基本情報

テクニカル指標の説明

テクニカル指標の説明
詳しくみる

テクニカル分析指標:目次

株価移動平均線(1)
株価移動平均線(2) 一定の期間内に売買した投資家の平均コスト。テクニカル分析ではローソク足と並んで基本中の基本。(あり) 加重移動平均線
(指数)平滑移動平均線 単純移動平均線よりも直近の価格に比重を置いた移動平均線です。相場の動きに早く反応します。 ボリンジャーバンド 株価移動平均線と標準偏差で株価のリスクを見る。(あり) バンド幅 ボリンジャーバンドのバンド幅。株価の変動を表します。 パラボリック RSIの考案者が手がけたテクニカル指標。放物線のラインを使い相場の売買を行う。(あり) 陰陽足 終値をベースに、相場のトレンドと勢いを視覚的に捉える。 (あり) 転換足 テクニカル指標の説明 株の達人オリジナルの株価の短期間における上昇と下降の方向の転換点を判別するための指標です。(あり) 線形回帰トレンド 相場がどのトレンドに位置するのか判断するのに有益。 モメンタム 短期的に価格の変化率をみるためのテクニカル指標。 ATR ボラティリティの確認に使うテクニカル指標。 ベクトル 一定期間の株価の動きの転換点を捉えるのに有効。 株価移動平均2線カイリ 長期移動平均線を基準に、短期移動平均線がどれだけ離れているかを見る指標。 平均足(コマ足) トレンドを捉えられるようにローソク足に修正を加えたテクニカル指標。 カギ足 一定の幅や率以上の株価の変化からトレンドを予測。 新値足 相場の流れの転機を知る日本の代表的チャートの1つ。 ポイント&フィギュア 時間の経過を考慮しない代表的な非時系チャート。カギ足・新値足と類似。 HLバンド ダウ理論でいう直近の高値・安値のブレイクをいかに捕らえるかというテクニカル指標。 バーチャート ローソク足と同様に相場のトレンドや強弱を確認する為に用いられる。 ラインチャート 終値を一本の線でつないだ折れ線グラフ状のシンプルなチャート。 三日平均線 日々の値動きを平均化することにより、トレンドを見極める。 ジグザグ 株価の大きな流れと波動を読み取るための指標。

オシレーター系のテクニカル指標

RCI 「上がり(下がり)始め」の時期とタイミングを捉えるテクニカル指標。 (あり) SRV-K・D(ストキャスティクス) 一定期間の高値・安値・終値から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断。中期的な方向性を見るのに適しています。 SRV-%K・%D・SLOW%D(ストキャスティクス) 一定期間の株価変動幅をとらえ、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断。短期売買に向いています。 RSI 値上がり幅・値下がり幅から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を見る。(あり) テクニカル指標の説明 ストキャスティクスRSI(SRV%RSI) ストキャスティクスの計算式にRSIの値を組み込んだ指標。RSIと比較して、感度が高い。 DMI 相場の上昇と下降をそれぞれ指数化し、トレンドの強弱を計算し、チャート化。(あり) ADX・R トレンドの強さの指数であるADXとその向きを確認するADXRを用いて判断。 MACD 2本の移動平均線を用い、相場の周期とタイミングを捉える。(あり) MACDヒストグラム MACDラインと同平均(シグナル)ラインとのカイリを棒グラフで表したもの。(あり) 株価移動平均乖離率(1)計算式とパターン
株価移動平均乖離率(2)基本と応用 株価が移動平均値とどれだけ離れているかを数値化したもの。
移動平均線に対する大幅なカイリ現象は必ず修正されるという経験則に基づいています。 株価移動平均2線カイリ 長期移動平均線と短期移動平均線を用いて天井圏・底値圏を確認。 サイコロジカルライン 値上がり(値下がり)の継続をみて、短期の売買タイミングをとらえる。 %Rオシレーター 一定期間の最高値・最安値と現在値との比較から強弱の度合いを見る。 篠原レシオ 仕手性の強い人気銘柄の売買ポイントを把握するために便利。 ピボット 先物市場で開発された、短期売買をするためのテクニカル指標。 コポック 本来月足に使用するために開発されたテクニカル指標。

テクニカル指標の基本と使い方のポイントを解説します

こんにちは、ハヤミコウヤです。 今回はテクニカル指標の中でも投資家に人気のある、「一目均衡表」と「フィボナッチリトレースメント」を取り上げてみたいと思います。 特にフィボナッチリトレースメントは使いやすいテクニカル指標です。知らない方はぜひこの機会に覚えてみましょう。 それでは解説していきましょう! 一目均衡表(いちもくきんこうひょう) 一目均衡表は投資家の一目山人氏が研究所を作り、7年の歳月を掛けて考案したテクニカル指標です。名前の由来は「一目で売り手と買い手の均衡を読む」から来ているそうです。 テクニカル指標の説明 一目均 .

テクニカル指標解説 第5回 モメンタム、ROC,サイコロジカルライン、移動平均乖離率

こんにちは、ハヤミコウヤです。 今回は「モメンタム」「ROC」「サイコロジカルライン」「移動平均乖離率」の4つのテクニカル指標について紹介したいと思います。 どれも比較的シンプルなテクニカル指標なので、わかりやすいと思います。 それでは説明していきましょう! モメンタム モメンタムは相場の勢いや株価の強弱を測ることのできるシンプルなオシレーターです。 モメンタム計算期間は自由に設定できますが、10日、20日、25日が使われることが多いです。 計算式は以下の通りです。 株価が上昇するとモメンタムはプラスにな .

テクニカル指標解説 第4回 MACD、MACDヒストグラム、DMI

こんにちは、ハヤミコウヤです。 今回はオシレーターでありながらトレンドフォロー型の性格を持つ「MACD」「MACDヒストグラム」「DMI」という3つの指標を紹介したいと思います。 オシレーターはトレンドを測ることができないのですが、これらの指標をうまく使うことで信頼性の高いシグナルを出してくれる可能性が高まります。 それではさっそく解説して行きましょう! MACD(移動平均拡散収束トレーディング法) MACDは具体的な売買タイミングを示してくれる指標です。MACDはオシレーターですが、トレンドフォロー型の .

テクニカル指標解説 第3回 RSI、ストキャスティクス、ウィリアムズ%R

こんにちは、ハヤミコウヤです。 今回は「RSI」「ストキャスティクス」「ウィリアムズ%R」という3つのテクニカル指標を紹介したいと思います。 この3つのオシレーターですが、実はとてもよく似ている指標なのです。せっかくですのでこの機会に一緒に覚えてしまいましょう。 テクニカル指標の説明 それではさっそく解説して行きましょう! オシレーターの特徴 オシレーターにはチャートパターンのようによく見られる特徴があります。オシレーターを有効に使うためにも覚えておきましょう。 トレンドがある時は使えない オシレーターには株価が長期間強力な上 .

テクニカル指標解説 第2回 ボリンジャーバンド、出来高、ボリュームレシオ、OBV

こんにちは、ハヤミコウヤです。 前回に引き続きテクニカル指標を紹介していきたいと思います。 今回紹介するのは、ボリンジャーバンドと出来高に関連するテクニカル指標です。ボリンジャーバンドは前回説明した移動平均線の応用した指標です。また出来高も株価に大きな影響を与える要素の一つです。 それではさっそく解説していきましょう! ボリンジャーバンド ボリンジャーバンドは統計学を応用してつくられた、トレンドフォロー型のテクニカル指標です。計算の基礎となる日数は20日がよく使われます。 ボリンジャーバンドは移動平均線と .

テクニカル指標解説 第1回 移動平均線

こんにちは、ハヤミコウヤです。 今回はテクニカル指標の中でも最もメジャーな「移動平均線」を取り上げてみたいと思います。 移動平均線についてはご存知の方も多いと思います。株価チャートと一緒に移動平均線が一緒に描かれていることも多いですね。 しかし、数あるテクニカル指標中でも一番勝率が高いのは「移動平均線」ではないか?と言われるように、実はすごく使える指標なのです。 それでは移動平均線の基本的な使い方を覚えていきましょう! テクニカル指標の説明 移動平均線とは まず移動平均線とは何?という話から説明していきましょう。 移動平均線は .

テクニカル指標解説 テクニカル指標の説明 第2回 ボリンジャーバンド、出来高、ボリュームレシオ、OBV

こんにちは、ハヤミコウヤです。 今回はテクニカル指標の中でも投資家に人気のある、「一目均衡表」と「フィボナッチリトレースメント」を取り上げてみたいと思います。 特にフィボナッチリトレースメントは使いやすいテクニカル指標です。知らない方はぜひこの機会に覚えてみましょう。 それでは解説していきましょう! 一目均衡表(いちもくきんこうひょう) 一目均衡表は投資家の一目山人氏が研究所を作り、7年の歳月を掛けて考案したテクニカル指標です。名前の由来は「一目で売り手と買い手の均衡を読む」から来ているそうです。 一目均 .

テクニカル指標解説 第5回 モメンタム、ROC,サイコロジカルライン、移動平均乖離率

こんにちは、ハヤミコウヤです。 今回は「モメンタム」「ROC」「サイコロジカルライン」「移動平均乖離率」の4つのテクニカル指標について紹介したいと思います。 どれも比較的シンプルなテクニカル指標なので、わかりやすいと思います。 それでは説明していきましょう! モメンタム モメンタムは相場の勢いや株価の強弱を測ることのできるシンプルなオシレーターです。 モメンタム計算期間は自由に設定できますが、10日、20日、25日が使われることが多いです。 計算式は以下の通りです。 株価が上昇するとモメンタムはプラスにな .

テクニカル指標解説 第4回 MACD、MACDヒストグラム、DMI

こんにちは、ハヤミコウヤです。 今回はオシレーターでありながらトレンドフォロー型の性格を持つ「MACD」「MACDヒストグラム」「DMI」という3つの指標を紹介したいと思います。 オシレーターはトレンドを測ることができないのですが、これらの指標をうまく使うことで信頼性の高いシグナルを出してくれる可能性が高まります。 それではさっそく解説して行きましょう! MACD(移動平均拡散収束トレーディング法) MACDは具体的な売買タイミングを示してくれる指標です。MACDはオシレーターですが、トレンドフォロー型の .

テクニカル指標解説 第3回 RSI、ストキャスティクス、ウィリアムズ%R

こんにちは、ハヤミコウヤです。 テクニカル指標の説明 今回は「RSI」「ストキャスティクス」「ウィリアムズ%R」という3つのテクニカル指標を紹介したいと思います。 この3つのオシレーターですが、実はとてもよく似ている指標なのです。せっかくですのでこの機会に一緒に覚えてしまいましょう。 それではさっそく解説して行きましょう! オシレーターの特徴 オシレーターにはチャートパターンのようによく見られる特徴があります。オシレーターを有効に使うためにも覚えておきましょう。 トレンドがある時は使えない オシレーターには株価が長期間強力な上 .

テクニカル指標解説 第1回 移動平均線

こんにちは、ハヤミコウヤです。 今回はテクニカル指標の中でも最もメジャーな「移動平均線」を取り上げてみたいと思います。 移動平均線についてはご存知の方も多いと思います。株価チャートと一緒に移動平均線が一緒に描かれていることも多いですね。 しかし、数あるテクニカル指標中でも一番勝率が高いのは「移動平均線」ではないか?と言われるように、実はすごく使える指標なのです。 それでは移動平均線の基本的な使い方を覚えていきましょう! 移動平均線とは まず移動平均線とは何?という話から説明していきましょう。 移動平均線は .

テクニカル指標の基本と使い方のポイントを解説します

こんにちは、ハヤミコウヤです。 こんにちは、今回の記事から数回にわけてテクニカル分析の一つ「テクニカル指標」について説明していきたいと思います。 テクニカル指標とは、株価の値動きなどをわかりやすく数値化したものです。 テクニカル指標を使えば、株価や相場が今どのような状態にあるか、客観的に把握することができます。情報を数値として扱えるのテクニカル指標は、判断が明確で活用しやすいツールです。そのため多くの人にトレードの判断材料の一つとして使用されています。 現在ではパソコンのソフトや携帯のアプリ、証券会社のホ .

テクニカル分析チャート講座

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

テクニカル分析チャート講座

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる