初心者必見

通貨ペアの選択は立派なバイナリーオプション攻略法

通貨ペアの選択は立派なバイナリーオプション攻略法
攻略テクニック

バイナリーオプション比較!【2022年最新】
おすすめの会社&国内の全9サービスを紹介

バイナリーオプションの大きな特徴は 「1回の取引における損失額が限定されている」 という点。FXでは、保有するポジションの大きさや値動き次第で利益や損失が変動するが、バイナリーオプションでは最大利益と最大損失が取引を始める時点で決定するので安心だ。また、FXでは含み損が発生したポジションを損切りできず、長時間にわたって保有し続けるようなこともあるが、バイナリーオプションでは 一般的に2時間以内、長いものでもその日のうちに必ず取引が終わる ので、時間を無駄にすることも避けられる。このように、バイナリーオプションは少額から取引できて、損失や取引時間が限定的なうえ、為替レートが「上昇するか、下落するか」という値動きのクセを見極めたり、為替レートの予測の精度を高めるトレーニングにもなるので、FXより先にバイナリーオプションを取引してみるという使い方もおすすめだ。
【※関連記事はこちら!】
バイナリーオプションとは? バイナリーオプションのメリットとデメリットのほか、基本的な仕組みや「おすすめ口座」を解説!

バイナリーオプションを取引する場合、 FX会社などが提供しているバイナリーオプション専用の取引口座を開設する必要 がある。2022年3月時点では、9つのバイナリーオプション口座が金融商品取引業の登録を行ってサービスを提供している。

各口座は、それぞれ、「取引できるバイナリーオプションの種類」「取引できる通貨ペアの種類」「購入から判定時刻までの長さ」などで違いがある。口座間の判定時刻のズレなどを利用することで、収益機会を拡大させるようなやり方も可能になるので、 各バイナリーオプション口座の特徴などを把握したうえで、複数のバイナリーオプション口座を同時に保有しておくのもおすすめ だ。

しかし、すべてのバイナリーオプション口座を調べて比較するのは面倒だ。そこでザイFX!編集部では、バイナリーオプションが取引できる全9口座について、バイナリーオプションの種類、取引できる銘柄の数、最低取引単位などを比較して、おすすめのバイナリーオプション口座として3つを詳しく解説! さらに、 全バイナリーオプション口座を比較できる一覧 も作成した。
【※全9口座の一覧表はこちら!】
バイナリーオプション全9口座の詳しいスペックはこちら!

ザイFX!編集部おすすめのバイナリーオプション口座はココだ!

まずは、「オプションの種類を選べる」「取引ツールが使いやすい」「取り扱い銘柄が多様」の3つの観点から、ザイFX!編集部 おすすめのバイナリーオプション口座 を紹介する。

オプトレ!(外貨ex byGMO)
~「ラダー」と「レンジ」の2種類のバイナリーオプションがある貴重な1社!~

外為オプション(GMOクリック証券)公式サイト画像

外貨ex byGMOの 「オプトレ!」 では、バイナリーオプションの基本となる 「ラダー」に加えて「レンジ」が取引できる のが大きな特徴。

「ラダー」とは「対象の為替レートが設定レート以上になるか、ならないか(設定レート以下になるか、ならないか)」を予測する取引、「レンジ」とは「対象の為替レートが設定された範囲(レンジ)内に収まるか、収まらないか」を予測する取引のことで、 「オプトレ!」 なら「ラダー」も「レンジ」も取引が可能なので相場の状況に応じて使い分けることができる。さらに 「レンジ」には、目標レンジとして選択できるレンジの幅によって「シングル」と「ワイド」の2パターン 通貨ペアの選択は立派なバイナリーオプション攻略法 があり、これも相場の状況に応じてうまく使い分けながら取引することができれば収益チャンスが拡大する。

オプトレ!(外貨ex byGMO)PC版取引画面「レンジ・ワイド」

「オプトレ!」 の 取引ツールはシンプルで、直感的な操作が可能。「ラダー」だけでは物足りず、「レンジ」も取引したい人にはおすすめ だ。
【※関連記事はこちら!】
「オプトレ!(外貨ex byGMO)」のメリットのほか、「取引タイプ」や「取引できる通貨ペア」「最低取引単位」などをまとめて紹介!

外為オプション(GMOクリック証券)
~バイナリーオプションの取引ツールの使いやすさは業界No.1!~

外為オプション(GMOクリック証券)公式サイト画像

GMOクリック証券の 「外為オプション」 は、 取引ツールの使いやすさで他のバイナリーオプション口座を圧倒 している。パソコン(PC)・スマホともにスタイリッシュで見た目も美しいうえ、使い勝手も文句なし。どこにいてもストレスなく取引できるのが最大のメリットで、多くの投資家におすすめできる。

GMOクリック証券【外為オプション】PC版取引ツール

「外為オプション」は、 購入から判定時刻までの時間が「最大3時間」と、他の一般的なバイナリーオプション口座の「最大2時間」に比べて1回の時間が長く、さらに、各回ごとに1時間の重複がある のも特徴。

なお、 「外為オプション」 は同じグループ会社のFXプライムbyGMOが提供する 「選べる外為オプション」 と、サービス内容が非常に似ている。しかし、各回の判定時刻や1回ごとの最大取引時間などは異なっているので、この 「外為オプション」 と 「選べる外為オプション」 の時間帯のズレを利用して 2つの口座を併用しながら取引すれば、投資チャンスを逃さずに収益機会を拡大させるやり方も可能 になる。2つの口座を同時に開設しておくのがおすすめだ。

「外為オプション」 のサービスを提供しているのは、大手ネット証券で、FXの取引高が世界トップクラスのGMOクリック証券なので、大きな安心感を感じながら利用できるのも魅力だ。
【※関連記事はこちら!】
「外為オプション(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「取引タイプ」や「取引できる通貨ペア」「最低取引単位」などをまとめて紹介!

IG証券(バイナリーオプション)
~取り扱い銘柄が多彩で、為替以外に株価指数やコモディティも取引できる!~

IG証券(バイナリーオプション)公式サイト画像

IG証券は、日本で最初にバイナリーオプションを提供した会社。バイナリーオプションは、通貨ペアの値動きを対象にしたものが一般的だが、 IG証券の「バイナリーオプション」 通貨ペアの選択は立派なバイナリーオプション攻略法 では 日経225(日経平均)やNYダウ(ダウ平均)などの株価指数、原油先物や金(ゴールド)先物などの商品(コモディティ)も取引できる のが最大の特徴!

IG証券(バイナリーオプション)PC版取引画面「ウォール街株価指数(NYダウ)・当日」

IG証券の「バイナリーオプション」 で取引できるのは、一般的な「ラダー」だけだが、 対象が幅広いので為替以外のさまざまなマーケットでのチャンスも広がる 。 IG証券の「バイナリーオプション」 の取引ツールは特徴的なので慣れは必要だが、FXやCFDの口座にも即座にアクセスが可能なので、さまざまな金融商品を取引する人や、一般的なバイナリーオプションでは満足できない上級者も満足できるはずだ。
【※関連記事はこちら!】
「IG証券(バイナリーオプション)」のメリットのほか、「取引タイプ」や「取引できる通貨ペア」「最低取引単位」などをまとめて紹介!

バイナリーオプション全9口座の詳しいスペックを徹底比較!

ザイFX!では、 バイナリーオプション全9口座のサービス内容を定期的に調査し、継続してサービスの比較 を行っている、下の比較表は、それをまとめたものだ。

【全部わかる】通貨ペアの基本や特徴、選択方法をまとめてみた

通貨ペア選びのコツ

攻略テクニック

私

悩む女性

悩む女性


私としてもいつでも勝てる魔法の通貨ペアをお教えしたい気持ちはあるのですが、通貨の価格は 買いたい人・売りたい人のバランスの変化で変わってくる ので、一概に勝ちやすい通貨はコレ!と提案するのは難しいです💦

ただ、時間帯や通貨ごとの特徴といった 予め予測できる要因でも価格の変動に影響を与える ので、私達トレーダーが通貨ペア選びの前に備えられることももちろんあります^^

仮に予め価格変動に影響する要因を知っていれば、相場の方向性を読み取ることも容易になり、結果として 勝ちやすい通貨ペアが選びやすくなる はずですよね?😊

そういった 知っているだけで優位性が持てる情報 をキチンと把握していればその時の勝ちやすい通貨を見つけることができますし、勝ちを拾いやすい環境でトレードしていくことも可能です🎶

この記事ではそんな知っておくだけで通貨選びの確度を高められる情報をご紹介していきますよ〜(゚∀゚)!

通貨ペアの基本!主要通貨の特徴を把握しよう!

ご存知の通り、通貨とは各国のお金・貨幣のことを表し、日本なら円、アメリカなら米ドルといったものが当てはまります💡

一口に通貨と言っても信用が厚くリスクオフとして買われることの多い日本円や、値動きが激しく投機の対象にされやすいポンドなど、通貨による特徴は様々です💡

日本円を例にしてみても、世界情勢が不安定になって自分の資本をどこか安全な国に置いておこうとトレーダーたちが考える事態に陥った時、「とりあえず安全だから」と有事の円買いが行われることもしばしば。

リスクオフで需要が高まる日本円

このような 通貨独自の特徴で相場の動きに違いが出る ことを知っておけばリスクの高い通貨ペアを選択する確率が下がるので、結果的に勝ちやすい通貨ペア選びができるようになってきます😳

通貨の特徴を知ることは勝ちやすい通貨ペアを見つけることに繋がっていく ので、通貨の特徴を把握しておくこともとっても大切💡

全ての通貨の特徴を見るのは骨が折れるので、今回は相場に影響を与えやい主要通貨(①日本円=JPY、②米ドル=USD、③ユーロ=EUR、④ポンド=GBP、⑤豪ドル=AUD)の特徴やポイントをご紹介していきます😊

①日本円(JPY)は安定感抜群。でも貿易国の景気などにも影響される

日本円

日本円は米ドル、ユーロに次いで取引量が第三位で、日本は輸出業が盛んなことから原材料価格の高騰や貿易相手国の景気など、 経済の動向に左右されやすい です😊

そして自国通貨ともあってニュースで様々な情報を得ることができるので、他国に住んでいるトレーダーと比べると 日本円の情報に対してかなり優位性を持って戦える でしょう🎶

また超低金利通貨としても日本円は有名であり、金利が低い日本でお金を借りて高金利通貨で投資を行う「 円キャリートレード 」が多いことも取引量が多くなる要因の一つですね^^

世界全体で使用されているため 通貨の価格が比較的安定であり、突発的な値動きが少ないことが特徴 なんです😆

こうした特徴から相場の方向性が読みやすく、特に取引量の多い米ドルと日本円の売買が行われるドル円(USD/JPY)は初心者向けと言われています💡

  • 日本円は自国通貨で情報を得やすい為、他国のトレーダーと比べて有利に戦える
  • 世界全体で使用されていることから流動性が高く、その結果突発的な値動きをしにくい
  • 取引量の多いドル/円(米ドル/日本円)は相場が安定しているので初心者向き

②米ドル(USD)はアメリカの金利政策に影響されやすい

米ドル

世界最大の経済大国でもあるアメリカの通貨で、国際金融取引の基準として採用されていることから 『世界の基軸通貨』 と呼ばれています😊

雇用統計は毎月の第一金曜日に発表される ことが決まっているので覚えやすいですし、経済指標カレンダーを常に確認するように癖付けておけば他国の経済状況も把握できトレードを有利に進められるでしょう😊

そしてもう一つは有事の時。

基軸通貨である米ドルが買われやすいことは確かですが、 ドル/円の通貨ペアに関してはドル売りの傾向になる ことは頭に入れておきましょう💡

  • 米ドルは取引量No.1の通貨なので流動性が高く価格も安定しやすい
  • 注目度の高いアメリカの経済指標発表前後は相場が荒れやすい
  • 有事の際は米ドルが買わられる傾向にあるが、米ドル/円だけはドル売り傾向にある

③ユーロ(EUR)は加盟国の経済状況に影響されやすい

ユーロ

また、 変動幅も主要通貨と比べて大きくなりやすいのも特徴 です💡

通貨の価格は国の経済状況や信用も反映されるとお伝えしましたが、ユーロの場合19カ国も加盟国がいるので全ての経済状況を把握するのは難しいです💦

加盟国の中でも経済規模の大きい国(ドイツやフランス、スペインなど)だけでも確認しておくと、ある程度把握することができるでしょう😊

ただ 経済が不安定な国がユーロ内にあると敬遠されることも珍しくない 通貨ペアの選択は立派なバイナリーオプション攻略法 為、経済規模の大きい国に加えて不安定な経済状況の加盟国もチェックしておくと良いですね🎶

  • ユーロは取引量No.2ではあるが、加盟国が複数あるので安定しにくい
  • 経済による影響を受けやすく、変動幅も上振れ・下振れする傾向にある
  • 経済規模の大きい国と経済状況が悪い加盟国の情勢をチェックしておくと相場の方向性が読み取りやすい

④ポンド(GBP)は主要通貨の中でトップの値動きの荒さが特徴

ポンド

ポンドも米ドル・ユーロ・日本円といった主要通貨と同様に取引量が多いですが、今までの通貨と比べて 最も値動きが激しいことが特徴 です😊

ポンドは値動きが荒い

しかしながら価格が動いている時はその方向に進みやすい特徴もあるため、 バイナリーオプションでは相場の流れに沿った連続トレードが狙いやすいというメリットもあったりします 🍀

一言でポンドを言い表すなら「長期的な目線で相場を捉えることは難しいが、一方向に価格が伸びやすいので短期的なトレードは狙いやすい通貨」

  • イギリス…ヨーロッパ圏の国ではあるが、通貨はポンドを使用している
  • その他のEU加盟国…通貨はユーロを使用している

さらにポンドはユーロと同じような値動きを見せることも多く、ユーロ関連とポンド関連の複数の通貨をチェックしておくことで信頼性の高いトレードも可能になります🎶

ただ市場規模ではポンドの方がユーロよりも小さいので、「 ポンドの値動きがユーロに影響を与えることは少ないが、ユーロはポンドに影響を与えやすい 」という関係性はキッチリ覚えておきましょう💡

バイナリーオプションの相場に影響を与える経済指標を上手に立ち回る3つの攻略ポイント!

攻略テクニック

バイナリーオプションやFXなどの投資をやっていると、どうしても避けて通れないのが 『経済指標』 ですよね(*´∀`*)

私

悩む女性

指標発表直後の値動き

悩む女性

そこで今回は 『経済指標発表時の相場を上手に立ち回るための3つの攻略ポイント』 をお話します(*´∀`*)

経済指標発表の予想や結果は気にしない!直近の相場の値動きを基に攻略しよう!

まず先にお話しておくと、 バイナリーオプションに『ファンダメンタルズ分析』は不要 です👍

経済指標カレンダー

損益発生の仕組み決済のタイミング
FXエントリーした価格と決済した価格の 値幅(差額) に応じて損益が決まる。自由/手動
BO取引金額に応じて一定。 狙った方向に進めば 利益、逆に進めば損失。固定/自動

FXが 自力で値幅を取らなければ利益を獲得できない のに対し、バイナリーオプションは 自動で決済されるまでに狙った方向に進めば決められた利益を獲得することができます 😀

FXとBOの比較画像

つまり バイナリーオプションは経済動向を参考に中長期的な相場の展望を読み取る必要はなく、テクニカル的な視点で直近の相場の動きを読み解くことに全力を注ぐべき なんですよね😁

私

バイナリーオプションでトレードするなら 「何時に何の指標があるのか?」と「その指標の重要度」を確認しておくだけで十分 💡
この2つさえ把握しておけば経済指標発表時の値動きに備えることができるので、必ず毎日経済指標カレンダーをチェックするようにしましょう🎶

経済指標発表時の相場を上手に立ち回るための3つの攻略ポイント!

【攻略ポイント①】重要経済指標発表後の突発的な値動きを利用してチャンスを掴む!

まずは “重要経済指標” 発表後の突発的な値動きに注目してみましょう😀

    通貨ペアの選択は立派なバイナリーオプション攻略法
  • 『米雇用統計』 …毎月第一金曜日に発表。
  • 『各国の政策金利』 …発表時期は不定期。
  • 『各国のGDP(国内総生産)』 …四半期(3ヶ月)ごとに発表。国によって発表タイミングは異なる。

米雇用統計

この長く伸びた陰線を “大陰線” と呼ぶのですが(長く伸びた陽線は “大陽線” )、重要経済指標発表時は画像のように大陽線と大陰線が発生しやすい傾向があります。

突発的な値動きの反動を狙う『CCI攻略法』

大陽線や大陰線は 突発的な値動きであるが故にその反動で直後の値動きが逆方向に進みやすい という特性があります👀

大陽線・大陰線の反動

当ブログで無料公開している 『CCI攻略法』 は、この大陽線・大陰線の反動を利用してエントリーを狙っていく攻略法です😄

私

【攻略ポイント②】最低でも経済指標発表の前5分から後10分〜15分の相場は様子を見る!

例えばここまでご紹介してきた「みんかぶFX」の経済指標は星5つ満点で重要度が表示されているのですが、私個人としては 星2つ以下は特に気にする必要はない かなと考えてます。

影響がある通貨
アメリカの指標全ての通貨ペア
ユーロ圏の指標ユーロを含む通貨ペア
ドイツの指標ユーロを含む通貨ペア
イギリスの指標ポンドを含む通貨ペア
豪州の指標豪ドル、NZドルを含む通貨ペア
NZの指標NZドルを含む通貨ペア
カナダの指標カナダドルを含む通貨ペア
中国の指標人民元、豪ドル、NZドルを含む通貨ペア
日本の指標円を含む通貨ペア
スイスの指標スイスフランを含む通貨ペア

さて、ここからお話したいのは “星3つ以上の指標発表時の立ち回り方” です(*゚∀゚)

そういった事態を避けるため、 最低でも指標発表の前5分から後10分〜15分は取引せずに様子を見る ことをオススメします✋

指標発表前後の動き

そして大事なのは “その先” です(*´∀`*)

経済指標発表によって動き出した相場は逆にチャンスが増えやすい!

その先の相場状況

指標発表直後の傾向

【攻略ポイント③】敢えて経済指標発表時はエントリーを見送るのも1つの戦略!

ここまで重要経済指標と普段の経済指標発表時の立ち回りについてお話してきましたが、ここで改めて 「そもそも敢えて経済指標と相対する必要があるのか?」 ということについて考えてみませんか😄?

1 章:無料ブログじゃだめなの?なぜ WordPress ブログがいいのか?を解説します
2 章: WordPress ブログ開設の第一歩・レンタルサーバー『エックスサーバー』契約
&WordPress インストール
3 章: WordPress テンプレート設置や、 SSL 化について解説!
4 章: WordPress を便利に使うための、プラグインインストール 推奨プラグイン紹

5 章: アフィリエイトのはじめの一歩、 WordPress 記事投稿方法について解説

【購入にあたってのお願い】
ブログアフィリエイトを始めたい人。初学者が対象です。
また納品後の返品は一切受付しておりません。

最高のバイナリーソフトが完成しました。
勝率は、5/1~5/26日までで、
USD/JPY
GBP/JPY
EUR/JPY
AUD/JPY
NZD/JPY
の5通貨平均83%
となっており、

無料ブログを1つ立ち上げて、そこに今回お渡しする記事を投稿し
サテライト記事のどの記事でもいいので、メインサイトのリンクを貼り付ける事で
メインサイトのSEO評価が上がる可能性があります。

▼当サービスでは、”簡単なテーマの記事”のみ対応可能です。
初めての方や、簡単かどうかよくわからない場合は
まずは必ず「ダイレクトメッセージ」にてご相談ください。


■ 購入にあたってのお願い
★Excelファイルでの納品です。
Excelファイルをお渡ししてから1~2日程度でトークルームはクローズします。
その後はメッセージにて1週間サポートさせていただきます。 お気軽にご連絡ください。

その他、わからないことがあればメッセージください。
出来る限り24時間以内にご返答致します。
また、評価をいただく際はネタバレを含む記載はおやめください。

ブログやサイトは大まかに2つの種類に分かれ
サテライトサイト と メインサイトになります。

メインサイトに集客をする為のサテライトサイトは
ひと昔は 言葉っぽい文章を作成してあれば成り立つレベルでしたが
現在は記事1つ1つのクオリティは求められる時代になっております

本記事のクオリティとして「サテライトサイトの構築用」としてご準備しております。
丁寧にSEOを考えて作り
文章のクオリティは高いと自負しております。


【こんな方におすすめの当サービス】
・メインサイトのアクセスアップを図りたい方
・サテライトを運営して、SEOアップ図りたい方 通貨ペアの選択は立派なバイナリーオプション攻略法
・管理しているサイトを低資金で知名度をあげたい方

■ 購入にあたってのお願い
★CSVファイルでの納品です。 CSVファイルをお渡しと同時にトークルームはクローズします。 その後は何かありましたらメッセージにてご連絡ください。

★下記に該当する方は商品のご購入をお控えください
・クレーマー気質の方
・「思っていたのと違っていた」「もう知っている情報だった」との理由で評価を下げる方
・常識的なやりとりができない方

その他、わからないことがあればメッセージください。 24時間以内にご返答致します。 また、評価をいただく際はネタバレを含む記載はおやめください。

・ブログアフィリエイト
・在宅ワーク
・せどり・転売
・バイナリーやFXトレード


【今すぐに理解しなくてもいいです】
ある大手サイトから「コピー」し

あなたでも恩恵を受けられるプラットフォームで

"リサイクル文章"とペーストでベタッと貼り付け

収益発生

モチベーションアップ

作業が維持できる

あなたはこれまでに
様々な手法や副業ノウハウを
大切なお給料を叩き

給料振込み2日後になんとかやりくりして
ココナラなどの販売所で
購入してきたと思います。

しかし今回の最新アフィリエイトさえ
覚えてしまえばこれまでのノウハウを応用しつつも
利益を得られるマーケティング手法が

あまり考えられないことですが
最悪イメージ通りの収益が発生しなかった場合
あなたが失うものは時間のみです


今でこそ偉そうに文章を書いている私も
ビジネス初心者の頃はたくさんのノウハウをインプット
しておきながら成果が出せたのはほんの1つ2つ。

【具体的な内容】
・なぜあのプラットフォームなのか
・これだけ簡単なアフィリエイト
・4ヶ月で大きな成果発生体験談
・売れてしまう商品の選定マジック
・○○派生法

もちろん本教材を一通り学ぶ、もしくは実践した後に
見ていただきたい特典になっていますので、
ある条件と審査を設けています。(そこまで厳しいものではないです。笑)

と思っていたところ、
ご購入様より「興味あります」といった声が
多かったことから商品化することに
決めました

Goldは少額で手軽にスタートでき
資産も増やせる可能性が高いため
未経験者の方も安心。

手法は恐ろしく突飛な方法などではありませんが 通貨ペアの選択は立派なバイナリーオプション攻略法
日中まとまった時間が取れない方にも
ぜひ実践していただきたいと思っております

【このロジックがおすすめな人】
・Goldの取引に興味がある
・FXは知っているがGoldを知らない
・時間を気にせず作業をしたい
・投資の勉強をするのが面倒な
・ほかの投資で利益が出ていない

【このロジックの特徴】
手法自体シンプルの為、メンタルに左右されにくい
チャートのシグナルを読み取りエントリーをする手法
インディケーターの設置方法も図解で解説

【内容】
・スマホ一つでも実施可能
・利益確定のポイントについても公開
・実際事例を元にエントリーポイントを解説
・ショート(売り)ロング(買い)両方のロジックを公開

Goldは実はこっそりトレーダーの中で
人気がある通貨であり 通貨ペアの選択は立派なバイナリーオプション攻略法
この通貨に特化した
優位性のあるトレード手法になっています

まずはこちらの特典を読み込む前に
本教材を一通り学ぶ、もしくは実践した後に
見ていただきたい特典になっていますので、
ある条件と審査を設けています。(そこまで厳しいものではないです。笑)

通貨ペアの選択は立派なバイナリーオプション攻略法

バイナリーオプション①

バイナリーオプションとは何か?勝てない理由と本質を徹底解説

バイナリーオプションとは、為替相場の通貨ペアにおいて、現在のレートより上がるか下がるかを予想するという投資商品です。現在のレートを起点として、決められた一定時間後に、現在のレートと比べてどのような位置にあるかを予想します。バイナリーオプションには、大きく分けて2つの仕組みがあります。ひとつはハイロー取引、もうひとつはラダー取引です。現在、国内のほとんどのバイナリー業者はラダー取引を採用しており、海外のほとんどのバイナリー業者はハイロー取引を採用しています。それでは、それぞれの仕組みの特徴について解説したいと思います。

まず、海外の業者が多く採用しているハイロー取引です。ハイローは極めてシンプルで、現在のレートより上がるか下がるかを予想し、一定時間後に判定する仕組みです。判定時間は、30秒後、1分後、3分後、5分後、15分後というように、極めて短時間での判定が主流で、判定時間が訪れた時点で、起点となる予想した時点のレートより上か下かで判定されます。予想が当たっていれば、投資額の約1.8倍〜2倍程度の金額が償還されます。予想が外れていれば、投資金は一切戻りません。当たった場合のペイアウト率は、業者によっても異なりますし、判定時間が短いほど高い傾向、つまり2倍に近づく傾向にあります。これは、判定時間が短いほど、予想が難しいことを意味します。このように、短時間での取引ができ、予想が当たれば2倍弱の金額に増え、外れれば投資金は戻らないという、非常にシンプルな仕組みがハイローの特徴です。ハイローは、仕組みが非常にわかりやすいことと、何といってもペイアウト率が高く、短時間で大きく資金を増やすことができる資金効率の良さが、最大のメリットと言えます。

次に、国内の業者が多く採用しているラダー取引です。ラダーオプションと呼ばれることもあります。ラダーはハイローと比べて仕組みがかなり複雑になっています。基本的には、現在のレートより上がるか下がるかを予想するバイナリーオプションではあるのですが、現在のレートからどれだけ大きく動くかによって、ペイアウト率が変動するのです。つまり、現在のレートからの距離がペイアウト率に影響する仕組みなのです。例えば、現在のレートより上がると予想して投資したとしましょう。この場合、判定時間になった時点でレートが上がっていれば当たりですが、レートの上がり幅が大きいほどペイアウト率は高く、上がり幅が小さいほどペイアウト率は低くなります。厳密には、一定のペイアウト金額に対する購入価格が変動するため、結果的にペイアウト率が決まるという仕組みですが、この説明は割愛します。また、ラダーはハイローとは違い、判定時間を短時間に設定することはできず、基本的には2時間に設定されています。実際は、判定する時刻が初めから決まっており、その2時間前から投資ができるという仕組みで、判定時間が近づくと投資はできなくなります。このように、ラダー取引は、バイナリーオプションの一種ではありながらも、どれだけレートが変化するかという変動幅がペイアウト率に影響してきますので、結局のところ、FXと極めて性質の似た投資商品ということになります。FXも、予想した方向に相場が動けば利益になりますし、その幅が大きくなればなるほど利益は増大しますので、その点は全く同じと言えます。異なる点は、判定時間が初めから決められているという点と、相場が予想と逆行した時の損失額がラダーでは限定されているという点です。判定時間が決められているという点は、自らの判断で、自らの都合のいいタイミングで利益額を確定させることができるFXと比べればデメリットですし、相場が逆行した際の損失額についても、FXでもあらかじめ損切り設定をしておくことで限定させることができますので、ラダーの特筆すべきメリットとは言えません。FXにおけるレバレッジと利確および損切りタイミングを考えた場合、総合的に見てラダーの方が資金効率はよい設定にはなっていますが、ここで資金効率のメリットについて論じるのであれば、圧倒的にハイローの方が有利です。予想した方向にレートが動けば1.8〜2倍のペイアウト率で固定されているわけですから、資金効率の良さは言うまでもありません。このように考えると、ラダー取引は、FXとの類似点が多く、FXとハイローの中間的な性質であり、ラダーを選択することのメリットがわかりにくいのが実情です。

少し余談になりますが、国内のバイナリー業者がなぜこのようなラダー取引というメリットのわかりにくい仕組みを採用しているかというと、国内では金融商品に対する厳しい規制があるためです。実は、厳しい規制が敷かれる前までは、国内業者でもほとんどがハイローを採用していました。しかし、判定時間の短いハイローが禁止され、指定する判定時刻の間隔を2時間以上開けることが義務付けられ、変動幅によってペイアウト率も変動するという仕組みにせざるを得なくなり、現在のようのラダー取引の仕組みとなりました。つまり、規制ができる前までは、国内業者もハイローを採用していたわけですから、ハイローの方がメリットが圧倒的高いことは言うまでもありません。さきほども説明した通り、バイナリーオプションの最大のメリットは資金効率の極めて高い為替取引であるという点になりますので、そのメリットを最大限享受できるハイローに焦点を当てるべきと考えます。

それでは、ここからはハイローに焦点を絞って解説していきたいと思います。ハイローは短時間での判定ができますので、例えば1分後に現在のレートより上がるか下がるかを予想し、それが当たればたった1分で投資した金額が2倍近くになるわけですから、FXではあり得ない資金効率です。これが最大のメリットです。しかし、注意しなくてはいけないのが、あまりにも仕組みが単純であるがゆえに、ただのゲーム感覚で捉えてしまいがちな点です。ハイローは立派な為替トレードですから、FX同様に、しっかりとした根拠を持って相場が上がるのか下がるのかを考えなくてはいけません。つまり、テクニカル分析などの分析をしっかりと行った上で取引をするということです。テクニカル手法を用いたハイローのトレードは、考え方としては基本的にはFXと同じです。特にエントリータイミングに対する考え方は全く同じと言えます。しかし、FXの場合は、出口戦略が非常に重要で、どこで利確するのか、どこで損切りするのかが難しいポイントになりますが、ハイローの場合は全く違います。30秒後、1分後、3分後、5分後、15分後などというように、判定時間があらかじめ決まっていますので、出口戦略は一切必要ありません。その分、エントリータイミングと判定時間の選択が重要になります。そこがFXとの最大の違いです。そのように考えると、出口戦略を立てることができない点が、ハイローのデメリットと言うことができます。このデメリットこそが、資金効率がいい最大の理由なのです。FXは、チャート分析をしっかりと行い、裁量スキルを身につけることさえできれば、高い確率で安定的に勝つことも可能なのですが、ハイローの場合、例えチャート分析がしっかりとできたとしても、たまたま判定のタイミングで一時的にレートが予想と逆行し、その後予想した方向に再び戻ることも多々あります。具体的には、下記の図のようなイメージです。この場合、テクニカル分析自体は正しかったにもかかわらず、判定のタイミングが固定されているため、そのタイミングで負けていれば結果は負けで、投資金を失うことになります。つまり、運も左右するのです。例えば、上昇トレンドの相場において、5分後のハイにエントリーしたとしても、ちょうど5分後のその瞬間のレートを予測することは非常に難しいのです。全体としては上昇トレンドであったとしても、決められた5分後のその瞬間に、エントリー時点より相場が上になくてはいけないのです。これが、FXとの大きな違いで、バイナリーオプションで勝てないという声が多く聞かれる理由です。FXで勝てている人でも、バイナリーでは勝てないのです。この考え方のままバイナリーオプションで勝つことを考えるのであれば、FXにおいて、エントリー後に含み損を一切抱えることなくそのまま勝つことを目指す必要があるということになります。このようのな完璧なトレードをすることは非常に難しく、エントリーした直後は、一時的に多少の含み損を抱える瞬間があるのは当然のことです。FXにおいてはこれが常識ですが、バイナリーにおいてはこれが命取りなのです。

それでは、どのようにすればバイナリーオプションで勝てるのでしょうか。それは、非常に強い短期トレンドが発生した時を狙うことです。トレンドが緩やかであればあるほど、短期間の値動きの予想は難しくなりますが、指標発表などで急激にトレンドが発生した時などは、わずか1分後であっても、大幅に現在のレートより上か下かに動きます。これを正確に予想することができれば、細かいレートのノイズに一切振り回されることなく、確実に予想と結果が一致します。これが、ハイローで勝率を上げるためのポイントになります。それでは、このような短期の急激なトレンドを、テクニカル分析で読み取ることはできるのでしょうか。テクニカル分析に詳しい方は、短期の急激なトレンドは、例えばバンドウォークなどで読み取ることができるという発想があるかと思います。しかし、バンドウォークすらも起こらないレベルの超短期トレンドを読む必要があるのです。判定時間1分のハイローであれば、1分足チャート1本分のスパンですから、バンドウォーク以前の問題です。このように考えるとわかる通り、結局のところ、テクニカルでハイローを攻略するには限界があるのです。つまり、指標発表時のような急激な短期トレンドをリアルタイムで見抜く値動きの感覚を身に付けるか、ファンダメンタルで予想するかのいずれかが必要になるのです。繰り返しになりますが、ハイローで勝率を上げるためにはテクニカル分析では限界があり、以下の2つのいずれかでなければ勝つことは難しいのです。

・急激な短期トレンドをリアルタイムで見抜く値動きの感覚を身に付ける

・ファンダメンタルで予想する

まず1つ目の、急激な短期トレンドをリアルタイムで見抜く値動きの感覚についてですが、これが得意な人も実際にいます。指標発表時の波に上手く乗り、FXで大きな利益を上げている人も一定数いるのは事実です。しかし、ほとんどの人は、指標発表時はトレードをあえてしません。自動売買をしている人も、指標発表時はストップさせるケースが非常に多いのです。つまり、よほど得意でない限りは、手を出さない方がいいのが指標発表時のような急激な値動きですので、ハイローにおいても、この値動きの波に上手く乗る感覚を身に付けるのは簡単ではありません。それでは、ファンダメンタルはどうでしょうか。指標発表時は間違いなく上か下かに大きく動きますので、その方向を予想すればいいのです。それをファンダメンタル分析で予想するのがアナリストになりますが、正確に高い確率で予想できる人はほとんどいません。また、指標発表のチャンス自体が多くありませんので、そのスキルを身につけるための反復練習も十分にできないのです。このように考えると、短期トレンドの急激な値動きを見抜く感覚にしても、指標発表時のファンダメンタル分析にしても、スキル習得のハードルは非常に高いと言えます。

・取引チャンスが多い

・ファンダメンタルの予想が容易

・決まった時間に急激な値動きが起こる

これらの条件を満たすという視点に立って、勝てるポイントを探す作業が重要で、その結果独自のエントリーチャンスを見つけ出したという人もいます。その中でも、比較的有名な手法がありますので、ひとつ紹介したいと思います。それは、仲値トレードと呼ばれる手法です。仲値とは、午前9時55分の為替レートのことを指します。銀行などの金融機関で、本日のレートというような表示を見たことがあるかと思いますが、FXのようにレートが刻一刻と変わっていては銀行の取引業務が滞ってしまいますので、よほど極端な為替変動がない限りは、その日一日は一定のレートで取引業務を行います。この一定のレートというのが仲値なのです。つまり、午前9時55分のレートが、その日一日のレートとして適用されるわけですから、非常に重要な意味を持つレートということになります。これほど重みのあるレートが、午前9時55分の一瞬にあるのです。そこで、米ドル円のレートを例として考えてみましょう。この場合、仲値というのは、円高と

円安のどちらに対して働くことが多いのでしょうか。仲値に影響を与える要素は多数ありますが、そのうちのひとつとして、日本経済において重要な支えとなる産業としては、自動車産業を始めとする機械産業など、輸出により売上を伸ばしている産業が多いということが挙げられます。つまり輸出企業にとっては円安の方が利益が増え、それによって日本経済もよくなるため、金融機関も円安を望みます。そのため、仲値に向けて金融機関もドルを買うことで為替を円安方向に動かします。事実、円安の日に日経平均株価は上昇しやすい傾向にあります。また、企業からの予約注文のバランスも関係しており、円買い注文より米ドル買い注文が多い場合は、仲値に向けて金融機関が米ドルを買うことで円安方向に為替を動かし、利益を得やすくすることも可能です。ただし、その逆の場合も考えられますので、これらを総合したバランスにより、仲値が決まりますが、日本経済全体を考えると円安の方が有利な場合が多いのが一般的な考え方で、仲値の決まる午前9時55分のタイミングでは一時的に円安になると言われています。このファンダメンタル要素と時間が決まっている点に着目して、ハイロー取引を行うのが仲値トレードです。具体的には、午前9時50分に取引時間5分でハイ、午前9時55分に取引時間5分でローでエントリーすることで、午前9時55分の一時的なピークをうまく捉えることができます。さきほど説明した通り、予約注文における円買い注文と米ドル買い注文のバランスに絶対はありませんし、ここでは説明しきれないその他の要因も多々ありますので、必ずしも仲値が円安方向に一時的なピークを作るとは限りませんが、総合的に考えてその傾向が強いというロジック自体は理にかなっています。あとは本当にそのロジック通りになるかという確率論で考えることができます。

ここではひとつのロジックの事例を紹介しましたが、仲値以外にも、ある決まった時間に決まった値動きをしやすい根拠のあるタイミングも存在しますし、このような相場の特徴を研究している人もいますが、ロジックさえ確立させてしまえば、あとは確率論で考えることができるのがハイローの最大の特徴です。予想が当たった時のペイアウト率は固定されていますし、外れた時は投資額がゼロになることも決まっています。つまり、勝率だけで全てを考えることができ、損益分岐点となる勝率も計算することができます。そのため、損益分岐点以上の勝率を安定的に残すことができるロジックなのであれば、継続することで資金を安定的に増やしていくことができるのです。さきほど、ハイローで勝つための3つの条件について説明しましたが、その条件を満たすロジックを構築したとして、あとは損益分岐点の計算と、過去検証による勝率の計算をすることで、資金を増やすことができるロジックであるかどうかが一目瞭然なのです。計算した結果、損益分岐点を上回る勝率なのであれば、継続して回数を重ねることでその勝率に収束させていけばいいのです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる