FX初心者必見

スプレッドとスワップを大幅に縮小する

スプレッドとスワップを大幅に縮小する
日銀の黒田総裁・・・
口先介入だけじゃなくて、円安止めて・・・

更なる積極利上げで景気後退のシグナルは危険ゾーンに=NY為替

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China スプレッドとスワップを大幅に縮小する Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

続落、米大幅利上げ見通しで戻りを売られる=NY金概況

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなのFXでスプレッド縮小&スワップ増量キャンペーンを使いこなせ!

資源国通貨の豪ドルが今アツい!
最新の政策金利ニュースを参考にしてくださいね

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

【2022年6月】豪中銀がタカ派に転じた政策金利の利上げ

オーストラリア準備銀行は7日の政策決定会合で、 政策金利を予想を上回る0.85%に利上げ することを決定。

豪中銀、インフレ抑制で予想外の大幅利上げ-政策金利0.85%に

当初は0.25%とも言われていた利上げ幅は予想を上回ったことで、豪ドルは高騰しました。
豪ドルは元より低金利の通貨でしたが、 インフレ率が予想以上だったことで利上げせざるを得ない という状況になったわけなんですね。

声明では「インフレ率はさらに上昇する見通し」と追加利上げを示唆して、まさにタカ派になったといえます。
今はインフレが最重要課題ですから、各国は利上げを急いでいるんですね。

資源国通貨高は続く?

通貨強弱

僕はいつもみんなのFXのアプリで通貨強弱を使って、 この円安相場は通貨単体の強さ に注目しています。
ツールで見ると、 特に資源国が強く、円が弱い!

ユーロは7年ぶりの円安水準!売りで勝負していいの?

他のクロス円もとにかく上がっていますが、日本円と同じでユーロもマイナス金利の通貨ペアでした。
ここで日本よりいち早くマイナス金利政策を脱却したことで、 ユーロは7年ぶりの円安水準 に達しています。

1ユーロ=140円台前半まで一時値下がり 約7年ぶりの円安水準

ユーロ円は売りでプラススワップの通貨ペアですから、 売りで運用している人はかなり爆損になっている かと思います。

米ドル円は20年ぶりの円安水準を連日突破

日銀が円安政策を取っているため、 日本円がとにかく一人負け。
急激な円安で、僕を含む多くのFXトレーダーが狩られていることでしょう・・・

僕のように安易に逆張りはせず、流れに逆らわずに低レバで運用してくださいね。

日銀の黒田総裁・・・
口先介入だけじゃなくて、円安止めて・・・

スプレッドとスワップを大幅に縮小する みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

僕が運用している”みんなのFX”でスプレッド縮小時間を狙え!

  • 期間:2022年6月1日(水)~2022年7月29日(金)18:00〜22:00
  • 対象通貨ペア:英ポンド円、豪ドル円、ユーロ円、メキシコペソ円、南アフリカランド円、トルコリラ円

豪ドル円もユーロ円も、トレードするなら僕が運用している みんなのFXならスプレッドが割安で 運用 することができます。
時間帯はヨーロッパ時間の始まる18時から、ニューヨーク時間が始まる22時までの限定です。

縮小後のスプレッドは他のFX会社と比べてもかなり安いと思いますので、せっかくならこの時間を狙ってトレードする方がお得ですよ。

この円安相場を見極めに有効な通貨強弱も、みんなのFXアプリ上から確認できますし、 ニュース速報も早くて情報を入手しやすい点 もかなりオススメ。

資源国通貨は、原油高で強い値動きしてます
豪ドルはまだ利上げの余地もあるし、アツいかもしれませんね

米ドル円が20年ぶりの円安!?
僕の売りが踏まれていく・・・


日銀の円安政策が変わらない限り、円安は続きそうだよ
逆張りして踏まれていくトレーダーが増えているから、気をつけてね

2022年6月の利上げ動向は?物価高が続くなか、雇用統計や要人発言についても解説

FXネオ

72万口座超の大手FXサービス(2021年7月時点)。業界最狭水準のスプレッドに加え、デモ取引も利用可能!

DMM FX

dmmfx

アプリで高機能チャート利用可!最短で1時間後に取引可能、LINEやAIチャットでの問い合わせなどサポートも充実

松井証券 MATSUI FX

松井証券 MATSUI FX

レバレッジ1倍、100円からの少額取引が可能。業界最狭水準のスプレッド、28種類のテクニカル指標も利用可

FX投資の人気コラム

FXの最新ニュース

  • 2022/4/25SBIネオモバイル証券「ネオモバ3周年大感謝祭番外編」キャンペーン実施。新成人対象に
  • 2022/4/24SBIネオモバイル証券が国内株式の利用料最大99.8%還元キャンペーン、5/2開始
  • 2022/4/2Z世代の8割超が「18歳になったら投資をはじめたい」LINE証券が投資意識調査
  • 2022/1/18インヴァスト証券、FX取引量に応じて寄付できる「社会貢献ポイント」で21年度に322万円寄付
  • 2021/12/11米CPI公表やオミクロン株による株価の影響は?2021年12月6日~10日の株式・金利マーケットレポート

HEDGE GUIDE 編集部 FXチームは、FXに関する知識が豊富なメンバーがFXの基礎知識から取引のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

通貨スワップ市場の変動要因について考える-通貨スワップの市場環境が与えるヘッジコストへの影響 | ニッセイ基礎研究所

btn-mag-b.png

スワップ・スプレッドがマイナス方向へ拡大した原因として、日銀による質的・量的金融緩和政策の導入以降の円建て資産の利回り低下によって、国内投資家が利回りを求めて外貨建て資産を増加させる方向にシフトしたために、米ドルと円の資金需要のバランスに偏りが生じたためと指摘されることがある スプレッドとスワップを大幅に縮小する 7 。そこで、BIS(2016)等で紹介された方法を参考に、日本国内における米ドル資金の需要によるスワップ・スプレッドへの影響についてみてみたい。本稿では、通貨スワップや為替スワップを用いた米ドル資金の需要に対して大きな影響を与えた可能性があるものとして以下の2つを選択した。

(1)国内銀行の米ドル債権のネット額(米ドルベース) 8
(2)国内生命保険の外国証券への投資額(米ドルベース) 9

図表7:米ドル資金需要(左軸:1兆米ドル)とスワップ・スプレッド(右軸:逆目盛り:bp)

しかし、2015年12月にFRBにより利上げが決定され、かつ2016年1月に日銀によりマイナス金利政策が導入されたあたりから、銀行と生命保険による米ドル資金需要が増加に転じている。この米ドル資金需要の増加は、スワップ・スプレッドにおいて、3ヶ月と1年についてはマイナス幅の拡大方向、3年についてはほぼ現状維持、5年についてはマイナス幅の縮小方向へ寄与したようである(図表8) 12 。つまり、マイナス金利政策の導入によって、スワップ・スプレッドの期間構造に急激な「フラットニング」が生じている。しかしながら、3年や5年といった年限で大きな水準シフトが生じたわけではない。このことは、マイナス金利政策以降の米ドル資金需要の増加による通貨スワップや為替スワップの取引は3ヶ月や1年といった比較的短期に集中していたことを意味している。具体的には、通貨スワップや為替スワップの利用に際して、3年や5年といった期間でヘッジ取引を行うとヘッジコストが大きくなってしまうため、ヘッジコストが相対的に小さくすむ3ヶ月や1年といった期間で区切ってヘッジ取引を行う方向に取引の需要が変化したのではないかと思われる。2016年9月末時点では、スワップ・スプレッドの期間構造はほぼ完全にフラットな形状になっており、3ヶ月や1年といった期間で区切ってヘッジ取引を行うインセンティブはなくなってしまっている。

図表8:スワップ・スプレッドの期間構造の変化(bp)

7 「Covered interest parity lost: understanding the cross-currency basis 」(BIS, 2016年)、「グローバルな為替スワップ市場の動向について」(日本銀行, 2016年)、など。
8 「デリバティブ取引に関する定例市場報告」(日本銀行)において、外貨建て資産(ネット)の時系列データに対して直近の外貨建て資産に占める米ドル建資産の割合を乗じた。
9 「資金循環統計」(日本銀行)における生命保険の対外証券投資額(円)を各期末の米ドル/円で除した。
10 他にも「直物為替取引経由を除く、生命保険以外の国内投資家(年金基金や損害保険等)による外貨建て投資のための外貨調達や為替リスクのヘッジ」、「海外企業が円建外債で調達した円を米ドルに転換する」等のための通貨スワップや為替スワップの利用が考えられるが、本稿で想定した銀行と生命保険に比べて影響が小さいと考えられるため、省略した。 スプレッドとスワップを大幅に縮小する
11 銀行や生命保険において、外貨建て資産のヘッジ比率を上昇させる方向の方針変更があり、本稿で定義した米ドル資金需要がほぼ一定の状況で、通貨スワップや為替スワップによるヘッジニーズが急激に上昇した可能性は否定できない。
12 マイナス金利政策まで(図表8では2013年4月末~2015年12月末の推移)は、すべての年限においてある程度連動して推移していた様子が窺える。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる