初心者必見

投資するなら押さえておくべき経済指標~海外編

投資するなら押さえておくべき経済指標~海外編
コラム

RSIの見方・使い方

RSIは稀に株価に先行して動くことがあり、株価の底打ちや天井圏を予め察知できる場合があります。
ダイバージェンスを実際の売買で使う場合、ダイバージェンス(株価の下落が続いている際にRSIが上昇し始めた状態)を確認し、その後に株価が遅れて反発してくれば、上昇転換する可能性があり、そこがエントリーのタイミングとなります。
その際、RSIにトレンドラインを引いておくと、エントリーのタイミングもわかりやすくなります。

RSIの作成方法(計算式)

RSIの使用日数

日足 一般的には14日がよく使用されています
9日 14日 22日 30日 42日 52日

RSIとRCIの違いは?(RSIの利点)

RSIの利点はピークとボトムを捉えやすい

RSIは計算上、100%や0%になりにくいという性質あり、他のオシレーター指標よりも、株価が過熱しすぎた場合のピークやボトムが捉えやすいという特徴があります。
そのため、株価が一方向に大きく上昇し続けたり、または急激に下げ続けた場合の判断はRSIがお勧めです。

執筆者紹介

伊藤正之
株式会社ストック・データバンク新宿事業所代表
手掛けた株価分析ソフト「株の達人」は、25年以上、延べ1万人以上の個人投資家の方々にご愛顧いただいています。(2021年1月現在)
同会員向けサイトでは、「日経平均株価の動き」等のチャート分析を活かした市況解説などでも会員の方々にご好評をいただいてます。

青木智
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)保持者
元・株式会社ストック・データバンク新宿事業所の投資コンテンツ担当。
現在はフリーランスで投資関連のコンテンツ等を手掛け、株の達人の会員サイト等にも動画や相場解説などのコンテンツを提供。
登録者数2.25万人以上(2021年1月現在)の株の達人Youtubeチャンネルの動画も手掛ける。

RSIをトレードに活用してみましょう!「株の達人」 ならテクニカル分析を実践に取り入れるのもカンタンです。
また、RSIと相性のいいテクニカル指標を組み合わせたチャート条件やスクリーニング条件もご用意しておりますので、初心者の方でも安心です。

米国株&海外マーケットテクニカル分析|2022年5月7日(土)時点 ※試験運用※

S&P500週足チャート

週足上昇トレンドライン①(白色破線)はすでにブレイクされました。
現在は、コロナ以降の上昇波動に対して、フィボナッチ 23.60%押し水準となっています。
これまでの米国株の強欲ぶりからすると、もっと大きな調整が必要ではないかと思われます。
長期足での調整目処は、最高値から−20%調整の位置、フィボナッチ 38.20%ライン、週足トレンドライン②など、テクニカル的な節目が複数重なっているエリア(緑丸部分)が有望かと考えます。

NASDAQはお通夜継続です。
すでに最高値から−25%水準となっています。
コロナ以降の長期上昇波動に対するフィボナッチ 38.20%押しの水準も突破されています。
目下の下落目処は、フィボナッチ 50.00%ライン、最高値から−30%水準が重なっているエリアです。
ただ、長期金利が上げ止まらない限りは、下落の勢いは止まりそうにないですね。
テック株は特に、コロナ以降は強欲過ぎたのだと思います。

NASDAQ週足チャート

株で大損して悲惨?大損失を出した体験談やなるべく損しない方法を紹介!

株で大損して悲惨?大損失を出した体験談やなるべく損しない方法を紹介!

コラム

株で大損して悲惨?大損失を出した体験談を3つ紹介

株価が下がり元本割れ|例:451万円→190万円

株で大損をするケースとして、購入時よりも株価が下がり、元本割れになってしまうということが挙げられます。

購入金額 451円×10,000円=451万円
売却金額 190円×10,000円=190万円
損失額 451万円-190万円=261万円

損失は株を売却した時点で確定するので、株価が下がっても売らずに持ち続けていると損失を取り返せる可能性はあります。しかし、株価が下がり続けると損失が膨らむので注意が必要です。

発行体の企業が倒産|例:118万円→0円

発行体の企業の経営状態が悪く倒産し、上場廃止前に売却しない場合、株式の価値が0円になり大損を出してしまいます。

このように、上場廃止が決定されると売りが殺到して売却が困難になり、大損を出してしまうことはよくあります。レナウンと言えば、日本の高度経済成長を支えた大企業の1つですが、このような大企業でも倒産して株価が0円になることがあるので注意が必要です。

信用取引に失敗

信用取引に失敗すると大損を出してしまい、最悪のケースでは多額の借金を抱えてしまうことがあります。信用取引はレバレッジをかけた運用ができ、担保金のおよそ3倍の株式を運用できるので、失敗したときには資産額以上の損失額を出してしまいます。

例えば株を信用取引で購入する場合、10,000株の資金で3倍の30,000株を購入できます。20,000株は借金をして購入するのと同じであるため、株価が値下がりを続けると追証が発生し、数日以内に追証を口座に追加しないと自動的に売却されてしまいます。

なお追証は、委託保証金率が20%を下回った場合に発生します(取引する金融機関によって25%に設定されている場合もあります)。なお、委託保証金率は以下の計算式で求められます。

この時点で、20%に足らない(20%-19.投資するなら押さえておくべき経済指標~海外編 4%=0.6%)追証分108,000円(建玉1,800万円×0.6%)が発生します。なお追証が払えない場合、その時点で売却が確定します。

株で大損するときによくある原因

株で大損するときによくある原因

銘柄選びの根拠がない

株式投資では銘柄選びが重要であり、銘柄選びに失敗すると大損をしてしまいます。なんとなく有名企業だからという理由で銘柄を選ぶなど、銘柄選びの根拠がないと失敗するケースが多いです。

取引のルールを決めていない

取引のルールでは、特に「損切りルール」と「出口戦略」が重要です。自分の投資目的に合わせてルールや戦略を立て、その後は決めたルールを守りなら運用することが大切です。

1つの銘柄に集中投資している

株式投資では分散投資が大切であり、1つの銘柄に集中投資をすると大損するリスクが高まります。1つの銘柄に集中投資をすると、値下がりの局面では損失が拡大し、損切りのタイミングを誤ると塩漬けになってしまいます。

信用取引に手を出す

信用取引に手を出してしまうと、損をした場合に借金を抱えてしまうリスクがあります。信用取引は投資金額の約3倍の値段で取引ができるので、リターンが大きい分、値下がりをしたときのリスクも非常に大きいです。

株で大損しないための対処法

銘柄選びは慎重に

銘柄を選ぶ際は、倒産する恐れがなく、値上がりが見込める銘柄を慎重に選ぶことが大切です。発行体の企業の財務諸表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)の指標を読み取ることで、株での大損を防げます。

また、テクニカル分析を学んで今後の株価の動向を予測することも大切です。ネット証券が提供している取引ツールを使用することで、簡単に高度なテクニカル分析ができ、ある程度株価の動向が予測できるようになります。

取引のルールを決める

取引のルールで特に重要なのは「損切りルール」と「出口戦略」です。そのため、これらのルールを決めておき、自分で決めたルールを厳守することで大損を防げます。

複数銘柄に分散投資する

ある特定の銘柄に集中投資をせず、複数銘柄に分散投資をすることでリスクヘッジになります。複数の銘柄に分散投資をすると、ある銘柄の株価が値下がりした場合でも、他の銘柄の株価の上昇で損失を穴埋めできます。

信用取引は避ける

株で大損したくない方は、信用取引は避けましょう。現物取引だけに徹することで、大損を防ぐことにつながります。信用取引はレバレッジをかけることで大きな利益が期待できますが、予想が外れた場合は取り返しがつかなくなることを肝に銘じましょう。

株で大損をしたくない方は別の資産運用法も検討しよう

そんな方は、ぜひヘッジファンドダイレクトにご相談ください。ヘッジファンドダイレクトでは、プロの投資家があなたのニーズに合った金融商品を組み合わせて運用してくれるので、株式投資以外の方法でも理想的な資産運用を実現します。

貯金5億円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

貯金3,000万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

株価の割高・割安を評価する方法とは?

投資するなら押さえておくべき経済指標~海外編 ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

貯金5,000万円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

【ローリスク・低リスクで資産運用】リスクの少ない投資をする上で必要な心構え

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

【分散投資とは?】資産運用における意味やメリットをわかりやすく解説!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドダイレクト

本サイトは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。本資料作成においては万全の注意を払っておりますが、本資料に含まれる情報の正確性、更新性に関しては弊社は一切保証していません。また、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。【著作権に関するお願い】当社およびその関係会社が当社Webサイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物および当DVDは、著作権法、およびその他の法律により保護されています。当社の文書での許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・上映等により利用することは、その目的が営利か非営利か、その手段が電子的か否か、またメディアの如何を問わず禁止します。「引用」を行う場合には、必ず出典ページへのリンクを併用してください。当サイトへのリンクは自由です。著作権に関する詳しい情報は、公益社団法人 著作権情報センター著作権相談室までご確認ください。

公式LINE週報(2022/6/11)

【必見!おすすめ米国個別株】6月版!超過リターンを生み出せる見込みのある銘柄群リスト【米国株個別株投資】 東大ぱふぇっとです。 なんとすごいことに『超過リターンを生み出せる見込みのある銘柄群リスト』を無料公開しています!よくわからないブ.

【来週はここに注目!】

・6/14 21:30 PPI
・6/16 03:00 FOMC
・6/17 メジャーSQ

予言書とか言われちゃうレベル!?
驚異の的中率!そして 豪華なおまけ!
別格すぎる世界の未来予測 を学べます!

初心者はまずはコレからスタート!
インデックスでインデックスを上回る!?
別格のインデックス投資 を学べます!

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジETF初心者からでも大丈夫!
レバナスで 投機ではなく投資 をしよう!

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資 を学べます!

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

    公式LINE週報(2022/6/11)
    3k件のビュー

・総フォロワー10万人超え!
・異次元の投資戦略と未来予測で爆益
・東大卒3年目の専業投資家
・金融資産5000万円
・海外不動産2200万円
・米国株ブログ村ランキング1位
・新卒でトップIT企業に就職
→1年目で資産2000万円突破
→独立して専業投資家
・投資で勝つための正しい知識を発信し、本気で日本を強くしたい!

勝てる! チャート分析 の基礎と本質【株式投資:基礎編】

チャート分析 で一番大事なことはトレンドを見つけ出すことです。中局はトレンドで動くと冒頭でお伝えしました。上昇トレンドができたらしばらく上昇トレンドが続き、下降トレンドがでてきたら下降トレンドが続きます。上がったり、下がったりと将来がまったく読めない相場がたくさんありますが、トレンドがある時は確実に利益が取れます。ですから、トレンドをしっかり見つけて、そのトレンドに乗る、これこそが チャート分析 の極意です。

トレンドはなぜ発生する?

安定したトレンドを見つけてみよう

▼1番目
典型的なトレンドです。上昇トレンドの中で、天井部分のウェーブを見てみると、前のウェーブの天井よりも、次のウェーブの天井がどんどんと上がっています。底も上がっています。これは間違いなくトレンドがあります。買ってください。

▼2番目
確かに上昇トレンドの中で、天井、高値は切り上がっています。しかし、底が下がっている箇所があります。こういったものは、途中でもみ合いが入っています。ですから、これは安定したトレンドではありませんので、買っても利益が取れるとは限りません。

▼3番
確かに底は切り上がっていますがも、天井部分を見ると最初の天井は高くて、2番目の天井が最初の天井より低くなっています。これも、やっぱりもみ合いが入っています。ですから、これも安定的なトレンドとは言えません。

▼4番目
ウェーブの中の高値は、どんどん上がっています。 底も上がっています。しかし、トレンドというのは、買い方主導の展開で、ある所で買った人がある所で利益を得て、その利益を確定させて一度下がります。ある程度下がったら、まだ上がることを見込んで、また買いうため、上がります。こういう安定的なリズムがトレンドです。

相場とは非常に単純なもので、「上がっている」か「下がっているか」のどちらかです。初心者のうちは上がっていれば買えばいいし、下がっていれば売ればいいと、シンプルなルールで利益を得ることが出来ます。いま現在の価格が上がっているのか下がっているのか、それが安定したトレンドでの動きなのかをしっかりと見極めていけば、利益を得ることができる可能性はかなり高くなります。だからこそ、それを知るために チャート分析 を上手に使いこなしてほしいと思います。

僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、
大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる