FX取引の仕組み

GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行 FXアプ‪リ‬ 4+

GMOあおぞらネット銀行が提供するFX取引に特化したアプリです。
チャートやマーケット情報はもちろん、ワンクリックで注文可能な「ハイスピード注文」から設定されたレートをお知らせするプッシュ通知機能までいつでも、どこでも取引いただけます。
===================================
ご利用いただけるサービス
===================================
・注文機能
- 新規・決済注文(複数決済)
-ハイスピード注文(新規・決済注文、ドテン注文、通貨別全決済)
-注文訂正取消
・チャート
-足種:ティック~月足
-テクニカル 18種
ローソク足、平均足、P&F、移動平均、指数平滑移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド
パラボリック、エンベロープ、フィボナッチ、RSI、ストキャスティクス、DMI、RCI、モメンタム
ROC、MACD、%Rオシレーター
-その他
・画面分割表示機能(1~4画面)
・トレンドライン描画・保存機能
・横画面チャート
・カラーパターン選択(6種類)
・平均足上にテクニカル表示可能
・フィボナッチ自動描画
・マーケット情報
FXi24、経済指標カレンダー、要人発言、為替カレンダー、長期経済指標カレンダー、FXテクニカル情報、
金融政策会合日程、井戸端会議
・プッシュ通知機能
レート通知、レート変動幅通知、経済指標通知

【GMOあおぞらFXの費用とリスクについて】
■外国為替証拠金取引(GMOあおぞらFX)の取引にかかるリスク
・外国為替証拠金は、元本あるいは利益を保証した商品ではありません。
・外国為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格の変動により損失が生じることがあります。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受け取りから支払いに転じることもあります。さらに、取引金額がその取引きについてお客さまが預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。
・相場状況の急変により、売付価格と買付価格のスプレッド幅が広くなったり、レートの提示が困難になる場合があり、お客さまの意図した取引きができない可能性があります。
■預託すべき証拠金
・個人のお客さまの場合、レバレッジ25倍コースの場合各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の証拠金が必要となり、証拠金の2 5倍までの倍率で取引が可能です。レバレッジ2倍コースの場合は想定元本の50%以上の証拠金が必要となり、証拠金の2倍までの倍率での取引が可能です。
・法人のお客さまの場合は、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額です。なお、為替リスク想定比率と は、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
■預金保険制度
外国為替証拠金取引は、預金保険制度の対象ではありません。
■外国為替証拠金取引の取引かかる費用等
・外国為替証拠金取引の取引手数料は1万通貨未満は3銭(片道1通貨あたり)、1万通貨以上は無料です。
・強制決済およびロスカット時には片道1通貨あたり、南アフリカランド/円とメキシコペソ/円の場合は0.5銭、その他通貨ペアについては5銭が手数料としてかかります。
・取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。

GMOあおぞらネット銀行 FXアプ‪リ‬ 4+

GMOあおぞらネット銀行が提供するFX取引に特化したアプリです。
チャートやマーケット情報はもちろん、ワンクリックで注文可能な「ハイスピード注文」から設定されたレートをお知らせするプッシュ通知機能までいつでも、どこでも取引いただけます。
===================================
ご利用いただけるサービス
===================================
・注文機能
- 新規・決済注文(複数決済)
-ハイスピード注文(新規・決済注文、ドテン注文、通貨別全決済)
-注文訂正取消
・チャート
-足種:ティック~月足
-テクニカル 18種
ローソク足、平均足、P&F、移動平均、指数平滑移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド
パラボリック、エンベロープ、フィボナッチ、RSI、ストキャスティクス、DMI、RCI、モメンタム
ROC、MACD、%Rオシレーター
-その他
・画面分割表示機能(1~4画面)
・トレンドライン描画・保存機能
・横画面チャート
・カラーパターン選択(6種類)
・平均足上にテクニカル表示可能
・フィボナッチ自動描画
・マーケット情報
FXi24、経済指標カレンダー、要人発言、為替カレンダー、長期経済指標カレンダー、FXテクニカル情報、
金融政策会合日程、井戸端会議
・プッシュ通知機能
レート通知、レート変動幅通知、経済指標通知

【GMOあおぞらFXの費用とリスクについて】
■外国為替証拠金取引(GMOあおぞらFX)の取引にかかるリスク
・外国為替証拠金は、元本あるいは利益を保証した商品ではありません。
・外国為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格の変動により損失が生じることがあります。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受け取りから支払いに転じることもあります。さらに、取引金額がその取引きについてお客さまが預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。
・相場状況の急変により、売付価格と買付価格のスプレッド幅が広くなったり、レートの提示が困難になる場合があり、お客さまの意図した取引きができない可能性があります。
■預託すべき証拠金
・個人のお客さまの場合、レバレッジ25倍コースの場合各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の証拠金が必要となり、証拠金の2 5倍までの倍率で取引が可能です。レバレッジ2倍コースの場合は想定元本の50%以上の証拠金が必要となり、証拠金の2倍までの倍率での取引が可能です。
・法人のお客さまの場合は、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額です。なお、為替リスク想定比率と は、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 GMOあおぞらネット銀行 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
■預金保険制度
外国為替証拠金取引は、預金保険制度の対象ではありません。
■外国為替証拠金取引の取引かかる費用等
・外国為替証拠金取引の取引手数料は1万通貨未満は3銭(片道1通貨あたり)、1万通貨以上は無料です。
・強制決済およびロスカット時には片道1通貨あたり、南アフリカランド/円とメキシコペソ/円の場合は0.5銭、その他通貨ペアについては5銭が手数料としてかかります。
・取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。

GMOあおぞらネット銀行株式会社の特集

ネット銀行の未来を創るGMOあおぞらネット銀行。最新テクノロジーを駆使した新たな金融サービスを生み出せる環境があります。

  • Fさん
  • テクノロジー&プロセシンググループ GMOあおぞらネット銀行 事務センター 預金チーム
    2020年4月キャリア採用にて入社

GMOあおぞらネット銀行では、業務フローの見直し段階から関与することができ、視野が大きく広がった。

- GMOあおぞらネット銀行に転職した経緯や理由を教えてください。

- 実際に入社されて、どのような印象を受けましたか。

- 現在の仕事内容と、そのやりがいについて教えてください。

- 最後に、金融業界での転職を考えている方にアドバイスをお願いします。

  • Tさん
  • 企画・事業開発グループ ローン事業統括チーム
    2019年5月キャリア採用にて入社

金融もITもまったく未知の世界。だからこそ大きな刺激を受けながら、新たな挑戦ができる。

- 前職で携わっていた仕事と、GMOあおぞらネット銀行への転職を決めた理由についてお聞かせください。

- 現在は、どのような仕事をされているのでしょうか。

- 異業種からの転職で、苦労されたことはありますか?

金融もITも全く未知の世界だったため、業界の常識などに触れられるのが新鮮。ただ、業界用語がわからないことも多く、今も知らないことがあれば自分で調べて、知識を増やしているところです。
正直、入社前は「もっと堅苦しい雰囲気なのかな」と思っていました。けれども皆さんフランクで、役職ではなく名前で呼び合うような関係性です。中途入社の社員がほとんどなので、お互いのバックボーンに応じたスキルや知見を持っていて、とても刺激的です。
社内だけでなく、社外の方々からの刺激も大きいですね。パートナーシップを組んでいるIT企業やFinTech企業をはじめ、若くして起業し、急成長を遂げている起業家の方々など、今まで接する機会がなかった方とも関わっています。皆さん、高い視座をお持ちなので「自分ももっと頑張らなければ」と、身が引き締まる毎日です。

- ご自身の今後の展望を教えてください。

社員一人ひとりが力を発揮して成長するための環境づくりこそ、私たちのミッション。

- GMOあおぞらネット銀行で活躍できるのは、どのような人材ですか。

- エンジニアを積極採用されていますが、御社にはどのような魅力があるのでしょうか。

- 大田さんご自身は、どのようなところに醍醐味を感じているのでしょうか。

キャリアの考え方は色々とありますが、私自身は不確実なこの時代においては自分の経験値を高めること、挑戦し続けることがキャリアの安定に繋がると思います。私自身は、IT業界から転職をしてきましたが、新しい銀行を創っていくことに醍醐味を感じています。
試行錯誤の連続ですが、新たに始めたのは、いわゆるピアボーナスの制度で、当社では「サンクスアワード」と呼んでいます。同僚に「ありがとう」と気軽に伝えることでフィードバックをしあう風土を作りたいと思って始めました。これまで400件を超える「Thank you」が飛び交っています。今後もこうした試みで一体感を育んでいきたいと思っています。
また、会長または社長と社員数名でひとつのテーブルでコミュニケーションをとる「ラウンドテーブル(経営陣との座談会)」という取り組みもスタートしました。会長や社長は、社員の声を聞いて経営に活かしたいという強い想いがありますし、参加する社員も直接話ができることで会社の戦略や日ごろ課題に感じていることを伝えられる機会があります。
中途採用の面接においても、当社の最終インタビューでは必ず会長、社長、役員2名の合計4名と実施し、お互いに入社後に齟齬がないようじっくりお話を聞かせていただいていますし、当社の状況や期待値について、お伝えしています。 さらに、エンゲージメントサーベイ(従業員意識調査)も実施し、その中から出てきた課題に対して全社で取り組んでいます。例えば、メンバー社員と他部署の管理職をメンター・メンティーとしてマッチングする制度をスタートしました。現在は20組ほど成立し、部署間をまたいだコミュニケーションの活性化、キャリアや仕事のアドバイザーとして機能しています。
このように様々な取り組みを発案し実施することで、とても充実しています。もちろん自分の力不足を感じることもありますし、ビジネスへの貢献はもっと必要ですが、自ら考え挑戦し、改善をしていけるこの環境は貴重だと感じています。着実に、自分自身の理想のキャリアを積んでいる実感があります。

- GMOあおぞらネット銀行の今後のビジョンを教えてください。

「No.1テクノロジーバンク」を目指して新しいスタートを切った当社ですが、お客さまに選ばれビジネスを伸ばしていくためには、社員一人ひとりの成長がとても大切だと考えています。現在の社員数は約160名ですので、一人が担う裁量も大きいです。今後のさらなる成長に向けて、採用活動には特に力を入れています。入社後も経営陣との距離が近いため「前職では、役員と話す機会は一度もなかった」と金融業界出身の社員が驚くほどです。
社員一人ひとりが成長し、力を発揮するためには、会社が“チャレンジできる環境”であるべきだと考えています。そのような環境を整備するのが、私たち人事のミッションです。
当社のビジョンに賛同していただけて、一緒にチャレンジをしたいという方のご応募をお待ちしています。

GMOあおぞらネット銀行 FXアプ‪リ‬ 4+

GMOあおぞらネット銀行が提供するFX取引に特化したアプリです。
チャートやマーケット情報はもちろん、ワンクリックで注文可能な「ハイスピード注文」から設定されたレートをお知らせするプッシュ通知機能までいつでも、どこでも取引いただけます。
===================================
ご利用いただけるサービス
===================================
・注文機能
- 新規・決済注文(複数決済)
-ハイスピード注文(新規・決済注文、ドテン注文、通貨別全決済)
-注文訂正取消
・チャート
-足種:ティック~月足
-テクニカル 18種
ローソク足、平均足、P&F、移動平均、指数平滑移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド GMOあおぞらネット銀行
パラボリック、エンベロープ、フィボナッチ、RSI、ストキャスティクス、DMI、RCI、モメンタム
ROC、MACD、%Rオシレーター
-その他
・画面分割表示機能(1~4画面)
・トレンドライン描画・保存機能
・横画面チャート
・カラーパターン選択(6種類)
・平均足上にテクニカル表示可能
・フィボナッチ自動描画
・マーケット情報
FXi24、経済指標カレンダー、要人発言、為替カレンダー、長期経済指標カレンダー、FXテクニカル情報、
金融政策会合日程、井戸端会議
・プッシュ通知機能
レート通知、レート変動幅通知、経済指標通知

【GMOあおぞらFXの費用とリスクについて】
■外国為替証拠金取引(GMOあおぞらFX)の取引にかかるリスク
・外国為替証拠金は、元本あるいは利益を保証した商品ではありません。
・外国為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格の変動により損失が生じることがあります。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受け取りから支払いに転じることもあります。さらに、取引金額がその取引きについてお客さまが預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。
・相場状況の急変により、売付価格と買付価格のスプレッド幅が広くなったり、レートの提示が困難になる場合があり、お客さまの意図した取引きができない可能性があります。
■預託すべき証拠金
・個人のお客さまの場合、レバレッジ25倍コースの場合各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の証拠金が必要となり、証拠金の2 5倍までの倍率で取引が可能です。レバレッジ2倍コースの場合は想定元本の50%以上の証拠金が必要となり、証拠金の2倍までの倍率での取引が可能です。
・法人のお客さまの場合は、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額です。なお、為替リスク想定比率と は、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
■預金保険制度
外国為替証拠金取引は、預金保険制度の対象ではありません。
■外国為替証拠金取引の取引かかる費用等
・外国為替証拠金取引の取引手数料は1万通貨未満は3銭(片道1通貨あたり)、1万通貨以上は無料です。
・強制決済およびロスカット時には片道1通貨あたり、南アフリカランド/円とメキシコペソ/円の場合は0.5銭、その他通貨ペアについては5銭が手数料としてかかります。
・取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。

GMOあおぞらネット銀行株式会社の特集

ネット銀行の未来を創るGMOあおぞらネット銀行。最新テクノロジーを駆使した新たな金融サービスを生み出せる環境があります。

  • Fさん
  • テクノロジー&プロセシンググループ 事務センター 預金チーム
    2020年4月キャリア採用にて入社

GMOあおぞらネット銀行では、業務フローの見直し段階から関与することができ、視野が大きく広がった。

- GMOあおぞらネット銀行に転職した経緯や理由を教えてください。

- 実際に入社されて、どのような印象を受けましたか。

- 現在の仕事内容と、そのやりがいについて教えてください。

- 最後に、金融業界での転職を考えている方にアドバイスをお願いします。

  • Tさん
  • 企画・事業開発グループ ローン事業統括チーム
    2019年5月キャリア採用にて入社

金融もITもまったく未知の世界。だからこそ大きな刺激を受けながら、新たな挑戦ができる。

- 前職で携わっていた仕事と、GMOあおぞらネット銀行への転職を決めた理由についてお聞かせください。

- 現在は、どのような仕事をされているのでしょうか。

- 異業種からの転職で、苦労されたことはありますか?

金融もITも全く未知の世界だったため、業界の常識などに触れられるのが新鮮。ただ、業界用語がわからないことも多く、今も知らないことがあれば自分で調べて、知識を増やしているところです。
正直、入社前は「もっと堅苦しい雰囲気なのかな」と思っていました。けれども皆さんフランクで、役職ではなく名前で呼び合うような関係性です。中途入社の社員がほとんどなので、お互いのバックボーンに応じたスキルや知見を持っていて、とても刺激的です。
社内だけでなく、社外の方々からの刺激も大きいですね。パートナーシップを組んでいるIT企業やFinTech企業をはじめ、若くして起業し、急成長を遂げている起業家の方々など、今まで接する機会がなかった方とも関わっています。皆さん、高い視座をお持ちなので「自分ももっと頑張らなければ」と、身が引き締まる毎日です。

- ご自身の今後の展望を教えてください。

社員一人ひとりが力を発揮して成長するための環境づくりこそ、私たちのミッション。

- GMOあおぞらネット銀行で活躍できるのは、どのような人材ですか。

- エンジニアを積極採用されていますが、御社にはどのような魅力があるのでしょうか。

- 大田さんご自身は、どのようなところに醍醐味を感じているのでしょうか。

キャリアの考え方は色々とありますが、私自身は不確実なこの時代においては自分の経験値を高めること、挑戦し続けることがキャリアの安定に繋がると思います。私自身は、IT業界から転職をしてきましたが、新しい銀行を創っていくことに醍醐味を感じています。
試行錯誤の連続ですが、新たに始めたのは、いわゆるピアボーナスの制度で、当社では「サンクスアワード」と呼んでいます。同僚に「ありがとう」と気軽に伝えることでフィードバックをしあう風土を作りたいと思って始めました。これまで400件を超える「Thank you」が飛び交っています。今後もこうした試みで一体感を育んでいきたいと思っています。
また、会長または社長と社員数名でひとつのテーブルでコミュニケーションをとる「ラウンドテーブル(経営陣との座談会)」という取り組みもスタートしました。会長や社長は、社員の声を聞いて経営に活かしたいという強い想いがありますし、参加する社員も直接話ができることで会社の戦略や日ごろ課題に感じていることを伝えられる機会があります。
中途採用の面接においても、当社の最終インタビューでは必ず会長、社長、役員2名の合計4名と実施し、お互いに入社後に齟齬がないようじっくりお話を聞かせていただいていますし、当社の状況や期待値について、お伝えしています。 さらに、エンゲージメントサーベイ(従業員意識調査)も実施し、その中から出てきた課題に対して全社で取り組んでいます。例えば、メンバー社員と他部署の管理職をメンター・メンティーとしてマッチングする制度をスタートしました。現在は20組ほど成立し、部署間をまたいだコミュニケーションの活性化、キャリアや仕事のアドバイザーとして機能しています。
このように様々な取り組みを発案し実施することで、とても充実しています。もちろん自分の力不足を感じることもありますし、ビジネスへの貢献はもっと必要ですが、自ら考え挑戦し、改善をしていけるこの環境は貴重だと感じています。着実に、自分自身の理想のキャリアを積んでいる実感があります。

- GMOあおぞらネット銀行の今後のビジョンを教えてください。

「No.1テクノロジーバンク」を目指して新しいスタートを切った当社ですが、お客さまに選ばれビジネスを伸ばしていくためには、社員一人ひとりの成長がとても大切だと考えています。現在の社員数は約160名ですので、一人が担う裁量も大きいです。今後のさらなる成長に向けて、採用活動には特に力を入れています。入社後も経営陣との距離が近いため「前職では、役員と話す機会は一度もなかった」と金融業界出身の社員が驚くほどです。
社員一人ひとりが成長し、力を発揮するためには、会社が“チャレンジできる環境”であるべきだと考えています。そのような環境を整備するのが、私たち人事のミッションです。
当社のビジョンに賛同していただけて、一緒にチャレンジをしたいという方のご応募をお待ちしています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる