オプション戦略のご紹介

買値の定義

買値の定義
自動売買が出来ないのか、そもそも売買が出来ないのかをチェックしてみたいと思います。
MT4の通貨ペアの上で右クリックし「新規注文」を選んでみます。

持ち家vs賃貸

新築プレミアムが十分剥がれ落ちた築20~30年くらいで管理状態のいい物件で、駅近とか利便性が高くて値下がりしにくそうなものを狙う前提なら、基本的には持ち家の方が得になることが多いのかなー、なんて個人的には思ってます。
うちの自宅も築30年で購入して15年、今売れば買値より100万くらい下で売れるのかなーなんてトラタヌしておりますが。
(最後は150万くらいで内装&水回りとか見た目だけのなんちゃってフルリノベで300万くらい売値に上乗せして逃げる予定w)

あれやこれや。

当時の私の迎撃能力は
ワープアリーマン業:手取り月収20万強。
長時間ド根性バイト:手取り月収20万弱。
生活費 :めいっぱい切り詰めて月8万。

そして現在の私の迎撃能力は
バイト週40~50時間ほど:手取り月収10数万。
家賃収入 :月17万強(3号物件含む)
配当金収入はリーマンショック時よりは大幅増。
生活費 :適度に切り詰めて10万強。

さぁいよいよ6月。
恵みの季節、収穫の季節。
配当&優待の収穫シーズンの到来です♪

まだ生存しておりますw

一応、コカコーラとエクソンモービルをちょっとだけ追加してみましたが、しばらくは様子見ですね。
たぶん次に買うのはVWOかな、と思ってるんですが、中国があんな状況だけに・・・
(中国政府の発表をそのまま信じるほど無邪気で純真な性格には生まれついておりませんw)

こういう相場環境では「死なないこと」がまず何よりも最優先です。 買値の定義
というか今回はホントに文字通り「死なないこと」が何よりも大切ですよねw
(どんどん身近なところにコロナが迫ってきて、もはや全く他人事ではなくなっております)

かつては不動産投資といえば資産家の資産運用ツールでしたが、今はむしろ貧乏人が這い上がるための、資産形成のツールにもなっています。
億超えの過大な借金を背負って退去や故障・トラブルのたびに死にそうな思いをしている投資家さんとか。
そもそも借金させてもらうことすらできない低属性で、必死に節約して数年がかりで貯めたお金で300万~500万くらいの物件を現金買いして、リフォーム代を浮かすためにペンキ塗りとか清掃とか自分でできることは自分でやる底辺投資家とか。
(当然、買える物件は建物はタダ扱いの築40年とか50年とかのボロ家になりますw)
そんな投資家さんの割合がどんどん増えているんです。

「これは請求すれば取れるし裁判になっても確実に勝てるけど、まぁ滞納もなく長く住んでくれたし、大目に見といてあげようか」
ってこと、けっこう多いです。
コストをあまりきにせず業者丸投げ、ではなく自分であれこれ頑張って苦労した人ほど、入居者一人を獲得する苦労、毎月家賃が入ってくるありがたみを強く感じてますし、滞納や不良入居者に苦労し、また仲間が苦労した話を耳にしたりもして、「長く滞納もなしに住んでくれた入居者」への感謝の気持ちは強いです。

共○党じゃないんだから、何でもかんでも他人のせい・社会のせい・政府のせいにして文句ばっかり言ってたって自分の将来は開けません。
自分の運命を変えられるのは自分だけ。
文句言ってるヒマがあったら自分で何か努力した方が早いですよね。

大まかな手順

picture 4

上記のコードを書くと下記のようになっていると思います。

ブロック制御(定義)

ブロックとは、前述で実装したようなセクションパーツを特定のコンテンツ内のみで、柔軟に扱えるようにした固有のコンテンツパーツになります。
▶︎ よくあるカードコンポーネントのような複数の要素を持ち合わせたパーツを作る際に有用です。
▶︎ 同じコンテンツ同士でも内容違いのものをそれぞれ出力したりする際に有用です。

  • settings 属性に続き、新たに blocks 属性を追記します。
    • blocksにはsettingsと同様に、 type 、 name 、 買値の定義 settings を記述します。
        買値の定義
      • type : settings の時とは違い、任意の文字列を指定することができます。
        • Liquid 内でブロックタイプ属性を元に条件判定を行うときなどに有用です。
        • settings と同じ要領で内容を書きます。(今回は画像を出力する際に使う image_picker と text タイプを使用しました。)

        上記のコードによって、カスタマイズ画面にて、セクションの中にさらにコンテンツを追加できるようなUIが見られるようになったかと思います。
        ▶︎ 「画像を追加」を選択すると、新たに「画像」ブロックを追加することができるようになります。

        picture 7

        ブロック制御(出力)

        • ブロックで設定した内容は section.blocks 配列にて個々の値が入るため、配列を展開して、値を出力していく作業が必要になります。
          Liquidではfor文を使って値を展開することができるので、その方法を使います。

        単一の値を展開できたら、 block.settings.id名 で取り出したい値を出力できます。

        • 今回のように画像を扱う際には src値の後ろに img_url という感じにサイズの指定をする必要があるので注意です。

        もし値が空の場合にそのタグ自体を出力しないようにしたいため、if文でその値が入っていた場合のみタグを出力するようにしています。

        picture 8


        ※画像は実装イメージです。
        ※CSSは今回内容とは逸れるので、詳細は割愛させていただきます。

        schemaタグにある presets 属性では、他にも下記のような使い方ができます。

        • settings : settings 属性で定義したidの値のデフォルト値を設定できます。
          • settings 属性で指定したidと同一のものを指定します。
          • type には blocks 属性で指定した: id と同一の値を設定します。
          • 上記の例では、上の動的セクションを追加した際にデフォルトで3つのブロックが展開された状態で表示されるということになります。

          settings等で出てきた type キーは今回使用した text 、 image_picker 以外にもたくさんの種類があります。詳しくはこちら

          MT4のEA動作エラー「133」と「4109」のエラーコードから原因を追う!

          f:id:MoneyReport:20160602172650j:plain

          本日改めて実行してみるも、やはり 133エラーが発生していてダメ ですね(-_-;;
          買値の定義

          Logでも追ってみましょう。
          「MQL4\Logs」フォルダ内の本日の日付のログを見てみます。
          ファイル名は「20160602.log」です。

          ふむふむ。
          Loadは成功していて、EAの読み込みもOK。
          「initialized」もOKで、その次の「 trade operations not allowed by settings 」で失敗している模様。
          その後、「 Open Error Code:4109 」を吐き続け、自動売買ボタンをONにしたところで 「Automated trading enabled」でEA実行 。
          EA実行後は「 Open Error Code:133 」のエラーを吐き続けるという塩梅ですね(^-^;

          133が「 トレード無効化 」。
          4109が「 トレードが許可されていない。エキスパートプロパティの"Allow live trading"にチェックを入れることで許可される 買値の定義 」。
          どちらにしてもトレードが出来ない状況になっているようですね~。
          なんで(T_T)?

          ちょっとエラーコードから見えてくる内容だけでは、はっきりしませんね~(-_-;
          何れにしてもトレードが出来ない状況になっているのは間違いないようです。
          EAが悪いとかって言うよりは、そもそもトレードが出来る状況になっていないような・・・

          f:id:MoneyReport:20160602231935j:plain

          自動売買が出来ないのか、そもそも売買が出来ないのかをチェックしてみたいと思います。
          MT4の通貨ペアの上で右クリックし「新規注文」を選んでみます。

          f:id:MoneyReport:20160602231452j:plain

          「オーダーの発生」画面が現れて、ここで成行注文で買ったり売ったり出来たはずです(数年ぶりのMT4なのでうろ覚え(^^;)。

          あれ?
          でもチャートはEURUSD(ユーロ/米ドル)を表示していたはずなのに、新規注文で出てきたのはUSDJPY(米ドル/円)ですねぇ・・・。

          f:id:MoneyReport:20160602232618j:plain

          通貨ペアを選ぼうと「通貨ペア」ドロップダウンリストを開いてみると・・・

          な・なんですと!?
          通貨ペアが空っぽです(>_
          なんだ、コレ?
          完全に壊れてる様な感じですね~(^-^;

          そもそもが、現状注文が出来ない状態になっています。
          私のMT4は。
          何が悪いんでしょう?

          f:id:MoneyReport:20160602233519j:plain

          ・・・メニュー「表示」→「通貨ペアリスト」をクリックして、

          f:id:MoneyReport:20160602233612j:plain

          通貨ペアリストを表示させてみました。

          大抵の物は表示されていそう。
          左端の「+」マークをクリックしてそれぞれ開いて確認していくと、どうも「ECN Forex」という物だけが1つも表示されていないようです。

          f:id:MoneyReport:20160602233813j:plain

          試しに「ECN Forex」の中の「EURAUD」(ユーロ/豪ドル)を選んで右上の「表示」ボタンを押して、「閉じる」をしてみると。

          f:id:MoneyReport:20160603000259j:plain

          メニュー「ファイル」→「新規チャート」で先ほど追加した「ECN Forex」→「EURAUD」を選んでチャートを表示させ、EAを適用し「自動売買」を開始にしてみると・・・

          注文キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
          分かりますかね!?
          下部のターミナルの「取引」タブ内に 新しい注文が表示されました!!!

          うまくEAが動かなくて133エラーと4109エラーが出ていたのは、 自分が開設したデモ口座とは違う気配値通過ペアを選んでいたから!
          というのが原因の様です(^o^;

          だって初期表示で「EURUSD」とか普通に気配値に出ていたじゃないですか!
          しかも今回はAXIORYのサイトからダウンロードしたMT4を動かしていたので、初期状態で表示されている気配値がAXIORYのデモ口座のものだと早トチリしていたから、なおさら気付くのが遅れました(>_ MT4に最初から表示されている気配値はあくまでも何か別の気配値 であって、自分の取引先の気配値とは限らないから、きちんと確認して 自分のFX口座の気配値だけにしておかないと、間違うぞ 買値の定義 、と(^o^;

          EA動作させる!

          f:id:MoneyReport:20160602234431j:plain

          他の通貨ペアも足しましょう!
          「EURUSD」や「EURJPN」も追加したいです♪

          f:id:MoneyReport:20160602235152j:plain

          追加後に「新規注文」を選ぶと通貨ペアも選べるようになり、成行注文で売りや買いが出来るようになりました!

          f:id:MoneyReport:20160602235252j:plain

          こんな風に「EURUSD」が2つも出るから分かりにくいんですよね(^o^;
          買値の定義
          私の正しいデモ口座の通貨ペアは 「EURUSD_ecn」という上の赤丸の方 です。

          大まかな手順

          picture 4

          上記のコードを書くと下記のようになっていると思います。

          ブロック制御(定義)

          ブロックとは、前述で実装したようなセクションパーツを特定のコンテンツ内のみで、柔軟に扱えるようにした固有のコンテンツパーツになります。
          ▶︎ よくあるカードコンポーネントのような複数の要素を持ち合わせたパーツを作る際に有用です。
          ▶︎ 同じコンテンツ同士でも内容違いのものをそれぞれ出力したりする際に有用です。

          • settings 属性に続き、新たに blocks 属性を追記します。
            • blocksにはsettingsと同様に、 type 、 name 、 settings を記述します。
              • type : settings の時とは違い、任意の文字列を指定することができます。
                • Liquid 内でブロックタイプ属性を元に条件判定を行うときなどに有用です。
                • settings と同じ要領で内容を書きます。(今回は画像を出力する際に使う image_picker と 買値の定義 text タイプを使用しました。)

                上記のコードによって、カスタマイズ画面にて、セクションの中にさらにコンテンツを追加できるようなUIが見られるようになったかと思います。
                ▶︎ 「画像を追加」を選択すると、新たに「画像」ブロックを追加することができるようになります。

                picture 7

                ブロック制御(出力)

                • ブロックで設定した内容は section.blocks 買値の定義 配列にて個々の値が入るため、配列を展開して、値を出力していく作業が必要になります。
                  Liquidではfor文を使って値を展開することができるので、その方法を使います。

                単一の値を展開できたら、 block.settings.id名 で取り出したい値を出力できます。

                • 今回のように画像を扱う際には src値の後ろに img_url という感じにサイズの指定をする必要があるので注意です。

                もし値が空の場合にそのタグ自体を出力しないようにしたいため、if文でその値が入っていた場合のみタグを出力するようにしています。

                picture 8


                ※画像は実装イメージです。
                ※CSSは今回内容とは逸れるので、詳細は割愛させていただきます。

                schemaタグにある presets 属性では、他にも下記のような使い方ができます。

                • settings : settings 属性で定義したidの値のデフォルト値を設定できます。
                  • settings 属性で指定したidと同一のものを指定します。
                  • type には blocks 属性で指定した: id と同一の値を設定します。
                  • 上記の例では、上の動的セクションを追加した際にデフォルトで3つのブロックが展開された状態で表示されるということになります。

                  settings等で出てきた type キーは今回使用した text 、 買値の定義 image_picker 以外にもたくさんの種類があります。詳しくはこちら

                  大まかな手順

                  picture 4

                  上記のコードを書くと下記のようになっていると思います。

                  ブロック制御(定義)

                  ブロックとは、前述で実装したようなセクションパーツを特定のコンテンツ内のみで、柔軟に扱えるようにした固有のコンテンツパーツになります。
                  ▶︎ よくあるカードコンポーネントのような複数の要素を持ち合わせたパーツを作る際に有用です。
                  ▶︎ 同じコンテンツ同士でも内容違いのものをそれぞれ出力したりする際に有用です。

                  • settings 属性に続き、新たに blocks 属性を追記します。
                    • blocksにはsettingsと同様に、 type 、 name 、 settings を記述します。
                      • type : settings の時とは違い、任意の文字列を指定することができます。
                        • Liquid 内でブロックタイプ属性を元に条件判定を行うときなどに有用です。
                        • settings と同じ要領で内容を書きます。(今回は画像を出力する際に使う image_picker と text タイプを使用しました。)

                        上記のコードによって、カスタマイズ画面にて、セクションの中にさらにコンテンツを追加できるようなUIが見られるようになったかと思います。
                        ▶︎ 「画像を追加」を選択すると、新たに「画像」ブロックを追加することができるようになります。

                        picture 7

                        ブロック制御(出力)

                        • ブロックで設定した内容は section.blocks 配列にて個々の値が入るため、配列を展開して、値を出力していく作業が必要になります。
                          Liquidではfor文を使って値を展開することができるので、その方法を使います。

                        単一の値を展開できたら、 block.settings.id名 で取り出したい値を出力できます。

                        • 今回のように画像を扱う際には src値の後ろに img_url という感じにサイズの指定をする必要があるので注意です。

                        もし値が空の場合にそのタグ自体を出力しないようにしたいため、if文でその値が入っていた場合のみタグを出力するようにしています。

                        picture 8


                        ※画像は実装イメージです。
                        ※CSSは今回内容とは逸れるので、詳細は割愛させていただきます。

                        schemaタグにある presets 属性では、他にも下記のような使い方ができます。

                        • settings : settings 属性で定義したidの値のデフォルト値を設定できます。
                          • settings 属性で指定したidと同一のものを指定します。
                          • type には blocks 属性で指定した: id と同一の値を設定します。
                          • 上記の例では、上の動的セクションを追加した際にデフォルトで3つのブロックが展開された状態で表示されるということになります。

                          settings等で出てきた type キーは今回使用した text 、 image_picker 以外にもたくさんの種類があります。詳しくはこちら

                          関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる