外国為替市場

バイナリー オプション スプレッド

バイナリー オプション スプレッド
[BOAnalyzer2で追加] BOAnalyzer2で読み込んだCSVデータを削除する場合、データの削除機能を使用しますが、一度にたくさんのデータを削除する場合などに削除対象のチェックボックスにまとめてチェックできるようになりました。

バイナリーオプションは勝率何%で勝てる?勝率を簡単に上げる方法

サインツール

ハイローオーストラリア口座開設

白川 栄二

  • バイナリーオプションは勝率何%で勝てるのか
  • バイナリーオプションの勝率を上げたい
  • 勝率を維持できれば勝ち続けられる

バイナリーオプションは勝率何%で勝てるのか

バイナリーオプションは勝率何%で勝てるのか

ハイローオーストラリア業者の場合の最低必要勝率

ハイローオーストラリア業者の場合の最低必要勝率

バイナリー オプション スプレッド
ペイアウト率 最低必要勝率
スプレッド系(2.0倍) 50.01%
30秒turbo(1.95倍) 51.29%
1分turbo(1.90倍) 52.64%
3分turbo(1.86倍) 53.77%
5分turbo(1.85倍) 54.06%
15分highlow(1.88倍) 53.20%
1時間highlow(1.89倍) 52.91%
1日highlow(1.90倍) 52.64%
バイナリー オプション スプレッド

勝率ごとの期待値を計算しよう

勝率ごとの期待値を計算しよう

期待値
期待値とは、勝率とペイアウト率を一定に設定した場合に投資額に対して何%の利益が発生するのかを理論的に算出します。
例えば、期待値が101%の場合、合計投資額が100万円とすると、1万円プラスの収益となる計算となります。

期待値の出し方=【勝率xペイアウト倍率=期待値(%)】

バイナリーオプションの勝率を上げたい

バイナリーオプションの勝率を上げたい

バイナリーオプションで勝率をあげるには?

バイナリーオプションで勝率をあげるには?

白川 栄二

勝率を維持できれば勝ち続けられる

勝率を維持できれば勝ち続けられる

白川 栄二

【初心者入門】バイナリーオプションのやり方は?始め方や投資戦略を解説!

バイナリーオプション やり方

ローソク足

引用元:IG証券

ローソク足は、一定の時間ごとの始値・高値・安値・終値の4つの値を示すチャート です。

たとえば買いの勢いが強ければ「陽線」となり、売りの勢いが強ければ「陰線」となり、チャート上のローソク足の色で把握できます。

取引額を分散させる

リスクコントロール法のひとつでもある分散投資は、バイナリーオプションでも重要 になります。

偏った対象に大きく投資するのは、二者択一方式のバイナリーオプションでは資金を大きく失う可能性があるハイリスクな行動です。

バイナリーオプションには(1)銘柄を分ける方法(2)時間帯を分ける方法の2つの分散投資法があります。

二者択一方式のバイナリーオプションは、取引額の分散によるリスクマネジメントを忘れないようにしましょう。

\ 口座申し込み殺到中 /

バイナリーオプション業者比較一覧表

項目IG証券GMOクリック証券FXプライムby GMOみんなのFX
ペイアウト金額1万円/0.1Lot
10万円/1Lot
1,000円固定1,000円1,000円
取引時間(平日)AM8:00〜翌AM8:00AM8:00〜翌AM5:00AM8:00〜翌AM4:00AM8:10〜翌AM6:10
通貨ペア数7通貨ペア+株価指数・商品5通貨ペア5通貨ペア4通貨ペア
取引限度額上限なし1注文:200枚
1日:10,000枚
1注文:200枚
1日:10,000枚
1取引:50Lot
1日:全通貨ペア300Lot
詳細公式サイト公式ページ公式ページ公式ページ

比較表を見比べてみるだけでも、 国内業者では圧倒的に「IG証券」の条件が良い ことがわかります。

おすすめのバイナリーオプション業者

比較表でご覧いただいた通り、国内でおすすめのバイナリーオプション業者は「IG証券」です。

ペイアウト金額
1万円/0.1Lot
10万円/1Lot
取引時間(平日)
AM8:00〜翌AM8:00
通貨ペア数
7通貨ペア+株価指数・商品
取引限度額
上限なし
詳細
公式サイト

日本で初めてバイナリーオプション取引を提供したのが、1974年に設立された老舗証券会社のIG証券です。

バイナリーオプションで取引できる対象原資産は20種類以上と、業界ではダントツの数を提供しています。

IG証券は1回の取引は千円からでも始められ、1日の取引に上限額はありません。

\ 口座申し込み殺到中 /

【辛口】IG証券の評判・口コミはどう?メリットとデメリットを徹底解説 昨今、老後2000万円問題やコロナショックによる影響で副業としてFXや株式などの投資・資産運用を始める方が急増しています。 実際に2020年、ネット証券の口座開設数は前…

バイナリーオプションのやり方に関する質問

海外の業者と国内の業者はどっちがいい?

どちらが良いのかといえば、 やはり安全性が高く税制でも有利な国内業者を選ぶべき でしょう。

項目国内業者海外業者
金融庁の認可ありなし
信託保全ありなし
税金の区分雑所得一時所得
損失の繰越控除可能(最大3年)不可

一方国内の業者は金融庁の認可を受けて運営され、信託保全で顧客の資産が守られるというのがもっとも大きな違いです。

それ以外にも海外バイナリー業者の中には悪質な業者も多いため、 国民生活センターから注意喚起が出ている 状況です。

初めてのバイナリーオプション業者選びは、不透明な海外業者よりも安全な国内業者を選ぶようにしましょう。

高額有料ツールは信用できる?

バイナリーオプションで絶対に儲かるという高額有料ツールの紹介は、絶対に信用してはいけません。

特に金融庁から注意喚起が出され話題となっている「必勝法ソフトが入ったUSBメモリ紹介詐欺」にはご注意ください。

簡単にご説明すると、現実には高額で売られているUSBの中身に有益な情報はなく、そのUSBを誰かに売ることで利益を出すという勧誘ビジネスになります。

【簡単解説】ハイローオーストラリアの使用方法を網羅!

f:id:yasao2525:20211106180408p:plain

f:id:yasao2525:20211111185649j:plain

f:id:yasao2525:20211111190005j:plain

【全ての資産】という項目をクリックして、取引を行いたい通貨ペアや商品、株価、仮想通貨を選択します。

f:id:yasao2525:20211111190321j:plain

⚠︎HIGH↑とLOW↓の選択ミスに注意!

各取引方法の説明

  • HighLow
  • HighLowスプレッド
  • Turbo
  • Turboスプレッド

HighLow

Turbo

スプレッド取引

エントリーした際の開きとは、実際に推移している価格(レート)から、少し離れた価格(レート)から取引を行うことです。

f:id:yasao2525:20211111204229j:plain

相場の取引量に応じて、変化します。

つまり、 ※取引量が増す時間 には、スプレッドの開きが増します。

  1. 各市場のオープンから約2時間
  2. 経済指標の発表前後
  3. 想定外のニュースなどが流れた場合

HighLowスプレッドとTurboスプレッドの違いは、上記で説明した通常のHighLowとTurboにスプレッド(開き)があるか否かということになります。

ペイアウトとは

f:id:yasao2525:20211111205635j:plain

ペイアウト:支払われる金額

ペイアウト率:取引金額に応じて支払われる倍率を指します。

転売機能とは

f:id:yasao2525:20211111210411j:plain

転売:取引を行なった後に、【購入オプション】というのがハイローチャート(黄色のギザギザ)の下に表示されます。その1番右にある 【転売】 というのを指します。

バイナリーオプション用解析ツール BOアナライザー2[BOAnalyzer2]

1.BOAnalyzer2 では、まずMT4のEA(エキスパートアドバイザー)を使用して次の内容をパラメーターで指定後バックテストを行います。
・判定時間(3分後、5分後等、1~60分を指定可。または、X時5分、X時20分、X時35分、X時50分のように、時刻(分)を指定可能)
・テスト対象インジケーター名(オブジェクトの矢印を出すタイプの場合は不要)
・売買シグナルのインデックス番号(オブジェクトの矢印を出すタイプの場合は矢印のコード番号)

[BOAnalyzer2で追加] 判定のレートが[0:判定時刻の始値]または[1:判定時刻の前の足の終値]から選択可能となりました。

2.EAによって出力されたCSVファイルを、分析ツール本体に読み込みます。旧バージョンではCSVファイルを一つずつしか取り込むことが出来ませんでしたが、複数のCSVファイルを一括で取り込めるようになりました。 [BOAnalyzer2で追加]

3.引分の扱いを設定します。引分の場合はそのまま引き分け、引分の場合は勝ち、引分の場合は負けとして分析することも可能です。( [BOAnalyzer2で変更] 引分の場合はエントリーしなかったことにする、という選択肢がなくなりました)

4.分析ツール上で、シミュレーションしたい賭金、払戻率(ペイアウト率)、分析期間、取引時刻フィルター等の設定をして、解析開始ボタンを押すだけで次のような集計結果、分析結果を得ることが可能です。 エントリー方向フィルターを使用するとHighのみエントリーした場合、またはLowのみエントリーした場合の分析が可能です。 [BOAnalyzer2で追加]
・資金の推移、月別損益、曜日別損益、時間帯別損益、分別損益をグラフで視覚的に確認可能
・エントリー回数(購入数)
・勝数
・負数
・引分数
・勝率
・最大連勝数(引分は無かったものとして算出)
・最大連敗数(引分は無かったものとして算出)
・PF(プロフィットファクター)
・最大ドローダウン
・総損益

通貨ペアなどの条件を変えて複数の条件でバックテストする必要がある場合、 まとめてバックテストを行えると便利 です。MetaTraderBackTestManager を使用すると、MT4のバックテスト条件を管理し、 まとめてバックテストすることが可能 です。1つのバックテストが終わるたびに次のバックテストをスタートする必要がなくなりますので、 寝ている間にまとめてバックテストする等、時間を有効に活用することが出来ます
まずは体験版をお試しいただき、ご自身のパソコンで正常に動作することをご確認下さい。
MetaTraderBackTestManager バイナリー オプション スプレッド の詳細はこちら => [MT4]一括バックテスト、テスト条件管理ツール体験版[MetaTraderBackTestManagerTry]
オブジェクトタイプの矢印(マウスのダブルクリックで選択できる矢印)を出すサインインジケーターの場合、MetaTraderBackTestManagerを使用して一括バックテストすることはできません。ご注意下さい。

分析ツールには、対象時間帯のチェックをはずすだけで、その時間帯に取引をしなかった場合の分析を行うことが出来る、タイムフィルター機能を搭載しています。
バイナリーオプションにおいて、あるロジックにしたがって取引を繰り返した場合、どうしても勝率が低くなる時間帯が存在するものです。
BOAnalyzer2 を使用して分析を行うと、時間帯別で損益、勝率がグラフ化されますから、ひと目で調子の悪い時間帯を見ぬくことが出来ます。また、 分毎の損益まで見ることが出来ますので毎時00分の勝率が極端に低いなど、細かな分析が可能 です。
時間帯別の分析結果を確認した上で、対象時間帯のチェックを外し再度分析を行うと、その時間帯に取引をしなかった場合の勝率や最大ドローダウンをシミュレーション出来るというわけです。
※タイムフィルターは判定時刻ではなくエントリーする時刻に対して行われます。 つまり、例えば1時のチェックを外すと、1時~1時59分にエントリーしなかった場合の分析を行います。

分析結果はグラフで確認できますが、そのグラフの生データ(数値データ)も簡単に出力可能です。 バイナリー オプション スプレッド
データをコピーしてExcel等の表計算ソフトに貼り付ければ、独自に分析することも簡単です。
●資金の推移データ

●月別損益データ

●曜日別損益データ

●時間帯別損益データ

●分別損益データ(X時0分~X時59分まで分ごとの勝率等が確認可能) [BOAnalyzer2で追加]

[BOAnalyzer2で追加] 分析後に勝敗データ部分を右クリックすることで、そのデータをクリップボードにコピーできるようになりました。
TAB区切りでのコピーを選択すると、Eacel等にきれいに貼り付けることが可能で、その他にもカンマ区切り、区切り文字なしでのコピーに対応しています。

[BOAnalyzer2で削除] タイムシフト機能は削除され、代わりにGMT変換機能が追加されました。タイムシフト機能で出来たことは、基本的にGMT変換機能でも可能となっています。

[BOAnalyzer2で追加] バックテスト用のEAで出力されるデータは、全てMT4時刻(サーバー時刻)となっています。このMT4時刻が日本時間でない場合(ほとんどの場合違います)これを日本時間に変更して分析できたほうが便利なことが多いです。
以前のバージョンではMT4時刻がGMT+2である場合、日本時間であるGMT+9から引き算してタイムシフトに7を設定する、などという計算が必要でしたが、BOAnalyzer2では単純にMT4時刻であるGMT+2を指定するだけで、自動的に日本時間に変換して分析可能となりました。

GMT変換機能では サマータイムを考慮した日本時間への変換に対応 。夏時間、冬時間のGMTに違う数値を設定することによって、夏時間は3月の第2日曜日~11月の第1日曜日、それ以外は冬時間、といったよくあるMT4業者の時刻変換に対応しています。
夏時間、冬時間の区別なく単純に時刻をずらしたい場合は、夏時間GMTと冬時間GMTに同じ数値を入れれば良いでしょう。
タイムフィルターは、GMT変換後の時刻に対して設定されるため、より正確な時間帯分析が可能となりました。

[BOAnalyzer2で追加] 通常のハイローよりもペイアウト率の高いスプレッドが含まれているハイ&ローの分析にも対応しました。
例えば、USDJPY の現在の価格が112.165 円、High に賭けたら112.170 円より高ければ勝ち、Low に賭けたら112.160 円より安ければ勝ちという取引です。

このような場合はスプレッドに「0.005」を設定して分析するだけです。 ただし、BOAnalyzer でテストできるのは「常にスプレッドが一定である」ことが前提 です。ですので、スプレッドを設定する際には、おおよその平均値を設定するか、最悪を見越してある程度大きな値を設定する必要があります。

これには別の用途もあります。
例えば 通常のハイ&ローの取引でも、残り時間によっては暗黙のスプレッド(バイナリー オプション スプレッド 0.2pips程度)が存在することがあります。これを考慮して解析することも可能なわけです。 (常に指定したスプレッドが存在すること前提での解析にはなりますが)

[BOAnalyzer2で追加] これまではサインインジケーターのパラメーターを変更してテストする場合、MQLファイルを直接編集してコンパイルする必要がありましたが、 マウスの数クリックで編集からコンパイルまで全てが完了する ツールを付属しました。これによりソースファイルの編集に不慣れな方は 一切ソースファイルをいじる必要がなくなり 、上級者の方もパラメーター変更作業がすばやく完了するため、無駄な時間を削減できます。(オブジェクトタイプのサインを出すインジケーターをテストする場合は使用しません)

[BOAnalyzer2で追加] BOAnalyzer2で読み込んだCSVデータを削除する場合、データの削除機能を使用しますが、一度にたくさんのデータを削除する場合などに削除対象のチェックボックスにまとめてチェックできるようになりました。

BOAnalyzer2本体はMicrosoft .NET Framework 4.0を利用して作成されています。対応しているOSは以下のとおりです。
・Microsoft Windows 8.1
・Microsoft Windows 10
・Microsoft Windows 11
実際の動作テストはMicrosoft Windows 10 Pro 64bit でおこなっています。
Microsoft .NET Framework 4.0 が導入されていないPCでは動作しませんので以下からダウンロードし、インストールをおこなってください。
・Microsoft .NET Framework 4.8 (Web インストーラー)
・Microsoft .NET Framework 4.8 Full 日本語Language Pack (x86/x64)

CSVファイル出力に使用するEAは、MetaTrader4 Build 1220以降に対応しております。

以下は、よくあるシグナルタイプのインジケーターです。

BOAnalyzer2でテスト可能なインジケーターは、この画像のように 実線や点線等のラインでないもの です。移動平均やボリンジャーバンドインジケーターのように、ラインしか表示されないインジケーターはテスト出来ません。(※ラインだけでなく、矢印も表示されるタイプであれば、その矢印で売買する場合のテストが可能です)サインが出た次の足の始値でエントリーするようなバックテストが可能です。

[BOAnalyzer2で追加] BOAnalyzer2では、上記のようなバッファを使用した矢印サインを出すタイプに加えて、 オブジェクトタイプの矢印を出すサインインジケーターのテストも可能となりました 。オブジェクトタイプの矢印は、その矢印をダブルクリックすると選択状態となるものです。(中にはオブジェクトタイプの矢印であっても選択状態とならないものもございます)

・マルチタイムフレーム(MTF)タイプのインジケーターはテスト出来ません。バックテストでは、テスト対象時間足以外の時間足のデータを参照するMTFタイプのインジケーターは、正常な値が取れないためテスト出来ません。
・リペイントするタイプのインジケーターはテスト自体は可能ですが、足確定後にサインが消えたりするため、後からチャートで目視確認した場合と同じタイミングでバックテスト時にエントリーすることは不可能です。
・ローソク足が確定するまで矢印を出さないタイプはテストできない可能性があります。BOAnalyzerによるサインの出現チェックのタイミングと矢印が出るタイミングがほぼ同時刻となるため、正常にサインを取得できない可能性があります。

上記の他にも特殊な作りのインジケーターに関しましては正常にバックテスト出来ない可能性があります。 すべてのシグナルインジケーターについて、バックテスト可能であることを保証することは出来ませんので、ご理解いただきたく思います。ご購入後の返品は出来ませんのでご注意下さい。

逆に、テスト可能なインジケーターの極端な例を上げておこうと思います。下の画像のように、サブウィンドウに点が表示されるタイプでもバックテスト可能です。

上のインジケーターでは、白い点とマゼンタの点を売買シグナルとみなしてテストが可能です。これらは点線でも実線でもなく色も自由に変更可能ですので。例えば白い点で売り(PUT)、マゼンタの点で買い(CALL)というバイナリーオプションのバックテストが可能です。

著作権者の許可なく、これらの著作物の全部又は一部をいかなる手段においても複製、転載、流用、転売等することを禁じます。
また、BOAnalyzer2を営利目的で使用することを固く禁じます。 バックテスト代行などでBOAnalyzer2を使用することは当然営利目的での使用となります。無償であっても他人が権利を有するインジケーターのバックテストをBOAnalyzer2でおこない、第三者に提供することなども営利目的です。
当然ですが、ご自身が作成したインジケーターのバックテスト結果を公開することは構いません。
著作権等違反の行為を行った場合、その他不法行為に該当する行為を行った場合は、関係法規に基づき損害賠償請求を行う等、民事・刑事を問わず法的手段による解決を行う場合があります。
これらの著作物の作成には万全を期しておりますが、万一誤りがありましても一切の責任を負わないことをご了承ください。また、事前の断りなく内容の修正等おこなうことがありますことご了承ください。
BOAnalyzer2を使用することにより発生したいかなる損害についても、当方は一切責任を負わないことをご了承願います。 バイナリー オプション スプレッド

バイナリーオプション用解析ツール BOアナライザー2[BOAnalyzer2]

1.BOAnalyzer2 では、まずMT4のEA(エキスパートアドバイザー)を使用して次の内容をパラメーターで指定後バックテストを行います。
・判定時間(3分後、5分後等、1~60分を指定可。または、X時5分、X時20分、X時35分、X時50分のように、時刻(分)を指定可能)
・テスト対象インジケーター名(バイナリー オプション スプレッド オブジェクトの矢印を出すタイプの場合は不要)
・売買シグナルのインデックス番号(オブジェクトの矢印を出すタイプの場合は矢印のコード番号)

[BOAnalyzer2で追加] 判定のレートが[0:判定時刻の始値]または[1:判定時刻の前の足の終値]から選択可能となりました。

2.EAによって出力されたCSVファイルを、分析ツール本体に読み込みます。旧バージョンではCSVファイルを一つずつしか取り込むことが出来ませんでしたが、複数のCSVファイルを一括で取り込めるようになりました。 [BOAnalyzer2で追加]

3.引分の扱いを設定します。引分の場合はそのまま引き分け、引分の場合は勝ち、引分の場合は負けとして分析することも可能です。( [BOAnalyzer2で変更] 引分の場合はエントリーしなかったことにする、という選択肢がなくなりました)

4.分析ツール上で、シミュレーションしたい賭金、払戻率(ペイアウト率)、分析期間、取引時刻フィルター等の設定をして、解析開始ボタンを押すだけで次のような集計結果、分析結果を得ることが可能です。 エントリー方向フィルターを使用するとHighのみエントリーした場合、またはLowのみエントリーした場合の分析が可能です。 [BOAnalyzer2で追加]
・資金の推移、月別損益、曜日別損益、時間帯別損益、分別損益をグラフで視覚的に確認可能
・エントリー回数(購入数)
・勝数
・負数
・引分数
・勝率
・最大連勝数(引分は無かったものとして算出)
・最大連敗数(引分は無かったものとして算出)
・PF(プロフィットファクター)
・最大ドローダウン
・総損益

通貨ペアなどの条件を変えて複数の条件でバックテストする必要がある場合、 まとめてバックテストを行えると便利 です。MetaTraderBackTestManager を使用すると、MT4のバックテスト条件を管理し、 まとめてバックテストすることが可能 です。1つのバックテストが終わるたびに次のバックテストをスタートする必要がなくなりますので、 寝ている間にまとめてバックテストする等、時間を有効に活用することが出来ます
まずは体験版をお試しいただき、ご自身のパソコンで正常に動作することをご確認下さい。
MetaTraderBackTestManager の詳細はこちら => [MT4]一括バックテスト、テスト条件管理ツール体験版[MetaTraderBackTestManagerTry]
オブジェクトタイプの矢印(マウスのダブルクリックで選択できる矢印)を出すサインインジケーターの場合、MetaTraderBackTestManagerを使用して一括バックテストすることはできません。ご注意下さい。

分析ツールには、対象時間帯のチェックをはずすだけで、その時間帯に取引をしなかった場合の分析を行うことが出来る、タイムフィルター機能を搭載しています。
バイナリーオプションにおいて、あるロジックにしたがって取引を繰り返した場合、どうしても勝率が低くなる時間帯が存在するものです。
BOAnalyzer2 を使用して分析を行うと、時間帯別で損益、勝率がグラフ化されますから、ひと目で調子の悪い時間帯を見ぬくことが出来ます。また、 分毎の損益まで見ることが出来ますので毎時00分の勝率が極端に低いなど、細かな分析が可能 です。
時間帯別の分析結果を確認した上で、対象時間帯のチェックを外し再度分析を行うと、その時間帯に取引をしなかった場合の勝率や最大ドローダウンをシミュレーション出来るというわけです。
※タイムフィルターは判定時刻ではなくエントリーする時刻に対して行われます。 つまり、例えば1時のチェックを外すと、1時~1時59分にエントリーしなかった場合の分析を行います。

分析結果はグラフで確認できますが、そのグラフの生データ(数値データ)も簡単に出力可能です。
データをコピーしてExcel等の表計算ソフトに貼り付ければ、独自に分析することも簡単です。
●資金の推移データ

●月別損益データ

●曜日別損益データ

●時間帯別損益データ

●分別損益データ(X時0分~X時59分まで分ごとの勝率等が確認可能) [BOAnalyzer2で追加]

[BOAnalyzer2で追加] 分析後に勝敗データ部分を右クリックすることで、そのデータをクリップボードにコピーできるようになりました。
TAB区切りでのコピーを選択すると、Eacel等にきれいに貼り付けることが可能で、その他にもカンマ区切り、区切り文字なしでのコピーに対応しています。

[BOAnalyzer2で削除] タイムシフト機能は削除され、代わりにGMT変換機能が追加されました。タイムシフト機能で出来たことは、基本的にGMT変換機能でも可能となっています。

[BOAnalyzer2で追加] バックテスト用のEAで出力されるデータは、全てMT4時刻(サーバー時刻)となっています。このMT4時刻が日本時間でない場合(ほとんどの場合違います)これを日本時間に変更して分析できたほうが便利なことが多いです。
以前のバージョンではMT4時刻がGMT+2である場合、日本時間であるGMT+9から引き算してタイムシフトに7を設定する、などという計算が必要でしたが、BOAnalyzer2では単純にMT4時刻であるGMT+2を指定するだけで、自動的に日本時間に変換して分析可能となりました。

GMT変換機能では サマータイムを考慮した日本時間への変換に対応 。夏時間、冬時間のGMTに違う数値を設定することによって、夏時間は3月の第2日曜日~11月の第1日曜日、それ以外は冬時間、といったよくあるMT4業者の時刻変換に対応しています。
夏時間、冬時間の区別なく単純に時刻をずらしたい場合は、夏時間GMTと冬時間GMTに同じ数値を入れれば良いでしょう。
タイムフィルターは、GMT変換後の時刻に対して設定されるため、より正確な時間帯分析が可能となりました。

[BOAnalyzer2で追加] 通常のハイローよりもペイアウト率の高いスプレッドが含まれているハイ&ローの分析にも対応しました。
例えば、USDJPY の現在の価格が112.165 円、High に賭けたら112.170 円より高ければ勝ち、Low に賭けたら112.160 円より安ければ勝ちという取引です。

このような場合はスプレッドに「0.005」を設定して分析するだけです。 ただし、BOAnalyzer でテストできるのは「常にスプレッドが一定である」ことが前提 です。ですので、スプレッドを設定する際には、おおよその平均値を設定するか、最悪を見越してある程度大きな値を設定する必要があります。

これには別の用途もあります。
例えば 通常のハイ&ローの取引でも、残り時間によっては暗黙のスプレッド(0.2pips程度)が存在することがあります。これを考慮して解析することも可能なわけです。 (常に指定したスプレッドが存在すること前提での解析にはなりますが)

バイナリー オプション スプレッド [BOAnalyzer2で追加] これまではサインインジケーターのパラメーターを変更してテストする場合、MQLファイルを直接編集してコンパイルする必要がありましたが、 マウスの数クリックで編集からコンパイルまで全てが完了する ツールを付属しました。これによりソースファイルの編集に不慣れな方は 一切ソースファイルをいじる必要がなくなり 、上級者の方もパラメーター変更作業がすばやく完了するため、無駄な時間を削減できます。(オブジェクトタイプのサインを出すインジケーターをテストする場合は使用しません)

[BOAnalyzer2で追加] BOAnalyzer2で読み込んだCSVデータを削除する場合、データの削除機能を使用しますが、一度にたくさんのデータを削除する場合などに削除対象のチェックボックスにまとめてチェックできるようになりました。

BOAnalyzer2本体はMicrosoft .NET Framework 4.0を利用して作成されています。対応しているOSは以下のとおりです。
・Microsoft Windows 8.1
・Microsoft Windows 10
・Microsoft Windows 11
実際の動作テストはMicrosoft Windows 10 Pro 64bit でおこなっています。
Microsoft .NET Framework 4.0 が導入されていないPCでは動作しませんので以下からダウンロードし、インストールをおこなってください。
・Microsoft .NET Framework 4.8 (Web インストーラー)
・Microsoft .NET Framework 4.8 Full 日本語Language Pack (x86/x64)バイナリー オプション スプレッド

CSVファイル出力に使用するEAは、MetaTrader4 Build 1220以降に対応しております。

以下は、よくあるシグナルタイプのインジケーターです。

BOAnalyzer2でテスト可能なインジケーターは、この画像のように 実線や点線等のラインでないもの です。移動平均やボリンジャーバンドインジケーターのように、ラインしか表示されないインジケーターはテスト出来ません。(※ラインだけでなく、矢印も表示されるタイプであれば、その矢印で売買する場合のテストが可能です)サインが出た次の足の始値でエントリーするようなバックテストが可能です。

[BOAnalyzer2で追加] BOAnalyzer2では、上記のようなバッファを使用した矢印サインを出すタイプに加えて、 オブジェクトタイプの矢印を出すサインインジケーターのテストも可能となりました 。オブジェクトタイプの矢印は、その矢印をダブルクリックすると選択状態となるものです。(中にはオブジェクトタイプの矢印であっても選択状態とならないものもございます)

・マルチタイムフレーム(MTF)タイプのインジケーターはテスト出来ません。バックテストでは、テスト対象時間足以外の時間足のデータを参照するMTFタイプのインジケーターは、正常な値が取れないためテスト出来ません。
・リペイントするタイプのインジケーターはテスト自体は可能ですが、足確定後にサインが消えたりするため、後からチャートで目視確認した場合と同じタイミングでバックテスト時にエントリーすることは不可能です。
・ローソク足が確定するまで矢印を出さないタイプはテストできない可能性があります。BOAnalyzerによるサインの出現チェックのタイミングと矢印が出るタイミングがほぼ同時刻となるため、正常にサインを取得できない可能性があります。

上記の他にも特殊な作りのインジケーターに関しましては正常にバックテスト出来ない可能性があります。 すべてのシグナルインジケーターについて、バックテスト可能であることを保証することは出来ませんので、ご理解いただきたく思います。ご購入後の返品は出来ませんのでご注意下さい。

逆に、テスト可能なインジケーターの極端な例を上げておこうと思います。下の画像のように、サブウィンドウに点が表示されるタイプでもバックテスト可能です。

上のインジケーターでは、白い点とマゼンタの点を売買シグナルとみなしてテストが可能です。これらは点線でも実線でもなく色も自由に変更可能ですので。例えば白い点で売り(PUT)、マゼンタの点で買い(CALL)というバイナリーオプションのバックテストが可能です。

著作権者の許可なく、これらの著作物の全部又は一部をいかなる手段においても複製、転載、流用、転売等することを禁じます。 バイナリー オプション スプレッド
また、BOAnalyzer2を営利目的で使用することを固く禁じます。 バックテスト代行などでBOAnalyzer2を使用することは当然営利目的での使用となります。無償であっても他人が権利を有するインジケーターのバックテストをBOAnalyzer2でおこない、第三者に提供することなども営利目的です。
当然ですが、ご自身が作成したインジケーターのバックテスト結果を公開することは構いません。
著作権等違反の行為を行った場合、その他不法行為に該当する行為を行った場合は、関係法規に基づき損害賠償請求を行う等、民事・刑事を問わず法的手段による解決を行う場合があります。
これらの著作物の作成には万全を期しておりますが、万一誤りがありましても一切の責任を負わないことをご了承ください。また、事前の断りなく内容の修正等おこなうことがありますことご了承ください。
BOAnalyzer2を使用することにより発生したいかなる損害についても、当方は一切責任を負わないことをご了承願います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる