バイナリー オプション 日本

レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算

レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算
家三郎

単利と複利の違い|レバレッジとは

お金の勉強

預金、株式投資、投資信託、不動産など“お金”に興味のあるかたは是非お付き合い下さい。

1.従業員→ 働いて稼ぐ
2.自営業→ 働いて稼ぐ
3.ビジネスオーナー→ レバレッジで稼ぐ
4.投資家→ レバレッジで稼ぐ

単利と複利の違い

現在の銀行利息は普通預金で 0.001%
→1千万円預けて(利息100円)

ネット銀行など 0.1% の銀行もあります
→1千万円預けて(利息10,000円)

投資するうえで欠かせないのが、今回のタイトルにある「単利」「複利」「レバレッジ」です。

まずは “単利” と “複利” について解説します。

単利と複利ってなに

【単利とは】

ざっくり簡単に説明するため100万円を年利10%の定期預金に預けたとします。

利息により増えたお金が10年で100万円となります。

元金と利息を合わせて 200万円 です。これが単利計算です。

【複利とは】

ここでも100万円を年利10%の定期預金に預けたとします。

✓ 利息10%で100万円貯金すると1年後には利息10万円で、 合計 110 万円 です。

✓ 2年目は、110万円に対して利息は11万円となり、 合計 121 万円

✓ 3年目は、121万円に対して利息は12万1千円で、 合計 131万1 千円 …こんな感じで、毎年増加のスピードが倍々して加速していくのが複利です。

「レバレッジをかける」とは?その意味と効果・リスクをわかりやすく解説。

「レバレッジをかける」とは?その意味と効果・リスクをわかりやすく解説。

家三郎

今回のコンテンツでは「 レバレッジをかける 」とはどういうことなのか?

「レバレッジをかける」の意味とその効果とは?

レバレッジ レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算 」とは英語で「leverage」という綴りとなっています。

家三郎

梃子(てこ)」の作用を表していることがわかります。

「テコ」いう言葉から分かる通り、実態以上の力を出すということを示します。

家三郎

500万円で同じ10%の年率で投資をすれば50万円の利益が返ってきます。

「レバレッジをかける」の意味とその効果とは?

5%の金利で借りていれば、25万円を貸主に、25万円を自分に分配することになります。

家三郎

株式投資におけるレバレッジ

株式の信用取引は証券会社に「証拠金」を入金します。

家三郎

レバレッジ取引」でメジャーなのは株式投資の信用取引も然りです。

「危険」「やめとけ」と言われるレバレッジの効く「信用取引」を解説!制度・一般取引の違いと取引におすすめ証券会社も紹介。

しかし実は「FX」におけるレバレッジが投資においては、その金額規模から最も注目されている取引なのです。

投資信託におけるレバレッジ

投資信託にも「レバレッジ型」の投資信託というものが存在しています。

例えば日経平均「ダブル ブル 」「ダブル ベア 」といった投資信託で、近年人気ランキング上位になっています。

信太郎

レバレッジ(ブル・ベア型)投資信託の仕組みとメリット・デメリットを紐解く!基準価格が一定でも大損する可能性あり?

FXにおけるレバレッジ

家三郎

例えば、FXで100万円の自己資金で、「1USD=100円」の時に1万ドルを購入したとします。

1USD=100円」が「1USD=110円」になると利益はいくらでしょうか。

家三郎

そして、「1USD=100円」の時に10万ドルを購入します。

1USD=100円」が「1USD=110円」になると利益はいくらでしょうか。

家三郎

FXにおけるレバレッジ

家三郎

家三郎

家三郎

金融庁は2018年春にも外国為替証拠金取引(FX)の規制を強化する方針だ。個人投資家が預けたお金の何倍まで取引できるかを示す証拠金倍率(レバレッジ)を、 現行の25倍から10倍に引き下げることを検討する。 レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算 外国為替相場が急変動した際、個人投資家や業者が想定を超える損失を抱えるリスクを減らす。

(引用:日経新聞「FX規制強化へ 金融庁、証拠金倍率10倍に下げ 」)

家三郎

秀次郎

家三郎

「証拠金」と「レバレッジ」と「資金管理」の話【#2】

アイキャッチ画像

FX初心者向け

「証拠金」と「レバレッジ」

FXにおいて「証拠金」とはFX口座に預けている レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算 「資金」 のことですね。

「なぜ何倍もの取引が可能になるのか?」 という問いのキーワードになるのが 「レバレッジ」 なんですね。

「レバレッジ」とは 「てこ」 の意味です。

あの理科の授業に登場した 「支点・力点・作用点」 のやつです。

その仕組みとして、まずFXは 将来必ず反対取引をすることを前提 とした レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算 「差金決済」 というシステムになっているんです。

ある通貨ペアを 「買ったら」 、将来必ず 「売る」 ことによって決済をする決まりがあります。

もちろん、ある通貨ペアを 「売ったら」 、将来必ず 「買う」 レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算 ことによって決済をします。

そして、この反対取引をした時に確定した 「差益」「差損」 の部分だけを決済して、FX口座内の資金の増減のやり取りがされるという仕組みなんです。

外国為替取引3

外国為替取引4

新規取引の時には、 取引金額全額を用意する必要はないので 、証拠金を担保にして、証拠金の何倍もの取引が可能なんです。

ただし、法律によって国内のFX業者では、レバレッジは 最大25倍まで と決められていますので、その範囲内ということになります。 (※2019年時点、「個人」の場合)

「強制ロスカット」

ちなみにポジションを建てた方向に価格が伸びた場合、「差益」の部分が増えていきますが、決済する前の差益の部分は 「含み益」 と呼ばれます。

逆に、価格が逆行した場合、「差損」の部分が増えてしまいますが、決済する前の差損の部分は 「含み損」 と呼ばれます。

レバレッジ2

しかし、その時に 証拠金が10万円しかなければ足りません よね。

なので、含み損が膨らんだとしても、証拠金以上の損失にはならないように、基本的には含み損が証拠金でまかなえないとFX業者が判断した時点で、 強制的に反対取引が実施されて決済 されます。

これを 「強制ロスカット」 と呼びます。

ロスカット1

FXトレーダーにとって想定以上の損失が出ないようにする 「安全装置」 のような意味合いの仕組みですね。

ただし、この 「強制ロスカット」の仕組みはFX業者によって詳細が違う ので、自分が使うFX業者のHPなどでしっかり確認しておきましょう。

「資金管理」は重要

最大レバレッジが レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算 「25倍」 の時、証拠金が10万円であれば、レバレッジ10倍の 100万円 レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算 分の取引も、レバレッジ20倍の 200万円 分の取引も出来ます。

レバレッジが10倍であればレートの変化によって「差益」「差損」の変化も 10倍 、レバレッジが20倍であれば「差益」「差損」の変化も 20倍 。

これについては、絶対的な正解は無いですが、ラプラスFXでは 「リスクをコントロールして安全に資金を増やす」 ことを推奨しています。

つまり、資金を増やす過程で必ず、ある程度 「負ける」 想定をしておかないといけないということです。

その割合は、トレーダーごとによって違ってきますが、自分のトレードの 「勝率」「損益率」 の数字を把握したうえで、リスクを管理していく必要があります。

バルサラの破産確率などを参考に、 1回のトレードにおける許容損失割合を設定 します。

「許容損失割合」 とは言葉の通りですが、 1回のトレードにおいて、「この金額の損失までは許容できる」と設定するトレード資金に対する割合 です。

例えば、トレード資金が 「100万円」 であれば、許容損失割合を 「2%」 に設定するということは、1回のトレードでどれだけ負けたとしても、 「2万円」 になるようにするということです。

許容損失割合は攻めたとしても、 5% までかなと。なので、およそ 1%~5% くらいで許容損失割合を設定することになると思います。

すると、エントリーする際に、トレードプラン (用語解説) における初期設定の損確 (用語解説) までの pips数 と レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算 許容損失割合 によって、投入する ロット数 がおのずと決まってきます。

先程の例だと、トレード資金100万円に対して許容損失割合2%で設定した時、1回のトレードの損失は 「2万円」 までに抑えないといけません。

なので、例えばエントリー時の損確までの幅が 20pips であれば、ロット数は 10ロット になります。 (※通貨ペアがドル円、1ロットが1万通貨の場合)

またエントリー時の損確までの幅が 50pips であれば、ロット数は 4ロット です。

資金管理1

どんなトレーダーにも、運が悪い時期があったり、調子が悪い時期がありますが、その時に挽回するのが大変になるような損失を負ってしまったり、退場するようなことにならないように、常に 資金管理をしながらトレードを続けることはとても重要 です。

さて、ここで上の画像のケース1の場合、トレード資金100万円がすべてFX口座に証拠金として預け入れられていた時、10ロットでのエントリーというのは レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算 レバレッジ10倍 のトレードとなります。

同じくケース2の場合、2ロットでのエントリーというのは レバレッジ2倍 レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算 のトレードです。

つまり、資金管理をしながらトレードをしている限り、 「レバレッジが〇〇倍になる」というのは結果に過ぎない ということなんですね。

FXにおいて「証拠金」とはFX口座に預けている 「資金」 のこと。

レバレッジとは 「てこ」 の意味で、FXでは証拠金を担保にして、証拠金の何倍もの取引が出来る仕組み。

ただし、 許容損失割合 と 損確幅 から投入するロット数を毎回計算することによって資金管理をしている限り、レバレッジ〇〇倍というのは結果に過ぎない。

レバレッジとは?

レバレッジとは?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

powered by

日経レバレッジ 2020年12月04日 -->

五月丸:

日経平均レバレッジ・インデックス

日経平均株価が1%上昇すれば日経レバは2%上昇 日経平均株価が1%下落すれば日経レバは2%下落

日経平均レバレッジインデックス-計算式

レクス:

日経レバの推移

日経平均レバレッジインデックス-日経平均-比較

シンプク:

日経レバの年度別推移


日経平均 日経レバ
2011 * -17% -35%
2012 23% 47%
2013 57% 128%
2014 7% 10%
2015 9% 14%
2016 0% -6%
2017 19% 40%
2018 -12% -26%
2019 18% 37%
2020 16% 26%
2021 5% 6%
2022 * -12% -23%

日経レバの中長期値動きの特徴

1)連続上昇

日経平均レバレッジインデックス-日経平均-比較-連続上昇

この間の値動きは以下の通りで、日経レバは日経平均の2倍を超える値動きとなっています。
日経平均 + 17.6%
日経レバ + 37.6%

2)連続下落

日経平均レバレッジインデックス-日経平均-比較-連続下落

この間の値動きは以下の通りで、日経レバは日経平均の下落の2倍ほどは下がっていません。
日経平均 - 12.3%
日経レバ - 23.5%

3)上げ下げを繰り返す相場

日経平均レバレッジインデックス-日経平均-比較-上げ下げ

この間の値動きは以下の通りで、日経平均は概ね横ばいでしたが、日経レバは0.46%下落しております。
日経平均 + 0.05% レバレッジとは‐レバレッジの意味と計算
日経レバ – 0.46%

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる