証券取引

流動資産って何

流動資産って何

小林修

短期借入金と1年以内返済長期借入金の違いとは

金融機関からの借入は、大きく分けると下記の2つに分類できます。 流動資産って何 短期借入金 長期借入金 会社経営に携わる人ならば、十分に理解していることでしょうが、個人の場合にはあまり意識することも.

企業の短期的な安全性を判断

貸借対照表とは

「資産」「負債」「純資産」とは

流動負債と固定負債とは

借入金と負債

ワンイヤールールとは?

皆に選ばれているカードローン

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

会社の利益の分の貯蓄である内部留保が昨今なにかと話題です。 「企業が内部留保をため込んでおり、設備投資に回らないから日本が不景気だ」などとよく耳にする事例です。 これだけ企業にお金があるのですから、内部留保を個人の目的に・・・

コミットメントラインという言葉をご存知でしょうか? 銀行から資金調達を検討する際には「お金を借りることができるのかな?」とか、「いくらくらいまで融資を受けることができるの?」と心配に思う人も少なくありません。 銀行とコミ・・・

中小企業の決算書の中には、役員借入金という負債があることは珍しくありません。 中小企業は、会社の経営が苦しいときには役員の個人資産を会社に貸し付けて、なんとか会社を回していくということもよくあります。 しかし、この借金を・・・

企業が融資を受ける銀行について「複数の銀行と付き合っておいたほうがよい」という人や「いやいや、浮気はしない方がいい」という両方の人がいます。 一体、どちらが正しいのでしょうか? 複数の銀行と付き合うことは確かにメリットが・・・

合同会社だけでなく会社の経営を始めるときに、最初の問題となることに会社の資金繰りをどのようにするかがあります。 会社設立の資金繰りを考えるときに、合同会社は株式会社と比べて融資が難しいということはあるのでしょうか。 そこ・・・

おすすめ記事

借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます。 カードローンフリー・・・

「すでに銀行や消費者金融のカードローンで借り入れしているけど、お金が足りなくてもう少し借り入れがしたい。」 この記事を読んでいるのはそういう人だと思います。 「他社借入があると、審査に通らないって聞いたことがあるんだけど・・・

カードローン申込体験談

かんたんカードローン検索

サイト責任者

プロフィール


小林修

長野県で30年以上に渡り貸金業を経営。お金を借りたい顧客に対して、なぜお金が必要なのか、どうしても借りなければならないお金なのか、など借りなくても良い方法も含めて相談に乗ってきました。時には過払い金請求についての知識を与え、時には自己破産の方法についても助言することで、たとえ自分の会社が損害を被ることになったとしても、顧客の利益に繋がるならそれでも良いと思っています。
サイトを運営する理念は、「正しい情報発信」です。サイトを運営する理由は、「借金に対しての客観性と公平性を保ち、広い金融知識を活かして読者のためになる情報発信するため」です。

借入に関する記事

一度は読んどけ!情報コラム

検索キーワードで探す

最近のコメント,相談への回答

    高橋まこと より (3/04) 元社員 より (3/03) 流動資産って何 流動資産って何 健ちゃん より (3/02) 小林修 より (2/28) 小林修 より (2/28) 小林修 より (2/28) 小林修 より (2/28) 小林修 より (2/28)

公式Youtubeチャンネル

サイトでは話せない!? お金にまつわるここだけの話を動画で紹介していく予定です。良かったら登録お願いします。

税理士コラム|相続対策って何をすれば良いの?


(中尾一英税理士)

相続対策でやるべき3つのStep

Step1 財産目録の作成と財産額を算出してみよう

財産とは主に、 預金や株式などの流動資産と、不動産の固定資産の2種類 です。

Step2 相続人を把握しよう

①配偶者と子供
②子供がいない場合→配偶者と両親(両親がいない場合には、祖父母)
③子供も両親もいない場合→配偶者と兄弟姉妹

Step3 基礎控除額・相続税総額を算出しよう

1億円-基礎控除額:4,800万円=5,流動資産って何 200万円
子一人の法定相続割合:5,200万円×1/3=1,733.3万円
子一人の相続税:1733.3万円×15%-50万円=2,099,900円(百円未満切捨)
相続税総額は、2,099,900円×3人=6,299,700円 (以下約630万円)となります。

もし、相続財産がすべて不動産だったら

なぜなら、相続後に、不動産を売却した場合には、相続税の他に所得税も納めることになるからです。言い換えれば、 相続前に売却しておけば、所得税分には、相続税はかからないのです。 また、400㎡までは土地の評価を80%評価減できる小規模宅地の特例等が適用できれば、相続税を少なくすることもできます。

監修 中尾一英税理士プロフィール
地方銀行に34年間勤務、銀行では16年間事業再生、事業継承業務に従事し、事業計画書の作成・実行支援に取り組んでおりました。藤沢・茅ヶ崎エリアを中心に活動しております。元銀行員の強みを活かした細やかで、親身な対応を心がけております。
相続対策・経理相談などお気軽にご相談ください。

USDTの概要紹介&USDTへの投資リスクを考える

・USDTとは、1ドル(USD)がおおよそ1USDTになるよう固定された「ペッグ通貨」である。
・USDTは、通貨の価値が1ドル(USD)に固定されるよう設計された通貨であるため、価格変動がほぼない。
・USDTは、多くの取引所で基軸通貨として利用されている。(国内取引所での取り扱いはされていない)
・USDTは、米国のTether Limited社が、その保有する現金同等物等の資産を担保にして発行した通貨である。
・Tether社は直近で、2021年9月30日時点の同社の財務状況を記載したレポートを公表している。財務レポートによると、現金同等物やその他の短期預金、コマーシャルペーパー等の安全資産を中心として構成される同社グループの総資産は、発行済みのUSDTの償還に必要な金額を上回っており、USDTの「ペッグ通貨」としての裏付け資産は確保されていると公表している。
・上記の財務レポートは、Moore Cayman監査事務所により国際監査基準に基づく独立監査人としての監査を受けており、2021年9月30日時点の同社の財務状況を記載したレポートに記載されている事項は、信頼性のあるものとして報告されている。

・Tether社の中央集権管理のもとで管理されている裏付け資産が、何らかの理由で発行済みのUSDTの償還に十分な担保価値を有さなくなってしまい、USDTの価格が暴落するリスク 流動資産って何
・規制当局が、USDTの発行や取引所での使用を禁止するなどの措置を行い、USDTが使えなくなるリスク
・世界の規制当局が、中国のように暗号資産の取引を相次いで全面的に禁止し、クリプト業界全体が大幅に縮小し、流動性がなくなってしまうリスク
・為替変動リスク

USDTの過去の価格推移

Tether社が公表している直近の財務状況について

財務レポートによると、Tether Holdings Limited社グループの2021年9月30日時点の財務状況は、以下のようになっています。

レポートによると、総資産 US$69,156,771,674( 約79兆円)は、以下の資産内訳となっています。
・現金及び現金同等物、その他短期性預金及びコマーシャルペーパーで、全体の84.3%
・担保付ローン(関連会社除く)で、全体の5.0%
・社債や貴金属で、全体の5.2%
・その他投資(デジタルトークン含む9で、全体の5.5%

上記資産内訳の記載の信頼性について、 Moore Cayman監査事務所は一定のお墨付きを与え、監査レポートにて、以下の調査結果を公表しています。

  • Tether Holdings Limited groupの総資産は、US$69,156,771,674となっている。
  • Tether Holdings Limited groupの負債総額は、US$69,010,581,556となっており、そのうちUS$68,994,393,701は発行されたデジタルトークンに関連する負債である。
  • Tether Holdings Limited groupの総資産は、負債総額を上回っている。
  • Tether Holdings Limited groupが保持する準備金は、発行されたデジタルトークンを償還するための必要な金額を超えている。

USDTに関連するリスク

・Tether社の中央集権管理のもとで管理されている裏付け資産が、何らかの理由で発行済みのUSDTの償還に十分な担保価値を有さなくなってしまい、USDTの価格が暴落するリスク
・規制当局が、USDTの発行や取引所での使用を禁止するなどの措置を行い、USDTが使えなくなるリスク
・世界の規制当局が、中国のように暗号資産の取引を相次いで全面的に禁止し、クリプト業界全体が大幅に縮小し、流動性がなくなってしまうリスク
・為替変動リスク

じゃあ、USDTでの資産運用ってどうなの?

かなお個人的には、 USDTを利用した積み立てでの投資は、「あり」と思います。
これらのリスクを考慮しても、 Whitebitのステーキング を利用することで、年率30%でUSDTを運用できるというのは、かなり魅力的な投資と思います。

財務分析【収益性・効率性・安全性・生産性・成長性】5つの分析手法

棚卸資産とは?FIFO、LIFOなどの評価基準、評価方法について解説 この記事では、その棚卸資産について解説していきます。 棚卸資産とは 棚卸資産とは企業の商品や貯蔵品、在庫を表します。貸借対照表では資.

仕入債務回転率

仕入債務回転率 = 仕入債務 / 売上原価 (%)

仕入債務回転月数 = 仕入債務 / (1ヶ月あたり売上原価) (月)

仕入債務回転日数 = 仕入債務 / (1日あたり売上原価) (日)

安全性分析

f:id:n_spirit:20181004130211p:plain

  • 流動比率 = 流動資産 / 流動負債 (%)
  • 当座比率 = 当座資産 / 当座比率 (%)
  • 自己資本比率 = 自己資本 / (負債+純資産) (%)
  • 純資産比率 = 純資産 / 総資産 (%)
  • 固定比率 = 固定資産 / 純資産 (%)
  • 固定長期適合率 = 固定資産 / (純資産+固定負債) (%)

債務償還年数

債務償還年数 = 有利子負債/営業利益(年)

または

債務償還年数 = 有利子負債/営業CF(年)

インタレスト・カバレッジ・レシオ (ICR)

ICR=(営業利益+金融収支)/支払利息 (倍)

または

ICR=(営業CF+金融収支)/支払利息 (倍)

損益分岐点比率

損益分岐点比率とは、損益分岐点分析によって求めた損益分岐点売上高と実際の売上高の比率のことです。この数字は小さければ小さいほど優良といえます。

手元流動性

上記のほかに、流動的な資金の水準を表す手元流動性(=現金・預金+短期保有の有価証券)も、安全性指標として使われる場合があります。

手元流動性 = 現金・預金 + 1年以内に売却予定の有価証券

手元流動性比率 = 手元流動性 / (1ヶ月あたり売上高) 【月】

生産性分析

f:id:n_spirit:20181028200132p:plain

付加価値 = 売上高 - 外部購入価値

付加価値の図式例

f:id:n_spirit:20181112072919p:plain

付加価値 = 経常利益 + 人件費 + 貸借料 + 減価償却費 + 金融費用 + 租税公課

付加価値率 = 付加価値 / 売上高 (%)

労働生産性

労働生産性 = 付加価値/平均従業員数 (円/人)

  1. 付加価値の増加:中小企業庁方式では、付加価値は売上高から外部購入価値を引いたものなので、付加価値を増加させるためには、部品の内製化をして外部購入費を減らすなどの方法があります。
  2. 従業員数の削減: 早期退職の募集などで従業員数を減らすなどの方法があります。また、アウトソーシングを活用して従業員数を減らすという方法もあります。アウトソーシングは、活用の仕方によっては、外部購入価値の減少にもつながります。

労働生産性をブレークダウン

労働生産性

= (売上高/平均従業員数) × (付加価値額/売上高)

= 従業員一人当たりの売上高 × 付加価値率

労働生産性

= 流動資産って何 (総資本/平均従業員数) × (売上高/総資本)× (付加価値額/売上高)

税理士コラム|相続対策って何をすれば良いの?


(中尾一英税理士)

相続対策でやるべき3つのStep

Step1 財産目録の作成と財産額を算出してみよう

財産とは主に、 預金や株式などの流動資産と、不動産の固定資産の2種類 です。

Step2 相続人を把握しよう

①配偶者と子供
②子供がいない場合→配偶者と両親(両親がいない場合には、祖父母)
③子供も両親もいない場合→配偶者と兄弟姉妹

Step3 基礎控除額・相続税総額を算出しよう

1億円-基礎控除額:4,800万円=5,200万円
子一人の法定相続割合:5,200万円×1/3=1,733.3万円
子一人の相続税:1733.3万円×15%-50万円=2,099,流動資産って何 900円(百円未満切捨)
相続税総額は、2,099,900円×3人=6,299,700円 (以下約630万円)となります。

もし、相続財産がすべて不動産だったら

なぜなら、相続後に、不動産を売却した場合には、相続税の他に所得税も納めることになるからです。言い換えれば、 相続前に売却しておけば、所得税分には、相続税はかからないのです。 また、400㎡までは土地の評価を80%評価減できる小規模宅地の特例等が適用できれば、相続税を少なくすることもできます。

監修 流動資産って何 中尾一英税理士プロフィール
地方銀行に34年間勤務、銀行では16年間事業再生、事業継承業務に従事し、事業計画書の作成・実行支援に取り組んでおりました。藤沢・茅ヶ崎エリアを中心に活動しております。元銀行員の強みを活かした細やかで、親身な対応を心がけております。
相続対策・経理相談などお気軽にご相談ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる