最高の暗号取引プラットフォーム

オプション取引 理解度診断

オプション取引 理解度診断
田中

オプション取引入門講座 第4回 オプション市場

オプション取引入門講座 オプション取引 理解度診断 第4回 オプション市場

1.オプションの取引形態

≪上場市場と店頭市場≫

オプションが取引される市場には、取引所に上場して取引される 上場市場 と、個別に相対ベースで取引される 店頭市場 があります。

◆上場市場

上場市場は、取引所で行われる取引所取引で、取引が 定型化 されているのが特徴です。取引所を相手として取引を行うため、取引相手の信用力を心配する必要がなく、取引が取引所に集中するため、決済の安全性や取引の 流動性がきわめて高い のが利点です。
その反面、取引を確実なものにするために 証拠金制度 があり、取引の管理や事務手続きが 煩雑 であるという欠点があります。

◆店頭市場

店頭市場は、銀行間や、銀行と顧客が 相対 (あいたい)で取引を行う市場です。金額や契約期間等の取引条件を相対で自由に決められ、証拠金がいらないなど、 取引に柔軟性 があるのが利点です。その反面、取引相手の 信用力が問題 となるなど、決済の安全性や取引の流動性では上場市場よりやや劣るという欠点があります。

≪現物オプションと先物オプション≫ オプション取引 理解度診断

オプションには、現物市場を対象にした 現物オプション と、先物市場を対象にした 先物オプション があります。

2.オプション商品の種類

オプションの対象商品のことを、 原資産 オプション取引 理解度診断 (げんしさん)といいます。原資産の数だけ、オプションも種類があります。オプションの種類は、商品の分類による区別、市場の形態、商品の形態により分類することができます。

≪金融オプション取引≫

オプション取引は、農作物、家畜、貴金属に至るまで、幅広い商品を対象にして行われています。このうち、金融商品を対象にするオプションを 金融オプション取引 と呼んでいます。

金融オプション取引は、個別株式、指数、金利、通貨等の金融商品を対象にしたオプション取引の総称で、大きく3つに分類することができます。株式を対象にする 株式オプション 、金利を対象にする 金利オプション 、通貨を対象にする 通貨オプション の3つです。

◆株式オプション

株式オプションは、さらに個別銘柄を対象にする 株券オプション と、株価指数を対象にする 株価指数オプション に分けることができます。

◆金利オプション

金利オプションは、短期金利を対象にする 短期金利オプション と、長期金利を対象にする 債券オプション や スワップション に分けられます。短期金利を対象にする取引には、ユーロドル預金や、短期財務省証券等のオプション取引があります。一方、長期金利の取引には、長期国債等の債券を対象にした米国のT-BONDやT-NOTE等のオプションやスワップションが知られています。

オプション取引 理解度診断

機密性の高い情報のため、ここで詳しくご説明はできないのですが、これは私が分析する 最新の相場情報をメールにてユーザーの皆様に配信 するものです。

このセミナーでは、日経225オプション取引の基本的なテクニックはもちろん、 「どうやったら利益が出しやすくなるのか?」「私が日々実践している取引テクニックとは?」 などなど、初心者の方にも中級者の方にもお役立ていただける講義を行ってまいります。

このE-BOOKには、日経225オプション取引の基本はもちろん、用語集や戦略の説明など、 初心者に必要な様々なコンテンツ が記載されています。

グローバルアセットパートナーズのスタッフがブログを書いています。
良かったらご覧ください


当サイトに最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。
ここでご紹介させていただいた日経225オプション取引は、まだまだ認知度が低く、
株やFX、先物取引など、メジャーな投資種目しか知らない人にとっては、
やや理解しがたい内容だったかもしれません。

最後に、一言だけあなたにお伝えできるとすれば、それは・・・
あなたがよく知っている投資種目、たとえば株やFX、先物よりも、
日経225オプション取引の方が手堅い投資種目であり、実践も簡単だということです。

しかし、一般的には「日経225オプション取引こそ素人には不向きだ!」なんて声を
よく耳にしますし、「資金が多くないとオプション取引は実践できない!」というような
間違った認識を持たれている方も多いようです。

そう勘違いされてしまう大きな原因は、
(1)メジャーな投資種目とは少し勝手が違うので、独学では参入しにくい。
(2)市販されている入門書や解説書は、難しく書かれているので分かりにくい。
というものがあるかと思います。

手前味噌ではありますが、私はプロとして一通りの投資種目は実践経験があります。
そんな中、あなたにお奨めできる投資種目があったとすれば、
それこそ日経225オプション取引なのです。

日経225オプション取引で安定した利益を出し続けるためには、
膨大に存在する戦略の中、どの戦略を選び、どうやって投資するかが最も重要であり、
極論、それ一点さえ分かれば、初心者でさえ利益を出すことはそんなに難しくありません。
そして、オプション必勝倶楽部の「ミリオン戦略」ならそれが分かります。

つまり、オプション必勝倶楽部がご提供するミリオン戦略は、
【膨大に存在する戦略の中、どの戦略を選び、どうやって投資するか】を
動画で分かりやすく解説したDVDなのです。

また、あなたに気に入っていただけるとすれば、
それは勝率が高いことやリスクを最小限に抑えることができること、
そして何よりも相場の上下予測をしなくても、レンジで利益を出すことが可能なところでしょう。

冗談は抜きにして、「エントリーした途端、相場が反対方向に動いてしまった・・・」
そんな経験をお持ちの方は多いはずです。
しかし、ミリオン戦略でレンジで利益を出す投資戦略を学べば、
エントリー後、相場が上に動こうが、下に動こうが、想定したレンジ内であれば、
利益を出すことが出来てしまいます。

話が少し長くなってしまいましたが、
もしあなたが日経225オプション取引で資金を運用したいと思ったならば、
この機会にオプション必勝倶楽部の「ミリオン戦略」をご利用されることを強くお勧めします。
たとえ日経225オプション取引が手軽にできる投資種目だとしても、
戦略なき者に勝利の女神は微笑みません。

この度は当サイトにご訪問くださりまして、また、最後までお付き合いいただきまして
本当にありがとうごいざました。
あなたが投資の成功者として大きく羽ばたいていかれることを心から願い、
最後の言葉に代えさせていただきます。


ご質問が有りましたら、オプション必勝倶楽部までお気軽にお問い合わせください。
ご購入者の皆様に、本当に利益を出して充実した生活をしていただきたく思っております。
そのため、あなたからのお問い合わせに対して、
本音ベースで対応致しますのでご安心ください。

※なお、オプションの取引やポジションに関する質問は、ご容赦いただきたいと思います。

オプション取引 理解度診断

指数オプション取引とは、日経平均株価などの指数を、あらかじめ定められた期日に、あらかじめ定められた価格で買う、あるいは売る権利の取引です。

オプション取引 理解度診断
【もくじ】
オプション取引の概要
● 「コールオプション」と「プットオプション」 ● 権利行使価格とプレミアム
● 権利行使価格の呼称と意味
基本的な取引の流れ
● 建玉を持つ ● 建玉の決済
● 限月
当社の各サービスチャネルでの指数オプションのお取引方法はこちら!

オプション取引の概要

「コールオプション」と「プットオプション」

コール(CALL)オプション取引 理解度診断 取引対象の指数を、期日に「買う」権利
プット(PUT) 取引対象の指数を、期日に「売る」権利

オプション取引 理解度診断
コールの買い 取引対象の指数を、期日に「買う」権利を買った
コールの売り 取引対象の指数を、期日に「買う」権利を売った
プットの買い 取引対象の指数を、期日に「売る」権利を買った
プットの売り 取引対象の指数を、期日に「売る」権利を売った

権利行使価格とプレミアム

権利行使価格とは、オプションの買い手が購入した権利を行使できる価格です。また、プレミアムとは、その権利を購入するために必要な価格のことを言います。つまり・・・

オプションの買い手 プレミアムを売り手に支払って、権利行使価格で行使できる権利を買った
(コールの買い)(プットの買い)
オプションの売り手 プレミアムを買い手から受取って、権利行使価格で行使できる権利を売った
(コールの売り)(プットの売り)

  • 買い手は権利の行使でいくら得をしたか、または権利放棄でいくら損したか。
  • 売り手の受け取ったプレミアムは利益になったか、またはそれ以上に損をしたか。

権利行使価格の呼称と意味

■イン・ザ・マネー(ITM)
期日まで対象の指数に変化が無かった場合、買い手は権利行使する価値がある行使価格帯。

  • コールの場合: 権利行使価格<対象指数の現在値
  • プットの場合: 権利行使価格>対象指数の現在値

■アウト・オブ・ザ・マネー(OTM)
期日まで対象の指数に変化が無かった場合、買い手は権利行使をする意味がない行使価格。

  • コールの場合: 権利行使価格>対象指数の現在値
  • プットの場合: 権利行使価格<対象指数の現在値

■アット・ザ・マネー(ATM)
取引されている中で、最も対象指数の現在値に接近している権利行使価格。

  • コールの場合: 権利行使価格≒対象指数の現在値
  • プットの場合: 権利行使価格≒対象指数の現在値

OTMのプレミアムにも価格がついているのは「期日を迎えるまでにITMになる可能性(日数)がまだ残っている」という時間的価値などがプレミアムに加味されているためです。時間的価値は、期日に近づくにつれて減少し、最後にはゼロになります。一度プレミアムのついた権利行使価格は0円では取引できないので、最低まで価格が下がるとプレミアムは1円になります。

基本的な取引の流れ

建玉を持つ

コールの買い 取引対象の指数を、期日に「買う」権利を買った
コールの売り 取引対象の指数を、期日に「買う」権利を売った
プットの買い 取引対象の指数を、期日に「売る」権利を買った
プットの売り 取引対象の指数を、期日に「売る」権利を売った

建玉の決済

■取引最終日までに転売・買戻しを行う
期日到来前に、第三者に建玉を転売または買戻しすることができます。約定したプレミアムと、最初に建玉を建てた時のプレミアムの差額で損益が確定します。(差金決済)

  • オプションを買った場合、保有するオプションを第三者に転売します。
  • オプションを売った場合、売ったのと同じオプションを第三者から買戻します。

■SQ決済
日経225オプションも日経225先物と同じように期日にSQ値が算出され、建玉を期日まで持ち越した場合自動で最終決済が行われます。

  • オプションの買建玉の場合、利益(または支払ったプレミアムを取り戻せる状態)の場合、権利は特に申出がない限り自動で行使されます。また、損失となる場合は自動で権利放棄されます。

以下、各建玉における転売・買戻しおよびSQ決済時の損益の発生の仕方についてご説明します。なお、SQ決済時の説明に記載のブレーク・イーブン価格とは、損益の分岐点になる価格のことです。

指数オプション取引では、お取引に際し証拠金を差入れる必要があります。詳しくは、下記の関連リンクをご覧ください。

当社の各サービスチャネルでの指数オプションのお取引方法はこちら!

  • 対面取引(店舗でのお取引)
  • コールセンター取引(お電話でのお取引)
  • インターネット取引(インターネット取引システムでのお取引)
  • 指数先物・オプション取引の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失が発生することがあります。
  • 指数先物・オプション取引は、差し入れた証拠金の額を上回る取引を行うことができることから、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときは、短期間のうちに証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。
  • 指数オプション取引の買方は、期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅し投資資金の全額を失うことになります。
  • 指数オプション取引の売方は、証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対方向に変化したときの損失が限定されていません。
  • 指数先物・オプション取引を行うにあたっては、以下の売買委託手数料をいただきます。
    オプション取引 理解度診断
  • 指数先物・オプション取引を行うにあたっては、以下の証拠金(インターネット取引)を差し入れ又は預託していただきます。証拠金の額は、SPANにより先物・オプション取引全体の建玉から生ずるリスクに応じて計算されますので、事前に記載することはできません。

新規建てに必要な証拠金「未決済建玉および未約定注文について「ブル方向の証拠金所要額」と「ベア方向の証拠金所要額」の大きい方の金額-ネットオプション価値総額(新規建て最低必要証拠金:10万円)」が必要です。
ブル方向の証拠金所要額とは「先物買い」、「コールオプション買い」、「プットオプション売り」の未決済建玉および未約定注文に係るSPAN証拠金×当社所定掛け目(120%~200%)、
ベア方向の証拠金所要額とは「先物売り」、「プットオプション買い」、「コールオプション売り」の未決済建玉および未約定注文に係るSPAN証拠金×当社所定掛け目(120%~200%)です。

オプションFX

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

デモトレードができるバイナリーオプション業者

田中

デモトレードなら何回でも無料で取引の”練習”ができるので、様々な手法を試すことができます。

オプション取引 理解度診断

バイナリーオプションデモトレード注意点

バイナリーオプションデモトレード注意点

  • バイナリーオプションデモトレードは甘えてしまう
  • バイナリーオプションデモトレードはメンタルが鍛えられない
  • バイナリーオプションデモトレード注意点まとめと対策法

バイナリーオプションデモトレードは甘えてしまう

当サイトでおすすめしているデモトレードができるバイナリーオプション業者や、初心者におすすめ業者なら、100円か200円500円で本番取引ができるので、ぜひ確認してみてください。

バイナリーオプションデモトレードはメンタルが鍛えられない

バイナリーオプションデモトレードのメリットでもデメリットでもありますが、勝ち負け関係なく投資者自身に何の影響もありません。そこで気持ちが緩みがちといいますか、実際本番取引で自分のお金で取引をする時に恐怖と感じてしまいます。小さな負けでも気にしすぎたり、冷静さを失ってしまい、ムキになって無謀なエントリーをしてしまいます。また、デモ取引ならどんな為替相場でも恐れることなくチャレンジしますが、本番取引だからより慎重になり、迷ってしまいエントリータイミングを逃してしまって負けた場合もデモトレード経験者がよく言います。

ハイローオーストラリアなどの人気バイナリーオプション業者なら、途中で損切りや利益確保のような取引を早めに終了する機能もあるので、本番取引の緊張のあまりでつい押してしまい、元々勝てたのに利益が減ったり損が生じたりしてしまいます。また、デモ取引では大金で取引をしがちで、本番で小さい金額の取引に満足できず、また初心者の段階やそんな自信がない時にも大きい金額でエントリーしてしまい、痛い目にあってしまった方もいるため、十分ご注意してください。なので、デモトレードを活用して本番取引に生かすことが一番大事です。そんな活用方法を当サイトで紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションデモトレード注意点まとめと対策法

バイナリーオプションデモトレードでも本番取引のようにエントリー金額をコントロールしましょう。そうしたら、いざ本番取引をする時でも大金エントリーによる大損が避けられるでしょう。また、負けた時はデモだからという甘い考えを捨てましょう。しっかり反省し、次に生せましょう。デモトレードでも真剣に向き合えましょう、

デモトレードができる海外バイナリーオプション業者ポリシー

デモトレードから始め、バイナリーオプション取引にかかわる全般を当サイトで掲載し、真実をそのまま伝えるところにポジションをおき、バイナリーオプション業者やバイナリーオプション取引そのもので良いところ、悪いところを隠さずに皆さんにお届けします。最後に、みなさんがバイナリーオプション投資で理想な生活を手には入れるよう日々頑張っていきます

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる