中、レートが下へ乖離

③ 移動平均線が上向きの中、レートが近づき反発

④ 移動平均線が下向きの中、レートが下に大きく乖離

グランビルの法則による4つの売りシグナル

グランビルの法則による売買シグナル

⑤ 移動平均線が上向きから横ばいか下向きに変化し、レートが下抜け

もし、まだ 上向きのままの移動平均線を下抜けても 、それはトレンド転換とは判断出来ないのは、買いの場合と同様です。

⑥ 移動平均線が下向きの中、レートが上へ乖離

⑦ 移動平均線が下向きの中、レートが近づき反落

⑧ 移動平均線が上向きの中、レートが上に大きく乖離

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

ゴールデンクロスとデッドクロス

「グランビルの法則」に続いて、もう一つの有名な移動平均線によるトレード判断の方法に、「ゴールデンクロスとデッドクロス」と呼ばれるものがあります。

  • ゴールデンクロス:短期が中期を上抜け
  • デッドクロス:短期が中期を下抜け

ゴールデンクロスによる買いシグナル

ゴールデンクロスとは、短期移動平均線が、中期または長期移動平均線を下から上へ突き抜けることです。

デッドクロスによる売りシグナル

デッドクロスは、先ほどのゴールデンクロスとは逆に、短期移動平均線が、中・長期移動平均線を上から下へ突き抜けることです。

初心者

初心者

鈴木拓也

鈴木拓也

移動平均線の実践的な使い方

鈴木拓也

鈴木拓也

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる